RED A LIVE 2017.4.30 OMIYA ARDIJA

☆さいたまダービーを実況生中継!

NACK5スタジアム大宮で行われる、「2017明治安田生命J1リーグ・第9節 大宮アルディージャ 対 浦和レッズ」の模様を実況生中継します。

RED A Live 2017

「 大宮アルディージャ 対 浦和レッズ  」
…4月30日(日)14:30~17:15(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ

ポラス_朝霞カーサブランカ20170303_145703-2 ◇◆◇ラファエル シルバ選手◇◆◇
※27日木曜日の練習後
「もちろん、ウェスタンシドニーに勝てたこと、そしてゴールをあげられたこと、もう本当に翌日というのは最高の気分ですし、こういった感じでライトトレーニングをさせてもらっている上で、非常にみんな良い雰囲気の中でやらせてもらっています。
本当にプレー時間が5分だろうが10分だろうが15分だろうが、出させてもらった以上、仕事をしなくてはいけませんので、きのうは監督さんの信頼を得て、後半出場させてもらいましたが、そういった決定的なチャンスをモノにできて本当に良かったですし、効果的なものが見せられたのではないかと思います。
ブラジルではダービーの経験はありましたが、日本では初のダービーとなります。それに意気込んでチームと一丸となって戦っていきたいと思います。もちろんハードなゲームになると思います。本当にチームが集中力を欠かせてはいけない、もの凄くスペシャルなゲームであると思いますし、相手はいい結果を最近は作ってきていないながらも絶対に難しいゲームになることは間違いありません。本当に自分たちが今まで見せてきたようにチーム一つとなって集中力を欠かすことなくしっかりと大宮を倒しにいきたいと思います。
多くの方がもの凄く期待している試合だと思います。そのために僕らも全力でピッチで汗をかいて勝利を得るために皆さんの力が非常に必要なので、サポートを最初から最後まで僕らと一緒にしながら、一緒に戦いましょう」20170429_155312-1◇◆◇宇賀神選手◇◆◇
※きのう金曜日の練習後
「チームもああやって良い形で、大量得点で勝って、グループリーグも突破して、凄く良いところがたくさん出た試合だったかと思うし、その反面、やっぱり自分も今シーズン戦っている中で、守備の部分で後半に押し込まれたりとか、緩んでしまう場面が多く見られるなぁという中で、この間も上から見て、少しそういう時間が多かったかなというところも見えたので、上から見ての収穫というのはそういうところが上から見ても見えたので、しっかりと修正しないといけないかなという風には思いますし、自分と同じポジションの選手が活躍していたので負けられないなという気持ちになりました。代わりに出た選手も活躍することが今のこのチームの強さだと思いますし、本当に同じポジションの選手が切磋琢磨しているのかなと思います。今シーズン、初めて上から見てみて、凄いなって思いましたし、やっぱり上から見るより自分がそこでプレーしているのが一番だなって思いました。
大宮は本当になかなかうまくいっていないシーズンだと思いますが、ダービーというのは本当に何回やってもお互いの順位に関係ない試合になっていますし、大宮もここで勝って、ここで勝つことができれば勢いがつくと思ってやっていると思うので、非常に難しいゲームになるかなと思いますが、今シーズンここまで自分たちがやってきたサッカーをすれば問題なく勝てると思いますし、ダービー独特の雰囲気だったり、ピッチの熱があると思うので、それを本当に両チームが全面に押し出した試合をしたいなと思います。
毎年ダービーの前に言っていますが、正直、大宮の選手の方がそこに懸ける気持ちがすごく強いなというのを感じましたね、ここ数年前までは。でも、やっぱり、僕は毎年言っていますが、浦和のサポーターだけでなくて、浦和の選手がもっと熱い気持ちにならないといけないのかなというのを感じていたので、ここ数年の戦いが出来ているのかなという風に思います。
以前は大宮への意識なんて関係ないとも思っていましたが、僕はやっぱり下部組織出身の選手として、そこに誇りを持って戦わなければいけないなという風に思っていますし、絶対に負けられない相手だなと思います。
慎三君もラファも二人とも非常におさまって時間が作れる選手で、他の選手も思い切って攻撃に出ていきやすくなっているのかなと、それが今の点獲れている要因の一つなのかなと思います。やっぱりあの二人の存在が大きいと思いますし、やっぱりそれに負けないぞという選手が点獲れているのが良い状態なのかなと思います。僕もゴールという部分はまだまだ足りないし、まだ獲れていないので、これをダービーで、しかもアウェイで決めれれば最高だなと思います。
チケットを入手できなかった方も多くいると思いますが、テレビでもやるので、全員に見ていただいて、しっかりと浦和レッズの勝利を見ていただきたいなと思いますし、よく、サポーターの人が『さいたまには浦和だけ』と言っていますが・・・『さいたまで“強いのは”浦和だけ』」20170429_155538-1◇◆◇関根選手◇◆◇
「良い流れは来ているかなと思います。力強いプレーの方が結果につながると思いますし、強気の姿勢でドリブルもゴール前でもゴールを狙っていきたいなと思います。数多くの得点が最近は入っていますが、そこが今の強さだと思いますし、後ろは集中して守って、前が獲ってくれるのをしっかりサポートするというのが、そういうバランスもよくやっていければ良いかなと思います。今、結果、アシストもそうですし、ゴールも獲れているので、その継続して、コンディションを維持して、あしたも結果を残したいなと思います
本当にレッズに関わる全ての人とかサポーターは特にですが、そういったところでのプライドの戦いだと思うので、内容はもちろん、圧倒したい部分がありますが、どんな形であれ結果で示したいなと思います。試合の入りというのは集中して入らないといけないと思いますし、そこで自分達優位に試合には入れれば、より楽な展開になると思うので、そこを集中してやっていきたいなと思います。
大山啓輔は同い年なので出てきたら楽しみですし、清水慎太郎君もけっこうプライベートでも会ったこともあるし、そういう齢が近い選手というのが意識はするかなと思います。清水選手は一番、今のアルディージャの中ではゴールを獲れる選手だと思いますし、ヘディングも強いし、受けるタイミングもうまいので、そういったところは気を付けてやっていければ良いと思います。
本当になかなかチケットが取れない・・取れない中でも来てくれる人は本当に共に戦いたいと思いますし、取れずにテレビで見ている人達のためにもしっかり最高のプレーをしたいなと思います」PIC_0541-1PIC_0538-1◇◆◇青木選手◇◆◇
「はい…あの…、ダービーまたできるんだなと、楽しみです。ファン、サポーターの方がすごく熱くなってくるので、やっぱり笑顔で帰せるか帰せないか、大きいと思います。
大宮への意識?結構時間が経ったのでそこまでそれはないと思います。大宮はスタイルがどんどんどんどん変わっていっている感じがするので、今はボールをしっかり保持して繋ごうというスタイルに挑戦しているのかなと感じます。
僕らは良い切り替えをしてボールを奪って、奪われた瞬間すぐ奪いに行くというのはできていると思うので、そこはまぁ、いつも通りという感じですかね。
気になる選手?渡部選手は同期なので、お互い多分、入ったときから意識していたので、そのくらいですかね。(青木選手が所属するチームに分が良いのは)何ででしょうね?ちょっと・・・そこはわかりませんが…。まぁ、勝つに越したことはありませんが。向こうにいた時もそこまで悪いイメージはなかったし、こちらに来ても悪いイメージはないので良いと思います。まずはやっぱり勝つというのがダービーは大事だと思いますし、やっぱり来てくれた人が違うところで見て応援している人が暗い顔で帰るのは多分しんどいので、同じさいたま市同士なので、歩くのもしんどいと思うので、勝って気持ちよく歩いて欲しいなと思います。
まぁ、冷静に戦いたいと思います。あしたもしっかり勝って、みんなで笑顔になれるように頑張ります」

201603051909000

Come On! REDS…13:00~13:55
REDS After The Match…18:00~19:55
・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!%e5%ae%9f%e6%b3%81m・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
13:00~13:55 Come On! REDS
14:30~17:15 RED A Live 2017(延長の場合あり)
18:00~19:55 REDS After The Match
以下の番組は休止します
・村田綾のKeep Smile
・スーパーステーション(Part1・2)
・フォークスクランブル
・埼スポウィークリー
・ラジオキャンパス

RED A LIVE 2017.4.22 VS HOKKAIDO CONSADOLE SAPPORO

☆浦和レッズ戦を実況生中継!

埼玉スタジアム2○○2で行われる、明治安田生命J1リーグ第8節「浦和レッズ 対 北海道コンサドーレ札幌」の模様を実況生中継します。

RED A Live 2017
「 浦和レッズ 対 北海道コンサドーレ札幌  」
…4月22日(土)13:30~16:15(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ

ポラス_朝霞カーサブランカ20170303_145703-2 ◇◆◇森脇選手◇◆◇
「もう、絶対負けられないなと。レッズが勝つだろうという試合ほど難しいものはないなと思っているので、とにかく勝ち点3を求めてやっていきたいなと。ただ、攻め急いだり焦ったり…というのはナシでいきたいなと。とにかく、冷静に戦いたいなという思いは強いです。
関根選手が僕を称えていた!?彼自身に良いものがたくさんありますし、ドリブルに関しても積極的に出ているので、そういった意味で僕は何もしていないですが、やっぱり彼の突破とかクロスというのはチームに大きな武器を与えているなというふうには思います。仙台戦で関根選手に出したスルーパスのようなシーンが数多く出せるようにならないといけないなという風には思っているので、1試合、2試合と限らずこれから何試合もそういうシーンを作っていきたいなと。ただ、あのシーンもタカがあのスペースに走ってくれなければ起こりえなかったシーンだったので、やっぱりそういうパスを出した後に常に止まらずに動くというのは、このチームでは大事になってくるなという風には感じました。自分が出したいところに出してもそれは意味ないパスなので(苦笑)そういった意味ではタカがしっかり走ってくれたというのに大きな価値があるなという風には思いました。
小野伸二さんという素晴らしい選手が埼スタにまたやって、まぁ、レッズでプレーしていたので、レッズのサポーターは知っていると思いますが、僕自身も伸二さんとか、そういう良い選手にしっかりしたプレーをさせないようにやらなければいけないなという風には思っています。
小野さんは、僕にとって足もとどころか近づけもしないくらいの領域にいるし、達していると思います。良い部分をしっかり吸収しながらこれからもサッカーしていきたいなという風には思います」20170421_145237-1

20170421_143714-1 ◇◆◇槙野選手◇◆◇
「日頃の練習でのゲームも、勝ち癖ですよ。普段から。1対1のバトルもそうだし、練習ゲームの中での勝ち負け、そういうところもこだわって、今シーズン植えつけていかないといけないと思っています。前の選手がたくさんゴールを決めていますし、個人的にはリーグ戦でゴールを獲っていないので、後ろの守備で助けるのはもちろんですが、攻撃のところも助けられるように力を発揮できればと思っています。
札幌についてはビデオも見ましたし、彼らの今シーズンのプレーもしっかり分析した中でも非常に面白いチームになっているなという印象と、やっぱり強いチームそして昨シーズン良い結果を残したチームに対して非常に怖さを恐れずに自分たちから仕掛けているなと。引いて守ってカウンターだけでなくて、自分たちからの攻撃のバリエーションを持っている非常に面白いチームだなという印象を持っていますし、高さもある。J1の中でもトップくらいかな? セットプレーの怖さと前線の選手の高さもありますので、そういうところに気を付けてやらないといけないと思っていますし、そういう相手に対して先制点獲られてしまうと非常に難しい展開になってしまうと思いますので、自分たちが今シーズン掲げている積極的な攻撃と守備のところもそうですが、前半我慢することも必要かなと思っています。
我慢すればするほど相手にとってもプレッシャーかかるだろうし、ジャブというくらいで、自分たちは攻撃、相手が嫌がる攻撃を仕掛けられればなと思っています。
2012年の悔しい記憶?そうですね、どんな相手だろうと、やっぱり埼玉スタジアムでは勝利が求められるし、自分たちがやっぱり浦和レッズという意味をしっかり自分たちが看板を背負ってピッチに立たないといけないと思っています。
まず試合に入る前から気持ちの面もつかないといけないし、やっぱり見に来てくれるサポーターの方たちも後押ししてくださっているので、非常に今、チームとして、チーム内でもそうですし、スタジアム内も非常にいい雰囲気を作ってくれていますので、やっていても楽しいですし、見に来てくれるお客さん達も楽しんで帰ってもらえますので、それが1年間通して続けていけないといけないと思っています」

201603051909000

Come On! REDS…12:00~12:55
REDS After The Match…17:00~18:55
・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!
%e5%ae%9f%e6%b3%81m・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
12:00~12:55 Come On! REDS
13:30~16:15 RED A Live 2017 (延長の場合あり)
17:00~18:55  REDS After The Match
19:00~20:55 RED A Live 2017 Replay(再放送※)
※サイマル放送では休止
・以下の番組は休止します。
REDS Supporter’s Eye
AKANE の Catch The Music!

4月20日 「『ポジティブすぎる』っつって」&「ミシャがそういう風に言ってくれるのは嬉しいこと」

どうもです

きのうほどでないにせよ、日なたにいれば、軽く汗ばむ陽気の大原

選手の半袖率も高まっています

札幌戦2日前のきょう、練習は午前10時頃に始まりました

ウォームアップ後の午前10時45分頃からは、ゲーム形式へ20170420_110308-1ペナからペナ、約4分の3コートがプレーエリアでした

人数はキーパーを含めて13対13

シャッフルに近いメンバー編成で、キーパーも3人がローテション

そして監督は普段ですとビブス組の守るゴール裏からゲームの光景を確認しているのですが、きょうはハーフラインからでした

チーム全体の競争意識を駆り立てる意図もあったのかもしれません

ひとり1人エネルギッシュに、積極的な声も伴う動きを見せます午前11時5分頃、給水の際に監督は選手達を集めることに20170420_110608-1「前への意識」

「人に厳しく」

「お互いの関係性を意識」

それらを、「繰り返し繰り返しやっていく」

約5分後、ゲーム再開前には「パススピード上げて!」

これまで何度も伝えられてきたことの再徹底を促しているようでした

ゲーム中は、ボランチ付近の選手に課せられたバックパス禁止ルールに則して、「逆サイドを見て!」、「広げろ!」

20170420_111232-1それらの指導を受ける選手達は、意欲的

サイド、中央、ゴール前・・・

どの局面でも本番さながらの様相でゲームは進みます

程良い緊張感も併せ持ったトレーニングは、午前11時27分頃に終了20170420_113801-1結びに監督は練習中と同様に約5分間、「動き出し」などについて熱弁を振るっていました

もう5シーズン前のことですが、2012年、埼スタでの札幌戦で味わった悔しさ、そのシーズンに及ぼした影響は忘れられません20170420_113853-1◇◆◇駒井選手◇◆◇

――1週間ぶりの完全合流、いかがでしたか?

「まあ、ちょっとキックはまだ怖いですけど、それ以外のところでは身体が動けていたし、やっぱりサッカーができるという楽しさというか、楽しさをしっかり噛みしめられたので良かったです」

――右足のねんざは、内側?外側?

「内側も外側も足首もです」

――駒井選手は右のくるぶしより少しつま先側に当てるキックがうまいので、振動が・・・

「いや全然、キックはうまくないすけど(苦笑)ふとした時に内そくというか、ひざのところはもっていかれるので、そこは少し怖かったんですけど、キックのところは馴染んでいったので、本当にポジティブだなと思うし、札幌戦もいけるなと思いました」

――きょうは中央でのプレーでした

「凄くやりがいは感じているので、本当に真ん中ができたら、色んなポジションをもっともっとできるようになるなと思うので、そこは自分の可能性を広げるためにもしっかり取り組みたいと思います」

――頭の中で、すべきことが整理されるでしょうから

「そうですね、本当に前を見ておかないとダメなポジションなので真ん中は、特に。そういうところで周りを見るというか、凄く練習になるので、それが自分に足りない物だと思うので」

――給水のタイミングで監督が選手を集めたときに、はっきりとではありませんが、「駒井」と言っているのも聞こえてきました

「例え話なんですけども、制限はつけられていたので、僕とか陽介君、俊君は絶対に後ろに下げてはいけないルールだったので、そういうところで俺が運ぶのか、パスを狙っていくのかという例え話で言われました。前への意識で、常に前を向くことと、フリックなりドリブルでターンしていくとか、まあそういうところの話がありました」

――その辺の関係性で、お互いの気持ちを駒井選手は良くわかると思うので

「そうすね、まあ、ある程度は理解していますけど、だからこそしっかりまわりがやりやすいようにプレーすることが真ん中の選手にとって大事だと思うので、そういうのを心がけていきたいと思います」

――きょうは、全員がピッチに立ったこともあり、その割り振りも関係したでしょうが、3月のFCソウル戦後に「ボランチの適正を見抜いていた」というミハイロ ペトロビッチ監督が「4億円で獲得した」と嬉しそうに冗談で話していたことを思い出しました

「いやまあ(笑)ミシャがそういう風に言ってくれるのは嬉しいことですし、自分もボランチで出るというところはね、選手としてひとつの可能性も広がるし、4億円で僕を獲ってくれたのであれば、それをしっかり還せるように頑張らないといけないです(ニコリ)」

――札幌戦。駒井選手はJ2での対戦など、イメージが浮かびやすいと思いますが

「でも(2年前から)監督が変わって、フォーメーションも変わった札幌とは対戦していないので、何とも言えないですけど、やっぱ昨シーズンの一年間でしっかりと四方田監督が外国人選手も獲ってきて、しっかりと完成させたチームなので、全く違うイメージだと思うので」

――そういう時こそ、駒井選手のドリブルで2、3人を引きつけて、切り裂く、あるいは空いたところにパスを出すプレーが相手にとって嫌かと

「まあやっぱりそういうところが自分の良さだと思うので、ドンドン出していきたいと思いますし、キャンプで僕が別メニューの時に他の選手は練習試合を札幌としていますので、みんなの方がイメージは持っているかと思います。その時はね、点もけっこう入って勝てましたけど、そういう気持ちで入らないように、それはキャンプの序盤で相手もカラダ作りの途中でしたし、気の緩みなく臨みたいと思います」

――背番号18、小野選手も着けていた

「小野さんはやっぱ18番を着けていたし、以前の18番といったらやっぱり小野さんなので、そういうレジェンドの人がつけている番号を今、僕が着けているので、やっぱり、自分も少しは近づけるように頑張りたいと思います」

――そういった存在の前で、次はぜひ、リーグ初ゴールを

「そうですね!もちろん、いつでも狙っているので、早いうちに取りたいですね、リーグでも(ニコリ)」20170420_120310-1◇◆◇那須選手◇◆◇

――この天気。さきほどグラウンド上で、「気持ちいいー!」と言っているのが聞こえてきました

「そうですね、はい(ニコリ)」

――本当に今、良い状態のように見えます

「そうですね、コンディション的には凄く良いですし、本当にいつ出番が来ても、途中からだとしても、先発でも準備はしているので、あとはその時のためにね、常に向上しないといけないと思っているので、そのためには練習からだと思っているので」

――練習後に取り組んでいるメニューのひとつ、両サイドへのフィードも、タイミングも良いし、きれいな回転がかかっているように見えます

「そうですね、うん。だいぶキックのフィーリングも上がっていますし、本当に練習の良い感触がゲームにそのまま出ていると思いますので、はい(ニコリ)」

――先日の練習試合でも、きょうのゲーム形式でもそうでしたが、若手にポジティブな声を発信していて、それがチーム全体の良い雰囲気にもつながっている印象です

「そうっすね、試合の時とか練習の時でも、チームでやらないといけないので、やっぱそのチームのね・・・やっぱミスとかは誰でも起こると思うので、その本人が気にしてしまうのが一番ネガティブな要素だと思うので、そこはね、良い声は掛けながら『ミスは関係なく気にするな!』ぐらいの勢いでやるのが一番良いと思うので、特にそこは試合になればなるほど。そういう時は良い声を掛けてあげられればなと思っています」

――そういった前向きな姿勢がこれまでの那須選手を支えてきた原動力

「はい!そうっすね(しみじみ)・・・『ポジティブすぎる』っつって、ハハハ・・・『考えろ』とも言われますけど、ハッハッハ!まあ、プライベートの話ですけどね(笑)ハッハッハ」

――そんな那須選手を日々、大原で見ているからこそ、スタジアムで活躍した時が快感なのです

「そうなんすね(照笑)チームがね、優勝するためにそうやって、昨年もそうでしたけど、やっぱチーム力というのが絶対に・・良い時はすんなり行くと思いますけど、苦境に立たさせれた時とかね、チーム力が問われるので、僕も含めてですけど、出た選手が結果を残すというのが、僕自身のことにもつながって、その結果、チームにつながると思うので、うん!とは思っています」

――札幌とはキャンプで

「そうっすね、でもキャンプはあまり参考にならないかと思っていますし、うん。もちろんチームの状況もありますし、コンディションの差もありますし、モチベーション、気持ちの入り方もありますので、まあその特徴をつかむという部分では良いかと思いますけど、チーム力としては参考にならないかと思います」

――各選手の特徴、イメージはつかめたと

「はい、それは」

――その中で、河合選手

「あーはい!まあ、レジェンドになりつつある選手ですけど、もう凄いっすよね!本当に(しみじみ)Fマリノスで一緒にプレーしてますけど」

――完全優勝を成し遂げたときは、お二人が大車輪のごとく・・・

「そうっすねー、そうっすねー(しみじみ)竜二君は本当にお世話になった先輩ですし、それでもまだバリバリの第一線でやってきていますし、やっぱそこは凄いなと思います」

――どんなところが特に凄いというか・・

「やっぱ、ストップですね。ボールを、というか、相手を止める、純粋なそこに関しては凄く確実に引っかかる。足に引っかかりますし、止める力というのは昔からありますし、足もとの技術もしっかりしていますし、あとは気持ちが強いです」

――気持ちじゃ負けられない!

「そうっすね!!ハハッはい(笑)」

――小野選手とはアテネ五輪で

「そうっすね!初めて、《天才ってこういうことなんだ》って思いましたけどね(笑)」

――その中で、あさって一番輝くのは、ギラギラした那須選手であることを楽しみにしています

「はい!ありがとうございます」

駒井選手と那須選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉でもお聴きいただけます

では

4月19日 「誕生日をこうやってチームみんなで祝ってくれて、サポーターの人もメッセージだったり、プレゼントくれたり」

どうもです

「きょうは水曜日です!(ヒゲもスッキリスマイル)」(西川選手)

オフ明けとはいえ、試合3日前のきょう、大原では午前10時から約1時間10分間、フィジカル系メニューでの調整が行われました20170419_111724-1

◇◆◇関根選手◇◆◇

――おめでとうございます。

「ありがとうございます」

――今のお気持ち、いかがですか?

「早いですね。22ですね…って感じです(ニヤリ)」

――学生だったら大学4年

「はい。何か、まだ、今年までかなっていう感じですね。学生の代までは若手なのかなって感じなので。そういうキャラで今年まではいきたいです(ニヤリ)」

――同い年とかに奢ったりとか、プロの選手である分、先輩の新井選手とかからも奢れとか、よく話していましたが…

「あぁ…、純平君。そうですね。純平君もプロに入れたのでしっかりおごってもらいたいなと思います」

――このキャラ(※コアラでおなじみのお菓子をサポーターからプレゼントされる)も定着していますね

「そうですね。4年間かけてしっかり積み上げていきました(ニヤリ)」

――それが一番の成果ですか?

「そうですね!それが一番の成果かなと思います(ニヤリ)」

――プレーの面ではどうですか? 選手として、というところで…

「うーん、まぁ…、もっとやらないといけないなという部分は多いですが、一歩ずつ成長してこれているので、まだまだそういうチームを勝たせるような選手にはなれてないので、そういう選手になれるように成長していきたいなと思います」

――でも、なかなか簡単に試合に出られるわけでもないという中、順調に経験を重ねられているというのは一つ努力の表れであると。才能も、もとからあるでしょうが…

「本当に自分を使ってくれている監督だったり、自分をうまく使ってくれる仲間もいるので、そういう選手に感謝したいですし、だからこそ、そういう目に見える結果で恩返ししたいなと思います」

――最近、アシストが…いくつ重ねたんだというくらい、どうですか? 手応えは

「うーん、まぁ、そこはある程度結果に出ているので、満足いく部分はありますが、もっとゴールを獲れるような場面に顔を出したいなとは思います」

――最近、相手のサイドバックとセンターバックの間に入り込むプレーとかがより精度を増している感じがありますが…

「そうですね!その中でもらうようなプレーというのが今年意識しているので、そこで今までと違ったプレーというか、ゴールに向かうプレーをもっと出していければ良いかなと思います」

――それにしても、点に絡む回数が増えたのって、周りがうまくなったからですか?それとも関根選手がタイミングの取り方とか精度が上がったとか、何が一番変化としてありますか?

「うーん、そうですね。ようやく森脇君の良さを出せてきているな(ニヤリ)というか、モリ君のうまさを引き出すような動きが最近は出来ているのかなと思いますが、自分が(笑)今までああいう動きがなかった分、モリ君のうまさを皆さんに伝えることが出来なかったかなと思いますが。あのパスだったり、そういったところ一つ一つの精度が高いので、そこの関係性がすごく良くなったかなと思います」

――出せるときには出して、森脇選手が良い展開とかすると、相手がそちらを警戒するから、関根選手がドリブルする時に少し余裕が出来たりとか…

「そうですね!それもありますしね、一発で動き出し見て出してくれるので、そこの関係性はすごく自分はやりやすいので、いつも助けられています」20170419_120944-1

――きょう練習後、拍手が起きていましたが、チームメイトの感謝という中で、一人一人聞いたらアレなので、岩舘選手は今年どうでした?

「冷たいですね…。変わっちゃった…(ポツリ)・・・岩舘選手は変わっちゃいましたよ(茫笑)飛び立っていきましたよ、飛び立っていきましたよ、寮から出て・・・」

――寂しい?

「寂しいです(ションボリ)」

――自分が岩舘さんの誕生日の時にあまり…、でも、けっこうサプライズをかましてたような

「寮にいたときはやっていましたよ」

――きょう、一緒に走っていたではないですか?

「はい…、特にないですよ」

――きのう、オフとかにそういうので…

「特にないですよ、全然・・・(ニヤリ)」

――今、何か含みを持たせている感じがありますが

「いえいえ、そんなことはないです(ニヤニヤ)」

――そこも良い関係だからこそだと思いますが、サポーターとの関係性というところで、応援歌が増えました

「今回は自分、また新しい歌が出来て、2つ目が出来る人はなかなかいないですが、それが浸透してくれるように結果を出して、歌ってもらえるような機会を作れれば、皆さんが覚えてくれると思うので、本当にありがたいですね」

――田中達也選手くらいですかね。22歳とか若くして2つ目が日本人にして…って、本当になかなかないことですよ。

「そうですね、本当に1個目のやつであまり歌う機会がなかっただろうし、それで難しかったのかな?(苦笑)歌も…。いろいろ話は聞きましたが。それでもそうやって2個目を作ってくれたことにはすごく感謝します」

――今回も同級生の友人が作詞?今回はそうではない?

「どうですかね!?詳しくは聞いていないです。あまり聞けないですよね。でも、電話して、試合終わった後に、歌を作ってくれるって、変わったって、そういう話はしましたが」

――より歌われるように、まず札幌戦ですが。河合竜二さんはよくご存知のはず

「はい、大先輩なので…ピッチに立つ、一緒にピッチに立つ可能性が1%もないと思っていたので、不思議ですね」

――地元、鶴ヶ島のスーパースターというか…

「自分の少年団のスーパースターですし、河合竜二さんがやっぱりそのチームの名をある程度、その時に築き上げてきてくれたものだと思いますし、だから、そこを結構離れているので、そういった選手とやれるのは幸せなことだなと思います」

――関根さんが39歳って想像できます? そのころまだ現役だとか…

「できないですね!サラリーマンになっているかもしれませんね(ニヤリ)」

――サラリーマンなんだ

「多分ですけど(ニヤニヤ)」

――とってもお世話になった池田伸康さんのような指導者になっているのではないかなと思って…

「なれないですね、ノブさんみたいには。そういう才能はないです(ニヤリ)」

――いやいやいや…。では、改めて22歳、きょう、サポーターの「おめでとう」もありましたが、そういった方へ向けて、新たな1年の抱負というか、お願いします

「本当に、まず、誕生日をこうやってチームみんなで祝ってくれて、サポーターの人もメッセージだったり、プレゼントくれたり、そういうことはありがたいですし、そういった方にしっかりプレーで結果として返せるように頑張っていきたいと思っています」

――おめでとうございます。いつもありがとうございます

「ありがとうございます!」

関根選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

「また埼スタのピッチで試合がしたい」~高木選手の近況~

どうもです

FC東京戦から一夜明けたきのう、大原サッカー場では流通経済大学との練習試合が行われました

後半からは、背番号13が昨年のCS第2戦以来となる実戦のピッチへ

左のシャドーに入ると、ペナルティエリア内で2本のシュートを放ち、そのうち一本はゴールバーに直撃

ところどころで高木選手らしいスピード感とダイナミックさを合わせもったプレーが見られました

完全復帰まで、また一歩前進です20170417_121836-1

◇◆◇高木選手◇◆◇

――何か久しぶりにです。本当に。

「はい(ニコリ)」

――今、お気持ちはいかがですか?

「無事に45分間をちゃんとこなせたというところは良かったかなと。何より結果、内容どうあれ、きょうはそれで良いのかなという風に感じます」

――45分のつもり?それともいけるところまで…どちらで?

「最初は35分って聞いていましたが、前半終わっていろいろあって、青木君がちょっと休むということで、少しこう、分数は伸びたというか。でも最初から一応45分はいく想定で、という風には言われていたので準備はしていたし、もうちょっときついかなと思っていましたが、思ったよりはこなせたというところはあるのかなという風には思いますが、反面やっぱりまだまだ…ということは動ききれていないな、というのは感じるので、自分の中でそこは気持ちの中でリミッターがあると思うので、そういう部分が外せるようにというか、足の状態がもうちょっと良くなって、そういう気持ちの部分でも外れれば100%というか、…に近づくことはできるかなという風に思っています」

――まだ、やっぱり気になってしまいますか?痛めたところとか…

「やっぱり足を置く角度によってはちょっと、痛みはないですが、やっぱり何か月も…2か月くらいかな、1か月、2か月とやっぱりついていなかったので足を、それでやっぱり足をまずついて蹴るという部分では何となく怖さだったり、違和感というのがちょっとあるので、そういった部分での引っ掛かりがまだあります」

――リミッターと言っていましたが、梅﨑選手がボールを持ったときに追い越して…で、どう見てもオフサイドではありませんでしたが、ああいうところの全力疾走とか、何か、やっぱり良いなと思いましたが…

「そうですね(ニコリ)あの時間帯はまだ自分も元気だったし、良いタイミングで抜け出したなって言う風に思ったので、そういうスピードを使った良さというのがもっともっと出せるようにしたいなと思っています」

――やっぱり実戦では違う部分があって、点獲れなかったのは悔しかったのではないですか?2回ぐらいチャンスもありましたが…

「そうですね。やっぱり出るからには結果を求めてやっているので、こういう練習試合ですが、やっぱりああいうのをしっかりと決めれるようになっていないとJの試合ではもっと難しくなってくると思うので、点を獲ることが。こういうところでしっかり決めて、またJリーグでも決めていかないと。今やっぱり前のポジション争いって結構厳しいので、正直結果出していかないと今年は厳しいと思っているので、きょうみたいな試合でも決めておかないといけないなと思いましたね」

――もう、アピールが始まっているのか…

「まぁ、一応、やっぱり復帰して、ここまで練習試合もこなしているので、次はやっぱり試合のメンバーに入っていけるような風にしていかないといけないので、やっぱり気持ちは常にこう、いつ呼ばれていも良いようにしないとなと思っています」

――今、ラファエル シルバ選手とか点を獲りまくっていると、すごい刺激を受けていると思いますが、ただ、焦ったら意味がないですから…

「そうですね。そういう余計なことは考えずに、しっかりと平常心で、安定した気持ちでプレーし続けられれば良いかなという風に思っています」

――実際、良い状態を保てればチャンピオンシップにだってスタメンで出ていたわけですから、このメンバーの中で…

「はい、そうですね(ニコリ)やっぱり昨年ももちろん、いろいろなメンバーがいて、その中で争って、最後ああいう形で試合に使ってもらっていたという部分は自分の中でも自信になっているので、そういう部分で自分がやっぱりここから試合に出るというところで、またしっかりとしたアピールが出来ていけば、ああいう時期は訪れてくるのかなという風に思うので、ここからしっかり積み重ねてトレーニングで良いところを見せていけたらなという風に思っています」20170417_125755-1 ――本当に久々に話を聞きますが、ケガした時ってどんな感じの心境というか…

「ケガした時期もそうだし、いよいよこれから始まるという時にそういう休みが続いてしまったという部分ではちょっと、キャンプも出られないし、そういった部分では確実に遅れるだろうなという風には思っていたので、一瞬頭が真っ白になりましたが、そのケガの部分というか、ケガ自体が疲労骨折という形だったので、その疲労骨折というのが正直、いつ来るかわからないし、その瞬間でやるものではないので、蓄積されるものなので、それがもしポジティブにとらえるとすれば、シーズン中に来なくてよかったなという風に思ったりはしましたが、ベストなのはもちろん、ケガせずにシーズンを終えるというところだと思いますが、あるとしたらタイミング的にはまだ早かったのかなという風に思います」

――良いです、ポジティブに考えられるようになって…

「そう考えるしかなかったというのもありますが…(ニヤリ)」

――きょうまた、どんどんピッチに立ちたいなという思いは強まっていると思いますが、サポーターの方々も本当に楽しみにしていると思うので、今このチームに高木選手が入ったらどういう魅力が増えていくかというところで楽しみにしている方々に一言いただけますか?

「そうですね、限りなくそういう風に期待してくれている人達がいるのなら、やっlぱり1日でも早くピッチに立って、やっぱりまた埼スタのピッチで試合がしたいですし、やっぱりそこで得点する姿とかを早く見せられたらなと思うので、まずはやっぱり、いきなりそこ…ということはないと思うので、しっかりトレーニングで、良いトレーニングを積んでまだ戻ってきたいなと思っています」

――考え方が更に成長して大人っぽくなったというか、久々に話を聞いて感じました

「あまり僕、出過ぎたことを言うと自分にプレッシャーをかけてしまうので、あまりそういうのはやめておこう、というタイプなので(苦笑)昔はすごい言っていたなという風に感じていますが。でも、まだまだ若い方ですが、ちょっと年はとったかなという風には思います(笑)」

――では、きょうはきょうで、ひとまず、おめでとうございます。また復帰した時にもう一度「おめでとう」と言える日を楽しみにしていますので、きょうはありがとうございます

「ありがとうございます(ニコリ)」

高木選手のインタビュー全容は、今夜7時(再放送は23時)からの〈You’re The REDS 〉でお届けします

では

RED A LIVE 2017.4.16 VS F.C.TOKYO

☆浦和レッズ戦を実況生中継!

味の素スタジアムで行われる、「2017明治安田生命J1リーグ・第7節 FC東京 対 浦和レッズ」の模様を実況生中継します。

RED A Live 2017
「 FC東京 対 浦和レッズ  」
…4月16日(日)13:30~16:15(延長の場合あり)

提供/ポラスグループ

ポラス_朝霞カーサブランカ

20170303_145703-2

◇◆◇宇賀神選手◇◆◇

「中4日だったら普通の1週間と大して変わらないなというイメージです。身体の疲れもそんなにないですし、試合勘という意味でもこれくらいのペースだったら良いかなと思います。もう、あしたはもっと暑そうなので大変そうかなとは思いますが。ふくらはぎの筋肉ですか?それは走りのトレーニングの効果かと思います。20170415_120443-1FC東京は今なかなかちょっとうまくいっていない感じがしますが、あしたはメンバーをちょっといじってきそうな雰囲気なので、そういう替わりで出た選手というのが《ここでチャンスをつかめば…》という気持ちをもってやってくると思いますし、そういうところが難しいところかなと思いますが、自分達がここ最近見せているパフォーマンスをすれば問題ないかなと思っています。本当に、あしたの1試合で自分の人生が変わるかもしれないという気持ちでやってくると思いますし、自分も実際にそうでしたし、そこをつかめば今の自分のようにずっと試合に出られるという、そういう大事な一戦だと思うので、そういう選手達に負けないくらいの気持ちをもって戦わないといけないかなと思います。20170415_122259-1自分達が目標としているものはリーグ優勝ですし、それを、圧倒して優勝するくらいの力は自分達にあると思いますし、ここ最近サッカーではそれを見せられているとは思うので、あしたの試合でもしっかりと結果というもので示したいなと思います。20170415_122319-1永井選手は大学の時から知っていますが、攻守においてハードワークできる選手なので、そこをより守備に重点を置かせるようなボール運びだったりとか、自分達のゲーム運びというのをしたいなと思いますし、攻撃の部分では非常にスピードの部分はストロングだと思うので、シュートもうまいですし、クロスもうまいですし、キーマンになる選手の1人だと思うので、自分のサイドに来れば槙野と2人でしっかりと封じ込めたいなと思います。(槙野選手の大きなカーブを描く縦へのフィード)本当にあそこまで僕の精度次第だと思うので、簡単ではないボールですが、トップスピードでしかもあれだけ回転かかってきて…のボールですが、自分のところ次第でもっとゴールは生まれると思うし、ただあれを警戒してくれれば、また違った駆け引きの部分で有利に立てると思うので、そこで1本決めることができれば、より相手は警戒すると思っていますし、チャンスがあればやりたいなと思います。20170415_122320-1(菊池選手が右で先発の可能性)若い選手がワイドはすごく多くて、ヒラさんは一番上の年齢ですが、ヒラさんも多分そうだと思いますが、若い選手が非常に多くて、そういう選手に刺激を受けているというのも正直ありますし、また大介があした良いプレーをして、活躍してくれればワイドの競争も激化すると思うので、そこで切磋琢磨しあえているというのが、良い状態なのかなという風に思います」

201603051909000

Come On! REDS…12:00~12:55
REDS After The Match…17:00~18:55

・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!%e5%ae%9f%e6%b3%81m

・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。

9:00~ 9:55 ぐるっと360度(短縮)

10:00~10:55 シックすっくシュクル(時間変更)

12:00~12:55 Come On! REDS
13:30~16:15 RED A Live 2017(延長の場合あり)
17:00~18:55 REDS After The Match

以下の番組は休止します

・村田綾のKeep Smile

・スーパーステーション(Part1・2)

・フォークスクランブル

・埼スポウィークリー

4月14日 「成長した自分を確認できます」

どうもです

FC東京戦2日前のきょう、まるで初夏のような陽気の大原で、練習は午前10時にスタート

アップ後は11対11でのハーフコートゲームへ

「後ろから前へ、サポートサポート!」

と監督20170414_111035-1

この日、ビブス組の右サイドに入った菊池選手へは、

「動き出してみて、動き出してみて!」

その後、菊池選手はすぐさまダイアゴナルにゴールへ走り込み、ペナルティエリア手前で青木選手のフィードをピタリ

「ブラーーヴォ!」(監督)

さらには武藤選手にタイミングの良いパスを送り出してのアシストなど、ミハイロスタイルへの上々のフィット感を示していました

20170414_111248-1練習は、午前11時35分頃に終了しています 20170414_113144-1「森脇君、リフティングゲームしよう!」(槙野選手)

「いーいーいーいーー!俺がどうせ負けるから!」(森脇選手)

20170414_113713-1

春爛漫、心地よい天気も手伝ってか、練習後はピッチに残り、シュート練習やランニングなど、それぞれがそれぞれのメニューでもう一汗

その中で李選手は約20分間、ピッチに寝そべり、桜吹雪に身を委ねていました20170414_114911-1◇◆◇李選手◇◆◇

――今、ずっと春を満喫していたような…

「満喫していました!」

――なんか、絵になります

「いやいやいや…(ニコリ)」

――花びらがどんどん落ちてきて…

「きれいですね!」

――自然から力をもらうというわけではないですが

「もらいました!たくさん」

――どんなことを考えていましたか?

「どんなことを考えていた? いやぁきれいだなって。きれいだなって思っていましたよ!」

――春は好きな季節ですか?

「好きですよ。暑くないので、寒くもないし」

――李選手は相当熱いですよ

「何言っているんですか!?」

――ずっと見ている姿が印象的だったので…

「いやぁ、良いですよね(ニコリ)桜は毎年見る景色が違うので、成長した自分を確認できますから」 20170414_120712-1――あさってはまた楽しみなFC東京戦ですが

「まぁ、高校から、ユースの時からずっとお世話になっているところなので、中3からですからね。知っている選手もたくさんいるし、関係者の方が選手よりも知っている人が多いかなと思うくらいなので、自分にゆかりあるところなので、サポーターの前で、李忠成をまた見せたいですね」

――FC東京も何人か新しい選手入っている中で、また変わっているところが…

「すごいですよね、前の選手。もう、タレントで言ったらレッズくらいあるタレント力だと思いますが、本当に素晴らしいチームだと思うので、しっかり自分たちのサッカーをしないと食われてしまいますね」

――自分たちのサッカーというところを、より自信持ってできている?

「得点も獲れているので。1点だけでなくて2点、3点、4点、5点、6点…って、獲れるチームだと思うので、本当にバイエルンとかバルサとか、ああいった見ていて面白いサッカーをこれからもっと見せることによってサッカーの人気が出ると思うので、レッズがけん引できればなと思いますよ」

――この間、1対1になった時に李選手はループシュートが得意だから浮かすかなと思ったら、股を通しました。今度からキーパーはどっちを守れば良いか、よりわからなくなってしまったかと

「えぇ、もう…、まぁ…。何でも打てるので!(ギラリ)」

――李選手、昨年熊本にも足を運ばれましたが、1年経ちました

「そうですね。1年経ちますね。今でも巻誠一郎さんとか、色々な活動をされていますし、本当に今でも困っている方がいると思うので、自分も福島もそうだし、熊本もそうだし、今回、NPO法人【SPOON FOUNDATION】っていうのを立ち上げたので、そういったところでも、国内でも行けたらなと思いますが」

――被災地の方へのエール

「まぁ、やはりサッカーというのは、スポーツというのは、本当に感動を与えると思うので、勝っても負けても、勝つ喜びを負けるくやしさというのは、スポーツの素晴らしさだと思うので、是非、浦和レッズを応援して、共に戦って勝利の喜びを共有できたらなと思います」

――ご自身も一つ目標を設定して、寄付ということを先日発表されましたが、そういうところでもまた…

「まぁ、あれは本当に形になるというところで、寄付という形で、形にしたかったスポーツの力というのを、形にしたかったので、ああいう形にしましたが」

――では、味スタでは20万円分くらい…

「4点ですか? わかりました。頑張ります!(ギラリ)」

李選手のインタビューは、このあと19時(再放送は23時)からの〈You’re The REDS〉でお届けします

では

 

 

4月13日 「次の試合も期待してくれたら良いと思います」&「相手をしっかり止める、自分達が前に出る、そして結果を残す」

どうもです

綺麗な桜

勝っているからなおさらそう感じます

とか言っているうちにあと数週で新緑へ

どんな季節も気持ちよく迎えられればハッピーです20170413_122018-1さて、FC東京戦3日前のきょう、練習は午前10時頃に始まりました

上海上港戦のスタメン組は軽めの調整

他のメンバーは、8対8のゲーム形式で精力的に汗を流しました

そこには高木選手の姿も

KLM+Rは好調を維持していますが、高木選手が復帰すれば高木選手にしか魅せられない素晴らしいプレーがありますので、どのようなハーモニーを奏でるか、今から楽しみです20170413_110057-1

◇◆◇興梠選手◇◆◇

――コンディション

「まっ、まあまあです(ニコリ)」

――きょうのゲームでも、動き出しの鋭さなどで良いプレーが見受けられました

「いやまあ、日曜日の試合にむけて、準備していくだけだし、ケガをしないように…日曜日にコンディションを持って行けたら良いかと思います」

――上海上港戦で欠場した分も、良い方向に持って行けそうかと

「ま、個人的には身体を休められたし、連戦を戦う人もいるので、まぁその人達以上に走ってね、チームに貢献できたらと思います」

――2日前の試合をピッチ外から見て感じたこと

「前半はけっこうね、うちのペースでゲームに入れたと思いますけど、後半はけっこうね…もう押されっぱなしでね、本当に見ているのも疲れるぐらい(ニヤリ)プレーしている選手も大変だったと思うし、まあでもああいうね、サッカーをしていく上で相手がPKを2本外してくれるというのは、なかなかないことだと思うし、チーム一丸となって戦った結果としてね、勝ち点3を獲れたと思うので、まあ出た人達が本当に頑張ってくれたと思います」

――自分が出たときは点を獲って楽にしてあげたい、と

「まあ、上海との試合もそうでしたけど、やっぱ2点目が獲れればだいぶ楽な試合になるので、2点目って凄く大事なのだと改めて感じました」

――守備では無失点が続いて、そこでの最前線にいる選手の貢献も高いのでは?

「うん、まあ、今のサッカーはね、11人で守って11人で攻撃しているし、それがミシャのサッカーだと思うし、前の選手だから守備をしないというのは、今のサッカーでは違うと思うので、まあ、どっちも貢献できるように頑張っていきたいと思います」20170413_111131-1――FC東京の印象

「まあ、攻撃というよりかは守備が強いという印象があるので、まあでも、けっこう点の取り合いになるので、それもそれで観ている人達も楽しいと思うし・・まあうちは点を獲って、失点ゼロで抑えられるように頑張っていきたいです」

――前節がそうですし、昨年のルヴァンカップ準決勝もうそうですが、ハットトリックが続くことも

「まあ、ないでしょうね!(ニヤリ)はい、とりあえず、チームが勝つように頑張ります(ニコリ)」

――ゴールは重ねられていてリズムは良い、と

「そうですね、まあ自分自身、点を獲ったら立て続けに点が獲れるシーズンが多いので、まあ次の試合も期待してくれたら良いと思います(ニコリ)」

――大久保選手とのストライカー対決ではありませんが・・・

「まあでも、自分で自分のことをストライカーとは思っていないので、自分よりラファの方がストライカーっぽいので(苦笑)まあ、バランスを取りながら、出来れば点を獲れるように頑張りたいです」

――サポーターは「浦和のエース」と呼んでいるので

「・・・まあ、期待に応えられるように、頑張ります!」20170413_105814-1◇◆◇槙野選手◇◆◇

――連戦

「良いチームと対戦して良い結果を出せていますので、チームの雰囲気もそうですし、個人的にも好感触がありますので、ただもうワンランク上げていかないといけないと思っています」

――そのあたり、槙野選手らしい

「まあ(ニコリ)勝った中にも個人的には反省材料がたくさんありますし、まだまだ満足してられないです!」

――仙台戦の前日にお話をさせてもらったとき、3日に久々のオフがあった分、「気の緩みがないよう、入りに気をつけたい」と言っていましたが、そういう意味では無失点が続いて良い入りが出来ていると

「うん、まあ後ろの選手の意識が非常に高まっていますし、チームとしても修正できている部分もありますけども、何よりも後ろの選手だけじゃなく、前線の選手の高い守備意識と貢献度というところもね、非常に光るところがありますので、チーム全体で出せている結果かと思います」

――修正という意味で、きょうは監督と話をしている時間が長かったようにも

「まあ、勝っている中でも“ここのプレー”と“ここの時間での課題”というところも監督は伝えてくれていますし、監督からのフィードバックもありますけど、選手からも監督に対してもそうですし、選手個々で話し合いも出来ているので、良い時間というか、良い関係性が出来ていると思います」

――具体的に出ている事柄としては?

「JリーグとACLでは相手の特徴、攻められる時間の違いなど色々ありますけども、チーム全体として、良い守備から良い攻撃というのが出来ていますので、まずは安定した守備がチームのベースかと思っています」

――上海上港戦は興梠選手も見ていて疲れるぐらいだった、と

「ハハハッ、そうっすね!(笑)やってるぐらいの方がね、ちょうど良いと思いますけどね!観ている方がハラハラしてしまうと思いますけどね!」

――自信にはつながった

「まあやっぱり質の高いチームと対戦することによって、自分達の元々持っている以上のものがね、引き出せてもらえますし、あとはやっぱり、平日にもかかわらずサポーターの方々がたくさん来てくれたので、そういう方々の後押し!というのも僕らのエネルギーとして動かしてくれていますので、はい!引き続きサポートをお願いしたいです!」20170413_122043-1――FC東京

「毎年、非常に難しい、勝敗がどちらに転ぶか最後までわからない展開が続いていますので、“ゲームの入り”そこに注意したいと思います」

――4バックの相手の時には、揺さぶる意味で特に有効的なプレーとして、槙野選手がビルドアップの段階で右から流れてきたボールを右足インフロントで思いっきり蹴るフィード。中に蹴ったかと思いきや、鋭いスピンで左サイドタッチライン際を走る宇賀神選手に曲がっていくキック・・・

「ハッハッハッハッハ!(笑)まあうちに関わるすべての方はわかっていると思いますけどね(苦笑)今シーズンは相手もさらに研究を重ねていますからね、よりその研究や分析を越えたプレーを、パスの質というのを出していかない蹴ればいけないと思うし、まだ完璧にあそこからボールにつながったプレーがあまりないので、宇賀神選手がトラップしやすい、次につながるようなパスというのをね、僕も出していかなければいけないと思っています(笑)」

――2015シーズンの味スタでの対戦では

「はい!通ってはいますけど、唯一本当、得点につながったのはあれだけだと思いますので、もっと数多くの崩しとバリエーションを増やしていけないと思っています」

――FC東京に、大久保選手。そのあたりのイメージというのは

「まあ面白い相手だと思いますし、やっぱりうまい選手、強い選手そして怖い選手がそろっているクラブだと思いますので、Jリーグにも非常に歴史のある、名前を残してきている選手がいますので、そういった相手をしっかり止める、自分達が前に出る、そして結果を残すというところが僕たちに課せられている仕事だと思いますので、最後の最後まで全うできればと思います」

――大久保選手との駆け引きとして大事なのは?

「どんな相手ともそうですけど、ゴールから遠ざけるプレー、ラインを押し上げること。そうして彼を守備に回すこと、自分達が幅と深みを持ったボール回しと選手の配置というのが一番大事かと思います」

――森脇選手と永井選手の方は・・・

「いえいえ!彼はオスカル選手ともうまく渡り合っていたので、嫌がられる選手ですからね、そういう担当は森脇選手に任せたいと思います」

――昨年、雨の埼スタFC東京戦での得点も印象的ですので、期待しています!

「はい!がんばります!」

興梠選手と槙野選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉でお聴きいただけます

では

RED A LIVE 2017.4.7 VS VEGALTA SENDAI

☆浦和レッズ戦を実況生中継!

埼玉スタジアム2○○2で行われる、明治安田生命J1リーグ第6節「浦和レッズ 対 ベガルタ仙台」の模様を実況生中継します。

RED A Live 2017
「 浦和レッズ 対 ベガルタ仙台  」
…4月7日(金)19:00~21:45(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ

ポラス_朝霞カーサブランカ20170303_145703-2

◇◆◇森脇選手◇◆◇

「無事迎えました。31ですよ。本当ですか?若いですか?若々しく…。いやぁ、この歳になると誕生日を迎えるのも何かあまり嬉しくないというか、年齢を28くらいで公表…、何て言うの?年齢詐称?しておきたかったなって。31になるとどうしてもベテランという扱いを受けてしまうので、まだまだ若くいきたいなという思いはあります。やっぱり違いますね。まずイメージが違うし、大変ですよ。20170406_152413-1奥さんからは、『おめでとう』の言葉だけですね、“とりあえずは”。試合終わって、考えてくれるのではないかなという風には思いますが。試合前だったので結構バタバタしているところがあったので、試合終わって、盛大なパーティーを開いてくれるのではないかなという風には思っていますが、もしかしたらないかもしれませんね。でも、楽しみに待っていたいなとは思います。20170406_152440-1本当に誕生日迎えて31歳迎えて最初の試合なので、またホームで試合をするので、絶対負けられないなと、そういう思いが強いので、しっかり気持ちを込めてあしたは戦いたいなと。いつも気持ちをこめて戦っていますが、それ以上に強い気持ちを持って挑んでいきたいなという思いがあります。

20170406_152620-1チームメイトもね、グループというか、チームメイトだけのLINEグループがありますが、誕生日のメッセージをみんなくれないのではないかなと、僕は予想していましたが、みんなくれたので『おめでとう』っていう。何か、こう嬉しさ半分、何かモヤモヤした気持ちが。でも、一番最初に司が、梅崎が『おめでとう』っていうメッセージをくれましたが、多分、それがなければ、多分誰も送ってなかったのではないかなという、推測はできますね!だから、それまで陽介なんかもきのう、おとといくらいは『モリ、誕生日おめでとう』って言ってくれていましたが、きょう『おめでとう』の言葉がないのです。だから、きょうは全く一緒でしたが、『きょうが誕生日だよ』というのは伝えました。

20170406_153056-1仙台はシステムを見ても浦和に非常に似ているなと。そういう部分で、何と言えばいいですか、相手が僕らに合わせてきている部分があると思いますが、長年3バック、今の浦和のシステムをやっているのは僕たちなので、そういうところで分があるのではないかと。しっかり自分たちがスタイル出すことができれば、間違いなく勝利をもぎ取れる、そういう思いがあるので、とにかく自分達がどうあるべきかしっかり出していきたいなと。神戸戦の前半で監督が結構怒っていましたが、ああやって各々が個人個人、好き勝手なプレーをしていてはダメかなという風には思います。20170406_154148-1無失点?間違いないですね。ディフェンダーとしては、仰ってくださったとおり、まずは無失点で終える、無失点で試合をクローズさせる目標を立てて試合には入っているので、それがなかなかできていないという悔しさはあるので、その悔しさを持ってあしたは臨んでいきたいなと。何か一つきっかけをつかめれば良いかなというのがあるので。とにかくあした、良いゲームをして、無失点でなおかつ勝利を奪って、良い誕生日の最初の試合を終えたいなという風に思います。20170406_160824-1まだまだ、やるべきことはたくさんあるので、ドンドン、ドンドン、進化していきたいなと。31歳、とにかく楽しんで、パワフルに過ごしていきたいなという思いは強いです!」

201603051909000

Come On! REDS…18:00~18:55
REDS After The Match…23:00~23:55

・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!%e5%ae%9f%e6%b3%81m

・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。

15:00~15:55 アフタヌーン・パラダイス(短縮)

16:00~16:55 You’re The REDS  Friday(時間変更)

17:00~17:55 ウィークエンド・パス(短縮)

18:00~18:55 Come On! REDS
19:00~21:45 RED A Live 2017 (延長の場合あり)
22:00~22:55 大宮アイドールのなんてったってアイドール!(1時間繰り下げ)
23:00~23:55  REDS After The Match

・以下の番組は休止します。

20世紀ポップスアワー

 

4月5日 「花見で気持ちよく寿司を食べてもらえるように」

どうもです

暖かくなったことに伴い、今年初の”コートなし”だった方も多かったのではないでしょうか

春爛漫

そんな言葉がしっくりとくる仙台戦2日前のきょう、練習は午前10時から始まりました20170405_131955-11ウォームアップ後は、約4分の3コートでの11対11へ

ビブス組は、ここまでレギュラーで出ている選手が主でしたが、中にはいくつかの入れ替えがあり、それも相まってか特にゴール前での激しい攻防が多く見られました20170405_110456-1「持ち出すときは、動きながらボールを受けるように意識しよう」

「パスのスピードを上げるように!特に中央突破では」

「縦狙う縦狙う縦狙う!動かしながら!」

監督もホットな声で選手にハッパをかけます

「阿道、選択肢つくっとけ!」(柏木選手)

春の陽気も手伝ったのでしょう、選手ひとり1人のテンションが高め

花粉症の平川選手も攻守に渡って躍動

タッチライン際では、ブラインドサッカー日本代表の”カトケン”こと加藤選手もその雰囲気を感じ取っていました

午前11時30分、李選手のパワフルな左足ボレーがゴールネットに突きささり、練習は終了しています20170405_111744-1

◇◆◇武藤選手◇◆◇

――お疲れ様です。これだけ天気が良く、暖かくなって、身体もよく動くのでは?

「そうですね!練習後もすごく気持ちよく自主練も出来ますし、良い天気で、みんな良い状態で練習が出来ていると思います」

――ここ数試合の手応え、ご自身のプレーはいかがですか?

「まぁ、神戸戦はもっともっとやれたと思いますし、ボール引き出したりですとか、やれるプレーはもっともっとあったと思うので、点も獲れなかったですし、そういう悔しさというのは次の試合でぶつけられたら良いなと思います」

――印象ですが、リズムに乗ってきて、「さぁ、ここから…」というところのように見ていて思いましたが…

「神戸戦ですか?まぁ、もちろん、僕としても試合に出たい気持ちはありますが、それを決めるのはミシャなので、何かが足りなかったから替えられたと思いますし、替わってから点も入っているので、そういう意味では僕がいる時に点を決められるようにもっともっと頑張りたいなと思います」

――そういう意味で今週、意識していることっていかがですか?

「やっぱり、どこもブロック作って守ってくるチームが多いので、そういう狭いスペースの中でも、うまくボールを受けて、チームの攻撃のリズムを作りたいですし、いかにそういう一瞬の隙を突いて、狭いスペースの中で前を向いて仕掛けて怖さを出せるかだと思うので、そういう部分を出していければゴールにもつながってくるのではないのかなと思います」

――きょうのゲーム、監督もいろいろ指示を出していましたが、どんなお話がありましたか?

「きょうですか?しっかり切り替えの部分だったり、前が攻めた時に後ろ押し上げろだったり、言っていることはそんなに新しいことは言っていないと思うので、自分達のもっともっと伸ばしていかなければいけない部分とコンビネーションだったり精度を上げてやっていければ良いのかなと思います」

――視野が広くて、そのあたりで先を読むプレーとか、さすがと思える部分がたくさんありましたが…

「そうですね、個人的に今年開幕してからしっかり身体が動けていると思いますし、良い部分も出せていると思うので、その精度と回数というのをもっと増やせればゴールも増えるのではないかと思っているので、次の試合も出番もらえたら結果を出しにいきたいと思います」

――プラス、ドリブルのキレも良い感じではないですか?

「今年、昨年からもそうですが、自分の中で上げてきた部分ではあるので、もっともっと仕掛けて相手に怖いと思われるようなプレーヤーになっていければ良いなって思っているので、そういう部分でドリブルはすごく今の自分のとっては大事かなと思います」 20170405_110834-1――次、古巣との試合なので、そこでも一つきっかけになりそうな、あさってではないですか?

「浦和に来てからホームの仙台戦は点を決められているので、そういう意味では良いイメージを持っていますし、仙台のサポーターの皆さんにやっぱり自分の良いプレーを見せたいと思うので頑張りたいと思います」

――最近の仙台の印象はいかがですか?

「戦術というか、フォーメーションが変わって3バックとかでやっているので、僕がいた時の仙台とはまた違うと思うので、あまり何とも言えないですが、勝ち点も稼いでいますし、手強いチームだと思います」

――さっき『ブロック』と話していましたが、まさしく次がそういう相手で真価が問われるというか、ここで…

「5枚で守ってくると思うので、今の仙台は、自分につかれる対面の相手に負けないように意識したいですし、ウチと同じような戦い方をしてきていると思うので、今年の仙台は、そういう部分でこれだけ長くやっているレッズが負てはいけないと思うので、必ず勝ちたいと思います」

――春休み中の子ども達、仕事で忙しい方もみんなの気持ちが集まる、埼スタでの金曜試合

「本当に練習からたくさんの子供たちも来てくれていますし、夢を持たせることの出来るようなプレーをしたいと思いますし、平日でもいつもレッズのサポーターも沢山来てくれるので、必ず勝利して、みんなでしっかり笑顔で終われるように、上海に向けても良いゲームが出来るように頑張りたいと思います」

――花見に寿司を…

「そうですね!僕はなかなか行けませんが、花見で気持ちよく寿司を食べてもらえるように金曜日はゴールを決められたら最高です!」20170405_131937-11武藤選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では