カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

RED A LIVE 2016.12.3 CS FINALS 2ndLEG VS 鹿島

☆浦和レッズ戦を実況生中継!
埼玉スタジアム2○○2で行われる、「2016明治安田生命Jリーグチャンピオンシップ・決勝第2戦「浦和レッズ 対 鹿島アントラーズ」の模様を実況生中継します。
RED A Live 2016
「 浦和レッズ 対 鹿島アントラーズ 」
…12月3日(土)19:00~21:45(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ20161122_134423-1◇◆◇宇賀神選手◇◆◇
「1戦目の内容はそんなに良くはなかったと思いますが、まぁ、決勝戦とはこんなものだと思うし、結果を残すということが一番大切だったと思うし、その試合勘という部分でも間違いなくウチの方が入りだったりとか締めるところの時間とかは良かったかなと思いますし、全員が90分間ファイトできていたかなという風には思います。試合勘という部分で立ち上がりだったりとか懸念されていたと思いますし、自分達も少し、大丈夫なのかなという心配もあった中で、最初の入りが良かったからこそ90分間通して全員が戦えたことが大きいかなという風に思います。
なかなか前のコンビネーションだったりとかという部分で自分達の良さは出せなかったと思いますが、個人的にはそういうバランスをとったりとか、自分の守備の部分で激しくいくとか、攻撃に移った時にもやっぱり運動量を出す部分という、自分のプレーというのをしっかり出せたかなという風に思います」
――まさしく、うまくいく時はみんなうまくいきますが、ある程度、「きょうはおかしいな」という時に割り切ってというか、そのようにチームに良いものや空気をもたらすのが宇賀神さんの良いところだなと。改めて頼もしさを感じました
「まぁ、でも、本当に第1戦終わっただけなので、最終的に次の試合に勝って優勝してからそういう風に言ってもらえるようにしたいなという風に思います。第1戦のようなパフォーマンスが出せれば間違いなく結果がついてくると思いますし、1戦目の走る、戦うということをベースに自分達の良さをもっともっと出すということが重要だとは思いますし、アウェイで1点獲ってきましたが、アドバンテージはもうないようなものだと思うので、そこを考えずに自分達が勝ちにいくサッカーをしないといけないかなという風に、そこがポイントかなと思います。個人的にも今年のホームでの鹿島の試合では自分のミスから失点して負けて…というところもあるし、個人的に借りを返さないといけないなと思いますし、あの時と状況が似ていて、スタジアムも観客がたくさん入ってくれて、そして大一番となる試合だと思うので、しっかりと借りを返さなければいけないなと思いますし、やっぱり、この10年間タイトルを獲れなかったという歴史をしっかりとホームの埼スタで塗り替えたいなと思います。まぁ、第1戦戦ってみてもそうですが、やっぱりチームとして戦うという部分が今までの過去の経験からすごく生きてきていると思うので、その90分間通してチーム全体が一つになって戦えているという部分は第1戦でも感じましたし、その成長を感じた1年だったと思うので、それをしっかり結果として出したいなという風には思います」20161201_112654-1――話逸れますが、先日、内舘さん、堀之内さん、鈴木啓太さんが登壇したレッズビジネスミーティングの中で「次、キャプテンは誰が良いか」という話になった時、宇賀神さんの人気が高かったですが…
「何でですかね? よくわかりませんが…。いやぁ、決めるのは監督なので何とも言えませんが、そういう風に浦和レッズの歴史を引っ張ってきた偉大先輩達からそういう風に言ってもらえるのは凄くありがたいことだと思いますし、自分もそういう歳なんだなって思いますし、まぁ、今年1回キャプテンマークを巻かせてもらいましたが、やっぱりそこで巻いてピッチでプレーして、初めて自分個人だけではなく、自分は浦和の下部組織出身の選手達を代表してこうやって試合に出ているのだと思いましたし、下部組織でプレーしている選手達の希望の星だったり目標の選手にならなければいけないなって、改めて思うことが出来たので、実際に試合でキャプテンマークを巻いていませんが、それくらいの気持ちで次の試合も戦いたいなという風に思います。もう、本当にみんなで一つになって戦って、最後、本当に自分達だけでなく、みんなと一緒にシャーレを掲げたいなと思います」

20161202_153600-1◇◆◇森脇選手◇◆◇
「もうやるしかないなと思っているので、とにかく自分たちのサッカーを貫いて、最後は勝ちたいなという思いは強いですね。満員の埼スタという舞台でやれるというのは幸せですし、喜びを感じながら、プレーしたいなという風に思っているので、まぁ、お互い堅いゲームになるかもしれないですが、その中でも球際戦って、アグレッシブに戦いたいなという思いは強いですね。もっともっとレッズのコンビネーションというのは出さなくてはいけないなという風には思っているので、最低限、この間くらい戦わなくてはいけないのではないかなと思いますが、それは必要最低限のプレーだという風に思っているので、それからコンビネーションとかそういう部分がついてくるなと思っているので、その球際の戦う部分はこの間の試合くらいには出したいなという風には思っています」
――本当に、理想通りいかなかった時の割り切り方がうまくなった
「まぁ、理想…、そうですね…、良いサッカーなかなかできない中でも我慢強さが増してきているなという思いが強いので、そういう中でも慌てずにとにかくやっていきたいなという思いは強いです。この組み合わせ、アウェイ有利な流れはまぁ、1-0で僕らが勝ちましたが、そこまでアドバンテージはないですし、そういう部分でしっかり勝って、自分達の強さを証明したいなという思いが強いので、ホームで、アウェイでは勝ちましたが、ホームでもしっかり勝てるように、やっていきたいなと思っています。鹿島だけに限らず、どのチームも左サイドというのは良い選手が揃っているので、止める作業というのはどの試合も大変になってきますが、鹿島も例外なくそういうチームだなという風には思っているので、一人だけでなくみんなと連携して、コンビネーションで守っていきたいなと。攻撃もコンビネーションするのであれば、守備もしっかりコンビネーションでもっていきたいなという思いはあります」
――どのチームも森脇選手のいるレッズの右サイドは厄介だと思っているからこそ、今年こうやって良い成績残せていますよ
「まぁ(ニヤニヤ)相手の脅威になれるように頑張らなくちゃいけないなという風には思っているので、僕らのポゼッション握れば、相手が嫌がるサッカーをしたいなと思っているので、しっかり右から良い崩しが出来るようになっていきたいなとは思います!
レッズに関わる全ての人の力を借りて、あしたは躍動していきたいなという思いはあるので、とにかく、楽しみたいなと。楽しみながらプレーしたいなと思うので、勝った後にみんなで大喜びしたいなという風に思います。あしたもしっかり声援を送って欲しいですね!」20161202_171759-1 ――夢は!?
「叶う!!!!!!!頑張りますっ!」20161202_161801-11◇◆◇柏木選手◇◆◇
「まぁ、楽しみだなと。良い試合が出来たら良いなという風に思っています。まぁ、僕らは0-0だという気持ちをもって戦うことが大事だと。向こうも攻めてくるかもしれないですが、それを逆手にとって僕らが良いカウンターを仕掛けて1点を獲るようなチャンスがあれば、より優位に試合を進められるのではないかなと思うので、こちらも攻撃の姿勢を貫いて点を獲りにいく試合をしていけたら良いなという風に思います。正直、1点だと有利だという風には思っていないので、『2点獲れてたならな』という思いは正直ありますが、だから本当に0-0という気持ちで、失点はしない、そして僕らが点を獲るという、そういう気持ちをもって試合に臨みたいので、前回の試合に関してはもうなかったことと考えてプレーしていけたらいいなと思います。
1戦目は自分達らしいつなぎの部分というのが出せなかったので、鹿島も凄く良い守備をしていたので、難しい試合にはなりましたが、もうちょっとホームなので、自分達らしいサッカーをして、コンビネーションでチャンスを作れるようなシーンが出来たら、より魅力ある試合になるのではないかなという風に思います。
浦和というチームは大きいクラブで、タイトルを獲らないといけないチームが何年も獲れていなかったのでその悔しさもありますし、個人的にはリーグというものの初タイトルになるので、これから自分のサッカー人生をやっていく上で、凄く、自分にとって大きなポイントになるのではないかなと思います。もちろん良いサッカーをしたいなというのはありますし、勝ちたいという気持ちもあるので、ただ、良いサッカーというよりも、僕ら戦って、鹿島以上の戦いを見せて勝利するというのが自分たちにとって大きな意味を持っていると思うので、そういう試合になればいいなという風に思います。
監督は、あまり広島の時は欲がないような人だった気がするので、浦和に来て、浦和というチームに携わって、タイトル獲らないといけないという思いも監督としても更に強くなったと思うので、僕らも約10年の付き合いになりますが、何か、お互い、その目標に向かってやってきた部分は大きかったので、良い気持ちで、良い顔で終われるように出来たらいいなと思います」20161202_162317-1◇◆◇槙野選手◇◆◇
「もうやるだけだと思っています。ここまでしっかりと自分達も良い準備をしてきましたし、第1戦、厳しいアウェイではありましたが、しっかりと勝ちきること、今シーズン自分達が示してきた攻撃、そして堅い守備、そこも思う存分出せたと思いますので、あとは最後1試合、見せつけるだけだと思っています。第1戦の結果は全て頭から外さないといけないと思っています。もちろん、自分達が0-0の状況からしっかりと第1戦目戦ったような戦術のもと、自分達もゴールを獲りにいく戦術で同じ戦いでやりたいなと思っています。修正点としては、ファウルの数そしてセットプレー。そこは非常に鹿島にとって大きなポイントになっていますので、自陣でのファウルというところは気をつけていかないといけないと思っています。
もちろん、Jリーグの新しいレギュレーションの中で色々な声が聞こえていますが、どんな状況であれ、しっかりと自分達がこのJリーグが決めた規定のもとでしっかりとチャンピオンを獲ることで自分達の強さを証明できると思いますし、長く監督とシーズン戦ってきていますので、何としても最高のプレゼントと最高の笑顔を監督に届けたいなと思っています。
警戒すべき選手を一人挙げるとすれば、金崎選手です。彼の動き出し、そしてボールを持ってゴールに向かう動きというのが、非常に鹿島の中でも危険なプレーの一つだと思っていますので、第1戦目のように彼に時間とスペースを与えないこと、それが特に僕に求められている仕事だと思っています。僕が彼を止めることもそうですし、彼に有効なパスを渡さないように僕ら全体も一人一人がミスなく、そしてハードワークすること、それが彼を封じ込める、そして鹿島を食い止める策になると思っています。
真っ赤に染まる埼玉スタジアムでプレー出来るということは、浦和レッズの選手としても非常に誇りに思いますが、そういう状況をいかに楽しんで、そして浦和の日に出来るように頑張りたいと思っています。平常心で、とにかく、この状況、こういう素晴らしい舞台でピッチに立てるような喜びを感じながら、楽しみたいなと思っています。一番、1試合、1試合こなしていくに連れて、そして厳しい状況がある中でも我慢強さというところは今のウチには非常についてきているのかなという印象を受けています。個人としては、よりピンチを楽しめる状況が作れているかなと思っています」

201603051909000

Come On! REDS…18:00~18:55
REDS After The Match…23:00~23:55・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!

20160428_181853polus20160428_181912polus-1・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
18:00~18:55 Come On! REDS
19:00~21:45 RED A Live 2016 CHAMPION SHIP(延長の場合あり)
23:00~23:55 REDS After The Match%e5%ae%9f%e6%b3%81m

 

RED A LIVE 2016.11.29 CS FINALS 1stleg VS 鹿島

 

☆浦和レッズ戦を実況生中継!
カシマサッカースタジアムで行われる、「2016明治安田生命Jリーグチャンピオンシップ・決勝第1戦 鹿島アントラーズ 対 浦和レッズ」の模様を実況生中継します。20161128_124052-1RED A Live 2016

「 鹿島アントラーズ 対 浦和レッズ 」
…11月29日(火)19:00~21:45(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ20161128_131740-1◇◆◇高木選手◇◆◇
「昨シーズン、やっぱり悔しい思いをしているし、その決勝の舞台に辿り着けなかったので、今年はそれを自分達の力でしっかりとリーグ戦で証明して、今ここの位置にいれてると思うので、あとはそのやってきたものをそのままピッチで出すだけなのかなという風に思うので、とにかく緊張とかありますが、思い切ってやれたら良いなという風に思います。
少し天皇杯の後から試合の間隔が空いているし、逆に相手の方がそういう、準決勝をやってきて、そういう緊張感ある試合をくぐり抜けてまたここに来ているという勢いがあると思いますが、自分達の方が試合数としては少ない分、コンディション的には良いと思うので、そういう部分を有利にしたいと思うし、2試合のトータルなので、まずはあしたというのもありますが、そういう風にトータルで考えてやっても良いのかなという風には思います。
気持ちの浮き沈み…そうですね…。だいぶ、天皇杯ではあまり良い試合が出来なくて、個人的にも沈みの方に向かっていましたが、逆にやっぱり、試合までこれだけ期間があって、しっかりとそういう部分を、トレーニングを積みながら取り戻せたと思うので、今は心身共に良い状態で試合に向かうことが出来るのではないかと思っています。ただ単に悪かったからという風に試合終わった後はなりましたが、しっかりとまず振り返って何で悪かったかを考えた時に、自分が元々持っているものというのは、そんなに、あそこまで悪くなる原因を作るものではなかったと思うし、メンタル面での部分だったのかなと、すべてはそこかなと。試合の入りというか、自分の試合の中での一つのミスとかに対して何か気にしすぎたりとか、それを引きずったままプレーで、また次のプレーをしてミスして…みたいな、そういう繰り返しだったと思うので、まずはやっぱり、試合に入ったらしっかりシンプルなプレーからやって、徐々に良いリズムに繋がっていけるような風にできたら、次の試合もうまくいくのかなという風に思うので、しっかり天皇杯の反省を活かしてやっていければなと思っています。前半最後のプレーでシュートにつなげられず、ああいうところも試合では少し、ボールが足に付いていないようだったりとか、気持ちに多少焦りがあったからというタッチミスがあったという風に思うので、ああいう部分で何も考えず、無心な状態でボールを持てるようなことが一番良いので、ああいう形をまた作ったところから、自分の良さを発揮できるように、良い状態で、良い気持ちの整理をして、試合したいなと思います。
アウェイの地としては、もちろん、凄い、もの凄いアウェイですが、サッカー選手としてやっぱり、雰囲気の中でプレーできるというところは、楽しみの一つであると思うし、やっぱり、常にアウェイだと感じさせないくらいの自分達の強いサポーターがいますし、いつもスタジアムで駆けつけてくれているので、またそういう人達の声を力に変えて勝てるように、一生懸命戦いたいと思います。
アントラーズキラー的な一面もあるかもしれませんが、それは過去の話なので。ハットトリックをしたこともありましたが、まぁ、その時の鹿島とはやっぱりまた凄く違っていて、自分がそのハットトリック出来た時と全然ハードワークする面だったりとか規律の面だったり、あと選手も違うと思うし、それはあまり関係ないかなと思いますね。頑張ります」20161128_130956-1◇◆◇興梠選手◇◆◇
「程良い緊張感とやっぱり楽しみというのが一番強いです。
もちろん、勝負強さというのはどこのクラブに比べてもやっぱり鹿島はずば抜けて強いと思っていますし、経験のある選手もたくさんいるので、そこをしっかり抑えながら浦和らしいサッカーができればといいかなと思います。
毎年、ゴールを決めたいという気持ちで臨んで、結構空回りすることが多いので、平常心で、本当に誰が獲ってもいいので、チームが勝つことだけ心がけてハードワークして鹿島戦に臨みたいなと思います。アウェイの闘いでは、もちろん負けないことが重要なことだと思いますが、もし負けたとしても、アウェイゴールというのが大きいと思うので、なるべく点を獲れるようにやっていきたいし、まずは失点しないように、で、もちろんウチが先に点を獲れれば向こうも出てくると思うので、非常に最初の得点というのが重要かなと思います。
準決勝は見ていないのでわかりませんが、まぁ、両チームとも今年戦っているので、なかなか…。川崎だったら点の獲り合いになる可能性はあったと思いますが、鹿島はディフェンスが強いので本当に1点の争いになるのではないかなと個人的には思います。まぁ、試合がちょっと離れているので、試合勘がちょっと不安ですが、そこは試合時間が経つにつれて慣れてくると思いますし。そういうところがすごく心配ですが、平常心で、さっきも言ったように平常心で試合運びができれば良いなと思います。一番はハードワークだと思うし、負けたくないという気持ちを前面に出した方が勝つのではないかと思います。
多分、たくさんのサポーターがカシマスタジアムに足を運んでくれると思いますので、その期待に応えられるように頑張って行きたいと思うし、個人的にも空回りしないように頑張っていきたいと思います」20161128_130702-1◇◆◇西川選手◇◆◇
「少し公式戦からは離れていましたが、チームとして非常に良い準備が出来たと思いますし、明日はいつも通り全員で良い緊張感をもちながら、試合を楽しみたいなと思います。鹿島はやっぱり歴史あるチームですし、優勝経験も豊富で、準決勝も勝ち上がっている力のあるチームだと思いますが、自分達は年間勝ち点1位を獲って、決勝の舞台で待つ形となりましたが、そこは自信をもちながら、1位の自信としっかりとしたプレーを見せていきたいなと思います。
相手よりも走る。球際に勝つ。規律を守る。
その3つを大事にしながら、いつも通りみんなとやりたいなと思います。
元同僚の金崎選手もいますし、ファーストステージで彼に点を決められてしまっているので、彼だけではないですが、しっかりと無失点で抑えることで第2戦に向けて有利に試合を進めることが出来るのではないかなと思います。たくさんの方がこの決勝戦の舞台というのを楽しみにしてくれてますし、自分達もそれに相応しいチームだと思っているので、しっかりとしたプレーをして、とにかく僕はゴールキーパーなので、しっかりゴールを守るということを意識しながら、チームのために頑張りたいなと思います。どれだけいつも通りできるかというところにトライしていきたいですし、とにかく、決勝戦の舞台に、良い雰囲気になると思うので、ゴールキーパーとして楽しんで、結果を求めてやりたいなと思います。
僕自身、浦和レッズでタイトルを獲りたいと思って、3年前に移籍を決めましたし、僕自身、ここで獲れなければという責任感の方が強いので、チームとしては10年ぶりになりますが、僕としてもここで必ず獲ってその先にあるクラブワールドカップに出たいなと思います」20161128_130244-1Come On! REDS…18:00~18:55
REDS After The Match…23:00~23:55201603051909000

・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!

20160428_181853polus20160428_181912polus-1・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
17:00~17:55 イブニング パス(短縮)
18:00~18:55 Come On! REDS
19:00~21:45 RED A Live 2016 CHAMPION SHIP(延長の場合あり)
23:00~23:55 REDS After The Match20160428_181912polus-1・以下の番組は休止します。
19:00~19:55 You’re The REDS
20:00~20:55 岩船ひろきのあふれだすメロディ
21:00~21:55 北条ふとしのニセモノの集い

 

 

 

 

 

RED A LIVE 2016.11.3 VS 横浜Fマリノス

☆浦和レッズ戦を実況生中継

埼玉スタジアム2○○2で行われる、「明治安田生命J1リーグセカンドステージ第17節・浦和レッズ対横浜F・マリノス」の模様を実況生中継します。

RED A Live 2016
「 浦和レッズ 対横浜F・マリノス」
…11月3日(祝・木)13:00~15:45(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ(http://www.polus.co.jp/20161102_142341◇◆◇平川選手◇◆◇
「練習後の監督の話?いや、もう、いつもと変わらないです。もう、同じことをやるだけだし、まぁ、明日が最後だからって特別なことではなくて、いつも通り、今まで通りのことを明日もやらなければいけないということですね。大事な試合になりますが、今までも全て大事だったし、そして今までやってきたことを明日も出す。相手どうこうでなくて自分達がやってきたことを続けていく。かなりハードワークしなければならないし、まず、そこで自分達に妥協なく、今まで続けたことをやることが出来れば必ずチャンスはあると思うし、勝利できると思うので、まずは自分達の積み上げてきたものをきっちり出せるようにしたいです。
まぁ、2006年の勝ち点を上回りましたが、そこと比べる必要はないと思います。年々、ミシャのサッカーの中で足りなかった分もう1歩先に行くために今年、本当に最初から細かい部分、色々と積み重ねてきましたが、特にそのハードワークして、球際、攻守の切り替えだったり、攻撃陣のディフェンス、切り替えという部分で、非常に良い形でここまでこれているので、本当にそこを最後までどれだけやれるかというのを楽しみにしたいと思います。明日、自分達がどれくらい出来るかだと思います。
考えて、楽しみながら、そして、敵もそうですが、見ているサポーター、観客も含めて、驚かせるような攻撃を見せながら、ただ、ハードワークもして、きっちり、そういった両面を見せられるように出来れば良いと思います。スピードの部分もようやく戻ってきたし、こういった感覚の中できっちり準備をして、チームの勝利に貢献できるようにしていきたいと思います。
Fマリノスとの最終戦は嫌な思い出ばかり!?もう、全然忘れていましたね。その頃のことは忘れていましたし、今、また新しい目標に向かってやっている中で非常に良いチームだと思うし、上手く若返りを図りながら攻撃的に非常に能力の高い、怖い選手が揃っている非常に良いチームだと思うので、それに負けないように、相手の良いところを出させないで自分達の良いところを出すという部分で、きっちり、そういったマリノスというチームに勝利出来るようにしていきたいと思います。あぁ、あれか…、ん? ドゥトラ選手に削られたやつか、駒場で…。それは覚えていますね。ケガ、あれ、痛かったなぁ。あれ、次の年も1年間引きずったから、あのケガで。左サイドやっているのにね。右足で上げていたけど…。まぁ、でも、そういった思いも全て乗せて、明日の試合、勝利できるように、良い準備をしたいと思います。もうだいぶ前ですが。内容よりケガしたシーンとかはよく憶えていますね。
あすは良いサッカーをして、勝利して、みんなで、今年は違うという部分しっかり見せて、最後にチャンピオンシップに向けて良い試合できるように頑張りたいと思います」20161102_144859-1◇◆◇李選手◇◆◇
「埼スタのチケット完売は、選手冥利に尽きるし、凄く大舞台なので楽しみですけど、やっぱりこういう試合に勝って、浦和レッズの歴史に1ページ新しいストーリーが築ければなって思いますね。その一員であることの幸せを噛みしめながらやりたいですね。前も言いましたが、ルヴァンカップでタイトル一つ獲って1歩目やっと踏み出したので、長い間レッズは獲れなかったですが、2歩目踏み出すことによって、3歩、4歩、5歩というのが加速すると思うので、やはり1歩目踏み出した大きな力を2歩目でステップアップしてから、本当に素晴らしい浦和レッズの歴史を作りたいですね。そうでありたいし、それしか見ていないし、自分達にはチャンピオンシップと今年、クラブワールドカップとあるので、そこでレッズがどこまで出来るのかというのが凄く楽しみだと思うので、見ている人達は、僕達も楽しみなんでね。
まぁ、途中から出る…、まぁ、スタメンで出たいですが、今は途中から出ることの方がチームにとって効果的なので、自分が途中から出ることが。なので、やはり出た時にコンディションをそこに持っていけるかとか、ゴールにほとんど絡めているので、なので、やはり自分が出た時に0―0とか1―0とかで負けている時に出て同点なり逆転なりするというのが今の自分の仕事だと思うので、チームの勝利のために戦っているので、良い感じではきているとは思っていますよ、チーム全体としては。
負けている状況であれば、出場時間は伸びると思いますよ、必ず。前半で最近は試合が決まっていないので、前半で試合が決まるように、まずはチームの勝利第一なので、この悔しい思いを途中から出た時にパフォーマンスを発揮するというのがやはりプロとしての自分の役割だと思うので。前半戦は、それこそトシとか自分達、僕が出て悔しい思いをした分、今も頑張って走っていると思うし、武藤もそうだし慎三もそうだし、誰1人として絶対に出られるという保証のないチームなので、日本一になると思いますよ。
スタメンじゃないからといって僕が不機嫌な態度を取ってしまってはね、チームはガタッときてしまうと思いますね。本当、自分で言うのもナンですが、一番自分がピースとしては大きいかなと思います。
自分達のサッカーができれば勝てるのではないですか。勝つことで自力で優勝もできるし、チャンピオンシップも優位に進められるのでね、ホームだししっかり勝って次につなげたいと思います。(ルヴァン決勝の前日もマイクを向けさせてもらい、ヒーローに)ありがたいですね。良い流れは良い流れのままいって欲しいし、僕も強い気持ちがあるので、自分を信じているし、浦和レッズが勝つことを信じているので、必ず良い方向にはいくと思います」
Come On! REDS…11:00~11:55
REDS After The Match…17:00~18:55201603051909000・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!

20160428_181912
・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
11:00~11:55 Come On! REDS
12:00~12:55 つながるさいたま(短縮)
13:00~15:45 RED A Live 2016(延長の場合あり)
17:00~18:55 REDS After The Match
19:00~19:55 You’re The REDS(通常通り)%e5%ae%9f%e6%b3%81m・以下の番組は休止します。
11:00~11:55 リメンバーミュージック
14:00~14:55 リメンバーミュージック
15:00~16:55 アフタヌーンパラダイス
17:00~18:55 イブニングパス

RED A LIVE 2016.10.9 VS FC東京

☆浦和レッズ戦を実況生中継

埼玉スタジアム2○○2で行われる、「2016JリーグYBCルヴァンカップ準決勝第2戦・浦和レッズ対FC東京」の模様を実況生中継します。20161008_151814-1

RED A Live 2016
「 浦和レッズ 対FC東京 」
…10月9日(日)13:30~16:15(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ

20161008_180826-1

◇◆◇宇賀神選手◇◆◇

「ルヴァンカップ準決勝第一戦を欠場し、連戦を避けることが出来たので、コンディションは100%でないとダメかなと思います。自分自身、ゴールシーンだけでなく、試合を通して監督がやりたいサッカーは出来ているとは思いますが、やっぱりこの内容でサッカーできている中でもっともっと相手との力の差を見せつけないといけないかなという風には、特にこの前、上から見ていて感じました。もちろん、成長した部分は凄く大きくあると思いますが、なぜか元々そんなに守備が苦手だったわけではないのに、『守備が下手くそだ』と言われたので、僕はそこはもう《何でだろう》と思っていました。元々そんなに苦手意識もないですし、サポーターからも『守備が悪い』と言われますが、別にそんなことないかなと思っていました。もちろん、成長したという部分は沢山あると思いますが、元からそこまで守備に対する苦手意識は僕にはありません」20161008_152258-1「ガンバ戦の後半、相手に強くものを言う機会がありましたが、僕は元々そんなに喧嘩っ早い方でもないですし、ただ、やっぱりああいう風に仲間が傷付けられたりだとか、阿部さんの遠藤選手のシーンもそうですが、ルールがある中で相手をケガさせるプレーというのは許されるものではないと思うし、そういうのを見て見ぬふりを出来る人間ではないので、僕は、そういう意味であのシーンは行ってしまったというか、もちろん自分にとってマイナスの部分もあそこでカードが出て退場してしまえば、チームにもマイナスになる部分があると思いますが、ただああいう行為は僕の中では許されないと思うし、自分は仲間がやられて黙っていられる人間ではないなというところが出てしまったかなとは思いますが、そこも良い所であり悪い所でもあると思うので。残り試合も少ないですし、次も退場してしまえば勝っても決勝に出られないわけで、残り試合が少なくなってくればくるほど1試合の重みが大きくなってくると思うので、冷静な部分ももう少し出さなければいけないなとは自分でも思います」20161008_152702-1「第一戦は僕自身、メンバーに入りませんでしたが、どうしても現地で見たい気持ちもあって、上から全体を見てみたいなというのもありましたし、その中でヒラさんが出てきて、そのヒラさんの活躍するプレーを生で見られたのは自分の中で凄く刺激になりましたし、自分は入団してからヒラさんの背中を見て育ってきたし、成長してきたと思っているので、本当にさすがだなと言う部分と、今は自分の方が多く試合に出ていますが、この間自分が出ていない中でああいうプレーをされて《まだまだ負けないぞ》という気持ちも自分は出てきました」20161008_152907-1「今シーズン、FC東京とは今まで3試合やってみて、全て凄く難しい試合だったと思うし、全部先制されているので、特に明日の先制点というのは、両チームにとって非常に大きなものになると思うので、そこをまず一つのポイントにして置いてやりたいなという風に思いますし、特に東京戦は前半が少し重いなという感じの中のプレーなので、チームとして、そこをピリッとさせることが重要かなと。自分が上で見ててもそうだし、この間ピッチレベルで感じてもそうだと思うので、そこをどういう風に戦っていくのがポイントかなと思っています」

201603051909000

Come On! REDS…12:00~12:55
REDS After The Match…17:00~18:55

・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!

20160428_181912

・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。

12:00~12:55 Come On! REDS
13:30~16:15 RED A Live 2016(延長の場合あり)
17:00~18:55 REDS After The Match

・以下の番組は放送時間が変更となります。

10:00~10:55 シック、すっく、シュクル

・以下の番組は休止します。
13:00~14:55 村田綾のKeep Smile

15:00~15:55 ドラミューアゲイン

16:00~18:00 フォーク・スクランブル

18:00~18:55 埼スポウィークリー

実況M

RED A LIVE 2016.10.1 VS G大阪

☆浦和レッズ戦を実況生中継

埼玉スタジアム2○○2で行われる、「2016Jリーグ2ndステージ第14節・浦和レッズ対ガンバ大阪」の模様を実況生中継します。20160930_145422-1◇◆◇駒井選手◇◆◇

「本当に、しっかりホームで良いプレーをして、相手も本当に順位が近い、セカンドの順位が近い相手ですし、年間順位のことを考えても、セカンドステージの優勝のことを考えても、絶対に落とせない一戦なので、すごくモチベーションもありますし、絶対勝ちたい相手です。やっぱり、仕掛けの部分だったりとか、そういうところは自分のウリとしているところなので、そういうところでしっかりアシストに繋げられたりとか、そういうプレーでチームに貢献できたらいいなと思います。この前はファーストタッチがすごく悪くて、それは自分が一番わかっていることなので。そういう部分でしっかりパッと蹴れば、対面の相手には自信を持って仕掛けるところがあるので、そういう最初のところを明日はまた、意識しながらやっていきたいなと思います。藤春選手は凄くスピードがあるので、抜いたとしても追い付かれるスピードを持っていますし、攻撃面でもやっぱり長い距離をあのスピードで加速されて走られたら、本当に出し手がフリーだと裏に通されたらほとんど通ってしまうので、そういうところは本当にある程度の距離感を意識しながら攻撃も守備もやりたいと思います。ロドさんにゴムチューブを使ったトレーニングを手伝ってもらっていますが、やっぱりあれは足に力が入りますし、あれをやることによって筋肉が動きますし、前日にスプリントするのとしないのとでは試合の時に全然馬力というか、力の入り方が違うので、あれはすごく助かっているところなので、明日の試合もしっかり走れたらいいなと思います。自分たちのサッカーはカウンターサッカーではないと思っているし、どちらかというとしっかり繋いで凄く良い崩しで崩していくというチームなので、明日も自分たちのサッカーを貫いて、でも相手にはカウンターさせないでしていきたいなと思います。初ゴールについては、本当に待たせているのは分かっているので、早く獲りたいですし、そういうチャンスが来たらモノにしたいというか、絶対に決めてやるという気持ちでシュートを打ちたいなと思います。初ゴールだったらホームで決めたいですし、この時に決められたらチームにも貢献できると思うので、頑張ります」

20160930_150548-1

RED A Live 2016
「浦和レッズ対ガンバ大阪」
…10月1日(土)13:30~16:15(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ

201603051909000

Come On! REDS…12:00~12:55
REDS After The Match…17:00~18:55

・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!

20160428_181912

・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。

12:00~12:55 Come On! REDS
13:30~16:15 RED A Live 2016(延長の場合あり)
17:00~18:55 REDS After The Match

・以下の番組は休止します。

12:00~12:55 REDS  Supporter’s Eye
13:00~14:55 AKANEのCatch The Music!

実況M

RED A LIVE 2016.7.17 VS 大宮

☆さいたまダービーを実況生中継

20160716_162952-1

20160716_163655-1

埼玉スタジアム2○○2で行われる、「2016明治安田生命Jリーグ
セカンドステージ第4節・浦和レッズ対大宮アルディージャ」の模様を実況生中継します。

◇◆◇宇賀神選手◇◆◇

「沢山のサポーターも入ってくれますし、相手も同じ気持ちでしょうけど、ホームで大宮相手に負けるわけにはいかないので。きょう、新聞を読んだら、うちのホームの対戦成績があまり良くなかったので、しっかりと、明日勝って、自分達の力を証明したいなと思います。

ダービーの時の大宮は、順位だったり、その時のチーム状況だったり、そういうのは全くもう関係なしで、《自分達が絶対に勝ってやるんだぞ》、《ダービーは絶対勝つんだぞ》という気持ちが非常に強く感じられていましたし、それに対して自分達はリーグ戦34試合の1つに過ぎないという形だったと思うので、そこの熱量の差かなと、正直僕は思っていましたし、ここ数年は、自分もレッズにこれだけ長くいる人間として、やっぱりそこを意識しなければいけない、正念場だということを思いながら戦っている中で、ちゃんとしっかりと結果もついてきているので、気持ちは非常に大切なのかなと思っています。

多くの子ども達が観に来てくれると思うので、そういう子達に感じ取って帰ってもらって欲しいですし、一人でも多く浦和レッズを好きになって欲しいし、宇賀神友弥を好きになって欲しいなと、そういうプレーをしたいなと思いますけど。

アカデミー出身の選手としてレッズで今、多くの試合に出ているのは僕と関根しかいないですし、その2人が試合を決定づけるプレーをやったりとか、観ていて熱くなるようなプレーをしないといけないと思いますし、関根と僕ではプロになるのが経緯が違かったりとか、また、色々な人がその2人を観て、こういう形があってこういう舞台でプレーできるというところを見てもらえると思うので、たまたまその2人が両ウィングで攻撃的なところを出しているチームとして、そこがキーポイントになるポジションだと思うので、その2人が気持ちを見せて戦えれば良いかなという風に思っています。

日本でプレーしているサッカー選手は、浦和レッズでプレーすることが一番の目標なのかと思いますし、これだけの環境で出来るサッカー選手というのは浦和レッズにいる選手二十数名しかいないと思いますし、本当にアウェイでも、福岡の時でもスタンドが真っ赤になるくらい、ホームかと思うくらいサポーターが来てくれますし、また、今回こういうダービーという形になれば5万人以上のサポーターが集まってくれるチームは、日本では…日本ではというか、世界でも本当に希に見るぐらいのチームのレベルだと思うので、そういうところでプレーできる幸せというのは、毎試合感じていますけど、ダービーというのはそれをより感じられる場なので、その幸せというのはピッチに立っただけではなく、一番の幸せを感じる瞬間というのは試合に勝った瞬間なので、それをやっぱり明日みんなで分かち合いたいなという気持ちが非常に強いです。子どもの頃にレッズ戦はあまりスタジアムで観ていなかったので、あまり記憶はないです。自分がそういうのがなかった分、鮮明に残るような試合をしたいなと思います」

20160716_164945-1

RED A Live 2016
「浦和レッズ対大宮アルディージャ」
…7月17日(日)18:30~21:15(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ

Come On! REDS…17:00~17:55
REDS After The Match…22:00~23:55

・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!

201603051909000

Come On! REDS…17:00~17:55
REDS After The Match…22:00~23:55

・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!

20160428_181912

・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。

16:00~16:55 世界に誇る元気印カンパニー(繰り下げ)

17:00~17:55 Come On! REDS
18:30~21:15 RED A Live 2016(延長の場合あり)
22:00~23:55 REDS After The Match

・以下の番組はお休みします。

16:00~17:55 フォークスクランブル

18:00~18:55 埼スポウィークリー

19:00~19:55 ラジオキャンパス

20:00~20:55 ちょこっとマーケティングタイム

22:00~22:55 週刊メディア研究室

23:00~23:55 トリップトリップ

実況M

RED A LIVE 2016.7.9 VS 柏

☆浦和レッズ戦を実況生中継20160708_162203-2埼玉スタジアム2○○2で行われる、「2016明治安田生命Jリーグ
ファーストステージ最終節・浦和レッズ対ヴィッセル神戸」の模様を実況生中継します。

20160708_163550-1

◇◆◇西川選手◇◆◇

「(練習の終わり頃には、興梠選手と李選手を相手にPK練習を行い、セーブする場面も多数)そうですね。練習が試合に出ると思っていますし、ルールも変わってあまり前にも出られなくなったので、最後、基本的な、動かないことを大事にしながら、良いイメージで今週、準備が出来たと思っています。最後まで我慢した方が結果として嫌だと思いますし、僕自身もその方がやりやすいなと。まぁ、明日ももしかしたらPKがあるかもしれないですし、チームを救えるようなセーブというのを1試合にひとつでも多くできるように頑張っていきたいなと思います。余計なことは考えずに、とにかく試合を楽しむだけだと思いますし、そっちの方が結果が出るとは思うので、良いことだけを考えながら、チームが勝てるように自分自身良いプレーをイメージしながら明日も挑みたいなと思います。柏は監督も代わって、結果も出してきて、堅いイメージですけど、明日はしっかり、ホームなので、とにかく我慢強くやっていきたいなと思います。本当に我慢する時間は90分間の中であるので、試合は90分であるので、攻め急がず我慢する時は我慢する。苦しい時間もありますけど、コントロールしながら自分のところでうまくチームを良い方向に進めていければなと思います。クリスティアーノの良さというのは充分わかりますし、当然フリーキックを与えてしまえばピンチというのは間違いないので、ピンチはチャンスと思いながらいつも通りやるだけです。大ちゃんも、大ちゃんの子どもも1人増えたので、チームにとっても素晴らしいことですし、前回は司のお子さんの誕生をみんなでお祝いできたので、明日は大ちゃんのお子さんの誕生をみんなでお祝いできるように、集中してやっていきたいなと思います。(試合後のオーロラビジョン)頑張ります!」

20160708_161552-1

RED A Live 2016
「浦和レッズ対柏レイソル」
…7月9日(土)18:30~21:15(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ

 

201603051909000

Come On! REDS…17:00~17:55
REDS After The Match…22:00~23:55

・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!

20160428_181912・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
17:00~17:55 Come On! REDS
18:30~21:15 RED A Live 2016(延長の場合あり)
22:00~23:55 REDS After The Match

実況M

RED A Live 2016.6.25 VS 神戸

☆浦和レッズ戦を実況生中継!

埼玉スタジアム2○○2で行われる、「2016明治安田生命Jリーグ
ファーストステージ最終節・浦和レッズ対ヴィッセル神戸」の模様を実況生中継します。

20160624_15305120160624_153310(0)20160624_153155◇◆◇関根選手◇◆◇

「まぁ、本当に良くない状況が続いて、ホームでやっと勝てたので、次またホームでやれますし、次勝たないと意味がないと思うので、しっかり結果で応えたいなと思います。もっとやらなければいけないなとも思いますし、チームとしてやるべきことというのはしっかり整理しながら、またセカンドステージに向けても大事な試合でもあると思うので、しっかり内容もいいもので勝利を収めたいなと思います。今年に入って右でも左でもやることが多いので、あまり意識するというよりは、自分の思ったプレーというのをしっかりやることが大事だと思いますし、そこの勢い、積極的にいくところはいけるようにしたいなと思います。右の時は右足でトラップしていけますけど、左に入ったら左だったり右だったりどちらかの足で、良い状況で、状況に合わせてトラップでき、普段より良い状況になるとは思いますので、そこは意識してやりたいです。前のフォワードの選手が本当に調子良いと思いますし、この間の試合に似ているのではないかなと思うので、そこのリスク管理をしっかりしながら自分たちがゲームを作っていければ良いかなと思います。高橋峻希選手は本当に勢いある選手ですし、精神力がすごくあるので、そこの駆け引きのところで負けないでしたいなと思いますし、ユースの先輩としても意識するところがありますので、負けないで、やりたいなと思います。そこも鍵になってくると思いますし、そこで自分も結果を残したいなと思います。原口選手!?解説やるらしいですね。《できるのでしょうか?》って感じですけど。試合中は分からないですけど、どのような解説をしているか、試合が終わった後、もう1回試合を見直す楽しみがあるかなと思います(ニヤリ)細かいところもそうですけど、守備のところだったり、成長している姿を見せられればいいかなと思っています。原口選手とは最近も連絡を取っていて、いろいろと率直な意見を言ってくれるので、自分にとってすごい良いアドバイスになっていますね。何とは言わないですけど(ニヤリ)【WE ARE DIAMONDS】を埼スタでまた歌えるように頑張りたいなと思います」20160624_161616

20160624_152806RED A Live 2016
「浦和レッズ対ヴィッセル神戸」
…6月25日(土)18:30~21:15(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ

201603051909000

Come On! REDS…17:00~17:55
REDS After The Match…22:00~23:55

・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!

20160428_181853

20160428_181912・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
17:00~17:55 Come On! REDS
18:30~21:15 RED A Live 2016(延長の場合あり)
22:00~23:55 REDS After The Match

実況M

 

RED A Live 2016.6.11 VS 鹿島

☆浦和レッズ戦を実況生中継!

埼玉スタジアム2○○2で行われる、「2016明治安田生命Jリーグ
ファーストステージ第15節・浦和レッズ対鹿島アントラーズ」の模様を実況生中継します。

20160610_145430-1

◇◆◇森脇選手◇◆◇

「鹿島戦が大事なことはどの選手もわかっていますし、そこを勝つことによって5連戦で勢いつくと思っているので、まぁ、ファーストステージを占う意味では非常に大きな大きな一戦かなという風には思っていますけどね。アウェイでやる時は比較的押し込まれる場面はありますけど、ホームで闘っている時というのは、僕は自分たちが主導権を持ってやれているという風には思っているので、そういうことで明日の試合もそういう部分を出していきたいなと。鹿島も後ろを引いて守ってくるような相手ではないと思いますし、時間が経つにつれて、下がらざるを得なくなるかもしれないですけど、最初の方は比較的前から来てくれるので、それを剥がす練習というのはもう常日頃からやっているので、あしたもそれをしっかり出していければいいかなという風には思いますけどね。やっぱりレッズのサッカーというのは、後ろからビルドアップ技術がなければレッズのサッカーは表現できないかなという風には思っているので、そういうプレーをやりたいなと。まぁ、後ろなので華麗なプレーは難しいですけど、しっかり剥がす作業というのはやっていきたいなという風には思います。練習ではできましたけど、それが試合中に発揮できなければ何の意味も持たないなと思っているので、試合に出せるようにやっていきたいなと。今週もそうですけど、ずっとトレーニングでやってきたことを明日の試合は表現していきたいなという風には思います。タイミングとかもそうですし、守備のところのオーガナイズとかいろいろなことを確認の意味で選手同士での話はしましたけど、相手が前から来ているのであればかなりの広大なスペースが生まれてくるという風に思っているので、そこをどれだけついていけるか、過度にプレッシャーを感じ過ぎない方がいいかなと思っているので、相手が来てくれているのであればどこかに必ず大きなスペースが空いているので、そこをしっかりついていけば、相手の方がより苦しくはなるのかなとは思っています。本当に、やっぱり、多くの方が来てくれた中でレッズが勝利を収めることによって、なおかつ楽しいプレーをすることによって、サポーターもまた観に行きたいなと、レッズのサッカーを見に行きたいなと思ってくれるという風に思っているので、いいゲームをして、勝って終えられたら最高だなってふうには思っています。本当にこの間のイエローカードは納得できなかったですけど。もうリーチになってしまったので、この5連戦、もちろんいくところはいかなくちゃいけないですけど、無駄なファウルには気を付けたいなと。そういうのは年々減ってきているので、そういう部分は気を付けたいなというふうには思っています。頑張ります!!!」

20160610_154607

20160610_152832

RED A Live 2016
「浦和レッズ対鹿島アントラーズ」
…6月11日(土)18:30~21:15(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ

Come On! REDS…17:00~17:55
REDS After The Match…22:00~23:55

・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!

201603051909000・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。

20160428_18185320160428_18191217:00~17:55 Come On! REDS
18:30~21:15 RED A Live 2016(延長の場合あり)
22:00~23:55 REDS After The Match実況M

RED A LIVE 2016.5.14 VS 新潟

☆浦和レッズ戦を実況生中継!

埼玉スタジアム2○○2で行われる、「2016明治安田生命Jリーグ
ファーストステージ第12節・浦和レッズ対アルビレックス新潟」の模様を実況生中継します。

20160513_141454

◇◆◇李選手◇◆◇

「(4月の明治安田生命Jリーグ 月間MVPを受賞)いやぁ、本当ありがたいですよ、選んでくれることは。チームも調子良いからね、前の3人の誰かが選ばれるのではないかなって思っていましたけど。自分が選ばれてやっぱり嬉しいですけど。何でも一番で嬉しいですよね、何千人いる中での“一”ですから。月間なんでね。やっぱり年間獲りたいですね。けれど、結果的には先月2ゴールしか獲っていないから、なのでやっぱり結果というところが、自分の中では今年は結果にこだわる年という風に位置付けているので、目に見える結果を、あすの試合も獲りにいきたいと思います。それが評価にもなっているし、ゴールの起点にもなっているし、アシスト以上のところにも顔を出しているというところが、ゴールに自分が意識向いているところと、コンディションが良いというところがすべてだと思います。5月はやっぱり点獲りたいですね、得点を。残りJリーグ7試合かな…。7試合で、前半戦だけで10点は絶対にいきたいなって思っているので、そのためにもあしたの試合ね、あと数えるだけしかないのでJリーグは。24試合か、もうそんなに多くないから、1試合1試合大切にしたいです。(ホームでKLMそろい踏みが2試合連続で、次の…)すごいですね。野球でいうアベック以上にすごいですからね。3人だからね。それぐらい攻撃力があるし、クオリティある選手がいるので、結果が出ている証拠だと思いますけどね。まぁ、やっぱり立ち止まるのではなくてね、月間MVPもそうだし、目指しているところがタイトルなのでね、川崎に勝ったからとか、広州に勝ったから、それでうれしいはうれしいけど、最終的な目標はACLアジアチャンピオンとJリーグチャンピオンというところなので、そこしか向いていないですよね。だから、うれしいけれど過去の話なので、あすの試合から自分のできる限りのパフォーマンス出していきたいですね。コンディションが良いし、コンビネーションも良いし、前の、必ず点獲れると思いますし、守備も守ってくれると思うので、勝てると思いますね」

20160513_142353

RED A Live 2016
「浦和レッズ対アルビレックス新潟」
…5月14日(土)13:30~16:15(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ

Come On! REDS…12:00~12:55
REDS After The Match…17:00~18:55

・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!

201603051909000

・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。

20160428_181853

20160428_181912

12:00~12:55 Come On! REDS
13:30~16:15 RED A Live 2016(延長の場合あり)
17:00~18:55 REDS After The Match
19:00~20:55 RED A Live 2016(再放送)

実況M

・以下の番組は休止します。
12:00~12:55 REDS Supporter’s Eye
13:00~14:55 AKANEのCatch The Music