タグ別アーカイブ: 関根選手

2月16日 「それが目に見える結果で一番わかりやすい」

どうもです

まるで桜の季節のような暖かい陽が差し込む大原

FUJI XEROX SUPER CUP 2017を2日後に控えたきょうの練習は、午前10時過ぎからはじまりました

冒頭は人工芝ピッチでの体幹トレーニングを実施

身体起こしを終えると天然芝ピッチへ移り、パス&コントロールを行うなどしてボールタッチの感覚を養います20170216_105537-1午前11時10分からは、ハーフコートよりやや広めのエリアを用いた3対2+両ゴールにGKでの攻守練習へ

「最初に出した選手がスペースへ出よう!」(監督)20170216_113653-1コンビネーションに磨きをかける選手達

軽快な動きを見せる柏木選手が絶妙なスルーパスを通すと、それを左で受けたズラタン選手が左足で合わせ、「カツン!」

惜しくもポストに当たったこぼれを武藤選手が詰め、ネットを揺らします

「ズラ、今のパスやろ!?」(柏木選手)

冗談の声もよく通っていました20170216_114513-1その後は人数を4対4、最終的には12対12とより実戦に近い形での連携確認を行い、練習は午前11時55分に終了

宇賀神選手が最終ラインから持ち上がり、右足でのラストゴールを決まると、

「オーケー!ブラーヴォ!ファイトー!」

指揮官もある程度は満足した様子でした20170216_115913-1メンバーも、仕上がり具合も、本番を迎えなければその塩梅はわかりません

ただ、選手達の雰囲気から”緩み”は感じられませんでした20170216_120400-1◇◆◇関根選手◇◆◇

――きのう、きょうとたくさんのお菓子をサポーターから・・・モテモテ

「いやーいやいやっ!(汗)ありがたいっすね、いただけるのは(ニヤリ)」

――今年が一番多い!?

「いやっわかんないっす…昨年の方が、キャンプ中だったのもあって多かったかなとも思いますし、いただけるだけでありがたいです」

――それも期待の表れ

「そうですね、今年また期待してもらえていると思いますし、それに応えたいです」

――もうすぐ公式戦がスタート

「そうっすねまあ、こっちに帰ってきてあまり良いトレーニングというか試合があまり出来ていないので、そこはちょっと雰囲気も良くないのかなと感じていましたけど、きょうの練習も本当に今までやってきたことをやりながら、出来ている部分も多いので、それをしっかり試合で出せるようにそれぞれがやっていくしかないと思います」

――出来ている部分

「うーまあ、最後の質が大事だと思いますし、そこまでの課程とというのは素晴らしい形が多いので、最後のところが決まれば…昨年もそうですしその前からもずっとそこが課題かと思います」

――ご自身、ゴールに近い位置でボールを受けたときの落ち着きが増しているように感じます

「そーおっすかね!?まだまだそこはもっと落ち着いてプレーできれば最後のパスが通ったりというのがあると思うので、そこは意識したいと思います」

――3対2の練習時、ゴール前左45度でボールを受けたとき、スイスイスイッと相手のDFとGKを抜いてシュートを決めたシーンが印象的です

「あーあーそうっすね!ああいうプレーがゴール前で出来れば良いなと思います」

――得点を意識したプレーをより見せてくれるのかと

「そうっすね、ただゴールはもちろん狙っていますけど、それが全面的に出過ぎていてはチームとしても個人としても良くないし、なかなか点が取れなくなってくると思うので、よりアシストも増やしながらそこは意識したいと思う」

――さいたまシティカップ、川崎との練習試合を通じて、この段階で修正点に気付けたのはある意味ポジティブ?

「そうですね!本当に。キャンプは本当に良いゲームが出来ていた中で帰ってきて、あのような試合をしてしまいましたけど、それが公式戦の前で良かったと思えるように、ここからの5連戦でしっかり結果を残していきたいです」

――どの辺が大切に?

「昨年からずっとですけど、走ることであったり、戦うところであったり、ベースを忘れてはいけないと思いますし、そこで上回れればこのサッカーをしている自信もあるし、クオリティというのは凄い高いと思うので、そこを上回っていければと思います」

――それだけ、このサッカーが浸透していると

「そうですね、はい(ニヤリ)」

――それを出すためのメンタル、妥協しない

「うん。そうですね、守備のところでもそうですし、前から嵌めていくのも一人ひとりがサボってはいけないと思いますし、そういうところから規律を守ってチームとして戦いと思います」

――矢島選手やオナイウ選手など年の近い選手も増えましたが?

「そうですね、田村君もそうですし、大介君もそうですけど、なんか…20代前半ぐらいの人が増えたなって印象があるので…割と結構いるかなと思います(ニヤリ)」

――歳は関根選手の方が下なのに、上のような風格が漂っていますが?

「ホントっすか!?ホントっすか!?ずっといるからじゃないすか!?みんな若いんすよねなんか!雰囲気もそうですし(ニヤリ)」

――ところで先日、浦和駒場で岩舘選手が真剣勝負の場でのデビューを飾りましたが、バックパスも多くて、見ていてどうでしたか?

「あーあー、いやほんとに~、あのー那須さんからのバックパスは一番・・《取られろっ!》ってちょっと思ったんすけど(ニヤニヤ)」

※歩み寄ってきた岩舘選手にじーっと見つめられる

「フハハハハッ!」

「ヤバッ!」(岩舘選手)

「落ち着いてさばいてましたねっ!」

――その辺で何かアドバイスをしたのですか?

「アドバイスはいつもしてます!私生活でもそうですけど(ニヤニヤ)」

――そのおかげ!?

「そうです。俺のおかげで心に余裕が出来ているんだと思います!」

――大ケガも乗り越えて…嬉しかった

「そうですね~(しみじみ)嬉しかったです本当に・・・親のような気持ちでした!ハハハハッ!(ニターッ)」

「どこから?どこ(目線)から喋ってんのお前!?(爽笑)」(岩舘選手)

――今年に入ってから淵田代表が「バージョンアップ」という言葉を使う機会が多いのですが、ご自身にとってそこで意識したいことは?

「毎年そうですけど、結果を上回っていくのがそれに直結する言葉だと思うので、ゴールもアシストもそうですし、タイトルを獲るというのはしっかりと、昨年以上に獲らないといけないと思っています」

――そうすることで、自然と自身も成長しているというのが理想として

「そうですね、それが目に見える結果で一番わかりやすいと思うので、《成長しているな》というのが。そこを出せていければ良いと思います」

――関根選手のチャントもさらに浸透するように、より歌われるように、仲間達を沸かせられるように

「フフフッ、ゴールを決めないと歌ってもらえないですし、結果を残したいと思います!(ニヤリ)」

インタビュー詳細は、このあと19時(再放送は23時)からの「You’re The REDS」でお届けします

では

11月21日 「自分もビックリしていますし、誰に聞いたとしても『入るだろ』って言われるぐらいになってから入りたかった」

どうもです

きのうに比べれば肌寒い、曇り空の大原

明治大学との練習試合を翌日に控えたきょうのトレーニングは午前10時頃に始まりました

午前10時30分頃からは11対11でのハーフコートゲームを実施

監督からは、「判断を速くしないとボールは動かないよ!」といった、集中を促す声がかかっていました

 

練習は午前11時15分頃に終了しています

20161121_111011-1

◇◆◇関根選手◇◆◇

――左足のケガから復帰

「そおっすね、まぁあしたは練習試合もあるので、そこでしっかり良い準備をしたいですし、チャンピオンシップを獲らないと意味がないので、集中していきたいです」

――痛みはもう?

「はい(ニコリ)大丈夫です」

――試合間隔の少し長めに空くこの期間、どんなことを心掛けていますか?

「そ~ですね、本当に、2週間ちょい空いてしまっているので、試合勘のところだったりっていうのは難しいところがありますけど、そんな言い訳をしていたも仕方ないので、やっぱり笛が鳴ってから全力でいける準備をしたいと思っています」

――チームの雰囲気

「は、凄い良いと思いますし、今シーズンさらに良くなっているとは思うので、サッカー以外のところでも本当に仲の良いチームだと思います」

――サッカー以外・・・

「はい(ニヤリ)そうっすね、サッカー以外のところでも。食事もそうですし、年齢に関係なく面倒を見てくれるので、そういうところでは凄いありがたいと思います(ニコリ)」

――あすの練習試合で大事にしたい部分

「本当に内容がより大事になると思いますし、ただ、90分間しっかりプレーすることも試合勘としては大事になってくると思いますし、今までやってきたことを確認しながら、やりきりたいと思います」

――先週の3連休明け、監督の言葉によってチームが締まった面もあるのでは?

「ま~そうですねー、まあこの週でしっかりやらないといけないですし、来週に向けてこの練習試合を良いものにしたいと思います」

――きょう一番聞きたかったのが、リーグの優秀選手に選ばれたことについて

「あーはい!入りましたね(ニヤリ)まーあ、自分もビックリしていますし、誰に聞いたとしても『入るだろ』って言われるぐらいになってから入りたかったっすけどね…なんか、“入っちゃったの!?”みたいな感じな、おまけな部分もあるので、本当にすべての人に認められるようなプレーをしたとは思ってないですし、そういう意味ではもっと数字だったり結果にこだわってやりたいなとは思います」

――シーズン前には「3年目のジンクスにならないように」と話していましたが、結果的に今シーズンが最も評価された1年になりましたが、成長を感じた部分は?

「うー・・ん、まあ今年、より試合の最後の最後まで自分が立っている試合が多かったですし、そこの数字のところは本当に満足はしていないですけど、体を張るところだったり、守備のところ、走るところっていうのは成長できているかと思います」

関根選手のインタビュー全容は、このあと19時からの「You’re The REDS」(再放送は23時)でお届けします

では

11月10日 「熊本出身の選手が頑張っているというのが耳に入れば」&「このチームは本当にそこがカギになります」

どうもです

風が弱まれば、幾分か過ごしやすいものの、気温は完全に初冬

川崎戦2日前の練習は、室内でのミーティングを経て午前11時頃に始まりました

20161110_120334-1

ウォームアップ後の11時45分からは、11対11でのゲーム形式へ※メンバーについては、番組をお聴きいただければ

「動き出したタイミングでパスを出すように」(監督)

足を止めず、集中を切らさない選手達

ビブス組、ビブスなし組共に、バリーション豊富な攻撃を見せます

守備についても、最後まで諦めない姿勢がポジティブに感じられました

お昼12時10分、監督のラストゴール宣告から間もなく、ビブス組の駒井選手を起点とした右サイド攻撃から最後は中央、ズラタン選手が左足シュート

2日前より約20倍の早さで締まりました20161110_120509-1

◇◆◇大谷選手◇◆◇

――天皇杯の初戦を控えての心境

「いやもうしっかり勝つだけだとは思っています」

――勝つために必要なこと

「まず、チームとしては続けることだと思っていますし、僕としても良い準備をして無失点で行くという、本当に強い気持ちを持ってやろうとは思っています」

――ルヴァン杯で4試合に出場し、その経験を踏まえて今意識していること

「それは日々自分の想定外が起こらないような準備はしていますし、後ろでパスを回しているときはどの辺にサポートに行くかとかをもらう前にしっかり周りを見ておくとかは意識して練習しています」

――監督がよく言う、次の展開を予測したプレー

「はい。やっぱ、攻められている時も、自分がボールをキャッチしたあと、次にどこが空いているかを事前に見ておいて、取った瞬間にそこへ突けるようにとかは、普段からは意識していないと全然出来ないし難しいので、なるだけ意識してやろうとはしているんですけど、難しいんで…でもやってます、頑張って」

――ビルドアップの貢献はもちろんのこと、守備でも川崎は縦に早い分、ディフェンスライン裏のスペースを埋める意識が必要に

「それはチームとしてラインを高く取るので、その後ろのカバーは自分がしっかりしなければ行けないので、前に出るなら出る、出ないなら出ないで判断をハッキリしたいです」

――今年はさらに良く声が出るようになった印象。威圧感という意味では顎髭も随分とたくわえたように・・・

「伸びてるだけです(苦笑)切ります(汗)」

――似合っている

「いやぁちょっと長すぎるので切ります」

――こんなに長いのも初めて

「放っておきすぎました。ちょっと・・・(笑)」

――チームがルヴァン杯を優勝できたのも、そこに至るまで大谷選手がきちっとゴールを守ってくれた貢献が大きい。自身もその辺は自信に

「まあ…そう・・っすね、本当に僕はまあ…周りからもそう言ってもらえますけど、そんなに何か、やったというよりも助けてもらったことの方が出ていて多かったと思うので、もうちょい、もっと自分が出た時はしっかりとプレーでみんなのカバーだとか、僕が助けてもらってばっかりでなくしっかりとやれれば良いかと思います」

――そういう謙虚さ、そして自分が今度は救うという思いがあるからこそ、周りも大谷選手を高く評価している

「いやまあでも、みんな本当にハードワークしてくれるし、巧い選手もやっぱり多いですけど、みんな凄く闘って頑張るので、そこで自分だけ置いてかれちゃダメだから、頑張りたいと思います」

――天皇杯への思い

「本当に、年明け1発目の試合で優勝ってなったら、1年の始まりが良い感じになる気がするので、今年の元日は負けてしまったけど、リベンジといかそこまで行って優勝できればと思います」

――2種登録から11年目。このチームへの恩返しの気持ちも含め、よりタイトルへの貢献度を高めて胸を張れるような物を残す

「そうですね、本当にまあ、何かしらでは力になれてれば良いかと思います(ニヤリ)応援してくれている人のためにもしっかりと勝って次に進めるように頑張りたいです」

――今年は故郷が

「そうですね、やっぱり出ていればなおさら良いと思いますけど、そういう部分で熊本出身の選手が頑張っているというのが耳に入れば、良いかと思います。《やっぱ自分も頑張らないと》と思います」

――では、恒例ですが、モモクロのリクエストを

「なんにしよう・・・(ニコニコ)」

「コウキー!(ニッコリ)」(監督)

「はい(キリッ)・・・・、なんにしよっかな~・・・(ニンマリ)」20161110_124637-1

◇◆◇関根選手◇◆◇

――真夏の川崎戦に出られなかった分、楽しみであり、《やってやろう》と期するもの、両方の気持ちが強いのでは?

「そうっすね!(ニヤニヤ)はい、クフフッまあ、リーグ年間一位と二位というのもありますし、チャンピオンシップで対戦する可能性もあるので…ただ、あっちも怪我人が多かったり、こっちも代表でいなかったり、っていうのはあるので、チーム力が試されると思います。レッズは出ていない選手のコンディションも良いですし、自分もしっかり結果を残さないといけないと思っています」

――最近意識していることはありますか?

「意識していることっすか?う~ん・・・まあ~試合の間隔っていうのが空いたりっていうのはあるので、そこのコンディション面だったり今まで通りやれるような準備をしていかないといけないと思います」

――もう同じ失敗はしない

「そうっすね、天皇杯はいつも・・・昨年は良い形でいけましたけど、その前とかは嫌な思いをしているので(13年は邦本選手に先を越され14年は草津に敗れる)…次勝てばけっこう行けるんじゃないかなと思いますし、まあ本当に、しっかり自分達がやってきたことをやりたいです」

――今その、含みを持たした表情をお伝えできないのが・・・

「ンフフフフッ(ニヤリ)」

――きょうの練習では真後ろの3バック左に頼れる先輩である宇賀神選手が入っていました。そのコンビネーションで意識したいことは?

「まあ基本的に、ウガ君が気を遣ってくれるタイプなので、自分がやりやすいようにしてくれるし、攻撃のところは何も心配していないですけど、守備のところでやっぱりウガ君もやってきたポジションではないので、自分もしっかり助けられるような関係性でいられればと思います」

――前にも話しましたが、もし関根選手が3バック左を任されたと想像すると・・・宇賀神選手がしていることは凄い

「凄いですよね!自分は絶対に出来ないと思います(笑)自分は前目のワイドだなと改めて思います!(ニヤリ)」

――難しい理由として、最終ラインでボールロストしたら、失点に直結する

「はい、そうっすねー。このチームは本当にそこがカギになりますし、そこで取られたら失点だし、攻撃もうまくいかないしっていう…そこは本当に、自分は味わいたくないと思います、はい(ニヤリ)」

――では、森脇選手のこともかなり尊敬していると

「いやーうまいっすねー本当!あのところでそんなこと出来るの!?っていう。やっぱり技術があるからこそだと思うので、そこら辺本当に最終ラインのみんなはうまいと思います」

――それと、左サイドに入った時に、ラインから遠い右足でのトラップについて。最近はダイレで左足クロスを上げるなど、上手く使い分けているような印象です

「あーあーはい!そうっすね(ニヤリ)まあ展開にもよると思いますけど、そこは意識しながらやっています」

――そのように幅を広げた関根選手が、これから世界の舞台CWCでもと思うと楽しみで

「そうっすねそこが本当に(ニコリ)」

――得点をそろそろ

「そうっすねー・・・(しみじみ)もうレギュラーリーグが終わったので、天皇杯で獲るしかないです。何よりリーグで獲りたかったので、それを晴らせればと思いますフフフッ」

――原口選手も日本にいるので、見てくれると思います

「あーはい!ダメ出しされないように、ダメ出しされないようにしっかりやりたいと思います」

――原口選手のように、左からのカットインで

「そうすね!あれを自分も狙っているので、結果として残したいと思います!どの試合でもゴール、アシストを目指して頑張りたいです!ンフフッ」

大谷選手と関根選手のインタビュー全容は、このあと23時からの「You’re The REDS」再放送でお聴きいただけます

では

10月13日 「嫌なほど経験してきたので、素直に《そうだな》と、喋ってて思います」

 

どうもです

ファイナルまであと2日と迫ったきょう、練習は午前11時過ぎから行われました

いつものように、11対11でのハーフコートゲームでコンビネーションを養われていきます

いつものように、これまで培ってきた”規律”を伝える監督そして、キビキビとした動きを見せる選手達

そこからは、チームとしてのハッキリとしたまとまりが見て取れました

練習はお昼の12時15分頃に終了しています20161013_120616-1

なお、代表から帰ってきた3選手のうち、西川選手と槙野選手は別メニュー調整でした

「元気からは『試合観るよ、頑張ってね!』と言われました(スマイル)」(西川選手)
20161013_130028-1 20161013_123910-1

◇◆◇関根選手◇◆◇

――ルヴァン杯王者まであとひとつ

「このサッカーをやって来て、次勝ったらそれが正しいことを証明できますし、チームとしてしっかり勝ち取れる大会だと思うので、より一層、埼スタでやれるということもあるので気持ちを入れて行きたいと思います」

――サポーターの思いに応えるチャンス

「本当にチームとして結果が求められてきて、それまでの内容というのは毎年毎年、良いのもを残して来れていたと思いますけど、目に見えるものがなかったので、そういう結果というのしっかりと残して、自分達がやって来たことが間違いじゃないことを示せればいいかと思います」

――決勝まで来れた要因

「日本代表でいない選手がいたけど、それぞれが良い状態を保っていて、本当に誰が出ても、今年は昨年までと違い、その前よりも良いゲームができていると思うので、そういう強みというのは、今年はあると思います。出てた選手も出てない選手のプレッシャーを感じるだろうし、本当に良い関係性でできていると思います。色んな選手が色んなポジションを出来るのは強みだと思いますし、それでまた自分のポジションに戻ったときに、良い形で活かせれば良いと思うので、自分も両サイドでプレーしていて、それは凄く感じるので、そこをうまく使い分けれればと思います」

――ガンバに勝つために

「我慢強く戦うことが必要ですし、また毎年、カウンターで失点している部分があるので、しっかりリスク管理をしながらやっていくのが大事だと思う」

――これまでの実感が言葉にも滲み出ているように

「もう、嫌なほど経験してきたので、素直に《そうだな》と、喋ってて思いますけどね(ニヤリ)今年はビッグマッチにあまり出られていないので、ま~その悔しさもありますし、次スタメンで出られるかわかりませんけど、どんな形であれ、チームの勝利に貢献したいです。前回のガンバ戦に累積で出られなかったので、そういう部分もしっかり次にぶつけられればと思います」

――ガンバが前回の対戦を踏まえた対策を練ってくるのであれば、関根選手は出ていない分相手も・・・

「そうですね(ニヤリ)サイドでより脅威になれればと思いますし、そしたら中が、少しは楽になると思うので、良い関係性を作れればと思います」20161013_123928-1

――原口選手の代表での活躍も良い刺激に

「原口選手からは、本当に目に見える結果をより一層求めていると感じますし、そこだけじゃなく守備面におけるチームの貢献であったり、見ていて凄く感じます」

――ニューヒーロー賞

「そおっすね!(苦笑)取られちゃったんで、井手口君に・・・。良いとこ持ってかれたなって感じです(苦笑)」

――であれば、タイトルプラスMVPを

「まあそこは(ニヤリ)、俊君と慎三君と…僕がハットトリックしたらわからないですけどね、フハハハハハッ(笑)頑張ります!」

決めろ浦和の男になりたいなら20161013_163924-2

関根選手のインタビューはこのあと23時からの「You’re The REDS」再放送でもお聴きいただけます

では

 

 

8月23日 「自分達は絶対出来る」

どうもです20160823_101016-1

台風一過、空はスッキリ晴天の大原

ただ、かなりの蒸し暑い空気に覆われました

オフ明けのトレーニングは午前9時過ぎから始まり、恒例のフィジカル系メニューで終了

対人メニューがないこともあり、リハビリ中の選手も合流していたのは明るいニュースでしょう

20160823_102433-1 20160823_102434-1 20160823_102435-1 20160823_102437-1

川崎戦を欠場した関根選手も復帰しています

◇◆◇関根選手◇◆◇

――お願いします

「お願いしまーす」

――川崎戦前の2日間、練習に参加できませんでした。体調不良と聞いて心配していましたが、今の状態はどうですか?

「はい、今は大丈夫。良くなりましたし、次に向けてしっかりやっていきたいなと思います」

――熱が出たとか、そういう…

「そうですね、はい」

――相当疲れもたまっていたのかなと、その辺で…

「まぁ…それはみんなだと思いますし、そこの大一番で自分がコンディションを崩して出れないという自己管理がなっていなかったかなと思うので、そこは悔しいですね」

――何事も経験ですから、今度はそういうことがないようにという思いで…

「そうですね、はい」

――川崎戦、悔しい結果で終わってしまいましたけど、見ていて感じたことなど、いかがですか?

「本当にレッズらしいサッカーというのはやっていたと思いますし、その中で少ないチャンスを生かした川崎が上回ってしまったのは凄く悔しいですし。見てても本当に勝てる試合だったなと思うので、そこはやっている選手が凄く思っていたと思いますけど。ただ、まだ終わったわけではないので、川崎もこのまま行くとも思えないので、自分達がしっかり立て直してまた次の試合に向けてやっていければ良いなと思います」

――自分が出られなかった悔しさは、ああいった雰囲気だとなおさらでしょうし、それを力に

「そうですね。本当にこの間出られなかった分もしっかり自分はやりたいなと思います」

――逆に、外から見たことによって気づけたこともあったと思いますが、いかがですか?

「やっぱり、よりチャンスになったのがサイド攻撃でしたし、そこは大事になってくるかなと改めて見ていても感じて、中での崩しも大事ですけど、自分はサイドの選手ですし、特にそういうところのサイド攻撃は大事になってくるかなと感じました」

――クロスを上げる時って横から見る感じですけど、上から見ることで、「あっ、こういうタイミングでこう李選手とか武藤選手…」とか、そういう見方もできたのではないですか?

「そうですね、やっぱ!試合終わった後にも見ますけど、そのタイミングだったり、相手が欲しいタイミングだったり、逆に言えば入って欲しいタイミングで入っていなかったりしていた場面もあったので、そこは自分と中との意思の疎通というところも大事になってくるかなと思いますけど」20160823_104707-1――そして、ここから神戸との3連戦というので、武藤選手がクジ引きひいてそういう形になりましたが…

「はい(ニヤリ)そうですね。本当に、まずJリーグがありますし、3連戦全部勝つというのは凄く難しいことだと思うので。ただ、自分達は絶対出来ると思いますし、そこに向けてまたやっていければと思います」

――リーグについて言えば、連敗しないというところが

「それは絶対条件だと思いますし、そこでしっかりまた、自分達のサッカーをすることが大事かなと思います

――3試合トータルで考えた時に、昨年、新潟にそれまで得意にしていたけども…という痛い経験も今回活かすチャンスなのかなと思うので

「ルヴァンカップの決勝は埼スタで、本当にトーナメントを勝ち上がるというのは本当に難しいことですし、ACLもそうでしたけど、本当に2試合合計というところで自分達はあまり良い結果を残せてきていないので、今年はしっかり2試合合計で勝てるように。アウェイゴールというのは凄い大事だと改めて感じているので、そこのところは優位に立てれば良いなと思います」

――…にしても、ランニング姿、ノースリーブ姿になった時の男らしさというのが更に増しているように思えますが

「本当ですか?(ニヤリ)日焼けしてちょっとサーファーっぽくなったかなと…ハハハハッはい!」

――また筋肉がつきました。懸垂とかも…

「今年は練習でもやる機会が多いので、元々つきやすいタイプであるので、ちょっと逆に太らないようにしないと思っています(ニヤリ)」

――スピードとかにも関わってきますから…

「そうですね!はい」

――岩舘選手には何かしましたか?

「もー!タイミング悪いんすよね、誕生日の。体調悪かったので。まだしていないっすけど(苦笑)」

――「当日は挨拶もしてこなかった」って。「何か仕掛けてくるのではないか」と。ちゃんと気付いていましたか?

「まーそうっすね。本当にダテちゃんの誕生日より、自分の体調が心配だったので…ハハハッ(照笑)申し訳なかったですけど、『おめでとう』とは言って“あげました”よ、本当に」

――あげた?

「はい、『おめでとうございます』ってハハハハッ(ニヤリ)」

――岩舘選手に負けない筋力を

「そうっすね!本当にレスラーみたいな身体をしているので、倒せるように頑張ります!ハハハッ(笑)」

――関根選手は土田コーチとのレスリング対決には強いですから

「そおっすねはい。攻略をしているので、自分は。あとはダテちゃんの攻略法をしっかりと(ニヤニヤ)」

――あれみたいじゃないですか?ライオンと闘うみたいな…

「そうっすね!大型には結構強いので、小型で!ハイ(ニヤニヤ)」

――ピッチでもその辺の強さをぜひ

「そうですね!はい!ありがとうございます!」

笑顔が増えたのは吉兆の証

ラビット…“浦和のうさぎ”関根選手が再び、飛躍への助走を始めました

インタビュー詳細は、今夜7時(再放送は23時)からの「You’re The REDS」でお届けします

では

7月28日 「シンプルに相手を抜くだけ」

どうもです

梅雨明けの夏空が広がった大原

甲府戦2日前の練習は、午前10時頃から始まりました

メインメニューとして行われたのは、11対11でのハーフコートゲーム

20160728_111747-1

人垣に対し、サイドからのクロスをどのように有効打へと結びつけるか

「動き直しが大事。連動性のイメージを共有して!動きすぎてもダメ。タイミングで動き出して」(監督)

連携にさらに磨きを掛けるべく、それぞれが精力的に汗を流していました

五輪によって不在の2人の穴を埋めるべく、出場機会に乏しい選手達も積極果敢なプレーで存在感を示していました

パワーが有り余ってる?高木選手

綺麗な発音で仲間を呼び、ビルドアップへの関与がさらにスムーズになったイリッチ選手

パスアンドゴーで時には最前線にまで顔を出す永田選手!

得点への意識を強め、意外性のあるプレーで攻撃に彩りを加え、守備でもサボらない伊藤選手

プレーの判断力向上、髪のメッシュもこの度リセットの駒井選手

シュートがパワフルかつ巧み、石原選手

などなど

練習は午前11時30分頃に終了しています
20160728_121640-1

◇◆◇関根選手◇◆◇

――きょうで梅雨明け。暑さも増してくる中、走り込みなど良いコンディション管理が出来ているようですが、心がけていることなどは?

「まあ昨年の夏、勝ち点を積み重ねられるところで、やっぱ走りきれなかった部分があると思いますし、そういう意味ではチーム全体としてもっと、この夏は勝負になると思います」

――遠藤選手が以前、「僕や関根のような若い選手がより走ることで活性化させたい」と言っていました

「まあポジション的にもそうですし、自分がより優位に相手より走れれば、チームとしても楽だろうし、なおかつもっと結果を出せれば良いかと思います」

――鹿島戦でも本当に良く闘えていましたが、この勝利で得られたものとしては?

「いや、まだまだだな自分はと思ったし、もっとやらないといけないと言うのを感じたので、ほんと、後ろの選手であったり、周りの選手に助けられて、自分も90分間ピッチには立ってられたなって感じです」

――あとはそこにどうプレーの質を伴わすかで、ワンランク上を

「まあそうっすね、結果が何より大事だなと思います」

――守備を固めて来るであろう次の甲府。どんな意識で試合に入りたいですか?

「まあミーティングでもあったんすけど、サイドから崩せれば、というかそこが一番カギになってくると思うし、中はしっかり固めてくると思うので、そこのところで自分は本当に、シンプルに相手を抜くだけかなと思う」

――プラスアルファで、的を絞らせない意味でクロスも大切に。きょうも監督はそのあたりを指導していたようですが?

「まあもっと良くなるとは思いますし、試合でそれが出せるように、練習からやっていければと思います」

――中央との呼吸という意味で、合わせる側に求めることは?

「まあ逆に、ここに上げてくれとか、サイドの選手から言われることが多いので、それに合わせながらで、あとは勢いよく入って来てくれる選手というのは自分達も上げやすいので、そこは意識してくれればと思います」

――相手は残留争い、こちらは優勝争い。どちらにせよ強い気持ちで来るでしょうが、気を付けたいことは?

「まあほんとカウンターだけだと思うし、あとはセットプレーというのは集中して、攻撃しているときも意識しながらプレーしたいと思います」

淡々とした受け答えが続きましたが・・・

――昨年のアウェイ甲府戦を踏まえると、PKをゲットするなど、良い印象があるのでは?

「そおっすね、まあPK…より相手陣地でプレーする時間も多いでしょうし、ペナルティエリアに突っかけていくというのは相手も一番嫌だと思うし、そういったところも狙っていけたらと思います」

――あの時はPKゲットのあと、怪我で交代しましたが、今年は自分で蹴るぐらいの強さというか、成長した部分を

「いや~それは無理だと思いますけど(ニヤリ)もー、自分が蹴って外したときはね、凄いことになると思うので…監督が(ニヤニヤ)まあ蹴る選手はもう決まっているので、まっ、任せたいと思います(ニヤリ)」

――そこで名乗り出るぐらいのメンタルを

「いやっま、チーム事なんで(ニヤリ)規律を守ることは大事なんで(ニヤリ)はい!しっかり譲りたいと(ニヤニヤ)ハハハッ…PK戦になった時は、積極的にいければと思いますけどね、ハッハッハッ(笑)」

――では、流れの中からのゴールを。広島戦でも諦めなかったことが得点につながったので

「そうっすね!泥臭くても良いので結果を残したいです」

――期待してます

「はい!ありざっす!(ニヤリ)」

きょうは事情により生放送後の更新とさせていただきましたが、関根選手のインタビューは、このあと23時からの「You’re The REDS」再放送でお聴きいただくことが出来ます

では

4月7日 「次のJリーグにも」&「イェイッ三十路!!!」

どうもです

断続的に、いかにも花散らしの雨が降りしきる大原

横浜戦3日前の練習は、午前10時頃から始まり、日程とコンディション等に配慮しボール回しやジョギングといった軽めの調整で終了しました

201604071051000

練習後は、2選手マイクを向けさせてもらいました

まずは広州戦で見事に右サイドを制圧した関根選手です

――カメラも回っているので明るいムードでお願いします

「明るいムードですかぁ?」

――みなさん、笑顔に癒されるそうです

「全然です。はい(ニヤリ)」

――広州戦の勝利について

「試合をものに出来たことはチームとしても、本当に良い雰囲気の中でやれたと思うし、浦和のサッカーを魅せられたかと思うので、次のJリーグにもつながっていくかと思う」

――献身的な動きにますます磨きがかかっています

「ただ、このチームはやっぱり結果という部分が求められていると思うし、そこに関しては満足いっていないので、本当に守備で頑張る部分もあるけど、チャンスシーンで決めきれなかったところというのだけを見てしまえば、本当にまだまだだなと思うので・・・」

「関根どこ行った?関根!」(槙野選手)

「フハハ(笑)」

「早くしてもらって良い?」

「はい(苦笑)」

「まあそこをもっと突き詰めていければと思う」

――日産スタジアムでのFマリノス戦は決勝点や大敗など印象深い試合だと思いますが、次に向けて

「本当に良い形で来ているので、本当に広州戦のような試合をコンスタントにJリーグでも出せるように続けて行ければと思う」

――まだ槙野選手がメディア対応をしているようなので・・・ちなみに関根選手は過密日程の時など、リラックス法やオンオフの切り替え方などどうしていますか?

「あんま変わんないすけど、試合前日はホテルに泊まるし、まあ楽しく(ニヤリ)独り暮らししているフハハッ!」

――そうか、寮を出たということで!

「そうすね、料理も時間があれば作るけど・・・得意料理?・・いやっあの~そおっすね(苦笑)・・・目玉焼き!フハハッ(ニターッ)ハハハハッはい!」

201604071053000

つづいては、きのうお伝えした通り、森脇選手

「嬉しいな~こうやって、誕生日に・・・ありがとうございます。天気が良くなくて、残念」

――誕生日当日のきのうは良いお天気で

「だからーそおなんすね!きのうは最高に桜も満開でね、えー天気も良かったんで、あーのーきょうちょっと、おー天気の神様がね、えー森脇良太の誕生日が過ぎて、ちょっと悲しんでいるんじゃないかなーっていうのは否めないすけどねっ!!」

――祭りのあと

「そおすね~寂しいなーと!」

――おめでとうございます!30歳に

「なーりーまーしーたーねー!だからーほんとぉこうなる自分を全く想像していなかったのですけど、まさか自分が三十路の誕生日をね、あーのー迎えるにあたって、逆に不安になりましたよね!なんか、こんなねっあーのーアホな森脇良太を30だいにして良いのかと、何一つ変わっていない三十路を迎えてしまったので、あーのこの先大丈夫なのかなという不安は、かなり大きいすよね!」

――J2での修行などもあり、このようにして今を迎えられていることは、努力がひとつ?

「いやいやいやいやいやっ僕の努力なんてちっちゃなものだけど、でもホントーね?真面目な話をすれば、本当に良い人に出逢えたなと。もちろん、サッカーに関わって、えーきた当初から、あーの色んな指導者のもとでプレーしてきたけど、本当に良い指導者に恵まれたというのもあるし、僕の中では愛媛に行った経験が一番大きかった。それだからこそ、今このようにして日本でもビッグクラブといわれる浦和レッズでプレーできる喜びを感じているので、非常に良いサッカー選手(人生?)を過ごさせてもらっているという風には思っている」

――奥様からのサプライズは?

「いやぁぁぁきのうはもう家で豪華に料理を振る舞ってくれたり、部屋に飾り付をしてくれたりしてくれたけど三十路ということで30歳の誕生日なので、いつもになく盛大にやってくれたけどねっ!ただ僕と嫁さんの2人だったのできのうは。お昼はね、チームメイトが少しランチに連れていってくれて、あーのーお祝いをしてくれたけど、えー夜はもお、嫁さんに盛大に、やってもらいました!!(ドヤ顔)」

――どんな料理が出たのですか?

「いやあああのー、直ぐには思い出せないけど(汗)いやっチキンと料理の名前がわかんないすけど、えー、なんて言うんすかね、あのー蓮根やらコンニャクやら、煮物?煮物っていうんすか、煮物系とか、あと肉のーなんか、あーーーこうした感じっこうした感じ!?ってわかんねええし(自らツッコミを入れ爆笑)」

――何はともあれハッピーだったと!

「そう!もうハッピーだったということすね!!料理の内容に関してはまた奥さんにちょっとあのー『この料理の名前は何?』と聞いておきます!!すいません!」

――横浜戦に向けて

「いやもうここまで非常に良い状態出来ているので、それはねえ、個人的にもそう思っているし、チームとしても非常に良いリズムで来ているので、これを崩す必要はないんじゃないかと。やっぱり一日一日努力をしていかなければいけないし、1試合1試合結果を残さなければこうやって充実した週、日々を送ることは出来ないと思っているので、まあ次の横浜戦、横浜調子良いすけど、浦和レッズも調子があるので、そういうところで見応えのある好ゲームが出来るんじゃないかと。その中でもしっかりと勝利をおさめてこっちに帰ってきたいという思いは強い。もう本当にマリノスと試合するときは非常に難しいゲームになると思っているし、結果を残さなければいけない相手だと思っているので、まあ非常にタフな相手だと思うけど、しっかり勝ってまた僕らも弾みをつけたいという思いがあるので、まあしっかりとした魂を見せてプレーしたいなという風には思っている」

――改めて、還暦までレッズでプレーしたいと話していましたし、ここからの30年へ

「いやー30年ねー、もう膝がボロボロになろうが、あー、えーどこが痛くなろうが、還暦までね、出来ればベストだけど、多分サポーターからのブーイングは今以上に大きくなるんじゃないかという風には感じているので、えーしっかり!頑張りたいなという気持ちは強いな。まあ、あと何年ね、浦和でプレーできるか、ああわからないすけど、できる限り、いーこのチームのために!いー…尽くしていきたいなと。これからもずっとずっとブーイングを浴びたいなと!グシュンッ思っているので、まだまだしっかり頑張りたいなという思いは強いすね。それよりはまあ《森脇は本当に30歳になって大丈夫か?あいつパッパラパーじゃねえか!?》と本当に多くの人が思っているだろうけど、まあ僕もねえ、あのーみんな以上にそれを強く思っている一人でもあるので、まあ今後しっかり成長できるように、また人として成長できるように、いーしっかり、いー行きたいなと。充実した、あー30歳をスタートさせたいなという思いはある!頑張ります!イェイッ三十路!!!(手で30のマークを作る)あーとまーす!すんません、ありとまーす」

「長いよ」(長嶺Aコーチ)

「手汗も凄いよおお!」

「要旨じゃないものを挟むから、これぐらいのものが、これぐらいの長さになるんだよ!」(長嶺Aコーチ)

「嶺さんも喋ったら良いんじゃないすか、俺聞きたいッスよ~」

本当に、いつもありがとうございます

類い希なる超繊細なボールコントロール術を持つ森脇選手であれば、選手寿命は長いはずです

※長嶺Aコーチにはしていませんが、関根選手と森脇選手のインタビューは、今夜7時(再放送は23時)からの「You’re The REDS」でお届けします

では

3月28日 「本当に限られた狭い門なので、自分がそういったチャンスの中でやるべきことをやっていくしか方法はもうない」&「ただねえ、お客さんから笑いが起こるっていう・・・」

どうもです

大原の桜はまだ2分咲きといったところでしょうか

201603281322000

オフ明けのきょう、練習は午前10時過ぎから始まりました

201603281103000曇り空の下、人工芝ピッチでの体幹トレーニング、天然芝ピッチでのキーパー専用メニューとフィールドプレーヤーの”体起こし”といった恒例の流れで練習は終了

201603281116000

Uー23日本代表の遠征から帰ってきた遠藤選手と関根選手は体幹トレーニングまでをチームと共にこなし、その後はジョギングなどの別メニュー調整で切り上げました

なお、締めに行われたシャトルランニングではイリッチ選手が一番最初にゴールしています

練習後、271名が集まってのファンサービスを終えての表情は、とても晴れやかでした

201603281145000

さて、おとといの練習試合で右膝を痛め、途中交代した加賀選手は軽快な動きを見せていた印象です

「加賀大丈夫、大丈夫!調子良い!」(堀コーチ)

「膝?大丈夫です」(加賀選手)

一方、1本目の中盤に相手と接触し、下腹部を強打した森脇選手は・・・

――ワンクエスチョン!

「ワンクエスチョン?ワンクエスチョォ!ン!?」

――2日前の練習試合でかなり痛そうにしていたので心配でした

「やあーばいっすよぉぉ!まぁじで強打してぇー!ただねえ、お客さんから笑いが起こるっていう・・・なかなかそういうあれはないっすけどお、あーれは本気で痛かった(汗)男の感覚として表現しづらいものがねえ、あるんすけど、だけど男として相当大事な部分にくらっちゃったんで、かなりの衝撃的部分があったけど、試合は続いてたんで、これは続けなくちゃいけないなとぉ・・・まああそこでお客さんが笑ってくれたので、ひと笑い取れたのは良かったのかなあという風には思ってる」

――試合後、テレ玉さんと共同でインタビューをしようと思っていたのですが、引き上げていたので相当辛かったのかと

「そおなんすか!そうすかそおなんすよ!すんません!だからもおホントねえ、お腹というよりその下の辺がねえ、『クォォォ!』って感じでねえ、あー、テレ玉さんも・・・」

――そのことというより、試合のことを聞きたかったので・・・

「いやああそれ言いたかったなあちょっとでも、テレビの前で、コメントしたかった(悔笑)けどちょっとバタバタしてたんで~、あれしちゃいました。残念(しょんぼり)多分無事だと思うんすけどね、大事な、大事な俺のぉ・・・大丈夫です!!」

ひと安心です

201603281133000そしてここからは、関根選手のお話をどうぞ

「おつかれーっす。まあ過酷な状況ではあったので、行きに飛行機が飛ばなかったり・・そういう経験はしようと思っても出来ないことなので、そこの中でどれだけ限られた時間の中で調整して臨むかという経験が出来たことは何より大きかったと思う」

――プレーとしては?

「ちょっとの時間だったけど雰囲気を味わえたことは自分にとってもプラスになると思うし、またああいう代表でプレーしたいなという気持ちがさらに強くなったので、そういう責任感を持っていきたい」

――自信付けた部分はありますか?

「自信付けてはないっすフフフフッ(苦笑)そんなに・・・はい、まあ自分がやるべき事っていうのはもっと出したかったし、状況は状況だったけど、もっとやりたかったというのが率直な気持ち」

――限られた時間とはいえ、色んな選手がいる中で与えられた時間でもありますし

「そうですね、本当に限られた狭い門なので、自分がそういったチャンスの中でやるべきことをやっていくしか方法はもうない。チームに戻ってしっかりアピールできたら良いなと思う」

――先日、上半身のウェアについて話してもらいましたが、きょうのジョギングしている姿を見ると、下半身特にふくらはぎ付近がかなり逞しくなったような印象です

「ハッハハ!(笑)いや筋肉ついてないすよ!・・・武藤君のおけつの方が良いおけつしてるんで(ニターッ)あれを目指して・・あのー、体型はちょっと・・・なところがあるんすけどぉ」

「おい馬鹿にすんな!」(武藤選手)

「ハハハハハ(ニヤニヤ)」

「自信持ってるんだ俺だって!」(武藤選手)

――埼スタでの連戦が控えています

「まあ本当に3日間、調整してJリーグがあってそのあとすぐにACLがあるので、しっかり良い形でそこに向けてコンディションを整えていきたい」

――今年は若い選手が少ないので、その分も関根選手の“若さ”でグイグイと!

「そうっすね!まだ全然若いんで・・・このチームにいたらずっと若いんじゃないかなとも思うんすけど(ニヤリ)ハハハハハッ!はい、頑張っていきたいと思います」

関根選手のインタビュー詳細は、このあと夜7時(再放送は23時)からの「You’re The REDS」でお届けします

加えて、おととい土曜日のFC東京戦終了後のインタビューを

「やっぱり力のあるチームとの練習試合でモチベーションが高まったし、ありがたかった」(梅崎選手)

「きれいなゴールを決めたけど、きれいなPKも与えちゃった(苦笑)」(駒井選手)

PIC_0159さらには、先週月曜日に行われた、ブラインドサッカーの【さいたま市ノーマライゼーションカップ】の話題もお伝えします

では

3月8日 「僕ら出ていなかった選手がこれから躍動するチャンスでもある。チームの助けになるように」

どうもです

オフ明けのきょう、ひと月201603081157000先へタイムスリップしたかのような陽気の大原で、練習は午前10時から始まりました

まずは人工芝ピッチで約30分間、体幹トレーニングを実施

その後は天然芝ピッチへ移動し、キーパー陣は専用メニューへ

201603081051000フィールドプレーヤーは、ステップワークや坂道ダッシュで足腰に負荷をかけ、午前11時からはパス&コントロールでボール感覚を養います

201603081052000

約45秒間、ワンOnワンを行い、笛の合図と共に向こう側対角線上のコーナーフラッグ付近までをL字型に約140メートル走り、そこでまた1対1、という反復メニューです

中でも、李選手と青木選手の攻防は見ものでした

ギラギラとマイナスイオン

日頃は空気感が正反対の2人ですが、ピッチ上にはバチバチとした熱気が充満します

オーラは違えど、サッカー選手たるもの負けず嫌いに変わりなし、ということを再認識しました

練習は午前11時30分頃に終了しています

201603081117000すでに何度か紹介していますが、始動日から話題となっている新しいトレーニングマシーンを用いた懸垂について

「最高で5回ぐらいかな。棒の持ち方にもよるけど、俺は腕が短いので(苦笑)」

そう自虐的にハニカムのは関根選手

「このトレーニングが始まってから、ゆっくり時間をかけながらの腕立てを出来る選手が増えた」

と明かすと、しばらく間をおき、

「まあ、俺は元から出来ましたけどね(ニヤリ)」

おっ、やはり大物

こちらが「最近、胸板が厚くなったように見えます」と印象を伝えると、

「マジスカ!?そうかも・・・実はっすねー・・・」

何か、努力のエピソードが出てくるかと思いきや、

「昨年よりシャツのサイズを小さくしたんすよー(ニヤリ)」

この日記では久々の”関根節”でした

なでしこJAPANはつかめなかったリオへの切符

この世代屈指のサイドアタッカーには、ぜひともメンバー入りを果たしてもらいたいです

201603081049000

もうひとつ、体起こしのフィジカル系メニューとして新たに加わった、1対1&スプリントについては梅崎選手にお話を聞いています

――ドリブラーの梅崎選手がどのような仕掛けを繰り出すか、見ている側は非常に興味深いです

「アーハイッ!(笑)まあそうですね、凄く、何て言うんすかね、サッカーというかゲーム(試合)に近いフィジカルトレーニングなのかなと思うので、ただ単純に走るよりかは違った負荷もかかるし、追い込み方では(シャトランよりも)キツイ。もちろん1対1の攻撃だけでなく守備での練習になるので、凄く良いトレーニングだと思って取り組んでいる」

――確かにきょうも絶妙な間合いで阿部選手のドリブルを止めて、かき出すのでなくすぐにマイボールになる奪い方が出来ていて、「ハッ」とさせられる面がありました

「今年、守備というのは自分の中でひとつのテーマとして置いている。1対1の攻撃だけでなくより守備でも強くなることによって、自分の更なる成長が見えてくると思うし、それは攻撃にも活かされると思う。守備に対してのモチベーションも非常に高い」

――ドリブルで仕掛ける時は、事前に《こう交わそう》とかイメージしてから距離を詰めていくのか、それとも咄嗟の判断で足が自然に動くのでしょうか?

「まあどちらかというと、“自然”かなという感じはある。槙野とかと対峙していると、色々と考えさせられる。間合いがちょっと違うので」

――多くのサッカー少年に、平日ではありますが火曜日のこのトレーニングにおける梅崎選手のドリブルを見てもらいたいです

「ハハハッ(笑)テクニックはそんなにないすけど、魅せられるように頑張る」

――レッズサポーターに“梅崎司”がハッキリと認識されたのが、大分に所属していた06年。夏にビッグアイでレッズと対戦した際に左サイドからカットインして鈴木選手を思いっきりかわしたシーンだと思います

「あーはい(ニコリ)そういうシーンをね、多く作れるように、コンディションも凄く良いし、フィーリングもかなり上がってきているので、魅せていきたい」

――先日のジュビロ戦ですが、残念な結果に終わりました。ベンチからはどんな心境で戦況を見つめていましたか?

「非常に見ていて歯痒かったし、なかなか崩しきれるシーンというのも少なかったし、《自分が出て何とかしたい》という気持ちもあったけど、ああいう形で追いつけたけど、勝ち越されたというのは、チームとしても痛い一敗かと思う。だけどね、僕ら出ていなかった選手がこれから躍動するチャンスでもある。チームの助けになるように1日1日を大事に上を目指してやっていくことが大事」

――おっしゃる通りで、今は代表組がいない中でのトレーニングあすもあります。梅崎選手のような気概がチームがさらに良くしてくれるのだと感じています

「もう準備はずっとしている。来たときに答えるだけ」

――次は福岡戦

「まあ、ジュビロ戦と似たような展開になるのかと思うし、そこでどう崩していくか、集中力崩さずに90分間闘うことが非常に大事。そこをイメージしながら準備したい」

――かつてのチームメイトも在籍していて、特に堤選手は同じ“調子乗り世代”なので対戦が楽しみなのでは?

「もちろんですね(ニコリ)やはり昔から知っている奴だし、アンダー世代から一緒にやっていたので楽しみな面が多い」

――堤選手は09年の大ケガを乗り越えてから、筋肉が増えて体が強くなった印象も受けますが、彼のストロングポイントをどう感じてますか?

「クレバーさじゃないですかね。どんな時でも冷静だと思うし、足元の技術が凄いしっかりしている。確かに体は強い」

――あれだけ左右遜色なく蹴りこなせるディフェンダーもそう多くない

「そうすねっ!なかなかいないタイプのディフェンダーだと思う」

――本当に、色んなチームでレッズ出身の選手が活躍しているのは誇らしいですし、刺激になるのでは?

「そうですね、やっぱりレッズにいた選手が活躍しているのは刺激になるし、またこうやって対戦する状況がね、どんどんどんどん増えてきているので、それはひとつの楽しみ。まあ、ね?一緒に闘った仲間だけど、試合になれば別。しっかり叩きのめしたい」

――正に。サポーターもレッズ出身選手の勇姿を見たい気持ちもあるでしょうが、一番はそこを打ち破るレッズの選手のプレーに期待しているはずです

「はい!頑張ります!!(闘志を秘めつつニコリ)」

2014年の終盤に堀コーチと共に居残りでヘディング練習(同年11月頃の日記参照)に励み、昨シーズンの序盤には「初めて」というヘディングでのゴールを記録

飽くなき向上心を抱く赤き求道者は、練習の成果を本番で体現する力に優れます

地道な努力で梅咲かす

今年は守備でさらにレベルアップし、チームを救う”何か”をもたらしてくれるでしょう

インタビュー詳細は、今夜7時(再放送は23時)からの「You’re The REDS」でお届けします

では

12月23日 「ここまで来たからには」

どうもです

今にも雪の降りそうな?いやまさか!それは大げさにしても、冷蔵庫の中に閉じこめられたかのようなヒンヤリとした曇り空の大原

天皇杯準々決勝・神戸戦(※REDS WAVEでは実況生中継します!)を3日後に控えた(もうそんな時期になった!)練習は、午前10時から始まりました

入念なウォームアップを経て、午前10時45分頃からは、フルコートの4分の3ほどのエリアを用いた通称”ペナペナ”での11対12(ビブなし組が数的優位)、ゲーム形式へ

「展開を予測して!早く!!」

この期間、もしかしたら最も多く聞かれた監督の言葉かもしれません

”早く”

トレーニングマッチはともかく、互いに1か月以上も本番から遠ざかっていることを考えれば、勝敗を左右しそうな大きな要素が、試合勘です

練習の中でもそのあたりを錆び付かせず、研ぎ澄ますにはやはり常に緊張感を緩めず、スピード感を持ったプレーを徹底するのが一手でしょう

消極的な横パスやバックパスが数度回れば監督はすかさず注意

3日後、どんな試合への入りを見せるか、興味深いです

午前11時40分、柏木選手によるキーパーとディフェンスラインの裏への縦パスを起点に、飛び出したキーパーのこぼれ球をひろった李選手が左足での華麗なチップキックでネットを揺らし、ラストゴール

きょうは得点こそあまり生まれませんでしたが、味方同士で”同じ次の展開”を予測したプレーが数多く見られました

そういった中、フィニッシュまで完璧に決めたシーンも当然あります

柏木選手が右のスペースへ早いタイミングでパスを送り出すと、そこにはボールが来ることを信じてスプリントしていた関根選手

グラウンダーでの折り返しをペナアーク付近で武藤選手が右足一閃、得意インフロントキックによる鋭い弾道が、ゴール右上へと突きささりました

関根選手はこのように手応えを口にします

「本当に、自分たちのサッカーができればどこにも負けないと思いますし、そこは自信を持って1人ひとりがやっているんじゃないかなと思っています」

頼もしい限りです

――この寒さの中でのプレーはどうでしたか?

「まぁ、止まるとやっぱり寒いなって感じはしますけど、動いているとだいぶ暑いですけど」

――練習後も武藤選手とずっと走り込んでいましたが、きっちりとうまく調整を重ねている印象を受けます

「まぁ、ほんと、この1週間、まぁ、いつも通りやって試合に臨みたいですし、ここまで来たからには最後まで行けないのは凄い悔しいので、しっかりそこも調整してきたいなとは思います」

――この期間を振り返って

「モチベーション保つの難しいですし、この1週間からまた1個ギアを上げてやっていければいいかなと思います」

――工夫したことは何かありますか?

「まぁ、オフの時はなるべくサッカーのことは考えないようにしているというか、まぁ、体も心もリラックスするようにはしていますし、サッカーが始まった時にはまたスイッチが入れられるように、そういうオンとオフの切り替えというのは意識してやっていかないといけないなとは思っています」

――経験積んで、その辺もプロ選手らしくというか…

「そうですね、この1年すごいそういったところを経験できましたし、そのメリハリというところが凄い大事だなというのは感じているので、そういうところが見習う選手がこのチームにいっぱいいるので、そういう選手の行動だったりを見ながら学ばせてもらってはいます。それぞれ役割はあるので、そこの責任というか、自分が任された分はしっかりやりたいですし、なおかつチームのためになるようなプレーができればいいかなと思います」

――神戸と対戦するにあたって、以前よりももう少しバージョンアップしていそうな部分、感触とかはどうでしょうか?

「まぁ、本当にこのサッカーをやり続けてそれを本当にこの1年間、まぁ、1年以上になりますけど、本当精度が高くなっていますし、そこの守備でも浦和らしい攻撃的なサッカーがみせられればいいかなと思います」

――今、こうやって話しをしながら、今年の始め頃を思い出しましたが、“2年目のジンクス”とかっていう言葉もあったりかなんかで…

「そうですね(笑)」

――結果的には…

「まぁ、3年目のジンクスにならないように頑張ります、はい(ニヤリ)」

――元日に大勢の前でサッカーをすることへのイメージは?

「1月1日にそういった試合をしたことはないんで、すごいそこでまたサポーターと皆さんと喜びたいですし、そういったところ…何か、景色が違うのかなと。1月1日サッカーをして、気持ちよく年を迎えたいなと思います」

――そういえば、景色という話で、「武藤病」って明かしていましたけど…

「そうですね。いまだに病気は治らないです(苦笑)はい(ニヤリ)」

――武藤選手は先日、「他の選手も見えるようになってるんじゃないか」って言っていましたけど、その辺で、パスの判断とかが本当に今年は早くなったし、良くなったと思えます

「まぁ、そこがやっぱり課題ではありましたし、1つのパスコースが見えてないシーンが数多くあったんで、そこら辺の判断というのがもっともっと高くなっていけば、もっとうまい選手になれますし、もっともっと成長できるんじゃないかなって思います」

――パスもそうですけど、関根選手はシュートもうまいですからね、ゴールも…

「そうですね、アシストの方が今年は多かったんですけど、もっとゴールも取れればよかったかなと思います」

――1年目の頃、「俺はパスで生きていく」なんて言っていましたけど、覚えてます?

「もう、ポジション的に、そう、必然的になっちゃいますけど(苦笑)ゴールの方が気持ち良いんで、まぁ、絡めることが1番すけどね(ニコリ)」

――最近は、関根選手のチャントがあまり…今年のうちにまた沢山聴きたいし、サポーターも歌いたいでしょう

「はい、そうですね(ニコリ)まぁ、ちょっと、チャント、難しいのかなって思いますけど(苦笑)まぁ、自分が良いプレーして歌ってもらえるようになれば、もっとうまくなっていくのかなって、だから自分も頑張ってそういうプレーをしたいなと思います」

――なるほど、歌う機会がないと…

「そうですね、はい、うまくならないんで…はい(ニヤリ)」

――レッズのサポーター含めて、みんな関根選手が良い選手ってことよく知っていますので、この意気で突っ走って…ってもらえばと思います。本当に期待しています

「はい、そうですね、また天皇杯、まだあるんで、頑張っていきたいなと思います(ニコリ)」

この時期を過ごすにあたって、多くの選手から共通して聞かれる、「”ここまで”来たからには」という言葉

目標は一緒です

また、関根選手個人について評せば、《”ここまで”活躍しているのであれば》という思いが拭えません

サバイバルレースを確かな脚力と突破力、そして今年さらに磨きをかけた展開力で生き残り、その先の舞台へ突き進むべし

大丈夫、味方はたくさんついていますから

インタビュー詳細は、今夜7時(再放送は23時)からの「You’re The REDS」でお届けします

では