10月16日 「最も大事な試合になってくる」&「『お帰り』って言ってくれる人達が多かったので嬉しかった」

どうもです

オフ明けのきょう、練習は午前10時頃に始まり、室内調整後はゲーム形式での戦術確認を行うなどして、お昼の12時頃に終了しました20181016_120326-

◇◆◇平川選手◇◆◇

――オフ明けの今日、トレーニングはいかがでしたか?

「ま、いつも通りのね、オフ明け室内のトレーニングから外の練習入りましたけど練習試合もして少し疲れてる感はありますけど非常に良い練習出来たしサイドのコンビネーションからクロスっていう部分もね大事な部分だと思うんで非常に良いプレイ、良い練習が出来たと思います」

――ケガから帰ってきて、先日は練習試合で久々に左サイドの平川さんを見た感じもありますが、どうでしたか

「そうですね、楽しかったですね久々の左は・・何年ぶりだろうぐらいだけど。まぁ、でも楽しくできたし、あとね怪我無く65分・70分出来たんでねそれが収穫だったんだと思います」

――その後の反動とかってどうですか。

「まぁ、多少疲れはありますけどきっちりリカバー出来てるしまたねここから残りの試合ねまた絡めるように頑張っていきたいと思います」

――動きの質もそうですけど、出してる声で周りを動かすとところなど、凄い勉強になりました

「そうですね、まぁその局面局面でね、本当にベストな声なのかっていうのは思い返せば微妙なシーンもあるけど、ただね、意志を伝えてこういう風にやろう、こういう風にやって欲しいって伝えていくのはね大事だと思うしそういったコミュニケーションが自然と全員で取れるようにもっとなっていくと良いなと思います」

――その翌日には、駒場での触れ合いがありました

「そうですね、思ったより小学生達元気だったし、短い時間だったけど非常に汗もかいて良いリカバーになったし(笑)子供たちの笑顔だったり一緒にサッカー出来て楽しかったです」

――そういう中で、また気持ちも感じられてで残り5試合。まずは鹿島っていうところでのモチベーションいかがですか

「もう本当にね、最も大事な試合になってくるだろうなっていうことはわかってるし、全員ね、その鹿島の次の試合の重要なのってわかってると思うんで本当に今週、最善を尽くして、準備して、試合に臨みたいと思います」20181013_113004-

◇◆◇茂木選手◇◆◇

――今日のトレーニング、いかがでした?

「そうですね、まぁ先週は試合が無い週で今週からまた試合の準備の試合になったと思いますけどゲーム形式もやりながら最後クロスの対応とかもやりましたし、しっかりクロスの対応とか体張って守ること意識したり予測したりとか、上手く守れてたと思いますし3ゴールのゲームとかは攻撃の方が主体だったんで上手くテンポを上げながらパスをつなぐこととかを意識しながらプレーしてました」

――切り替えの時のスプリントの突進力とか、結構力強さを感じます

「そうですね、やっぱりそういう一瞬のスピードとかそういう所は本当に上がってきたかなっていうのは自分でも感じますし、みんなのスピードに付いていけるような感覚もあるのでどんどんコンディションも上がってきてると思いますし、そういうスピード感っていうのに慣れてきて自分のプレーっていうのもどんどん出して来てるのであとは最後の質とかそういう、質っていうのはまだまだ足りないのでみんなに追いついて追い越せるようにどんどん練習したいなと思います」

――こないだの練習試合では左のセンターバックでのプレーでしたけど、手応えどうですか?

「そうですね、まぁビルドアップでつなごうとしてミスとかもありましたけど前半とかはチャレンジしてミスとかだったんでその辺はミスはしましたけど次にそれが同じことがないようにっていう学習にもなりましたしどんどんチャレンジして前に行くスプリントとかそういう回数もちょっとずつ増えてきたと思いますし、あとは守備で球に出て取り切るとかそういう相手とガチャっとなったときに自分の所にボールが来るような守備とかそういう細かい、本当半歩一歩とかそういう感じだと思いますけど。その辺で相手に勝れればもっともっとボールを奪えるかなと思うんで」

――あと感じたのが、チームプレイという中で平川さんがすぐ側にいてすごい分かりやすく指示出してくれてっていう中で、上手くまわってたと思いますが、その声の大切さとか、平川さんの存在の大きさとかまた感じたのかと

「そうですね、やっぱ平さんポジションとかも細かく取ってくれますし、俺が絞っていいよとかそういう指示もどんどん出してくれましたしかなりやり易かったのもありますし、自分も平さんに上手く指示を出して平さんもやっぱりそういう指示を聞いてくれますしやり易かったです」20181013_112957-

――公式戦のない週末ならではというか、次の日は駒場にて・・・。なかなかサポーターと一緒にボールを蹴るっていうのは子供はあっても大人は珍しいかと

「結構、かなり新鮮な感じありましたしみんな応援してくれてるなっていうのは改めて感じましたし、『お帰り』って言ってくれる人達が多かったので嬉しかったですし、やっぱり『早くピッチに立って』っていう人も沢山いたのでその人達の為にも頑張りたいと思います」

――鹿島戦のピッチに立つっていうのは、アカデミーからっていう茂木選手からすると一つの大きなモチベーションなんじゃないですか

「そうですね、やっぱり鹿島で知ってる選手も沢山出てますし、やっぱり鹿島と浦和っていうのはそういう昔から大事な試合っていうのはあると思いますし、サポーターの数とかも増えると思いますし、選手もそうだと思いますけどサポーターの人達も気持ちの入った試合だと思いますしそういうところでピッチに立つ、まずはベンチに入るっていうところから自分を今週はアピールしてチャンスがあればっていう、どんどんチャレンジしていきたいと思います」

――その知ってる選手とかで良い刺激を茂木選手に与えてくれてる鹿島の選手って誰ですか

「まぁ、三竿は今、代表に行ってますけどずっと一緒にユース年代から代表でもやってましたし、あと鈴木選手とかも同い年なのでその同年代の選手が頑張ってるので」

――であれば、なおさら。地元が近所のレッズOB・齋藤豪人さんも期待しているはずです

「はい頑張ります(ニコリ)」

では

10月11日 「オフの時も芝生の上を歩いてる」

どうもです

オフ明け2日目のきょう、曇り空の大原サッカー場で、練習は午前10時に始まりました

ウォームアップ後は約5メートルかける5メートル、約15メートルかける15メートルといったスモールフィールドでのパスゲームを実施

「動きが止まっている時間は、なしにしよう」

と大槻ヘッドコーチ

グリッド内には11人のプレーヤーが関与する密集地帯での、強度の高いゲームでした20181011_105125-判断力、持久力、スピードといった、実戦における球際での攻防に起こりうるようなシチュエーションでの精度が養われます

午前11時5分頃からは、シュート練習へ

3人の選手がダイレクトでのパス&ゴーを行いボックス内に侵入し、フィニッシュへと至る形です

「2列目からの飛び出し」とオリヴェイラ監督が声をかけた通り、相手ディフェンスがマークをしづらくなる動き、コンビネーションに磨きをかけます

その中で心がけることとしては、緩急をつける意味での「スピードアップ」(監督)が求められていました

さらには時間の経過とともに、選手間の距離を狭め、より正確性の求められる局面も設けることで、難易度がアップ

選手達は集中した様子であることのみならず、仲間への賞賛の声も絶やさず、トレーニングに打ち込んでいました20181011_112004-

午前11時40分、監督は1人一個、ボールを持つように指示

ペナルティアークのライン上からの、バー当てが、決め上がり形式で行われました

平川選手とマウリシオ選手は1回目で成功

2回目で武藤選手、武富選手、ナバウト選手、岩波選手

3回目で李選手、興梠選手、長澤選手、茂木選手

5回目で柏木選手と福島選手

6回目で阿部選手、森脇選手、岩舘選手

残るは2人・・・

榎本選手と柴戸選手はプレッシャーの中、なかなか命中させることができません

やがて、渾身のガッツポーズを見せたのは、榎本選手でした

◇◆◇李選手◇◆◇

――良い感じで体も動かせてるようで

「練習キツイです。長いし」

――集中力を活かしてバー当てに成功

「あの、柴戸海がバレエをみんなの前でやってくれみたいなので。さぞかし麗しいバレエが見られるんじゃないかと期待してます」

――李選手のも気になります

「絶対に遠慮しときます」

――オフはどんな風に過ごしてました?

「オフは友達と一緒にずっとのんびりゴルフやりながらリフレッシュしました」

――森脇選手もゴルフ行ったみたいで、スコア90だったみたいですけど

「全然俺もそれぐらいです。ヘタです」

――どっち打ちなんですか?

「右です、僕。ゴルフだけ右です。野球とかは左なんですけど」

――やっぱ右の方が色々とゴルフの場合は

「やぁ、左の方が楽ですけどね。打ちっ放しとかそういったとこで打数が少ないんで。クラブもそうだし。右に直されました」

――違うスポーツですけど集中力とか磨けたりっていうので、また良いものが受けられるかと

「そうですね、石川遼君とかね、たまにご飯とか食べてね、色んな話とかする中で、やっぱゴルフもねサッカーに精通する部分沢山あるし。また違うスポーツやることで気分転換に凄くなるので。けどオフの時も芝生の上を歩いてるのかっていつも笑ってますけどね。みんなと一緒にゴルフやってるときは」

――特に通じる部分ってどこにありますか?

「やっぱりメンタルの部分じゃないですか。失敗したときにどうポジティブに持ってくかって所がゴルフはもっとシビアになってくると思うんでね」20181011_104721-

―で、またここで次へ向けてというところでもありますけれども、“食”も大事になってくるかと。李選手は良いものを食べているかと思いますが、“秋の味覚”ってどうですか最近は?

「そんなに良い物食べてないですけど、やっぱ旬のもの食べると元気も出るし、日本は特に沢山あるんで旬の物が。ご飯は楽しみにしてます」

――昨年はジャム・・

「そうそう、コケモモを獲りに行ってね」

――今年はなんかそういうので

「今年は松茸を獲りに行きます。友達の家の山が松茸の山だそうなので」

――また、凄い交友関係

「いやいや。だから楽しいのかなと」

――プレー面ではどんなことをテーマに、この次の鹿島戦に向けて

「まぁ、やはり出る試合っていうのは点を取るために僕は出ると思うんで僕は出たときに得点の匂いがするというか、前に前に推進力が出るようなプレーを出せれば良いし、それで僕が点を取ったりチームが点を取って勝つことが一番嬉しいしサポーターも喜んでくれることなんで。まず、僕が出たら絶対点が入るっていう試合にしたいですね」

――きょうもシュート練習を沢山反復して、その1本で人生が変わるというのも大げさじゃない

「いや、本当に変わりますよ。変わるし年俸も変わるし、生活も変わるしね。ま、全てが変わるんで、サッカー選手の場合は。プロでやってるんで、そういったところシビアに結果に出せるように練習中から頑張ってますけど」

――サポーターの人生も幸せに出来るように、ここから

「本当ね、1人でも多くの人達と喜びの時間を共有出来るように頑張ります」

――期待してます

「どうも」

李選手のインタビューはこのあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

 

10月10日 「パパ、頑張るよ!」

どうもです

2連休明けのきょう、練習は午後3時に始まりました

室内調整を終えた午後3時40分頃、選手達はピッチに姿をあらわします

約90分間、ステップワークとシュート練習を織り交ぜた、サーキットトレーニングを中心としたメニューで汗を流しました

20181010_165013-

――おめでとうございます

「おめでとうございます?なんですか?」

――おめでたい日じゃないですか

「あぁ、そうだ、っていうかそれ言われるとそうですね。あぁ。知ってましたけど、それ言われるまで分かんなかったです。ありがとうございます」

――5年?

「結婚して5年目。もうそれすら忘れかけてる・・怒られちゃいますね。怒られちゃう怒られちゃう・・嫁さんだけじゃなくて世間の素敵な女性達からそういうのを忘れちゃいけないようにって多分苦情きちゃいますね。しっかり覚えときます」

――この後、何か?

「きょうちょっとバタバタ忙しいんで、きょうじゃなくて違う日にまたお祝いしようかなっていう感じですかね。もう付き合ってかなり長いんで、新鮮さがないっすよね、もう。やばいね、怒られちゃうね・・もう新鮮ですよ、わくわくしてます、はい」

――毎日がね

「本当毎日が楽しいですね。本当今の奥さんに出会えて良かったなと、結婚して良かったなと常日頃から感じてるんで毎日感謝しかないですね」

――やっぱ結婚して変わりました?

「まぁ、どうなんですかね。自覚というかやっぱり自分だけのこと考えれば良いというわけじゃないんで、そういった意味では自覚っていうのが出てきたんじゃないかなと、それプラス子供が出来ることによって更に責任感が増したというか二人の女性をしっかりこの先幸せにしていかなければいけないなと恥ずかしくない旦那さんでいたいなというのはあります」

――じゃ、このオフの時も忙しく、お子さんもまだ小さいですから

「そうですね、嫁さんもけっこう理解ある人で1日僕自身をリフレッシュさせてくれていたというか、自分の好きな時間に充てる、充てさせてもらうことが出来たんでそういう点では非常にリフレッシュできたかなというのはありますね」

――何してたんですか。

「僕の大好きなゴルフに行ってきました」

――スコアは?

「スコアの方は聞かないで下さい、恥ずかしいから。言えるようなレベルじゃないから・・」

――二桁?

「いや、あ、二桁二桁。まぁ、90でしたね」

――言ってるじゃないですか

「言っちゃった!(汗)」

――自慢?

「自慢じゃない、全然もう」

――すごいじゃないですか

「浮き沈みが激しい感じだったんで前半51、後半39で。回ったんですけど非常に落差が激しいそんなゴルフでした」

――森脇選手、カッとなっちゃう一面もあるのでゴルフで精神統一じゃないけど

「いや、でもゴルフになるとあんまカッカしないというか結構冷静というかね。ミスが起こっても切り替えて次のホールを楽しもうって迎えるんで、それをサッカーに活かせって話なんですけどね。しっかりゴルフではそういう切り替えっていうのはできてますね」

――お子さんのいる今、生活っていかがですか?

「やっぱり楽しいですね。本当ね、子供の顔が早く見たい、また成長していく日々大きくなっていく自分の娘を見るともっともっと頑張りたいなともっと沢山子供の笑顔がみたいなっていう思いになるんで毎日が本当楽しいですね。この間初めて寝返りするようになってその成長っていうのも僕の中で新鮮っていうか涙が出るくらい嬉しい一日でしたね」

――じゃ、「パパ」とか言ってくれた時なんて迎えたら

「もうやばいっすよね、もうね。もう常にほっぺにチュウしてる、してますけど嫁さんにはね『止めて』っていう風にね言われますけど、子供がパパ嫌だって分かるまではいっぱいスキンシップ図りたいなと。いっぱいね、子供に対して愛情を注いでいきたいなっていうのはあります。もちろん、『パパ嫌だ』っていってもね、それ以上に愛情注ぎますけど。今気付かれてないうちに、沢山ほっぺにチュウしたいなっていう風には思います」

――笑ったりします?感情表現は?

「感情も豊かでね、笑ってくれたりね。お父さんと一緒でON・OFFがしっかりしてるというか、笑うときと無の時といくら笑かしても常に無の時と、笑かした時にニターと笑う時と、お父さんはねここではがっつり喋りますけど家に帰ったらチーン・・・ってしてるんで嫁さんにいつもね、『誰かに似てるね』っていう風に言われますけど。そういう変なとこは似なくて良いんですけどね。はい、でも本当可愛いです毎日が」20181010_164933-

――そのモチベーションもっていうところで、ここから復活に向けて、ベンチに入ってって徐々にではありますけど・・これからどういうふうに貢献するイメージでいますか?

「本当にやるしかないよなと。橋岡がね、橋岡と荻原がまた代表選手がまだいないですけどしっかり僕自身がトレーニングを積む。またこの10月っていうのはそういう若い世代が今僕とこう争ってる橋岡が代表の方に行く中で抜けるっていうのは知ってたんで僕自身そういう時にやっぱりチームの助けになりたいなと。今、菊池も怪我してそういうサイドの選手が手薄な時にやっぱり監督の助けになりたいな、チームの助けになりたいと思って10月に向けてしっかりコンディション整えてきたつもりなんで焦ることなく10月を迎えようとそういう思いがあったんで、しっかりトレーニングを積んで怪我することなくリーグ再開の鹿島戦に向かっていきたいなというのはありますね」

――さすが。ワクワクしてきました。

「いや、まぁやっぱその中でもしっかりね、ピッチの上に立たせてもらえるんであればしっかりチームに貢献しなければいけないですけどそういう準備というかしっかりカレンダー、スケジュールも見ることも自分の今置かれてる立場では大事なのかなというのは感じてたんで。10月は橋岡もいない、僕自身もまた離脱してる、それだとやっぱりね監督自身も選択肢が少なくなってしまうんでそういう部分でしっかり考えながら僕自身今日この日まで来たかなというのはあります」

――5年目の誓いを

「もうここまで沢山支えてもらって奥さんには感謝の気持ちしかないですけど、これからもこんなアホな未熟な森脇良太をよろしくお願いしますと。これからも沢山ね、幸せにしていきたいなと嫁さんと愛する娘さんのね、笑顔を沢山見られるようにパパ頑張りたいなと思います。パパ、頑張るよ!」

――おめでとうございます

「ありがとうございます!」

森脇選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

10月3日 「浦和でピッチに立つことだけを考えて」

どうもです

スッキリとした秋晴れの大原

オフ明けのきょう、仙台戦を4日後に控えた練習は、午前10時頃に始まりました

室内調整を終えた選手たちは、午前11時頃、ピッチに姿を現します

ウォームアップを経て、午前11時30分頃からは攻撃の連携確認を実施

「落ち着いて、精度、精度」(監督)

選手達は様々なアイデアを駆使しながら、攻撃のバリエーションを増やすべく、イメージ共有を図ります

スムーズな流れからゴールが頻発し、互いをたたえ合うムードはすこぶる明るかったです

全体練習は、お昼の12時20分頃に終了

監督に集合をかけられた選手たちは、ペナルティエリアの外からノーバウンドでのキックをゴールバーへ当てる、通称”バー当て”を行います

一発目で成功したのはベテランの阿部選手と榎本選手

徐々に決め上がりの選手は増えていき、最後に残ったのは槙野選手と茂木選手でしたが・・・・先に成功したのは、茂木選手でした20181003_112848-

◇◆◇茂木選手◇◆◇

――バー当てでは、メンタル的にもプレッシャーに強くなったんじゃないですか

「みんなにも『負けんなって』言われてたんで。良かったです(ニコリ)まぁ、普段だったら結構すぐ当たるんですけど今日は当たらなかったんで。ちょっと考えすぎてなかなか当たらなくなりました」

――あの時とかも含めて、今年一番良い雰囲気なんじゃないかなって。茂木選手は途中からですが、それでも感じてるのでは

「そうですね、やっぱみんなであぁいう雰囲気でやれて、やっぱ結果も今ついてきてますし、こういうのを続けて。まぁでも気が緩むことなくみんなでまとまっていければまた今自分もどんどん上がってますしまだここから上目指せると思うんで」

――ミーティングがあったと聞きましたけど、どんなが話ありましたか?

「ま、ミーティングもありましたけど中で筋トレとかそういう体作る部分もありましたし。ま、やっぱりその『良い時こそやっぱ悪い所を見過ごすんじゃなくて、失点したシーンとかも練習で先週やってましたしそういう所から練習してたところで失点するっていうはやっぱ良くない』っていうのをもう1回改めて話した中で、やっぱり練習したことをしっかり出しきれればやっぱり勝つチャンスっていうのは必ず増えると思いますし、そういう所をもう一回っていうのを話しました」

――ご自身も、そういうポジションで貢献すべき役割

「そうですね、やっぱり守備はゼロで抑えるとやっぱ負けることはないですし、そういう中で後ろでチームの支えになれるようなプレーが出来れば良いなと思います」

――約1週間遅れになりましたけれども、22歳誕生日おめでとうございます

「ありがとうございます」

――茂木選手だからこその経験をして、という歳の取り方してる

「そうですね、やっぱりJ2で最初に愛媛に行ってそこで出来た経験っていうのは自分の中で本当に良い経験だったなぁと思いますし、愛媛で使ってくれた木山さんもそうですし、愛媛の皆さん達本当に感謝の気持ちを表すにはやっぱピッチに立つことだと思いますし、その後も山形に行って山形でも色んな人に支えられながらここまで来れたと思いますし、皆さんの為に浦和でピッチに立つことだけを考えて今頑張りたいと思います」

―一歩手前の所で、5万5千のあのWe Are Diamondsだったり、先週も勝利してっていう中でレッズの雰囲気をまた改めて感じて

「ようやく帰ってきたっていうのを実感出来た試合でもありますし、本当にさらにピッチに立ちたいって気持ちを高くさせてもらった試合でもありました」20181003_123551-

――そのために、さっきのルイスヘッドコーチとのトレーニングだったり、色々なアプローチがあると

「そうですね、どんな練習もまず自分の為だと思ってやれば先に繋がると思いますし、ルイスさんもそういうこと言ってくれますし、そういうの一つ一つですけど積み上げながら頑張りたいと思います」

――見てて思うのが、あぁいうのでまたパワーとか付くとも思いますが、元々あぁいうパワーがないと出来ないトレーニングを出来てるのが凄いと

「そうですね、やっぱ気付いててもそういうトレーニングは結構試合をやりながらでもしてましたし、元々そういう所は自信あったのでそこをもっと磨きかけたいと思います」20181003_123619-

――22歳の抱負

「浦和でまだピッチに立ててないので、まずはピッチに立つということをまず第一に考えて頑張りたいと思います」

――斎藤翔太選手とは最近連絡とか取ってますか?

「誕生日の日に『おめでとう』っていう連絡はくれました。山形で1回、翔太は新潟だったんで会ったので元気にしてましたけど。『怪我をするな』っていうのは返信しておきました」

――これからもよろしくお願いします!

「ありがとうございます(ニコリ)」

茂木選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では