カテゴリー別アーカイブ: トレーニング風景

11月18日 「あれは貴重な経験でした」

どうもです

湘南戦を6日後に控えたきょうの練習は、室内でのミーティングを経て午前10時50分頃にスタート

3つのゴールを用いたゲーム形式を中心としたメニューが、お昼の12時頃まで行われました20181118_115615-

◇◆◇西川選手◇◆◇

――オフが明け、トレーニングが再開して3日経ちましたが、手応えは

「きのう、おとといと非常にフィジカル的な練習ができたので、良い体起こしということで、良い刺激が入っているんじゃないかと思います」

――きょうは森脇選手が絶賛されるようなポジティブなムードで終わりました

「そうですね、代表選手も抜けている中で、人数は少なくなっていますけども、非常に皆モチベーション高くできていて、きょうもミーティングがあって『湘南戦に向けての準備をより集中して行こう』、『機関が少し空くとやっぱり気持ちの乱れというのは人間誰しも起こることだけど、そこをより集中して今シーズンの残り4試合を全力で戦おう』という話が監督からありました」

――経験豊富な西川選手の後ろからの声も雰囲気を締める意味でも頼りにされているはず

「はい。そうですね、やるときはやるでしっかり集中してやって行きたいですし、プレーでしっかりとそういった姿勢を見せて行ければと思います」

――メリハリの意味で、5連休はどのように

「僕は札幌から帰った11日の夜に家族でタイのプーケットに飛んで、たくさん、象さんにのってきましたね」

――気候的にもちょうど良い時期で

「まあ本当に過ごしやすい気候で、大人も子供も非常に貴重な体験をさせてもらったので、本当に家族にとっても良いリフレッシュになったと思いました。海に入ったり、民族のショーを観たり、象さんのショーを観たり、日本じゃできない経験をして帰って来られました。こういう時間を利用しながら、オンオフの切り替えをしっかりやって行きたいと思います」

――動物と触れ合えるなど、お子さんにも良い教育、羨ましい

「そうなんですよね、もう僕自身も象さんが凄く好きになりましたし、あんなに頭良いんだなって・・頭良いし、力は強いし、本当に優しいし、見習うところが沢山ありました」

――象さんはサッカーも上手でしょうし

「PK対決したんですよ!僕、選ばれて、『ちょっと君おいで』と言われて、目の前に象さん、ボール、ゴールを守る僕みたいな。最っ高に貴重な経験で、象さんは蹴るのがうまくて、全部僕の正面なんですよ。2回蹴ったんですけど、コントロールされていて。あれは貴重な経験でしたね」

――どちらかというと、シュートストップよりもフィードの参考に

「フィードの参考に!象さんとPK対決はなかなか、調度良い写真もあるので、これからファン・サポーターの皆さんには見せたいなと思います」

――きのうもポジティブなニュースに刺激を受けたはずで

「もちろんですね。最っ高に嬉しかったです。地元の大分トリニータがJ1昇格をされて、本当に感動を与えてもらえましたし、J2は今年本当に大混戦の中、最後はやっぱり2位まで入りきったというのは、本当に自分たちにとっても面白い状況にしたいなと。自分達も次勝って、最終節までわからないACL争いっていう所を繰り広げて行けたらなと。来年大分と対戦できるっていうのは、僕個人としては今からでも楽しみです」

――広島時代も片野坂監督とは

「そうですね、大分のサッカーを見てもわかると思うんですけど、本当に素晴らしい攻撃的なサッカーで、ゴールキーパーもポゼッションに入りながら攻撃参加をするっていうところで、非常に見ていて楽しいですし、そういうサッカーというのは自分自身も凄く好きなので、逆に今度相手にした時とかっていうのは良いイメージを持って行かなければ難しい試合になるのではないかと。それぐらい素晴らしいサッカーをしていると思います」

――では、今週からまた、象さんからインスパイアされた面も含めて“超人的”なものを楽しみに

「そうですね、活かしていきたいです。シュートストップも攻撃参加も楽しみながら(スマイル)」

西川選手のインタビュー全容はあすの〈You’re The REDS〉でお届けします

では

11月17日 「反省の方が自分の中では大きいですけど」

どうもです

連休明け2日目のきょう、全体練習は午前10時から午前11時45分頃まで行われました20181117_120817-

◇◆◇柴戸選手◇◆◇

――きょうのトレーニングを振り返って

「オフ期間を得て、しっかり充電できたと思うので、それを次の湘南戦に向けてしっかり準備したいと思いますし、こういうひとつひとつのトレーニングを大切にしながら自分の成長にしていきたいなと思います」

――オフはどのように

「実家に帰ったり、旅行には行きませんでしたが、ゆっくりしながら近場でちょっと出かけたりっていうのがありました」

――さらに有名になっているので、“親戚が増えていた”なんてことは

「アハハ(笑)ないですないです!」

――ご家族も喜んでいたのでは

「そうですね、はい。小さい時からサッカーをさせてもらって、自由に育ててもらったので、そういうところで、サッカーで活躍して恩返しっていう部分をもっともっとやって行きたいなって改めて思いました」

――きょうのように、練習後も追加メニューを長い時間に渡って取り組んでいましたが、そのような時は事前にあることが知らされているのですか?

「いや、当日その場で『残る人は』と言われます」

――全体練習で出し切った後だと

「はい、100%でやったあとに動くことで、その分の上積みができると思うので、残りのトレーニングを考えて練習内で手を抜くということはないですし、絶対にやってはいけないと思うので、練習内で100%やった上で、残りのトレーニングがあれば、そこでも体がきつかったり苦しい中でどれだけ出来るかっていうのも、試合に出れば沢山あることなので、そういう部分はしっかりやらなければいけないなと思っています」

――達成感も味わえるので

「そうですね、やればやるだけ帰ってきますし、帰ってきたとき、自信になってより成長できると思うので、適当にやるのが悪いとは言いませんが、それでは上には行けないと思いますし、自分の成長にはつながらないので、意識して取り組むことっていうのは凄い大事かなと思います」

――札幌戦では本当に“効いていた”というか、難しい状況をしっかり整備してくれていたように見受けられましたが、ご自身の手応えは?

「自分の中ではファウルが多いなっていうのが一番印象的で、ゴール前でファウルしてしまったり、ああいう場面で相手にチャンスを与えるプレーをしてしまった反省の方が自分の中では大きいですけど、『少しでもチームの勝利に貢献できた』と言ってくれる方も多くいらっしゃったので、そのように、自分で出来た部分と出来なかった部分をもう一回振り返りながら成長につなげて、もっともっとチームに貢献できるようにやって行きたいなと思っています」

――次は柏木選手が出場停止で、ご自身にどのような役割が与えられるか、楽しみな部分もあるのでは?

「そうですね、どこで出てもやれる自信もありますし、やるべきことも自分の中である程度整理されているので、どこで来るかなって楽しみはありますし、試合に出るために良い準備をしますし、試合に出たときに活躍できる準備を常にし続けたいと思います」

――誕生日にゲームが

「そうですね(ニコリ)」

――そういう意味でのモチベーションも

「“持ってる選手”と言われるように頑張れればいいかなとは思いますけど、まずはチームの勝利が最優先なので、そこを意識しながらやって行きたいと思います」

――「おめでとう」は試合後のお楽しみで

「そうですね!ありがとうございます(ニコリ)」

柴戸選手のインタビュー全容は、来週の〈You’re The REDS〉にてお届けします

では

 

11月16日 「サッカーは素晴らしいな」

どうもです

5連休明けのきょう、練習は午前10時始まりました

室内調整を経て、ピッチに出てからは基礎練習やポゼッションゲームを実施

練習は午前11時15分頃に終了しました 20181116_112616-

◇◆◇李選手◇◆◇

――晴天のもとトレーニングが再開

「もう残り試合少ないんでね、一つでも上に順位に行くこととね、天皇杯に向けてね、みんな準備していくところです」

――5連休で英気は養えましたか?

「しっかり休みました、はい」

――以前、松茸をとりに行く予定があると

「松茸じゃなくて今回はちょっと、海外の方(シンガポール)でサッカー教室を開催して、海外に住んでいる子供たちと一緒にボールを蹴りながら、笑っていました。和輝と一緒に行ってきました」

――交流で印象に残っていること

「やっぱ子供の笑顔を見るとね、こっちもパワーをもらうし、サッカーを通じてね、色んなコミュニケーションが取れるのでね、サッカーは素晴らしいな、といつも思います」

――北海道でも

「現役選手が積極的にそうやって子供たちと交流することで、またサッカーの人気ってのも上がってくると思うので、自分が現役のうちは、出来る限りのね、1人でも多くの子供たちと会って、サッカーしたいですね」

――SNSに松茸の写真が上がっていたそうで

「あれはね、自分でとりにいったのではないんですけど、みんなでご飯を食べに行きました。いやいやいや、自分ではとれないでしょ、あんなに。“ベテラン会”であれだったんですけど、色んな話もできたし、上の選手がね、自分たちの背中を見てついてこいっていうベテラン像をね、こう見せていけば、若手もね、伸びてくると思うんで、頑張って行かなきゃなと思いますね」

――永田充選手とは

「変わらなかったですよ。充君は、相変わらずマイペースに淡々とやっていました」

――オフの時に会うチームメイトの私服はどうですか?

「陽介とかは凄くおしゃれさんでね、他の人があまり着ない物を着こなすっていうのが彼の特徴だと思うんで、いつみても面白いなと思います。森脇はよくわからないですねっ!フラフラしてます。たまにイタリアファッションになったり、なんかいつもおちゃらけてますね。和輝は和輝なりの自分のファッションがあるので、しっかりとしていて、いつ見ても和輝の服装だなって思います」

――ここからへ向けて

「しっかり準備をして、湘南戦に向けて、そして最終戦のFC東京戦、天皇杯に向けて頑張っていくので、ぜひね、スタジアムに足を運んで、共に戦っていきましょう!」

――4試合あるので、6点は李選手が

「1点は決めたいですね!最低でも(ニコリ)」20181116_115452李選手のインタビューはこのあと19時(再放送は23時)からの〈You’re The REDS Friday〉でもお聴きいただけます

では

 

11月8日 「勝ちたいっていう気持ちが第一」

どうもです

札幌戦を2日後に控えた練習は、午前10時45分頃に始まりました

ウォームアップ後はセットプレーの確認、締めにはフルコートでの11対11を実施

全体練習は午前11時40分頃に終わりました

20181108_113336-

◇◆◇橋岡選手◇◆◇

――もう切り替わっている様で

「はい、そうですね。もちろんポジションは違えどやっぱりレッズの方が、レッズの方がというかどっちも大事ですけど、帰ってきたらそっちに全力を尽くすだけなんで今帰ってきて、もうやることは札幌戦に向けて良い準備だけだと思っているので。そこはもう誰しもが分かってることだと思ってるんで自分もそこはしっかりやれてるかなと思ってます」

――札幌戦への良い準備っていう中でもアジアを経験したことも必ず生きてくると

「サウジアラビアとやって本当に個々のレベルも高かったし、やっぱり組織としても個々のレベルも高いし組織としてもやっぱ勝られてた部分があったので、そこは正直本当に悔しいとこでも痛感したとこでもありましたけど、そこをやっぱり経験したからやっぱ自分の個々のレベルも上げないといけないっていうことでやっぱりもっとレベルアップしたいなと思ってます」

――レベルアップという中でどういうプレーを

「いや、でも自分は全然通用しないことは無かったですしもちろん自分の特徴である守備のとこだったりっていうのは全然本当に通用しなくはないですし、むしろ通用してたと思いますし、ま、それ以外にもやっぱり組織としても上げないといけないと思いますし、まぁ具体的に言えば…ちょっと大ざっぱかもしれないですけど、ちょっと気持ちの部分でやっぱあっちの方が絶対勝ってやるっていう気持ちも多かったですし…まぁ、個々としてはやっぱり球際の部分で他の全員が、相手全員がそこで強い気持ちで来ていましたし、そういう所の差が出てしまったので、そこはやっぱりチームでもしっかりやっていかないといけないなと思ってます」

――気持ちの面だとやっぱり、出場件獲得っていうのは一つプレッシャーではないですけどノルマとしてあって、それは達成出来たっていうところはどうですか

「まぁ、やっぱり最低限の目標っていうのを達成出来たことは本当に素晴らしいことですし胸張ってしっかり言って良いと思いますし、でもやっぱりそこで来年に繋げられるっていうことが本当にチームとしても個人としても嬉しいですし。なのでサウジアラビアで痛感したことをしっかりみんなが噛みしめて、もっとチームに戻ってもしっかり成長してまた何回か遠征はあると思いますけど、そこでもまたチームとしても成長して来年しっかりもっと自分たちレベルアップした自分たちを見せれるように頑張りたいなとは思ってます」20181108_112949-

――昨日のU-21日本代表が発表されて

「そうですね、まぁもう自分は目の前のことをしっかりやることだけだと思ってるのでとりあえずU21で頑張って良い結果を持って来れたらなと思ってます」

――明後日の札幌戦ですけど、ミハイロ ペトロヴィッチ監督の指導を受けた経験もあり、今の札幌チームも好調でどういった印象をお持ちですか

「まぁ、本当にあの攻撃力が高い、ゴール数も多いですし攻撃力の高いチームだとは思います。けど、自分たちも本当にハードな試合にはなるとは思いますけど本当にハードワークしてしっかり戦って勝利に向かっていけば自然と良い結果を持ってこれるんじゃないかなと思ってます。とりあえずもう勝ちたいっていう気持ちが第一ですかね」

――では、そこを強く示してもらって。仙台戦ではゴールも決めましたし、良いもの楽しみにしてます

「はい!ありがとうございます(ニコリ)」

橋岡選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

 

 

11月7日 「『まだまだ若いぞ』って言われたので」

どうもです

札幌戦3日前のきょう、練習は午前10時に始まりました

ウォームアップ後はパスゲームやハーフコートよりやや広めのエリアでの11対11などを実施20181107_113524-全体練習は、午前11時15分頃に終了し、選手によっては追加メニューでもう一汗かいていました  20181107_112347-

◇◆◇武藤選手◇◆◇

――おめでとうございます

「ありがとうございます」

――自分じゃ持ちきれないくらいのプレゼント

「そうですね。有り難いですね。もう朝は、《30になってしまったか》と若干残念な気持ちでしたけど皆さんが祝ってくれるので、《誕生日は良いものだな》とちょっと思い直しました」

――目が覚めて、時計見て、なったかぁ…って

「そうですね、やっぱもう少し20代でいたかったなってちょっと思いはあるんですけど。30だとグッとこう、大人になるというか。サッカー界でいうと、ベテランというか。あの、ここまでJリーガーでいれることも嬉しいですけど、もう若くはないなと。はい、思いましたね」

――柏木選手が先日、“永遠の若手”と武藤選手を評してました

「そうっすね。30になってもキャラクター的には若手感が出てしまっているので、ただこれを期にちょっと後輩からももっとリスペクトされるような威厳のある先輩になれたら良いと思っています」

――されてるじゃないですか

「いや、ちょっと違いますね。あれはなめてるんで、みんな僕のこと。ちょっともう少し興梠さんや阿部さんのようなね、貫禄のある人になりたいと思っています」

――武藤選手がプロになる頃の30歳へのイメージとですと、今は色んな面での進化とかで変わってきてるのでは

「そうですね、まぁ長くやってる選手っていうのが多いんで、まぁあれですけど。まぁ、僕の上も沢山いるんでね。30だからどうということでもないですけど。ただ歳を取りながらもっといい男になれたらいいなと思ってます」

――浦和レッズの9番として30歳を迎えられるっていうことについて

「そうですね、まぁあの僕は大卒なんで8年目になりますけど、ここまでサッカー選手としてちゃんとというか、プレー出来てるっていうのも嬉しいですし、それが浦和の9番という責任ある番号を背負えてプレー出来てるってことはすごく嬉しいことなのでこれからも、もっともっと期待に応えられるようにプレーしていきたいと思ってますし、少しでも長くつけていられるようにもっともっと頑張りたいと思ってます」20181107_113524-

――先ほど監督に熱いハグをされていましたけど

「そうですね、『まだまだ若いぞ』って言われたので。まぁ確かに監督からしたらね、まだまだ若造だと思うので。これからも監督の期待にも応えられるように、もっともっと走り回れたら良いと思います」

――今、攻守において一人二役くらいの大事なタスクを担っていて、本当にオリヴェイラ監督にとってもいなくちゃ困る存在だと

「まぁ本当に試合に使ってもらってるっていう部分で信頼されていると自分自身も責任をもってプレーしてますし、もっともっと結果を出してそこの信頼に応えて行きたいと思っているんで求められる仕事をしっかりこなしながらまぁさらに結果を出せるように頑張りたいと思ってます」

――責任を持つというところで、守る存在も増えていてて…順調に育ってって、もう立つように

「そうですね、まぁ子供も1歳半になってすくすく育ってると思うのでもう少し大きくなってしっかりサッカーやってるんだってわかるまで、やはり頑張りたいなとは思うので、まだまだ家族の為にも頑張りたいと思います」

――先日の「DHLでレッツ配達♪『浦和レッズ配達バイト』」で受け取っていた、お寿司の玩具は

「あーもう、めちゃくちゃ使ってますね。食べる真似もしてますし。一緒に遊べてるので嬉しいですね」

――次はもう1人の恩師ともいえる、ミハイロ ペトロヴィッチ監督率いる札幌との対戦ですけど。

「そうですね、まぁやはりミシャにはとてもお世話になりましたし、まぁ僕の大きく人生が変わったきっかけの1人の監督なので、そういう人の前で良いプレーを見せたいと思いますし、札幌もすごく調子が良いというか、僕たちよりも上の順位にいますし良いチームなのでアウェイですけどしっかり勝ち点3取れるように、やはり前節負けてしまっているのでまたリーグは残り3試合ですけどそこに向かって、天皇杯いれて5試合になると思いますけど、また勢いをつけていくためにも重要な1戦だと思うので頑張りたいと思います」

――改めてサポーターへ、三十路の誓いといいましょうか、お願いします

「そうですね、みんなに本当沢山のお祝いの言葉をかけてもらってとても嬉しいですし、またそういう人達の期待に応えるためにも頑張らないといけないと思っているので、これからも浦和のために頑張りたいと思ってますし、今シーズンは残り少ないですけど、また最後まで一緒に戦って欲しいと思ってるのでそういう期待に応えられるようなプレーを見せたいと思っています」

武藤選手のインタビューは、このあと23時から〈You’re The REDS〉でもお聴きいただけます

では

11月6日 「大原がめちゃめちゃ落ち着きます」

どうもです

オフ明けのきょう、練習は午前10時に始まりました

室内トレーニングを終えた選手たちは、午前10時30分頃、ピッチに姿を現します

その後は主にサイドでのトライアングルでの連携を経た、センタリングシュートを反復 20181106_112000- いつもと少し違うのは、ペナルティエリア内にディフェンダーが2人いたこと

そこに対し、3人の選手が飛び込み、フィニッシュへ至ります

その後はサイドに1人、ペナ内にもう1人守備役が加わることに

「しっかり強度を上げよう!」(オリヴェイラ監督)

槙野選手の気持ちのこもった守備、岩舘選手の良いポジショニングと的確な反応でのセーブなどが、雰囲気を盛り立てました

午前11時45分頃からは、オフェンス組とディフェンス組が分かれ、追加で専用メニューを実施20181106_113236-雨足が強まったお昼の12時を過ぎても、集中した様子でのトレーニングは続きます

締めには”バー当て”も行われ、練習はお昼の12時25分頃に終了しました

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――おかえりなさい

「ただいまっす!」

――こっち帰ってきて早速、フルスロットルで

「いやぁ、まぁ久しぶりに埼玉帰ってきて凄いやっぱ落ち着きますね。はい、大原がめちゃめちゃ落ち着きます」

――何がそんなに

「やっぱ周りのスタッフや先輩がいて、優しいし、グラウンドの雰囲気が好きなんで。なんか、やっぱ落ち着きますね、最高です!」

――サイドで3対1の局面になったときも、すごい頑張っていて、それもこの雰囲気だからこそ

「そうですね。なんかキツイですけど、練習楽しいですね。こっちの練習は」20181106_113446-

――で、あちらでも色々な経験してきたと思いますけど振り返っていかがですか

「まぁ、思ったより試合に出ることは出来なかったですけど、でもその中でもそれが大事な経験になるようにこれからもっと頑張りたいなと思って。試合出られないとやっぱ出たいって気持ちがあってイライラしたりとかすると思うんですけどそうじゃなくて、チームの為に出たときに活躍出来るように良い準備をしてやるってことを意識してやってます」

――その気持ちのコントロールってどのように

「まぁまずはそういったなんか、悔しいとか試合に出たいとかそういう気持ちは持って当然だと思うんで。まぁ持って当然って思いながら、でも長いスパンで自分が上に行くために考えたときにそういう今伏せってる場合じゃないなみたいな、思ってやってます」

――そういう気持ちを味わうことでねまた良い方向に、糧として

「そうですね。まぁ、今までそうだったんで。今までとなんら変わらないかなって思います」

――実際ピッチに立ったときに得られた手応え、ここをもっとって感じられたこと

「まぁやっぱり、僕の特徴である攻撃って部分で初めて試合に出たときはそれはアシスト出来たんで。それは良かったと思うんですけど。まぁ、守備の面でポジショニングだったりとか、前とのコミュニケーション取るとかそういった課題が多く出たので、守備の所を早く改善したいですね」

――にしても、最低限のノルマではないですけど世界への切符は勝つことで手にしました。それは大きい

「そうですね。それが第一の目標だったんで、優勝は出来なかったですけど次につなげることは出来たんで良かったかなと思います」

――世界大会ってところでどんな楽しみがありますか?

「ん~・・世界に自分を知ってもらえるっていう。そういったチャンスだと思ってるんで。世界大会は初めてなんで。どんぐらい自分が通用するかっていうか、通用するか試すんじゃなくて通用した自分を見据えて今から頑張りたいなと思ってます」

――その世代でナンバーワンのレフティーであるように

「そうですね。ま、左利きのキックは自信あるんで。さらに磨きかけていきたいなって思います」

――レッズではオリヴェイラ監督も「荻原選手いれば」って先日もコメントしていました。終盤戦が待っていますけれども、抱負をお願いします

「ま、リーグあと少ないですけどまず自分は自分が試合出たときにチームにプラスになるような立ち振る舞いとプレーをしていきたいなって思います」

――いいですね、その“立ち振る舞い”っていうのが新人ながらそういうことまで意識出来てる

「はい、そうっすね(ニヤリ)頑張ります」

――おめでとうございます

「ありがとうございます」20181106_122607-

荻原選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

11月1日 「それに負けない勢いがある」&「浦和レッズにとっても自分にとっても特別な対戦相手」

どうもです

ガンバ戦2日前の練習はミーティングを経て午前10時頃に始まりました20181101_111516-うっすらと白い月が見える秋空のもと、セットプレーからの連携確認を中心としたメニューに取り組み、締めには約5分ほどフルコートでの11対11を実施し、プレッシングなどのイメージを共有

練習は午前11時40分頃に終了しました

プレス対ポゼッション、軍配はどちらに20181101_111647- ◇◆◇柏木選手◇◆◇

――天皇杯から感覚が空きましたけど、今のチーム状態はいかがですか

「まぁ、ハードな練習してきたんでまた今までやってきたことを積み重ねてきたという感じですかね」

――ご自身、痛めている箇所があるようで

「まぁ、試合までには大丈夫じゃないかなと思うんで、はい」

――ミーティングなどでも「もう一度ラストスパートへ」という気持ちを確かめ合ったそうですけど、その辺りの心境、キャプテンとしてはいかがですか

「まぁ今こういう状態で、追いかける状態というか、そういう立場でこのレッズで過ごしたことって無かったのでまた新鮮な気持ちですしそういう所で自分たちが上がっていけるかで来年の自分たちのリーグとかACL取れたらACLとかそういうとこにも凄く関わってくる凄く大事な4試合+天皇杯だと思ってるので自分たちの強さっていうのをまた、そういうのを引き出せる為の4試合だと思って臨みたいなと思ってます」

――そういう自分たちの可能性ってどういったところに感じますか。

「まぁ、今、本当、みんなでしっかり守って攻撃も距離感良くっていうか最終的には3人目っていうところで出たり、カウンターっていうところそこが今継続して出来てるので、それが一番かなと思います」

――ガンバ戦のポイントについてはいかがですか。

「ずっと連勝しているチームで勢いはあるチームだと思うので自分たちもそれに負けない勢いがあると思ってるので面白い良い試合が出来たらといいなと思います」

――練習中、相手ボランチへの守備についてオリヴェイラ監督が言っているように聞こえましたけど、そのあたり中盤の攻防などいかがですか

「そうっすね、でも正直その今までやってきたことやるっていうのが一番なんで中盤の攻防も、もちろんそうですけど全部の攻防で勝てるようにやっていけたらなと思います」

――改めてホームというところで意気込み、サポーターへお願いします

「もう残りホーム2試合ってことなんで、やっぱこのガンバ戦勝つことによって自分たちはまた上にいけるという証明が出来ると思うので是非埼玉スタジアムに足を運んで一緒に応援していただけると僕らの力になるので一緒に戦いましょう」20181101_115413-

◇◆◇宇賀神選手◇◆◇

――残り4試合というところで、感覚空いた上で次の試合迎えられますけど、準備など手応えどうですか

「連戦があった中で間が1週間以上空いてしまうっていうのは非常に難しい状況だと思いますけど、しっかりと厳しい練習もしてきましたしその中で冷静な中で出た課題っていうのも練習の中で取り上げて出来てたので、まぁ凄く試合するのが楽しみです」

――その課題の改善という部分でどんなところが特にありますか

「まぁ、攻守の切り替えの部分もそうですし自分たちがブロックを作ったときに誰がファーストディフェンダーとして行くのかだったりとかそういう所をハッキリするという練習は出来たと思いますし、ガンバ大阪っていうのは特にセットプレーだったりスローインからの切り替えが早かったりするのでそういうところは練習の中でも監督からもかなり厳しく言われてました」

――あとは「ラインの押し上げ」というのが一番良く聞こえてきたようにも

「そうですね、そこの細かいラインの上げ下げというところが凄くキーポイントになると思いますし残り4試合シーズンの疲労も溜まってきて集中力っていうところが特に大切だと思うのでそこのラインの上げ下げの所で声かけることでチームを引き締めることが出来るんじゃないかなという風に思ってます」

――雰囲気からも、そのように課題の一つ一つをクリアしていこうっていうことへの一体感が凄い感じられます

「まぁ、今日のセットプレーの練習でもそうでしたけど、非常に1回1回メリハリのあった練習が出来てたと思いますし残り4試合にかける思いは強いのかなという風に思います」

――先ほどガンバのお話しで切り替えの早さなど仰ってましたけど、そういった6連勝中の強みっていかがですか

「まぁ本当に、皆さん言ってると思うんですけど今野選手が入ってチームとしてグッと一つになった感じがあると思いますしそこからスイッチが入ることによって全員が活き活きとしたプレーしてると思うので、まぁそういう調子の良い選手、中心になる選手を抑えることも凄く大切だと思いますし今6連勝してるっていうガンバ大阪の自信をね、自分たちが受けて取らないように自分たちのホームで最初から全力でいくだけだなと思います」

――相手ボランチへのプレスについて指導が入っているのが聞こえてきましたけど、後ろから宇賀神選手が“行くときと行かないとき”の声かけも大切に

「まぁ自分がね、前の選手と後ろの選手に声かけながらチームとして守るっていうことも凄く重要になってくるんじゃないかなという風に思います」

――あとは相手のディフェンスの枚数によっては宇賀神選手が逆サイドから岩波選手のフィードを

「まぁ『常に見てくれ』っていう話はしてるのでどの試合でもそこからチャンスが生まれれば良いかなというふうに準備してます」

――タッチライン際に宮本監督がいるのは

「ちょっとイケメン過ぎるんでね、見とれちゃうかもしれないですけど。はい、頑張ります」

――相手の勢いもそうですが、やはりレッズとしてはね埼スタで試合出来るってメリットを活かす場だと

「自分たちACL出場権獲得するためには残り4連勝しかないと思うので6連勝中の調子の良いガンバしっかりとホームで倒して残り3試合良い形で迎えるような結果を残したいなという風に思います」

――鳥栖戦のウガゾーンの再来というか

「まぁ、あの試合はね少しラッキーな形でのゴールでしたけど。やはり点を取れてるということは自分としては非常に良いことだと思うのでどんどんチャレンジしていきたいなという風に思います」

――2年前もガンバ相手に

「そうですね、まぁやはりガンバ大阪っていうのは浦和レッズにとっても自分にとっても特別な対戦相手なのでそういう相手に対してゴールを決めてチームを勝利に導くことが出来れば良いかなと思います」

柏木選手と宇賀神選手のインタビューはこのあと23時からの〈You’r The REDS〉でもお聴きいただけます

では

 

 

10月31日 「彼とまた同じピッチで対戦出来ることは僕としても非常に楽しみ」&「ういう舞台で会えるのは凄い嬉しい」

どうもです

ガンバ戦3日前のきょう、練習は午前10時に始まりました

ウォームアップやボール回しを行った後、選手たちは2手に分かれます

一方は攻撃、もう一方は守備の連携確認が行われ、

「強度バカ高い!」(森脇選手)

練習は午前11時30分頃に終わりました

オリヴェイラ監督は拍手と共に、「Good!」20181031_112729-20181031_110637-   ◇◆◇西川選手◇◆◇

――秋晴れにピッタリな笑顔で・・・

「本当にあの暑くもなく、そんなに寒くもなく本当に気持ち良い天気の中で毎日練習が出来てますし、ガンバ戦に向けて1日1日大事に準備をしています」

――その準備の中で、昨日もミーティングなどあったと思いますが、どんなことを心掛けながらトレーニングを積んだりコミュニケーション取ったりしていますか

「今はやっぱり、自分たちの良いところっていうのは継続しながらやっていきたいですし、リーグ戦でもしっかり無失点で抑えられるようにラインの押し上げの所っていうのは、今日も練習したんですけどその意識っていうのはみんなの中でしっかり植え付ける部分じゃないかなと思います」

――”押し上げ”については、きのうの3ゴールゲームでもそうでしたし、バイタルを使わせないところだったり距離感だったり、どんなメリット感じますか?押し上げっていうのは

「押し上げをしっかりすることで、ミッドフィルダーとディフェンスの間のスペースっていうのをしっかり埋めながら、セカンドボールの回収っていうところが出来ると思いますし。自分たちが良い時っていうのは本当に切り替えの早さ、セカンドボールの回収っていうのが本当素晴らしいと思うのでそこがやっぱり試合に入って一番後ろから見ていて一番良く分かる所でもあるのでみんなでそこを意識しながらまたガンバ戦も試合に入っていきたいなと思います」

――そのガンバについてはどんな印象持ってますか。

「今、6連勝中ということもあって、自信をつけてきてると思いますし、ただ自分たちも負けられない状況を自分たちはACLに必ず行きたい、行くっていう強い気持ちを持って次の試合で見たいですし、ガンバ戦でしっかり勝つことでまた3位の札幌との直接対決も次に待っているので、まずはしっかりとガンバ戦無失点に抑えて勝利のことを考えながらやっていきたいなと思います」

――無失点に抑えるための相手の攻撃のポイントなどどう感じますか

「まぁ、サイド攻撃っていうところで非常にクオリティの高さっていうのは見られますし、中には非常に強さ、シュートの上手さを持っている選手がやっぱりいるので相手のストロングの所を自分たちがしっかり押さえ込んで自分たちの逆にストロングを出せるように準備していきたいなと思います」

――前回のガンバ戦の時、試合後に東口選手とユニフォーム交換をしていて、友情というか非常に感じられましたが、その対決というのもひとつ楽しみな所として

「まぁ、あの東口選手と対戦するときは常に楽しみですし、浦和戦の時の彼のプレーって本当に素晴らしいものがある分自分たちがしっかりと点を取って勝ちたいっていう気持ちはやっぱり強いので、まぁ彼とまた同じピッチで対戦出来ることは僕としても非常に楽しみです」

――サポーターにメッセージをお願いします

「ホームの試合もリーグ戦は残り2節となって少なくなってきているので、沢山の方にスタジアムに足を運んでもらって僕たちを後押ししてもらって、僕たちはしっかり結果で沢山の方に笑顔を届けれたらなと思います」20181031_112659-

◇◆◇岩波選手◇◆◇

――良い汗もかけているようですけども、今状態とか手応えいかがですか?

「そうですね、まぁJリーグは残り4試合なんでACL圏内というとこに近づくためにも次の試合も大事になると思うし。まぁ今凄いチームが良い状態できてるんで、まぁ次も勝てるように準備したいなと思います」

――埼スタでゴールを決められたことで、また気持ち良く進められてる部分もありますか

「そうですね、まぁあの中で点を取れるほど嬉しいことはないんで、毎試合毎試合取れれば良いですけど。まぁそれよりも、勝てばね凄い良い雰囲気になるし自分たちのホームなんで、次もホームで出来るんでしっかり勝ちたいなと思います」

――昨日はミーティングがあったようですが、その辺りなども踏まえてトレーニングで意識していることっていかがですか

「そうですね、相手も凄い調子が良い中で埼スタに乗り込んで来るんで、こっちもそれにビビらずにぶつかっていきたいなという話と、あとは残り4試合でACLというとこと天皇杯ももちろんありますけど、タイトルというところを目指してみんなでもう1回ラストスパートかけていきたいなという風に思います」

――守備の連携面では、ラインの統率とプッシュアップというところを昨日のゲームでもきょうの練習でも、そこにフォーカスしているように

「そうですね、守備もだいぶ良くなってきてますし、全体的に凄い戦えるようになってきてますし、後はそのライン、相手陣地にクリアした後のラインコントロール、そういう所もっともっと出来るかなと思います」

――そのメリット、どう感じますか

「コンパクトにやればね、前戦の選手も走る距離も少なくなりますしその分ね、攻撃に力をかけられるんで、僕たちがもう少し楽をさせてあげたいなと思います」

――隣りの森脇選手との連携面とかってどうですか

「そうっすね、やっぱり経験もあるし技術も高い選手なんで。本当、困った局面も打開してくれるというかパスで打開出来る選手なんで頼もしい部分もあるし、90分走れない体力が少し心配ですけど(ニコリ)まぁ、走れるだけ走ってほしいなと思います」

――そこは上手くカバーして・・

「そうですね、出来るだけあんまり疲れさせないようには意識してます」

――ガンバの印象はいかがですか。

「前線に凄い2トップいますし、まぁサイドにもね、良いドリブラーがいて上手くバランスが取れてるなぁと思うし、個だけ見ればJリーグでもトップクラスの選手達が集まってるチームなんで、まぁあれだけ結果が出なかったのは不思議なくらいで。今は連勝してますけど、それだけ力のある選手達が集まってるチームなんで。良い状態でこの埼スタに来てくれるというのが逆に盛り上がるし、良い戦い、浦和とガンバの対戦というのは、よくテレビで熱い試合を観てたカードなので、僕もその一員として熱い試合が出来れば良いなと思います。楽しみながらやりたいなと思います」

――宮本監督とは神戸時代に?

「そうですね、まぁ僕がトップに上がったときから練習試合とかゲームで組むことが凄い多くて。まぁ、凄い話を沢山してもらったなという印象はありますし、見て学ぶことも凄い多かったし。今は監督としてですけど、こういう舞台で会えるのは凄い嬉しいし、尊敬できる選手であり人間だったので、そういう人と再会できるのはすごい楽しみです」

――特にそこで学んだこととか教わったとかっていうところで印象に残ってることってありますか

「まぁ、一番はポジショニングだったりクロスの時のポジションだったり、同じように足があんまり速くない選手としては、凄い学べることも多くて、身長も高くはないのに良いディフェンダーとして日本代表に居続けた理由っていうのを間近で見させてもらったし。そういう意味では凄い良い勉強になりました」

――ホーム戦、意気込みをお願いします

「そうですね、残り4試合なんで全て勝つつもりではいますけど。特にホームっていうのは自分たちにとって大事な試合になるんで、レッズのファン・サポーターのためにも勝ちたいと思うし、ACLっていうのを目指す中で勝ち点3っていうのが非常に大事になってくると思うんで勝ち点3取れるように頑張りたいなと思います」20181031_111523-

西川選手と岩波選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

10月30日 「自分の中ではドリブル決めた2点目よりかは1点目の方」

どうもです

ガンバ戦4日前、選手たちはミーティングと室内調整を経て、午前10時40分頃、ピッチに姿をあらわします20181030_110431-

ウォーマップの後はボール回しを行うなどして、午前11時10分過ぎからは3つのゴールを用いたゲーム形式へ

「黄色(1つのゴールに攻めるチーム)は厳しくプレスをかけ続けて、奪ったら素早く攻撃に。白(2つのゴールに攻めるチーム)はボールをつなぐように」(オリヴェイラ監督)

「100%の集中力で!」(ルイスヘッドコーチ)

白チームのビルドアップでプレーはスタートし、覇気のあるゲームが展開されます20181030_111759--「奪ったあと!奪ったあと!」(槙野選手)

「トライOK!」(西川選手)

午前11時25分頃にはコートチェンジ

今度はオリヴェイラ監督が黄色チームの守備側へ高いボールを蹴り上げるところから始まります

黄色チームにはディフェンスラインの押し上げ、コンパクトな陣形のキープが求められていました

練習は午前11時35分頃に終了しています20181030_112441--

◇◆◇武藤選手◇◆◇

――試合間隔が空いてますけど、オフなども経てというので、今の状態は

「そうですね、まぁ一週間半くらいあるような状況で良い準備っていうのは出来てると思うので、ここから更にガンバ戦に向かってフォーカスしながらもっともっと良いコンディションっていうのを作っていきたいと思ってます」

――今トレーニングの中で意識している部分っていかがですか

「そうですね、まぁやってることは変わらないので精度を上げる部分っていうのが大事だと思うのでやはり攻撃的な部分で言えば、サイドを起点にコンビネーションというのを精度であったりより多くチャンスというのを作っていくっていう部分が重要だと思うのでそういうトレーニングをしっかり積めてるかなと思います」

――きょうも高い位置からというので、やっぱり武藤選手が一番最初にプレスかけに行ってっていうところの連動性だったりって、精度も上がっているようですが

「まぁ、きょうの練習に関してはそういう相手が嫌なことするっていう部分で前からしっかりプレッシャーかけていくことでしたりだとか、そういうところにトライしてたので試合で出せるように良い準備っていうのを進めていけたら良いと思います」

――にしても、良い準備の最中でも鹿島戦での2ゴールは反響が大きかったので色んな声が寄せられてたかと

「そうですね、もう本当に沢山の人からやっぱメッセージが来ましたし、ファンサービスでもやっぱり『鹿島戦でのゴール良かった』っていう風にはすごく言ってもらえるので、凄く嬉しいことですけど、まぁこれを継続させてくっていうことが大事だと思うので次のガンバ戦も難しい試合になると思いますけど。まぁ、やはりゴールでチーム助けたいと思いますしこうやって前を向いていけるような積極的な姿勢っていうのをまた次も出していけたらなと思ってます」

――その前の、ドリブルの前の左足のシュートも良かった。それまでの試合で同じような形でのシュートが何度がキーパーの正面行っていたけれでも、型としては持ってたと思うので、それがようやく実って

「そうですね。本当に最近っていうか、あの辺で前を向くってことにトライしてましたし、良いシーンっていうのは自分の中で作れてたので、まぁそういう部分で試合に関してはシュートが入ったってことですごく自信になりましたし、自分の中ではドリブル決めた2点目よりかは1点目の方が、今後さらに重要なポイントになってくるというか自分のプレーの中で重要になってくると思うので、あぁいう所で前を向いてしっかりこうゴールを決めるようなそういうプレーを出していけたらなとは思います」

――今、2年前に同じように左足でガンバ相手に突き刺したの浮かんできました。

「そうですね、あの試合だとちょっと相手に当たったりして少しラッキーな部分はありましたけど、やっぱり打つっていうことが大事だと思いますし、あぁいう所から積極的に狙っていけたらチャンスっていうのは、まぁボールチャンスは増えてくるかなと思います」

――ガンバの印象はいかがですか

「やはり苦しんでましたけど今、本当の力っていうのを発揮してきたなっていう風に感じますし、しぶとく勝つっていうかそういう部分の試合をいつでもあるので本当にまたピリピリした試合になるかなと思うんでワンチャンスっていうそういう所をつかみきれるようにやっていけたらなと思います」

――その“しぶとさ”が監督変わっての強い面として感じられますか

「まぁ、やっぱり芯もしっかりしてきたかなっていう印象もありますし、前の選手ここでゴール取れる選手いるのでそういう部分で手強い相手なんじゃないかなと思います」

――こっちには、心強い味方が沢山いるホーム戦

「そうですね、まぁやはりホームっていうところで自分たちの力いつも以上に出せると思いますし、いつもそういうサポートをしてもらってるのでガンバ戦もしっかり勝って皆さんに勝利っていうのを見せるというか、良いプレーみせれたら良いと思います。

――チームでの対戦ではありますけど、ベンチで宮本監督が見てるって感覚ってどうですか、武藤さんからすると

「それは特別にはないです。まぁ、日韓ですかね、ワールドカップですか。まぁ、でもあの時は中学生でしたけどすごく応援してましたし、偉大な選手というのは理解してますけど・・まぁ、マッチアップするわけではないのでね。特にこれといった意識はないっすけど」

――寿司、楽しみにしてます

「そうですね。またもたらせるように頑張りたいと思います」

武藤選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

 

 

10月29日 「今、良い流れが来てる」

どうもです20181029_113158-ガンバ戦5日前のトレーニングは午前10時に始まり、爽快な青空のもと、攻守の連携確認を中心としたメニューが約90分間に渡って行われました

20181029_120004- ◇◆◇柴戸選手◇◆◇

――きょうのトレーニング振り返って

「そうですね、あの主に自分は攻撃のポジションで最後までやってたんですけどチームとしてもサイドの崩しであったりトライアングル作って攻略していくっていう部分は色んなアイデアも出てきてますし連動して相手を動かしたり崩したりすることが出来てたんで良かったかなという風に思います」

――イメージと呼吸が合うと、気持ち良い

「そうですね。あの自分が思っていることだったり、味方が思ってること、それが複数人であってイメージした通りにプレー出来るっていうのはかなり気持ちいい瞬間であります」

――やっぱレッズの選手ってみんなアイデア豊富で技術も高め合える

「そうですね。あの技術高くてアイデアも本当に多くてやってて楽しいっていうのが思いですしそれにもっと近づいて更には追い越していけるように練習からやっていかなければいけないかなという風には改めて思いました」

――オフ明けのステップワークとシュート反復してとかで、クロスとかも結構強めに蹴ってとかで、太ももにきてないですか?

「多少きてるのはありますけど。やんないと上手くはならないですし、自分の体と相談しながらっていう部分はありますけど試合に出て活躍するっていう+成長して自分を更に高い位置に引っ張っていくっていう意味でもそこは上手くやっていかなければいけないかなと思います」

――いつも前向きな気持ちになれます、柴戸さんの話聞いてると。雰囲気も天気も非常に良くて、さらにその盛り上げに一役買ったというか、きのうは練習終了前に白い衣装を着てバレエを披露

「まぁ、あぁいうことも自分の殻を破ることであったりチームの雰囲気としても必要だと思いますし。あぁいうことは先輩方がやってたんで先輩がやってるのにチームでやらないわけにはいかないんで。ま、思いっきりやった方が気持ち良いというかそういうのもあるんで思いっきりやりました」

――振りとかはどういう風に?

「まぁ、3人になってやれたんでそこは助けられた部分はありましたけど。ま、好評かどうか分からないですけど無事終わったんで背負ってたものが取れたというか・・少し気が楽になりました」

――決まってから2週間以上空いてましたから

「そうですね、結構空いて。あの、いつやるんだいつやるんだって思いながら。ドキドキしてたんですけど。終わることが出来たんで、無事。良かったです」

――市船とか明大とかの時は引っ張る立場で、あんまこういうなんか役回りじゃなかったじゃないですか

「まぁ、でも1年目2年目はやはりこういう役割というかやらなそうって思われてるんで、やったときのウケというかそういうのは高校大学の時は良かったのを覚えてます」

――ガンバ戦が控えてます

「あの、ま、苦しんでる中でも本当に個々の力強さだったり力ある選手がいる中でそういう細かい部分で力強さを発揮してる部分があるんで。本当に僕が小さい頃から強いっていうのは知ってますし、少し油断すればそこを突いてくるチームだと思うんで自分たちはしっかり準備して今、良い流れが来てるんでそれをもっと良い方向に出来るようにしっかり準備していけば問題ないかなという風に思います」

――ベンチに宮本監督がいる

「はい、そうですね。日本代表もそうですし、ワールドカップだったりキャプテンでそういうのを見て憧れでもありましたし小さい頃から見てきた選手が今度は監督になって見られてっていうのはなんか不思議な気持ちになりますね」

――頭脳明晰さで柴戸選手も負けじと、あと力強さとで良いものを次も埼スタで楽しみにしています

「はい、ありがとうございます」

柴戸選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では