「必ずウチが勝てる」

どうもです

20171112_182743-1

※12日日曜日の練習後です

◇◆◇岩舘選手◇◆◇

「今回は大事な1戦に全員で行って、一丸となって戦うということで、こんなことも滅多にありませんし、非常に大事な1戦というのがチームのみんなにも伝わって、より一層良い形で試合にのぞめると思います。トレーニングの手応えですが、一日一日、シーズンも残り僅かになってきて、自分の役割ややらなければいけないことがハッキリしていて、それに対して一人一人がしっかり向き合っているというのが見えると思うので、そういった一日の積み重ねがすごく有意義なものになっていると思います。相手は攻撃力の高い選手が前戦でしっかりとした仕事をしているのが印象的でした。ああいった選手をどう抑えるかがポイントになると思います。もし出場するなら、絶対大事になるのは入り方の部分、ゲームが始まって10分15分くらいのところで、相手の本拠地でスタジアムの雰囲気もすごく良いところなので、相手のサポーターも多く駆けつけるでしょうし、向こうの勢いに飲まれずに、自分たちが最初にしっかりと姿勢を示して向こうの勢いをはじき返すくらいのスタートを切れれば、良いゲームの入りが出来ると思います。自分が出場したら、ハッキリとしたプレーというか、当然緊張感のあるゲームですし、相手も最初から全力でプレッシャーを掛けてくると思うので、割り切るところは割り切る、出来るところはしっかりとやると、キーパーとして割り切るところをハッキリさせていくコーチングが大事になるかと思います。現地まで駆けつけてくれるレッズサポーターもたくさんいると聞いているので、すごく力になると思うので、その声援にしっかりと応えられるように全力で戦ってきたいと思います」

◇◆◇梅崎選手◇◆◇

「いよいよだなという感じですね。まず連携からスタートして、そこからちょっとずつ上げていきながら、きのう(11日土曜日)の練習試合やその前日の練習もハードに出来ましたし、個人的には久々に長い時間プレーできたかなと、ひとつ大きな手応えかなと思います。相手は、これまでACL無敗できていますし、得点力も高く失点も少ないので総合的にも個人の能力も高いチームだと思います。その中で、先制点を取られないことが大事になると思いますし、中東のチームとは僕もアンダー世代では対戦したことがありますが、普段はあまり対戦機会が無く、やっぱりノったらすごく厄介なチームなので、そこをノらせないのも大事ですし、例え相手のリズムになったとしてもしっかり我慢することが大事だと思います。まずは第1戦ということで、やはり2試合で1試合だと思うので、前半戦をしっかり負けないことが大事だと思いますし、アウェーゴールもしっかり獲って、帰ってくる、(集中力を)切らさず戦うということが大事になると思います。しっかり戦ってきたいと思います」

◇◆◇榎本選手◇◆◇

「楽しみというか、中東で試合が出来るなんて一生であるかないかだと思うので、ちゃんといい経験をしたいと思います。相手は公式戦で負けていないみたいですし、映像を見たんですが結構強烈な選手がいっぱいいるので、しっかり前半は耐えて失点ゼロで行くというのが第1戦で大事になりそうだと思います。出場できるなら、チャレンジとかそういうのではなくて、手堅く守りたいです。優勝するためにみんなで力を合わせて頑張りたいと思うので、良い結果で日本に帰ってきて、最後はホームで優勝したいと思います」

◇◆◇平川選手◇◆◇

「楽しみですね。早く試合やりたいし、良い準備が出来ていて早めに向こうに入れるので、キッチリと良い調整をして試合にのぞみたいと思います。土曜日のトレーニングマッチもしっかり動けたし、チームとして良い競争が出来ていると思うので、この良い雰囲気のまま行きたいと思います。相手については、映像を見ましたけど、やっぱり非常に能力が高い選手が多いし、代表選手も非常に多いということで、レベルは高いと思いますが、必ずウチが勝てると思うので、良い戦いをしていきたいと思います。10年前の経験で活かせそうな部分は、まぁ、パッと浮かばないけど、向こうに着いてから問題があれば当時のことをいろいろ思い出しながら、いろんな話やアドバイスが出来ると思いますので、しっかりそういった部分も力になれるようにやっていきたいと思います。とにかくこういったチャンスはなかなかありませんが、厳しい戦いを勝ち抜いてきてチームとして成長できていると思うので、その成果をキッチリ見せていきたいと思います」

◇◆◇森脇選手◇◆◇

「機材の電源が入らない?人を選ぶんでしょうか(苦笑)・・・まだ気持ちはそこまで高ぶっていませんが、しっかり日本を背負って、また浦和レッズのためにアウェーの地でしっかりと結果を残してきたいと思います。槙野選手は代表戦でブラジル相手に得点しましたけど、帰ってきたらきっとその話で・・・。多分みんなが聞かなくても彼からその話で持ちきりになると思いますが(笑)でもレッズの選手が国際舞台で活躍するというのは僕らにとっても大いに刺激になるので、しっかりそういった活躍に刺激をもらって、今度はレッズがアジアの舞台でしっかり活躍できるように、頑張ってきたいと思います。相手は個人の能力が高く、もちろん中国や韓国のチームもそうだったんですが、それと同じくらい、いやそれ以上のパワー、テクニック、スピードといった個人技にすごみを感じたので、それも自分たちのサッカーをすれば必ず通用する部分はたくさんあると思います。しっかりやるべき事をしっかりやりたいです。アウェーの試合で相手も強いですが、とにかく得点を奪い良い結果につなげていきたいので、守るだけのレッズではなく、攻撃的なサッカーを見せていきたいです。1点2点と獲ることが出来れば、ホームに帰ってきた際に相当なアドバンテージになると思うので、そこをしっかり奪って帰ってきたいです。砂漠の地で灼熱のなか行われるゲームだと思いますが、僕らもしっかり熱いプレーを見せていきたいです。良い声?いんやいんやっ!(汗)ちょっと声がガラガラで今大変なんですが(笑)午前中に声を張った影響ですが、許していただきたいと思います(笑)頑張ります!!」

5選手のインタビューは、今夜7時(再放送は23時)からの〈You’re The REDS〉でもお聴きいただけます

では

 

 

11月10日 「よりハングリーさを出して」&「大事なのは最後に試合で出て結果を出すところ」

どうもです

ACL決勝第1戦まであと8日

きょうの練習は午後3時30分過ぎに始まりました

ウォームアップ後は10対10でのゲーム形式へ

横はペナ幅、縦はペナペナでした

ピッチ上は熱気を帯びます

「前から嵌めろ!」(那須選手)

「コンパクト!」(田村選手)

局面では激しい攻防のオンパレード、勝ちへの思いはエスカレート

そういった中でも約束事の確認は怠りません

堀監督からは前からの守備でどこへ追い込むか、攻撃で敵陣にボールが渡った際に・・・など具体的な指導が送られました

本番さながらのゲームを中心とした練習は、午後4時40分頃に終了しています20171110_161753-1

◇◆◇森脇選手◇◆◇

――熱いプレーが真骨頂の森脇選手にはうってつけのトレーニングだったんじゃないんですか?

「あっ、ハイそうですね、えーそうですけどまだまだやらなくちゃいけないですよね。まあ気分は晴れないですよね」

――球際のところだったりなんかレッズらしくて、レベルの高い選手が揃っていて

「まあねえ、練習からアピールしていかなければいけないなと思っているので、まあそう言ったところでもっともっとやっていかなければとは思っています。今日の練習では自分自身のところでも、なかなかテンションが上がってこないですね」

――球際の激しさに良いものが

「いやあでも、チームの活気というか自分の活気というかそういうものは出していく必要があんじゃないのかなともっともっとハングリーにもちろん出ている選手はそれを維持していかなければならないですけど、出てない選手、きょうはビブス着ていないチームの方が活気があって、なんて言うんですかね、まあ自分たちが見せてやろうとそう言う部分の気持ちは強かったいう風には思いますね」

――敵陣に入っていったときの嵌めていき方とか後ろからの声だったり、チームとしてつながっている感じがしますが

「もうそこがね、つながっていかなければチームとして難しくなるというかひとつふたつ綻びが出てしまうとチームとしてまとまっていくのは難しいんじゃないかなと。崩れるのはあっという間に崩れるなと、そう言う部分が強固になっていけば更に強いチームになると思いますけど、まあそう言う部分でもっともっとやっていきたいなという風には思います」

――鹿島戦も終盤出てきたときに何かやってくれるんじゃないか何か背中を見たときに嬉しかったです

「出られたことはもしかしたら一歩前進かもしれないですけど、自分自身が求めているのはそこでもない、明日も練習がありますけどそこの部分でよりハングリーさを出して自分のものにしていきたいなという部分は感じているので、まあ、明日もしっかりと練習したいなと思います。またお願いします」20171110_162725-1 ◇◆◇高木選手◇◆◇

――きょうみたいなトレーニングができると一段と成長できるかというか、いかがでしたか?すごく熱い雰囲気を感じましたが?

「まあ、そおっすね。なんて言うんだろう、ちょっとこう差が出たというか何か入りとかの差がでたようなゲームにはなっちゃったけど、まあ、要所で出来たところ出来ないところがあったと思うので、まあ、良いところ悪いところとか、練習でも結果はもちろんありますけど、全体的な雰囲気でみたら、そう言うみんな次の試合に向けてのモチベーションがそれぞれあるなって言うような雰囲気を感じました」

――サイドからどう守備を嵌めていくかとか、攻撃の時だと前を向いて仕掛けるタイミングとかというところで言われていたと思いますけれど、その辺の意識はいかがですか?

「外に開いて良いタイミングでボールを蹴れたときっていうのはある程度クロスまでいけたりとか、やりきって終われるシーンはあったと思うんですけど、それでも何か工夫が足りていないと思うし、それだけな感じになっている気がするんでタイミング良く中に、中のポジションを取ったときに、ノーマルな仕事ができれば、そういう外の形が活きてくると思うし、その中に入ったときのもうちょっとできないと、そこの今やっているポジションに入ったときに、バリエーションが少ない選手になっちゃうのかなと思いますね」

――今日みたいな練習を見られると、来て良かったなとこっちは思いましたが、出来たことに満足じゃなくて、ここでいろいろまた次に繋げてこそという意識が強いってところですか?

「もちろん、そうですね。大事なのは最後に試合で出て結果を出すところだと思うのでトレーニングで満足せずに、トレーニングでできたことはしっかり試合でも出せることだと思うのでそれをトレーニングでできることを増やして試合に活かせるようにするだけかなと思います」

――是非これを持続してもらえればと思います?

「はい、ありがとうございます」

森脇選手と高木選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

 

11月9日 「僕もその力になれるように」

どうもです

決勝第1戦まであと9日

きょうの練習は、午前10時頃に始まりました

午前10時45分頃から行われたのは7対7でのハーフコート(横はペナ幅)ゲーム

監督からは「サポートの意識」が強調される中、選手達は精力的に汗を流し、連携を高め合いました

練習は午前11時25分頃に終了しています20171109_111348-1 ◇◆◇オナイウ選手◇◆◇

――(きのうの)お誕生日、おめでとうございます!

「あっ、ハイ(ニコリ)」

――22歳になりましたが、いかがですか?

「特に何も変わらないですね」

――大学4年生の年齢でもあるかと思いますが、ご友人と比べて、プロサッカー選手でいることについては

「あまりそういうところで差を感じることはあまりないのですが、改めてまたこれから頑張らなければいけないなと感じる機会だったと思います」

――正智深谷高校のチームメイトも、就職どこにしようかなど・・・ほとんど決まってるか、それぞれの年齢だと思うんですが

「そういう話もしますし、みんなそうやって頑張っているので、僕はまた違う形で頑張らなければいけないと、いつも思っています」

――違う形とのことですが、地元・埼玉のチームでプレー出来ているわけですが、そういった点で感じることについては

「んー、特にそういった特別視はしていませんが、何かしらそういう縁があってというところもあると思うので、ここでやれていることをしっかり・・・それに幸せを感じながらしっかりとサッカーを頑張っていきたいなと思います」

――私もオナイウ選手が高校生の頃から見ていて、地元出身の選手がレッズでスターになるというのはひとつの夢のあるお話で、そういったものを背負っている存在だと思います

「そうですね、そういう僕の高校であったり、埼玉県の高校の選手が見てくれているのかなというのもありますし、そういった、良い目標ではないですけど、ああやって選手になれるんだというものになれたらいいなと思っています」

――いまレッズに来たことで得ているものや成長を感じることっていかがですか

「一人一人本当にレベルが高い中でやらせてもらっているので、毎日色んな課題が見つかって、そういったところで改善する点も多いですし、それでも自分の良いところを出しながらやれているので、成長するためにはとても良いところだと思います」

――最近、スペースを見つけるタイミングや動きだしがうまくなっていると思うのですが、そのあたりは

「そうですね。他にも細かい技術や基礎的なところはもっと伸ばしていかなければいけないし、でもそういった部分は出来ていると思うので、それをしっかり伸ばしつつ、他の足りない部分を補っていけたらもっと良くなるんじゃないかなと思います」

――いつも最後までピッチにいて、池田伸康コーチとよくいらっしゃいますが、その辺はどうですか

「そうやって一緒にやってくれて、僕の成長のためにいろいろやってくれているので、その期待にも応えたいですし、しっかりとそれを、練習が終わってから練習でやったことをまた練習で出せるように、練習で見つかった課題をそれでやって、またそれをしっかり出せるようにしていきたいなと思います」

――池田伸康コーチはとても熱い方ですが、冷静かつ明晰な説明もすごく好印象です。教わっていることとしてはいかがですか

「本当に“良い、悪い”をはっきり言ってくれるし、そういう点をはっきり行ってくれた方が自分もやりやすいですし、こうやれたらいいよっていうことも色々言ってくれるので、僕としてはとてもありがたい存在だと思います」20171109_114554-1

――「練習は嘘をつかない」といいますが、地道に努力を重ね、長澤選手もいま日本代表になりました。そのような中で、ひとつ励みになるようにも思いますが、いかがですか

「それはどの選手にも言えることだと思うので、やっぱり浦和でしっかり試合に出て、自分のプレーが出来ればそういうところも見えてくるということが、今回和輝が代表に行ったという形になると思うので、本当にここでしっかり試合に出ることが自分のこの先にもどんどんつながるんじゃないかと思うので、少しずつしっかりと自分の存在を大きくしていけたらなと思います」

――ちなみに、なぜきょうお話しを聞かせていただいたかというと、きのうのお誕生日をどう過ごしたんだろうと思って・・・。きのうはどんな一日でしたか?

「普通ですよ。特に変わりなく、ケーキ食べたくらいです」

――何ケーキでしたか

「普通の、ロールケーキでした」

――それは好みなんですか

「はい。あとショートケーキも食べました」

――イチゴは最初と最後、どちらに食べますか

「いやーもう、テキトーっすね(笑)甘いもの、好きなので」

――ストライカーだから先にバッて手が出る場合も

「いやー、わかんないですよ(ニヤリ) 最後かもしれないし」

――好きなものなどは食べなかったんですか?

「もうテキトーですね(笑) そんなに特別視せず、普通に過ごしました」

――ACLで優勝すればまた気持ちも違うでしょうし、そこでひとつ貢献するようなプレーを楽しみにしています

「ありがとうございます」

――ひとつ、抱負というか今後に向けて、お願いします

「いまシーズンの終わりに向かっていて、そこでみんなの力が大事になってくると思うので、僕もその力になれるように日々頑張っていくので、応援よろしくお願いします!」

――秘密兵器ですから!お願いしますよ!

「はい!頑張ります。ありがとうございました!(ニコリ)」

オナイウ選手のインタビューはこのあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

11月8日 「叶えたいことはたくさんある」&「自分に何が出来るのかを探して」

どうもです20171108_111347-1

オフ明けのきょうは、恒例の”体起こし”系メニューが行われました

◇◆◇武藤選手◇◆◇

――(きのうのお誕生日、)おめでとうございます!

「ありがとうございます」

――新しいお年、29歳

「そうですね・・・。年を取るのはあまり嬉しくはないですが、たくさんの方が祝ってくれるので、それは良かったなと思います」

――皆さんの暖かみというか・・・

「きょうもプレゼントなどを受け取ったり、声を掛けてくれる方もいて、SNSを通じてもたくさんの方からメッセージをいただいたので、本当に嬉しく思っています」

――自分のことのように喜んでくれるのがレッズのサポーター

「そうですね! 本当に喜んでくれて、僕にお祝いの言葉を頂けて本当に嬉しいですし、僕としてはなんとか、プレーでそういうところに返していければと思います」

――関根選手からは、ちゃんとメッセージはきましたか?

「関根からは来てないですねー!(怒笑) LINEも来てないですね!(苦笑)まぁそれくらいドイツで頑張っているということだと思うので・・・。自分から送りましょうかね(笑) 『誕生日忘れてるよ~』って(笑)」

――昨日はどんな風に過ごしましたか?

「昨日はオフだったので家族で過ごして、妻がディナーも予約してくれていたので、家族でご飯を食べていました」

――何を食べたんですか?

「お肉を鉄板焼きで! 良いところに連れて行ってくれたので、パワーを付けてまた頑張りたいと思います(笑)」

――それ以外にプレゼントなどのサプライズはありましたか?

「いや、一緒に買いに行ったのでサプライズはなかったんですけど(笑)、プレゼントも買ってくれましたし、まぁ今年の誕生日は子どももいて、すごく幸せだなと感じましたね」

――プレゼントは何をゲットしましたか?

「あの、お財布を買ってもらったので(笑)、大事に使っていこうと思います」

――たくさん貯まるように・・・

「フハハハ(笑)そうですね!頑張りたいですね」

――今おっしゃったように、父親になったというのはまた大きな(これまでとの)違いではないですか?

「そうですね。家に帰って子どもがいるというのは、可愛くて本当にすごく幸せですし、またさらに頑張ろうと思えるので、今後のサッカー人生においても子どものためにも家族のためにも頑張っていけたらなと思います」

――もう笑ったりするように・・・

「そうですね! 笑ったりしますね。一緒に遊んでくれますし、最近は自分で動けるようになってきたので、それも成長が見られてすごく楽しいなと思います」

――では、帰ってそういうので・・・

「そうですね、本当に家に帰るのが楽しくなってきたので・・・。今までが楽しくなかった訳じゃないんですけどね(笑)子どももいて、さらに充実した日々を送れていると思います!」

――また試合間隔が空きますが、この期間をどう過ごしていきたいですか?

「心身共に良い準備をしていくことが大事だと思いますし、またサッカーのことで、やっぱりリーグ戦ではなかなか結果が出てないですし、内容も自分たちが思い描いているものではないと思うので、そういう部分で、もちろん代表の選手が抜けてはいますが、もっともっと修正していく必要はあると思うので、こういう時間を大事に使っていければと思います。代表選手がウチから出るというのは別にそんなに新しいことではないので、特に違和感はないですが、ただ、いないという部分で、まだ練習試合もありますが、そういうところでみんながアピールしなければいけないと思いますし、彼らが帰ってきたときにこちらも良い状態でいられるように、チーム一丸とならないとACLの決勝戦は勝てないと思うので、お互いに良いが出来たらと思います」

――20代最後の1年と聞くとまた響きも違うかと思いますが、改めて抱負というか・・・

「そうですねー、20代最後ということで、良い1年にしたいと思いますし、やはり浦和レッズのためにたくさんの勝利に貢献していきたいと思っているので、ここから一番大事なACL決勝がありますし、サポーターの皆さんを喜ばせるように頑張りたいと思っています」

――30になる前にまずACLで優勝して、リーグ戦ではたくさん点を取って2桁に乗って、来年も活躍してワールドカップに出て・・・と、やることはたくさんあります

「そうですね!目標は自分の中でもありますし、叶えたいことはたくさんあるので、そこに向けて努力していきたいですし、たくさんの人が応援してくれているので、期待に応えられるようにやっぱり個人としてはもっともっとゴールを決めて、チームに貢献したいと思っているので、頑張りたいと思います」

(全然話は変わりますが、マウリシオ選手がヒゲをそりましたが、印象はいかがですか)

「いかがですか・・・??まぁ、若返りましたよね!なんか、ヒゲがあったときの方がすごく風格があったというか、どっしりしていた感じはありましたが、なんか若々しくなって、急になんか青年のような、年相応になったというか・・・。マウリシオって何歳ですかね? 25歳? もう来たときは30歳くらいかなーと思っていたので、年上かと思っていたんですが、見た目より全然若かったので、ヒゲをそって若返ったかなと思います。ただプレーにはすごく安定感があって、後ろにいてくれると安心できる選手だなと感じます」

――お寿司には連れて行ってあげたのですか?

「マウリシオにですか?いや、まだそんなことはないので(笑)マウリシオが寿司が好きかどうかを一度リサーチしないといけないですね!(寿笑)」 20171108_112725-1

◇◆◇マウリシオ選手◇◆◇

――まず、鹿島戦を振り返っていかがですか?

「内容としては非常にチャンスの多かった試合でしたし、両チームとも非常にベストを尽くしたと思います。本当にどちらに勝利が転がってきてもおかしくない内容でしたが、負けたことをしっかりと受け止め、自分たちが改善できることは改善し、次のもっとも大事な試合が待っているので、ACL決勝に向けてチームとして全員で一丸となって、良い準備をしていきたいですね」

――広島戦を欠場した後でしたが、感触などはいかがでしたか

「非常に良いコンディションでプレーできました。1試合休んだ後で、非常に心地よかったですし、しっかりとプレーできたと思います。個人的には良い内容のゲームが出来たと思いますが、結果に関しては非常に残念に思っています」

――この辺(ヒゲ)がスッキリしたのも、良い影響があったんですか?

「ヒゲは関係ないと思います!(キッパリ)気まぐれでヒゲをそりたくなっただけなので、ヒゲとプレーとは関係ないです」

――評判はいかがですか?

「やっぱりみんなビックリしていましたね。1年ほど、ずっとヒゲを切っていませんでしたし、こんな風に短くしていなかったので、家族から『なんでそったの? ビックリしたよー』と連絡もかなり来ましたし。もう少ししたらまた伸びますので、皆さん慣れてくると思います」

――すごく若返ったように感じます

「そうですよね。ヒゲをそると25歳らしい顔になりますよね(笑)」

――昨日はオフでしたが、どのように過ごしましたか

「髪の毛を切りに行きました」

――お店については、通訳のロドリゴさんに教えてもらったのですか?

「そうです、ロドリゴとラファと一緒に行きました」

――いま、この埼玉での生活で楽しめている部分はいかがですか

「練習の後にご飯を食べに行ったり、時々ショッピングに行ったり、不自由なく非常に満足しています」

――日本の良いところを、どのような部分に感じていますか

「すべてにおいてしっかりと整理されていて、非常にレベル高くオーガナイズされたクニだと思いますし、清潔なところも非常に素晴らしい国民性だと思います。日本には、周りの国にも真似をして欲しいところがたくさんあります。僕は非常に素晴らしい国だと思います」

――ACL決勝第1戦に出られない分、いろいろとできることもあると思いますが、そのあたりのイメージを教えていただけますか

「第1戦に出場できないことについては非常に悔しく、そこは切り替えていくしかありませんが、自分の魂もチームと共にやっていくことによって、チームのために自分に出来ることもたくさん出てくると思います。自分に何が出来るのかを探して、決勝はみんなで戦って勝ちたい、非常に大事な試合ですので、力を合わせていきたいところですね」

武藤選手とマウリシオ選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

11月3日 「そこで一発見せたい」

どうもです

鹿島戦2日前のきょう、練習は非公開で行われました20171103_120916-1 20171103_122117-1

◇◆◇梅﨑選手◇◆◇

――いい天気のなか、ケガを乗り越えた梅﨑選手が目いっぱいプレーできていることに喜びを感じます

「まあそうですね、普通にやっぱりプレーできているということは、幸せなことですし、それは噛み締めないといけないですね。プロとしてこのような素晴らしい環境でできることを含めて」

――堀監督になってからの試合二日前ミーティング

「まあ、相手のことをしっかり分析して、自分らがどう戦っていくかといことを明確にしていく大事な時間だと思っています。日本語でダイレで入ってくるというところで、感情も含めて伝わりやすいです。凄く」

――最近、堀監督から個人的に言われていること

「いやっ、特にないです」

――言わなくても伝わっている、信頼されているのかと

「どうですかね、わかんないですけど」

――広島戦での無失点勝利

「ゼロでしかも久々の勝利ということで、間違いなくプラスですし、残りリーグが3試合、全部勝つしかないので、そのためにやっていくだけです」

――次は鹿島戦

「やっぱり鹿島は勝負強いですよね、はい。試合巧者っていう印象です。難しい時間をいかに乗り切れるかだと思うし、逆に自分らの時間をしっかり点に結び付けられるかどうかだと思います。昨年はカシマスタジアムでフル出場させてもらって、独特の雰囲気のあるスタジアムですし、凄く好きなスタジアムなのでね、間違いなく良い雰囲気にまたなると思うし、熱い試合になると思うので、そこで一発見せたいというのはありますね」

――きょうはカシマスタジアムに近いピッチ調整という計らいが

「いつもと違うピッチの柄になっていたのは気づいていましたけど、カシマスタジアムとは思ってなかったです(苦笑)はい(ニコリ)」そんなにボールが走らない感じなので、難しいですよね、詰まると。自分のやることはひとつなので、しっかり勝利に導いていくだけです」

梅﨑選手のインタビューは、このあと19時からの〈You’re The REDS Friday〉でお届けします

では

 

11月2日 「選手も良い雰囲気であのスタジアムでプレーさせてもらえる」

どうもです

鹿島戦3日前のきょう、練習は午前10時頃はじまりました

主に行われたのは、ハーフコートよりやや狭めのエリアでの6対6+フリーマンでのゲーム形式

攻守の切り替え、スプリント、そしてキックを含めたパスワークに”速さ”が感じられました

練習は午前11時20分頃に終了しています20171102_112846-1

◇◆◇高木選手◇◆◇

――きょうも激しい局面の繰り返しとなりましたが、トレーニングでのゲームはいかがでしたか?

「結構そんなに広いピッチではなく狭めで、切り替えのところなどが大事なゲームになってきて、そういった球際の部分でも距離感が近い分、当たりがあったりするので、メリハリのある良い練習だったと思います」

――切り替えも早いですし。ディフェンスラインの意識もそうだと思いますが、ラインズマン(副審)が入って、前の選手としては、いかにオフサイドにならずに裏を取るかという意味でも、良い効果をもたらしているのではないですか

「広いピッチではなかったので、タイミングでワンツーなどで抜けられることなどが結構多かったので、そのタイミングでオフサイドに引っかかるというのは仕方ない部分もあると思いますが、そういった部分での精度を上げるという点で、しっかりラインを見ていてくれる方が、より試合用の精度を合わせていくのに良い練習になるのかなと思います」

――どのようにセンターフォワードとの間に斜めに走り込むかという点で、ACL川崎戦のゴールもそうでしたが、高木選手は走り込み方が上手いと思います。その辺りにさらに磨きがかかればと思いながら見ていますが

「最近は自分の中でも、ボールを受ける前の連続したオフの動きが、ちょっと足りないのかなという気がするので、もうちょっとキビキビと動けたらいいなと思います」

――先日の明治大学とのトレーニングマッチはいかがでしたか

「コンディション調整といった感じになってはいけないと思い、気持ちを入れてやったつもりですが、気持ちが入りすぎたかなという部分もあって、あまり多く語るべきゲームではなかったように思います。また切り替えてやっていきたいです」

――普段温厚な高木選手が、ピッチ上で非常にエモーショナルになっているところを見て、サッカー選手の意識の高さというわけではないですが、間近で感じましたし、そこで上手くいかなかったこともあったでしょうが、それがまた次に活かせるのだろうなとも思います

「活かせるとしたら、もうちょっと冷静になるというか…。あれでは試合で退場してしまう可能性もあると思うので(苦笑)、大学生相手だし、あまり良い見本ではないですが、でも自分もそれだけ試合に出られないということに対しての危機感はあるということで、そこをもうちょっと上手く、冷静にプレーで返していければ良い部分もあるんですが、自分はそういう状況になったときに、結構カッカしやすいタイプなので、そういう気持ちは大事で無くしてはいけない部分だと自分では思うんですが、その表現の仕方は少し見直さなければいけないところもあると思います」

――正直言うと、ちょっと恐いぐらいでした(笑)ちょうど線審の延長線上にいたので…

「(苦笑)、はい」

――ただ、日頃の行いが良いので(笑)そのギャップという点で、それぐらいの必死さがある意味では必要な世界なんだろうなと、良くないことではありますが、そこまで悪い印象は受けなかったです

「あぁ、あの、その辺りは、練習試合だけど、こっちとしては自分の置かれている立場や状況も分かっているし、何かしないといけないというのはあるので、もちろんラインズマンは好意でやってくれているということもありましたし、あまりああいう言い方は良くないですが、でも目の前で見ていてあれが見えないというのはちょっと自分でも納得いかなかったし、練習試合だし、しっかりやってくれよ、と。こっちはそれだけ、懸けてやってるんだからというメッセージがあったので、ちょっとピリッとさせておこうかなと(笑)いう面もありましたが、言い方などは改善しなければいけません」

――そのあとのスライディングなどといい(笑)兎にも角にも、次は熱い気持ちでないと勝てない鹿島戦です

「そうですね。アウェーの鹿島…。特に鹿島の“勢い”は感じますし、鹿島のサポーターの熱もありますが、でもカシマスタジアムのレッズサポーターの熱気はさらにすごくて、アウェーを感じさせないような気持ちが伝わってくる試合なので、選手も良い雰囲気であのスタジアムでプレーさせてもらえるので、是非、まずはピッチにしっかり立つことを目標に、しっかりと試合にむけて準備していきたいと思っています」

――2年前、レッズ移籍1年目でしたが、あのスタジアムで点を獲るとまた盛り上がりますよとお伝えして、本当にそのあと点を獲ってくれました

「あの試合は…。点は獲ったけど、あんまりそのあと良くなくて、前半で替わって、鹿島が決め手を欠いて、何とか自分達が少ないチャンスをモノにしたというような試合でした。自分としては点を獲ったから良い試合だったという記憶はあまり無く、勝ちましたが、ちょっと勢いにやられたかなという部分もあるので、多分またそういう感じで鹿島も来ると思うので、上手くその勢いをいなして勝ちたいなという風に思います」

――柏木選手に『もっと守備で貢献しないと』と言われ、より良くなるきっかけとなったスタジアムでもあり、先日もそうですが、今までのそういう経験をまた力に変えて、また結果を出してくれるというのを繰り返してどんどん強くなっているのが高木選手だと思います。またACL決勝などもありますので、本当に期待しています!

「はい。残り試合が少ないので、どれだけ自分自身が結果を出せるかというのは分かりませんが、まずはチームが残りの試合を全て勝てるように、そこでどれだけ自分が貢献できるかというのはこれからの自分のパフォーマンス次第だと思うので、その辺を上手くバランスを取りながら、良いときに自分の力を発揮できたら良いかなと思います」

高木選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

 

11月1日 「でも自然体で自分のやることをやる、代表のみんなと出来るということに喜びを感じながら」

どうもです

オフ明けのきょうは、恒例のフィジカル系メニューを中心とした練習が行われました

20171101_113002-1

◇◆◇西川選手◇◆◇

――広島戦、無失点勝利

「個人としては反省点の方が多かったですし、ただチームが勝てたということは本当に大きなことだと思うので、何が何でもチームが勝つということはどんな形であれ、嬉しいです」

――きのうのオフ

「家族でゆっくりと温泉入りに行ったりとか、子どもと一緒に遊びに行ったりとか、本当に家族との時間というのは本当に自分にとって一番のリフレッシュですし、またきょうから鹿島戦に向けて、本当に良い準備をして行かなければいけないなという気持ちの切り替えは、すぐにできています」

――代表選出の一報を受けたときは湯船に?

「えーと・・その時は牧場にいましたね(ニコリ)牧場にいました」

――何を観ていましたか

「ひつじかな、その時は(ニコリ)強化部の方から電話がかかってきているのも気付かないぐらいで・・僕が知ったのは、やたら携帯が鳴るなっていう感じでメールとかが…ニュースを見たときに、メンバー入りしていたので、いつもは強化部の方からの電話とかでわかるんですけど、あんまり意識はしてなかったので、驚きはありました」

――今回は入ると思っていました。こちらは

「どうですかね、今はもう本当に、チームの結果を出すことだけを考えながらずっとやって来たので、その先にある代表というのは、自分の中では当然、目標としてありますけど、自分が目指していきたいのは選ばれるだけでなくて、試合に出る、出て結果を残す、そこのためにまずはしっかりとチームで結果を残し続けなければ代表もないなというのは、この数ヶ月思っていたことだったので。結果もチームとしてもACLの決勝に行けたりとか、リーグ戦も負けが少なくなってきていたりとか、守るところで守れたりとか、苦しい時期も今シーズンありましたけど、色んなことを経験できて今、チームみんなで良い方向に向かっているんじゃないかと思っています」

――苦しい時期に得られたもの

「やっぱり、そういう時でも自分をブラさない強い気持ちというのは本当に大事だなという風に思いましたし、やっぱり自分の目指す理想のゴールキーパー像があったので、ブレずに済んだのかなと。そのままズルズルズルズル・・う~ん・・ならなかったのかなとは思っているので、良いときもあれば悪いときもあって、でもその“ブレ”っていうのを自分自身もなくしていきたいですし、自分のプレースタイル、ポジション柄、良いプレーを沢山すれば、チームは間違いなく上位にいると思いますし、そのぐらい大事なポジションだと思っているので、ゴールキーパーは。理想とする、ゲームメーカーという意識をこれからも持ちながら攻守においてチームに貢献できればなと思っています」

――代表から離れていて

「埼スタでのオーストラリアは実際に足を運んで、本当にまずはワールドカップの切符を獲って欲しかったっていうのもありましたし、ずっとやってきた仲間が必死に汗を流していて闘っている姿というのは本当に、見ていれば本当に刺激にかなりなっていたので、アウェイの試合は生で観ていませんけど、本当にワールドカップというのは、ひとつの大きな目標でもありますので、そこにやっぱり行くために、自分が何をしなければいけないのかというのをしっかりと考えながら、残りの時間を過ごしていきたいと思います」

――鹿島戦、代表戦があって、ACL決勝。世界のトップレベルと対峙して刺激を受けて、それをチームに還元できるというポジティブな面もあるのでは

「そうですね、本当にブラジルとベルギーと海外で出来るというのは、そんなにないですし、そこでトップレベルを体感しつつ、自信をみんなでつけて、5人いるので今回。ACLにつなげていけたらと思いますね」

――笑顔を世界中に

「そうですね!(スマイル)できるだけ、試合に出るチャンスというのは限られていると思いますし、残された時間もないと思いますけど、でも自然体で自分のやることをやる、代表のみんなと出来るということに喜びを感じながらまたやっていきたいと思います(キリッ)」

西川選手のインタビューはこのあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では