カテゴリー別アーカイブ: トレーニング風景

1月17日 始動

どうもです

今シーズンもよろしくお願いします

穏やかな晴天に恵まれたきょう、レッズトップチームは2019シーズンの始動日を迎えました20190117_092016--

練習前に調神社にて必勝祈願を行い、その後は大原サッカー場へ移動

20190117_110144-午前11時頃から選手たちは5グループに分かれての体力測定で初練習を終えています  20190117_111717- 20190117_111725-20190117_121126- ◇◆◇岩波選手◇◆◇

――初日を迎えて、今のお気持ちはいかがですか

「そうですね、まぁスタッフもそうですけど選手も変わって新しい選手も入ってきて、また1から始まるんだなっていう気持ちですけど。僕も去年このチームに入ってきたんで、入ってきたときの気持ちっていうのをもう1回思い出しながらしっかりやりたいなと思います」

――1年前と比較して

「そうですね、まぁチームにもかなり溶け込めたので、今はむしろこのチームの居心地が良いというか、まぁ凄い良い環境でやれてるなっていう風に思います。まぁ去年1年戦って、今年はもっとやれる自信があるし、もっとやらないといけないという責任もあるんでまぁその辺も含めて去年より自分にとってもそうですけど、チームも大事なシーズンになるんじゃないかと思います」

――新加入組の中には面識のある選手なども

「そうですね、まぁヤマ(山中選手)はオリンピックで一緒にやってますしまぁケンユウ君(杉本選手)も大阪なんでプライベートで何回かお会いすることがあって、強い選手が入ってきてくれたのは凄い嬉しいし、なかなかオリンピック世代で一緒にやってた選手とやる機会がなくて、まぁ同世代っていうのがレッズは少ない感じでしたけど、今年は若い選手も入ってきたし、そういう意味ではベテランをね、追い越すぐらいの気持ちでみんなやらないといけないし、まぁそういう自覚はあります」

――溶け込んでいくコツとしては、今話した“気持ち”っていう部分が

「そうですね、まぁ去年最初は凄い苦労しましたし、移籍の難しさなんかも感じた部分もあるんで、それを感じさせないような歓迎というかをしたいなと思うし。そういういち早く溶け込むことで自分達のパフォーマンスも入ってきた選手は出してくると思うので。そういう意味では協力出来ることがあればね、どんどんしたいなと思います」

20190117_121123- 20190117_133302- 20190117_122324- 20190117_123013- 20190117_123015- 20190117_123021- 

――先ほどやれる自信と話しましたけど、どんなものが、2年目だからこそ示せそうですか

「そうですね、まぁ天皇杯も優勝することが出来て自分が経験したことのないACLっていう舞台もあるんで、凄い楽しみですしレッズで戦う責任っていうのは去年なんかこうファン・サポーターから教えてもらえたような気がします。まぁそういう意味ではね、埼スタでプレーする喜びにもより一層感じるのかなと思います」

――背番号がもう少し若くなるかとも

「そうですね。まぁ若くすることも薦められたし、言われましたけど、まぁ僕自身31っていうのは新たに付けた番号じゃなくて、自分がプロで始めて試合出たときに付けた番号なんで思い入れのある番号ですし、まぁ去年1年戦ってどれだけ多くの人がいるか分からないですけどね、31番のユニフォーム買ってくれた人も沢山いると思うんで。まぁそういう意味でもね、そういう人達の思いも感じながら番号は継続して今年も戦おうかなと思うし31で、こうなかなかレッズで活躍した選手がいないっていうのは来る前から聞いてたんでそういう意味でもね、活躍出来れば良いなと思います」

――ちなみにオフは楽しめました?

「そうですね、まぁ今までにないくらい長かったんで、まぁ色んな所行けましたし。今までは神戸にいたんで実家に帰れる時間も長かったんですけど、埼玉に来てなかなかなかったんで、長い間実家にいられたのもすごい良かったし、まぁ神戸もいっぱい楽しめたんで良かったなと思います」

――きついトレーニングも待ってるでしょうが、改めて抱負をお願いします

「そうですね、去年はスタートダッシュに少し失敗した部分もあるんで、今年はスタートから全員で力を合わせて戦いたいなと思うし。まぁACLもありますけど、リーグのタイトルっていうのも少し遠ざかって川崎に連続で取られてるんでそういう意味ではリーグの優勝っていうのを獲りににいかないといけないし、ひとつのタイトルで満足出来るようなチームはないんでしっかり1年間戦いたいなと思います」20190117_131445- 20190117_133300- 20190117_141103-

岩波選手のみならず、エヴェルトン選手、柴戸選手、荻原選手にもインタビューさせていただきました

<You’re The REDS>にて随時お届けしていきます

では

 

12月7日 「自分を信じて」

どうもです

決勝戦2日前のきょう、ミーティングを終えたチームは午前11時頃に練習を始めます20181207_112649-1ジョギング、ストレッチ、ステップワークなどをこなしたあと、準決勝スタメン組はとりかごなど、軽めの調整で切り上げ20181207_113727-それ以外のメンバーは、ポゼッションゲームや攻守       のイメージ共有、センタリングシュートなどで精力的に汗を流しました20181207_114751-全体練習は、お昼の12時35分頃に終了しています20181207_115902-

◇◆◇森脇選手◇◆◇

――心境は

「心境?なんのっすか!?」

――あさって

「あー!まあ今からモチベーション上げすぎても、エネルギーが残っていなければ意味内ので、今はもう、リラックスして過ごせています」

――と言いつつ、練習での真剣な眼差しは

「うっっくっ、そ、そりゃ練習しないと、チンタラチンタラ笑顔を見せながら練習していても響かないので、練習の時ぐらいは真剣な顔を見せたいなと思っています」

――その表情が、ここ最近変わったように見えまして

「本当っすか?」

――試合中のアップの表情も険しくなっていて

「いや~もう、ピッチに入れば獲物を狩るぐらいの気持ちで臨みたいなと思っているので、自分では変えたつもりはないですけど、そういう変化を見てくれているのは嬉しいですね」

――集中できているのでしょう

「集中できてるんすか!?それは嬉しいですね!」

――今まで出来ていなかったわけではないですが

「はーい!今まで以上に集中していきたいなっていうのはありますね」

――より大人びた風格が

「ヘッヘッヘ!そ、そんな、一週間ぐらいで変わったかな?」

――最終節でのアップの雰囲気が違ったので

「マジすか!?いんや嬉しいっすね!そういうのもね、沢山の女性の方にも見てもらいたいですね!」

――ベンチにいる姿を褒められても不本意でしょうが

「褒められることは今まで基本ないので、どんなことでも嬉しいっすよね!」

――これまでも何度も伝えてきたはず

「社交辞令というか、建前だけかなと思っていたんすけど、心の奥底から言っててくれたんですね!」

――は、はい。も、もちろんもちろん

「は~い!嬉しいです」20181207_123528-

――天皇杯仕様球との相性は

「蹴ったらわかると思うんすけど、インサイドキックをした時の回転とか、Jリーグボールとの違いは感じています」

――高反発というか

「そうそうそう!そうなんすよ!ちょっしたイレギュラーとか、より慎重にならなければいけないんじゃないかなと思っています」

――森脇選手の天才的なボールコントロールがあれば

「いきたいっすね!」

――クリアボールの球筋も良いので。さっきこちらに飛んできましたけど

「フヘヘッ!狙ってたんすよ」

――ちょっとズレてました

「ズレてた!?そこはしっかり要求してもらわないと!!でもまあ・・・何の話でしたっけ!?」

――良い感じにボール扱いを

「だからボールとやっぱ友達にならないとサッカーは良い技術を発揮できないので、今日夜から天皇杯ボールと一緒に添い寝したいと思います」

――埼スタでの決勝へ

「本当に幸せなことじゃないかと。ホームでずっと戦っている場所でできるので、自分達はやりやすいし、相手からしたら、やりづらい部分は絶対にあるんじゃないかと。そういった意味では、そういう有利なところも活かして、だけどその優位性を活かすには、しっかり走って戦わなくちゃそれも活きないので、しっかりやりたいのはあります。ビジュアルも楽しみなので、選手もモチベーション上がるので、レッズのサポーターも素晴らしいなと。こないだの鹿島戦の帰りもバスに向かって応援歌を歌ってくれましたし、モチベーションは高いです」

――真摯に取り組んでいたら、絶対に良いことありますから

「んもぉ、とにかくやるべきことはひとつなので、自分を信じて、やるべきことをやる。それだけは曲げずにやりたいと思います」

――森脇選手自身のことを信じているのは森脇選手だけでなく、ここにもスタジアムにもいますから

「あっ!マジすか!?もう、家族は信じてくれてると思っていましたけど、信じてもらえているなら、頑張り甲斐がありますね!」

――任せましたよ!

「頑張りまっす!!」20181207_123533-

森脇選手のインタビューはこのあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

REDS WAVEでは、あさって日曜日に行われる、天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 決勝「浦和レッズ vs. ベガルタ仙台」の模様を実況生中継します

詳細はこちら

では

12月6日 「あとは気持ちの持って行き方だけ」

どうもです

鹿島での勝利から一夜

小雨のふる大原で、練習は午前10時頃に始まりました

きのうの試合にスタメン出場した選手たちはリカバリー系メニューで調整

それ以外のメンバーは、ボール回しやゲーム形式を行うなどして、決勝へ備えました20181206_123249-

◇◆◇榎本選手◇◆◇

――今シーズンのファイナリストとして、残る2チームとして浦和レッズが

「凄い決勝に進むにふさわしいチーム状態なんじゃないかなと思います」

――ふさわしい状態ってどう見えますか

「やっぱり戦いの部分だったり、球際だったり鹿島戦はね、本当にそういう勝ちたいって気持ちが出てたのはそこら辺が鹿島との差だったのかなと思います」

――レッズと対戦してた時の印象もそうだったと思いますが、強い時のレッズは盤石

「そうですね。サッカーとしてはね、変わってきてますし、そのようにオリヴェイラ監督が凄いそういう球際の所で植え付けているのでそれが良く出てる状態だと思います」

――セットプレーの練習でもキャッチしたあとの素早い頭の切り替えが求められて

「まぁ、そうですね。そこは第一歩にもなりますし、攻撃の。あとまぁそこのね、カウンターというのも凄い重視してるのでまぁそこら辺はキーパーの役割はまぁ良い方向に向いていると思います」

――榎本選手がキックするとき、ボールを持った手を一瞬、ヤジロベエみたく反動つけて上手く腰もねじってっていう、独特の蹴り方が好きで

「なんか自分でも昔からですから分からないですけど、良く言われますけど。なんか分かんないです(汗)」

――ピッとまっすぐ蹴るのが上手

「ありがとうございます(笑)」

――ケガをしている間に2度も監督が代わるなどの、今シーズン

「まぁなんかあれよあれよと怪我している間に。まぁそこでやっぱりアピール出来なかったので残念でしたけど。やっぱ怪我しちゃダメだなっていうのは思いましたね」

――気にせず思いっきり出来るようなところまで状態は来ているのでは、今

「そうですね。やっと本当に調子も上がってきたので・・・今、上がってもしょうがないかもしれないですけど。まぁ悔しいですけどね。今シーズンに関しては」

――戻すこと出来たっていうのは自信に

「まぁ、そうですね。まぁあとそのね、自信を試合とかでやればもっとさらに自信が付くと思うので。まぁ試合に絡めるようにしたかったですけどね。今シーズンは。次は次でまた頑張りたいと思いますけど」

――人生、これからのこと考えたときにそういう経験積んでおくのも、絶対に生きてくる

「まぁでも怪我してね、得ることもありますけど失うものも多いので、やっぱなるべくね怪我しないように頑張っていきたいと思いますけどね」

――平川選手

「いやもう本当にここのクラブで17年やってるっていうのは本当に凄いと思いますし、自分もね、マリノスでは結構長い期間いたんですけど、本当にそれは限られた人じゃないと出来ないと思いますし、もう僕はそれは出来なくなっちゃったので本当に素晴らしいしか言いようがないし、他見てももういないんじゃないかなと思います。いやもう本当引退するっていってもまだ全然出来ますしね、まぁでもそこら辺はね第二の人生はもう次歩むと思うので。そこら辺はヒラさんだったらね、全然人柄的にもね良いと思いますので。まぁ次に頑張ってもらいたいと思います」

――F・マリノス時代の印象からだと、榎本さんや那須さんは実際会ってみて、こんなに優しいのか!っていう感覚がありました・・・榎本さんは平川さんとチームメイトとして過ごして感じた一面など

「黙々とあんまり口数が多い感じじゃ無さそうだなって思ってたけど、まぁでもそれは別にベラベラしゃべれるような感じじゃなかったしイメージ通りっちゃイメージ通りでしたね俺は」

――天皇杯決勝に向けて、優勝経験者として

「いやもう、決勝までいったらね、まずはその雰囲気とね、それを楽しむことなんじゃないかなと思いますし、もう今やってもね、技術は上がんないですし、あとは気持ちの持って行き方だけなんで。今回は埼スタでやりますし、もう十分な環境でやれると思うんで、レッズが優勝するんじゃないかなと思いますけどね」

――榎本さんにも良いことあるんじゃないかと。そんな気持ちでいます。優勝して良い終わり方で

「ありがとうございます」

榎本選手のインタビューはこのあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

REDS WAVEでは、9日日曜日に行われる、天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 決勝「浦和レッズ vs. ベガルタ仙台」の模様を実況生中継します

詳細はこちら

では

 

11月29日 「それが自分の人生なんで」

どうもです

リーグ最終節2日前のきょうは、室内でのミーティングを行い午前11時頃に練習をスタート

その後はボール回しやセットプレーの連携確認、プレッシングのイメージ共有を図るフルコートでの11対11などを実施

全体練習はお昼の12時頃に終了しています20181129_112722--

◇◆◇森脇選手◇◆◇

――2日前は超カメラ目線でめっちゃハンサムに

「あ、うそぉ?かっこ良かったですか?」

――いやいや、もう

「相当良いカメラですね」

――きょうはこっちを見ず何か真剣にその先を見据える感じで

「本当っすか。いや、その先を見据えてはいないですけど、きょうのね、1日の練習をしっかり頑張ろうっていうそういうスタンスでやりましたけどね」

――頑張れました?

「えぇ、まだまだですね。まだ頑張れる余地は沢山あるかなっていうのはありますね」

――もっと頑張んないと。

「いや、本当ね、そうなんです。だからセットプレーでも今日も多分20回くらいトータルでフリーキックとコーナーキック、そのうちの5本くらいはね、自分自身が決めないとやっぱりダメじゃないかなと。まだまだそういった意味では頑張りが足りないなっていうのは感じましたね」

――開き直ってませんか?

「開き直ってはない!大丈夫です」

――みんな応援しいてるんですから

「いや、ほんとね、応援をパワーに代えてねやらなくちゃいけないなっていう風には感じてますけどね」

――もっともらしいこと

「いやいや、ありきたりの言葉を並べたようなね!すいませんねっ」

――いやいや、そんなそんな。きょうは爆裂サイドチェンジもバシッと通したし

「見てました!?」

――見てましたよ!

「本当に?」

――当たり前じゃないですか

「本当に、みんなにいじられながらね、やってますけど。まぁ、サイドチェンジも何本かねバシッと通しましたけど、僕の中で10本そのチャンスがあって9本通しても1本ミスしてしまえばそれは全くもって満足できるプレーじゃないんで。そういったような、きょうも5本くらいあって4本通したけど1本しおとしたんで、そういった意味ではこれから家に帰ってしっかり考え直さなくちゃいけないなっていう風には感じてます」

――わかるようで、よくわからない

「よくわかんない・・ズタズタ・・グダグダか!」

――途中までのお話しの内容は“プロフェッショナル”的なのに、家帰って?

「家帰ってなぜあのミスが起きたかっていうのはやっぱ考えなくちゃいけないんじゃないかなという風には思いますね」

――そういう部屋があるんですか?

「いや、部屋はないですけど子供抱っこしながら考えなくちゃいけないですね。一緒に考えてくれます?」

――もちろん

「笑」

――もっと思い切れば・・・ちょっとその先のこと考えちゃってる節があるのかなっていう

「まぁね、先のことを考えても良いことはないなぁっていう風には思いますけど、やっぱり自分の立場を考えると思いきったプレーっていうのはもちろん必要ですけど、この間の試合も自分にとってね、かなり手応えがあるというか攻撃のところでも数多くね、絡めることができたんで、やっぱり自分はここで生きていくんだと、ここで勝負するんだっていうそういうプレーは出せたんじゃないかと。ただ、普段出てる選手がミスしたとしてもそれはね、ほんの少しのミスに過ぎないですけど例えばたまに出た選手がひとつのミスをしてしまえば同じ出てる選手と比較しても、やっぱりそれは監督にとってまた周りから見たら大きなミスなんだっていう風にはなるんで、そういうところはやっぱ肝に銘じてやらなくちゃいけないんじゃないかなと。今の説明なんとなくわかります?」

――気にしすぎ?

「うん、まぁでもね、ミスをしないようにというかやっぱり立場がね、今は現状としてレギュラーを奪えてない、レギュラーに出られてないっていう所に関してはやっぱりそういう所も気にするというか自分でやっぱりしっかり持っとかなくちゃいけないし、出てる時以上にプレッシャーをね、かけなくちゃいけないんじゃないかなという風に思ってるんで。やっぱりそういうミスをしちゃいけない、もちろんミスするのがサッカーですけどそれを出来るだけなくすようにやらなくちゃいけないなっていうのはありますけど。僕の人生は考える人生なんで、はい。考えて考えて、どん底まで行ってまた這い上がる。で、また這い上がったところで叩きのめされたらまた沈んでまた上がるっていうね、それが自分の人生なんで。そのスタンスは崩したくないなという風には思いますね。格好良くないね!」

――誰だってそういう長所短所があって、森脇選手のことはよくわかってるんで、みんな

「いやもう、自分のプレーを出すだけだという風には思ってるんでそれをしっかりね、出していきたいなっていうのはありますよね。だからね、その最近自分を出したのに監督がどういう判断するか分からないですけどとにかく試合になれば自分の持ち味出すっていうのは100%やりたいなっていうのはあります」20181129_121519-

――きょうは、移籍してきたた初年度の平川さんとのお話を聞こうと思ってたんですけど、もう結構時間いっちゃいました

「なるほど、カットできるでしょ!?最初の方の。ヒラさんの方長くしないとまずいっすよ。ヒラさんの方が重要なんで!」

――それもそうですけど、確認取ってくれるのであれば、こちらも思いを伝えないといけないかと感じてっていう・・・

「この時間もあれだからね!」

――移籍してきて、右のコンビネーションとかまた新たな一面というか、そのあたりも身につけさせてもらえた存在かと

「もう、ヒラさんに出会えて良かったなと。このチームでプレーさせてもらうことがなければ、このチームにオファーをね、いただかなければヒラさんとね、プレーすることもなかったんで、本当ヒラさんと出逢えてよかったなと。それはサッカーとしてのスタイルもそうですけど、1人の人間、いち社会人としてのヒラさんのスタイルを僕自身は間近で見ることができて非常に良かったなと僕にとってもしかしたら、6年くらいの短い期間だったかもしれないですけど僕にとったらかなり大きな濃密な時間を過ごすことができたんじゃないかなという風には思います」

――影響受けてます?

「もうだいぶね、やっぱヒラさんみたいなね躾を僕自身もね持ちたいし。そういう人の振る舞い、サッカーに対しての向き合い方っていうのは学んでいかなくちゃいけないんじゃないかなと。全部が全部ヒラさんのことは出来ないですけど僕自身も、曲げたくない部分がありますけどそれにプラスしてヒラさんの考えっていうのも自分に“取り入れていきたい”っていうのはあります」

――取り入れているのでなく、“取り入れていきたい”!?

「いやいや、取り入れてるんですけど。そういうのを取り入れられて良かったなというのはありますよね」

――リーグホーム最終戦というところで一言お願いします

「まぁ、ここまで自分自身もチームとしても納得のいくシーズンというのは送れてないなというのは感じてますけど、まぁその中で最後残り3試合っていのはしっかり勝って終わりたいなと。終わりよければすべて良しではないですけど、だけどしっかり最後締めくくることによって良い気持ちでね、また最終節も良いセレモニーをね迎えることができるという風に思ってるんでみんなで戦って勝利をもぎ取りたいなと笑顔でヒラさんをね、送り出したいなといのはあります」

――個性大事に!!

「おっけぃ!ありがとうございます!個性大事に!!」

森脇選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

11月28日 「ヒラさんがいたから自分が成長出来たっていうのを自分がもっともっと活躍した時に言えれば」

どうもです

リーグ最終節を3日後に控えたきょう、練習は午前10時に始まり、ゲーム形式などのメニューが午前11時10分頃まで行われました20181128_111333-

◇◆◇柴戸選手◇◆◇

――誕生日に迎えた湘南戦

「まぁまずチームが勝てなかったっていう部分が個人どうこうっていうよりもすごい悔しかったなっていうのが素直な感想です」

――途中出場の場合、どのように流れを見て試合に入っていくかっていうところ、アップしながらどう状況を抑えるか

「まぁ一番は点差が一番見やすいですし、見る一つの大きな要素というか一つの部分だと思うんで、サッカーなんで最後1点でも多く入ってれば勝てるんで、そういう部分で点差っていうのはすごい試合を進めていく上でも主導権を握れると思うんで、凄いそこは意識して見てます」

――球際の強い湘南の選手たちを相手に

「まぁやっぱり奪い切らなきゃいけない部分もありましたし、奪ってから次につなげられる部分でもつなげられなかったり前に当てられるチャンスっていうのを逃してた部分もあったんでそこは奪ってから・・もう奪う段階は終わってると思うんで奪ってから次につなげる、もっとより良い選択をするっていうのがもう一つ必要になってくるのかなというのは改めて思いました」

――前に行ってれば結果的に良かったな、なんていうことも出て来て、次の段階へ

「そうですね、あの本当にそこを見逃さないように常に練習からやってけば試合でも見れるようになると思うんで。まぁ普段やってないことは出ないと思うんでやり続けることが大事かなと思います」

――そういう中で最終節に向けて、今週のトレーニングで意識してること

「まぁ、まず個人としては失う物は何もないんでガンガンやってやろうかなっていう思いもある中でやはりその自分の長所である部分、球際の強さだったり運動量っていうのを活かして味方の選手を助けることであったりボールを奪って時間を増やせればなぁという風には思ってます。後は、ポゼッションの部分でゴールに向かっていくことだったりゴールから考えるっていう部分はリーグの緊迫した部分で養える部分はあると思うんでそこはやっていきたいなという風に思います」

――守備のところでもゴールからの逆算で、どういうところからっていうのをイメージしつつ

「そうですね、まぁやはり失点しないことと同じなんて得点するってことはすごい大事なんで、攻守どちらが大事かと言われれば両方大事なんで、両方出来なきゃいけないですしやれるようになっていきたいなという風に思います」20181128_111937-.-jpg

――大卒でお手本として今年色々教わったと思う存在が引退を発表しました

「あの、まぁ本当にこのクラブでJ1のチームでここまでやってきてあれだけ活躍してる選手が引退するっていうのは凄く残念というか、まだまだ一緒にやって色々教わりたかったなという部分もまだ一年しかやれてないんでそういう部分は多くありますけど一年で色んな学んだことを引き継ぐわけではないですけど自分のものにしてヒラさんがいたから自分が成長出来たっていうのを自分がもっともっと活躍した時に言えれば良いかなという風に思います」

――簡単には説明しづらいと思いますが、特に教わったこと

「ま、スピードの部分はどうしようもない部分なんですけど準備の部分だったり予測の部分だったりっていうのは凄い教わりましたし、まぁあと賢さっていうのは、間違いなく一番経験の上からくる賢さっていうのは凄いあったと思うんでそういう部分はすごい見習う部分が多かったですし自分も出てないときにヒラさんも怪我をして残り組で一緒に練習をしたりしてたのでまぁ一緒にやれた時間というのは長かったと少しですけど自分の中では本当にこれからも自分のサッカー選手としての人生の中で大きな財産になったと思うのでそれをもっと活躍して上にいったときに言えるようにならなければいけないかなというのは思いました」

――練習試合のあとにも話しましたが、試合中のちょっとした声でも周りの動きが良くなる

「そうですね、本当に落ち着きがあるんでバタバタしないところだったり本当に周りをよく見てずっと言い続けるっていう選手ではないと思うんですけど、それだからこそ所々で言ってもらえる言葉っていうのが重く心に突き刺さったんで一つ一つの言葉を大切にしていきたいなという風に思います」

――まだ1年目で、平川さんは17年目。まだまだまだ柴戸さんも、これからぜひお願いします

「はい、まぁヒラさんも大卒で17年間一筋でやってきたんでまぁ自分もそういう風にやっていきたいっていう思いもありますし、まぁサッカー選手としては負けたくないっていう思いもあるんで色んな事を学びながらも超えられるようになりたいなという風にはすごく思ってます」

――あっという間なのかな、楽しみです色々と

「はい、そうですね。あっという間だと思うんで。1日1日一つ一つを大事にしていきたいなと思います」

――これからもよろしくお願いします。

「よろしくお願いします」

柴戸選手のインタビューはあすの〈You’re The REDS〉でお届けし、きょう(再放送は23時から)は平川選手の現役引退記者会見の模様をたっぷりと20181128_114944では

11月27日 「こんなに幸せな時間はなかった」&「僕が良い準備をしてゴール前で待っていたらヒラさんがいつもボールを届けてくれる」

どうもです

オフ明けのきょう、練習は午前10時に始まりました

室内調整を経て、選手たちは午前10時55分ごろ、ピッチに姿を現します

その後はパスゲームやサイド攻撃のパターン練習を実施

全体練習はお昼の12時10分頃に終わりました

20181127_115210- ◇◆◇宇賀神選手◇◆◇

――練習ではセンタリングを反復してましたけど、柏木選手や槙野選手も上手で、アーリークロスも面白そうでした

「まぁ、陽介のね、上手さを見ながら自分も調節しながらね、学びながらやってましたけど。あぁいう形で点が取れれば楽だと思いますし、ズラもいるし慎三君もヘディング、あんま大きくないですけどね、タイミングすごい上手だし。良いボールを入れられれば、もっとそういうバリエーションの豊富な攻撃になるかなと思います」

――あのゴールライン際まで走ってからの折り返しっていうのは凄い強さもあって、当てるだけでっていう凄い親切なボールだと

「まぁ、そういうようなボールをフォワードに供給出来る選手がいればもっと楽な試合展開だったりとか相手に引かれててもね、こうワンチャンスで仕留めるっていうゲームが出来ると思うのでまだまだ自分も成長出来ると思うのでこういう練習は必要かなと思います」

――利き足じゃないけれでも

「そうですね、利き足じゃないですけどそういうところが出来るのも良さだとは思うのでそれをよりレベルの高いものにしていきたいなと思います」

――そういう教科書ともいえる存在が引退を発表しましたけど、聞いたときのお気持ちなどいかがですか

「ま、あの改めて言われたわけじゃなくてさらっと全然違う話から引退するんだっていうのは聞いたので。まぁでもあそこまでの年齢になってくればいつ引退しても驚きはないですけど考えれば考えるほど寂しいなって思います」

――どんな流れだったんですか?

「いや、普通になんか他愛もない話から『子供に引退するって話をしたら子供が泣いて落ち込んで大変だった』みたいな。それが凄い辛かったっていう話を聞いて、『あぁ、引退するんだ』みたいな」

――クラブハウスで?

「クラブハウスの中で」

――なんか、平川さんらしいさりげなさ

「まぁ、そうっすね。まぁ、なんとなくというかどうするんだろうっていうような感はありましたけど。改まって言わないとこも平川さんらしいなと思います」20181127_121358-

――3週間前くらいだったか、あのディフェンスのスライドとラインキープコンパクト的な練習で、平川選手に寄せて行ったら、宇賀神選手は股をふっと抜かれて『うめぇなぁっ』て凄い大きい声で言ってたのが凄く印象的で

「まぁあの間違えなくね、今出れてないですけど、他のチームでも出られる選手だとは思いますし、こう、まだまだやってほしいなって気持ちもあるし、でも本人も全然やれるっていう感覚はあると思うので、やはり対面してて本当に随所に上手いなっていう所を感じさせるプレーを僕はされてますし、ヒラさん以上に駆け引きの上手な選手は僕がこの10年間対面した選手にはいないなとは思います」

――平川さんは言葉でも力を持ってるじゃないですか。説得力というか、そういう中で日頃のやり取りとかでも印象に残ってることっていかがですか

「まぁ僕はどちらかっていうと言葉というよりはプレーの中からヒラさんの良さっていうのをね盗むことが多いので、どちらかというと言葉というよりは日々の練習の中から勝手に盗ませてもらってる方が多いかなと思います」

――ポジションが近い宇賀神さんならではの特権がそこにある

「まぁ、僕が一番ヒラさんと対面でプレーしてる時間が長いと思うので、まぁこんなに幸せな時間はなかったなとは思います」

――引退と聞いて、その時はどんな声掛けましたか。

「特別なことはまだ喋ってないですけど。まぁただ自分が思ってるのは、最後にしっかりと残りの公式戦3勝して『お疲れ様』って言いたいですし、やはり最後天皇杯優勝っていうのをね、味わせてあげたいなっていう風に思ってます。今まで引退していった選手に良い形で終わらせてあげることが出来てなかったので、ヒラさんにはというプレゼントをあげたいなという風には思ってます」

――では、まずはFC東京戦で

「そうっすね。リーグ、ホーム最終戦でしっかり勝って、良い形で鹿島戦を迎えられるようにしないといけないと思いますし、まぁヒラさんの挨拶も最後あるって聞いたんでコメントの中で湿っぽくしたくないっていうのは書いてあったんで。なので、そのためにはやっぱ負けるっていうのが一番湿っぽくなってしまうと思うのでしっかり勝って良い挨拶をしてもらいたいなと思います」20181127_121400-

◇◆◇武藤選手◇◆◇

――湘南戦非常に悔しい結果に終わって、そこでまた感じたこととかっていかがですか

「やはりアウェイでも勝ち点3っていうのを目指した中で負けてしまったっていうのは悔しいですし、メンバーが少し変わった中でもう少し僕も引っ張ることだったり引っ張っていったりですとか、やはり結果を出してチームっていうのを助けたかったなっていう思いがあったので残念な結果になりましたけど、とにかく次の最終節に切り替えていきたいですし天皇杯に向かっていけたらと思います」

――本当にもうあと3試合、大詰めになってきて

「そうですね、もう本当に。いつも思うんですけど1年は早いので気付いたらもう本当にラストという所で今年は天皇杯が残ってるのでそこでタイトルの可能性があるので全力で取りにいきたいと思います」

――1番登り調子っていうのが武藤選手

「ま、今本当に自分自身コンディションの良さであったり自分らしいプレーっていうのが出せていると思うのでこの終盤で、まぁやっぱり結果で見せていきたいと思っていますしタイトルに繋がる様なプレーをっていう風に思ってるので勢いを維持しながら更に良くなっていけるようにやっていきたいと思います」

――他の選手とは次元の違う間合いというか、ダイレクトプレーの判断とかボール持ったときの余裕とかすごい物を最近オーラから感じます

「まぁ、でも本当最近はボールを失う回数というのも減ってきてると思いますし前にこう仕掛けていくだったり。判断っていうのが良くなってきてると思うので、自信を持ってプレー出来てるのでサッカーを楽しめているというかそういう姿というのを見せれてるんではないかと思います」

――こっちも楽しいんですよ。武藤選手、次何してくれるんだろうって

「まぁ、でもここからさらにこう、タイトルかかってピリピリした厳しい試合が待ってるのでそういう中で何が出来るかだと思いますし、まぁみんながワクワク出来るようにそんなプレーが出せたら良いと思っています」

――そういう意味で大卒でもありって、お手本の引退という発表ありましたけどいかがですか

「そうですね、まぁやはり大卒で17年間プレー出来たってことは本当に素晴らしいことだと思いますし、それを浦和レッズというクラブで1つのチームに居続けたというところに本当に偉大さを感じますね。やっぱどの監督が来ても必要とされる選手というのは、本当に素晴らしいと思いますし、まぁサッカーの能力もそうですけど、人間性も素晴らしいのでだからこそなのかなぁという風には思います」

――特にこう素晴らしいなって思ったこととしては・・・仙台にいたときの印象と実際クラブで一緒になってとかで、もしかしたら変わったかもしれない部分も

「そうですね、でも仙台の時からこうちょっとクールな感じだなってのは思ってましたしそれはまぁこっちの人からも同じような印象持ってますけど、やっぱり中に入ってみると練習に対して常に全力というか手を抜かないという部分であったり、やはり練習に来る、練習が始まる前からの準備っていうのが本当に凄いので、まぁ僕がたぶん家にいるくらいの間にはもう多分、大原に着いててトレーニングをしてるっていう風に聞きますし、それ見ましたし、それをやってるからこそ、ここまでプレー出来てるんだなってのはやっぱ感じましたね。まぁただ引退が決まったということで最後は良い形でヒラさんの引退にタイトルを持って華を添えれたら良いと思いますし、まぁヒラさんには何度もアシストをしてもらってすごく僕自身も一緒にやっていて楽しかったなっていう思い入れがあります。まぁでもヒラさんの人間性が素晴らしいってところがね、誰もが言うと思うんですけど、それに尽きるというか、素晴らしい人だなと思います」

――では、平川さんの素晴らしいクロスを武藤選手が合わせて

「そうですね、もう一度そういうシーンを作れたらと思うんで。僕が良い準備をしてゴール前で待っていたらヒラさんがいつもボールを届けてくれるのであとは僕次第だと思うので、頑張りたいと思います」

――天皇杯で優勝してちょっと落ち着いたらお寿司食べに

「そうですね、まぁヒラさんも食通なんでね。僕が知らない店に教えて欲しいなと思いますし、なんなら、がってん寿司に行きたいと思います!」20181127_121247-宇賀神選手と武藤選手のインタビューはこのあと23時からの〈You’re the REDS〉でもお聴きいただけます

では

11月22日 「浦和レッズで出続けている意味」&「同部屋で色んな事を教えてもらいました」

どうもです

湘南戦2日前、選手たちは午前10時55分頃からピッチ上での練習を開始しました

ウォームアップ後はセットプレーを中心とした連携確認を実施

全体練習は午前11時50分頃に終了しました20181122_112444-

◇◆◇宇賀神選手◇◆◇

――中断期間の手応え

「まぁ、しっかりと休みを貰って、その中でも札幌戦で出たような課題っていうところをフォーカスしたトレーニングが出来たと思いますし、また残り2試合、そして天皇杯に向けて修正ポイントを的確にトレーニングの中で修正出来てるかなっていう風には思いますけど」

――修正できたところ

「まぁ、やはり奪った後のラインの上げ下げだったりだとか、きょうの練習でもそうでしたけど攻撃してる時の準備っていうところは凄くこないだの試合でも特にやられそうになったシーンが沢山あったので、そういう所はこのオフ明けからすごく集中してやれてるのかなっていう風には思います」

――オフ明けっていうところでガンバ戦も同じように間隔が空いた経験を踏まえて

「チームとしてもね、月曜日に休みをくれたんでそういう試合のリズムっていうのはガンバ戦から修正出来る部分でもあると思うし、まぁまたそのゲーム間隔っていう部分でも空いてる中でしっかりとした入りをしないといけないなと思いますし、湘南はね、もう90分間ハイブレスで来ると思うしその勢いに負けないような、受け身にならないようなプレーをしなきゃいけないなという風に思ってます」

――ルヴァンカップの決勝を見ていますし、イメージが沸きやすい部分も

「まぁ、そうですね。あの試合は本当に90分間これが最後まで持つのかっていうようなプレーをしてましたし、またそれをね、90分間続けてタイトルを獲ることが出来たと思うので非常に手強いなと思いますし、今のこの順位にいるチームではないと思うので、まぁ難しい試合になるなと思います」

――知ってる選手が沢山いると思いますが、特に楽しみな対戦選手とかいかがですか

「まぁ、あの皆さんの期待通り梅﨑選手とやるのは非常に楽しみですし、1週間前から次楽しみだねっていうので連絡も取り合ってるので、1回でも多くマッチアップしたいなと思いますし、まぁ彼には絶対やらせないぞっていう、そして自分がね、浦和レッズで出続けている意味っていうのをしっかりと示すようなプレーしなきゃいけないなという風に思います」

――2015の開幕だったり、あのスタジアムと宇賀神選手は相性が良い気も

「どうですかね。まぁでも素晴らしいピッチですし、チケットも完売っていうことは聞いてるのですごく楽しみですし自分がまたそのチームの勝利に貢献出来れば良いなと思います」

――出場停止だったり、怪我の状態でまだ出られるかどうかっていう選手もいたりで、本当に一丸となっての戦いが求められるかと

「まぁ、今シーズン一番と言っていいくらいね怪我人と累積とってこう、普段出てるメンバーがいない難しい試合になると思いますけど、まぁその分、試合に飢えてる選手だとかなかなか経験の無い選手が出ると思いますけど、そこでフレッシュな力をまた見せることでチームとして、もう残り少ないですけど天皇杯優勝に向けてもね、グッとこうギアが上がると思うし、そういう選手が活躍することで自分個人もね、刺激にもなりますし、また自分がそういう選手を引っ張っていけるようなプレーが出来れば良いなと思ってます」 20181122_120305-

◇◆◇橋岡選手◇◆◇

――こちらに戻ってきて

「もう率直に気持ちは切り替えてはいるので、もうあっちの代表でやっていたポジションとどうなるか分かりませんけど、こっちではこっちの気持ちが整っていますし、24日の試合はもし出るのであればもうしっかりやることはやって今まで通り、今まで以上にもっと良いプレーをしたいなと思ってます」

――そのためにも良い刺激受けたりとか学べたりってことが遠征を通じてあったかと

「そうですね、まぁやっぱりJリーグで出てる選手が多い中で本当に色んな話を聞けましたし、プレーを見て色んな事刺激受けましたし、またそういった個人の成長っていうのも1年前とか2年前にやっていたよりも本当に遙かに周りが成長しているのが分かりましたし、僕自身も負けずにもっともっと個人でも成長したいですしそのためにはまずこっちのチームで良い結果を残さないといけないんじゃないかなと思ってます」

――その成長って部分でどんなとこ見せていきたいですか。

「まぁ、もちろん守備の部分っていうのはストロングポイントですけど。まぁ、攻撃の部分もずっと言ってるようにもっともっと成長していきたいなと思っています」

――次の湘南も同世代の選手が

「まぁ、湘南の杉岡選手がいて、湘南ベルマーレは残留争いをしていて、まだ分からないという状況で本当に必死に戦ってくると思いますし、僕たちも、もちろんACL圏内ということで絶対に勝たないといけない、両方が本当に大事な一戦だということなので本当にまぁ、拮抗した戦いになると思うのでそこは杉岡選手とも話しましたけど『お互い出られても出られなくても良い戦いをしよう』っていうのは言っていました」

――1年前ってさっき言いましたが、梅﨑選手からも色々学んで

「はい。まぁあの、去年自分がユースの時にキャンプ行ったときに同部屋で色んな事を教えてもらいましたし、色んな話ました。そういった中で本当にそういったベテランの選手とまた自分が戦えることを本当に嬉しく思ってますし、まぁ嬉しく思っているけど負けたくないっていう気持ちが本当に多いので負けないように絶対勝てるように良い準備して臨みたいなと思っています」

――きょうの練習でのメンバーを見ても、出場停止の選手や出場できるかまだ分からない選手がいて、本当にチーム一丸が求められるかと

「残りJリーグ2試合、そしてまだ天皇杯もありますけど残りの試合は全員で戦って全員で同じ方向を向いてしっかり良い結果を持ってこれるように頑張りたいなと思っています」20181122_120958-

宇賀神選手と橋岡選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

11月21日 「こういう状況だからこそ」

どうもです

湘南戦3日前のきょう午前、チームはゲーム形式を行うなどして準備を進めました20181121_113317-

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――きのうもお疲れ様でした。また自分を見つめ直す良い機会になったんじゃないですか。

「そうですね、あの初めてだったんで小学校訪問するの。今までは逆にそういった人達が来て自分が受ける立場だったから、自分がこうやって小学生に伝える側になったんだっていうの改めて実感しました

――夢を伝える立場でありながら、荻原選手もまだこのあと沢山叶えられそうな夢が待ってて羨ましい

「そうですね、あのどっちかっていったら一緒に夢に向かって頑張ろうっていう風に言えた立場だったんで、これからも自分もっと頑張んないとなと思いました」

――生きてるうちに自国開催のオリンピックが何回もあるわけではないでしょうし、その中で出場が狙えるタイミングに

「そうですね、あのまぁ簡単なことではないんで今からもっとレベルアップしていかないと叶えられる目標ではないんで。今から2年後逆算して毎日毎日しっかりトレーニング出来たらと思います」

――逆算の意味で、まずはきょうのトレーニング、いかがでしたか

「まぁ、練習終わった後もあぁやってエクストラのトレーニングを設けてもらって少しずつですけどまぁ成長していってる実感はあります。まぁ逆に無かったら、《え、無いの!?》くらいなんで。まぁ、あると思って常に。まぁ、準備はしてます」

――量より質でもあり、質より量でって前に分かりやすく表現してくれましたけど、なんかって時に凄いパワーが出てとか、ふとした時に気付くんですよね、きっと、その成果は

「そうですね。ま、すぐには出る成果じゃないんで。まぁ、これが数ヶ月後、1年後って大きな単位で変わっていければ良いのかなって思います」

――きょう言われてたことは何ですか?

「まぁ、最後のシュート練習なんかはとにかくボールのインパクトを、しっかり足にボール当てるとか。あとボールの置き位置とかそういうことは言われてま」

――荻原選手って、ゴール前でも回り見えてるじゃないですか。ファブリシオ選手にアシストしてたシーンがそうであるように。あとは自分でシュート打ったときの質が高まればもう2、3点いけそうな

「そうですね、結構少ない時間ですけど意外とチャンスあったりしてそん時に決められたらもっと出場機会を増やせることは出来るだろうし、まぁ数字に出る結果を僕は求めていきたいなって思います」20181121_113258-

――次、出られない選手もいるっていう中で、また一丸となって戦うところで意識としていかがですか

「まぁ、僕自身ずっとサブで準備してきてこういう状況だからこそやっぱチャンスっていうのは可能性高いですし、いつでも出られる準備をしていきたいなと思います」

――湘南の印象っていかがですか

「まぁ、とにかくハードワークっていう。後全体的に年齢層も若いですし、すごいフレッシュさあるチームだなって思います」

―意識する選手とかいますか?

「まぁ結構年代別で一緒にやってる選手とかもいるんで。ま、ボランチの齊藤未月選手とかまぁ意識はしますね。ウメさん、僕は一緒にやってないですけど、ずっとユースの時から見てた選手なので。凄いドリブルのキレで、あと点にも絡めるし、凄いですね」

――梅﨑選手は、両足そん色なく蹴られてっていうのが

「そうですね。両足シュート上手いですからね。クロスも上げられるし。そういった意味では見習うところは沢山あるなと思います」

――きょうは居残りで右のボレーも

「全然当たんないっす・・右・・」

――これからですよ

「はい(苦笑)」

――少し早いですけど誕生日おめでとうございます

「あっ!ありがとうございます」

――良いタイミングで試合が来たのでそこでもかなりモチベ上がって

「そうですね。出たいですね。自分でバースデーゴール決めたいですね。試合出たらとにかくあの勝利に貢献出来るように自分は、まぁ、数字に見える結果もそうですけどやっぱ見えない結果もあると思うんで、まぁ両方取っていきたいなと思います」

――では10代最後の一年、良いスタートを期待しています

「ありがとうございます!」

荻原選手のインタビューは、このあと19時からの〈You’re The REDS〉でもお聴きいただけます

では

 

11月20日 「レッズの選手の宿命」

どうもです

湘南戦4日前、オフ明けのきょう、練習は午前10時頃に始まりました

体起こしのメニューやパス回し、攻守の切り替えを意識に置いた戦術確認などを実施

練習は午前11時15分頃に終了しています20181120_114256-

◇◆◇岩波選手◇◆◇

――今またこの中断期間入っている中での手応えは

「そうっすね、まぁガンバ戦の前は少し日程が空いて調整っていう意味でも少しあまり良くない調整の仕方だったんで、まぁチームとしても個人としてもそこは反省してますし、まぁ次、こうやってまた代表ウィークで試合がない日が続いた時に、どれだけ次の試合に向かってこうみんなが集中できるかっていうのがポイントになると思うんで。まぁ湘南戦に向けて良い調整出来れば良いなと思います」

――体が休まるっていうので、気がほぐれちゃうとその緩みが悪い方向にというか

「そうですね、それもありますし、まぁやっぱり土日に試合がないとずっと練習続けていっても、少し集中出来ない時間もありましたし、そういう意味では反省して活かしたいなと思います」

――そういう意味で取り組んでることってあります?

「そうですね、まぁきのう、チームの休みになりましたしそういう意味でまた仕切り直しじゃないですけど、1週間っていう期間での調整に出来るんで、まぁその辺はピリっとやれるかなと思います」

――チームとしての約束事などで心掛けたいこととかってどうですか

「そうですね、ガンバ戦は負けはしましたけど、今は凄い良い流れでチームが来てるんで、あまり何も変えずに臨みたいなって思います」

――そういう意味で、残り4試合ともう先が見えてきたっていう中での心境は

「そうですね、まぁ凄いこう、リーグの残り2試合はACLの3位以内に入れるチャンスがあるし2勝するしかないですけど、それだけこう大事な試合になるし、天皇杯の残り2試合は本当に優勝が懸かった試合なんで、僕自身タイトルっていうのを取ったことがないんで、まぁそれに向けて頑張りたいなと思うしやっぱレッズっていうクラブ自体が毎年毎年こうタイトル取ってきたチームなんでそういう意味でもね、取らないといけないタイトルなのかなと思います」

――良くそこまでサポーターの気持ち汲み取ってというか、持つ意味というか、凄くうまく言葉に表してくれて

「そうですね、レッズ入ってくるときからそれは意識してましたし、レッズに入るからこそはタイトルをもたらさないといけないというのはレッズの選手の宿命だと思うし、選手からもそういうのは凄い伝わるんで。そういうクラブに来られててプレー出来てるんでね。僕もそのタイトル獲得に向けて貢献したいなと思います」

――次の湘南戦はルヴァンの決勝も観に行っていたそうですが、どのようなイメージで

「まぁルヴァンの決勝とはまた違いますし、湘南も置かれてる状況がまだ残留争いという中で難しい状況にありますけど。そういう相手とやるのがモチベーションも上がるし、やっぱり相手の方がね、こうやっぱり気持ちを出して来てはこっちも負けてしまうと思うんでこっちも同じような気持ちですし、こっちもACLが懸かってるんで大事な試合になるのは間違いないし。この時期にそういう良い戦いが出来るのは凄く良いことだと思うし、お互いこう、勝たないといけないシーンが良い試合になれば良いかなと思うし。まぁ個人的にはね、神戸で一緒にやってた小川慶治朗君、神戸ユースの先輩と初めてこう自分たちが神戸出て対戦出来るんでまぁ凄い楽しみですし、まぁちょうどマッチアップもするポジションなんでバチバチやれたらいいなと思います」

――杉岡選手も勢いのある感じが

「そうですね、まぁ若くて勢いのある選手なんで、まぁ、あまりこうマッチアップしないですけど良い選手だなという風に思いますし、まぁそこよりもこう、僕はそっちの方が楽しみなんで、まぁ凄い楽しみな試合です」

――岩波選手も良い選手なので

「まぁ・・負けないように頑張りたいです(ニコリ)」

岩波選手のインタビューはこのあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

11月18日 「あれは貴重な経験でした」

どうもです

湘南戦を6日後に控えたきょうの練習は、室内でのミーティングを経て午前10時50分頃にスタート

3つのゴールを用いたゲーム形式を中心としたメニューが、お昼の12時頃まで行われました20181118_115615-

◇◆◇西川選手◇◆◇

――オフが明け、トレーニングが再開して3日経ちましたが、手応えは

「きのう、おとといと非常にフィジカル的な練習ができたので、良い体起こしということで、良い刺激が入っているんじゃないかと思います」

――きょうは森脇選手が絶賛されるようなポジティブなムードで終わりました

「そうですね、代表選手も抜けている中で、人数は少なくなっていますけども、非常に皆モチベーション高くできていて、きょうもミーティングがあって『湘南戦に向けての準備をより集中して行こう』、『機関が少し空くとやっぱり気持ちの乱れというのは人間誰しも起こることだけど、そこをより集中して今シーズンの残り4試合を全力で戦おう』という話が監督からありました」

――経験豊富な西川選手の後ろからの声も雰囲気を締める意味でも頼りにされているはず

「はい。そうですね、やるときはやるでしっかり集中してやって行きたいですし、プレーでしっかりとそういった姿勢を見せて行ければと思います」

――メリハリの意味で、5連休はどのように

「僕は札幌から帰った11日の夜に家族でタイのプーケットに飛んで、たくさん、象さんにのってきましたね」

――気候的にもちょうど良い時期で

「まあ本当に過ごしやすい気候で、大人も子供も非常に貴重な体験をさせてもらったので、本当に家族にとっても良いリフレッシュになったと思いました。海に入ったり、民族のショーを観たり、象さんのショーを観たり、日本じゃできない経験をして帰って来られました。こういう時間を利用しながら、オンオフの切り替えをしっかりやって行きたいと思います」

――動物と触れ合えるなど、お子さんにも良い教育、羨ましい

「そうなんですよね、もう僕自身も象さんが凄く好きになりましたし、あんなに頭良いんだなって・・頭良いし、力は強いし、本当に優しいし、見習うところが沢山ありました」

――象さんはサッカーも上手でしょうし

「PK対決したんですよ!僕、選ばれて、『ちょっと君おいで』と言われて、目の前に象さん、ボール、ゴールを守る僕みたいな。最っ高に貴重な経験で、象さんは蹴るのがうまくて、全部僕の正面なんですよ。2回蹴ったんですけど、コントロールされていて。あれは貴重な経験でしたね」

――どちらかというと、シュートストップよりもフィードの参考に

「フィードの参考に!象さんとPK対決はなかなか、調度良い写真もあるので、これからファン・サポーターの皆さんには見せたいなと思います」

――きのうもポジティブなニュースに刺激を受けたはずで

「もちろんですね。最っ高に嬉しかったです。地元の大分トリニータがJ1昇格をされて、本当に感動を与えてもらえましたし、J2は今年本当に大混戦の中、最後はやっぱり2位まで入りきったというのは、本当に自分たちにとっても面白い状況にしたいなと。自分達も次勝って、最終節までわからないACL争いっていう所を繰り広げて行けたらなと。来年大分と対戦できるっていうのは、僕個人としては今からでも楽しみです」

――広島時代も片野坂監督とは

「そうですね、大分のサッカーを見てもわかると思うんですけど、本当に素晴らしい攻撃的なサッカーで、ゴールキーパーもポゼッションに入りながら攻撃参加をするっていうところで、非常に見ていて楽しいですし、そういうサッカーというのは自分自身も凄く好きなので、逆に今度相手にした時とかっていうのは良いイメージを持って行かなければ難しい試合になるのではないかと。それぐらい素晴らしいサッカーをしていると思います」

――では、今週からまた、象さんからインスパイアされた面も含めて“超人的”なものを楽しみに

「そうですね、活かしていきたいです。シュートストップも攻撃参加も楽しみながら(スマイル)」

西川選手のインタビュー全容はあすの〈You’re The REDS〉でお届けします

では