おーはら日記

August

2014


Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


カテゴリーリスト

Aug.27.2014(Wed)

8月27日 「色んな意味で今が一番、試されている時だと思う」 [トレーニング風景]

画像(100x180)・拡大画像(359x640)

どうもです

きのうに続き、小雨でやや肌寒い大原

さいたまダービーを3日後に控えた練習は、午前9時から始まりました

ウォームアップを終えた午前9時40分からは、攻撃のパターン練習へ

まずは3人1組でのパス交換からシュート

その後は3対3+両サイドのクロッサーという形でした

3人目を活かしたコンビネーションプレー、サイドを経由したワイドな攻めなど、バリーエーションに富んだ攻撃に磨きをかけます

平川選手が右から高精度の空間クロスを送り出せば、

「グッボオーーーーー!!(Good Ball?)」

と森脇選手は絶叫

活気ある雰囲気でした

中でも一番は、監督

センターフォワード役として動き出しのお手本を見せ、声を張り上げます

「爆発的に方向を変えて裏に走り込め!」、「守備に穴が空くぐらいに」

ここぞのタイミングで相手を外し、抜け出すにはどうすべきか、わかりやすい例えでした

さらには、くさびのパスを受ける際のポジション取りについても説明、、、というか身体で示しました

阿部選手に後ろからレスリングのように思いっきり押されても、バランスを崩さず

熱血指導は続きます

午前10時47分からは、11対11+フリーマンでのハーフコートゲームを実施

「止まるな止まるな!周り見ろ周り見ろ!!」(監督)

選手達も声を絶やしません

「青木行こうよ!」(槙野選手)

ピッチ上には様々なポジティブな声が飛び交います

ラストゴールが宣告されてからも互いに譲らず、決まるまでは約5分間を要しました

午前11時03分、カウンターからマルシオ リシャルデス選手が右足でネットを揺らし、練習は終了

引き締まったムード、選手の集中力、良い感じです

画像(320x179)・拡大画像(640x359)

8月下旬、涼しくなってもこの男の熱さは変わりません

「今年はすごく暑いという感じではないので、助かってはいる」

居残りでのジョギングを終え、滴り落ちる汗を拭うのは、那須選手

左頬骨付近のあざが痛々しいです

「骨は折れてないっす、多分!(苦笑)」

「那須さんの鼻が折れた」と心配している選手もいましたが、

「多分、大丈夫!大丈夫っす!(笑)はい」

普段、どういったプレーをすることで鼻の付近を痛めてしまうのでしょうか・・・

「自分でもわからない(汗)それは聞きたいぐらい(苦笑)ひじとか、まあDFなのでしょうがない」

心配御無用!

気持ちで痛みも吹き飛ばす覚悟です

前回のダービーの時は、直前の甲府戦で顔を痛めていて、その後にレッズは勝ちました

ケガは辛いことですが、ダービー勝利の予兆かもしれません

「まあそうっすね!(苦笑)今は勝利をホント必要としているので、うん、ケガしてもじゃないけど、全部を投げ打つぐらいの気持ちでプレーしないといけないと思う」

そういう那須選手のこと、みんな大好きです

「はい。そうっすね(笑)ありがたい。気持ちというか、全部を出さないと良いプレーができないタイプの人間なので(笑)」

神奈川、東京、静岡、千葉

これまで、あらゆるチームで様々なダービーを体感しています

「そうっすね。やっぱダービーはどこのチームも思うところがあると思うし、特に周りも熱くなる。そこで勝てれば波に乗れると思うので、ホームだし絶対に勝たないといけない。いろいろ経験しているけど、ダービーというより目の前の1試合という気持ちの方が強い。とにかく勝たないといけないし、勝つために何をしなきゃいけないのかだけを考えてやりたいと思っている」

練習のムードからは、チームが良い方向にいけそうな空気を感じられました

「色んな意味で、今が一番、試されている時だと思うので、練習からしっかりやって良い結果を残せるようにと思っている。失点が増えているけど、ちょっとしたところだと思うので、ちょっとしたところを怠れば失点につながるし、練習の中でどれだけ意識できるかだと思うので、しっかりやっていきたい。今日の3対3はDFにとっても良い練習になった」

監督の「爆発的」という言葉、那須選手なら体現できそうです

「ハハッそうっすね(笑)できればいいっすけど(汗)はい(笑)」

試練を乗り越え、更なる高みへ

夏休み最後の試合を前に、燃える男は”大爆発”を誓います

「観に来てくれる人に楽しんでもらって、かつ勝利して喜びを分かち合えたら最高だと思うので、絶対に勝って8月を締めたい!」

神戸戦のロスタイムに見せた渾身のガッツポーズを今度は、勝利を呼び込むゴールの後で

那須選手のインタビュー詳細は、今夜7時(再放送は23時)からの「You're The REDS」でお届けします

では

Aug.27.2014(Wed) 15:44

Aug.26.2014(Tue)

8月26日 「僕はオブジェ枠だったので」 [トレーニング風景]

画像(107x180)・拡大画像(381x640)

どうもです

曇り空の大原で、きょうの練習は午前9時からスタート

約1時間15分、オフ明け恒例のフィジカル系メニューを中心に調整しました

気温はご覧の通り

それでもやはり、蒸し暑さと小雨もあいまってか、選手達はビッショビショでした

「日焼け対策」のため、常に長袖の青木選手もご多分に漏れず

今週末に控える古巣との「さいたまダービー」へ、熱い思いを語ってもらおうと、マイクを向けさせていただきました!

――気持ちの高ぶりというか、いかがでしょうか?

「・・・・・いつもと変わらないっす(笑)」※報道陣も爆笑

――走り込みを続けていますが、コンディションはどうですか?

「毎日やっていることなので・・・特に変わらない(笑)はい」

――以前、「暑いのは好きじゃない」と話していましたが、そんな中でもしっかりと・・・

「ずっとやってきたことなので自分としては、普通っす(笑)はい」

――暑すぎて今日は「やめようかな!?」という日もあるはずですが、まるで“プロのかがみ”のようです

「まあ、仕事なんで(笑)はい」

――おととい行われた、【ポラスグループが支援する第30回南越谷阿波踊り特別企画 浦和レッズ選手トークショー】では、センターに座っていましたが?

「番号順なのでセンターにいた(笑)はい。今まではあまりない経験だった」

――はまりそうですか?

「ハマらなそうっす。逆!(笑)はい」

――宇賀神選手が空気を読んだ”トーク回し”で、李選手が歯に衣着せぬ感じでいて、真ん中の青木選手がうまく中和させてた印象です

「そうっすね!僕はオブジェ枠だったので。・・・置物です(笑)」

――トークショーの後に阿波踊りを観て、おいしい料理を作ってくれる方が見つかったら、などという話もしていましたが?

「そうっすね、ちょっと僕が見た感じではいなかったので、ちょっとまだ決めかねる(笑)」

――継続して募集中ということで?

「はい。南越谷で。パワースポット?そうっすね(笑)なかなか行く機会はないっすけど(笑)はい」

――トークショーのお客さんの反応からも、ダービーの盛り上がりを感じたと思いますが?

「それは前から感じていたし、(大宮時代も)レッズのサポーターが強力なのは知っていたし、色んなことをされたりもしていたので、それは言えなかったけど(笑)。今は味方なので心強い」

――大宮は、チーム状態が良くない時こそ、レッズ戦をきっかけに勢いを取り戻していた印象です

「大宮は去年はちょっと違ったけど、その前はダービーで勝って残留に勢いづくのが毎年あったと思う。まあそこは、でも僕は前からそんなに意識していなかったので、個人的にはそんなに、という感じ。他の選手もそんなにだけど、サポーターの方が意識は強くて、トークショーでも言ったけど、毎日ファン・サポーターと話せるから毎日毎日言われるので、“自然”とファン・サポーターの人たちを気持ちよくスタジアムから帰してあげたいという気持ちが強くなると思う。レッズも毎日ではないけどそういう気持ちは感じるので、相手がどこであれ、気持ちよく帰ってもらいたいと思っている」

――次節は夏休み最後の試合ですが?

「良いタイミングで夏休みの最後にダービーなので、子どもたちも来てくれると思うし、良い形で勝って気持ちよく帰ってもらえればと思う」

――今までの監督の采配からすると、次は出番が来そうな気がします

「まあでも、そういう雰囲気があっても出ない時もあった(笑)けど、しっかり準備してやっていきたい」

意識せずとも、大宮とのさいたまダービーの持つ意味が、“浦和の青木”の心には染みついています

週末は、背番号16がオブジェではなく、浦和を勝利に導く男として、ピッチに君臨することでしょう

青木選手のインタビュー詳細は、今夜7時(再放送は23時)からの「You're The REDS」でお届けします

マイペースで独特の間合いはぜひ、ラジオで感じていただきたいです

では

Aug.26.2014(Tue) 18:34

Aug.23.2014(Sat)

8月23日 試合後 [ニュース]

きょう行われたFC東京戦の情報は、このあと夜10時からの「REDS After The Match」でお伝えします。

Aug.23.2014(Sat) 20:45

Aug.20.2014(Wed)

8月20日 試合後 [ニュース]

きょう行われた天皇杯3回戦・ザスパクサツ群馬戦の情報は、このあと夜10時からの「REDS After The Match」でお伝えします。

Aug.20.2014(Wed) 21:15

Aug.19.2014(Tue)

8月19日 「ああいう積み重ねがあって今があると思うので、楽しんで全てを出したい」 [トレーニング風景]

画像(320x179)・拡大画像(640x359)

どうもです

群馬戦を翌日に控えたきょう、練習は午後4時から始まりました

ウォームアップを終えた午後4時45分からは、11対11でのハーフコートゲームへと移ります

約10分間、選手達はきびきびとした動きを見せ、ラストゴールは山田直輝選手から生まれました

永田選手の前線へのパスを山田選手が青木選手に落とすと、右のスペースへ送り出されたボールを関根選手が受け、低く早い折り返し

ゴール前に飛び込んだのは、再び山田選手

右足での強烈なボレーをゴールネットに突き刺しました

「たまたま当たっただけ」

と、にこやかに振り返る背番号6

「あしたも?」と聞けば、

「はい。見せます」

引き締まった表情で、活躍を誓いました。

あすは聖地駒場で、”浦和のハート”の確かな鼓動を感じましょう

画像(320x179)・拡大画像(640x359)

ターンオーバーで臨む一戦を前に、

「誰が出てもできる」

力強くそう言い切ったのは、那須選手

出場停止も明け、準備万端です

「心身共にリフレッシュは凄くできた。外からしか見えないことも沢山感じられた。出場停止なのに、充実と言っては変だけど本当にポジティブに良い期間だったと捉えている」

あすは、移籍してきた頃によくプレーしていた、ボランチに入る見込み

「そうですね、本当に久しぶりなので楽しんでる。守備からしっかり入って、攻撃の時はうまく縦を狙いつつ、散らして行ければいいと思う」

対戦相手の群馬といえば、10年前の因縁があります

マリノス時代に天皇杯で、延長戦の末、敗れました

「チャンピオンシップのあとで、別に油断はなかったけど、どこかに心の隙があったのかもしれない。それは教訓にしないといけない」

足を引きずりながらゴールを守る、元日本代表の小島さんから決勝点を奪えず

「そうでしたね。サッカーは何が起こるかわからないし、あのように気持ちを全面に出す。やっぱり全面に”出したもの勝ち”だと思った」

ぜひ、10年越しのリベンジを

「ああいう積み重ねがあって今があると思うので、楽しんで全てを出したい」

真夏の夜、炎のディフェンダーならぬボランチが、温泉を上回る熱さでレッズを勝利に導きます

なお、今夜7時(再放送は23時)からの「You're The REDS」は、

・試合前日監督会見

・INAC戦を振り返るレッズレディースの監督及び選手の意気込み

を中心にお届けします

では

Aug.19.2014(Tue) 18:54

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

5月22日 「元気くんがああやって真剣にやってくれたので、自分にとっては良い練習になった」

5月22日 「元気くんがああやって真剣にやってくれたので、自分にとっては良い練習になった」

「彼らには借りがあるので」

「彼らには借りがあるので」

3月7日 雪→小雨

3月7日 雪→小雨

最近の記事

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
このサイトの著作権は株式会社エフエム浦和にあります。このサイトの内容の無断転載を禁じます。
レッズウェーブウェブサイト:開設/2005年11月28日;制作・運営/株式会社エフエム浦和
Copyright (C) 2009 FM URAWA Co,.Ltd. All Rights Reserved.