カテゴリー別アーカイブ: トレーニング風景

5月23日 「サッカーの本質」&「長くベンチに長く居るつもりはない」

どうもです

日傘の出番です!20190523_110812-

北京国安戦2日後、広島戦3日前のきょう、練習は午前10時に始まりました

北京戦スタメン組は室内調整などで回復に専念

それ以外のメンバーはスモールフィールドでの2対2、3対3、5対5といったミニゲームで精力的に汗を流しました

全体練習は午前11時20分過ぎに終了

その後、選手によっては約30分間、居残りでもう一汗!でした20190523_111957-

◇◆◇西川選手◇◆◇

――2日前は素晴らしい無失点勝利、ありがとうございます

「ありがとうございます!」

――どうですか、得られたものというか?

「僕自身もそうですけどやっぱりあの戦いプレー内容すべて含めた結果っていうところで出たと思いますし、あれをひとつきっかけにして自分たちもリーグ戦で勝っていかなければいけない状況だと思うので、今後につながる素晴らしい試合だったと思います」

――槙野選手も「これからのベースになる」と話していましたけど、本当にそういう意味でもひとつの良い成功体験がもたらされたと

「そうですね。自分たちが戦っていく上でひとつ手応えを感じられた試合にもなったので、必ず広島戦に活かしていきたいなと。ああいう素晴らしい試合をした後だからこそ次の試合っていうのは本当に注目されると思いますし、自分たち次第でどこまで素晴らしい試合にするのか決まるのかと思います」

――素晴らしい試合になったのも西川選手の究極の1対1におけるセーブがあったからこそだと

「ゴールキーパーとして、ひとつ仕事ができたなという感覚と、0対0の状況だったので、ピンチがあった中でもしっかり止めて、その後味方がしっかりとゴールを決めてくれたところで、ゴールキーパーの醍醐味を感じた試合になりました」

――「ひとつのプレーで」とおっしゃっていますけど、まさしくあれは勇気づけたというか

「そうですね、そういうプレーがやっぱり常にしたいですし、これを継続的に続けていってとにかくチームの勝利のために自分はゴールを守っていきたいなと思います」

――リプレーとかで見ました、あのシーンは?

「そうですね、しっかりとプレーも見ましたし1試合通して自分のプレーを見直してやれた部分があるので、毎試合そうですけど反省点を活かしながら次の試合に向かっていけるかなと思います」

――広島戦の展望を

「そうですね、広島も同じような状況だと思います予選をACLを突破してでもリーグ戦では連敗している。やっぱり自分たちも一番上に立つためには負けられない。そこの緊張感を持ちながら試合に入っていきたいですし、90分間通して素晴らしい戦いができればいいなと思っています」

――出だし良い入りを広島は今季リーグ戦でしていたと思いますが、どんなところに優れた点を感じますか?

「サッカーに今一番大事なハードワークするという部分で勝っているときの広島というのは、非常に守備がタイトですし、奪いにいく守備っていうのが前線からできていたと分析しているので、逆に自分たちも良いときっていうのはそれができている。ほんとサッカーの本質っていうのは大事だなと改めて感じています」

――居た頃に比べれば選手が代わっていると思いますが、今意識している選手とかいかがですか?

「相手ゴールキーパーには大迫選手、デビューしてからかなり安定感のあるこれから代表のゴールを任されていく存在だと思っていますし、彼自身も『僕と対戦するっていうのは楽しみ』だっていうのは水本選手から聞いているので、『終わったあとユニフォーム交換をしたい』と言ってくれていますし、そういう選手がJリーグでも出てきたことそう思ってくれる選手がいるっていうのは僕自身、嬉しいです」

――素晴らしい雰囲気を作ってくれたサポーター、リーグでの勝利をプレゼントするっていうか意気込みをお願いします

「次のホームでしっかりと勝ってまたたくさんの声援を受けながら最後にみんなで歌えるように、しっかりとしたプレーをしたいなと思っています。応援よろしくお願いします!(スマイル)」20190523_113614-

◇◆◇岩波選手◇◆◇

――良い汗をかけたのでは?

「そうですね、良い練習ができたと思います」

――かなり、体が絞れているように見えます

「まあそうですね、厳しい練習が多いんでコンディションは上がってきているかなと思います」

――居残り練習の中では、でんぐり返しも

「そうですね、あれは去年から変わっていない感じです。まぁああいう感じで試合に出られないと、ああいう厳しい練習をしないといけないので、早く試合に絡みたいと思います」

――無心になって打ち込める時間も大事じゃないですか?

「そうですね、無になって練習しています」

――湘南戦とかも含めて手応えとしてご自身のプレーで今あるところは?

「上がってきている感じはありますし、今出ている選手とそんな劣っているつもりもないし、まあ結果がついてきていないというのが少し勿体なくて、湘南戦なんか勿体ない気がしますけど、十分やれる自信もあるし自分もこの場所に長くベンチに長く居るつもりはないので、早く試合に安定して絡めるようになりたいと思います」

――北京戦を見て感じたことはどうですか?

「そうですね、和輝くんが入って凄いアグレッシブに変わりましたし、やっぱり和輝くんはね、その前の湘南の凄い調子良かったので、そのまま勢いで凄い良かったと思いますし、まあ先制点も早い時間に取れたので相手もバタバタした分、スペースも大きくなってあんだけスペースあったら武藤くんだったり慎三さんだったりっていうのは好き放題プレーできると思うし、そういう意味では和輝くんが僕の中では凄く良かったと思います」

――長澤選手も岩波選手も開幕当初はスタメンで、あのような形で途中から投入されて活躍してくれると勇気づけられるというか次、岩波選手の番!

「そうですね、まあ和輝くんも当然スタメンで出たい気持ちもあったと思うし、悔しい思いがあった中でああやって準備を怠らず途中から出て流れを変えられるっていうのは、本当にプロだと思いますし、僕は途中から入る選手ではないですけど、まあ準備してチャンスが来たら良いプレーできるように準備したいと思います」

――広島の印象はいかがですか?

「そうですね、リーグ戦は少し苦戦していますけどACLは凄い調子が良いしレッズに少し似た部分があるかなと思いますし、5連敗していて広島ももう負けられない状態で浦和も3連敗している状態なので、簡単ではないと思いますけど勝たないといけない試合だと思います」

――警戒するところや狙いどころはいかがですか?

「今年広島の試合をそんなに見ていないのでまだこれからって感じですけど、パトリック選手が今年あんまり活躍していない分、日本人が全体でハードワークしてこうやっている印象がありますし、何試合かは複数得点できていた試合がありましたけど今なかなかこう点を取っても逆転されたり少し不運なオウンゴールだったりっていうのは、少しウチに似ているなっていう感じはありますけど、まあだから簡単な試合ではないと思います」

――人数かけて攻めてくる分ですね裏のスペースが空くと思うので、そこに岩波選手がクッと美しいボールを通してくれればゴールにつながるかと

「そうですね、レッズもホームで良い試合ができていないし、リーグ戦ではなかなか不甲斐ない戦いが続いているので、そろそろね、勝たないといけないしその辺の危機感は選手全員感じていると思いますし、ACLは決勝トーナメント行ったからそれですべてがOKになるわけでもないし、次のリーグ戦が大事になってくると思うので、みんなで良い準備して戦いたいなと思います」20190523_113903-

西川選手と岩波選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

5月22日 「今後どういう人生になったとしても」

どうもです20190522_160846--夕方、レッズレディースの取材に行ったのですが、風も強かったので、何か一枚羽織るものは欠かせません

が、半袖一枚だったので、反省20190522_152828-埼スタでの”突破”から一夜明けたきょう、練習は午後3時頃に始まり、きのうの試合に長時間出場した選手はリカバリー

それ以外のメンバーは、4対4対4でのゲーム形式を中心としたメニューで強度を高めました20190522_160554-

◇◆◇宇賀神選手◇◆◇

――くたびれた感じですか?

「キツイですね、はいっ!」

――周りが疲れたそれに反比例するように、宇賀神選手が踏ん張るっていうか1対1でも

「いやもう、自分がキツイので、なんだろう周りを鼓舞してでもやらなきゃいけないというか、そうじゃないと自分もどんどんダメになっていっちゃうか心折れちゃうので、周りに言うっていうことは自分がやらなきゃいけないと思うので、そういう意味も含めて声を出したり、厳しくやるっていうのは意識しています」

――さっき荻原選手のシュートきちっと対応して止めたシーンとか流石だなと

「まあそういう駆け引きの部分もすべてきょうのゲームには含まれていると思うので、きょうの練習はまあそういういうところでしっかりと、こういう疲れた中でも付いていくことができれば、自分がいざチャンスが来たときに活かせるようになってくると思うし、ここで辛い時間ただ惰性で練習するのではなくて、辛い時間になっていかに有意義なプレーができるかっていうのが重要だと思うので、踏ん張るところが重要なんじゃないかなと思います」

――こういう時期だからこそっていう部分で今のようなお話だったりプラスで身に付けたいとか糧にしたいていうことはいかがですか?

「出場機会が少ないときっていうのは外から客観的に見て、自分がピッチに立ったときにどういうプレーをしなきゃいけないかというところを考えるときでもあると思いますし、またいつチャンスが来ても良いようにしっかりと準備をするっていうのはそんな簡単なことではないと思うし、凄くすっと試合に出続けていることよりも忍耐が必要なことだと思うので、そこは人としても成長するチャンスだと思いますし、自分がこれからサッカー選手人生がどれだけあるか分からないですけど、終わったときにも必ず役立つ時間だと思うので、マイナスな部分だけじゃなくてポジティブに考えられる部分もたくさんあると思ったり過ごすことが大切かなと思ったりしています」

――ほんと色々な巡り合わせでどう転がってくるかっていうのが

「そうですね、本当にどんなチャンスが来るか分からないし、これからどんどん連戦が続いたり、どんなアクシデントがあってけが人出たりだとかっていうこともあると思いますし、ここでトップレベルで選手達と練習することによって今後どういう人生になったとしても必ず活躍できると思うので、日々100パーセント出して練習していきたいと思います」

20190522_162018-――きのうの埼スタの雰囲気もそういったモチベーションをさらに増させてくれた

「やはり試合結果はチームとして満足できるものだと思いますけどそのピッチに立てていないっていうのは、自分自身悔しいですし、湘南戦でチャンスがきて自分は結果が残せなかったっていうのは非常に悔しいものがありましたまた練習しっかりと出来るんだぞっていうところを見せて自信持って使ってもらえるようにしたいなと思います」

――なんか今出てる選手も良いですけど、埼スタに宇賀神選手の躍動がないと少し物足りない感覚が

「まあそのまま出ないまま終わらないように、まだまだ自分がしっかりとしたプレーを見せれば監督も悩むと思うし悩めるような状況を作りたいなと思っていますけど」

――そうするとサポーターもきのうホームで勝って今度リーグ戦でっていうところで広島戦が非常に大事

「相手も今5連敗中ですし、非常に難しい状況にあるのかなと。うちも3連敗していて3連敗と5連敗同士の試合でどっちがこれを抜け出すかっていう重要な一戦になると思うし、ただ広島っていうのはしっかり守備構築してそこから一発決めるっていうような試合ができていたからこそ良いスタートダッシュが切れたチームだと思うので、先制点っていうのが非常にキーポイントになるどちらのチームにも先制点がキーポイントになるのかと思っています」

――そんな中、5分でも宇賀神さんに与えられたら何か残してくれるときょうとかもそういう期待感を抱かせてもらって

「そうですね。どんな状況だとしても監督やチームに求められたことを、自分がしっかりとピッチでプレーできるようにしたいなと思います」

――次も楽しみにしています

「はいっ!ありがとうございます」

宇賀神選手のインタビューはこのあと23時からの〈You’re The REDS〉でお届けします

では

5月15日 「試合になるとファイターなので」&「大学でもしっかり走り込んできたので」

どうもです

26年前のきょうとその翌日に味わえた高揚感というのは今でも胸に残っていますが、26年後の自分は想像できません

ただきょうについては、5月の眩しい太陽と爽やかな風をたっぷり浴びる、健やかな1日を過ごせました

感謝20190515_111155-湘南戦2日前の練習は、午前10時45分過ぎに始まり、選手達はパスゲームや正規ゴールを3つ用いたゲーム形式などで精力的に汗を流しました

練習はお昼の12時頃に終了しています20190515_111913-20190515_113950-

◇◆◇武藤選手◇◆◇

――中4日で湘南戦ですけどこの準備とかいかがですか?

「試合が続いているので、リカバリーするってところが凄く大事になってくる思いますし、あとはなかなかリーグ戦で結果が出ていない中で、次のホームの湘南っていうのが凄く重要な一戦になってくると思うので、みんなで前回の試合の反省とかそういうところに気をつけるというか、またひとつ考えながら試合にのぞめたらと思います」

――ミーティングも行われ、反省とかその中でその辺りで共有できた部分もあったかと

「次の湘南も前から来るのではないかっていうところがあるので、そこに対してどうビルドアップするのかであったり、どうそこに逃げて来るのかであったり、そういうところの意識っていうのはみんなで合わせながら、やはり相手の陣地でサッカーしていかないと厳しいところもあるので、そういうところをやっていければと思います」

――より高い位置で

「まあもちろん前の選手からしたら、なるだけ前でプレーできたりですとかペナルティエリアの中でプレーすることができれば、ゴールの可能性っていうも高まると思うので、そういうところで僕個人だけでなく、チームのゴールっていうのも増えてくると思うので、それが一番理想ですけど、まあすべてがそうは進まないですし、まずは守備からってところがある中で、しっかりブロックを作ってその中でボール持ったときにどうしていくかってことが大事だと思います。なので速く攻めるのか、それだけではなくてボールを持てる技術ある選手が揃っているので、そういうところでみんなの意識っていうのは合わせていければ良いと思います」

――そういう意味でその嵌め方だったりというところ、きょうは1トップ2シャドーになっていたように見えますが、イメージってどうですか?

「相手が3枚だったらその方が嵌めやすさっていうのはあると思いますし、より前に人がいれば前で嵌めやすさっていうのが出てくると思うので、まぁただその分どこかが薄くなるってところを考えると、前から行くのが1トップ2シャドーでも前の2シャドーが下がれば5-4-1なので、そういうところは意識の問題だと思うので、まあ数字というよりかどこで前にプレッシャーかけてどこでブロックを作るかって、その認識が一番大事だと思うのでそういうところを合わせられれば問題はないと思います」

――興梠選手とより近い距離でそのプレーできる選手増えれば、興梠選手のポストプレーからもう1回武藤選手が受けてっていうプレーが増えるかと

「1トップ2シャドーになれば興梠さんのところにからの人数ってのが増えてきますし、そういうところで前に人数をかけられる時間っていうのも増えてくるかなと思うので、よりチャンスってのも増えてくると思いますし、なかなか作れていないっていう現状もあるのでしっかりチームとしてチャンスを作っていくっていうのは大事だと思います」

――湘南はレッズゆかりの選手もたくさんいて、そういう楽しみも

「岡本だったり梅崎さんだったり、共に戦った仲間もいるので僕自身も凄く楽しみですしやはりそういう選手というか、一緒にやった仲間に負けたくないってところはあるので、あっちも相当な気持ちを持ってくるでしょうけど、しっかり勝利できるように強い気持ちを持って頑張りたいと思います」

――あれ、映画部でしたか?岡本選手

「そうですね、岡本とは映画を観に行ったりもしましたし、一緒にご飯を食べたりですとか仲良かった後輩だと思うので、試合になるとファイターなのでそういうところに気持ちで負けないようにしたいと思います」

――期待しています

「頑張ります!」20190515_122027-

◇◆◇岩武選手◇◆◇

――試合2日前ですけど、お気持ちはいかがですか?

「そうですね、まあ準備はできているので、いつでも出たら活躍できるように頑張りたいです」

――監督ともコミュニケーションを取っていましたが、どんなことを告げられましたか?

「いやまあ、周りとのだったりって感じですね、特に、はい」

――その周りとのっていうところで特に意識したいところっていうのは?

「なかなかやっていないメンバーっていうのもあるので、やっぱり早く試合にその中で改善したり合わせられたら良いなって思います」

――そういう意味で、きょうの練習もまた今までとは違った感覚というか?

「出たら結果を残すだけだと思うので、結果を残せるように頑張りたいです」

――結果を残すために、この5ヶ月積み上げてきたものはいかがですか?

「練習だったりっていうのもやってきた自信もあるので、その練習の成果っていうか練習試合でも結構やってるのでそういったものを見せられたら良いなと思います」

――どういったところで自分の持ち味というか出せそうですか?

「そうですね、まずは守備からだと思うのでしっかり守備から入ってで、攻撃参加のところでその結果っていう部分、アシストだったり得点だったりっていう部分で貢献できらなって思います」

――上がるだけじゃなくゴール前に行ったときにまだパワー残こしていての質の高いフィニッシュワークが好きです

「そうですね、やっぱり最後の最後で力がないと何もできないと思うんでやっぱりそういったところで質の違いを見せられるようにしたいと思います」

――対戦相手が湘南というところでいかがですか印象は?

「そうですね、ユニバーシアードでも一緒にやった坂くんだったり(松田)天馬くんだったりっていうのがいるので、そういった対戦できるのは楽しみではありますね」

――チーム全体としてはどうですか?

「そうですね、まあなかなか勝てていませんけど、チームの雰囲気としては悪くないと思うので勝ちにつなげられるようにしたいと思います」

――相手もこっちもどう出るかわからないですけど、杉岡選手が今は登り調子というか、そのマッチアップも考えられますがいかがですか?

「自分より若い選手だと思うので、しっかり僕が負けないようにしたいと思います」

――特徴とかどう捉えていますか?

「攻撃もできて、フィジカルキャラかなと思うので、そこは頭を使ってしっかり経験だったりっていうので補っていければ良いかなと思います」

――湘南というと走るチームという印象が強いですけど、岩武さんはここの始動日に持久力を計るスポーツテストで確か1番で

「そうですね、まあ走りでは負けたくないので(笑)そういうところでは負けないようにします。大学でもしっかり走り込んできたのでそこは負けたくないです」

――埼玉スタジアムでのプレーっていうのはいかがですか?

「そうですね、いつもやっぱり見てサポーターがやっぱり日本一のサポーターで力に一番なると思うので、そのサポーターの力をしっかり自分がその力でまた自分の力にできるようにしたいと思います。まずはやっぱり浦和の一員としてしっかり結果を残せるように、頑張りたいと思います」

――期待しています

「ありがとうございます」

武藤選手と岩武選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

5月14日 「シンプルに、チームのためにも」&「もう切り替えてのぞんでいく」

どうもです

スッキリしないのは、空模様と・・・

20190514_110510-

名古屋戦2日後、湘南戦3日前のきょう、練習は午前10時頃に始まりました

名古屋戦、きのう桐蔭横浜大学戦の出場時間が長かった選手はリカバリーで調整

全体練習としてはハーフコートより狭めのエリアでのゲーム形式、シュート練習を中心としたメニューが約2時間に渡って行われました

◇◆◇森脇選手◇◆◇

――踏ん張りどころ

「そうですね、まあこの間の前半っていうのはなかなか自分たちの思うような展開ではなかったので非常に残念でしたけど、後半は若干盛り返すことはできたのではないかなと。チームとしてこういう状況のときに、どれだけやれるかっていうのを試していきたいなというふうには思っています」

――コンディションはきちっと維持できてる

「タイからの遠征もちろん言い訳にはできないですけど、ハードな面はありましたけどやっぱりその中でもプロとしてしっかりピッチの上で結果を残すっていうのは重要なことであって、それができるメンバー揃っているというふうに思っているので、それに対して良い結果得られなかったのは非常に残念ですけどコンディションの面では、比較的良いリズムで来られていると感じています」

――どんなケアを

「特に変わったことはないですよね。よく食べてよく寝る、子供が成長していくそういう過程と似ているというか、やっぱり睡眠と食事っていうのはもの凄く重要だと思っているので、こういう連戦のときだからこそしっかりとした睡眠またしっかりとした食事を取ることによって、疲労が限りなく回復できると思っているのでそこは特に意識している部分ですね」

――森脇選手もスクスク育っている

「今のところ育っていますね!はい(笑)どんどん成長しなくちゃいけないと思っているんで、僕自身たくさん寝ることによって体力も回復するんでしっかりこういうときこそ寝たいなと、より成長していきたいなと思っています」

――タイでは良い試合をできましたけれどその後の名古屋でというのでちょっとリーグ戦で今結果が出ていないような状況をどう打開していくか

「やっぱりね、良いときっていうのは何回も同じことをいっているかもしれないですけど、良いときっていうのはみんながハッピーで事が思うように進んでいきますけれど、難しくなったときにチームとしてどうあるべきかっていうのを、もう一回チームとして自分たちの立ち位置に戻らなくちゃいけないもう一回みんなが考えなくちゃいけない部分だと思っているので、名古屋のときもやっぱり前半で相手にボールを持たれて押し込まれる場面があった中で、より我慢しなくちゃいけない場面でなかなか思うように我慢できなかった自分も含めチームにこうポジティブな空気を流すことができなかったそれは、コーチングであったりひとつひとつのワンプレーだったりそういう部分は足りなかったかなとそういうのが出すことによってより状況が改善されたとは思っているので、その辺はまだまだかなというふうには思っています」

――良くないときこそ難しいことをしようとせず、シンプルに、シンプルに

「もうね、あのーおっしゃる通りで、凄いですね、やっぱり色んな人生を経験しているからこそ、そういう言葉が出てくると思いますけど、本当まさにその通りだなと。難しくなっているときにいろんなことをあーだこーだ考えてもやっぱよろしくないので、よりそういうときこそシンプルに、チームのためにも、もう1回戦うっていうのはやらなくちゃいけないのではないかなと外に目を向けるのは簡単なことであって、まずは自分がどうあるべきか、そこはもう一回自分自身問いただしていきたいなというところは感じていますそれは他の選手もやっぱりいえることだと思っているので、そういう部分はしっかり考えていきたいなと思います」

――そういうときこそ森脇選手の確かな技術が裏付けされたものが活かされてくる

「良いッスね!もうだけどまだまだやっぱり自分はもっとレベル高いところでやりたいですし、もっともっと自分自身高い要求をしていきたいなというふうに思っているので、まだまだチームに貢献できていないなという思いはあるのかなと。やっぱりこうやって疲れてきたときこそ、連戦のときこそハードワークしなきゃいけないときこそ、ハイクオリティを出せるようにしていきたいなと思っているので、まだまだそこまでのレベルには到達していないなっていうのは感じていますただコンディションは良ければそういうところも難しくなってくると思っているので、そこはしっかりこだわっていきたいなと思います」

――鈴木選手が後ろできちっと守備と攻撃のサポートをしていてくれるから、よりサイドチェンジなどで今は視野を広く、多彩な選択もできているかなと

「鈴木選手は僕が思っていた以上に、守備はもちろんパーフェクトな凄い選手っていうのは知っていましたけど、攻撃でもあんなにオーバーラップしてくるハードワークしてくる選手だと正直思っていなかったので、試合中やりながら驚いている場面はたくさんありますけど、だけどそうやって鈴木選手がサポートしてくれることによって僕自身も非常にやりやすさを感じているので、まあ日に日にふたりの連携っていうのが高まっているので、これからさらにもっともっと良くなっていくかなというところは感じています。彼に助けられている部分はたくさんあるのかなっていうふうには思っています」

――湘南戦っていうと昨年アウェイでの、あの例のスプリントが今度はっていう梅崎選手との

「発揮しなくちゃいけないんじゃないかなと!あのシーンもその競走するところじゃなくてその前のシーンに僕は問題があったというふうに思っているので、そこの前の部分でどう駆け引きしていくか、そういう部分はしっかり考えてやっていきたいなと思います。イメージはバッチリですね!もう今でもそれを考えると、まずコンディションを整えることに優先的にやっていきたいなと今日もですけど、今日まではコンディションを最優先に整えていきたいなと思います」

――埼スタでの連戦

「やっぱりホームで勝たなければ盛り上がらないですし、サポーターも名古屋の地にもたくさん来てくれてね、応援してくれてサポーターには申し訳なかったなとやっぱりホームで勝ってみんなで歌を歌いたいなと思っているので、全力で戦いたいなと思います」

――前向きになれそうですか?

「いやぁやるしかないのでね!常に笑顔満天で頑張りたいなというふうには思います。頑張るぞっ!」20190514_120855-

◇◆◇汰木選手◇◆◇

――きょうもみっちり。どのようなことを意識して?

「そうですねまあ、だいぶ量減っているので、体は結構キツイ部分もありますけど、基本的にシュート練習が多いので、やっぱりシュートは打った分だけ上手くなると思っているし、どんなシュートでも丁寧に決めることを意識してきょうもやりました。本当、いろんな態勢からシュートを打つ練習をやるので、本当に今までやったことない練習ばっかだし、本当に自分のためになるっていうか、慎三さんとかもそうですけど結構いろんな態勢から決めるじゃないですか、そういうイメージで取り組んでいますけどまあ難しいです」

――プロになってここまでやると思っていました?

「いや思っていなかったです(笑)」

――ならなおさら良い体験ができていると。ジャンプ力があるように

「いやーどうなんだろう、あんまジャンプしないんでヘディングもあまりしないんで」

――さっき、けっこう高めのボールに駄目もとで飛んでいたらかなり浮いていたように見えて

「そうですか。いやーなんかジャンプ力あるかどうか分からないですけど、タイミングとか多分あんま上手くないと思います。ボール落ちてくる場所見極めるのとか結構苦手だし、飛ぶタイミングも苦手だし、でも浦和に来てからヘディングの練習も凄いするようになったので、前よりはだいぶ慣れてきた部分もありますけど」

――グランパス戦の教訓

「そうですね、もう本当に全部上手くいかなかったっていうか、やっぱりチームが相当苦しい状態で入ったので何とか自分のところで起点を作って、チャンス作ってっていうチームの助けになりたかったですけど、それがこう最初のプレーで空回りしちゃってそこから自分のリズムも壊れちゃった感じだったので、悔しいっていうか自分のプレーを出せなかったのも悔しいし、本来のプレーを出せればもっとチャンス作れたと思うし1点は少なくとも返せたというくらいのことはできたと思うので、悔しかったすね。まあ厳しい状況でチームが厳しい状況で入ることの方が多いので、やってやるぞという気持ちとそれがそのままプレーに出ちゃうと自分は上手くいかないタイプなので、リラックスして自然体でやった方が上手くいくので、そこはちょっと空回りしちゃってっていう部分はあって、逆にジュビロ戦はリラックスし過ぎてあんまり違いを見せるプレーができなくて、ちょっと気持ちの部分もそうだしもうちょっとコントロールできないとなと課題だと思いました」

――その中間くらいがちょうど良いとは思うんですけど

「はいそうですね」

――相手も汰木選手っていう存在を今ちょうど意識し始めているところという中で、次活躍できたっていうときはもうワンランクいっているっていう証でしょうから

「そうですね、まあ難しかったですけどまあでもイメージはできているので、周りの選手とも連携も練習からだいぶ合ってきているので、そういうのを試合で出せればと思いますけど」

――湘南ってどうですか?汰木選手から

「凄いひとりひとりが走るっていうか戦うチームっていう印象があって、J2のときも何回もやっていますけど、なかなか簡単に勝てないチームだし勝負強い印象があるので、本当にタフな試合になると思っています」

――勝つためには?

「そうですね、もちろん相手以上に走らないといけないですしもちろん球際のところとかもそうですけど、まあウチの強みっていうのはそういうところよりもやっぱりひとりひとりの技術だったりとか、個々のレベルの高さだと思うのでそういう部分で違いを見せて上回れば、相手がどれだけ走ってきてもこっちの方がボールを持てると思うし、上回ることができると思うので、そういうウチの強みを出せれば良いと思うし、たくさん走らせれば走らせることができれば良いと思うので、そういう今結構パスだけになっている感じがしますけど、パスもそうだしドリブルで剥がすところもそうだし全部含めて相手を上回れれば良いと思います」

――今おっしゃった通り、ボール持てるので、あんま相手に付き合って走りすぎないように、走らせるくらいの気持ちで良いのかなと

「そうですね、理想はそうですけど、まあ最近本当にチームとしてもあんまり上手くいっていない印象があって、こっちも結構しんどく走らされているプレーが増えているので、それをこの間の名古屋のプレーをウチができればっていうか、もっとウチができると思うので本来のそういう姿を見せられればなと思います」

――意識している選手とかどうですか?

「同い年のディフェンスの坂選手は知り合いとではないですけど、やっぱり大学から入って1年目から出てっていうのは活躍を見ていたりしたので、そういうのは刺激になったりはしますけど」

――ではホーム戦が続きますけれど改めて抱負というかお願いします

「そうですね、リーグ戦でなかなか勝てていないし、内容も結構厳しい試合が続いますが、やっぱりホームで勝つことによって流れって変わると思いますし、みんなそういう意識でもう切り替えてのぞんでいくので、結果を出せるように戦力でやるだけだし、自分もちょっと不甲斐ないっていうか本来のプレーが出せていないので、もっと違いを見せられるようなプレーを出せたら良いと思うので、まずホームで勝って流れを変えたいと思います。自分が攻撃で違いを見せないとっていう意識で力入れ過ぎないでやりたいです」

森脇選手と汰木選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉でもお聴きいただけます

では

5月9日 「凄いサッカー純粋に楽しめた」&「荻原拓也っていう存在価値を」

どうもです

昼はやや暑くて、夜は肌寒くて

となると、この時期はきょうの練習開始時間ぐらいが一番過ごしやすく感じられます 20190509_153905-20190509_153909-ブリーラム戦2日後、名古屋戦3日前の練習は、午後3時頃に始まりました

ブリーラム戦スタメン組はリカバリーで調整

それ以外のメンバーは8対8のゲーム形式を中心としたメニューで実戦感覚を養います

ファブリシオ選手は右足での鋭いシュートをネットに突き刺すゴラッソ!

全体練習は、夕方5時頃に終了しました

20190509_155929-

◇◆◇岩波選手◇◆◇

――タイの遠征はいかがでしたか?

「そうですね、勝ち点3を持って帰ってこられたので凄いポジティブには捉えています」

――あの暑さはどうでしたか?

「久しぶりにああいう暑さでプレーしましたけど、きつかったなという印象があります。けどACLで戦えているっていうか、ACL独特の舞台というかでやれているのは凄い良いことだと思うし、何とか苦しい試合になりましたけどまあ勝ち点3取れたのは良かったし、良い状況をホームに作れたのは良かったとのかなと思います」

――早めに点を奪えた部分だとか、今後へポジティブに持ち込めそうな部分っていかがですか?

「相手の守備のやり方が、まあひとつの理由ですけど良いボール回しが前半からできて、久しぶりにこう良い感覚というかボールつないでいく感覚はチームとしてできたので、点が入ったこともそうですけど、凄いサッカー純粋に楽しめたというのがあります。けれども失点の部分はね、少しミスからやられましたけど、なんとかできたなっていうのも個人的にもあるし、そこは切り替えてやっていくだけかなと思います」

――ペドロ ジュニーオール選手の実力は知ってはいたでしょうけど、あの隙間を決められるのはACLらしさなのかなというか

「そうですね、決めるとしたらペドロかなというふうには思っていたので、そこにやられたのは少し残念というか僕も一緒のチームで戦ってきた仲間だったペドロにやられたのは少し悔しいですけど、あのあとすぐに点を取れたっていうのもまた良かったと思うし、なかなか点がなかった武藤くんとか得点ができたっていうのは武藤くん自身も凄い乗ってくると思うし良かったのかなと思います」

――前半のうちにユニフォームを替えるのは予定通りだったのですか?

「いや、まあ後半試合終わってからっていう話はしていたのですけど、前半が終わってペドロが近くにいたので、そのタイミングの方が良いかなと思って多分ペドロもペドロから言ってきたのでタイミングは僕自身凄く嬉しいし、ペドロとは神戸でも凄く仲良かったので、ああいう舞台で戦えるのは凄いなにかこう感じるものがあったかなと思います」20190509_151718-

――先ほどからチームのこととかよくわかりやすく語ってくださって、改めて岩波選手は良い人だと思います。メンバー表を見たときに岩波選手の名前が目にとまって「頑張れ!」っていう思いで勝ちに結びつけられて良かったです。ご自身はどのような思い出ピッチへ?

「今は凄いもどかしいというか、悔しい気持ちはありますけど自分自身なんとかメンタル的にも耐えている部分もあるし、自分がこう悪いプレーが続いている中で出られていない状況ではないので、そういう意味では少しポジティブに捉えつつ、チャンスを伺っている状況ですけど、出た試合は必ず勝ちにつなげないといけないし、そうやってやり続けることが、またポジションが自分に戻ってくるチャンスなのかなとは思っていますし、それでも自分の中でまだまだ色んなことを考える部分もあるし、それは選手としてはつきものなので、とにかく結果を出せるように準備するだけですし、自分もひとつ歳を重ねてふたつ歳を重ねて、こういう状況が理解できる状況になってきたし、そういう意味では次のチャンスをまた待ちたいなと思います」

――次、名古屋も強力なフォワードがいますけど、負けじと

「そうですね、名古屋は今年凄い良いチームですし、間違いなく優勝争いをするチームだと思いますし、今までは良い選手がいるものの守備でやられたりとかもありましたけど、今は本当に守備も良い選手が入って、ボランチも今年から入ったふたりですけど、凄い良い選手たちですし、強力な外国人がいるのでまあそこは難しい試合になることは間違いないと思いますし名古屋は得点力があるチームなのでどれだけウチの守備陣が耐えられるかが勝負のカギかなと思います」

――勇気をもらえましたけどまだまだできると思っているのでこれからもっと楽しみにしています

「そうですね、まだまだやらないといけないと思います。ありがとうございます」20190509_151722-

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――よろしくお願いします

「よろしくお願いします」

――シャープな感じの髪型からも決意が

「いやーちょっとやり過ぎたっていうのがあるんですけど、まあ自分の中でタイミング今だなと思って験担ぎとしてやりました」

――そのタイミングとか験担ぎ、どんな背景が?

「まずはU-20ワールドカップのメンバーに入れなかったっていうその部分と、やっぱ今チームで久しぶりに試合に出られたり少しづつ積み上げられている中で、流れに乗りたいっていう気持ち込めて形に見えることをしました」

――シャキットしてて

「今後もっと色は変わっていますけど」

――多彩さがキックにも。七色の左足というか

「んー、この前の試合はファーストタッチでしたけど、あれを決められたらまあ持ってるなじゃないけどいやー決めたかったです」20190509_165646--

――ただあのようにして出た試合でインパクトは残したと思いますけど

「久しぶりに試合に出られた中でどうしても爪痕を残したかったですし、荻原拓也っていう存在価値をあのプレーで少しは見せられたかなと思います」

――そこで気合い入りすぎると空回りしてしまうところを、上手くその辺りバランス良くというかできたのではないですか?

「そうですね、1点差で残り僅かで決めにもう1点取るというより、守りきるっていう方がタスクとしてあったと思うので、あそこで変に前に出てボランチのスペースを相手に渡してしまうっていうのは凄いリスクがあるプレーなので、あんまりそういうふうに出て行かず、気持ちを抑えて勝利を持ってこられたかなと思います」

――ずっとなかなかベンチにも入れずっていう中で、いろんな思いを抱えながら努力は重ねていたかと

「そうですね、ベンチに入れなかったりケガしたり今シーズン思うように試合に絡めない部分はあったのですけど、その中で練習でやれることもありますし、練習から常にアピールした結果が、おとといみたいに出たのではないか思うので、これを続けてもっともっと試合に絡めるように頑張りたいなって思います」

――その辺りで自分だかからこそ出せるところってどうですか?

「自分しかできないプレーっていうのは絶対あるのでドリブルで1枚2枚を剥がしてシュートを打ったりゴールに直結するようなプレーだったりができたら一番嬉しいですけど、チームに貢献できるプレーをしたいなと思います」

――そういう意味で名古屋とのアウェイっていうと、スタジアムが違えども思い出深いゲームかなと思って期待も込めて今マイクを向けていて

「凄い懐かしいですけど、まあ名古屋アウェイであのときみたいに躍動できたら、別に点決める点決めない関係なくまずピッチに立ってチームのために走りたいなと思います」

――では改めて今後への抱負をお願いします

「まずはしっかり試合に出てゴールに直結するようなプレーっていうのをどんどん出していけるように頑張りたいと思います」

――ちなみに何色ってオーダーしたのですか?

「シルバーアッシュっていうちょっとシルバーがかった色頼んだのですけど、まあパープルをちょっと入れた方が良いってなってて、ちょっとチームメイトからは・・・って言われていますけど、どんどん色抜けて良い感じにはなると思います」

――髪洗ってたくさん拭いたりすると変わっていくので、だんだん金ぽくなっていくかな

「そうですね、1回ブリーチして髪の色バッて抜いたのですぐ、金髪になると思いますけど、それはそれでイキらせてもらいます」

――輝き続けてもらえれば

「はい、ありがとうございます!」

20190509_165652-

岩波選手と荻原選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

5月4日 「ちょっと強引にでも自分が仕掛けることで」

どうもです

昨晩ぐらいからでしょうか、5月らしい薫風の気配は

きょうの午前はほぼ無風でパキッと晴れ渡り、今はちょっと肌が焼けたようにも感じられます20190504_113916-磐田戦から一夜明けたきょうのトレーニングは午前10時過ぎにはじまり、きのうの試合にスタメン出場した選手達はリカバリー

それ以外のメンバーは5対5対5の変則的ゲーム形式を行うなどして、精力的に汗を流しました

◇◆◇汰木選手◇◆◇

――きのうの試合を振り返って

「そうですね、まあ・・1試合通してずっとうちのペースで、なかなか点が入らなくて、点さえ取れればという試合だった思いますが、なかなか最後まで点が取れず、自分を含めて交代選手が3人入っても点を取りきれなかったというのが悔しいです」

――まさに、ゴールを求められての投入で

「そうですね、やっぱり流れを変えるために入ったわけですけど、正直きのうはあまり流れを変えられなくて、どこかでやっぱり仕掛けるプレーでチームにアクセントを加えようと思って入りましたが、どうしても仕掛ける場所が見つけられなくて・・・・、ちょっと悔しいというか・・もうちょっと強引に行けられたのかなっていうのは思いました」

――今後は強引さがカギに?

「そうですね、やっぱりずっと前から『違いを見せなければいけない』って自分で言ってて、きのうはそれが見せられなくて、自分のところでしかゴール前で違いを見せられる選手がいなかったので、自分がその役割をできたのかって言われたらちょっと微妙だったので、ああいう結果になってしまったのだなと思います」

――失点に至るまでの流れをどう振り返りますか?

「そうですね、自分のところでボールを拾って仕掛けられていれば、ああいうシーンにならなかったのですが、ちょっとトラップがずれてしまったのでキーパーに下げて、そこから相手のプレッシャーを受けたので・・・あそこで下げないでドリブルでもう1回前をむき直してというのがちょっと無理してでもできれば良かったのですが、リスクもあったので安全にキーパーに下げたつもりでした。けど、ちょっとチームとしてそれが後ろ向きのプレーになってしまったのがあったので・・・」

――これからこれから!ただ、あの5万人を越すサポーターの前でプレーできた感覚は

「そうですね、本当に今までの自分が経験してきたJリーグの試合とは比べものにならないくらいの雰囲気の中でできて、気持ちが凄い高ぶったというか、ずっと目標にしてきた、昔から目標にしてきた舞台のああいう大観衆の中でできたのは嬉しかったですし、ああいう雰囲気を毎回作ってくれるサポーターは本当に凄いなと改めて思いましたし、自分のプレーでもっと、恩返しではないですけどみんなが出るのを楽しみにしてくれたり、期待してくれるようなプレーは見せ続けなければいけないと思うので、そういう意味ではきのうは物足りなかったと思うので、そういう姿でみんなに応援してもらいたいなと思いました」

――ああいうところに立つには、チームとしてそういった舞台に勝ち進んで行く必要がありますので、まずは次の試合。帯同する場合はブリーラムも汰木選手のプレーを嫌がっているでしょうから

「そうですね、まあもちろんブリーラム戦でアシストしたシーンもありましたが、ブリーラムだけでなく、自分が前を向いて仕掛けられればどのチームも嫌がると思うし、チームとしての武器になると思うので、それはやっぱりきのうみたいな姿勢でなくて、ちょっと強引にでも自分が仕掛けることでやはり相手は嫌がるので、そういうのは毎試合、出場時間が何分であろうと出せるようにしたいと思います」

――きのうみたいなこともあるのがサッカーでしょうから、次も楽しみにしています

「ありがとうございます!」

汰木選手のインタビューは、あさって月曜日の〈You’re The REDS〉でお届けします

では

 

5月1日 「そういうところをチームとして意識していければ良い」

どうもです20190501_124149--トップチームの練習開始前にはレディースの朝練(非公開のため佐々木選手インタビューのみ)も取材

雨上がりで新鮮な空気、穏やかに晴れ渡る空、それはもう清々しい、令和最初の朝でした

IMG_4428-
2019プレナスなでしこリーグ1部 第6節 vs INAC神戸レオネッサが行われるあすの浦和駒場スタジアムには、『レッズランドpresents どこでもランドwithレッズレディース~Happy Mother’s Day~』ブースが出展されます

ちょっぽり蒸し暑い大原にて、磐田戦2日前の練習は、午前10時20分頃にスタート20190501_102217-11対11での紅白戦を中心としたメニューが約90分間に渡って行われました20190501_111500-

◇◆◇武藤選手◇◆◇

――令和もよろしくお願いします。

「お願いします」

――どんな風に迎えましたか?

「家にいたので、まあはい、普通でした。テレビ観ながら、やっぱこういうときでも渋谷とか盛り上がっているのだなって。時代は変わったのだな、と、のほほんとテレビで観ていました」

――埼スタを熱狂で包むべくですけれど、今のコンディションどうですか、中4日で前節より1日多いと違いますか?

「そうですね、オフも挟みましたし、連戦の中でみんながしっかりコンディションを整えているっていうことは大事なので、僕も全力ってところを尽くしたいと思いますし、まだまだチームとしても走っていかなければいけないと思います」

――青木選手に癒されるのもその一環ですか?

「癒されます?どうですか?」

――ふたりで走ることはなかなか最近

「なかったんでね!まあたまにはふたりの時間を過ごしましたけれど、サッカーの話を。青木はサッカーの話が好きなのでね、もっともっとチームを良くしていくために、またふたりで頑張っていければと思いますけど」

――武藤選手もサッカーが好き

「そうですね!僕もサッカー好きな方だと思いますけど、青木はね、いろんな試合も海外もチェックしながらサッカーのトレンドも詳しいと思うので、聞いてあげてください」

――どんなアドバイス、というかトレンドをもとに

「まあでも、チームの状況であったり、考えながらこうしようこうしようとか言ってくれますし、青木がアンカーというポジションでチームの軸として戦っていく中で、彼の指示を聞きながらチームっていうのは、色んな攻守においてまとまる部分もあるので、ああいうポジションにしっかりとした選手がいるのは助かるのではないかと思います。僕のポジションであったり、守備の嵌め方であったり、今も僕が2トップ気味に前に残ったりですとか、僕が下りて4枚で守備ブロックを形成したりですとか、形っていうのを相手や流れによって変えている部分もあるので、そういう中で青木からの指示っていうのも良くあるのでそういうところの話し合いですかね」

――ふたりとも3月の最後のゲームからというので、試合勘もというのも含めての良い感じに来ていますか?

「復帰してから試合に5、6試合くらいは出ていますかね?もう少し出ているか。出ているので、その辺っていうのは上がってきていると思いますし、ただ自分のプレーには満足できていない部分もあるので、もっともっと良いプレーを見せられたらなと思っています」20190501_120527-

――そのためにもというところで、次のホームゲームは良い弾みになるかと

「今、チームが連勝しているのでその流れっていうのをどんどん続けていかなければいけないと思いますし、次のジュビロ戦もたくさんのサポーターのみなさんが来てくれるというふうに聞いているので、そういった中で良いプレーっていうのを見せてもっともっとみなさんに熱くなってもらえるように頑張っていけたらと思います」

――そのためには相手との戦いっていう部分でジュビロに対してはどんなふうに思い描いていますか?

「相手は前にパワーがある選手外人選手がいるので、そういうところをしっかり今までの継続で抑えながら次にいかに攻撃にするかというところで、大事なのはどれだけ人数をかけられるかというところが攻撃において大事な部分であると思うので、前回の清水戦も鈴木のところで少し上がって来たりですとか、そういうちょっとした良いところっていうのも増えつつあると思うので、かけるべきところで人数をかけて相手を崩せるようなシーンっていうのが試合の中でもう少し見られれば、ゴールっていうのは生まれてくるのではないかと思います」

――きょう、興梠選手が長澤選手のスルーパスで抜け出したように、あとは西川選手のフィードのように走っているボールの状態に走って受けられるようにっていうのはオリヴェイラ監督からアドバイスを受けているかと。その、スペースを如何に見つけるかっていう動きがゴールにつながる

「相手の裏を取っていくっていうことが凄く重要だと思いますし、自分たちがボールを保持している場所っていうのがどんどん上がってくれば、フォワードも裏を取れる回数も増えてくると思うので、そういうところをチームとして意識していければ良いと思いますし、なかなかスルーパスからのゴールですとかそういうシーンを今年はあまり見せることができていないと思うので、そういったシーンをどんどん作り出せれば見ている人ももっともっと楽しくなると思うので、ゴールを決められるように頑張りたいと思います」

――令和初ゴールを埼スタで背番号9が全部揃ったら最高です

「そうですね、同じ時間に試合あります?もう1試合あるのですね、じゃあ早めに決めないとダメですね。この間、興梠さんが一番ベストなタイミングで締めにかかったので、なかなか今年前半で点を取るとかあまりないと思いますけど、チームを乗せていく意味でも意味があるのか分からないですけど、早く決められたら良いと思います」

――名前が残るから、こういうの大事ですよ、プロ選手にとって

「そうですね、僕も負けじと頑張りたいと思います。興梠さんにね、はい」

――期待しています

「はい、頑張ります!(粋笑)」20190501_120922-武藤選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

20190501_125438-
Happy Birthday!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

では

4月30日 「試合の中で親父の言葉が今でもあって」&「僕の信じるもの」

どうもです

平成最後の仕事が、この日記の更新です

平成最初になりますが、「平成における浦和レッズ」のビッグトピックスをこちらの主観で挙げてみます

切りがないものの、あえて3つに絞るのであれば、時系列順に、

・”野人”岡野が日本代表をW杯初出場へ導くVゴール
→日本サッカー界の歴史を変える値千金の得点を浦和レッズ所属の選手が決める

・埼玉スタジアム2○○2の誕生
→6万人越え収容のアジア最大規模スタジアムがチームのサポートはもちろん、クラブの財政面でも大きな後押しに

・”ミスター レッズ”福田正博の引退
→Jリーグが開幕(元年)した当初、福田選手のいない浦和レッズなんて想像できませんでした

番外でもうひとつ、REDS WAVEの存在がこれからもより多くの方の助けとなれば、何よりです20190430_105209-磐田戦3日前のきょう、練習は午前10時過ぎに始まりました

清水戦にスタメン出場したフィールドプレーヤーはリカバリー調整

先に姿を現したキーパー陣はシュートストップなどで汗を流し、それ以外のメンバーは午前10時50分頃からピッチ上での練習をスタートします20190430_110452-

正規ゴール2つを用いた4対4対4+キーパーの変則的ゲーム形式を中心としたメニューに励みました

「ピッ・ピッ・ピッ・・ピーーーー」

いつもよりひとつ多いオリヴェイラ監督の笛と共に、全体練習は午前11時55分頃に終了しています20190430_115524-

◇◆◇エヴェルトン選手◇◆◇

――勝利して、きのうオフを迎えましたが、リラックスできましたか?

「もちろん最高のオフを過ごすことができました。全然違いますよね、勝つと負けるとでは全然違う状況の中で、まあゆっくり何も重みを背負っていない状況でリラックスできるし、本当に楽しいオフを過ごすことができました」

――どんなことをしていましたか?

「嫁と一緒にレイクタウンの方へ遊びに行きました」

――人が多くてビックリしませんでした?

「もの凄く多かったです。ゴールデンウィークだっていうことを忘れちゃって(笑)」

――清水戦で得られたものってどんなことがありますか?

「完全にゲームのコントロールをすることができたのではないかなと思います。基本的に自分たちがやろうとしていたことをすべてできたと思うし、リードもすることができて、そのチャンスをしっかりと活かすこともできたと思うし、本当に自分たちが狙っていたペース通りのゲームにすることができたと思います」

――最近、練習で監督が「サイドチェンジ活かすように」とよく言っていて、エヴェルトン選手のパスの種類にも長いボールが増えたように感じますが、意識はいかがですか?

「監督の求めるものっていうのは、ひとつのゲームに対するレシピだと思いますし、重要な要因がたくさんあると思いますけれども、最近彼からよく要求されるものの中でお互いの距離感をしっかり保つことプラス、サイドチェンジを上手くこなすことによって我々のやろうとしているコンビネーションが生まれるということに関して、やっぱり上手い形で清水戦はできたと思いますし、ひとつひとつゲームが変わることによってレシピが変わることもありますけど、自分たちが狙っていた今回の試合ではそれを上手く見せることができてとても良かったです」

――あとは試合終盤に得点につながる素晴らしい粘りのカウンターを見せてくれて、ああいうプレーがもっと多く出ればより勝利も増えると思います

「自分の中で小さいときから親父から言われていたことがあって、『どんな状況であっても自分のベストを常に尽くす』っていうことです。試合の中で親父の言葉が今でもあって、どんなプレーの中でもどんな悪いシチュエーションの中でも自分のベストを尽くすことが、そういったひとつひとつのプレーの違いが生まれると思うし、どんなに苦しい状況の中でも90分間戦うっていうことは、それを意味するものだと思いますし、チームのために最後まで自分の汗を振り絞るっていうことが、きっと何らかの形でチームのためにとって良いプレーにつながると思うし、このシャツユニフォームを着ている以上、自分のすべて、自分のベストを出すことが自分の義務だと思います」

――次、短い間隔の中、ホームで磐田と対戦しますが意気込みをお願いします

「もちろんこの連戦を上手く乗り越えるためにもJリーグでまた勝利を挙げるためにも、チームとして一丸となって戦うのはもちろんですし、ポジティブに、できたことはそのまましっかりと続けながら、そしてできなかったことを修正しながら、ジュビロ戦でも必ずチームとして勝利挙げるような試合を見せていきたいと思います」

――エヴェルトン選手のプレー好きです。ありがとうございます。

「オブリガード、ありがとうございます」20190430_120926-

◇◆◇宇賀神選手◇◆◇

――平成最後のサッカーに励みました

「きついっす。平成であっても令和になっても多分きついっす」

――ただ変わらずできていることを実感するというか?

「そうですね、やっぱりもう怪我しないでこうやってプレーできているのが一番だと思います」

――きょうも変わりやすい天気で、先週も暑かったり寒かったりできついとは思いますが、そういった中、人一倍気を吐いてプレーしているのが宇賀神選手かと

「出ているときも出ていないときも同じプレーをすることが大切だと思いますし、特に苦しい状況のときこそ本当の人間性が出ると僕は思っているので、今が一番チームを盛り上げるためにやらなきゃいけないと思いますし、出ていない選手がしっかりとプレーして出ている選手にプレッシャーをかけられるチームが一番強いチームだと思うので、こういう練習が非常に重要だなと思います」

――平川コーチも現役時代にそういうふうにしてっていうのが受け継がれているというか

「ヒラさんは声を出したりとかというタイプじゃなくて、背中で引っ張るタイプでしたけど、僕は僕で場を盛り上げながらまた自分が声を出すことによって自分を追い込むことになると思うので、しっかりとやっていきたいなと思っています」

――にしても、練習のゲーム中も全体の空気とか読めてと状況も良く見えていて

「まあそういう年齢ですし、そういう経験も自分はいろんな経験をしてきたので、こういうときこそ、こういう長くてきつい練習のときこそ、どういう練習態度が取れるかっていうところが凄く重要かと思うので、そこは人一倍気を遣ってはいるつもりではあるし、自分はそういうところが見られる人間だと思うので」

――それが支えになってきて

「まあそれがチームの結果に反映すれば良いと思いますし、また自分が試合に出てチャンスが来たときに結果を残すためにも、そういうところが必要なのかなと思います」

――その今のチームの状況とかベンチから見て感じることとかどうですか?

「・・・・すべてOKではないと思いますし、結果が出ているからといってすべてOKではないというのが率直な意見として、ただその内容を求めていかなきゃいけないっていう部分は選手としてもっともっと・・・なんだろうな・・試合を支配してっていうような勝ち方がベストだといますが、ただこういう勝ち方をしていけるのも監督のサッカーなのかなっていうところもあって、やっている方もこうもどかしさだったり、見ている方ももどかしさもありつつ、ただこの結果を残しているという部分でシーズン終盤に向けて徐々に上がっていくのではないかなと今は思っています」

――それは日々の負荷をかけているものもつながるでしょうし

「そうですね、やはり信じるものが無ければこれだけの練習をやってもつらいだけなので、僕はこういう解釈をしながらやっています」

――信じるものってどういうものですか?

「優勝するために最後は内容も結果も伴ってくるサッカーをするっていう形ができることが、僕の信じるものだと思いますし、実際に昨シーズンそういう形で天皇杯で優勝していますし、今年はリーグ優勝とACL獲りにいくっていう部分で最終的に優勝っていう部分に向けて、内容が伴った試合ができるようになるっていうことを信じています」

――そこで頼られる存在として自分がいる

「そうですね、もちろん試合に出ない時間が長いとやはりその試合に対しての意欲っていうのはどんどん強くなってきますし、結果が出た中でもね、ピッチに立てていないとその喜びも半分か半分以下だと思うので、今は1試合でも多く勝利に貢献したいと思うし、優勝したときに自分がピッチに立って充実した優勝をしたいなと思っています」

――そのためにも、令和ファーストゲームはもうチケットも5万枚以上売れているそうです

「やっぱゴールデンウィークそうですね子供の企画もあるっていうのも見ましたし、そういう子供たちのね、夢を与える立場の人間として“埼玉スタジアムで勝つっていうのはこんなに素晴らしいっていうことなんだぞ”っていうのをしっかりと見せないといけないと思いますし、今シーズンホームでの結果っていうのもあまり良くないのでこの間の勝利をきっかけにしっかりと次の試合も勝って勢いに乗っていけるように、またそしてACLブリーラム戦もあるので、そこはもう絶対負けられない、負けてしまったら終わりの試合なので、そこに向けてもチームとして良い方向に持っていけるようにしたいと思います」

――その一歩一歩で、令和でぜひ今のスクールの生徒たちと同じピッチに立つことを信じているので

「そうですね、頑張ります(ニコリ)」

宇賀神選手とエヴェルトン選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では、良い令和を

 

4月26日 「平成生まれなので」

どうもです

気分は10連勤!

20190426_111035-全北現代戦2日後、清水戦2日前のきょう、練習は午前10時頃に始まりました

全北現代戦に長時間出場した選手はリカバリー、それ以外のメンバーは8対8でのゲーム形式を中心としたメニューを実施

宇賀神選手が超精力的な動きで雰囲気を活気づけていました20190426_111519-

◇◆◇鈴木大輔選手◇◆◇

――全北現代戦はスタメンフル出場

「そうですね、予選突破に向けて勝ちが必要な試合だったので、結果は凄く残念です」

――内容としては

「前半はロングボールで相手が対応してきて押し込まれる時間が続きましたが、後半は自分達の時間を長く作ることが出来て、攻撃に転ずることが出来たという試合だったと思いますけど、まあ全体的に見て前半の立ち上がりでの失点というところと、後半の立ち上がりでの失点というところが痛かったかなと思います」

――ロングボールに対して、“跳ね返すだけ”でなく、先を見越して“どう跳ね返すか”までできるのが鈴木選手の強みかと

「この前の相手に関しては、自由に跳ね返せるような状態を作るのが凄い難しかったので、相手に自由に競らせないというところと、1人競ったあとのカバーリングというところでセカンドボールのところをいかに自分達が取れるかというところ、相手が割り切ってロングボールを上げてきたとき、セカンドボールを拾いに来るのが中盤を含めて相手の選手は早かったので、それに対して自分達がセンターバック、サイドバック、ウイングバック、ボランチを含めてどのようにボールを回収して自分達の時間帯につなげていくのかみたいなところは、意識していましたけど、それができていなかったときに押し込まれたと思います」

――レッズが押し込んだ時間帯は、鈴木選手も流れに応じて非常にスムーズな攻撃参加と関わりができていたように

「後半からは左(ストッパー)になりましたけど、山中選手とのコンビネーションのところとか、持ち方というのは、ある程度わかっているところだったので、スムーズにやれた要因だと思っていますけど、あとは前に出て使われなかったとしても、スペースに走り込むことによって、次の誰かのスペースを空けたりとかがあるので、サポートの距離が遠くならないようにというのは意識していました」

――すぐにリーグ戦がありますが、ケアなどで心掛けるべきこととしては

「そうですね、移動もあったので、しっかりとコンディションに全てを注ぐ必要があるかと思います」

――そうすると、頭でどのようにイメージするかが大事になるかと思われますが、清水に対してはいかがでしょうか

「最近、好調なチームなので、勢いもありますし、もともとボール扱いの巧い選手が多くて、しっかりパスを繋いで崩してくるというイメージを自分は持っているので、相手の立ち位置であったりとか、それに対して自分達のやり方っていうのは、全体で練習する時間を作るのが連戦だと難しいので、映像を見ながらとか、スタッフや選手間で確認しながらというのは大事になってくるかなと思います」

――IAIスタジアム日本平の印象は

「久しぶりに行くので、今はどうかわかりませんが、自分のイメージとしては非常に芝生の状態が良くて、サポーターの距離が近くて雰囲気の良いスタジアムです」

――そういったスタジアムでプレーし慣れているかと

「そうですね!長くそういったスタジアムでやって来ているので、楽しみです」

――4月1日の練習試合では新元号として令和が発表された数十分後に“第1号”としてゴールを決め、今度は平成最後

「平成生まれなので、良い形で締めくくられればと思ってます!」

――ここから何としても上昇を

「そうですね、リーグ戦は好調の中で迎えるので、個人としてもチームとしてもこの流れに乗っていければ良いかと思っています」

鈴木選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS Friday〉再放送でもお聴きいただけます

では

4月18日 「バランスを崩さないことと我慢すること」&「やはり前が決めないとチームとしては乗っていかない」&「自分たちも経験していますけど監督が代わった次の試合っていうのは」

どうもです

この”暑さ”の影響でしょうか・・・

至るところから若草の香りが漂ってきて、それはまるで5月の薫風でした20190418_105820-

神戸戦2日前の練習は、午前10時20分過ぎに始まりました

パスゲームを経て、午前11時頃からは約15分間、セットプレーの守備から「カウンターリアクション」(オリヴェイラ監督)に結びつける練習を実施20190418_112804-

その後は11対11でのフルコートゲームへと移ります

「沢山のサイド攻撃」(オリヴェイラ監督)

スペースの送出と相手のマークを安定させぬよう、サイドチェンジと素早いサポートが強調されていました

午前11時40分頃、練習終了前、監督は選手を集め、力説

「練習でリラックスしない。それが本番に反映される。だから実戦に近いメニューを行っている!」

20190418_113808-

◇◆◇槙野選手◇◆◇

――暖かくなってきてチーム先日無失点で勝利できてというなかでのトレーニングはいかがですか手応えは?

「勝つと負けるとでは全然練習内容も雰囲気も違うと思いますので、こういう時間を長く保たせるためにもしっかり勝つことは大事だと思います」

――監督の話を聞いていると攻守に槙野選手が次はよりキーマンになるかと

「いやー後ろの選手として声をかけることと盛り立てることは僕の大きな仕事だと思っていますので、良いときはみんなできますけどチームの状態が悪いときとか、苦しいときそういうときに流れを変えられるようなプレーとかね声かけをできればと思っています」

――声掛けで思いましたが、ボールを持っている選手を呼ぶとき、たとえ来ないとしても呼んでいると相手は槙野選手にパスが行くかもしれないって思って、さきほどそれでマウリシオ選手が武藤選手に良い縦パスを送り出して、槙野選手も「ベレーザ」と声を

「ひとりのボールを持っている選手に対していろんな選手がサポートすることで、パスコースできると思いますし、ただいるだけじゃなくてダミーとしても使えると思います。攻撃のところでもやっぱりよりちょっと前に出ることっていうのは必要かなというふうには考えています。出れたらなと思っています」

――あとは相手の状態など考えて次、気を付けなければいけないところはいかがですか?

「まあバランスですよね。ボールを持たれる時間はあると思いますけどそこでバランスを崩さないことと我慢することはね大事かな」

――その我慢というところでラインの設定ですとかひとつは

「そうですね。誰がボールに行くのかとどこで行くのかというのをハッキリさせないといけないですね」

――そこも声に結びついている?

「がんばります」

――5万人超えというなかでの雰囲気で次できるという中での

「そうですね、なかなか今年ホームで勝てていませんので埼スタに来てくださる方々対して来て良かったって思えるような結果と笑顔で帰ってもらえるように今季初のWe Are Diamondsを歌いたいなと思います」

――「イニエスタ選手をサンドしよう」というふうに監督が言っていたかと

「上手いし経験ある選手なので、そういうふうにできれば良いですけど彼から出るボールはしっかりと防がないといけないと思います」

――次槙野選手のサッカーの引き出しのその豊富さというか見させていただければ

「はい、がんばります!」20190418_111624-

◇◆◇武藤選手◇◆◇

――ガンバに勝利してまた間隔開いた中でトレーニングに打ち込めていると思いますけどいかがでしょうか手応えは?

「ガンバに勝ったということでみんなの気持ちっていうところでね、また次に向かって良い状態で臨めると思うので、今年はホームで勝てていないのでそういう意味でも本当にたくさんのサポーターの皆さん次も来てくれると思いますし、良いプレーをして勝利できたらと思います」

――あの1対0で得られたもので次に結びつけられそうなものっていかがですか?

「やはり球際であったり攻守の切り替えだったりそういうところを徹底してできたというところで、相手をゼロに抑えることができたと思うので、そういうところっていうのはこれからも常に継続していかなければいけないと思いますし、狙いとしているセットプレーで取れたってところは良かったと思いますけど、もっともっと攻撃の形っていうのを作っていかないとこれから長いシーズンていうのを戦っていく上で難しくなってくると思うので、次は守備の良さっていうところを継続しながら攻撃でもう少し良い形を作れれば良いかと個人的には思っています」

――そういう意味で監督もサイドチェンジなど様々なアイディアを提供していましたが、イメージは

「オリヴェイラ監督が来てから左右を起点に攻撃をしかけていくってところはあるので、そこにトライしている部分はありますけど、片方のサイドだけで終わってしまう形も多いので、そういうなかでサイドチェンジを使いながら相手を揺さぶれれば、チャンスというのは広がって来ると思うので、そういうところに練習からトライしていますし、試合でそういう形というのをたくさん出せればゴールっていうのは生まれると思います」

――そういった中、揺さぶっているときにマウリシオ選手が縦パスをパンって武藤選手に通したシーンあったじゃないですか、あれが一気にゴールにつながるのかなと

「サイドに振るっていうところで相手のスライドが間に合わなくなってきて、そういうところが開いてくるっていうところがあるので、今のウチの現状としてあまり縦パスっていうのが入らないシーンが多いというか、あまり入ってはいないと思うので、そういう意味でもサイドチェンジを多くすることで、逆に真ん中っていうのも攻略できる形というのが出てくるとは思うので、そういったところでバリエーションをどんどん増えていければ良いと思うので、ポジショニングだったり引き出し方だったりっていうのが大事になってくると思います」

――昨日監督が「なぜ松本が神戸に勝てたのか?」ということを力説されていたと思いますけどそういった情熱的なミーティングなどから感じるところはいかがですか?

「オリヴェイラはいつも情熱的というか熱く問いかけてくれますので、そういうところで選手のモチベーションを常に上げてもらってますし、そういうところが試合に出ればこの間のような僕達も締まったゲームができると思うので、次の試合も相手が力のある選手っていうのがいますけど、そういうところをしっかり抑え込めるように、みんなで戦っていければ良いと思います」

――スター選手が注目されがちですけど神戸の守備に対してはどんな印象ですか?

「失点数は多いと思うので、スカウティングなどを見ていても、隙間があるなっていうところが見えるので、僕達もしっかりとした守備からそういうところを突いていければと思いますし、スター選手達がそこまで前からハードワークしてくるっていう形ではないのでそういう意味で僕達がボールを持つ時間っていうのも増える可能性もあると思います」

――9番のゴールが見たい。ホームの勝利もそうですし

「今シーズンまでゴールを決められていないので僕自身も早く決めたいと思っていますし、やはり前が決めないとチームとしては乗っていかないと思うのでゴールを決めてチームの勝利に貢献したいと思いますし、皆さんと一緒に喜び合えたらなと思います」20190412_124811--◇◆◇宇賀神選手◇◆◇

――どんなことを意識しながら高めていますか?

「チームとして前節ガンバ大阪戦でしっかりと守備でまとまって、またセットプレーのこぼれからでしたけど、まとまってしっかりと耐えてそこから非常に良い攻撃もたくさん出てきていたとは思いますし、またそれを次節もできるように継続した守備でコンパクトにしてカウンター、そしてサイドチェンジをするところがチームとして落とし込もうとしているところだと思うので、それをきょうも若干短い紅白戦気味な練習でしたけど、両チームとも非常に意識して練習できていたんじゃないかなと思います」

――速いサポートとかサイドチェンジのとかオリヴェイラさんが言っていることって全部、宇賀神さんが得意とするプレーだなって思って

「自分はそこでね、ワイドで受ける選手ですし、そこから仕掛けたり時間を作ったりとかチームのリズムを作るポジションだと思うし、自分でもそういう選手だと思っているのでそこでしっかりと監督のやりたいことをピッチで表現するだけかなとは思います」

――この間大学生と練習試合をしたとき、彼らの野心とか出てくる声で懐かしい気持ちになりませんでしたか?

「そうですね、ウォーミングアップから元気で元気があってプロの選手とまた浦和レッズの選手と試合できるっていうのは非常に楽しみにしていたのを思い出しました」

――今度の対戦相手が神戸というところで、昨年宇賀神さんは9月の試合を「完勝」と表現していましたが、相手の監督が代わって難しい状況にっていうのでどんな印象ですか?

「自分たちも経験していますけど監督が代わった次の試合っていうのは、誰もがアピールチャンスだと思うので、もう一回仕切り直しの部分でも非常にテンションも高いと思いますし、ウチとしても本当に難しい試合になるかなと思っています」

――いつも配られるメンバー表の宇賀神さんの名前の横には「HG」ってホームタウン出身者として埼スタでしばらく勝てていないし、次、宇賀神さんがピッチに立ったときにどんなプレーを勝利のために見せてくれるか楽しみです

「やはりホームで勝てていないっていうのは自分たちもそうですしサポーターの皆さんも歯痒い気持ちだと思うし、自分たちも勢いに乗るためにはホームでの勝利っていうのは必須だと思うので、ホント勝利だけを考えて戦わなければいけないと思うし、またそれに向かって勝利に向かってプレーするっていう気持ちを全面に押し出して見せなきゃいけないなというふうには毎試合そうですけど、よりそこの気持ちをね、非常に強く持って見ている人がそういうところを感じてもらえるようなプレーをしたいと思います」20190418_123339-

槙野選手&武藤選手&宇賀神選手のインタビューはこのあと23時からの〈You’re The REDS〉でもお聴きいただけます

では