タグ別アーカイブ: 岩武選手

8月1日 「甘えをなくすっていうのが大事」&「こっちがやれることをやれば勝てる」

どうもです

炎天下のYeah!!20190801_121125-鹿島との熱戦から一夜明けたきょう、練習は午前11時過ぎに始まりました

きのうの試合に長時間出場した選手はリカバリー

それ以外のメンバーはパス&コントロール、攻守の切り替えを意識したミニゲームや2対1でのシュート&守備練、8対8のハーフコートゲームを行うなどして約、みっちりと汗を流しました20190801_122003-「OK良くやったお疲れ!」(大槻監督)

全体練習はお昼の12時30分頃に終了しています20190801_123101-

◇◆◇柴戸選手◇◆◇

――どれだけ汗かいたか!?っていうぐらいに

「結構やられましたね、暑さに(苦笑)」

――この期間、振り返っていかがですか

「準備するっていうことはいつもと変わらないのことなのでしっかり練習にも取り組めたと思いますけど、やっぱ暑さに慣れるというところでも大事だと思うので、こういう暑さのなかで、意図的に意識的に動くっていうことがこの先につながると思うので、そういうところはもう少しやっていかなければと思いました」

――プラスアルファもう1個1歩の積み重ねが強くなっていくために

「そうですね、涼しいところや冬の時期なんかでいえば、動きやすくなると思いますけど、そこで動けても夏動けないと夏が本番みたいなところがあるので、そこは意識的にやらなきゃいけないなと思います」

――今一生懸命動いておけば、シーズン終盤のところでも馬力というかが出るように、きっと

「そうですね、この暑さに慣れることで、より涼しくなったときに動けると思いますし、逆にこういうところでサボってしまうと癖になってしまうので、終盤で動けなくなるということになるので、意識的に本当にやっていきたいなと思います」

――以前、「梅干し食べる」って聞いた記憶がありますけど、何か心掛けていることはありますか?普段ピッチ外のところとかで

「食事なんかは奥さんに協力してもらって栄養のあるものをしっかり品数多く食べるところは意識しています」

――何が好きですか、作ってもらう料理

「なんだろうな、ガパオとか結構好きです。美味しい(ニコリ)」

――太陽が良い調味料になるようなご飯で

「そうですね、結構いろんな料理を作れるので、ほんと感謝していますし、何ていうんですかね、そのためにも頑張りたいなと思っています」

――出場停止の中トレーニングでも監督が強度というのを強調していましたが、そういった部分でもきちっとチームのためにできていた

「まあ自分に甘えてしまっているところもあるので、そこら辺はまだまだですかね。もうちょっとやらなきゃいけないと思っています」

――甘えるっていうところは

「やっぱりボールが動いている時のポジショニングだったりその細かい1歩2歩の修正のところだったりっていうのをサボってしまうことは自分の中であるので、そういうところは無意識になるまで意識してやらなきゃいけないと思うので、そういうところとやっぱり出ていくところでやっぱりきつかったり暑くなってくると甘えていると自分で感じるので、そこはもう今やることであと楽になるって考えながらやっていかなきゃいけないかなと思っています」

――そういうところ、ちゃんと自分を認めるところも大事だなって

「そうですね、やっぱり上にいくというかレベルアップするためにも1日1回でも良いのでそういうところの甘えをなくすっていうのが大事かと思います」

――仕事でも柴戸さんの言葉を思い出しながらこの暑さを乗り切ります

「ありがとうございます(笑)」

――名古屋はどうですか?この間の試合はかなり完敗に近いような

「そうですね、やっぱりしっかりボールを動かしながらゴールへの迫力っていうのは凄いJの中でもトップクラスだと思うので、そういうところのチームで守るっていうところはやっていかないと暑さもあったり連戦ていうのもあるので難しいというか、厳しくなってくるので、そういうところはチームとして守るところと、あとは目の前の相手に単純に負けないっていうところがキーポイントになるかなと思います」

――ホームでの勝利に向けて意気込みをお願いします

「個人としてはやっぱり1試合でられなかった部分があるので、そういうところの悔しさだったりそういう思いをぶつけながら勝利に貢献できるように、とにかく走って体張るっていうことをやっていきたいと思います」

――良いお話をありがとうございます

「ありがとうございます(ニコリ)」20190801_123756-

◇◆◇岩武選手◇◆◇

――顔も赤くて、湯上りみたいに?

「もう全身びしょびしょです」

――きょうも良いトレーニングが

「そうですね、まあスタメン組が抜けた中でみんなが良いトレーニングをできたかなと思います」

――メンバーもローテーションでいろいろっていう中で、いろんな自分を確認しながら日々出来て

「そうですね。いろんな人と組めることができるので、その選手によっていろいろ変えられるようになってきています」

――チーム全体もそんなムードっていうかより高まっていますか?

「そうですね相乗効果というかみんな良いトレーニングするので、やっぱり自然にできるように底上げはできているかなというのはあります」

――シュートの意識について良いプレーで大槻さんから声かけられて

「まあウイングなので、点も取らないといけないので、結果を出せるようにいきたいです」

――まずはゴールからの逆算でプレーを選択していくというか

「まあまず本質はゴールなので、ゴールを狙った後にその後に見えてくるものがあると思うので引き続き狙いたいなと思います」

――間隔短い中チャンスもあるかなと期待しているますけど、名古屋についていかがですか

「そうですね、選手もたくさん補強して良い選手もたくさんいるので、その中でこっちがやれることをやれば勝てると思うのでしっかり自分たちのサッカーをしたいと思います」

――やれること

「大槻さんの言う、まずは守備からだったりそのあとの出ていくところだったりっていうのはみんな意識していますし、立ち位置だったりっていうのも各々がだんだんそのサッカーっていうか、まあそれでわかって良い感じで回ってきているので、そこをどんどん積み上げたらまあ勝てるかなと思います」

――よく監督が「強そうに見せろ」っていうので岩武選手みたいな若い選手が足を止めずにがむしゃらに来たら相手も嫌だろうし

「そうですね。この暑さのなかで走られると自分も嫌なので、それをやりたいなと思います」

――相馬選手ってどんな存在ですか?

「そうですね、大学選抜でも一緒にプレーしましたし、まあ大学時代から切磋琢磨してきた仲間なので、最初にデビューはしましたけど大学時代にとても良い選手なので対戦できればなって思います」

――昨年の初夏、浦和駒場スタ時で早稲田と試合していたのを覚えていますか?

「はい」

――岩武選手がどのようなプレーヤーなのか観に行ったら、その試合で相馬選手が大車輪の活躍を

「(笑)それで自分最初左だったんですよ、右に移ったら相馬が右に行っちゃったのでマッチアップできなかったんですけど」

――相馬選手にとってあの試合がブレイクのきっかけになったかも

「そうですね。4年、下級生のころから相馬も目立っていたわけじゃないので、1,2年の積み重ねがあって3、4年で花開いたのかのかなと思いますけど」

――橋岡和樹選手も途中から投入されて、もう1年以上経つのか

「そうですね、やっぱ早稲田とはいつも堅い試合になるので楽しかったですね」

――ああいうテクニシャンとの1対1での守り方としては

「もう相手によって変えたりとかですけど、なるべく間を取りたくないのでなるべく近くでやってって感じですけど、まあ必然的に取れることもあるので、ボールの入り方によってはそのときは工夫しってって感じですね」

――なるほど。ホームでの勝利をみんな期待して

「そうですね、ホームで勝たないといけないので勝ってみんなでまた歌いたいですね」

――そこに尽きる、そうすれば・・・

「(笑)」

――積み重ねで行きましょう!ありがとうございます

「ありがとうございます(ニコリ)」

柴戸選手と岩武選手のインタビューはこのあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

 

6月28日 「その中でも浦和のプライドというのをしっかり持って勝たないといけない相手」

どうもです

まだ体が慣れていない中、この蒸し暑さとどう向き合うか・・・20190628_154136- 大分戦2日前の練習は、非公開で行われました

◇◆◇岩武選手◇◆◇

――髪も切ってサッパリとして

「フハハ(笑)ちょっと時間のある時に」

――蒸し暑い!

「やばいです・・練習中、汗が止まらなかったです。もう、練習着を絞れるぐらいなので(苦笑)」

――浦和独特の暑さというものはありますか?

「まあ、けど九州も暑かったので(笑)そんなに別に、全然、慣れっすね。人工芝の方が暑いです、全然そっちの方が」

――日々の練習、手応えはいかがですか?

「そうですね、次が自分の中でも特別な思いがある試合なので、そこでしっかり結果であったり恩返しというか、大分に成長した姿を見せられればというのがあります」

――プレーに磨きはかかっていますか?

「そうですね、韓国遠征の時にこっちに残っていた分、帯同した選手達よりコンディションは良いですし、やっぱりしっかりとこっちでやってきたので、自信はあります」

――蔚山との2試合ではサポーターと一緒に成し遂げる素晴らしさを改めて感じられたかと

「そうですね、一戦目の終わった後、暖かくというか激励で迎えてくださって、その中でチーム一丸となって、浦和が一丸となっての勝利かと思います」

――大分での試合というのは、日程が出た時に一番最初にチェックを?

「そうですね(笑)まず大分のホーム戦がどこなのかなというのは確認しました。日程が出た時からはそこはやっぱり特別な思いがあるので、そこに対しては強い想いがありますね」

――昭和電工ドーム大分というのは岩武選手にとって

「そうですね、まあ、こういった天候の中で、あそこはドームなのでけっこう蒸し暑かったりっていうのは印象的ではあったので、そういった中でドーム独特の雰囲気というのは自分自身も大分の頃から慣れていましたけど、やっぱり改めてまた帰ると暑さは感じると思うので、適応したいなと思います」

――学生の頃は、まずあのピッチに立つことを目標としていたかと

「そうですね、小さい頃から周作さんなど色んな選手を見てきましたし、育った街なのであそこでピッチに立ちたいという思いは人一倍強かったですね」

――最近の大分をどう見ていますか?

「そうですね、やっぱり順位も最近はあれですけど、最初の方はずっと勝ち続けて自分達より上にいるので、侮れないというか、シンプルに順位が上なので、しっかり謙虚な気持ちであったり、その中でも浦和のプライドというのをしっかり持って勝たないといけない相手だと思うので、そこはしっかり臨みたいなと思います」

――片野坂監督のサッカー

「そうですね、今年J1でも良いサッカーをしていて、やっぱりしっかりチームとして成っているという感じがあるので、そのチームにこっちはチーム力と個で負けないようにという感じです」

――沢山の知り合いもいると思いますが、その中で特に意識する存在としては

「この前代表に入った1歳下の岩田と小島は一緒にプレーしていましたし、それこそ松本怜君、伊佐君、後藤君といった選手達と対戦できるのは楽しみですね」

――ご自身、右サイドに新たなライバルが

「そうですね、もうやるしかないので、自分の持ち味というか、自分には自分の良いところがあると思うので、そこを発揮できればと思います」

――関根選手もスタミナ豊富

「そうですね(笑)そこは関根選手と自分の良いところで、違うところもあると思うので、そういったところを伸ばしていきたいと思います」

――家族も明後日は楽しみに

「そこは多分!友人や学校の先生、お世話になった方々が来られると思うので、成長した姿を見せたいですね」20190628_153550-20190628_160123-20190628_160234-

岩武選手のインタビュー、関根選手のコメント、大槻監督の記者会見の模様は、このあと23時からの〈You’re The REDS Friday〉再放送でもお聴きいただけます

では

6月8日 「みんなで合わせていかないと」

どうもです

きょうは大原サッカー場で午前10時からレッズユースとの練習試合が30分×3本で行われ、1対0でレッズトップチームが勝利しました20190608_115721- 3本目の11分、バックパスをゴール前から福島選手が右足で前線へ蹴り上げると、自陣センターサークル付近で杉本選手が競り合ったボールをマルティノス選手が拾い、左サイドの大きなスペースへ長いパスを送り出します

颯爽と追いついた汰木選手がペナルティエリア内へ切れ込み、ゴール前左30度の位置から右足を振り抜いたシュートが、ゴール右のサイドネットを揺らしました20190608_100901-20190608_111203-20190608_112706-

◇◆◇岩武選手◇◆◇

――きょうのゲームを振り返って

「そうですね、ユース相手で、まあ相手も気合いが入っている中で、やっぱまだまだ、1点しか入っていないので、そこはもっと大差着けなければいけないなと思いました」

――ご自身はどのようなテーマを持って試合に入りましたか

「そうですね、まあやっぱり2日連続で2部練してきた中で、体力が落ちている中で、どれだけ走れるかっていうのを自分のテーマとしてやりました」

――監督からはどのようなことを伝えられていましたか?

「2部練でやった守備と攻撃のところを全員で合わせていこうと言われました」

――ウイングバックでのプレーというところでのイメージはどうですか

「そうですね、シャドーがきょうはエヴェルトンでなかなかやったことのない組み合わせでちょっと最初は難しい部分がありましたけど、ハーフタイムなどでコミュニケーションを取ったりして徐々には良くなった感じです」

――岩武選手からはどのようなことを要求しましたか

「エヴェルトンには『自分が持ったときにサイドに流れてほしい。流れてくれないと中が空かない。ダミーでも良いからちょっと走ってくれ』というのはお願いしました」

――山田直輝選手もそこに関わってきて、トライアングルなど色んな形ができて

「そうですね、直輝君も『エヴェルトンに流れてほしい』と言っていたので、自分と意図は合っていたので、3本目は『2人でどんどん崩していこう』という話はしました」

――スペースに飛んで追いつけないようなボールやプレスが嵌らなそうな時に、山田直輝選手から何度か走るのを「止まるな!」と言われていて

「そうですね(苦笑)全員がまだ体力がまだまだ入っていない中で、前から追いたい部分も合りましたが、そこは無理だなと思ったときもあったので」

――そのあたり、“チャンネルを合わす”

「そうですね、そこもやっぱりみんなで合わせていかないと。やっぱり追うタイミングもスイッチの入るタイミングもバラバラな時があるので、そこはやっぱりみんなで合わせていかないといけないと思います」

――奪いにいけなくても、距離を詰めておくだけでも違うときが

「そうですね、まあその辺も合わせられれば」20190608_120124-

――良い雰囲気でトレーニングは重ねられているようで

「そうですね、オリヴェイラさんの良かった部分にプラスして、日々成長しているなという感覚があるので、まだまだ浅いですけど、これからどんどんどんどん積み重ねていけたらいいなと思います。大槻監督から色んなことが提示されているので、ひとつひとつクリアできて行けたらより良いチームに必然的になる感覚はあります」

――提示されたこと

「やっぱり“チャンネル”ってところで、チャンネル合わせて誰が軸として行くのかっていうところ。そこができればやっぱチームとしても生きもののように動くと思うので、そういったところはまだまだきょうのゲームでも足りてないなと思うので、そこは合わせていけたらなと思います」

――全ての局面で思いっきり奪いに行っても体力が持たないので、ここぞでみんなの意志がピタッと一致した上で、より相手ゴールに近い位置で奪えれば得点に

「そうですね、それによって良い形の攻撃にもつながるので、そこはやっぱり攻撃も守備も含めてチャンネルを合わせていきたいなと思います」20190608_120134-

――少し遅れてしまいましたが、お誕生日おめでとうございます

「ありがとうございます(笑)23歳になりました。まあ、19歳から20歳はけっこう変わりますけど、22歳から23歳はそこまでやっぱり変化はないですけど、たくさんの人からメッセージであったり、ありがたい言葉をいただいたりしたので、そこを自分の力に変えていきたいと思います」

――川崎戦に出たことでまたメッセージの数も多かったでしょうし

「そうっす!川崎戦も含めてやっぱり色んな方々から、ファンの方もメッセージをくれたので、それは大変嬉しいことなので、ここからまだまだスタートラインに立ったばっかりなので、ここからやっていきたいというのがあります」

――浦和レッズの選手として社会人1年目を迎えていて

「そうですね、そこに満足することなく、これからどんどん上にステップアップしていくだけだと思っています」

――車を買ったようで

「(笑)買いました」

――大人!

「車はやっぱりプロでもあるので、しっかりと自分の体を守ったり、プライベートでも必要だと思うので、そういうところ、良いところを含めて使っていきたいと思います(ニコリ)」

――自転車に乗っている姿も好きでしたが

「そうですね(笑)」

――良い車の似合うプロサッカー選手に

「そうですね、これからもっと良い車が似合うように(笑)頑張ります」

――となるとまずはというか、A契約はすでに?

「そうですね、大分の頃に10試合出ているので、これからはどんどん経験積んでいきたいです」

――良い23歳になることを願いつつ。おめでとうございます!

「はい!ありがとうございます!」

岩武選手のインタビューは、来週の〈You’re The REDS〉にてお届けします

では

 

5月15日 「試合になるとファイターなので」&「大学でもしっかり走り込んできたので」

どうもです

26年前のきょうとその翌日に味わえた高揚感というのは今でも胸に残っていますが、26年後の自分は想像できません

ただきょうについては、5月の眩しい太陽と爽やかな風をたっぷり浴びる、健やかな1日を過ごせました

感謝20190515_111155-湘南戦2日前の練習は、午前10時45分過ぎに始まり、選手達はパスゲームや正規ゴールを3つ用いたゲーム形式などで精力的に汗を流しました

練習はお昼の12時頃に終了しています20190515_111913-20190515_113950-

◇◆◇武藤選手◇◆◇

――中4日で湘南戦ですけどこの準備とかいかがですか?

「試合が続いているので、リカバリーするってところが凄く大事になってくる思いますし、あとはなかなかリーグ戦で結果が出ていない中で、次のホームの湘南っていうのが凄く重要な一戦になってくると思うので、みんなで前回の試合の反省とかそういうところに気をつけるというか、またひとつ考えながら試合にのぞめたらと思います」

――ミーティングも行われ、反省とかその中でその辺りで共有できた部分もあったかと

「次の湘南も前から来るのではないかっていうところがあるので、そこに対してどうビルドアップするのかであったり、どうそこに逃げて来るのかであったり、そういうところの意識っていうのはみんなで合わせながら、やはり相手の陣地でサッカーしていかないと厳しいところもあるので、そういうところをやっていければと思います」

――より高い位置で

「まあもちろん前の選手からしたら、なるだけ前でプレーできたりですとかペナルティエリアの中でプレーすることができれば、ゴールの可能性っていうも高まると思うので、そういうところで僕個人だけでなく、チームのゴールっていうのも増えてくると思うので、それが一番理想ですけど、まあすべてがそうは進まないですし、まずは守備からってところがある中で、しっかりブロックを作ってその中でボール持ったときにどうしていくかってことが大事だと思います。なので速く攻めるのか、それだけではなくてボールを持てる技術ある選手が揃っているので、そういうところでみんなの意識っていうのは合わせていければ良いと思います」

――そういう意味でその嵌め方だったりというところ、きょうは1トップ2シャドーになっていたように見えますが、イメージってどうですか?

「相手が3枚だったらその方が嵌めやすさっていうのはあると思いますし、より前に人がいれば前で嵌めやすさっていうのが出てくると思うので、まぁただその分どこかが薄くなるってところを考えると、前から行くのが1トップ2シャドーでも前の2シャドーが下がれば5-4-1なので、そういうところは意識の問題だと思うので、まあ数字というよりかどこで前にプレッシャーかけてどこでブロックを作るかって、その認識が一番大事だと思うのでそういうところを合わせられれば問題はないと思います」

――興梠選手とより近い距離でそのプレーできる選手増えれば、興梠選手のポストプレーからもう1回武藤選手が受けてっていうプレーが増えるかと

「1トップ2シャドーになれば興梠さんのところにからの人数ってのが増えてきますし、そういうところで前に人数をかけられる時間っていうのも増えてくるかなと思うので、よりチャンスってのも増えてくると思いますし、なかなか作れていないっていう現状もあるのでしっかりチームとしてチャンスを作っていくっていうのは大事だと思います」

――湘南はレッズゆかりの選手もたくさんいて、そういう楽しみも

「岡本だったり梅崎さんだったり、共に戦った仲間もいるので僕自身も凄く楽しみですしやはりそういう選手というか、一緒にやった仲間に負けたくないってところはあるので、あっちも相当な気持ちを持ってくるでしょうけど、しっかり勝利できるように強い気持ちを持って頑張りたいと思います」

――あれ、映画部でしたか?岡本選手

「そうですね、岡本とは映画を観に行ったりもしましたし、一緒にご飯を食べたりですとか仲良かった後輩だと思うので、試合になるとファイターなのでそういうところに気持ちで負けないようにしたいと思います」

――期待しています

「頑張ります!」20190515_122027-

◇◆◇岩武選手◇◆◇

――試合2日前ですけど、お気持ちはいかがですか?

「そうですね、まあ準備はできているので、いつでも出たら活躍できるように頑張りたいです」

――監督ともコミュニケーションを取っていましたが、どんなことを告げられましたか?

「いやまあ、周りとのだったりって感じですね、特に、はい」

――その周りとのっていうところで特に意識したいところっていうのは?

「なかなかやっていないメンバーっていうのもあるので、やっぱり早く試合にその中で改善したり合わせられたら良いなって思います」

――そういう意味で、きょうの練習もまた今までとは違った感覚というか?

「出たら結果を残すだけだと思うので、結果を残せるように頑張りたいです」

――結果を残すために、この5ヶ月積み上げてきたものはいかがですか?

「練習だったりっていうのもやってきた自信もあるので、その練習の成果っていうか練習試合でも結構やってるのでそういったものを見せられたら良いなと思います」

――どういったところで自分の持ち味というか出せそうですか?

「そうですね、まずは守備からだと思うのでしっかり守備から入ってで、攻撃参加のところでその結果っていう部分、アシストだったり得点だったりっていう部分で貢献できらなって思います」

――上がるだけじゃなくゴール前に行ったときにまだパワー残こしていての質の高いフィニッシュワークが好きです

「そうですね、やっぱり最後の最後で力がないと何もできないと思うんでやっぱりそういったところで質の違いを見せられるようにしたいと思います」

――対戦相手が湘南というところでいかがですか印象は?

「そうですね、ユニバーシアードでも一緒にやった坂くんだったり(松田)天馬くんだったりっていうのがいるので、そういった対戦できるのは楽しみではありますね」

――チーム全体としてはどうですか?

「そうですね、まあなかなか勝てていませんけど、チームの雰囲気としては悪くないと思うので勝ちにつなげられるようにしたいと思います」

――相手もこっちもどう出るかわからないですけど、杉岡選手が今は登り調子というか、そのマッチアップも考えられますがいかがですか?

「自分より若い選手だと思うので、しっかり僕が負けないようにしたいと思います」

――特徴とかどう捉えていますか?

「攻撃もできて、フィジカルキャラかなと思うので、そこは頭を使ってしっかり経験だったりっていうので補っていければ良いかなと思います」

――湘南というと走るチームという印象が強いですけど、岩武さんはここの始動日に持久力を計るスポーツテストで確か1番で

「そうですね、まあ走りでは負けたくないので(笑)そういうところでは負けないようにします。大学でもしっかり走り込んできたのでそこは負けたくないです」

――埼玉スタジアムでのプレーっていうのはいかがですか?

「そうですね、いつもやっぱり見てサポーターがやっぱり日本一のサポーターで力に一番なると思うので、そのサポーターの力をしっかり自分がその力でまた自分の力にできるようにしたいと思います。まずはやっぱり浦和の一員としてしっかり結果を残せるように、頑張りたいと思います」

――期待しています

「ありがとうございます」

武藤選手と岩武選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

3月22日 「大学でも積み上げてきたもの」

どうもです

満開へ、つぼみのみならず、こちらの胸も期待感でふくらんでいます20190322_101106--20190322_101207--20190322_101311--オフ明け2日目のきょう、練習は午前9時過ぎにスタート

メディシンボールやゴムチューブ、バランスボール&ボードなど様々な器具を用い、スプリントやドリブルを織り交ぜたフィジカル系中心のメニューで選手たちは精力的に汗を流しました20190322_102057-午前10時45分ごろ、結びに監督は選手を集め、約3分ほど青空の青空ミーティングを実施

より一体感が増したように見受けられました20190322_104420-

◇◆◇岩武選手◇◆◇

――春を迎えようとしていますが、ここまでの手応えを

「そうですね、まだ絡めていないので、なるべくやっぱり早く試合に絡めるようにしたいなと思っています」

――柴戸先輩の存在も刺激に

「そうですね、もう練習から一歩ずつやるしかないと思っているので、ひとつずつ詰めていきたいなと思います」

――プロに入った中で“詰めて”行きたいこと

「いやまぁ、そうですね、全てにおいてひとつずつです。その、どこがというよりも、一つひとつの練習をどのように落とし込めるかだと思うので、与えられた練習を高められるようにって感じで」

――監督がきょう、練習終了前に選手達にお話をしていましたが

「いやもう、次の試合に向けて、やっぱりこの練習が肝となるように、『これはしっかりやろう』というお話でした」

――連戦中に途中出場などでチャンスを与えられた選手が結果を出していることも励みに

「そうですね、新加入の健勇君が決めたりだとか、康也君がアシストしたり、結果を残しているので、自分も早く結果を残したいと思っています」20190322_105616-

――どのようなプレーで結果を残すイメージで

「いやまぁ、自分はまず守備からなので、守備をしっかりやって、そこでタイミングの良い上がりであったり仕掛けだったりっていうところで、練習試合でも2得点をしっかり取れてはいるので、その得点であったりアシストという部分を記録できればなと思います」

――みんなが疲れている時に、他の選手がしたがらないような気の利く動きが当たり前のようにする、勤勉さが印象的です

「フフフフッ、そうですね、まあでもしっかりそういうところは大学でも積み上げてきたものがあるので、みんなが疲れてきた時だったり、苦しくなったりした時に、どれだけ自分のパワーが発揮できるかというのが持ち味だと思うので、そこも出して行けたらなと思います」

――パワーという部分で、局面でぶつかり合う時の《負けない》という気持ちが良く伝わってきます。負けん気が強い

「あー(ニコリ)、そうですね、一対一、負けたくないので(笑)やっぱどんな時も負けずにって感じですね」

――チームの中で《さすがプロだな》と思わされた選手などは

「いやまあ、やっぱり槙野さんのような代表選手、ほとんどが代表経験者だと思いますけど、そういった選手たちはアップのひとつを取ってもやっぱり自分の体と向き合っていますし、大学の選手とは違うところは沢山あると感じる」

――右のウイングバックというのは岩武選手にとってチャンスなのでしょうか

「そうですね、まあ、今まで4バックの右サイドバックをやっていたので、3バックの一個前の右ウイングバックでもやっぱりやっていかなければいけないと思うので、チャンスなポジションだとは思うので、しっかり出て結果を残せるようにしたいです」

――ウイングバックの場合は前にスペースがあれば自動的に上がることが求められることが多く、サイドバックの場合はここぞの自分のタイミングで攻撃参加することが多くて、その辺りの違いが

「そうですね(しみじみ)やっぱりサイドバックはサイドハーフあってのありきなので、サイドハーフがやりたいようにやって、その中で自分が活きるという感じなんですけど、ウイングバックはやっぱり“自分”なので、自分がどうしたいかっていうのを味方に伝えないと、味方も動いてくれないところがあるので、そこは違うところなのかなと思います」

――28番の先輩がより身近なところで指導をしてくれるように

「やっぱり、自分と一緒のポジションの選手でしたので、盗める者は盗んで聞けるものは聞いていきたいと思っています。そんなにはまだ話せていないので、徐々にそこは」

――時間を大切に

「そうですね、ひとつひとつ、毎日を大事にしていきたいです」

――橋岡和樹選手も期待しているでしょうから

「そうですね、仲も良いので、明治大学時代もキャプテンと副キャプテンということもあって、やっぱり話す機会も多かったですし、卒業した後も電話したり、会ったりっていう感じです(ニコリ)」

――ピッチで活躍する姿をぜひ

「はい!ありがとうございます」

岩武選手のインタビューは、このあと19時(再放送は23時)からの〈You’re The REDS Friday〉でお届けします

では