RED A Live 2016.6.25 VS 神戸

☆浦和レッズ戦を実況生中継!

埼玉スタジアム2○○2で行われる、「2016明治安田生命Jリーグ
ファーストステージ最終節・浦和レッズ対ヴィッセル神戸」の模様を実況生中継します。

20160624_15305120160624_153310(0)20160624_153155◇◆◇関根選手◇◆◇

「まぁ、本当に良くない状況が続いて、ホームでやっと勝てたので、次またホームでやれますし、次勝たないと意味がないと思うので、しっかり結果で応えたいなと思います。もっとやらなければいけないなとも思いますし、チームとしてやるべきことというのはしっかり整理しながら、またセカンドステージに向けても大事な試合でもあると思うので、しっかり内容もいいもので勝利を収めたいなと思います。今年に入って右でも左でもやることが多いので、あまり意識するというよりは、自分の思ったプレーというのをしっかりやることが大事だと思いますし、そこの勢い、積極的にいくところはいけるようにしたいなと思います。右の時は右足でトラップしていけますけど、左に入ったら左だったり右だったりどちらかの足で、良い状況で、状況に合わせてトラップでき、普段より良い状況になるとは思いますので、そこは意識してやりたいです。前のフォワードの選手が本当に調子良いと思いますし、この間の試合に似ているのではないかなと思うので、そこのリスク管理をしっかりしながら自分たちがゲームを作っていければ良いかなと思います。高橋峻希選手は本当に勢いある選手ですし、精神力がすごくあるので、そこの駆け引きのところで負けないでしたいなと思いますし、ユースの先輩としても意識するところがありますので、負けないで、やりたいなと思います。そこも鍵になってくると思いますし、そこで自分も結果を残したいなと思います。原口選手!?解説やるらしいですね。《できるのでしょうか?》って感じですけど。試合中は分からないですけど、どのような解説をしているか、試合が終わった後、もう1回試合を見直す楽しみがあるかなと思います(ニヤリ)細かいところもそうですけど、守備のところだったり、成長している姿を見せられればいいかなと思っています。原口選手とは最近も連絡を取っていて、いろいろと率直な意見を言ってくれるので、自分にとってすごい良いアドバイスになっていますね。何とは言わないですけど(ニヤリ)【WE ARE DIAMONDS】を埼スタでまた歌えるように頑張りたいなと思います」20160624_161616

20160624_152806RED A Live 2016
「浦和レッズ対ヴィッセル神戸」
…6月25日(土)18:30~21:15(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ

201603051909000

Come On! REDS…17:00~17:55
REDS After The Match…22:00~23:55

・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!

20160428_181853

20160428_181912・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
17:00~17:55 Come On! REDS
18:30~21:15 RED A Live 2016(延長の場合あり)
22:00~23:55 REDS After The Match

実況M

 

6月23日 「正直、まさか自分がこういう風にオーバーエイジで呼ばれるとは本当に思っていなかった」

どうもです20160623_120631-1FC東京を相手にしての逆転劇から一夜

弱い雨の中、大原サッカー場でのトレーニングは午前11時から始まりました

きのうの試合に長時間出場した選手はクールダウン

それ以外のメンバーは約1時間、ゲーム形式を中心としたメニューで負荷を掛けました20160623_120812-12日後にはすぐ、神戸戦を控えます

赤の鼓動、Come On REDS!
20160623_120843◇◆◇興梠選手◇◆◇

――今朝、オーバーエイジ選手としての内定が発表されました。まずは率直なお気持ちを聞かせていただけますか?

「まあ個人的にチームを離れるということで凄い悩みましたけど、なかなか最近チームが勝てない中で、決断することは凄く難しかったけど、自分がどこまでできるのか、そして、オリンピックから帰ってきた後にどれだけチームに貢献できるかとか色々と考えた時に、自分のレベルアップした姿を見せたいと思っていたので、決断しました」

――経緯、決め手となったことなどについて詳しく聞かせていただけますか?

「まあ最初はね、断っていたんですけど、まあ手倉森監督から直々に連絡が来て、『一緒に戦って欲しい』とのことで、熱く来たのでね、《それに応えたいな》ってどんどん思いが変わった感じです」

――最初にお話の通り、チームを離れることについては相当・・・

「まあ、自分がチームを出て、チームが勝てなくなるってことは全く考えていないですし、まあ自分が一番恐れているのは、代わりに入った選手が結果を出して、自分の居場所がなくなるというのがね、一番…恐いので、そういう意味で全部引っくるめてちょっと…どうしようかなという考えはずっと思っていました」

――代表に入ったからには、どんなものをもたらせると思っていますか?

「いやまあ、テグさんからは、『前でキープしてゲームを作って欲しい』と言われたので、まあそれを自分を得意としているので、そういうのをね、出せれば良いと思うし、まああとは、自分にはね、そんな“あと”はないので、今オリンピックの代表に入る選手はまだ若いですし、またこれからA代表にどんどん入っていく、いかないといけない選手達ですから、そういう人達に思いっ切りプレーをさせてあげられるようなね、プレーをしていきたいと思います」

――メダルのかかる大会でもありますが、目標としては?

「いやもちろん、行くからにはひとつでも上に、そしてメダルも取りたいすけど、まぁまずは、初戦というのが凄い大事です。そこに全力を注いでいきたいなと思います」

――国際大会という意味で、対戦が楽しみなチームなどはありますか?

「まあ本当にそういう経験があまりないので、まぁほんと1試合1試合楽しみですし、まあどこっていうのはないですけど、まあホント、1試合1試合楽しみながらやっていきたいなと思います」

――北京大会の時は予選も経験していますが、改めてオリンピックへの思いを聞かせていただけますか?

「まぁ正直、まさか自分がこういう風にオーバーエイジで呼ばれるとは本当に思っていなかったし・・・本当、嬉しい限りですけど…オーバーエイジというのは難しいものだと思うので…それに見合ったようなプレーができるように頑張っていきたいなと思います」

――レッズのサポーターはもちろんのこと、日本中の期待を背負うことになります。応援する方々へ一言、お願いします

「そうですね、あの本当・・・さっきも言ったように、本当、オーバーエイジというのは難しいので、あのー…戦力にならないといけないと思いますので、観ていて楽しんでもらえるようなプレーをどんどんしていきたいなと思います」

きょうの練習後に行った興梠選手のインタビュー、FC東京戦後の監督及び選手のコメントは、今夜7時(再放送は23時)からの「You’re The REDS」でお届けします

では

 

RED A LIVE 2016.6.22 VS FC東京

☆浦和レッズ戦を実況生中継!
埼玉スタジアム2○○2で行われる、「2016明治安田生命Jリーグ
ファーストステージ第13節・浦和レッズ対FC東京」の模様を実況生中継します。

20160621_145421 20160621_161019 ◇◆◇武藤選手◇◆◇
「(練習が終わる前に輪の中で阿部選手がみんなに向けて)『こういう時だからこそ、みんなで積極的にトライしていこう』という風な話をしていましたし、ネガティブになるのが一番良くないと思うので、何とかホームですし、しっかり勝って、この雰囲気を…何て言うのですかね…良かった雰囲気を取り戻したいと思うので、勝てるように頑張りたいと思います。出来ていたことが出来なくなっているという部分があると思うので、疲れだったりもありますけど、それでも今年やろうとしている前からの守備であったり、攻守の切り替えというものをもう一度やりたいなというのは話はしているので、きつい中でもしっかり走るということが大事なのかなと思います。ここ何週間、良い感覚でプレーできていますし、何試合前か調子があまり上がらない時がありましたけど、そういう時と比べるとすごく自分の中で手応えがあるので、あとはゴールを決めるところだけだと思うので、今のプレーを続ければ、必ずゴールは獲れると思っているので、それが明日になってくれればいいなと思います。昨年はFC東京を相手にホームでもアウェイでもゴールを決めているので、すごくイメージとしては良いので、明日も決めたいと思いますし、去年とは監督が違うのでサッカーが違うと思いますけど、けっこうボールを蹴る印象があるので、守備的ですけど、僕がしっかりボールを引き出すことで、攻撃のリズムを作り出していければいいなと思います。城福さんは、熱い人だなっていう印象しかないので本当にわからないですけど、東京もACL勝ち上がりながらリーグでなかなか結果が出ていないので、すごく気合を入れて埼スタに乗り込んでくると思うので、何とか僕たちもそれ以上の気持ちを持って跳ね返したいなと思います。しっかり、本当にファーストステージの締めくくりとしてホーム2連戦やれるのはすごく大きいと思うので、何とか勝って、年間優勝もそうですし、セカンドステージに向けてもいい流れで持っていきたいので、もちろん、これ以上負けは許されないと思いますし、ホーム2戦でどんなサッカーであれ結果を出さないといけないなと思います」

20160621_160242
20160621_161320
RED A Live 2016
「浦和レッズ対FC東京」
…6月22日(水)19:00~21:45(延長の場合あり)
提供/
ポラスグループ(www.polus.jp

201603051909000

Come On! REDS…18:00~18:55
REDS After The Match…23:00~23:55
・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!

20160428_181853

20160428_181912
・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
17:00~17:55 イブニングパス(短縮)
18:00~18:55 Come On! REDS
19:00~21:45 RED A Live 2016(延長の場合あり)
22:00~22:55 ひまつぶし計画書
23:00~23:55 REDS After The Match
・以下の番組は休止します。
19:00~19:55 You’re The REDS
20:00~20:55 有尾文也のアリオリズム
21:00~21:55 金田爽のワクワクサワー

実況M

6月20日 「第2章の西川周作」&「僕は信じています」

どうもです20160620_114008

FC東京戦を2日後に控えたきょう、厳しい暑さの大原で練習は午前10時頃から始まりました

広島戦に出場した選手達はジョギングを中心とした軽めの調整で、体力の回復を優先

それ以外のメンバーは、6対6のゲーム形式で精力的に汗を流しました20160620_105325

柏木選手が時に、直線を全力でダッシュしていた姿が印象的です

もうひとつ、イリッチ選手が全体練習に完全合流(インタビューは後ほど)しています
20160620_105558

◇◆◇西川選手◇◆◇

――本当は、「おめでとうございます!」の一言から始めたいのですが、当日の試合で負けてしまったので・・・

「始めてくださいよ、始めてください!(スマイル)」

――広島戦に勝って、30歳の誕生日を過ごすことがベストだったとは思いますが、あの試合を通じて得たもの、感じたこととしては?

「そうですね、まあ理想は勝って喜びたかったなっていうのが僕だけじゃなくみんなの気持ちでした。ただ、このように良い結果が得られない時に自分達が何をしなければいけないのか、サポーターの方にも沢山ブーイングも浴びましたし、サポーターの方の気持ちを自分達がしっかり受け止めて、次は結果を出さなければいけないという風に責任を凄く感じていますし、広島まで沢山の方々が来てくれて、ガッカリさせて帰らせてしまったことに対して、自分達がピッチの上で次もしっかり闘う姿勢を見せながら、泥臭く結果を求めていかなければいけないかなと思う」

――ブーイングするサポーター達は、愛想を尽かしたわけでなく、次も応援に来る方々です

「うん!やっぱりブーイングしてくれるというのは自分達に期待してくれてのことですし、やっぱり常に自分の背中には沢山の方が応援に来てくれているので、やっぱり僕がゴール裏から一番近い位置にいるので、沢山の方の笑顔を試合中でも見たいですし、そのためには自分がしっっっかりゴールを守って、自分達は点を取って勝つ!それに尽きると思うので、闘う姿勢をとにかく見せながらファーストステージの残り2試合をしっかり勝って、最後に一番上にいられるように、一個一個しっかり闘っていきたいです」

――後ろから見ていて、修正すべきと感じていることは?

「う~まあ、ちょっとしたところだとは思うんですけど…広島戦の前半は悪くなかったと思いますし、自分達がやろうとしていることで点が取れたりだとか、非常にポジティブな面が見えたと思うので、あとは前半の入り、後半の入り、得点したあと、そこの集中力だったり、あとは蹴り出すところは蹴り出すだったり、そこの使い分けをもっと良い判断を自分も含めて全員で出来ればと思っています」

――3連敗は2013年の終盤以来で、最近ではあまりなかったこと。今が成長のチャンス

「そうですね、僕が来てから初めて経験して…バスを止められるのも初めて経験して…ある意味、新しい経験を僕自身もしましたし、レッズでの3連敗というのは、普通のチームの3連敗と注目度がやっぱり違うというのを自分的にも感じていますし、とにかく自分達がぶれずにやりながら…あとは闘う姿勢をもうちょっと出していければと思います」

――4失点する西川選手を見ることも滅多になかったので、Fマリノス戦はともかく

「そうすね!(苦笑)」

――三十路のスタート

「そうですね、あとは上がっていくだけだと僕自身は思っていますし、ある意味忘れがたい日になったかなと…そこから這い上がっていく姿というのを沢山の方に見せたいですし、自分ならもっともっとそこから学んで出来るという自信も自分の中には秘めているので、とにかく口で言うことは簡単なので、ピッチでしっかりと証明したいと思っています」

――キーパーというポジションは「30歳を過ぎてから」なんて言われ方もありますし

「そうですねー!第2章の西川周作が始まっているんじゃないかな(ビッグスマイル)と思います。自分がイメージしていた30というのはもうちょっとしっかりしてた30でしたし、まだまだ自分の理想とはほど遠いですけど、その自分の理想に少しでも近づけるように、しっかりとした行動とピッチでの振る舞いと、結果を出して行きたいと思います」

――まずはあさって、“Nice Shut Out!!”を

「そうですね!久しぶりにしたいですね!モチベーションにして、頑張りたいと思います(スマイル)」

――その時ぜひ、「おめでとうございます」と

「はい!きょうの分もお願いしまっっす!!(キリッ)」

――わかりました!いつもありがとうございます!

「ありがとうございます!(スマイル)」

20160620_105403

◇◆◇イリッチ選手◇◆◇

――練習への復帰を果たして、今のお気持ちはいかがですか?

「何よりも、こういった形で復帰することが出来て、痛みもなく練習できていることを、神に感謝しています」

――痛みがなくなった聞いて、凄くホッとしています

「そうですね、何よりも健康の状態で痛みもなく練習できていることを本当に嬉しく思っていますし、特にこういった時期というのは本当にチームとしてみんな一丸となって乗り越えていくために、全員が必要なので、一日でも早くチームに貢献していきたいです」

――プレーしたくてもできなかった経験が、今後への“力”になるのでは?

「特にこういった難しい時期は、全ての選手の協力が必要になってくると思うし、本当にピッチの中だけでなく、ピッチの外でもそれぞれが人間としてお互いを支えて生きていますし、このチームは本当にみんなの仲が良いです。みんなで一丸となって一緒に闘うことに意味がありますし、本当にこういった状況だからこそ、共に闘うことが必要ですし、僕らにはそういった力があると思ういます。僕は信じていますし、最後までみんなの力で一緒に闘うのみだと思います」

――日本の暑さはどうですか?

「そうですね、確かに日本の夏はもの凄く暑いと思いますけど、今まで住んできた国、キプロスだったり、スペインだったり、そういった国々も非常に暑かったので、そんなに暑さに弱い方ではないと思いますけれども、本当に乗り越えることが大事だと思いますし、暑いのは僕だけでないですし、他の選手も恐らくみんな同じように暑いので、みんなで乗り越えていくことが大事だと思います。でも…当然の如く、凄く暑いです(苦笑)」

――ここからは何事にも“強い”イリッチ選手を期待しています

「今の自分にできることは、一日一日の練習を大事にしながら、自分を強くして、チームに貢献する日まで自分を準備することですね。監督さんがいつも僕らに言っていますけれども、こういった練習の中で、できるだけ良い形で練習をすることによって、他の選手の助けにもなりますので、そういった形でお互いを助けながら一生懸命練習をして、チームを日に日に強くすることで、自然的に報われると思いますので、本当に僕にできることは、このピッチの上で100%、練習からベストを尽くすことです」

西川選手とイリッチ選手のインタビュー詳細は、今夜7時(再放送は23時)からの[You’re The REDS]でお届けします

では

 

6月13日 「出たら暴れてやろうかな」

どうもです

久々にハッキリとした雨が断続的に降る大原

20160613_115521-1鹿島戦2日後、ガンバ戦2日前の練習は、午前11時頃から約45分間、疲労に配慮しジョギングを中心とした軽めの調整で終了しました

20160613_115535-

次節は森脇選手が出場停止

燃える闘魂・那須の“兄貴”が、ギラギラとしています

――すぐにガンバ戦を控えていますが?

「モリが累積ですし、誰が出るかわからないすけど、まあ自分はどこで出るとしても、良い準備をしていなければいけないと思っていますし、コンディションは凄く良いので、まあ、《出たら暴れてやろうかな》と思っていますけどね(ニヤリ)はい」

――鹿島戦を見て感じたこと、自分が出た際のイメージとしては?

「そうっすね、まあやっぱりああいう力のある相手だと、ひとつひとつの精度が上がってくるわけで、球際であったりもちろん、走るとかそういうところも大事だけど、そういうところプラスで、考えながら自分がどう動くかとか、そういった局面局面で相手を上回らなければ勝利に結びつかないと思ったし・・・だから、うん、自分が出たらというイメージもしながら観ていた」

――居残り練習を見ていると、ロングキックの精度向上に取り組む時間が長いような印象ですが?

「そうっすね!まあこういうね、なかなかここまで出られないというのはプロキャリアが始まってからなかったので、こういう期間だからこそ、逆に、ね?そういう細部にこだわれる時間があるので。だからまあそういう細部にこだわって、最後は勝負の分かれ目は細部に宿ると思っているので、そういったところにこだわって練習しようかなと思っています」

――そのようにして、前向きな気持ちでいられる那須選手に励まされる面もあります

「そうっすね(笑)まあ、初めてじゃないので。出られない時期も、そういった積み重ねが今に至っているので、これからも変わらないし、常に成長するためにはこの時間は必ず必要で、意味があると思っているので、その“意味あるモノ”にするためにも、日々の練習であったり、心構えが大事なので、そういうのは凄く意識しながらやっています」

――ここからは、チームとしてさらなる守備力が求められる試合が続きそうです。ガンバとの対戦についていえば、昨年だけでも悔しい思いを何度もさせられていますが?

「はい。そうですね、相手も“対レッズ”っていうのは燃えてくると思うし、今年のファーストステージでガンバはあまり調子が良くないと思いますけど、相手はホームだし、そういう気持ちを入れてくると思うので、自分達もね、やっぱそれ以上の気持ちを見せないといけないと思いますし、そういったひとつひとつをやっぱり積み重ねて勝利すること!うん、ひとつひとつ乗り越えていくことが今の自分達に必要なことであって、ちょっと先の結果を気にすることなく、目の前の試合をどれだけ集中して乗り越えていけるか、その積み重ねだと思うので、そういうのを出来ればと思っています」

――ガンバへのライバル心というのを、選手の立場としてどう感じていますか?

「ここ近年、そういった舞台で当たることが多々あるので、うん。やっぱり必然と意識はすると思うし、まあでも、だからこそ、そういうところでね?勝てば勢いに乗るだろうし、うん、負けたくないとお互い思っているので、まずは自分達は勝って、出てない選手も含めてみんながひとつになった時、チームは強いと思うので、だから自分もいつ出ても良いように、やっぱチームの一員として頑張っていきたいと思います」

――セットプレーでの得点をぜひ。最近は毎回その度に那須選手を思い出しているので

「そうっすね、今、溜めてます(ニヤリ)今、溜めてます!」

ここ数日よりも気温が低めでしたが、那須選手のそばにいる間は、そんなこと忘れていました

インタビュー詳細は、今夜7時(再放送は23時)からの「You’re The REDS」でお届けします

では

RED A Live 2016.6.11 VS 鹿島

☆浦和レッズ戦を実況生中継!

埼玉スタジアム2○○2で行われる、「2016明治安田生命Jリーグ
ファーストステージ第15節・浦和レッズ対鹿島アントラーズ」の模様を実況生中継します。

20160610_145430-1

◇◆◇森脇選手◇◆◇

「鹿島戦が大事なことはどの選手もわかっていますし、そこを勝つことによって5連戦で勢いつくと思っているので、まぁ、ファーストステージを占う意味では非常に大きな大きな一戦かなという風には思っていますけどね。アウェイでやる時は比較的押し込まれる場面はありますけど、ホームで闘っている時というのは、僕は自分たちが主導権を持ってやれているという風には思っているので、そういうことで明日の試合もそういう部分を出していきたいなと。鹿島も後ろを引いて守ってくるような相手ではないと思いますし、時間が経つにつれて、下がらざるを得なくなるかもしれないですけど、最初の方は比較的前から来てくれるので、それを剥がす練習というのはもう常日頃からやっているので、あしたもそれをしっかり出していければいいかなという風には思いますけどね。やっぱりレッズのサッカーというのは、後ろからビルドアップ技術がなければレッズのサッカーは表現できないかなという風には思っているので、そういうプレーをやりたいなと。まぁ、後ろなので華麗なプレーは難しいですけど、しっかり剥がす作業というのはやっていきたいなという風には思います。練習ではできましたけど、それが試合中に発揮できなければ何の意味も持たないなと思っているので、試合に出せるようにやっていきたいなと。今週もそうですけど、ずっとトレーニングでやってきたことを明日の試合は表現していきたいなという風には思います。タイミングとかもそうですし、守備のところのオーガナイズとかいろいろなことを確認の意味で選手同士での話はしましたけど、相手が前から来ているのであればかなりの広大なスペースが生まれてくるという風に思っているので、そこをどれだけついていけるか、過度にプレッシャーを感じ過ぎない方がいいかなと思っているので、相手が来てくれているのであればどこかに必ず大きなスペースが空いているので、そこをしっかりついていけば、相手の方がより苦しくはなるのかなとは思っています。本当に、やっぱり、多くの方が来てくれた中でレッズが勝利を収めることによって、なおかつ楽しいプレーをすることによって、サポーターもまた観に行きたいなと、レッズのサッカーを見に行きたいなと思ってくれるという風に思っているので、いいゲームをして、勝って終えられたら最高だなってふうには思っています。本当にこの間のイエローカードは納得できなかったですけど。もうリーチになってしまったので、この5連戦、もちろんいくところはいかなくちゃいけないですけど、無駄なファウルには気を付けたいなと。そういうのは年々減ってきているので、そういう部分は気を付けたいなというふうには思っています。頑張ります!!!」

20160610_154607

20160610_152832

RED A Live 2016
「浦和レッズ対鹿島アントラーズ」
…6月11日(土)18:30~21:15(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ

Come On! REDS…17:00~17:55
REDS After The Match…22:00~23:55

・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!

201603051909000・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。

20160428_18185320160428_18191217:00~17:55 Come On! REDS
18:30~21:15 RED A Live 2016(延長の場合あり)
22:00~23:55 REDS After The Match実況M

6月9日 「自分もそれが理想」&「スポットライトに当たりたい」

どうもです

霧雨が、降ったり止んだりなハッキリとしない空模様の大原20160609_114228

鹿島戦2日前の練習は、午前11時過ぎからはじま
りました

20160609_115147-1ウォームアップを終えた午前11時55分からは、”ペナペナ”でのゲーム形式へ

きのうと同じく、ピッチには無数のマーカーが置かれ、プレーエリアが3分割され、ミドルゾーンは空洞に

選手の配置も同様でした

ディフェンスゾーンで3バック+2ボランチ、そして西川選手を含めた6対5の数的優位な状態で相手のプレスを受けつつ5回パスをつなぎ、そこからミドルゾーンへ降りてきた1人の選手へくさびのパスを当てます

待っていては受けられない、出てくるタイミングで動き出して、そこへボールが供給される

その場しのぎの単発的なプレーでなく、どの選手も常に関わり、アンテナを張る

そういった感覚が養われていきます

20160609_115155-1きのうとの違いを挙げれば、「ポゼッションしながら押し上げる。裏を取る」(監督)ことが、より徹底されたことでしょう

縦パスが入れば、ディフェンスゾーンの選手達はミドルゾーンへ素早くプッシュアップ

そこからフィニッシュへのパスコースがなければ、「ゆっくり!バタバタしない、慌てない」(監督)

ミドルゾーン内での10対10、コンパクトな距離感で急がず、ボールをつなぐことに

「ポゼッションしながら常に縦を狙って!」(監督)

奪われたとしても、「ボールに対して早く寄せる」(監督)

密集地帯ですぐに猛プレスをかけ、2次攻撃へ

それが出来れば、ボールは常に相手陣内にあり、自陣へ走って戻る必要がなくなります

効率的でしょう

ゆえに、「攻守の切り替えを早く!」(監督)20160609_120010-1

お昼の12時25分、給水タイムを経て、ここからはゲームスタートがミドルゾーンからで、そこに全フィールドプレーヤーが納まってプレー

「行こうよ行こうよー」(森脇選手)

如何にしてプレスをかいくぐり、駆け引きの中からアタックゾーンへ侵入するか

前線3人のいずれかが下がり、食いてきたら3人目を生かす、ダイアゴナルの走りとパスを繰り出す、といった工夫を凝らす選手達

「ボールを奪ったら素早く”縦”だけど、メリハリをつけよう!」(監督)

様々な制限による難易度上昇は、練習だからこそ

「大丈夫大丈夫!ボールの持ち出しも大事にしよう!」

あらゆる選択肢、アイデア、呼吸、コンビネーションの精度に磨きがかかります

「ラストのところしっかり!止まるな!」(槙野選手)

最後まで集中を切らさず、意欲的に励んだ充実のトレーニングは、お昼の12時42分、武藤選手のストライカーらしいラストゴールで終了しました

20160609_115811

◇◆◇興梠選手◇◆◇

――この期間の手応え

「いやまあ、変わったことはないと思うし、まあとりあえず、あのー疲れはね、だいぶ取れたので、あとは次の鹿島戦に向けて調整するだけ。はい」

――意識して取り組んでいることは?

「いやーもう、5連戦が始まるので、とりあえず“ケガをしないように”と、まあファーストステージが懸かっているので、うー…まあ負けなくて、勝ち点が取れて行ければと思う」

――きょうの練習などで感じていることは?

「まあうちはね、あのー、もちろん攻撃的に行くし、もちろん取られた後の功から守への切り替えをね、早くしているので、夏場そういう意味で、疲れが溜まっている中でもそういうプレーが出来ると強いと思うので、そういうのを改めて練習して、試合で出していければと思う」

――優勝のために次の鹿島戦は非常に大事。ご自身にとっても、思い入れの強いカードという意味でも・・・

「もう、あのーレッズも4年目なので(ニヤリ)あーのそんな、変わったこともないと思うし、いつも通りのプレーをしてね、チームに貢献できたら良いと思う」

――客観的にも勝つか負けるかで今後に大きく左右する試合かと思われますが?

「うん、まあ本当、次勝ったら鹿島のファースト制覇はないと思うので、まあうちがね、倒して、まああのー…鹿島終わっても4連戦あるので、そこの波に乗っていけるように、初戦というのを凄く大事に勝ち点3を取りに行きたいと思う」

――先日お話を聞かせてもらった時に、「最初のチャンスで自分が決められるかどうか」というのをポイントとして挙げていましたが、その入り方次第で一気にリズムをつかめるのでは?

「う~まあ、まあそうなれるように、自分もそれが理想なので、まあでもそう簡単に点も取らせてくれないと思うし、そういうチャンスも少ないと思うので、しっかり集中してやっていきたい」

――対鹿島戦でのハッキリとしたゴールを

「まあもちろん、自分らしいゴールができれば良いけど、まあ、どんなゴールでも良いのでとりあえず、チームの勝ちが一番大事なので、はい、チームのために頑張ります」

――きょうの午前の時点でチケットは46000枚売れているそうです

「いやぁもう勝だけだと思うし、あのー・・・うんっ!まあ全力で闘いたいなと思う」

20160609_125504

◇◆◇槙野選手◇◆◇

――代表戦、お疲れ様です。そちらでつかんだものなど、振り返っていかがですか?

「いや毎度だけどね、色んな選手と触れ合うことで沢山の刺激をもらえるし、指導者からも沢山の指摘をもらえるし、まあ自分を成長させてくれる時間というか、場所でもあり、目指すべき場所なので、今回結果がついてこなかったけども、1人ひとり感じたものを所属クラブで、置かれている状況をしっかり理解した上で、表現していかないといけないと思っている」

――そういった意味で、特にチームへ還元させたいことは?

「まあやっぱり、報道でもある通り、国内組ですね、Jリーグのレベルアップというところが重要視されているので、“海外組”と“国内組”という二つの言葉で分けられるというのは僕たちJリーグ組も情けない半面、悔しい気持ちもあるので、見返すためにこの所属クラブもそうだし、Jリーグ全体でレベルアップしていかないといけないと思う」

――槙野選手が戻ってくると、チームの雰囲気がパッとするなと改めて感じました

「本当すかっ!?まあこれが一日だけとか一週間だけじゃなくて、毎日バトルし合える、普段の練習から同じポジション争いの選手と競い合うことが大事だし、特にこの5連戦ですね!とにかくスタートの鹿島戦、ここから良い状態で持って行けるように、普段の練習からテンション高くやっていけたらと思う」

――鹿島、昨年はかなり苦戦を強いられました。最近の印象は?

「非常に若さ溢れるフレッシュな選手達がいるということと、恐れる気持ちがないという印象を受けている。Jリーグの中でも勢いがあって、怖さがあるチームだと思っている」

――勝つために必要なことは?

「やっぱり前線のアタッカー陣ですね、自分達がプレッシャーを掛けること。まあ予想としては、前線から嵌められるだろう、と。とにかく“個の勝負”が際立つゲームだと思うので、目の前の相手に競り負けない、メンタルで負けない、そういうところだと思う」

――きょうの練習で良いイメージをつかめましたか?

「うん、そうですね!まあ人がボールを受けるためにしっかり動くことと、賢くプレーすること。次のプレーを予測することと、準備すること。目の前の相手に負けないこと。それに尽きると思う」

――代表合宿中、金崎選手とは話しましたか?

「フハッハ!ハッハッハッハ…(笑)まあ常にあのー…はい、国内組に対しては調査を入れている。どこが弱点、誰が出るのか、はい。僕たちのどういった所を突いてくるのか、どういう分析をしているのか、細かいところを選手から伺っている」

――収穫は大きかった?

「いやまーでも、『浦和戦をみんな観ている』と言っているし、やっぱり『うまいチームで強いチーム』と言ってくれるけど、何かしらの弱点は持っているみたいで、そこは聞き出せなかったけど(苦笑)」

――先ほど、メンタルについて話してましたが、以前の練習でチームに向かって「跳ね返すメンタルだよ!」と言っていたのが印象的です

「あーー!はい!そうっすね、まあこの夏場もそうだけど、特に優勝が懸かった大事な一戦で我慢する時間帯、キツイ時間帯に対して、しっかりと“堪えるメンタル”そこはこの夏場、非常に大事だと思う。ただ、“堪える”だけでは跳ね返せないし、点を取りに行かないと勝てないスポーツなので、“堪えて跳ね返す”、そこまでのメンタル!僕自身含めてチームを活気づけられるような声と、プレーを魅せて行ければ良いかと思う」

――その先に、ご自身のゴール。特にセットプレー

「ねーっ!はい(ニヤリ)まあ良いキッカーもいるし、中で合わせる選手もいるので、特に僕含めて、遠藤航もゼロだし、後ろの選手がしっかりと守って、しっかりゴールを決めて、スポットライトに当たりたいと思っている」

――5連戦、まずはホーム。改めて意気込みを

「やっぱり選手である以上、満員の真っ赤なスタジアムでプレーすることが成長にもつながるし、国内組、Jリーグを盛り上げるために非常に大切なことなので、1試合1試合勝つこと、結果を出すことによって、次の試合の入場者数にもね、関わってくるかと思うので、結果はもちろんだけど、観ていて《また来たいな》と思ってもらえるようなチーム、サッカーを魅せられればと思う」

――ありがとございます

「ありがとうございました(シャキッ!)」

――跳ね返すメンタル・・・

「ハッハッハッハ…『アモーレ』の次だね!」

興梠選手、槙野選手のインタビュー詳細は、今夜7時(再放送は23時)からの「You’re The REDS」でお届けします

では