カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

RED A LIVE 2017.12.2 VS Yokohama F・Marinos

☆浦和レッズ戦を実況生中継!

写真_ポラスストーリー171202_浦和プロジェクト-20
埼玉スタジアム2○○2で行われる、明治安田生命J1リーグ第34節「浦和レッズ 対 横浜F・マリノス」の模様を実況生中継します。20170303_145703-2

RED A Live 2017…12月2日(土)13:30~16:30(延長の場合あり)

提供/ポラスグループ
13:30からのラジオドラマ・ポラスストーリーでは[浦和プロジェクト-20]をご紹介!

20171201_153533-1
◇◆◇槙野選手◇◆◇
――川崎戦、ベンチスタートだったことで感じたこと
「まあ、メンバー少し変わったので、そのなかでもやりたいことっていうのは出せたと思うし、負けはしましたけど十分自分達が積み上げてきたものはね出せたんじゃないかなと思います。まあ、結果だけがね残念だったんで明日のゲームね、ホーム最終戦ですので今年1年間やってきたもの、来季を見据えてしっかりと戦わないといけないし、はい。やるだけです」
――やってきたものとして、どんなところをサポーターに見てもらいたいですか?
「まずは結果のところですよね。で、アジアチャンピオン獲りましたのでしっかりアジアチャンピオンらしい堂々としたね姿を見せられればいいかなと思っています」
――ご自身も成長をまた遂げられたシーズンだとも思いますけれども
「まだまだ殻を破っていかないといけなし、満足していられないんでね僕たちはクラブワールドカップありますんで、その先の状態を見てしっかりと良い形で終われればいいかなと思います」
――殻を破るってところ、具体的にどんなイメージですか?
「もうチームとして満足していられないし、個人としてもこのアジアチャンピオンを獲ったところからがスタートだと思うしね、これで満足しているようだとこの先無いと思います」
――マリノスの印象はいかがですか?
「出場停止とか怪我人がいますんで本来の姿ではないと思いますけど、ただホーム、開幕戦で負けているんでね、最初出鼻をくじかれましたので最後はしっかり勝てるように、はい、頑張ります」
――あの悔しさはまだ残って
「ん、、、そうですね、はい。同じ相手に2度負けられないし、やるだけです」
――ご自身最終節、非常に素晴らしいゴールなども記憶にあると思いますけれども、そのあたりどうですか?
「ゴールね、取れたらもちろんいいですけれど、凄く良い守備できています、最後は今シーズン堀さんになって積み上げてきた良い守備から良い攻撃のね、そのバランス良い守備を見せられればいいと思っています」
――興梠選手に最低でも3点は取ってもらわないと、、、
「そうっすね!サポートできればなと思います」
――では改めて意気込みを含むサポーターへメッセージをお願いします
「勝つだけだと思います。で、やっぱり、アジアチャンピオンらしいしっかりとプレーすること、あとはね興梠選手を最大限サポートして得点王の道をね僕たちで作ることが明日の目標かな・・・頑張ります!(シャキッ)」20171201_155407-1◇◆◇宇賀神選手◇◆◇
――髪、久々に切ったように見えます
「いやあ、そんなこと無いです。はい。」
――すっきりした状態で迎える明日ですけれども、今コンディションはいかがですか?
「まあ、この間のACL決勝から1週間空きましたし、まあもう元気です」
――やっぱ体の反動っていうか、そうとうなものがありましたか?
「まあやっぱり球際の部分はね相手はどうしても1点を取らなければ行けないという状況でアフター気味に来たりだとか、そういうところって言うのを激しさはあったかなと思いますし、自分自身に打撲が結構ひどめの打撲があの試合であったので、この間の試合はやめておいた感じなんですけれど。大分激し目だったの、アザも少し残っています」
――でも今日の練習後、那須さんを見ていたら、あの熱というか
「そうですね(ニコリ)まあ、ああやってベテランの選手がこういうところ、こういう何だろうな、言葉では無くね、実質自分の体で示してくれるっていうのは凄い良いことだと思うし、若い選手はもっとこういうのを見なきゃいけないなとも思うし、まあ自分自身もね、非常に学ばされるものもあるかなと思いますし、まあ、やっぱり自分が試合に出る上でそういうところの責任を背負いながらやらなければいけないと思わせてもらえるかなと思います」
――那須さんが蹴った左足での素晴らしいセンタリングのあと、宇賀神選手が上げたボールも筋が似ていた、良いボールが蹴れていた
「はい、『まあ、見とけ』とか言われたんで、流石だなと思います(ニコリ)」
――そういった意味で、後は“ウガゾーン”だったり、あとはセンタリングだったり、いろんなこだわりがあると思いますが、どんなところを、あすついては?
「まあ、でもやっぱりこの間負けてしまっていますし、今年のリーグ戦っていう意味ではね、括りでは良い結果が出ていないので最終節、最後しっかり勝ってホーム埼スタでみんなで喜び合いたいなと思いますし、そのためには気持ちをね前面に押し出してプレーしたいなって思っています」
――相手が横浜ってところではいかがですか?
「まあ、開幕戦逆転負けしているんで1年で2回同じ相手に負ける訳にはいかないですし、累積の選手も多くいて代わりの選手が出ると思うんですけど、そういうチームの方が難しい試合って言うのも沢山あると思うんで、まあ、明日も厳しい試合かなっていうふうには思いますけど。横浜は今、少し守備の部分が安定していなくて失点が多いチームなので、自分達も先手を取ってゲームを進めていきたいなっていうふうに思います」
――興梠選手に3アシストくらい
「そうですね。ハットトリックすれば可能性はあると思うので、可能性は多いにあると思うので少しでも貢献したいなという風に思っています」
――きょうの居残り練習でも結構ファーからニヤに走ってくるところに合わせるとか、イメージしながら上げていましたか?クロス
「まあ、そこまではイメージしていなかったですけど(苦笑)まあそうやってね、自分のクロスだったりとかでチャンスは絶対あると思うので、早い時間に決めて行けるぞっていうところを、見ている人もそこを面白いと思うし、早い時間帯に取らせてあげたいという風に思います」
――サポーターと今季リーグ戦いろんな思いを味わって来たと思ういますが、あしたは今年の国内最終戦というところでメッセージをお願いします
「まあリーグ戦ではねなかなか良い結果が今シーズンでなかったですけど、それでも最後までサポーターの人は応援してくれていると思うので、最後はあのホームで戦えることでしっかりと勝ってみんなで喜んでみんなで歌を歌って、で、世界に挑戦したいなと思います!」

201603051909000
Come On! REDS…12:00~12:55
REDS After The Match…18:00~19:55
・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!
※【 ListenRadio(リスラジ) 】は会員登録不要でお楽しみいただけます。
スマートフォンではリスラジアプリのダウンロード(無料)が必要です
「全国のラジオ局」→「関東」→「REDS WAVE」→「♪(プレイボタン)」

%e5%ae%9f%e6%b3%81m
・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
12:00~12:55 Come On! REDS
13:30~16:30 RED A Live 2017(延長の場合あり)
18:00~19:55 REDS After The Match
・以下は休止します
REDS Supporter’s Eye
Akane の Catch The Music!

RED A LIVE 2017.11.29 VS KAWASAKI FRONTALE

☆浦和レッズ戦を実況生中継!

画像_ボゥヴィラージュ浦和美園イストワール87

埼玉スタジアム2○○2で行われる、明治安田生命J1リーグ第33節「浦和レッズ 対 川崎フロンターレ」の模様を実況生中継します。20170303_145703-2

RED A Live 2017…11月29日(水)19:00~21:45(延長の場合あり)

◇◆◇青木選手◇◆◇
「ACLで優勝できて嬉しいです。大会全体を振り返ると、予選は、楽にという訳ではありませんが、ある程度想定内に試合を進められたと思います。決勝トーナメントに入ってからはしんどい試合ばっかりだったなと思います。
決勝トーナメントはすべて第2戦がホームでしたが、ホームの観衆が多い中で出来たのは非常に大きかったです。第1戦で負けていても、ホームでサポーターの後押しがあったことが相当大きかったと思います。ビジュアルには鳥肌が立ちましたし、上海上港戦あたりからすごく良い雰囲気があって、決勝はもっともっとすごいものだったので、やっぱりあそこで負けられないな、絶対に勝たないといけないなというのはありましたね。リーグ戦はあと2試合ありますが、まず明日の川崎フロンターレ戦では、自分たちがやりたいことを整理して、それを実践できればと思います。非常に攻撃陣の強いチームですが、ACLの決勝で戦った相手とああやって守備でも手応えを感じたので、全く問題なくできると思います。
もちろん興梠選手には得点王を獲って欲しいですし、ウチの試合以外でも、全体で誰が得点を取ったかはちょっと気になったりしますけど(笑)、必ず得点王を獲って欲しいと思いますね。
(全国高校サッカー選手権大会に出場する母校・前橋育英に連絡は)全くしてないです!(笑)もう全然連絡していないので・・・(照)頑張って欲しいですね! ACL決勝の後のリーグ戦2試合をホームで出来るので、ホームでは絶対勝って終わりたいなと思いますね。クラブW杯でも頑張ります!」
◇◆◇長澤選手◇◆◇
「アルヒラルは能力があってすごく強い相手でしたが、1戦目をしっかり分析して、ホームの力を借りて、勝つことが出来て本当に良かったです。あのビジュアルには本当にサポーターの熱い気持ちを感じて、すごく気持ちが高まりました。相手選手とは体格、大きさや重さが違うので、なかなか難しいところはありましたが、身体の当て方や使い方で対抗できる部分もあるので、そういう部分で良さを出していければと意識していました。第2戦がホームでしたし、僕たちはアウェーで1点を獲ってきていましたし、どちらかというと試合を有利に進められる立場だったので、そこまでフラストレーション無く、逆に相手の状況を見ながらプレーできたと思います。
ACL全体を振り返ると、チームとして勝ち取った優勝ですし、決勝トーナメントに入ってからも逆転逆転と続いて、苦しいときにホームのサポーター、そして選手が一つになって戦ったから決勝まで来られたというのはあると思うので、そういう意味では僕は決勝は出られましたけど、出ている人、出られなかった人、サポーターを含めた全員の勝利だと思います。
サポーターの後押しが大きかったのは間違いないと思います。ホームで決める試合がほとんどだったので、本当に有り難く思います。川崎フロンターレには大学の時にやった選手も多くいますし、チームとして足下の技術があって、パスサッカーをしてくるという印象があるので、そこに対抗してしっかりとやっていきたいと思います。気になる選手は特にいないです。興梠選手が得点王を獲れれば、もちろん本人にとっても良いと思います。自分たちは勝利に向けて、彼は点を取ることが仕事ですし、もちろん守備も仕事ですが、その部分がしっかりと出せるようチームで団結してやれればいいかなと思います。
ACLでは決勝も含めてサポーターの素晴らしい応援の力があって、そのおかげで優勝できたと思います。ありがとうございます。まだJリーグの試合も残りがありますし、そのあとクラブW杯もあるので、そこに向けて自分たちが出来ることをしっかりとやっていくので、応援よろしくお願いします」
◇◆◇矢島選手◇◆◇
「ACL決勝はなかなか味わうことの出来ない雰囲気だったので、試合に出たかったですが、チームとして優勝できて良かったと思います。コレオグラフィーはベンチから観ていました。すごいなと感じましたね。でもサウジアラビアに行ったときもすごかったですよ。あの『1 MORE STEP』もすごかったし、雰囲気も日本とは違っていたし、両方の決勝で両方のスタジアムの雰囲気を感じることが出来たのは良かったなと思います。
ACL大会全体を振り返ると、僕はあまり関わっていないので・・・。川崎フロンターレ戦の2試合にしか出られませんでした。逆転勝利できた試合でしたが、そんなに大きく貢献できなかったと自分では思っています。残りのリーグ戦2試合では、間違いなくACLに出場していた選手にはACL制覇に向けてのモチベーションはあったと思うし、僕は準決勝と決勝では試合に出ていないので、本当に1試合1試合が自分にとって大事になると思います。そういう意味では1試合も無駄にできないという気持ちはあります。自分がどれだけ出来るのかというのもありますし、相手についてもリーグ戦で上位のチームに勝てていないので、チームとしても個人としても上位のチームに対してどれだけ出来るかという思いは同じだと思っています。優勝が懸かっているので、相手としても難しさはあると思いますが、ただ自分たちも川崎という、ある意味攻撃がJリーグで一番すごい相手に対して、いま僕たちは守備のチームになっていると思うので、そういうところでいかに失点を減らすかという点が大事だと思います。
川崎フロンターレで気になっているのはやっぱり大島僚太選手。オリンピック代表の世代でずっとやっていて、ずっと試合を観ていてもすごいプレーをしているので、大事な選手何じゃないかと思います。攻守の要ですし、やっぱり同年代の選手で、た(対戦が)楽しみなので。長谷川竜也選手も良い選手だし、みんな上手いので、一つの隙を作ったらそこをどんどん突いてきそうなチームなので、難しくなる相手だと思います。
興梠選手は、難しい状況ですが得点王が獲れれば良いんじゃないですか。やっぱり勝つ事が大事だと思うので、勝てるように頑張ります」
◇◆◇遠藤選手◇◆◇
――きのうは、ご家族が練習にいらっしゃっていたんですか? 『パパ?』という声が聞こえましたが
「はい。見に来ていただけですが(照)」
――決勝にもいらしていたんですか?
「はい。もちろん」
――どんな反応でした?
「普通に『おめでとう』みたいな感じですね(照)」
――もうサッカーを観てプレーもしてるんですか?
「一番上の子は、もう分かってます! サッカーもやってるし」
――では本当に良いところを見せられました
「そうですね。でもアジアチャンピオンっていうことはわからないと思いますけど。でも試合のこととかサッカー選手だということは分かってくれています」
――プレーは似ていますか?
「それは分からないです(笑)」
――またすぐに試合がある中での気持ちの切り替えなど、どんなことを大事にしてあすにのぞみたいですか
「もちろん身体の準備もそうですが、やっぱりメンタル的に、しっかりとしたメンタルでのぞまないと、相手は優勝が懸かっていて絶対に強い気持ちを持って来ると思うので、その気持ちの部分で自分たちも負けないようにというか・・・。内容ももちろん大事ですけど、やっぱりACL決勝で戦ったような、戦う気持ちは次の試合でも見せていかなければいけないと思います」
――川崎の、強力な攻撃陣についてはいかがですか
「特に別に言うこともなく、どういう選手がいてどういう特徴なのかはみんな分かっていると思います」
――準々決勝第2戦のような試合運びが出来ればというのは、ひとつの成功体験じゃないですか
「あのときは退場もあったので、今回はああいう展開にはならないと思いますが、しっかり自分たちがブロックを引くのか前から行くのかなど、守備の部分でしっかり先手先手を取れるようにすれば良いリズムでゲームを進められるのではないかと思います」
――相手には、焦りじゃないですけど、優勝へのプレッシャーなどもあると思いますが、そのあたりのメンタル的な部分についてはどう感じますか
「それは相手のことなので気にならないですが、自分たちはしっかりと自分たちのサッカーをしたいなと思います」
――興梠選手の得点王争いということで、後ろから遠藤選手が良いボールをどんどん出していけばというのもあると思いますが
「そうですね。得点王というチャンスも慎三さん自身、得点はずっと取り続けている選手ですが、なかなかないと思うので、そこは別に僕だけではなく、チームとしてしっかりアシストできればいいと思うし、あまりそこばっかり気にしていてもしょうがないと思いますが、勝ちに行く中でそうやって慎三さんを最後に得点王に出来ればといいなと思います」
――ボールをもらって前を見たときに、興梠選手の動き出しがすごく早くて、出しやすいはず
「そうですね。それはもう昔からそうですし、一緒にやってすごく感じられる部分です」
――あすは平日夜のゲームですが、楽しみに応援に来てくれるサポーターにメッセージをお願いします
「アジアチャンピオンになって次の試合はすごくメンタル的には難しい試合になりますが、リーグ戦も残り2試合をしっかり戦わなくてはならないですし、そこは良い準備をして僕ら選手はのぞむので、サポーターの皆さんも引き続き、最後まで応援よろしくお願いします」
201603051909000
Come On! REDS…17:00~17:55
REDS After The Match…23:00~23:55
・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!
%e5%ae%9f%e6%b3%81m
※【 ListenRadio(リスラジ) 】は会員登録不要でお楽しみいただけます。
スマートフォンではリスラジアプリのダウンロード(無料)が必要です
「全国のラジオ局」→「関東」→「REDS WAVE」→「♪(プレイボタン)」

11月24日 前日

どうもです

REDS WAVEでは、AFCチャンピオンズリーグ2017 決勝第2戦 vsアルヒラルの模様を実況生中継します※詳細はこちら

◇◆◇西川選手◇◆◇
「良い準備が出来たと思っていますし、あとは全員で戦いたいです。
メンバーに入る選手とそうでない選手がいますが、ここまで全員で戦ってきたというのは、仲間の思いというのもありますし、サポーターの方の思いも強く感じることがあるので、試合が終わって沢山のかたと喜べる瞬間を目指しながら明日は戦いたいと思います。
ちょっとしたミスというのが命取りだと思っていますし、まず相手というよりは自分達が立ち上がりの入りからしっかりと集中して、いつも通りの自分達をピッチの上で出せれば必ず良い結果が待っていると思うので、明日は自分がやられなければタイトルを取れるというところでもトライしていきたいと思います。
今シーズン、ACLではホームですべて勝てているというのは、やっぱり沢山の方の声援が間違いなく後押しにもなっていますし、相手へのプレッシャーにもなっていると思うので、明日もそういった雰囲気を作ってくださると思うので、その期待に笑顔で応えたいと思います!」

◇◆◇槙野選手◇◆◇
「高ぶる思いはありますが、いつも以上に冷静になって戦わなければいけないと思っています。悔しい思いをした選手も沢山いますし、大一番というのは分かっていますが、自分達にとって一番危険なのは『いつも以上のことをする』ことです。平常心を保つことが最大限のパワーを引き出せる秘訣だと思いますので、それを経験している選手も多いですし、自分達らしくしっかりと準備してのぞむことが大事かと思います。1点2点と修正する点は自分達の中でこの1週間やって来たので、それを明日ピッチの上で表現できればと思っています。第1戦で僕たちが見せたような戦いではなく、ホームなので、自分達がタイトルに向けてしっかりと結果を残すための戦いをしたいと思っています。
ファンやサポーターの皆さんに対して、非常に苦しく悲しい思いをこのシーズンまで送らせてきていると思っています。昨年もそうでしたが、タイトルにあと少しのところで負けてしまい、悔しい涙を流していましたので、明日はうれし涙、最高の涙を流せるような瞬間を迎えられればいいかなと思います。我慢強い守備はもちろんですが、デュエルの部分ですね。地上戦、空中戦、どれにとっても自分達の気持ちを前面に出す様なプレーで相手をおしきりたいと思っています。前線から後ろの選手まで、全員が高い守備意識と攻撃への意識を持つことが大事です。自分達が個々まで積み上げてきたものは、ゴールキーパーからじっかりと攻撃を繋ぐサッカーだと思っています。
あすの状況をしっかりと考えてみれば、0対0でもタイトルを掴むことは出来ますが、自分達はあくまで受け身にならずに、しっかりと積み上げてきたもの、ボールを繋いでしっかりとゴールを奪うサッカー、観ていて楽しいサッカー、観ている人の心も動かすサッカーが出来ればと思います。ボールを失った瞬間から、早いショートカウンターで早くボールを奪い返すという意識も持たなければいけません。沢山のお客さんが来るということで、高ぶる思いがあると思いますが、いつも通り自分達らしく前線の選手を僕の声で動かせるようなコーチングが出来ればと思っています。
もうやるだけです。自分達が明日のために今シーズン積み上げてきたものもあると思いますし、浦和レッズに関わるすべての方、そして日本を代表する他のクラブのサポーターや選手からも熱いサポート、熱いメッセージをもらっていますので、全クラブ、日本の沢山の方のパワーを背に、明日良い結果を出せるように頑張ります!」

◇◆◇宇賀神選手◇◆◇
「自分のサッカー人生の中で一生に一度あるかないかだと思いますし、しっかり掴み取りたいなと、自分のサッカー人生を懸けて獲りに行きたいなと思います。
10年前・・・。この間、慎也(矢島選手)ともそういう話をしましたが、ユースや大学の頃はあまりトップチームの記憶がなくて(苦笑)
やっぱり自分は、大卒ですが下部組織出身なので、そういう選手がこの舞台に立つことはすごく意味のあることだと思いますし、優勝したときの一員になれば、いまのジュニアやジュニアユースの選手が『次はオレだ!』という気持ちになると思うので、そういうものも背負って戦わなければいけないと思っています。
もう、どちらが勝ちたいかという、それだけだと思います!」

◇◆◇高木選手◇◆◇
「ピッチに立つ権利のある1人だと思うので、もちろん出場したら責任をしっかり果たしたいと思っていますし、ピッチに全員が立てるわけではないので、自分はまだ分かりませんがしっかり準備をして、出場できたらそこに出られなかったメンバーの分までしっかりタイトルを獲らなければと思います。
相手はホームとアウェーで少し戦い方を変えてくることもあるチームだという情報もあるので、明日どんな感じで来るか分かりませんが、相手は点を取らなければいけないし、またああいう風にアグレッシブに来るだろうと思いますから、もちろんチームとして我慢しなければいけない時間帯もあると思うし、いかにそういうときにチームとしてまとまって、自分たちの流れではない時間帯を乗り切れるかということ、そして自分たちの流れになったらいかにリスクをかけて攻めていくかということが大事だと思います。そういった駆け引きの中でチームがしっかりピッチの中でひとつになっていることが大事だと思います」
――みんなで耐えてボールが前に行けば、『頼むぞトシ!』というようなカウンターが上手くハマってほしいなと思いますが
「そうですね!そういう想定も出来ると思いますが、そういう場面が来たらしっかり仕事をするだけだと思います。ここでACLのタイトルを獲れるか獲れないかはこのクラブにとってこの先を大きく左右すると思うので、今年これ以外のタイトルを獲ることが出来なかったという分まで、しっかりとここで大きなタイトルを、みんなで掴み獲りたいと思います」
――一心不乱で豪快なプレーを期待しています
「はい。思い切ってやりたいと思います!」

 

好きにならずにいられない

確かめ合おう

We Are REDS!

さあ、勝つしかないぞ

You Are The REDS !!

では

 

RED A LIVE 2017.10.22 VS GAMBA OSAKA

☆浦和レッズ戦を実況生中継!

ハイドアウト浦和美園隠れ家
埼玉スタジアム2○○2で行われる、明治安田生命J1リーグ第30節「浦和レッズ 対 ガンバ大阪」の模様を実況生中継します。20170303_145703-2

RED A Live 2017…10月22日(日)16:30~19:30

提供/ポラスグループ
16:30~ラジオドラマ・ポラスストーリーでは[キュリオシティ ハイドアウト浦和美園]をご紹介!20171021_171100-1


◇◆◇高木選手◇◆◇
――水曜日に素晴らしいゲームがあり、もちろんピッチの上で表現したいという思いがご自身も強まったと思いますが
「そうですね、すべて内容が、レッズらしいというか伴った試合かというと違うけれど、でも本当に結果を出すという上ではほぼパーフェクトな試合が自分達で出来たと思うので、そういう試合に絡めるようになっていきたいなと思います」
――その負けず嫌いの強さというのは、高木選手のストロングポイントだと思います
「まぁ、そういうところが親譲りというか、父から強く教わってきた部分で、何事も勝負にこだわって、試合でもポジション争いでもそうですが、勝ち負けにこだわるというところが勝負師の家庭として教わってきたことなので、自分はそういう部分を強く持っている方だと思います」
――やっぱりACLで、もちろんリーグもそうですが、“多くの興奮する舞台”という意味では来季もACL出場権を獲得しなければ・・となると、リーグ戦はあす以降も全部勝つという気持ちで
「そうですね。モチベーションとしてはACL圏内というところを目標にリーグ戦はやっていかなければいけないと思います。今まさにACL優勝もかかっていますけれど、仮に優勝したのに来季出場できないとそれはそれで寂しいと思うので、やっぱりその出場権獲得を目指してやらなければいけないと思います」
――最近のガンバ大阪はどんな印象ですか
「昨シーズンよりはやはりチーム全体として良い状態にはないのかなと思うんですけど、でもやっぱりガンバはガンバだと思うので、個の力があるチームなので、油断はできないと思います」
――どこに付け入りたいですか
「あまり具体的に戦術的なことを言うとバラすようになってしまうので(笑)、具体的には言えませんが、相手のズレみたいな部分を上手く使っていけたら良いかなと思います」
――昨シーズンのホームゲームでは、折り返しに飛び込んだ高木選手が先制しました。ああいうイメージですか?
「まぁ、ああいう一般的な崩しもそうですけど、やっぱり奪った後の切り替えとか、そういう点で差を付けられれば良いんじゃないかと思います」
――では、高木選手がボールを持ったところで何かが起きるという気持ちで、あすのホームゲームを楽しみにしています
「そうですね。何とか出たら結果を残していきたいと思っています(ニコリ)」

201603051909000

Come On! REDS…15:00~15:55
REDS After The Match…22:00~22:55
・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!

実況M
・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
15:00~15:55 Come On! REDS
16:30~19:30 RED A Live 2017 (延長の場合あり)
22:00~22:55 REDS After The Match
・以下の番組は休止します
スーパーステーション/フォークスクランブル/Premium G/ラジオキャンパス/週間メディア研究室

10月18日 前日

どうもです

REDS WAVEでは、ACL準決勝第2戦 浦和レッズ 対 上海上港 の模様を実況生中継します※詳細はこちら

◇◆◇平川選手◆◇◆

――充実感というか、いい汗をかけているように見えますが

「そうですね、非常に良いトレーニングが出来たし、あしたが楽しみですね」

――もう戦い慣れてはいると思いますが、良い意味での緊張感というものは・・・

「そうですね。まだ今のところ緊張感はないですけど、楽しみの方が大きいし、まぁ簡単な試合じゃないとは思いますけど、必ず突破できると思うので、みんなの力を信じてやっていきたいと思います」

――やっぱり、ああいう場に立ったことのある経験は生きると思いますが、どんなところが大切になると思いますか

「うーん、そうですねー・・・。まぁこればっかりは始まってみないと分からないし、始まってからね、ただ上手くいかないときに、慌てずにキッチリと今までやってきたことを出していく、そういう大舞台だからこそ新しいことをやるんじゃなくて、今まで信じてやって来たものを出せるかどうかだと思うんで、落ち着いてやっていきたいと思います」

――準決勝まで上がってきた自信も胸に・・・

「そうですね!簡単な試合はなかったし、非常に苦しい試合を勝ち上がってきたので、そこで成長できた部分もあると思うし、チームとして成長してきた姿をあしたも埼スタで見せられたら良いなと思います」

――どんな状況になるか本当に分かりませんが、この間も平川さんが左サイドに入ってパッと対応してくれたり、本当に頼もしい限りです

「本当にサッカーは何が起こるか分からない中で、色んな事を想定しながら準備して、上手くいかなかったときに慌てずに出来るかという部分が大事だと思うので、大舞台だからこそしっかりいつも通りできるようにやっていきたいと思います」

――堀監督も組織としての強みとして話していたんですけれども、サポーターもすごく良い雰囲気を作ってくれる

「多く駆けつけてくれることを願っているし、ただ来てもらって応援してもらうだけじゃなく、来てもらったサポーターにまず自分たちがプレーで示すという部分、今日は勝ちに行くんだという姿勢をサポーターに示して、そこでまたサポーターも反応して、ひとつの独特の埼スタの雰囲気って出来上がると思うんで、そこはサポーター任せじゃなく、自分たちからの姿勢というものを見せて、サポーターとひとつになって90分、延長の可能性もありますが、そういった中で雰囲気を作り出していけたらいいなと思います」

◇◆◇西川選手◇◆◇

――引き締まった良い雰囲気にも感じられますが、あすに向けての手応えはいかがですか

「良い準備が全員で出来たと思っていますし、あしたは思いっきり戦うだけなので、全員で総力戦ですけどみんなで戦って、決勝の舞台にいけたらなと思います」

――練習が終わるときにどんな声を掛け合いましたか

「あしたは本当に大事な試合だという点はみんな分かっていますし、監督からも、『大事な試合なのでみんなでいい準備をしていこう』ということで、あとはもうメンタルの点での準備だけだと思いますし、ホームなので、ホームの力を借りながら思いっきりやりたいなと思います」

――こういった大一番を戦う前の心境としてはいかがですか

「今は思ったより緊張は特にないですし、常に平常心を意識しながら、どんな試合でも保とうと思っていますし、今のところはそう思うところも特にないので、とにかく明日良い雰囲気で試合が出来るという喜びと、なかなかこういうチャンスはないので、自分たちがこういう風に勝ち上がってきたわけでもあるので、自分たちが作った舞台でサポーターの方と一緒にあしたは戦いたいなと思います。」

――上海上港の特徴はどう感じていますか

「フッキ選手が出ている試合では彼に決められていますし、そこは一番警戒しないといけないですけど、ウー・レイ選手もスピードがあったり、ジャンプ力があったりハードワークが出来る選手で、前線に誰もが知っている素晴らしい選手がいるので、そこはもう全員でチームとしてケアできれば無失点というところは達成できると思うんですけど、ただもう本当に難しい試合になるというところは・・・。とにかく前半ゼロでいきたいですね。そうすれば自分たちが勝つチャンスはぐぐっと上がると思いますし、前半の入りをしっかりしてやっていきたいなと思います」

――先ほどの準決勝まで上がってきたという、そういった自分たちのチームが胸を張れる強みはどこにあると思いますか

「勝ち方が不利な状況でも、諦めずに勝ち上がってきましたし、川崎との試合も大逆転勝利で勝ち上がることも出来て、そういった底力みたいなものはACLの戦いでは出ていると思うので、ホームではまだACLでは負け無しというところでは、すごく心強いサポーターと一緒に戦えるというのはこれ以上ない強みだと思っているので、あしたは平日ですけど、たくさんの方と一緒に戦っていきたいなと思います」

――堀監督も先ほど、チームとして「組織」とおっしゃっていましたが、サポーターを含めてみんなでというところの部分が強く、本当に力に・・・

「そうですね! 本当に明日は、もしかしたら浦和レッズのサポーターでない方、他のクラブのサポーターの方も浦和レッズを応援してくれると思いますし、日本中がひとつ注目している試合でもあると思うので、自分たちが必ず決勝に行って、アジアのチャンピオンを獲って、Jリーグを代表して出場しているという責任を持ちながら、戦っていきたいなと思います」

――第1戦もそうでしたが、日本でああいう強力なシュートを止められるゴールキーパーは西川選手しかいないと思っているので、頼りにしてますよ!

「そうですね。本当に、アジアの戦いは難しい戦いが続いていますけど、やっぱり選手としてこういう試合が出来るというのは非常に幸せなことでもありますし、まだまだ成長するという気持ちを持って、どんな相手でもシュートを止める、自分の良いところをあしたはいっぱい出したいなと思います!」

――笑顔、楽しみにしています

「ハイ! ありがとうございます!」

◇◆◇武藤選手◆◇◆

――大一番を前に、心境はいかがでしょうか

「そうですね、いつも通りの気持ちと身体の準備は出来ていると思いますし、こういう緊張感のある試合ですけど、そういう中で、自分の出来るプレーをしっかり見せられればいいと思います」

――皆さんがそのように「自然体」なコメントをされますけれど、自信がある裏付けというか・・・

「そうですね、まぁ、今さらバタバタしてもしょうがないと思いますし、上海上港とやるのも初めてではないので、そういう意味では相手の力というのもどのくらいか分かっていますし、その中で自分たちの力を見せれば必ず勝ち上がれると思っているので、ここでそんなに緊張していてもね、まだ決勝戦もあるので、そういうことを考えたら、あすの試合も自然体でしっかりいつも通り戦って、とにかくまた次の決勝という舞台に勝ち進めるように、頑張りたいと思います」

――グループリーグ、そして準決勝第1戦と、お互い手の内は分かっていると思いますけど、改めて(上海上港は)どんなチームか・・・

「やっぱり前戦の選手に個の力があるので、そこをいかに抑えるかという点が大きなポイントになってくると思いますし、前3枚・・・4枚ですかね、本当に強力な選手が揃っていますけど、しっかりチームとして組織的に守れれば良いんじゃないかなと思います」

――プラス、ゴールの期待も当然、武藤選手に・・・

「まぁやっぱり浦和レッズとしても、あすの試合をとにかく0対0で終えようとは考えていませんし、サッカーというのはそんなに簡単に済むものではないと思いますので、勝利を目指す中で、個人としてもゴールを目指して、チームに貢献したいという思いがあるので、明日たくさんのサポーターも観に来てくれると思うので、そういう中でみんなでひとつになって戦えるように、僕も良い準備をしたいと思います」

――上海上港の守備はいかがですか

「うーん、やっぱり個人の能力はあると思いますけど、割とスペースが中盤とディフェンスラインの間に空いていたりとか、結構ルーズな部分は多いと思うので、前回のアウェーで戦ったときも、なかなかシュートまで持って行けなかったですけど、後ろから何本かパスを繋げば空いているスペースも大きかったりするので、ホームでもう少し自分たちに余裕を持って、アウェーの時よりはしっかり繋いでいければさらにチャンスは増えてくると思うので、あとはゴール前で決めるか決めないかの部分だと思います」

――チームワークというところが強みだという部分は、皆さん共通認識だと思いますが、サポーターを含めてだと、きっと明日、最高の雰囲気を作ってくれると思います。そんな戦う仲間達へメッセージをお願いします

「本当にいつも熱いサポートをしてくれていますし、決勝トーナメントに来てから本当に厳しい戦いのところを、本当にホームでたくさんのサポーターの後押しの中で勝ち上がって来られたと思っているので、選手もその期待に応えないといけないので、明日も良い雰囲気を作ってくれると思うので、選手はピッチで、結果で応えたいという風に思います」

――まだ決勝まで通過点

「そうですね! まぁあした勝っても何も決まるわけではないので、ただ明日勝たないと次にも進めないので、あしたとにかく全力を尽くして、しっかり勝ち上がれるように頑張りたいと思います」

◇◆◇遠藤選手◇◆◇  ※きのうの練習後

――いまのコンディションはいかがですか

「大丈夫っす」

――その分もというか、この間の神戸戦をベンチから観て感じたことなど、どうでしょうか

「いやまぁ、そんなに別に悪くはないと思っていましたけど、やっぱり相手にボールを握られる時間が多かったので、ちょっと守備のことを考えるとしんどそうだなぁという感じはあったし、攻撃でもミスは続いてる感じはありましたけど、そんなに悪いゲームではなかったし、途中から出る準備はしてたんで、出たかったなぁという感じですね」

――そのしんどさをどう克服するかというところの、必要な動きであったり連携ってどういうイメージですか

「まぁ、自分が入ればシンプルにゴールに向かっていくプレーを増やしたいなと思っていたくらいなので、そんなに全部が全部上手くはいかないとは思っているし、もうすこしシンプルに前向きにプレーしても良かったかなと思っています」

――その辺を踏まえて、いまの練習でもコミュニケーションを取っている感じですか?

「そんなに多く話していないですけど、まぁつぎは大事なので、そこに向けての身体の準備はしていますけどね」

――上海上港のイメージはもう十分付いていると思いますけれど、攻撃の特徴など、改めてどう感じていますか

「シンプルに外国人を使ったプレーを第一に選択してくる感じだし、そんなに難しいことはしてこないイメージなので、シンプルに球際だったり、チャレンジ&カバーだったり、そこら辺を意識しています」

――むしろここだろうなと、的を絞りやすいというか、行きやすい感じですか

「まぁ狙い目は、ある程度のイメージはもちろん出来るとは思いますし、特徴は何回もやっているのでわかっていると思います」

――フッキ選手だけではないと思いますけど、一番警戒すべきところだとも思いますが、その辺どうですか

「身体の強さだったり左足のシュートのパワーはすごく持っている選手なので、この前のアウェーでもやられてしまいましたけど、寄せるところと持たせるところの判断をしっかりしていけば良いかなと思います」

――1対1の状況でホームゲームを迎えられることについてはいかがですか

「あまりそこについては考えすぎず、もちろん0対0でも勝利ですが、ホームで出来るわけですし、まずはしっかり勝ちに行くっていうところが大前提なのかなと思います。あとは一方で、バランスを崩したくないので、どこで出るかまだ分かりませんが、後ろのオーガナイズをしっかりしたいですね」

――済州ユナイテッド戦といい、川崎戦といい、サポーターが作り出してくれる第2戦のホームの雰囲気というのは、戦っていていかがですか

「雰囲気は本当に毎試合毎試合、良い雰囲気を作ってもらっていると思っていますし、今年に関してはACLでここまで勝ち上がってきて、サポーターの皆さんもACLを獲りに行くよというような姿勢だったり熱意だったり、思いはみんな選手は感じていると思います」

――では一緒に戦う、その仲間達へ一言お願いします

「ホームでみんなで戦えば最高の試合が出来ると思っています。難しい相手ですし、難しい時間帯・・・上手くいかない時間帯もあるとは思いますが、そういうときこそ皆さんの声援が自分たちにとって後押しになっているので、本当に最後まで応援して欲しいですね」

25年の歴史の中で3度目に立つ舞台

ひとり1人の”精一杯”をひとつに合わせ、後悔のない戦いを

そして、みんなでその先へ

成し遂げましょう

では

 

 

RED A LIVE 2017.10.14 VS VISSEL KOBE

☆浦和レッズ戦を実況生中継!写真マチエフォーレ上尾1

埼玉スタジアム2○○2で行われる、明治安田生命J1リーグ第29節「浦和レッズ 対 ヴィッセル神戸」の模様を実況生中継します。20170303_145703-2
RED A Live 2017…10月14日(土)18:30~21:30(延長の場合あり)

 提供/ポラスグループ

 18:30~ラジオドラマ・ポラスストーリーでは[マチエ・フォーレ 上尾]をご紹介!

201603051909000

◇◆◇長澤選手◇◆◇
「ここまで連戦だったので、良い休憩にもなりましたし、ここから連戦が控えているので、各自が良い準備を出来ていると思います。この期間のモチベーションの保ち方としては、試合が楽しみなので、別に気が抜けたりとかは特にないです。
ゲーム中心の練習が続きましたが、チームメイトとのコミュニケーションであったり、自分としては終わった後にシュート練習をしたり、ゴールに直結するプレーが出せればと思っていますし、常に全力でプレーできるように頑張りたいです。フォーメーションが今の形になって、少しずつやって来た中で、また紅白戦でも詰めていって、ポジショニングがみんなわかってきた感じがします。ゲームではビブスなし組が点を取る機会が多くもあり、相手に点を取られたこともあったので、良さを出せるようにみんなできていると思います。凄くやりやすくプレーさせてもらっているので、前の選手と違ってこちらはパスを出す選手なので、自分が主導権を持って、前に飛び出すことも選択をできる立場なので、最善の判断ができればと思います。連携の中で、後ろで待った方が良いときもあるし、もう一度受ける動きを出した方が良いときもあると思うので、そこの判断をしっかりしたいです。
神戸は前に能力のある選手がいるので、そこをしっかり抑えられるように全員で固めていかなければと思います。ポドルスキー選手は、僕がケルンにいるときから知っていて、ケルンのスーパースターですし、もちろん、能力があるのも知っているので、ドイツの中でメチャクチャ有名な選手なので、そこはリスペクトしていますし、楽しみにしています。アーセナルに所属していたときもスタジアムに観に来てくれたりしましたし、ケルンのスタジアムでボックス席も所有していたので、何度か挨拶をしたことはあります。そんなにお話はしていないです。オーラですか?私服だったので・・・。
まずは自分達の勝利が最優先なので、そこに向けてやれることを準備して、試合で出せるように良い状態にしたいです。ここからラストに向けて、凄く大切な段階に入ってきていて、ACLもありますし、神戸戦は勝利が絶対に必要なので、ホームですし、サポーターの力を借りて、勝ちを目指してやっていきたいです」%e5%ae%9f%e6%b3%81m
Come On! REDS…17:00~17:55
REDS After The Match…23:00~23:55
・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!
・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
17:00~17:55 Come On! REDS
18:30~21:30 RED A Live 2017 (延長の場合あり)
23:00~23:55 REDS After The Match

RED A LIVE 2017.9.23 VS SAGANTOSU

 ☆浦和レッズ戦を実況生中継!

画像_ポラス様_20170923_見沼代親水公園
埼玉スタジアム2○○2で行われる、明治安田生命J1リーグ第27節「浦和レッズ 対 サガン鳥栖 」の模様を実況生中継します。
RED A Live 2017…9月23日(土)15:30~18:15(延長の場合あり)

20170303_145703-2
提供:ポラスグループ

15:30~ ラジオドラマ ポラスストーリー 「マチエ見沼代親水公園」をご紹介!

20170922_170056-1
◇◆◇槙野選手◇◆◇
「今のチームの状態などを考えれば、『疲れた』とは言っていられないですし、試合に飢えていますしね。天皇杯敗退も受けて、自分たちに残されているものというのはリーグでしっかりと3位以内、もしくは4位以内ですね。そこに入ることが今の自分たちの目標のひとつでもありますので、近い順位の相手にはしっかり勝ち点3を獲らないといけないと思っています。やっぱり試合は試合で返さなきゃいけないし、それで返すことが出来ないし、そういう意味では、敗退を受けて短い間に試合があるというのは、選手としては幸せなことでもあるし、とにかくあすの試合でぶつけなければいけないと思います!
4バックは試合をやる毎に、もちろん課題もいろいろ出てくる中でも、少しでも前進している姿や結果も出していかないといけないと思っていますので、いつまで経っても不安要素が見えるような戦い方を、そして結果を出していくようだったら良くないですし、チームとしてうまく機能できるように、まとまっていければなと思います。
今5試合連続で先制点を喰らっていますので、そういう意味では自分たちが思い描くゲームプランの中で、やっぱり先制点を取って、楽にという言い方も無いですけど、自分たちが落ち着いてゲームを運べる展開に持っていきたいなと。そのためにはやっぱり(失点を)ゼロに抑える。ただゼロに抑えるということは自分たちが引いて守るんじゃなくて、いつものようにしっかりと攻撃を意識したプレーを続けていくことが大事かなと思います。
鳥栖は前線に非常に質の高い選手が揃っていますけど、ウチのほうが状態は良いかなと思っています。厳しい戦いをここ1、2週間でたくさん経験してますので不利な状態からの逆転劇もあったり、そういう意味では自分たちの方が、いまはやるべき事がハッキリしているし、目標もしっかりしているし、ましてやACLが残っていますので、弾みをつけたいという思いもあるし、あとはホームですしね。そういう意味で自分たちの方が状態は良いし、あすに懸ける思いは強いです。セットプレーが鍵を握っていると思います。きょうもしっかりとトレーニングできましたし、高さのある選手が揃っていますけれども、我慢強く戦うこと、そして跳ね返すこと。またセットプレーの攻撃に関しては自分たちにとってもチャンスなので、狙っていければ良いかなと思います。良い日に出来ればと思っています!」20170922_170208-1◇◆◇マウリシオ選手◇◆◇
「ケガから復帰して何より嬉しいのは、自分がそういった形で出させてもらった試合で、チームに自分が持っているポテンシャルが、良い形で貢献できていると思いますし、求められていることなど全て含めてしっかり出来ているんじゃないのかなという良い感覚を感じています。非常に嬉しく思っています。やはり4バックのディフェンスラインに関して、日に日に求められていることがしっかり自分たちの中でハッキリしてきたものもあると思いますし、日に日に良くなっているものも間違いなくあると思います。
ここから先、もっともっと良くなっていく要素があると思うので、しっかりと継続してやっていきたいです。特にこういった連戦で、チームとしてしっかりと(メンバーを)固定する場面が多くなってくると思いますし、同じメンバーでお互いのプレーの特徴をしっかりとピッチの中で把握しながら、こういった難しい連戦を乗り越えるためにも、お互いを日に日に知ることによって、もっともっと良くなっていく要素があると思うので、そういったお互いの特徴を知ることが一番の鍵になると思います。
天皇杯鹿島戦は2点ビハインドの状態で、もう一度ゲームを作り直すことが出来て、希望を感じましたけれども、残念ながら3点目、4点目と取られてしまい、自分たちでまた試合の中での難しい状況を作ってしまったと思います。確かに、相手も非常に良いチームですし、自分たちも良い試合は出来ていたと思いますが、残念ながらそういった結果になってしまい、悲しい気持ちになりました。
まだ私は鳥栖とは対戦したこともないですし、まだ相手の特徴ははっきり把握は出来ていませんが、これからミーティングをするにあたって、相手の良さやウィークポイントを知ることが出来ると思うので、浦和として自分たちとして、何が出来るのかをまずしっかりと考えていきたいと思います。相手のストラングポイントである空中戦など、危険なプレーを避けるためにも、チャレンジ&カバーリングが一番重要だと思いますが、それを避けるために自分たちのボールポゼッションを大きく保つことがゲームの鍵になると思います。できるだけ自分たちがボールをコントロールし保持することが出来れば自分たちのゲーム運びが出来ると思いますので、そういった形のゲームにしていきたいと思います」201603051909000

Come On! REDS…14:00~14:55
REDS After The Match…20:00~20:55
・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!%e5%ae%9f%e6%b3%81m
・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
13:00~13:55 AKANE の Catch The Music!(短縮)
14:00~14:55 Come On! REDS
15:30~18:15 RED A Live 2017 (延長の場合あり)
20:00~20:55   REDS After The Match

RED A LIVE 2017.9.9 VS KASHIWA REYSOL

☆浦和レッズ戦を実況生中継! ソラスクエア北浦和

埼玉スタジアム2○○2で行われる、2017明治安田生命J1リーグ第25節「浦和レッズ 対 柏レイソル 」の模様を実況生中継します。

RED A Live 2017…9月9日(土)18:30~21:15(延長の場合あり)20170303_145703-2

 提供:ポラスグループ
18:30~は〔ソラ スクエア 北浦和〕をラジオドラマ【ポラスストーリー】でご紹介!

20170908_170540-1
◇◆◇西川選手◇◆◇
「この1週間、良い準備が出来ましたし、自分達が上位に行くためには非常に大事な、負けられない一戦になるので、チームも非常に良い戦いが出来てきていますし、ここからもっともっと上を目指して、あすはしっかり戦いたいと思います。
ケガ人が戻ってきてくれて、チームとして誰が出ても非常に良い状態ですし、戦術的にも非常に戦いやすく、整理しやすく自分達も戦えていると思うので、この1週間非常に充実した時間を過ごせたかなと思います。アウェーの柏戦では、つなぎのところでもなかなかうまくいかないところがあったんですけど、ここ最近の自分達は本来の姿、基本的なことが出来てきていると思いますし、そこは前回対戦した時の自分達の違う・・・、違うというか、本来の姿を自分達で見せることが出来ればなと思います。自分達のスタイルが何なのかというのを、ここ一ヶ月、みんなでもう一回見つめ直せる良い時間だったと思いますし、その中で結果も出しながら戦えているというのは、チームとしては非常にプラスのことでもあるので、あすは思い切って試合を楽しみたいなと思います。
長いシーズンの中で良いときもあれば悪いときもあったりする中で、落ち着いてプレーすることが出来ていますし、ぶれずにやっていくというのが自分の中にはあるので、チームで結果を出すために、自分がどういうプレーをしたらチームが良い結果を出せるのかというところを一番に考えながら、やっぱりチームのために力になれるように、あすもプレーしたいなと思います。
日本代表のワールドカップ出場が決まって、また一つ目標が・・・。まぁ今までももちろんありましたし、サッカー選手誰もが思うところでもありますけれど、自分はしっかりチームで与えられたポジションで、しっかり結果を残すということだけに集中して、今はやっていきたいなと思います。あすは完封したいですね。頑張ります!(スマイル)」20170908_171021-1◇◆◇槙野選手◇◆◇
「お疲れッス!やらなきゃいけないことは充分、わかっていますし、代表は代表、チームはチームなので、次はこのチームでしっかりとやらなきゃいけないことはたくさんあると思います。痩せた?そんなことないッスよ!引き締まったということで?そうっすね、ハイ!W杯出場が決まったということで、みんなにまたチャンスが広がったと思いますし、国内組の選手にとってもチームやサッカー界を盛り上げる良いチャンスだと思うんでね、週末のゲームも楽しみっていうのも一般の方達に向けてしっかりと発信していかないといけないと思いますけど、そのためにやっぱり、良い試合を、良い結果を出し続けることが大事かと思います。
レッズではみんなが試合に出るための準備と、それなりの覚悟を持ってやらないといけないし、チャンスというのは待っていても来ないですから、自分でしっかりと掴むものだと思うので、それなりの練習意欲と、試合で見せないといけないプレーがあると思います。それを出し続けることがプロ選手だと思います。あすの試合もそうですし、久々のゲームということで、個人的にはホイッスルからしっかりと自分のプレー、アクションを起こせればいいかなと思います。
柏とは前半戦で負けているので、そういう意味ではやっぱりホームでは勝たないといけないし、これから自分達が上に上がるためにも、上の順位のチームとの対戦でしっかりとポイント3を獲ることが自分たちにとっての仕事だと思うし、優勝争いに最後の最後まで食い込んで行くためにも引き分けではなく勝ち点3を獲りに行く試合を続けることが大事かと思いま。ポイントとしては、試合の立ち上がりと後半の締めの部分ですかね。一番集中して入っているだろうけれども、一番得点に絡みやすい時間帯だと思います。立ち上がりとゲームの締めの部分と、そこをチーム全体で良いまとまりをもってやらないといけないかな、と。
あしたは魅せます!!(シャキッ)」20170908_172301-1jpg
◇◆◇武藤選手◇◆◇
「オフも挟みましたし、みんなで気持ちの部分と、リフレッシュして、レイソル戦に向けてしっかり準備をしたので、そういう部分を試合で出せればいいなと思います。やっぱり守備の部分で良くなってきた部分というのはあると思いますけど、セットプレーで取られているシーンも多いので、そういうところで取られないようにする部分と、攻撃でもうちょっと迫力を出すというところを取り組んできたので、そういうのを出せればいいと思います。良いボールを出してくれる選手がウチは多いですし、それでここ最近はゴールに絡むシーンが増えてきていると思うので、出してくれる選手がいる分、あとは僕のところの精度の問題だと思うので、しっかりゴールに決められるように、あすの試合でも頑張りたいと思います。
柏は本当にチームとしてしっかりまとまっていて、やはり前の外国人選手だったり、強烈な選手が前にいるので、そういう部分をしっかり抑えられれば良いんじゃないかと思います。
まぁ、あの、9月9日、“9の日”ということで僕が決められれば盛り上がると思いますし、そういう縁だと思うので、何とか結果を出せるように頑張りたいなと思います。最近、先制されることが多いので、そういう部分でも先に獲ると言うことは大事だと思いますし、そこからの試合の運び方も大分変わってくるので、やはり最初に点を取りたいなと思いますし、最近ゴールを決めてもなかなか勝てていないので、そういう部分でもなんとか次は僕のゴールで勝利に貢献できたらいいと思います。負けなしジンクス・・・負けてる試合も何個かあるんでね(苦笑)リーグ戦では続いていると思うので、決めてあすも勝てればいいなと思います。9月10日、堀監督良いお誕生日を迎えてもらうためにも、あす、やはりここで勝利すると言うことが大事だと思いますし、本当に堀さんにも信頼して使ってもらっていると思うので、期待に応えたいと思います。
寿司づくしの週末!?そうですね!みんなにもたらせるように頑張りたいと思います!(ニコリ)」20170908_173205-1
Come On! REDS…17:00~17:55
REDS After The Match…23:00~23:55

201603051909000

・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!%e5%ae%9f%e6%b3%81m・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
17:00~17:55 Come On! REDS
18:30~21:15 RED A Live 2017 (延長の場合あり)
23:00~23:55 REDS After The Match

RED A LIVE 2017.9.3 VS セレッソ大阪

    ☆浦和レッズ戦を実況生中継!

画像_紹介_ポラスナナスクエア

埼玉スタジアム2○○2で行われる、2017JリーグYBCルヴァンカップ・準々決勝第2戦 浦和レッズ 対 セレッソ大阪の模様を実況生中継します。

RED A Live 2017…9月3日(日)18:00~20:45(延長の場合有り)

201603051909000

提供/ポラスグループ
18:00~は〔ナナスクエア大宮・七里〕をラジオドラマ【ポラスストーリー】でご紹介!20170902_171452-1

◇◆◇伊藤選手◇◆◇
「香川選手と体格が?そうですね、身長や体格が似てるとよく言われます。水曜日は約1年半ぶりの公式戦ということで、やってやろうという思いが強かったので、自分としてはもっと落ち着いてプレーできれば、もうちょっと自分のプレーが出来たのかなと思いますが、やはり公式戦のピッチというものは簡単にはいかないものだと改めて思ったし・・・でもやっぱり公式戦のピッチに立たないと分からないこと、自分が出来ないこととか、いっぱいありましたし、良い経験だったと思います。この経験を次につなげられるように、セカンドレグも頑張りたいと思います。普段レッズの選手達も練習や紅白戦してるので、フィジカルコンタクトのプレッシャーはそこまで感じなかったですし、自分のプレーが悪かったからボールを取られるシーンも目立ったと思うので・・・でも落ち着いて出来ればセレッソ相手にも全然問題なく自分のプレーを出せると思うので、次はセカンドレグを是非見てもらえれば、自分のプレーができるので、期待してもらって大丈夫です!
まぁ、武藤選手や李選手と連携が取れれば、前3人で崩せると思うので・・・。でも誰が来ても本当にコミュニケーションを取って、みんな上手いので合わせてくれると思います。コミュニケーションを取ることが大事だと、試合中にも思いました。消極的になってもいけませんし、自分がどう思っているのかをはっきり言えば、全然怒らずにどんどんアドバイスしてくれるので、そこは大事だと思います。
セレッソは本当に守備が堅いなと思いましたし、攻撃力もあって、普段スタメンの選手が途中から出てきましたけど、前節リーグ戦で負けたときには本当に攻撃力も守備力もあって手強いチームだなと思いました。でもレッズが自分たちのサッカーをすれば間違いなく勝てる相手だと思うので、自分たちのサッカーをして勝ちたいと思います。ファーストレグでの達成感は全然ないですし、まだプロサッカー選手として結果を残していないので、ゴールなど形に残る結果を残したいと思います。僕もあそこの舞台で活躍する自信はありますし、それぐらいの実力は持っていると思うので、あとはその次にメンタリティの部分が大事だと思います。まだまだ伸びしろはあると思いますし、まだまだ自分はやれるんだぞというところを、コーチ、スタッフ、そしてサポーターの皆さんに見せつけたいです!
First Impressionを聴きながら階段を登っての入場?本当にプロサッカー選手として着実に階段を上がっていきたいと思ってるので、代表戦で井手口選手がゴールを決めましたが、彼とは1歳しかかわらず、自分ももう若いといえる年ではないと思ってきているので、本当に試合に絡んで、結果を出し続けたいと思っています。本当に1コしかかわらないんですが(笑)、ホントすごいなと思います。本当に積み重ねだと思います。頑張ります!」20170902_171701-1◇◆◇田村選手◇◆◇
「ファーストレグでスタメン出場し、守備としては無失点に抑えられたことは一番良かったのかなと思います。本当に1点は欲しかったんですが・・・チャンスがあった分、やっぱり欲しかったんですけど、負けなかったということは次につながると思います。
堀監督はコンディションの良い選手を使ってくれるので、本気で競争し合えるというか、選手みんなを対等に見ている監督なので、みんなのコンディションも良いし、ここ1ヶ月、良いと思います。リーグ戦で出られていない分、悔しさはあるんですが、こういうルヴァンカップなどでアピールしないといけないと思っているので、第1戦ではまだフィジカル面で課題が残った部分があったので、そこは次に出られるのなら修正したいと思います。後ろは本当に無失点という方向で絶対に点を取られないようにしたいですし、セットプレーなどのワンチャンスを自分も狙っていきたいなと思います。
そうですね、一番・・・練習面でも練習外でも、距離感も、監督も天野コーチも近くにいてくれるし、そういった部分で本当に期待には応えないといけないなと思います。
やっぱりホームで勝ちたいと思いますので、あの声援があるなら自分たちの力になるし、勝てると思うので、本当にホームでみんなで勝ちたいなと思います」20170902_173913-1◇◆◇オナイウ選手◇◆◇
「ファーストレグではチャンスはありましたし、守備も連動してやれていたと思うので、ホームに戻って、しっかり勝って次のステージに進めるようにすることが大事だと思います。昨年のルヴァンカップでのレッズの優勝は、テレビで観ていました。羨ましさ?あるんじゃないですか。モチベーション?それは堀監督に替わる前から常にやっていることですし、変わらないことですけれど、やっぱりチャンスをもらえたときに結果を残せるように、毎日トレーニングをやっていきたいと思います。この大会を連覇できるよう、しっかり勝って次のステージに進めるように頑張るので、応援よろしくお願いします」20170902_171728-1◇◆◇森脇選手◇◆◇
――練習後に走るなんて・・
「ちょっと色んなところを確認したいなと思って!」
――なるほど。確認の結果はどうでした?
「ちょっときょうは走る日じゃなかったみたいですね(笑) 半周ぐらいで、もう終わりました!(笑)」
――途中で歩いちゃったから助けに行こうかと
「そう!(笑)きょうはちょっと違うなと思って」
――明日に向けての準備としてはどうですか
「おととい合流したばかりなので、まずはしっかり自分のコンディションを上げていくことだけを考えていましたが、あした監督がどのようなチョイスをするかわかりませんが、出れるのであれば、しっかりチームの勝利のために貢献していきたいなと。もしそうでなくても、チームのために準備したいなと思っています!」
――もし、あす出ないなら、もうマイクを下ろしちゃいますが・・・
「あっ、イヤイヤ(笑)」
――試合に出られなくともとのことですが、前回、試合に出場しなかったことで、観て感じた部分は?
「やっぱり試合に出たいなと。ケガしているから云々ではなく、やっぱり選手はピッチに立っているのが一番幸せなことなんだなと、外から見てより思いを強くするというか、それが一番かなと。ただ、チームの競争もいま非常に良いムードのもとやれているので、そういった競争にしっかり、負けたくないと。自分の存在意義をしっかり見せていきたいという思いは強かったですね」
――ずっとレッズのサッカーを観ていると、右サイドで森脇選手がピタッと止めてそこから良いボールが出るっていうのが当たり前なので、やっぱり寂しかったですよ
「そう言ってもらえると非常にモチベーションがまた上がるなと、嬉しいなというところは感じますけれど、そこが自分の一番のストロングポイントだと思っているので、そうやって止めて、蹴る、精度の高いパスは、より高いものを自分自身求めてやっていきたいと。練習で出せるだけでなく、練習でも出せて、試合でも出せる、パーフェクトに出来る選手になっていきたいという思いが日々強まっています」
――そこで次は守備力やバランスも求められます
「もちろん僕自身ディフェンダーやっているので、守備は徹底してやらなくちゃいけないですし、レッズは守備も攻撃も両方求められるのが自分のポジションの役割だと思っているので、そういう攻守でレベルと精度の高いプレーを出していきたいと、常日頃から感じています」
――こないだも伝えていた、“ずっと聞きたかったこと”ですが、ついに・・・やめときますか?
「いや発表してくださいよ!(笑)きのうも寝られなかったんですから(苦笑)」
――セレッソ大阪の木本選手はどんな印象ですか?
「僕の中ではめちゃくちゃ対人が強くて、そして繋げる、ビルドアップも出来る、守備だけじゃなくて攻撃もクオリティが高い、攻守においてレベルが高い選手だなと思っているので、彼はボランチでも出来ますし、後ろにディフェンスが下がっても出来るプレーヤーだと思っているので、非常にクオリティの高い選手だと感じています」
――いま、まるで森脇選手の自身ことのような説明でしたが
「いやいやいやいや(笑)そんなことはないですけどね。でも本当に一回こっちに来たときがあると思うんですが、非常に良い選手だと、クオリティが高い選手だなと思っていたので、出来れば同じチームでやりたくないなと(笑)今のは冗談ですけど、本当に攻守において本当にハイレベルなサッカーセンスを持っているのではないかと思います」
――先日、木本選手インタビューしたときに、「学生の頃から森脇選手のことが好き」だと
「うえぇ!? ホントっすかぁぁ!?いやー!そんなのなんか、なかなかないので(笑) 学生の頃から? どんなこと言ってました?」
――顔が好き・・
「じゃなくて!(笑)プレーが?」
――そうです
「マジすか!そう言ってもらえて嬉しい・・・ホント、今のレッズの後輩達に聞かせてやりたいと思います(笑)そう言ってもらえると、もっともっと頑張らなくちゃいけないなと、そう思って良かったな、目標として少しでも何かを盗みたいと思える選手にもなりたいと思っているので、しっかり頑張っていきたいなと思います!」
――またクニくんと
「ねっ!クニくん、多分あさっては来るだろうし・・・」
――あした!
「あ、あしただ(笑)そうだそうだ、んもぉ(笑)あしたクニくんも来るだろうし、しっかり試合では勝って・・・まぁピッチ外で負けることには、僕はノープロブレムなので、まぁ良いですけれど、もしピッチの上で戦うことがあれば、しっかりやっつけたいなと、どんなにイジられても立ち向かって、やっつけに行きたいと思います」
――昨年の決勝、ゴールライン際で森脇選手が自分の身体を犠牲にする覚悟で、本当に素晴らしいクリア、またああいう歓喜の瞬間を共につかめるよう、あしたはぜひ・・・
「もうそれだけ!それをやらなければ勝利は近づかないと思っているので、とにかく攻撃においても守備においてもアグレッシブに戦いたいと思います!」
――期待しています!
「ありがとうございます!!」20170902_172225-1Come On! REDS…17:00~17:55
REDS After The Match…23:00~23:55

%e5%ae%9f%e6%b3%81m
・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!
・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
16:00~16:55 世界に誇る!元気印カンパニー
17:00~17:55 Come On! REDS
18:00~20:45 RED A Live 2017
23:00~23:55 REDS After The Match
以下の番組は休止します
・フォーク スクランブル
・JK’S ROCK
・Radio Campus
・ほっと、ひと息
・週刊メディア研究室
・World Information(in NY)

RED A LIVE 2017.8.19 VS F.C.TOKYO

☆浦和レッズ戦を実況生中継!ポラス_東浦和マチエ

埼玉スタジアム2○○2で行われる、【2017明治安田生命J1リーグ第23節浦和レッズ 対 FC東京】の模様を実況生中継します。

20170303_145703-2RED A Live 2017

8月19日(土)18:30~21:15(延長の場合あり)

 

201603051909000

提供/ポラスグループ
18:30~のラジオドラマ【ポラスストーリー】は〔東浦和マチエ〕をご紹介!

20170818_170851-◇◆◇武藤選手◇◆◇
「チームとしては堀さんになってから守備の部分に修正をしてきたので、それが数字に現れているのはすごくいいと思いますし、やっぱりこれを続けていく中で、後々攻撃に移るというか、攻撃の形をもう少し出して良いかなと思うんで、まぁその辺のバランスがサッカーで一番難しいところではあると思いますけど、この守備を継続しながら、もう少し迫力のある攻撃を見せられたらと思います。
ボールをいかに真ん中で引き出せるかというのがコンビネーションの鍵になってくると思うので、最近はなかなかそこのクサビのボールが入らないとカウンターのリスクもあるので、入れずにサイドから攻めるという形が多くなっているので、変なカウンターを食らうシーンはかなり減っていると思いますし、逆に言えば真ん中での崩しは少なくなっていると思うので、結局そこのバランスというところだと思います。自分自身、なかなか点を取れていないので、すごく悔しさを持っていますし、チームに貢献できていないなと思っているので、もっともっと、前の選手としてはゴールを決めないと全く納得できませんし、サポーターの皆さんにもゴールを期待してくれている人は沢山いると思うので、早くゴールを決めて勝利に貢献したいと思っています。
FC東京は、やっぱり前に得点力のあるタレントが揃っていますし、昔から守備の堅いチームだと思います。いまは5枚気味に守ってきたりもするので、崩すというのはなかなか難しいサ行だと思いますが、シャペコエンセのように、ボールを持っていても良い崩しが見られないというような試合にはしたくないので、もう少しシュートまでの形というものを作り出していきたいと思います。大久保選手はやはり、シュートの技術であったり、得点を獲るための術を知っている選手だと思うので、本当に一瞬でも隙を見せたらやられてしまうという怖さがあるので、チーム全体として監理しなければならない選手だと思います。
本当に夏休みだからこそ、子どもであったり、多くの方が見に来てくれると思いますし、初めて見に来る方だったり、本当にいろんな方がいると思うので、そういう人達に1試合1試合すべてを出し尽くして、見せなきゃ行けないと思いますし、浦和レッズの良さというものを見せて、また来てもらえるように、選手は頑張らなければいけないと思います。お寿司!?そうですね!頑張ります」20170818_171846-1◇◆◇遠藤選手◇◆◇
「良い練習が出来ていると思います。みんなしっかり競争性のある中でやれていると思います。
那須さんがケガしてしまったところでマウリシオが入って、選手層は後ろも厚くなっていると思うし、誰が出ても同じ内容でやれるようにと、みんな意識していると思います。もちろん、みんなにチャンスがあると思っていますし、いろんなメンバーの組み合わせで練習やっているんで、誰が出てもおかしくない状況は作れていると思います。攻守の切り替えの部分はすごく前から良くなっていると思うし、あとはセットしたときのブロックの組み方というか、そこの手堅さは少しずつ出てきているかなと思います。自分がしっかりと前を動かしてやっていくというところは意識していますし、全部が全部言わなければいけないというわけでもないと思うので、大事なのは統一して、前と後ろの人が同じ意識で守れているかだと思います。
FC東京は基本的にはしっかりブロックを引いてくる相手というイメージはあるんですけど、あとは運動量のある選手も多いし、そういう意味では自分達の攻守の切り替えだったり、最後までしっかり走り抜くところを、より出していかなければいけないとおもっています。大久保選手はゴールゲッターというか、ゴール前で仕事する選手のイメージはあるし、そこの上手さだったり、隙を与えたときのシュートの精度とかはあると思います。翔哉の持ち味はドリブルだと思うので、そこのケアが大事だと思います。
監督が替わって、2勝して、リーグ戦はここからまた上に行かなきゃいけないですし、選手もいろいろ良いモチベーションで臨めていると思うので、そこはチーム一丸となって、また誰が出ても勝てるように頑張っていきたいです」%e5%ae%9f%e6%b3%81mCome On! REDS…17:00~17:55
REDS After The Match…23:00~23:55
・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!
・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
17:00~17:55 Come On! REDS
18:30~21:15 RED A Live 2017(延長の場合あり)
23:00~23:55 REDS After The Match