タグ別アーカイブ: 岩波選手

10月31日 「彼とまた同じピッチで対戦出来ることは僕としても非常に楽しみ」&「ういう舞台で会えるのは凄い嬉しい」

どうもです

ガンバ戦3日前のきょう、練習は午前10時に始まりました

ウォームアップやボール回しを行った後、選手たちは2手に分かれます

一方は攻撃、もう一方は守備の連携確認が行われ、

「強度バカ高い!」(森脇選手)

練習は午前11時30分頃に終わりました

オリヴェイラ監督は拍手と共に、「Good!」20181031_112729-20181031_110637-   ◇◆◇西川選手◇◆◇

――秋晴れにピッタリな笑顔で・・・

「本当にあの暑くもなく、そんなに寒くもなく本当に気持ち良い天気の中で毎日練習が出来てますし、ガンバ戦に向けて1日1日大事に準備をしています」

――その準備の中で、昨日もミーティングなどあったと思いますが、どんなことを心掛けながらトレーニングを積んだりコミュニケーション取ったりしていますか

「今はやっぱり、自分たちの良いところっていうのは継続しながらやっていきたいですし、リーグ戦でもしっかり無失点で抑えられるようにラインの押し上げの所っていうのは、今日も練習したんですけどその意識っていうのはみんなの中でしっかり植え付ける部分じゃないかなと思います」

――”押し上げ”については、きのうの3ゴールゲームでもそうでしたし、バイタルを使わせないところだったり距離感だったり、どんなメリット感じますか?押し上げっていうのは

「押し上げをしっかりすることで、ミッドフィルダーとディフェンスの間のスペースっていうのをしっかり埋めながら、セカンドボールの回収っていうところが出来ると思いますし。自分たちが良い時っていうのは本当に切り替えの早さ、セカンドボールの回収っていうのが本当素晴らしいと思うのでそこがやっぱり試合に入って一番後ろから見ていて一番良く分かる所でもあるのでみんなでそこを意識しながらまたガンバ戦も試合に入っていきたいなと思います」

――そのガンバについてはどんな印象持ってますか。

「今、6連勝中ということもあって、自信をつけてきてると思いますし、ただ自分たちも負けられない状況を自分たちはACLに必ず行きたい、行くっていう強い気持ちを持って次の試合で見たいですし、ガンバ戦でしっかり勝つことでまた3位の札幌との直接対決も次に待っているので、まずはしっかりとガンバ戦無失点に抑えて勝利のことを考えながらやっていきたいなと思います」

――無失点に抑えるための相手の攻撃のポイントなどどう感じますか

「まぁ、サイド攻撃っていうところで非常にクオリティの高さっていうのは見られますし、中には非常に強さ、シュートの上手さを持っている選手がやっぱりいるので相手のストロングの所を自分たちがしっかり押さえ込んで自分たちの逆にストロングを出せるように準備していきたいなと思います」

――前回のガンバ戦の時、試合後に東口選手とユニフォーム交換をしていて、友情というか非常に感じられましたが、その対決というのもひとつ楽しみな所として

「まぁ、あの東口選手と対戦するときは常に楽しみですし、浦和戦の時の彼のプレーって本当に素晴らしいものがある分自分たちがしっかりと点を取って勝ちたいっていう気持ちはやっぱり強いので、まぁ彼とまた同じピッチで対戦出来ることは僕としても非常に楽しみです」

――サポーターにメッセージをお願いします

「ホームの試合もリーグ戦は残り2節となって少なくなってきているので、沢山の方にスタジアムに足を運んでもらって僕たちを後押ししてもらって、僕たちはしっかり結果で沢山の方に笑顔を届けれたらなと思います」20181031_112659-

◇◆◇岩波選手◇◆◇

――良い汗もかけているようですけども、今状態とか手応えいかがですか?

「そうですね、まぁJリーグは残り4試合なんでACL圏内というとこに近づくためにも次の試合も大事になると思うし。まぁ今凄いチームが良い状態できてるんで、まぁ次も勝てるように準備したいなと思います」

――埼スタでゴールを決められたことで、また気持ち良く進められてる部分もありますか

「そうですね、まぁあの中で点を取れるほど嬉しいことはないんで、毎試合毎試合取れれば良いですけど。まぁそれよりも、勝てばね凄い良い雰囲気になるし自分たちのホームなんで、次もホームで出来るんでしっかり勝ちたいなと思います」

――昨日はミーティングがあったようですが、その辺りなども踏まえてトレーニングで意識していることっていかがですか

「そうですね、相手も凄い調子が良い中で埼スタに乗り込んで来るんで、こっちもそれにビビらずにぶつかっていきたいなという話と、あとは残り4試合でACLというとこと天皇杯ももちろんありますけど、タイトルというところを目指してみんなでもう1回ラストスパートかけていきたいなという風に思います」

――守備の連携面では、ラインの統率とプッシュアップというところを昨日のゲームでもきょうの練習でも、そこにフォーカスしているように

「そうですね、守備もだいぶ良くなってきてますし、全体的に凄い戦えるようになってきてますし、後はそのライン、相手陣地にクリアした後のラインコントロール、そういう所もっともっと出来るかなと思います」

――そのメリット、どう感じますか

「コンパクトにやればね、前戦の選手も走る距離も少なくなりますしその分ね、攻撃に力をかけられるんで、僕たちがもう少し楽をさせてあげたいなと思います」

――隣りの森脇選手との連携面とかってどうですか

「そうっすね、やっぱり経験もあるし技術も高い選手なんで。本当、困った局面も打開してくれるというかパスで打開出来る選手なんで頼もしい部分もあるし、90分走れない体力が少し心配ですけど(ニコリ)まぁ、走れるだけ走ってほしいなと思います」

――そこは上手くカバーして・・

「そうですね、出来るだけあんまり疲れさせないようには意識してます」

――ガンバの印象はいかがですか。

「前線に凄い2トップいますし、まぁサイドにもね、良いドリブラーがいて上手くバランスが取れてるなぁと思うし、個だけ見ればJリーグでもトップクラスの選手達が集まってるチームなんで、まぁあれだけ結果が出なかったのは不思議なくらいで。今は連勝してますけど、それだけ力のある選手達が集まってるチームなんで。良い状態でこの埼スタに来てくれるというのが逆に盛り上がるし、良い戦い、浦和とガンバの対戦というのは、よくテレビで熱い試合を観てたカードなので、僕もその一員として熱い試合が出来れば良いなと思います。楽しみながらやりたいなと思います」

――宮本監督とは神戸時代に?

「そうですね、まぁ僕がトップに上がったときから練習試合とかゲームで組むことが凄い多くて。まぁ、凄い話を沢山してもらったなという印象はありますし、見て学ぶことも凄い多かったし。今は監督としてですけど、こういう舞台で会えるのは凄い嬉しいし、尊敬できる選手であり人間だったので、そういう人と再会できるのはすごい楽しみです」

――特にそこで学んだこととか教わったとかっていうところで印象に残ってることってありますか

「まぁ、一番はポジショニングだったりクロスの時のポジションだったり、同じように足があんまり速くない選手としては、凄い学べることも多くて、身長も高くはないのに良いディフェンダーとして日本代表に居続けた理由っていうのを間近で見させてもらったし。そういう意味では凄い良い勉強になりました」

――ホーム戦、意気込みをお願いします

「そうですね、残り4試合なんで全て勝つつもりではいますけど。特にホームっていうのは自分たちにとって大事な試合になるんで、レッズのファン・サポーターのためにも勝ちたいと思うし、ACLっていうのを目指す中で勝ち点3っていうのが非常に大事になってくると思うんで勝ち点3取れるように頑張りたいなと思います」20181031_111523-

西川選手と岩波選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

9月20日 「勝たなきゃ楽しかったとは言えないんで」&「こういったことをきっかけに」

どうもです

神戸戦3日前のきょう、練習は午前10時過ぎに始まりました

午前10時40分頃からは約20分間、フルコートでの11対11を実施

「声かけあって声かけあって!」(柏木選手)

その後は同じくフルコートでプレッシングのイメージ共有が行われるなどして、全体練習は午前11時10分頃に終了しています20180920_105909-練習後もしばらくの時間、近いポジションの選手同士がそれぞれ輪を作って話し合いを重ねていた光景が印象的です20180920_112309-

◇◆◇柏木選手◇◆◇

――状態上向いているか、そこ心配でしたが

「いや上向いてるかどうかは分かんない、まだ。怪我はまぁ、良くなってるけど。状態がって言われたら、正直やってみな分からんし、今ちょっと走っただけでも疲れるから」

――きょうはかなり実戦に近いトレーニングが行われましたがフィーリングっていうか、どうでしたか

「まぁ、今日は状況的に難しい状況っていうか、まぁ、敢えてかけていくところとかそういうところやりながら上手くいかなかったシーンは多かったけどここは話し合っていくしかないしでかいことやったことなくて、こういう時はこうだなっていうのはある程度確認出来たんじゃないかなってところは含めてまぁ次やっていけたら」

――そこで感じたことやチームにこうすればもっと良くなるんじゃないかって伝えたいこととかってどうですか

「今ここで喋ることじゃないかなって、それは…うん」

――次神戸戦でイニエスタ選手がいますが、中盤の要として感じる部分とかってどうですか

「いや、ずっと昔から俺は一番同じポジションというかそういうポジションの選手として一番素晴らしい選手だと思ってるんで対戦出来ることは凄い楽しみだけど、まぁやっぱり今の自分たちにとってイニエスタと勝負とかじゃなくて今一つ自分たちが順位を上に上がるための一つの試合だという風に考えているから、もちろん試合出来ることは楽しみだけど勝たなきゃ楽しかったとは言えないんで試合に勝ってイニエスタと試合出来て良かったと言えるように試合後にね、言えるようにしたいなと思ってます」

――埼スタが満員になりそうで

「まぁね、レッズが凄い試合じゃない時に人を見にこんだけ満員になるっていうのは凄いことだと思うけど、自分たちにとってもそうやって入ってくれる中で試合出来るっていうのは凄い嬉しいことだから沢山応援してくれる皆さんのために勝利を捧げられたらなと思います」20180920_112758-

◇◆◇岩波選手◇◆◇

――実践に近い形のトレーニングを行われていましたけれども、そこを通じて感じたことなどいかがでした?

「そうですね、もう少しチームとして狙いもっていかないといけないなっていう風に感じます。守備の面で。きょうは少しやられた部分もあったんでそれはチームとして摺り合わせていかないといけないなと思います」

――先週のF・マリノス戦の勝利もそうですし、チーム全体が声を出してそういう練習で気持ちが入って一丸となることで、それが良い方向にいってる雰囲気を感じます

「そうっすね、勝つことが一番勢いになれると思うし、まぁでも一つ勝っただけなんでね。次勝つ準備しないといけないしまぁ相手良い選手多いですけどそういう準備することによって勝ちはこっちに来るのかなと思います」

――ホームでの神戸戦というところで、心境はいかがですか?

「そうですね、まぁ凄い人も入るって聞いてますしそういう沢山の前でプレー出来ることは嬉しいしその相手が神戸っていうのもね、すごい嬉しく思いますし、まぁ相手も監督が代わったり難しい状況になってますけど良い選手が沢山いるしリスペクトして戦いたいなというふうに思います」

――チームとして良いところ、どう感じますか?神戸の

「そうですね、今年からボールを動かすサッカースタイルを少し変えながらやってて、まぁボール持ってる選手増えましたし、サイドで仕掛ける選手も入ってきたりして少し去年とは違ったサッカーをするなという印象はあるしまぁ、今こそ連敗してますけどこの前すごい良い試合してたんで持ってる力はすごい高いものがあるんで良い試合になればいいかなと思います」

――ゴール前に背の高い選手がいるのも守る側としてどうですか?

「まぁ、それはそんなには意識してないですけどまぁ大体どこのチームにもそういう選手はいるんでいつも通り対応しようと思います」

――イニエスタ選手に注目が集まってますけど、岩波選手としてはポドルスキ選手と対戦出来る楽しみもあるのでは?

「そうですね、前節は出場停止で、今節はね、フレッシュに入ってくると思うしあまり運動量は少ないですけどまぁ、ひとつのキックとかで試合を変えられる選手なんで本当ワールドクラスの選手ですし、そういう選手が二人いるっていうのはすごい自分たちにとってもモチベーションが上がる試合になるかなと思います」

――そういえば、今イエローが3枚なので、F・マリノス戦観もカードもらわないようにと思いながら見てました

「そうですね、3枚になって4試合ぐらいありましたけど、まぁ僕もね、神戸戦っていうのはすごい自分の頭の中にあったんで出来るだけファールしないようにっていうのは凄い意識しながらイエローもらわないように進めて来たんでまぁ本当その辺はね次に出場停止にならなくて良かったなと思います」

――素晴らしい雰囲気の中のゲームになると思います。改めて意気込み、サポーターへメッセージお願いします

「最近、埼スタが満員になるっていう試合が無かったんで、こういったことをきっかけに自分たちが勝利してまたレッズのサッカーを観に来てもらえるようなそういう素晴らしい試合をしたいなと思います」

――では、先ほどまで練習していたブレ球シュートもぜひ!

「はい(ニコリ)」20180920_112323-

柏木選手と岩波選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉でもお聴きいただけます

では

8月29日 「『とにかく俺を見ろ』ということはいつでも言ってます」&「覚悟を持って臨みたい」

どうもです

セレッソ戦3日前のきょう、トレーニングは午前9時頃に始まり、フィジカルメニューやボール回し、攻守練習が行われ、午前10時15分頃に終了しました

20180829_100803-

◇◆◇李選手◇◆◇

――さきほど、居残りで猛ダッシュしている姿も凄い躍動感があって好きです

「そうっすか、普通に走っただけですけど(ニコリ)」

――どうですか、調子などは今

「調子は良いッスよ!」

――昨日も大槻さんが「ボレーの虎」と言ってました

「まぁボレーは得意なんでね」

――ここ数試合感じていることっていかがですか?

「まぁ、失点が凄く多いところを修正しないといけないとチームのみんなで言ってますし、やはりゼロで抑えれば必ずね、前の選手が点取れると思うんで。やはりゼロで、試合を経過させていくっていうところをどうするのかっていうことをこの一週間で詰めていければなと思いますけど」

――前からも含めての守備というか、そのあたりはチーム全体で

「まぁ、もちろんこの時代ね、“全員守備・全員攻撃”なんでね、フォワードだけが攻めるだけじゃないんでね。みんながオーガナイズしてしっかりしたチームとして戦っていきたいですね」

――そこで、今は途中からという機会が多いですけど、オリヴェイラ監督も試合を決めるのはそういった選手だと言ってて、まさしく李選手がその1人

「まぁ、試合決めなきゃそんなチャンスも多くないと思うし、試合決めればね、1分でも多くのチャンスをもらえると思うんで。やはり、今途中からなんでスタメンに出れるようにね、練習からもそうだし、試合出たら何かしらのアピールはするとか点に絡むとか、点を取るっていう結果を残したいと思います」

――練習の雰囲気を見ていても、李選手が一番声を出しているようにも

「若手がね、全然声出さないから!声どこで出せばいいのかもわかってないんで(苦笑)僕が声出してね、こういうとこで盛り上げるんだぞってところをね、はい、見せていってます」

――その影響を受けてる荻原選手が

「いや、全然受けてないでしょ、何も感じてないから、あいつは(ニコリ)」

――ただ、クロスを上げる時も「李さんが一番目立つんです」って

「あぁ、そうなんですか。俺が一番うるさいからじゃないですか!?」

――お互いの価値をそうすれば高め合うことが出来るからって。アシストしたいって話してました

「まぁね、彼にも言ったんですけど、やはりねクロスの質だったり、サイドからの突破だったりシュートだったりっていうのが彼の持ち味なんで。それに合わせる中の選手がいなきゃいけないんで。『とにかく俺を見ろ』ということはいつでも言ってますけど」

――あと今ですと、さっきのダッシュに関連して、裏に抜け出した時の岩波選手との相性も良くなっていけば一つの・・・

「武藤がね、すごく相性が良いんでね。あぁいう武藤の動きにもしっかりパス出せる選手ってそうそういない中でまぁ、岩波選手はねしっかりルックアップも出来てパスの精度もあって。パスも早いんでね。彼のパスっていうのはレッズにとっても武器だと思います」

――セレッソは先日も対戦しましたが、印象は

「杉本選手は昔から、彼が16歳くらいの時から知っててすごく成長してね、今はもう日本を代表するストライカーになってる中で、やっぱり一緒に対戦することは凄く楽しみだし彼の成長もすごく頼もしく個人的に思ってますけどね」

――そういった中、埼スタで一番優れたフォワードが李選手であることを

「僕たちがね、しっかり勝って、僕たちの方が優れたチームだってところを見せたいと思います!(ギラリ)」20180829_102727-

◇◆◇岩波選手◇◆◇

――ここ数試合今戦って、守備面などで今感じてることっていかがですか?

「そうっすね、まぁ少しもったいない失点が続いてますし、防げるような失点もあるんで。まぁ、勿体ないなって思います」

――そんなに崩されてるようには見えないけれども、数字見るとっていうところで、点を取られている要因をどう感じますか?

「この前の試合に関しては、1点目、2点目はPKとセットプレーっていう流れの中からではなくてやられてしまったんで。すぐにでも改善出来るような部分ですけど。セットプレーなんかはもう少しこう、ハッキリした方がいいなという風に感じますし。PKの部分もね、シンプルにクリアも出来てましたし。そういう意味でも、まずは失点しないっていうのが今このチームの良さでもあったんで、夏以降の試合は失点少なく勝ってきたゲームが多かったんで。まぁ、もう一回そういうとこ見つめ直したいなと思います」

――きょうの練習でも監督の声がかかっているようでしたが、選手間も含めてどんな話がありますか?

「いや、きょうの練習に関しては戦術云々よりもフィジカル的なところなんでそんなにないですね」

――選手間では“こうしていこう”みたいなイメージ共有ってどうですか?

「まだそんなにはないですけど、セットプレーは勿体ないっていう話はみんなしてるんで。改善したいなと思います」

――良い守備から良い攻撃へというところで、先ほど李選手も岩波選手の後ろから出てくるボールはチームにとって良い武器がまた出来ているって話していますけど、どうですか?

「そうですね、そういう武器はもちろんありますけど。まぁ、負けてる展開だと自分が交代せざるを得ない状況が2試合続いてるんで。ま、そういう部分出しながらも失点しないように意識したいなと思うし、負けてれば自分が下げられてしまうんで。まぁ、そこはもっともっと下げられないような選手にならないといけないなと思うし、そこに対して悔しさもあるんで次の試合は、まぁそういう自分の武器もありますけど仕事は守備なんで無失点目指してやりたいなと思います」

――仰るとおりで、こういうのを乗り越えればまた更に成長してっていうので更なる高みというか、上にいける

「そうですね、まぁ、自分が納得出来るような試合したいと思います」

――次はセレッソ

「まぁ、前回の試合は出てないんで何とも言えないですけど。まぁセレッソ良い選手多いし上手い選手たくさんいるんで。ボールに行けなくなったら好き放題やれるんで、しっかりプレッシャーかけたいなと思うし。やっぱりこのチーム後半になるにつれて、足が止まっていく傾向があるし、前半の出だしが悪かったらそのままずるずるいく傾向もあるんで。そういう意味では、ホームなんで集中して立ち上がりから戦いたいなと思います。ホームで負けることは許されないし、アウェイであれだけ大敗したんで覚悟を持って臨みたいなと思います」

李選手と岩波選手のインタビュー全容は、このあと19時からの〈You’re The REDS〉でお聴きいただけます

では

 

8月9日 「そういう意味では逆に嬉しいです」

どうもです

鳥栖戦2日前のきょう、練習は午後2時30分頃に始まりました20180809_155218--ポゼッションゲームやパス&コントロールを行うなどして、午後3時50分頃からはセットプレーでの連携確認、その後はハーフラインからスタートする攻撃のイメージ共有を実施

気温のみならず監督の語気にも熱がこもります

「注意深くプレーすれば、試合でも練習の形は4~5回できる」

「出来ると信じて試合でやらないと。トレーニングで沢山やってるから」

「集中集中、しっかりやろう。動こう動こう、状況を見ているだけじゃダメ」

全体練習は午後4時15分頃に終わりました20180809_154523

◇◆◇岩波選手◇◆◇

――午後だとやっぱり暑さは違いますか?

「そうですね。めっちゃ暑いっす」

――そういった中、きょうのトレーニングはいかがでしたか?

「そうですね。まあ、今日は引いた相手に対してどういうオプションを持つかという確認と、あとはセットプレーのところですけど、次の試合はその2つが大事になってくると思います」

――特にそこでの連動した動きのイメージ共有で岩波選手がボールを持った時の動きも大切に

「そうですね。相手が2トップなってきたら僕のところと槙野君のところでどちらかがフリーになるのでそこが起点になると思いますし、そこから良いパスを出していくというか攻撃の形を作らないとこの前の長崎戦みたいになかなか崩せない時間帯があるので、そこは全員でイメージを共有できたらと思います」

――あとは「集中しよう」と監督も言っていましたが

「そうですね。最近少しイジーなミスも増えているし、技術的なとこというよりも気持ち的なミスも増えているんでね、普段しないようなミスだったり、まあそういうのは練習からなくしていかないといけないし、そういうところも監督はなくしていかないといけないと思っていますし」

――守備面はいかがですか?無失点が続いていますけど

「そうですね。まあ良くはなってきていますし、もちろんピンチはあります。1試合で強いチームでもピンチは1回か2回はあるんで、そこはまあポジティブに捉えていますけど、そこで失点してしまうと崩れてしまうんで、できるだけピンチも少なくしないといけないなと思います」

――攻撃でも守備でも試合を重ねること味方と岩波選手の理解が深まって、岩波選手も全体との動きやタイミングが良くなってきそうな手応えはありますか?

「そうですね。この前の長崎戦なんかは、僕がボールを持つと相手が少し違った守備をしてきていたんで、まあ警戒されているのかなと思いながらちょっとやりづらさは感じましたけれど、まあそうなっていくっていうのも神戸の時に経験していますし、そういう意味では逆に嬉しいですし、相手が自分のところに来てくれるっていうのはそういう意味でも試合に出て、ああいうパスを出し続けることによって自分の評価も上がってくるかと思います」

――鳥栖の印象はいかがですか?

「そうですね。金崎選手とフェルナンド・トーレス選手が前に入って正直2人は、守備はあんまりしなくて8人で守って早く2人に預けてっいうサッカーで、前節は勝ちましたし、そのほかも良い選手、頑張れる選手が凄い多いチームで、まあいい選手が多いなっていう印象がありますし、あれだけビッグネームの選手が来ると注目された試合になると思うし、レッズは今、調子が上がってきているので、凄い良い試合になると思います」

――トーレス選手は以前から映像でも観てどんな選手か分かっていると思いますが、改めてどう感じますか?

「世界でもトップクラスの選手だと思いますし、ワールドカップでも優勝したり、そういう経験のある選手なんで、自分ひとりで違いを生み出せる選手でもあるし、もちろん周りがいないとトーレスも難しそうにしている部分もありますけど、そんな素晴らしい選手と90分できるのは楽しみですし自分にとってもチャンスだと思うのでゼロで抑えれば自信になると思うし、そういう意味でも大事な試合かなと思います」

――アウェイで遠いですけど、レッズのサポーターがたくさん来てくれることは分かっているでしょうが、一緒に戦う方々へ一言お願いします

「そうですね、後半戦負けなしっていうのもサポーターあってのチームですし、サポーターの後押しを埼スタでもアウェイでも受けられる喜びを感じていますし、そういう意味でも遠いですが、たくさんのサポーターと勝って喜びたいと思います」

――長崎戦での前半終了間際の攻撃参加、気に入っているのでまたぜひ再現を

「はい、頑張ります」

岩波選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉でもお聴きいただけます

では

 

7月30日 2日前

どうもです

蒸し暑さに比例し、セミの鳴き声もヴォリュームアップしてきた大原

川崎戦2日前のきょう、セレッソ戦スタメン組はボール回しなどでコンディション調整

それ以外のメンバーは、ポゼッションゲームや様々な形からのシュート練習を中心としたメニューに、集中した様子で取り組んでいました20180730_092714-

◇◆◇ファブリシオ選手◇◆◇

――初ゴールおめでとうございます。

「ありがとうございます」

――レッズの一員になって、2試合戦いましたけど手応えいかがですか?

「まだ、コンディショニングが100%とは思えないですけども。まぁこの2試合を非常に良い手応えを感じています。まだまだフィジカル的に強くなれると思うし、けどもこのアウェイの2試合に関してはしっかりと勝ち点4という結果に関しては非常に嬉しいと思いますしもっともっとこれから良い結果を出せると思います」

――前線の連携はいかがですか?

「お互いの連携に関して、非常に良くなっていると思いますしやっぱり試合毎そういった細かい所が改善されていくと思うのでまだまだ良くなっていく要素はあると思います」

――ボールを受けたとき事前に周りの状況を上手く把握しているのか、余裕が感じられて非常に頼もしいです

「そうですね、ボールを受けたときに冷静に自分が何をすべきかということは常に意識させてもらってる中で、まぁ先ほども言わせてもらったんですけれどもやっぱり試合を重ねることによってそういった要素っていうのはもっともっと良くなっていくものがあると思います。試合毎確かに良くなってると思いますし、前半でいくつかミスはありましたけれどもそこをしっかり改善することが出来ればまた次節でもっと良いものが見せられると思っています」

――初ゴール決めたことで気持ちの面はいかがですか?

「気持ち的には、やはり特別なものでした。まだ会っていない自分の息子のために捧げたゴールでしたので、しっかりと彼に対する思いの入ったゴールでした」

――次、ついに埼玉スタジアムでの試合が待っていますけど、どんな楽しみがありますか?

「やっぱり、個人的にもチーム的にも前節よりももっと良い試合を見せていきたいと思いますし、自分の所でもやっぱり色んな事をしっかりと考えた上でもっと良いパフォーマンスを出していきたいと思います。あの、まぁ今回の広島戦で自分のゴールが生まれたことによって勿論モチベーションも大きくなりますし、また決めてやろうという気持ちが自分の中で強くなりました」

――スタジアムでの応援を楽しみにしている方々へ一言メッセージお願いします。

「2試合ぶりのホーム戦になりますけど、我々にとってあなた方の力というのは特別なものです。しっかりと最初から最後まで共に戦っていただきたい、そして最後はみんなで一緒に喜びましょうという一つのお願いです。よろしくお願いします」20180730_094021-

◇◆◇岩波選手◇◆◇

――広島戦を振り返っていかがですか?

「そうっすね、まぁ結果みれば凄い良い試合でしたけど。まぁビデオ見返すと少し危ないシーンも何回かあったんで改善出来るところはまだまだあるかなとは思いますけど。まぁ、ひとまず結果が出てチームの勢いもそのままの状態でいけたんで。良かったです」

――ご自身も強い思いを持ってピッチに立ったと思いますけれども、そういう意味ではいかがでしたか?

「そうっすね、まぁ、負ければ後がない状況ですし、個人的には。まぁ、ミスも出来るだけ少なくしてっていう思いで入りましたし、それが逆に少し安全なプレーを選びすぎてしまった部分もありますけど、まぁひとつ勝つことが自分に必要でしたし、ここから自分の良さも加えつつもっともっと良いプレイを出していきたいなと思います」

――失点の場面はどう振り返りますか?

「そうですね、まぁちょっと橋岡が相手にブロックされてそのスペースに入られたんで、まぁ僕の後ろと僕と青木君の間のところで入られてしまったんで、もう一回修正したいなと思います」

―さっき、安全なプレーを選んだって言ってましたが、岩波選手にとっては簡単に思えても、普通の選手がやったら難しい縦パスとかどんどん通してるのとか流石だなと

「そうっすね、何回か良い場面はありましたし、自分の良さも出ましたけど。まぁもう少しね、右のとこから攻撃組み立てたいなと思いますし。もっともっとサイドチェンジだったり、っていうのは出していけるかなと思います」

――サイドチェンジの時とかも、ボール受ける前から状況を把握してるのか、コースを

見ずに蹴っても正確なボールを送り出せるのは凄いなと思うのですが

「そうっすね、まぁ出来るだけ逆に見ないようにして、あとはもう感覚とスピード、ゴールスピードでっていうイメージなんで。逆に見ると動かれちゃうんで、それは凄い意識してます」

――そこであぁいう強いボール蹴る選手って日本でもそうはいない

「そうですね、その部分は他の選手に負けたくないし、自信もあるんで。まぁそこはもっともっと出していければいいかなと思います」

――次は感覚短い中で川崎との一戦ですが、相手の印象はいかがですか?

「まぁ、レッズ同様一人一人ボール持つのが上手いし、技術ある選手が多くて。まぁ、凄いパスサッカー、良いサッカーするのは前監督の時からの継続で、凄い良いサッカーするし。まぁここ最近は、大量得点というよりもしぶとい勝ち方をしてるなという印象があるんで。まぁ、手強い相手ですけどアウェイも勝ちましたし、ここからホーム2試合続くんで、勝って次の試合迎えられるようにしたいと思います」

――駆け引きが色々楽しそう。

「そうですね、まぁ前線にも良い選手いますしパスで出てくる選手もいるんで色んな選手警戒しないとダメなんで。まぁ、前節同様守備大事になってくると思うし、無失点目指してやっていきたいと思います」

――サポーターの皆さんも熱い想いを持ってくると思います、一言お願いします。

「そうですね、まぁさっきも言いましたけど、ホームで2試合出来るんで自分たちにとってはアドバンテージですし、まぁその有利さを活かしたいなと思うし、浦和のサポーターっていうのはJリーグでも一番のサポーターだと思ってるし、アウェイ・ホーム関係なく凄い熱い声援があるんで、ほんと気持ち良いし勝てばそれだけ更に気持ちよく自分たちも充実感も凄いあるし、勝って一緒に喜べたらいいなと思います」

――岩波選手のプレーならどんどん沸かしてくれると信じてます

「ありがとうございました(ニコリ)」

◇◆◇橋岡選手◇◆◇

――こうやってファンがたくさん来てくれると張り合いがあるというか、、、どうですか?

「張り合いっていうのは?」

――やる気が出るとか頑張れるとか。

「はい、それはもちろんあります。まあその来てくれるからやる気がでるというか普通に嬉しいというのはあります」

――広島戦はスタメンで出られましたが振り返っていかがですか?

「まあ、チーム的にはもちろん勝てたことは次につなげられることなんで良かったと思います」

――強力な2トップがいる中で好調な広島を倒せたことはこれから反攻していく中で勢いをつけていく中で大きかったですか?

「そうですね、やっぱりチームが目標としているものっていうのはみんな同じだと思うので首位の広島にしっかり勝てたということはやっぱりいい流れにも乗れると思いますし本当に良かったんじゃないかなと思います」

――今までは右サイドは遠藤選手との連携がありましたけれど、遠藤選手がベルギーに旅立って岩波選手との連携はどうでしたか?

「本当に前も何回かやらせてもらっているので本当に後ろから良い声をかけてくれてやりやすいというか本当に助けてもらっているという感じです」

――後ろの声は神の声といいますけれど

「そうですね」

――川崎は昨年のチャンピオンですが、明後日対戦しますが川崎の印象はいかがですか?

「やっぱりそのみんな繋いでくるイメージがあってみんな巧いというイメージがあるのでそこでいかにじゃれずに出来るかだとは思います」

――夏休みで今日お子さんたちもたくさん来てくれていますけど平日ですけどサポーターがいっぱい来てくれるというところで橋岡選手も楽しみじゃないですか?

「そうですね。まあ、次の川崎戦も多くのサポーターがホームで来てくれることを願っていますし、本当にサポーターのみなさんの力というのは自分たちの力になっていると思うのでサポーターのみなさんに後押ししてもらっているというのもあるので、サポーターのみなさんの前でホームでしっかり勝ち点3をしっかり持ってきてみんなと一緒に喜びたいなと思っています」

――話が変わってしまいますが、今、クラ選やっているじゃないですか。昨日後輩は負けてしまいましたけれど、後輩と連絡取ったりはしていますか?

「そうですね、連絡取ってましたね。後輩と。清水戦の後に頑張れよと言ったんですけど。まあ結果的に負けてしまって昨日寮に帰って来てましたけれど、本当に惜しかったというか負けたのは負けですけど良い試合をしていたというのは聞いていたのでベスト8で終わりましたけどこの後のプレミアに繋げてほしいなと思います」

――昨年の決勝を取材に行っていて、最後45分タイムアップのホイッスルの後、橋岡選手を始め全員が膝から崩れ落ちたじゃないですか。あの時はこれにかけていたと言うようなことはありましたか?

「いや、これにかけていたというか、クラブユースでもちろん決勝まで行ったら絶対に勝ちたいと思うのでそれはもちろん誰でも同じだと思いますしその中で決勝が僕達だったという中で本当に勝ちたかったですし本当に悔しいのは一緒ですしもちろんそれだけにかけているわけではないですけれどクラブユースもしっかり優勝して終わってやるというのはありましたけれどそこで勝ちきれなかったのは悔しい印象はありますね」

――後輩は負けてしまいましたけれど、あさっての川崎戦の橋岡選手の活躍を期待しています

「はい。ありがとうございました」

20180730_094123-

◇◆◇森脇選手◇◆◇

――上向いてきました?

「コンディションは常に良い状態で出来てるんで、今の状態をしっかり続けていくことだという風に思っているんで。まぁ、キャンプからも体っていうのは出来上がってますね」

――今日もフォワードかっていうくらいにゴール前でのセンス見せていました

「いやぁ、まぁゆくゆくはワントップをやりたいと思ってるので、やっぱこういう所からね、しっかり見せていかなきゃいけないなと。あの、こんなん言ったらね、選手全員からブーイングくるかもしれないですけど、そういう練習から出来るっていうのはやっぱ、見せていくことは必要だなっていう風には感じています」

――日本代表も森保監督になったし、まだまだ可能性を求めて。

「いやいや、50歳までね、現役続けたいなっていう風に思ってるんで、しっかりロシアはダメでしたけど次のカタールもね、目指したいなというところは感じてるんで。えー、ポイスさんはきょう観に来てないですけど、しっかりやるべきことを日々努力したいなと思います」

――還暦までって言ってたじゃないですか。

「あ、還暦でした?言うことコロコロ変わるんで(笑)訂正します、”還暦”で(笑)」

――広島戦は良い形で勝てたかと

「もうほんと、その通りじゃないかなと。やっぱり勝つことが自分たちをね、前進させてくれるという風に思っているんで。まぁとにかく勝って、反省じゃないですけど、そういうプランというか、そういうサイクルが回っていくのは非常に良い事だと思ってるんで。ま、僕らにとってはシーノ広島を叩いたっていうのは、大きな大きな勝ち点3以上のものがあるんじゃないかなっていう風に捉えてます」

――あぁいう中で、試合を締める時に使われるっていうのは、ひとつの信頼の表れかとも思うんですけど、いかがですか?

「まぁ、どうですか!?役割というものはまぁ、勝ってる状況だったんで今言われたように良い試合を締めるところだという風には思ってますけど。自分自身そういう役割、これまで比較的そこまで多くなかったんで、試合に入ったときにスムーズに入ってるかどうかっていうのはまだまだ分からないですけど、でもしっかり自分が出て失点せずにゲームを終わらせられたというのは非常に良かったかなという風には思います。ただ、まだまだ勉強の余地はあるかなという風に思います」

――最初のプレーで西川選手にめっちゃ吠えられてませんでしたか?

「なんかセットプレイでね、言われてましたよね(汗)まぁ、僕自身カベだったんで、動くことが出来なかったですけど、たぶん僕が3対1の状況だったんで、スライド早くっていう風には言ってたんじゃないかなっていう風には思いますよね」

――言われて気付くこともありますし

「まぁ勿論そうですね。3対1の状況で誰かがカバーに来てくれるっていうのは理想ですけど。3対1で守るのは非常に難しいんで、まぁ僕自身も含めチーム全体としてね、オーガナイズのところはしっかりやっていきたいなという風には思います」

――次は川崎との一戦っていう意味でのモチベーションいかがですか?

「もう相手は強い強敵っていうのは、間違いないし誰もが知ってることなんで、そういう相手にしっかり挑んでいく。それが100%の力だけじゃなくて120%の力を出さなければ勝つことは難しいなっていう風には思ってるんで。今のレッズが求められてるのはとにかくガムシャラに戦う姿勢っていうのは出していきたいなと、これぐらいで良いだろうっていう考えでは、勿論勝利っていうのは遠ざかっていくんじゃないかなっていう風に思ってます」

――埼スタでの一戦、森脇選手のプレイ楽しみにしている方への一言お願いします。

「やっぱホームでね、勝利っていうのを上げたいなというふうに思ってるんで、とにかくアグレッシブな姿勢っていうのを見せ続けたいなと多くの方に埼スタに足を運んでまた後押ししてもらいたいなと思います」

―頼みますよ!

「あの部分はカットできるんですか?・・・」20180730_103527-

◇◆◇菊池選手◇◆◇

――非常に暑い中での練習でしたけれども終わっていかがですか?

「最近はもうずっとこんな感じなんでまあ覚悟してやれていますし当たり前のことをやっているだけなので暑いですけれど自分達が強くなるためにしっかりやり続けたいと思います」

――こう暑いと試合の時もそうですがサポーターが来てくれて頑張れと言ってもらえると暑いけれど頑張ろうという気にさせてくれますか?

「こんだけ暑い中でも練習はもちろんそうですし試合にもたくさんの方がこの間の広島も本当に考えられないぐらいのアウェイにサポーターがたくさん詰めかけてくれたんでそれが凄く結果に繋がったと思うしそういう人たちためにもっていう気持ちは常に持っていますし持ってやらないといけないものなんでしっかりこうスタッフとか手だけじゃなくてそう人達も一丸となってやっていけてらと思います」

――ちなみにこの前の広島戦、ベンチからでしたけれども見ていていかがでしたか?

「いや本当に危ないシーンもありましたけれど、1対1になってからしっかり自分たちのスタイルっていうかやるべきことをぶらさずにやった結果、ああいう勝ち方になったと思いますし、サポーターの人たちの力もありますし凄くチーム一体となって勝った勝利かなと思いますので、やっぱりホームで同じような勝ち方というか良い試合をして良い勝ち方を出来れば本当に大きくつながってくると思うので、勝ったからこそ次が本当に大事になってくるかと思います」

――好調広島相手に勝ってこの後ホームで川崎を迎えますが、川崎の今シーズンの印象はいかがですか?

「今シーズンに限らず、タレントが豊富ですし技術が高い選手が前線特に揃っていて、そういう選手たちがコンビネーションだったり個人技だったりをうまく突破して点を決めているイメージがあるんで自分たちはチームとして一体となって守ることもそうですし、広島戦も久しぶりに流れの中から点も取っているのでそういうのを続けていけばホームですし問題ないんじゃないかなと思います」

――前回アウェイでしっかり勝っているのでこういった流れを継続したいですよね?広島戦もそうですし川崎戦もそうですが。

「もちろん、はい、1回アウェイで首位を叩いたというのはありますけれどそれで終わってしまうとまったく意味がないんでホームですし次が本当に大事かなと思います」

――ちょっと話変わりますが、遠藤選手がベルギーに移籍して…ずっと長くやってきた仲間が世界に羽ばたいていくのって?

「アイツは湘南のユースから一緒にやっていますしそのときから海外に行きたいと言っていたので自分はもっと早く行って欲しかったですけど良いタイミングで行けたかなと思いますしこれからがアイツのスタートだと思うので応援しつつ負けられないライバルですしもちろん悔しさもあるんでそういうところで負けないようにしっかりやっていきたいと思います。切磋琢磨してお互いこれから成長していけたらと思います」

――連絡取ったりとかされていますか?

「いや今は取っていないです特に」

――本人も開幕節の辺ですものね。

「そうですね、1回試合が終わって次から出られるんじゃないですかね、わからないですけど」

――遠藤選手の活躍も楽しみなんですけれど、川崎戦一緒に戦ってくれるサポーターに向けてメッセージをお願いします。

「夏場凄く暑い日が続いていますけれど今までもたくさんホームアウェイ関わらずたくさん声援をもらっていますし暑いからこそそういう声援が自分たちに力を与えてくれると思っているので引き続き熱いサポートをお願いします」

ファブリシオ選手、橋岡選手、菊池選手のインタビューはきょう、岩波選手と森脇選手のインタビューは、あすの〈You’re The REDS〉でお届けします

では

6月19日 午前練 「4年後は」&「日本に帰ってくるならこのチームしかない」

どうもです

練習再開2日目のきょう、大原はパキッと晴れ渡りました

午前練では、鳥かご、持久力テスト、オリヴェイラ監督が蹴り上げたボールに対するヘディングでの競り合いなどを実施

10時30分過ぎに終了しています20180619_102843- ◇◆◇岩波選手◇◆◇

――トレーニングが再開して、雰囲気など、どう感じていますか?

「後半戦に向けて、メンバーも新しい選手が加わったりして、凄い気持ちも後半戦にむかっているのかと思います」

――その前には長いオフがありましたが、どのように過ごしていましたか?

「かなり連戦もあったので、1回リフレッシュできたし、サッカーのことはほとんど考える時間もないぐらい充実したオフを過ごせました。神戸にも帰ったりしていたので、色んな人とは会えました」

――思った以上に体は疲れていたという感じですか?

「そうですね、まあもちろんオフ明けなのでね、体はきつかったですけど、ここから徐々にキャンプもあるし、コンディションを上げて行ければ良いかなと思います」

――今季前半戦を振り返って

「もちろんね、もう少し自分が思っていた勝ち星は挙げられなかったですけど、少し苦しんだ前半戦でしたし、色んなことがあった前半戦だったので、一旦フレッシュな気持ちで後半戦にのぞみたいなと思います」

――きのう、お誕生日おめでとうございます

「ありがとうございます。もう若手っていう歳でないので、これから若手とベテランの間としてプレーしないといけないので、もう少し責任感を持たないといけないし、個人のためというよりはよりチームのためにプレーしたいなと思います。誕生日はいつもワールドカップ期間なので、次の4年後はそういう舞台で自分の誕生日を迎えられるように、4年というのは本当に長いようで短い時間だと思うし、一日一日を大切にして、目標に向かって頑張りたいなと思います」

20180619_103208-

☆関根選手☆

――久々の大原

「そうですね、2日間だけこのように一緒にみんなとやれて、凄い全てが変わってはいましたけど、まぁ、すぐ溶け込めたというか、ハハハ(ニヤリ)みんなが素っ気ない態度じゃなくて、安心しました」

――自分が最初は素っ気ない態度を見せていたという話をある“お兄さん”から聞きました

「誰っすか?あの、あの人っすか?」

――一番懐いてた、ゴールキーパーの・・・

「はい(ニヤリ)あの人は本当いい人だなって思いました・・・帰ってきてェヘへ、なおさら!(ニヤリ)ホントみんな良くしてくれて助かりました」

――大原には新しい施設もできていて、感じたこととしてはいかがですか?

「そうですね、本当に環境もそうですし、浦和レッズ自体も変化しつつあるなって感じた部分もあるので、これから本当に良い方向に向かっていってくれれば良いと思います」

――ACL優勝などを見てどう感じてましたか?

「本当にACLで優勝したときは、自分がそこにいなかった思いと、所属チームで試合に出られていなかったので、色んな思いがありましたし、凄い刺激になって、自分も本当にこっから這い上がらないと行けないなって思いながら、あっちでの苦しい時間でしたけど、モチベーションを持ってやっていました」

――モチベーションを抱きつつ、ヨーロッパで成長を感じている部分

「やっぱ正直試合に出ていないと、そういったところは、『ここが成長した』と自信を持って言えないと思うので、来シーズンどういうふうになるかわからないですけど、そこで試合に出て感じられる部分は沢山あるんじゃないかなと思うので、まずは本当に試合に出ないといけないなと思っています」

――監督がオリヴェイラさんに代わっていますが、強くなりそうな雰囲気など感じましたか?

「本当にシンプルに練習量というのは多くて、時間も長かったりするので、そこら辺のタフさっていうのは前のレッズとはちょっと違うのかなと思うし、本当に90分間しっかり走りきれるような体作り、そういったことをコンセプトにやっているのかと思います」20180616_143211--

――話変わって。森脇選手があの日のことを・・・

「そうなんすか?あの~、はい。計算・・・“内”だったので(ニヤリ)あーなるかなと思って頼んだので、自分は好きなので全然良かったです。ハッハッハ(笑)一瞬、本当どうなるんだろうって思いましたけど、そこから立て直してくれた、くれる!あの姿が好きなので、良かったです。やっぱり関係者だけじゃなかったので、その他の人達が、ちょっと唖然としていたというか、《あれ!?誰なんだろう?》みたいな感じにはなったので、一瞬ちょっと怖かったですけど、まーあの“勢い”で持っていってくれたので、良かったです。助かりました」

――森脇選手はどんな話の組み立てを?

「ハイテンションから入っていって、テンションを間違えたのかなっていうぐらい“いきなり”が高かったので、その後が多分難しかったのかと思いますフハハハハハ(笑)」

――温度差?

「そう、温度差が、はい。その場の雰囲気と。けど、乗りきれたので、良かったです」

――森脇選手は「その場で思いついたことで大丈夫だろう」と考えていたそうで

「いやけどメチャメチャ準備していたらしいので、なんか、アドリブだったらまだわかるんすけど、カンペをしっかり作ってたらしくて、あれをカンペでする人は多分森脇君ぐらいだなと。日本の中でも…森脇君ぐらいだなと思いました」

――手書きのメッセージを宝物にしたい的なお話しもしていました

「アハハハ!そうっすね、ほんとモリ君は本当に1年目2年目3年目と、モリ君以外の選手にも助けられましたけど、右サイドの僕を活かしてくれたのは森脇君だと思っているので、本当に感謝したいなと思います」

――喜ぶはずです

「ハッハッハ(笑)けど周りから『そんなわけねえだろう!』って森脇君が批判されちゃうんじゃないかと(ニヤリ)ハハハハッハッハ!本当にモリ君に感謝しています」

――原口選手もメンバー入りしている日本代表の試合が今夜。関根選手も4年後に

「そうですね、一歩も二歩の先に行っている存在なので、ドイツでも一部のチームに移籍して、挑戦していくと思うので、自分もまた追いつけるようにしっかり追いかけて行きたいと思います」

――サポーターへ

「本当に、この1年というのは自分の中でも苦しい時間でなかなか思い通りに行くシーズンではなかったですけど、本当にここから這い上がって行って、ここで育ってきたものというのをしっかり出して行かなければいけないと思っていますし、自分はこんなところで負けてはいけないと思っているので、このまた1年を勝負だと思って、ゼロから頑張りたいなと思います」

――レッズランドの芝生

「あーはい!久しぶりにこないだ行って、メチャメチャ良くなっててビックリしました」  20180616_143143--

――24

「あ、そっちっすね!天然芝がメッチャ綺麗になってて、自分がやってたときよりも、で、その看板も作ってもらって、本当にああいうことをしてもらって、なおさらこのチームのために貢献していかないといけないなと。1回移籍しましたけど、何らかの形で恩返しできれば良いなと思いましたし、日本に帰ってくるならこのチームしかないっていうのは改めて思いました」20180616_143136--岩波選手と関根選手のインタビューは、このあと19時(再放送は23時)からの〈You’re The REDS〉でお聴きいただけます

では

3月23日 「中途半端な気持ちではないです」

どうもです20180323_123551-「え、まじで!?春が来てるよ!」

心地よい晴天の大原周辺を、自転車で通り抜けた中学生?の男子からは、そんな”どよめき”も聞こえてきました

少しずつ桜も咲き始め、春の色合いがより一層濃くなったきょう、練習は午前10時頃スタート20180323_123133-1ウォームアップ後は、ハーフコート(横はペナ幅)でのゲーム形式(キーパー含めた8対8)が行われました

「守備で行くところと行かないところ、声を出し合って!カウンターの判断もしっかりして、ダメなときは慌てないように」(堀監督)

いつものようにキープコンパクトの状況でゲームは進行

興梠選手や武藤選手がスムーズな動き出しでディフェンスラインの裏を突き、ゴールが決まれば、いつもより多く来ているサポーターのスタンドからは拍手が沸き起こります

選手それぞれがキビキビとした動きを見せ、単純にゲームとして見ていても楽しめる内容でした

練習は午前11時30分ごろに終了しています20180323_111355-

居残りトレーニングでのヒトコマを

センターサークル付近で池田コーチとパス交換した柴戸選手が左サイドへフィードし、それを受けた菊池選手が小坂コーチとのワンツーから左足でセンタリング

飛び込んだ武藤選手が右足で合わせるも、ボレーは当たり損ねでした

タイミングの取れなかった岩舘選手は反応しきれず、ボールは力なくゴール右隅へと吸い込まれ・・・

「サイレントシュートォォォォ!!」(池田コーチ)

その声は、Loudでした

日々、大原では色々な所で”伸康魂”が注入されています20180323_115143-

◇◆◇岩波選手◇◆◇

――気温が上がってきた中で行われたきょうの練習

「そうですね、今は代表で抜けている選手もいますし、なかなか人数が沢山いない中で少人数の方がハードな練習になるので、自分のコンディションを上げていくためには凄い良い期間だと思うし、レッズは今なかなか勝てていなくて、この2週間が凄い大事になってくると思うし、一日一日無駄にせずに練習に取り組んでいきたいと思います」

――特に意識すべきこと

「気持ちの面は凄い大事だと思うし、やっぱり勝たなければいけない中で、難しい試合が続いていますけど、全員で同じ方向を向いてひとつになることが凄く大事かと思います」

――きょうはファンサービスもあり、いつも以上に多くの方がいてのトレーニングでしたが、気持ちの入り方として変化はありましたか?

「いやっ、そんなに変わらないです(ニコリ)」

――練習後に交流しましたが

「レッズはサポーターの数も凄い多いし、それだけ勝たないといけないチームで期待されているチームでもあるので、その責任感は凄い強くありますし、今、不甲斐ない結果が多いですけど、一日でも早く、強いレッズというか、勝てるレッズをサポーターと共に作っていければと思います」

――ひとつひとつの言葉から、強い決意を持ってレッズに来たというのが感じられて嬉しいです

「そうですね、その気持ちで移籍してきましたし、前のチームで試合に出続けていた上でここに挑戦に来たので、中途半端な気持ちではないですし、でも今は現状としてリーグ戦はベンチで試合を見ているだけなので、早く試合に出て、チームを勝たせられるようにしたいと思います」

――ビルドアップが得意な印象ですが、その特徴をどう出していくか

「名古屋との試合はそれが多く出せた印象がありますが、ガンバ戦の時はチームとしての流れは悪かったし、個人的にもあまり良くなかったので、自分の長所もどんどん出していけるシチュエーションを多く作りたいと思います」

――練習でもコンパクトな連携の意識付がされていますが、裏のケアについては

「そうですね、今は裏でやられているというよりは、終盤で足が止まってラインの間が空いてきたところで失点している部分が多いので、そこはチームとしてもう少しコンパクトにやっていかないといけないと思います」

――ひとつひとつ、物事を冷静に解釈できている

「まあ、ゲームに出ていないので(苦笑)その分、ゲームを見て考える時間は多いし、それをグラウンドで活かしていければと思います」

――もっともっと見たいです

「はい。監督に言ってください(笑)」

――浦和の生活はいかがですか?

「まあ慣れてきましたけど、食事の面とかはまだ神戸の方が上だなっていうふうに“今のことろ”感じています。なかなかこう…僕1人なので、チームメイトと行く日もあれば、1人の日もあるので、1人で行ける店っていうのがまだあまり見つけられていないので、困っています(苦笑)」

――柏木選手あたりに相談してみれば

「そうですね、ある程度は聞きますけど、その辺の店ばっかり行ったら飽きてくるので(笑)他も見つけたいです」

――何事においても冷静

「はい(ニコリ)」

――日曜日も楽しみにしています

「はい、頑張ります」

岩波選手のインタビューは、このあと19時(再放送は23時)からの<You’re The REDS>でお聴きいただけます

では