タグ別アーカイブ: 荻原選手

1月13日 「ちょっとスイッチ入れたいので」&「それが静学」

どうもです

埼スタ→大原→埼スタ

”どこでもドア”はありませんでしたが、チャレンジしてみれば何とかなりました20200113_155244- 20200113_155636-2連休明けのきょう、練習は午後3時頃スタート

室内調整を経て、選手達は午後3時15分頃、ピッチに姿を現します20200113_165358-そこから約2時間、パス&ゴーやポゼッションゲームでボールを使いつつ、タイム設定をした上での素走りなどで、みっちりと負荷をかけていました20200113_171329-

20200113_171519-

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――始動してからの手応え

「手応えは、まあ、何て言うんすかね、始まったばっかなのであまりわからないですけど、凄い自分自身としては良い状態で今シーズンに入れているので、凄い、何て言うんですかね、充実していると思います」

――「何て言うかな」って大槻監督の口癖で、影響受けている?

「・・・いや~、モノマネしているからかなぁ!?(笑)ちょっとわからないすけど、“大槻イズム”なのか、無意識に入っているかもしれないです」

――オフ期間は充実していましたか

「そうっすね、オフに入ってから自分で、独りでドイツに行って、実際に現地のサッカーに触れたりとか、10日間ぐらいですけど、ドイツでは遠藤航選手と原口元気選手に会えて、凄い色んな話をして、今の自分にとって凄い良い刺激をもらえた、凄い充実できたオフだったと思います」

――両選手とはどういった会話を

「あんま、何て言うんですかね、詳しくはあまり言えないですけど、悩んで苦しんだシーズンのあとに行って、話ができたので、凄く元気をもらえたというか、海外であのようにプレーしている選手って、会って話した瞬間からオーラが違うというか、《このままじゃ自分はダメだな》っていうふうに肌で感じることができました」

――どう変えていくべきと

「まず、少なくとも意識だけは変えられるので、何て言うんですかね、今までは試合に出られないでいるとどうしても見えている景色が凄い狭いわけで、けどやっぱ目標や意識っていうのは常に高いレベルで持つことが大事だなって思ったので、そういうところで」

――浦和を背負う責任

「そうですね、浦和を背負う責任は、このエンブレムをつけている以上、別に意識しなくても抱いているというか、何て言うんですかね、ずっと育成からレッズでプレーしていて、浦和が大好きで今もプレーしているので、ある意味では意識していないです。誰よりも持っていると思います」

――最後まで諦めず立ち向かっていく姿勢やスピードなど荻原選手に当てはまる部分が多く

「もちろんプレーでのところとかは、やっぱ、何て言うんですかね、サッカーの部分では色んな要素があるので、まだ劣っている部分はありますけど、何て言うんですかね、サッカーをプレーしていく上で根本的な、何て言うんだろな・・ベース、そういったところは上にも影響を与えられるのではないかなと個人的には思っています」

――そういう中で育ったから当たり前だと

「そうですね、少なくともサポーターってそういうところを見ていると思うので、もちろん負けてブーイングされることも当たり前ですけど、もっと、何て言うんですかね、こちらが表現しなければいけないなーって思うし、そういうのが言われてきて、今のこのチームだと思うので、もっともっと僕も頑張らなければいけないなと思います」20200113_171536-

――きょうも良い走りを

「正直、やっぱ個人的にはこうやってだただた走る、素走り、それはもうできて当たり前なので、疲れた中で、ピッチ上で・・何て言うんですかね、質を高める部分が大事になってくるので、そこを追求したいです」

――左サイドバックも楽しみ

「そうですね!何て言うんですかね、ちょっと離れたので、サイドバックでプレーしていた頃から。プレーしてない期間がだいぶ空いたので、まずは動きの確認から。そして自分の特徴をどのポジションでも出さないといけないので、そこは変わらないので、どうあのポジションで落とし込むかなっていうのを常に考えながら取り組んでいます」

――きょうは成人式、出席したかったでしょうが

「あっ!あのー僕ー、川越市なのでー、きのうだったんすよ!それで出てきました(ニコリ)」

――だから髪も黒に近くなって短く

「そうすね!でもー、髪はー、今すんごい短くしたのですが、それはきょうの午前中で、成人式は、今までその日のために髪を伸ばしていたので、けどやっぱシーズンに入って自分の中で、何て言うんだろうな、ちょっとスイッチ入れたいので、短く、そして髪も金髪から落ち着いた色というか、ほぼ黒にして、ちょっと気持ちを改めて、1年目ぐらいのフレッシュさをもって3年目に入ろうという感じです」

――成人式では

「だいたいありきたりなのが、『凄いね』とか、何かそういう言葉を友達からもらうのですが、けどやっぱ《まだまだやらないと》とこっちは思っているので、『頑張ってね』とか色んな人に言われて、凄く元気をもらえましたね(ニコリ)」

――これからは与える立場

「ピッチに入っていないとそれは与えられないので、そこだけだと思います」

――まずはチームの勝利に貢献して、オリンピックもせっかく出られる権利があるので

「そうですね!浦和で試合に出たら見える景色っていうのは変わってくると思うので、そこをまずはしっかりとチームで試合に出てっていうのを、何て言うんすかね、目標というか、このキャンプから凄いもう、開幕スタメンを狙って毎日意識高くやっていきたいなと思います」

――期待してます!新成人おめでとうございます!

「ありがとうございます!」20200113_173145-

◇◆◇福島選手◇◆◇

――リードされている状況で練習を迎えたと思いますが、逆転はどのように知ったか

「練習中に、いつも観に来てくれるおじさんから『静学優勝したぞー!』って言われて『まじすかー!?』とか言って・・(笑)走って疲れて練習している時に(笑)」

――そのあとのパワーになったのでは

「いや、特に(笑)勝負弱いところが静学にはあったので、本当の実力を出せばこんなもんだろって常に思っているので、それは多分、今年結果が出たけど、毎年毎年練習試合とかでは負けがないようなチームだと僕は思っているので。個人的に、どこよりも強いと思っているので、そんな驚きってことはないですね。実力は今までも、もの凄いものがあったと思っているので」

――後輩や恩師にかけたい声は

「まあ、かけたい声というか、このスタイルで優勝したということに意味があると思うので、やっぱり続けて欲しいし、それが静学だと思うし、うん、高校サッカーでね、やっぱり結果を残すのは大変だと思うけど、これから先、夏の高校総体もそうだし、日本一になることは本当に素晴らしいことだと思うので、連覇を狙って欲しいなと思います」

――静学スタイル

「リズム、テクニック、インテリジェンス。今の練習がどうかは知りませんが、[ごちゃドリ]って言って監督の周りでピーって笛が鳴ったらリフティングをして、ドリブルして、本当にテクニックに特化した練習だと思っているので、それを本当に毎日何回も行って、『ボールに100万回触れ』みたいなことをずーっと言われてきたので、フィールドではないけどね、そういうスタイルが身についてたと思うので、テクニックだけだったらどこの高校にも負けないと思っているので、そういった面で僕自身もやっぱりひとつのことに特化するというのはプロでも武器になってくると思うので、まあ(笑)、フィールドでないから何とも言えないですけどね、やっぱり僕自身も練習から見つめ直していきたいなと凄い思いますね」

――差し入れなどプレゼントは

「全然考えていないです!(笑)静学出身で僕より金持ちはいるでしょっ!フロンターレあたりにっ!横浜FCにも」

※自身の1試合に対して後輩達は埼スタで2試合

――福島選手も我が家の埼スタに歓喜を

「そうだね!奪い返します!静学から!(笑)」20200113_161719-

荻原選手と福島選手のインタビュー全容は後日、〈You’re The REDS〉でお届けします

では

11月26日 「プラスの材料」&「自分の中でもあのときのイメージが凄い残っています」&「皆さんの前でいつか披露できるかっていうワクワク」

どうもです

再びあの舞台に立ち、今度は大喜びするためにも、まずはJ1残留を

20191126_151309-

冬の到来を実感させるヒンヤリとした空気の大原で、オフ明けの練習は午後2時40分頃に始まりました

ボール回しやストレッチなどは全員で行い、その後2手に分かれます20191126_152031-20191126_152041-

ACL決勝スタメン組はリカバリー20191126_153154-

それ以外のメンバーはポゼッションゲームや6対6でのゲーム形式で汗を流し、寒さを吹き飛ばしていました

「爆発力を!ドーンというところ!」(大槻監督)

練習は午後4時10分頃に終了しました

20191126_161007-

◇◆◇福島選手◇◆◇

――ACLを通じて感じられたこと

「決勝第2戦に僕が0対0でね、持ち帰っていればもっと違う展開になったのかなというのは素直な気持ちなので、やっぱりそういった部分でね、反省をね、活かしながら今後につなげていきたいなと思います」

――浜野コーチと共に色々な部分で成長を重ねられているはずで

「JリーグでもACLでも、できた部分はたくさんあったので、そういうプラスの材料を日々のトレーニングで落とし込んで、浜野コーチともまた話し合いながら、どうすれば自分がもっともっとレベルアップできるのかというのを考えながら練習していきたいなと葉思います」

――特に手応えを感じている部分

「局面局面の落ち着きであったり、行くところ行かないところの判断というのは、やっぱり試合じゃないと感じられない部分が沢山あったので、そういった部分を難しいかもしれないけど、練習でそういう状況を自分で作るなどしながら、見極めながらプレーしたいなと思います」

――今後への抱負

「現状はサブでチームを盛り上げる役をやっているとは思っていますけど、それを11人の中でチームの試合に出るメンバーの中でやることによってチームを向上させることもできるかと思っているので、そういう出場意欲が凄くあるので、日々努力したいなとは思います」

――前にも伝えましたけど、バガボンドっぽい

「!?めちゃ格好いいじゃないですか(笑)ありがとうございます」福島選手191126--

◇◆◇柴戸選手◇◆◇

――きょうのトレーニング

「まあもう、次に向けて切り替えていくしない中で、残留決まっていないのでそこに向けてしっかりトレーニングできたかと思います」

――今、体から湯気が出てきていますが、メラメラとしあオーラのようにも

「はい、まあ試合出ていないのでしっかり試合に出てというところとやれるというところをアピールするためにも練習からやっていきたいと思いますし、そこでやったものがすべてだと思うので、しっかりやらなければついてこないと思いますし、しっかりやりたいなと思います」

――走るのが速くなったように、身軽になったというか

「まあ、頭の中がフレッシュになっていれば次の動きっていうのも目的がある動きだと目標目的があると、動きもクリアに見えると思うので、自分の中でもその瞬時瞬時の目的目標っていうのが、頭がクリアであればあるほど明確になるのかなと思うのでそういったところが動きに表れているのかなと思います」

――切り替えるととおっしゃいましたけど、2日前ふたつ「おめでとうございます」を伝えたかった

「まあ、いろんな人に声もかけてもらえましたし、そこで良いものにしたかったですけど、まあ相手があるものですし、なかなか難しいゲームだったので、また決勝にチャレンジできるチャンスっていうのはサッカー人生において数少ないものだと思うのですが、そこに上り詰めてリベンジしたいなと。今度はピッチの中でリベンジしたいなと思いました」

――ベンチにいたことで感じられたこと

「ベンチにいるのといないのでは全然違うと思いますし、またピッチの上だとかなり違うと思うのですが、まあいろんなことを目の前で見て学べたと思うので、それを活かすということが自分に与えられた役割だと思うのでいろんな見て学んだこと感じたものをこれからの自分のサッカー人生に捧げていきたいなと思いました」

――特に活かせそうなこと、意識していること

「まあ、相手のレベルの高さを痛感しましたし、どうやったってフィジカルの部分で今すぐにどうこうっていうわけではないですし、足が急に速くなるわけでもないので、やっぱりポジショニングのところだったりチームで戦うってところ含めてコミュニケーションの部分っていうのは今すぐ変えられるのかなと思いましたし、自分のところでいえば、あのレベルに負けないくらいの寄せの早さだったり球際の強さっていうのを出していかなければいけないと思うので、やっぱり自分の中ではJ1で出てっていうのが目標でしたけど、もっと上には上がいるんだなと改めて痛感しました」

――浦和レッズというクラブの魅力もサポーターがまた示してくれたかと

「そうですね、多くの方に来ていただいてあれだけの声援をもらった中で勝てなかったっていうのは凄く悔しいですし、今回自分が出ていない試合で初めて《悔しいな》と思ったので、改めてこれからもっともっとファンサポーターが見に来てくれる人のためにも成長して、より良い姿を見せ続けたいなと思いました」

――そして、24歳おめでとうございます

「ありがとうございます。まあこれからもっともっと活躍したいというのは思っていますし、逆にほんとにあっという間なんだな感じているので、まあ今、1日1日をできることっていうのをやっていきたいと思いましたし、あっという間というかサッカー人生なんてほんの人生において短い期間だと思うので、そこで有意義なものをつけるためにも、1日1日またサッカーにおいてはひとつひとつのプレーっていうのを大事にしていきたいなと改めて思いました」

――家族も増えて結婚1周年おめでとうございます。

「ありがとうございます。1年経ってほんとに支えられていますし、自分が支えられているのかはわからないですけどほんとに2人には支えられているので、ピッチで活躍する姿を見せて恩返ししたいなと思います」

――あっという間とはいえ、阿部選手という超偉大なお手本がいて、まだ長い

「そうですね、あの年代であれだけできているって本当に素晴らしいことですし、まあ一握りの選手しかしないと思うので、自分ももっともっとやりたいと思うと同時に、若いころに活躍しているからあの年齢までやっていうのかなと思うので、活躍して追いついて追い越しせるようにやっていきたいと思います」

――シュートは興梠選手を参考に、スペースへのパスは柏木選手と話していましたが、阿部選手のどんなところを

「ポジショニングと寄せのところとあとはパスのところで散らし方だったり動かし方っていうのは見ています」

――たまに走っている後ろ姿が被るときがあります

「(笑)」

――つぎのFC東京戦というと終盤戦で昨年と重なるものが

「そうですね、自分の中でもあのときのイメージが凄い残っていますし、また終りの方でというところでも何かあるのかなというふうに思います」

――改めて残り2試合への抱負と24歳の誓いをお願いします

「まず勝ってしっかり残留決めたいですし、チームのために本当にできることっていうのを出していきたいと思うので、精一杯やっていきたいと思います。24歳はほんとに日々積み重ねて成長していくってところを考えながらやっていきたいなと思います」

――これからも宜しくお願いします。誕生日おめでとうございます

「よろしくお願いします。ありがとうございます」DSC_6988--

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――現状

「そうですね、ACLは残念ながら2位で終わってしまいましたけど、チームには残留するっていう新たな目標っていうか、試練があるのでそれに向けて常に良い準備してやれています」

――先日の決勝はスタンドから見て

「そうですね、個人してはまずメンバーに入れなくてピッチの上でプレーできなかったっていう悔しさが凄いあります。あとはチームとして浦和レッズに関わっている中で、チームとして目標に掲げていたACL優勝っていうそれを果たせなかったっていうことは悔しいですね」

――そこに立ちたかった

「そうですね、自分の不甲斐なさというか、力のなさ、そういうのを実感する大会でした」

――浦和レッズって良いクラブだなってあの雰囲気からも改めて思ったかと

「そうですね、あれだけのサポーターがいて浦和レッズの価値を生み出す存在であるので、

正直感動しました。あれだけのサポーターが来てくれてより一層あの中でプレーしたいなって気持ちは強くなりました」

――前日は20歳に。おめでとうございます。

「ありがとうございます。今年は個人としてなかなか試合に出場することができず、凄い悔しい気持ちでいますけど、まあその中でもポジティブにやれていますし、常に成長は実感できているのでいつ来てもチャンスが来てもやれるように準備はできています」

――なぜポジティブにできているか

「そうですね、今、出られていなくても絶対に努力とか怠らずやっていれば試合に出られるだろうという期待と共に、あと何ですかね、自分に期待している部分はあるので、それを皆さんの前でいつか披露できるかっていうワクワク、それだと思います」

――自分が一番ワクワクしている?

「そうですね!ほんと自分が一番期待しているので自分に。まあ20歳になりますけど、まずは立派な大人になって、何ていうんですかね、子供たちに夢や希望を与えられるような存在になれるように頑張ります」

――成人です

「そうですね、成人です!(笑)」

――おめでとうございます!

「ありがとうございます!」荻原選手191126---

柴戸選手のインタビュー全容は、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送で

福島選手と荻原選手のインタビュー全容は、あす19時からの〈You’re The REDS〉でお届けします

では

10月11日 午後 「こっからまたやってやるぞみたいな気持ちで」

どうもです

暗くなるのが早まり・・・

20191011_164125-

午後練習は16時頃にはじまり、パス&コントロールを行うなどして16時半頃からは、ゲーム形式へ

最初はハーフコートよりやや広めのエリアでの9対8+フリーマン、その後はフルコートでの11対10でした

今までの積み上げをより実践できるように磨きをかけ、そこへ勝負へのこだわりをさらに強め、選手同士の切磋琢磨も出来ている印象です

20191011_171523-雨がふったりやんだりの空模様でしたが、熱いムードに変化なし

夕方5時15分頃、練習は終了

監督は選手に拍手を送っていました20191011_171759-

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――オフ明け、2日間のご自身を自己採点するのであれば

「うーん、ま、点数としてはあまり出せないですけど、もちろん、割ときのうは手応えがあったというか、きょうは色んな課題が見えたというか・・でも全然うまくはいかなかったですけど、ポジティブに常に考えていこうかなって感じです」

――何が見えたか

「攻撃の時の質みたいな・・もちろん守備とか大きな課題はあるんですけど、それとは別に自分が質を出さなければいけない攻撃の部分でそれが出せなかったことが結構多かったので・・・」

――イメージとのシンクロという部分で、狙いは伝わってきましたが、それが難しいプレーであることも見受けられるので、経験値を積めば

「そうっすねー!まあ、色んなポジションをやるし、結構色々と右に行ったりとか真ん中とか色々やってて、色んな収穫とかがある程度今までのサッカー人生でもかじったことがあるから出来るんすけど、ちょっと難しいっていう・・・(汗)」

――左利きの右シャドーはよくありますけど、左利きの右ウイングバックというのはどういう感覚でしたか

「うー・・ちょっと違和感がありました(苦笑)なんか、そわそわするというか、今まで左だったから、でも、俺は好きっすよ、個人的に、めっちゃ好きです。右でプレーするのは、もともとサイドハーフもめっちゃやっていたし、楽しい」

――色んなポジションでそれぞれの選手の気持ちが理解できる機械にも

「そうっすね!なんか、おいしかったっすね、色んな意味で(笑)色んなところを出来て、その分ちょっと難しかったっすけど、多分、でも、自分のプレーの幅を広げる意味では重要なことなので、色んなポジションを出来たら絶対良いと思うので、もっとチャレンジしたいです」

――どのポジションであっても、揺るぎない、譲りたくないものは

「やっぱ攻撃ですよね、やっぱ点に絡むプレーとか、見せたいですよね」

――ちなみにきょうはお昼の後にお腹空かなかったですか?以前はお昼ご飯を食べたにもかかわらずお腹が空いて、ゼリーを飲んだなんてことも

「ああ、ありましたね。お腹空いたしきょうも飲みました」

――意識して食べているものは

「それこそ、今しっかりと食事のところを取り組んでいて、バランス良いものを摂っています。でも出来るだけ甘いものは控えるようにして、飲みものも気を使っています」

――調味料は

「あー!それもやっていますね!本当はゴマドレがめっちゃ好きなんですけど、ノンオイルにするみたいな(笑)それで変わるか変わらないかは別としてー、自分はこういうふうにやっているっていうだけっす!」

――満足感を

「満足感だけっす!」

――ドレッシングはゴマが一番?

「ゴマが最強っすよね!」

――もう少しさかのぼると、終盤戦を前にオフはリラックスできましたか

「石井選手と一緒に軽井沢に行ったぐらいっすかね。朝起きて、することが決まっていない時の方が気持ち的に楽なことがあるので、正直(笑)いや~凄いリフレッシュできましたし、こっからまたやってやるぞみたいな気持ちで今いるんすけど、自分の課題は今、試合に出ることなので、試合に出てからじゃないとなかなか話せる部分が少ないというか、とりあえずまずは練習を頑張りたいなと(笑)」

――普段なかなか試合に出られない選手がどう取り組んでいるかを伝えたい部分もあるので

「あーっ、そうっすね!(笑)いやー正直―、試合が続かないので、自分の場合・・凄く出たり出なかったりとか、基本的に出る機会が少ないっていう中で、常にメンタルは良い状態はいられている、それってやっぱ、今までの自分にはなかったので、凄い・・出たり出ないに一喜一憂していて、そこはメンタルの持ちようみたいなのが重要かなと、一番。もちろん練習でやるやらないとかはあるんですよ。練習の中のプレーの質をこうしようとか。でもやっぱ一番はメンタルが大事なので、出られない時こそ。だいたい出たら何でもうまくいくんすよ!これからどうあれしていくかわからないすけど、簡単ではないし、絶対に普通にこのまま行けるとは思わないので、そこは自分の力が問われると思うし、最後の最後で『頑張ってくれー』って出されても、普通にやれるぐらい、常に良い状態を保ちたいです」

――ではまた・・輝いて!

「そうっすね!リフレッシュできました!」

荻原選手のインタビュー全容は、来週月曜日の〈You’re The REDS〉でお届けします

では

 

 

9月22日 「とにかく自分に期待して」

どうもです

パキッと晴れ渡りました

にしても、このあと西が丘で勝ちたい!20190922_111920-天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(4回戦) vs Honda FC3日前のきょう、練習は午前10時頃に始まりました20190922_111842-ウォームアップ後はパス&コントロール&ゴーを行うなどして、フルコートでの紅白戦を実施

こちらは互いに譲らず、スコアレスでした

練習は午前11時25分頃に終了しています

20190922_111522-

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――きょうは居残りでシュート練習を反復していましたが、どんなことを考えながら

「えーまあ、まずはフリーキックを年単位で武器にしていくっていう(笑)多分すぐにはうまくなるものではないので、まあ密かにキックの練習をしようっていう・・この前の鹿島戦で途中から出て点に絡んで、フリーキックを獲得して中に入れたらチャンスっていうシーンで『自分が蹴る』って言って蹴って、壁に当ててしまって。選択は悪くないですけど、ゴールに入らないとみんなに言われるし、悔しいし、これから練習しようって決めました」

――「密かに」とのことですが伝わって良い情報ですか

「全然大丈夫です!(笑)」

――一緒に蹴っていたのは阿部選手。うまい

「そうですね、カタチが出来てる。僕はシュートが下手なんで、どんどん練習したいっす」

――紅白戦でも終盤にシュートを打った場面がありましたが、そのシーンも思い浮かべながら

「そうですね、最後のシュートは、シュートに持って行くまでが良くなかったというか、あれはもうニアしか蹴られない状態で蹴って、まあコーナーにはなりましたけど、あれをしっかりゴールに沈めるような選手になりたいと思います」

――目線が大事

「そうですね、あとは体の向きが、開いていてもニアにぶち込めるんで、そこは武器として持っていますね、無理効くんで、シュートまで」

――ひねり系

「そうですね!ひねりはもう、相当ひねれるんで、それは多分キーパーも嫌かと思いますけど」

――直前でコースを変えられるぐらいの対応力で黄金の左足が

「そうですね、最近そんなにシュート打っていないし、練習しています」

――試合で満足はいっていないでしょうが、手応えはあるのでは

「そうっすね、手応えはもちろんありますけど、もう1回試合に出てから何ヶ月か試合に出られない期間が空いても、しっかり自分を見失わずにやっていたので、当たり前じゃないかなと思います」

――何が変わったというか、良くなったか

「うー・・プレーとしてそんなに変わっていないかもしれないですけど、メンタルの部分で野心とかを強く持つようになったので、そこは変わったかと思います」

――やり切るハート、迫力がより増した

「そうですね、相手に脅威を与えないと意味がないので、そうですね、嫌な選手になりたいです。相手にとって」

――金髪もそういう意気込みの一環で

「そうですね、髪色は意図的にじゃないですけど、カッコつけっていうよりかは、自分を大きくじゃないけど、ふてぶてしさをふっ(苦笑)色で表現したらこれかなっていう(笑)」

――ギラギラでスーパーサイヤ人的な

「そうっす!あんまちっちゃくならないようにという意味も込めて、やりました」

――ゴテンクス

「ゴテンクスっす!」20190922_112652-

――先ほどピッチを引き上げる際に大槻監督と話していましたが

「あれはまあ、プライベートと的な話です(笑)サッカーの話もするんですけど、それじゃないです」

――そういう話を出来るのも良い

「そうっすね!(笑)」

――プライベートといえば、買い物に行ったと橋岡選手から聞きました

「あー買い物行きました!まあ、お金使いましたね」

――何を買ったのでしょう

「リュックっす」

――ブランド物

「そうすね(ニコリ)まあ、ウガさんと大樹がいたので、勢いで買っちゃったっていうのがあるんですけど、もともとずっと欲しいって言ってて見てた物なので、これをきっかけに買おうと思って。あんま、あのー、割と、無駄な買い物はしないっていうか、けっこうその場のノリでとかはあんまないので、まあ、あれはあれで言い買い物が出来たかと思います」

――良い物を身に付けているのも大事ですし、プロ選手は

「う~ん・・そうすね、ずっと使えるし、良いかな!って買いました」

――ここから連戦が続いていって、そういう時こそエネルギッシュな荻原選手がより輝くチャンスかと

「まあ、スケジュールもタイトになってくると思うし、その中でチーム全体として総力戦になると思うし、そこの部分で自分が、何て言うんすかねー、とにかく結果が欲しいです今は。試合に出ることももちろん大事ですし、試合に出た時に結果が・・勝ってないんですよ。負けてる中で出ることが多いので、難しいすけど、まあ次は天皇杯ですけど、目先の部分にフォーカスしてしっかり練習していきたいですね」

――荻原選手次第ですから、頼みますよ

「そうっすね!(笑)頑張ります本当に。あのー、とにかく自分に期待して、頑張ります(ニコリ)」

荻原選手のインタビュー全容は、あす19時(再放送は23時)からの〈You’re The REDS〉でお届けする予定です

では

 

 

9月5日 「常にどんな状況でも」

どうもです

JリーグYBCルヴァンカップ プライムステージ 準々決勝 第1戦 vs 鹿島アントラーズから一夜明けたきょう、大原での練習は午前11時過ぎに始まりました20190905_112636-

20190905_112757-きのうの試合に長時間出場した選手はリカバリー、それ以外のメンバーは8対8+フリーマンでのパスゲームや4対4でのカウンター合戦、8対7での変則的ゲーム形式を中心としたメニューを実施20190905_113443-20190905_114607-「触らなければ奪えない!」(大槻監督)

球際激しく

「休むな!」(大槻監督)

切り替え早く

選手達は力一杯、足を振っていました

「OK!」(大槻監督)

全体練習はお昼の12時35分頃に終了しています20190905_115155-

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――出し切って

「きょうも結構ヘロヘロっす」

――大槻さんから「前に出ろ」と

「もう出ないとな、ただそれだけです。これ、走らないと評価されなし」

――走ったあと上手くいくと監督から「そういうこと!」って言ってもらえると

「そうですね、嬉しいですねシンプルに」

――きのうは眠れましたか?

「いやーアドレナリン出て2時くらいまで寝られなかったです。でも普通に寝れたっす」20190905_121629-

――あの約10分間、どう振り返りますか?

「まあ、やれることはやったかなという、まああれでやっぱ点につなげられたら最高だし、そこまで求めたいですね自分に。まあサイドだったから直接ゴールに絡むようなあれはできなかったですけど、まあでもやれることはやったかなって。あれでだいぶ雰囲気も変わっただろうし、だいぶ中でやっている選手も勢いづいたんじゃないかなと」

――投入されそうでされなくてっていう時間があったじゃないですか、どう自分をコントロールしていましたか?

「まあ正直ちょっとまあ《出してよ》って思ったっすけど、中で戦っている選手も足つっていますし、残り80分切っている状態で呼ばれたので、早く出してって思ったけどまああれでも1回ベンチ戻ってアップして、また自分の中でスイッチを入れられたので、まあ良かったかなと思います」

――対峙した2人の間をちょうど抜けていくのとかは、イメージできていたのですか?

「そうですね、正直2,3人来たときは、間しかないんですよ。間しか相手の隙は生まれないし、まあそおっすね、引き付けて引き付けてって感じです」

――抜きかけて倒されたプレーは、凄いスタジアムも沸いて

「まあでもあれでも正直ないなと思って、もうやるしかなかったです。マジであれは取って欲しかったです。正直、引っかかっていたし、シチュエーション的にも取ってくれるだろうと思ったっすけど仕方ないです」

――杉本選手と投入されたので、以前から取り組んでいたバナナクロスが出るかなと

「クロスは上げられなかったですね。やっぱ仕掛ける位置も低かったし、もっとまあしゃあないかなって。時間的にも少なかったし」

――あとこれとこれできたって思える方が次へよりモチベーションが高まる

「そうですね。間違いないですその通りです」20190905_123425-

――1回戦ったことで、逆転のためにどうすべきかっていうところの整理出来ている部分はどうですか?

「そうっすね、たくさん素晴らしい選手が浦和レッズにいる中で、やっぱり前半みたいなああいう試合をしちゃいけないと思うし、ホーム埼スタでやっぱ点取られた後の振る舞いが、ああいう3失点につながったかなって思うので、もう正直メンタルっすね。あとはあそこで失点した時にチームがどう振る舞うか大事だと思うし、ましてやあのホームとアウェイのある中で前半みたいな試合を少なくしてっていうかなくしていきたいなと思います」

――自分がレッズのユニフォームを身に纏ってピッチに立つ責任と、久々に起用されてより感じたのでは

「そうですね、超楽しかったですし、埼スタも久しぶりでしたし、今年全然試合出られていないし、まあずっと練習でメンバー外で、外で見ていただけなのでもう何分でも試合に出られて幸せです」

――次に向けてまだメンバーわからないからこそ、あしたあさってのトレーニングでまた出し切って、そしてチームを勝利に導くという荻原選手を

「そうですね、まあどういう状態で出るかわからないですし、メンバーに入るかどうかももちろんわからないですけど、でもやれることはやってで、常にどんな状況でも自分の武器とか自分らしさみたいなのを出したいなと思います」

――次、期待しています

「はい、期待してください」

――負けない!

「はい、ありがとうございます」

荻原選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

 

6月6日 「どんどん暑くなってくる中で」

どうもです

梅雨入りを間近に控えた大原は、炎天下スレスレ

20190606_093646-3連休明けのきょう、2部練習午前の部はミーティングを経て9:30過ぎに始まりました

早めにピッチに姿を現し、ランニングでは先頭を走っていた興梠選手が凛々しかったです

ストレッチを行うなどして、その後は約15メートルの正方形の四つ角に立てられたカラーコーンを敵に見立てての、パスアンドコントロールを実施

ミーティングでも伝えられたという「クイックハンドル」(上野ヘッドコーチ)を意識したメリハリのあるボールの呼び込みと、素早い身のこなしを伴わせたトラップでの視野確保がプレーに組み込まれます20190606_094752-「ニュートラルなヘソの出し方、”つながり”をもちたい。ボールを転がせないで、滑らせよう!まず丁寧さ。フィーリングが良くなったらパススピード」(大槻監督)

なぜなら、

「次の人が楽になるから、当然!」

リズムとテンポの良いパス回しの音に加えて、新指揮官のハッキリとした声がよく聞こえてきました

「良いボールを届けろ!」

「練習だから右足も左足も使え!要求のタイミング!」

「相手が詰めてきたら間に入るイメージで、相手の前に入る!」

数年前、レッズランドでほぼ毎月(今月はあさって土曜日!)開催されている[大人のためのサッカークリニック]で大槻監督がヘッドコーチを担当した際に、例えとして「お寿司屋さんが毎日包丁を研ぐような作業」と話していたのを思い出させてくれます20190606_095851-

9:55頃、基本技術と動作に磨きをかけると次に行われたのは、1対1でのスプリント&キープ

5~10メートルほど手前に投げ込まれたルーズボールに対し、細かいステップorビーチフラッグのように伏せた状態から用意ドンッ!

マイボールにした選手はしばし、相手を背にしたキープでボディーバランスも養われました20190606_100718-10:00からは、パスゲームへと移ります

パッと見では、4対2の鳥かごのようなもの

「オフザボールの要求!連続」(大槻監督)

ポジションは固定せず、パスアンドゴーですぐにもう一度もらえる位置を取り、他の選手も常に”つながる”ために動き出します

「連続してやる!」

そして、

「ボールを止めるな!!」(大槻監督)

1グリッドには3色ビブスの計3組が入り、そのうち1組が守備(鬼)に周り、奪ったらすぐにそれが入れ替わる、息つく間のない展開

「ボールを横に動かせば、ギャップができる!」、「ミスした時に上を向いても何も起こらないだろ!?」(大槻監督)

インターバルを挟んで再開する際、鬼がどの組で再開するかは、各色の代表者と大槻監督のタイマン勝負次第です

「ジャンケンポイ!」

威勢良く腕を突き伸ばすも、大槻監督の勝敗はというと・・・

「どんだけ弱いんだー(笑)」(興梠選手)

20190606_102103-

10:00からは10対10でのゲーム形式へ

縦はフルコート、横は3~5メートルほど狭められていました

「中でどんどん要求し合う!」(大槻監督)

3-3-3でスリーラインを形成してのミラーゲーム

「相手のチャンネルに入らない!大外のムービングで中が空く!」(大槻監督)

オフ明けながら、選手達も懸命に走り、考え、ゴールを目指します

ゲーム中も大槻監督は、

「パススピード上げろ!バタバタ動くな!」

「直線的でなく、弧を描くような、ヘルプのランニング!」

「遠くのディフェンスがスタビリ取れてません!」

集中を切らすことなく、選手達とコーチ陣が互いにピッチ上で全力を尽くしていました

2度の給水があり、3本目に入る際は、

「ゴールが見たい!悪くないで終わるな!もっと良くしよう」(大槻監督)

エネルギッシュかつ繊細、密度の濃い午前練習でした

10:55頃、終了の際に選手達は集められ、

「良い休息を取って、午後もしっかりやろう!」(大槻監督)

20190606_103925-

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――体起こしから始まるかと思いましたが・・・練習が再開していかがでしょうか?

「まぁ大槻さんなので、大体予測できていたので、普通にやるだろうなって。しっかりオフでも今回はあんまり体を動かしていないんですけど、今朝からしっかり準備して、《来るだろうな~》と想定していて楽だったら良いじゃないですか?《え!?キツイの?》みたいに思ったら体もあれなんで、準備は出来てました(笑)」

――考え得る様々なことを想定して、受け入れられるように

「そうですね、大槻さんはいつも『全てを想定内にしろ』と言うので。想定内にできてました」

――3連休はどのように過ごしていましたか?

「まぁ基本、実家で過ごして、オフ2日目は友達と軽井沢行って、サイクリングしたり、ショッピングしたり、すんごい充実した1日を過ごせました」

――みんな学生?

「そうですね、みんな授業がなかったみたいで」

――集られなかったですか?

「けっこう昔からの友達なので、全然関係はできていますので(苦笑)」

――ではそんなに出費もせず

「そうすね」

――気も使わずで

「そうですね、楽です」

――きょうは練習前にミーティングがあったようで

「前節の振り返りですね。戦術の話であったりとか、全体で共有できたかなと」

――ご自身が活かせそうなこととしては

「個人的な映像も出てきたので、客観的に見ても変えなくちゃいけない部分っていうか、凄い、映像を見たら伸びしろしかなかったので、川崎戦はあんまり手応えがなくて、あんまり映像とかを見たくなかったぐらいけっこう悪かったなと思っていたので、でもしっかりとちゃんと見て、ちゃんと悪いところと向き合うことができて良かったです」

――どの辺りが

「なんか、動きだけ見たらあれなんですけど、チームとしての戦術があって、それに対して自分のタスクがあったので、自分へのタスクが表現できなかったという部分があって、凄い・・改善できると思える部分があります」

――求められていたことは

「マルちゃんと同じでスピードとパワーを活かしたプレーっていうのをタスクとして言われていて、でもちょっとなんか、やろうやろうという気持ちが多分、焦りにつながって、凄い無駄な動きをしてしまったりとかが凄かったので、自分の行きたいところに行っちゃったりとかっていう部分で」

――左から右へと斜めに走る動きなど、意志は伝わってきていて

「まぁタイミングが合えば多分良いと思いますけど、それよりやっぱ縦に走った方がスペースもいっぱいありますし、でもちょっと右で受けたいっていう自分の考えっていうか意志が多分、凄い出ちゃったので」20190606_110252-

――きょうの練習の中で印象に残っていることはいかがですか

「まあ、立ち位置の部分で、間があって、立ち位置ひとつで相手の動きを止めたりずらしたり出来るっていうところで、そこは大槻さんらしいというか、ひとつひとつ動きだとかを細かく言ってくれるので、凄い理解しやすいですよね」

――間隔が空きますが、自分が引っ張っていくぐらいの気持ちで

「一番若いし、どんどん暑くなってくる中で、やっぱ自分のコンディションやキレ、スピードっていうのはやっぱ、より一層武器になると思うので、そこで自分の力を最大限チームに還元できるように、毎日良い準備をして、自分の武器を意識したプレーをどんどん出していきたいと思います」

――U-20日本代表も頑張っていたので

「そうですね、見ましたけど、惜しいというか、ギリギリの戦いでしたね」

――荻原選手は来年

「レッズで出ていたらどういう可能性があっても全然不思議でないので、試合に出たらまた違う景色が見えると思うので、今はまだ絡めていないですけど全然、まずはそこに絡んで自分の良いプレーっていうのをどんどん出して行きたいと思います」

――カミソリパス、シュート、タックル、よろしくお願いします

「ありがとうございます!」

荻原選手のインタビューは、このあと19時(再放送は23時)からの〈You’re The REDS〉でお届けします

では

 

5月9日 「凄いサッカー純粋に楽しめた」&「荻原拓也っていう存在価値を」

どうもです

昼はやや暑くて、夜は肌寒くて

となると、この時期はきょうの練習開始時間ぐらいが一番過ごしやすく感じられます 20190509_153905-20190509_153909-ブリーラム戦2日後、名古屋戦3日前の練習は、午後3時頃に始まりました

ブリーラム戦スタメン組はリカバリーで調整

それ以外のメンバーは8対8のゲーム形式を中心としたメニューで実戦感覚を養います

ファブリシオ選手は右足での鋭いシュートをネットに突き刺すゴラッソ!

全体練習は、夕方5時頃に終了しました

20190509_155929-

◇◆◇岩波選手◇◆◇

――タイの遠征はいかがでしたか?

「そうですね、勝ち点3を持って帰ってこられたので凄いポジティブには捉えています」

――あの暑さはどうでしたか?

「久しぶりにああいう暑さでプレーしましたけど、きつかったなという印象があります。けどACLで戦えているっていうか、ACL独特の舞台というかでやれているのは凄い良いことだと思うし、何とか苦しい試合になりましたけどまあ勝ち点3取れたのは良かったし、良い状況をホームに作れたのは良かったとのかなと思います」

――早めに点を奪えた部分だとか、今後へポジティブに持ち込めそうな部分っていかがですか?

「相手の守備のやり方が、まあひとつの理由ですけど良いボール回しが前半からできて、久しぶりにこう良い感覚というかボールつないでいく感覚はチームとしてできたので、点が入ったこともそうですけど、凄いサッカー純粋に楽しめたというのがあります。けれども失点の部分はね、少しミスからやられましたけど、なんとかできたなっていうのも個人的にもあるし、そこは切り替えてやっていくだけかなと思います」

――ペドロ ジュニーオール選手の実力は知ってはいたでしょうけど、あの隙間を決められるのはACLらしさなのかなというか

「そうですね、決めるとしたらペドロかなというふうには思っていたので、そこにやられたのは少し残念というか僕も一緒のチームで戦ってきた仲間だったペドロにやられたのは少し悔しいですけど、あのあとすぐに点を取れたっていうのもまた良かったと思うし、なかなか点がなかった武藤くんとか得点ができたっていうのは武藤くん自身も凄い乗ってくると思うし良かったのかなと思います」

――前半のうちにユニフォームを替えるのは予定通りだったのですか?

「いや、まあ後半試合終わってからっていう話はしていたのですけど、前半が終わってペドロが近くにいたので、そのタイミングの方が良いかなと思って多分ペドロもペドロから言ってきたのでタイミングは僕自身凄く嬉しいし、ペドロとは神戸でも凄く仲良かったので、ああいう舞台で戦えるのは凄いなにかこう感じるものがあったかなと思います」20190509_151718-

――先ほどからチームのこととかよくわかりやすく語ってくださって、改めて岩波選手は良い人だと思います。メンバー表を見たときに岩波選手の名前が目にとまって「頑張れ!」っていう思いで勝ちに結びつけられて良かったです。ご自身はどのような思い出ピッチへ?

「今は凄いもどかしいというか、悔しい気持ちはありますけど自分自身なんとかメンタル的にも耐えている部分もあるし、自分がこう悪いプレーが続いている中で出られていない状況ではないので、そういう意味では少しポジティブに捉えつつ、チャンスを伺っている状況ですけど、出た試合は必ず勝ちにつなげないといけないし、そうやってやり続けることが、またポジションが自分に戻ってくるチャンスなのかなとは思っていますし、それでも自分の中でまだまだ色んなことを考える部分もあるし、それは選手としてはつきものなので、とにかく結果を出せるように準備するだけですし、自分もひとつ歳を重ねてふたつ歳を重ねて、こういう状況が理解できる状況になってきたし、そういう意味では次のチャンスをまた待ちたいなと思います」

――次、名古屋も強力なフォワードがいますけど、負けじと

「そうですね、名古屋は今年凄い良いチームですし、間違いなく優勝争いをするチームだと思いますし、今までは良い選手がいるものの守備でやられたりとかもありましたけど、今は本当に守備も良い選手が入って、ボランチも今年から入ったふたりですけど、凄い良い選手たちですし、強力な外国人がいるのでまあそこは難しい試合になることは間違いないと思いますし名古屋は得点力があるチームなのでどれだけウチの守備陣が耐えられるかが勝負のカギかなと思います」

――勇気をもらえましたけどまだまだできると思っているのでこれからもっと楽しみにしています

「そうですね、まだまだやらないといけないと思います。ありがとうございます」20190509_151722-

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――よろしくお願いします

「よろしくお願いします」

――シャープな感じの髪型からも決意が

「いやーちょっとやり過ぎたっていうのがあるんですけど、まあ自分の中でタイミング今だなと思って験担ぎとしてやりました」

――そのタイミングとか験担ぎ、どんな背景が?

「まずはU-20ワールドカップのメンバーに入れなかったっていうその部分と、やっぱ今チームで久しぶりに試合に出られたり少しづつ積み上げられている中で、流れに乗りたいっていう気持ち込めて形に見えることをしました」

――シャキットしてて

「今後もっと色は変わっていますけど」

――多彩さがキックにも。七色の左足というか

「んー、この前の試合はファーストタッチでしたけど、あれを決められたらまあ持ってるなじゃないけどいやー決めたかったです」20190509_165646--

――ただあのようにして出た試合でインパクトは残したと思いますけど

「久しぶりに試合に出られた中でどうしても爪痕を残したかったですし、荻原拓也っていう存在価値をあのプレーで少しは見せられたかなと思います」

――そこで気合い入りすぎると空回りしてしまうところを、上手くその辺りバランス良くというかできたのではないですか?

「そうですね、1点差で残り僅かで決めにもう1点取るというより、守りきるっていう方がタスクとしてあったと思うので、あそこで変に前に出てボランチのスペースを相手に渡してしまうっていうのは凄いリスクがあるプレーなので、あんまりそういうふうに出て行かず、気持ちを抑えて勝利を持ってこられたかなと思います」

――ずっとなかなかベンチにも入れずっていう中で、いろんな思いを抱えながら努力は重ねていたかと

「そうですね、ベンチに入れなかったりケガしたり今シーズン思うように試合に絡めない部分はあったのですけど、その中で練習でやれることもありますし、練習から常にアピールした結果が、おとといみたいに出たのではないか思うので、これを続けてもっともっと試合に絡めるように頑張りたいなって思います」

――その辺りで自分だかからこそ出せるところってどうですか?

「自分しかできないプレーっていうのは絶対あるのでドリブルで1枚2枚を剥がしてシュートを打ったりゴールに直結するようなプレーだったりができたら一番嬉しいですけど、チームに貢献できるプレーをしたいなと思います」

――そういう意味で名古屋とのアウェイっていうと、スタジアムが違えども思い出深いゲームかなと思って期待も込めて今マイクを向けていて

「凄い懐かしいですけど、まあ名古屋アウェイであのときみたいに躍動できたら、別に点決める点決めない関係なくまずピッチに立ってチームのために走りたいなと思います」

――では改めて今後への抱負をお願いします

「まずはしっかり試合に出てゴールに直結するようなプレーっていうのをどんどん出していけるように頑張りたいと思います」

――ちなみに何色ってオーダーしたのですか?

「シルバーアッシュっていうちょっとシルバーがかった色頼んだのですけど、まあパープルをちょっと入れた方が良いってなってて、ちょっとチームメイトからは・・・って言われていますけど、どんどん色抜けて良い感じにはなると思います」

――髪洗ってたくさん拭いたりすると変わっていくので、だんだん金ぽくなっていくかな

「そうですね、1回ブリーチして髪の色バッて抜いたのですぐ、金髪になると思いますけど、それはそれでイキらせてもらいます」

――輝き続けてもらえれば

「はい、ありがとうございます!」

20190509_165652-

岩波選手と荻原選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

RED A LIVE 2018.12.1 VS F.C.TOKYO

☆浦和レッズ戦を実況生中継!

埼玉スタジアム2○○2で行われる、明治安田生命J1リーグ 第34節「 浦和レッズ 対 FC東京 」の模様を実況生中継します。

RED A Live 2018・・・12月1日(土) 13:30~16:45

20181130_113207-

◇◆◇李選手◇◆◇
――リーグ最終節が迫りましたば、心境としては
「いやー、今年のJリーグが終わるんでね、ひとつでも上の順位に行ければなと思いますけど」
――早かったですか?ここまで
「そうですね、監督2回も変わるんでね、はい大変でしたけど」
――ただひとつ、チームとしての形もできてきて、手応えもあるのでは
「まあね、今年は怪我無く過ごせたことは良かったと思うし、チャンスは少なかったですけどね、出た試合出た試合結果出せたんで、まあ最後もね出たら結果出したいです」
――そのためというか、先ほどはピッチ上でダイナミックなダッシュを反復していて、状態も良いのでは
「いやあ全然、普通に走っているだけですけど、まあ誕生日も近いんで12月に点を取りたいですね」
――FC東京
「いやぁもう、古巣だし凄くお世話になったところなのでサポーターのみんなもね僕のことを知っている人も多いので、まだ応援してもくれているし凄くゆかりのあるチームなのでとても楽しみにしていますけれど」
――そういう中、あすはいくつかの部分でメンバーが入れ替わる可能性もあるかと思いますが、大事にしたいことは
「出たらね、チャンス貰った選手は結果出してアピールするしかないんで、やはりね、チャンス欲しくても貰えなかった選手もたくさん出ると思うんで出たらね、その気持ちを晴らす舞台になると思うんで、結果で示さなきゃなと思いますけど」
――チームとして大切にする部分は?
「もう楽しむことじゃないですか。今年の埼スタJリーグラストだしサポーターの人達もしばらくは埼スタでのレッズのJリーグ戦は見られないんで、凄く楽しみにしていると思うんで、埼スタの中でサッカーができる、サポーターの人達もみんなと一緒に喜びを共有できるっていうのが、埼スタでしか日本はないと思うんで、あそこまで多くの人達と楽しんで勝てれば最高ですね」
――平川選手とありがとうを伝え合う場でも
「『胴上げ何回?』って聞いたら、『300何試合出たから300何回やって』と言われて、『サポーターも一緒に手伝ってもらわないとダメですね』と言って、彼ずっと飛べるのかなとそっちが心配になりました」
――この間の練習試合では平川選手から良いクロスが飛んできて、李選手が頭で合わせて決めたので、イメージはバッチリじゃないですか?
「ヒラさんも出ると思うと思っていますし僕は、そのとき僕が出ていればアシストから最後のゴールを決める人でありたいですね」
――改めて平川選手のプレーを見るとき、どんなところを良いところとして楽しみにすればいいですか?
「もうクロスのセンスっていうところ。サイドのスペシャリストっていうのは今はこういう用語使わないんですけどやはり『クロッサー』っていうのは彼のセンスを見られると思うし、やはりいぶし銀のディフェンスの距離感であったり、バランスっていうところは凄く頭使ってやっているなといつも思うんで、ボールが無いところでもそのプレー見ていれば、この人こんなことを考えながらやっているんだろうなというのを見られるんで楽しいと思いますけど」
――李選手のゴール、楽しみにしています。
「はい。頑張ります!」20181130_114720-◇◆◇荻原選手◇◆◇
――暖かい中での練習となりましたが体を動かしていかがですか?
「まあ、軽いッスね。いつもより。凄い良い天気で良い気分でできています」
――ルーキーとして1年やって来ましたけれども、あすがリーグ最終節
「まあもっともっと試合に出たかったのが正直な気持ちなんですけど、それでも最後チャンスが来て、チャンスが来たら結果残して最後勝利で終えて、ヒラさんの引退を良い形でできれば良いかなって思います」
――メンバーの入れ替えもあるかと思いますが、昨日のミーティングでは
「まあ具体的なまあそうですね、分析はあったんですけど、自分が出るとしたら相手は室屋選手あたりがマッチアップになると思うんでそこで勝てれば自分にとっても大きな自信にもなるしチームとしても大きな収穫になると思うんで絶対に負けたくないと思います」
――FC東京と言うと昨年のクラ選決勝で悔しい思いをした相手ですし、相手に荻原選手の同級生も沢山いますから負けたくないという思いは人一倍強いんじゃないですか?
「そうですね、懐かしいですね!・・・負けたくないです」
――平川選手とのリーグ戦というのも最後ですけれども、どうですか思い出とか、こんなことを言われて印象に残っていることはありますか?
「1年間しかできなかったですけど、直接言われるっていうかヒラさんの背中というか、サッカー選手としての鑑っていうのを見せられたと思います」
――若い頃からストイックにやって来て、17年ですよ、どうですか荻原選手も
「凄いですね。自分もやってみたいです。もっともっと17年、20年くらいやりたいですね」
――サポーターに向けてメッセージをお願いします。
「何としてもまず次のJリーグのFC東京戦で絶対勝てるように自分自身もそうですけどチームとして絶対負けないとか戦う姿勢を表現できれば良いかなと思います」
――2009年から昨年まで最終節2勝1分け6敗なんで、サポーターも笑って帰れていないんで笑って帰られるように
「そうですね、絶対に勝ちたいです」20181130_113535-

Come On!REDS・・・12:00~12:55
REDS After The Match・・・18:00~19:55

20181019_202801-協力

【 社会福祉法人まあれ愛恵会 大成たいよう保育園 】

 ユナイテッド・インシュアランス 】

【 ケンタッキーフライドチキン 】
120205_150003_Mこれに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
休止:ミューアのMUSIC LUNCH/AKANE の Catch The Music!

11月21日 「こういう状況だからこそ」

どうもです

湘南戦3日前のきょう午前、チームはゲーム形式を行うなどして準備を進めました20181121_113317-

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――きのうもお疲れ様でした。また自分を見つめ直す良い機会になったんじゃないですか。

「そうですね、あの初めてだったんで小学校訪問するの。今までは逆にそういった人達が来て自分が受ける立場だったから、自分がこうやって小学生に伝える側になったんだっていうの改めて実感しました

――夢を伝える立場でありながら、荻原選手もまだこのあと沢山叶えられそうな夢が待ってて羨ましい

「そうですね、あのどっちかっていったら一緒に夢に向かって頑張ろうっていう風に言えた立場だったんで、これからも自分もっと頑張んないとなと思いました」

――生きてるうちに自国開催のオリンピックが何回もあるわけではないでしょうし、その中で出場が狙えるタイミングに

「そうですね、あのまぁ簡単なことではないんで今からもっとレベルアップしていかないと叶えられる目標ではないんで。今から2年後逆算して毎日毎日しっかりトレーニング出来たらと思います」

――逆算の意味で、まずはきょうのトレーニング、いかがでしたか

「まぁ、練習終わった後もあぁやってエクストラのトレーニングを設けてもらって少しずつですけどまぁ成長していってる実感はあります。まぁ逆に無かったら、《え、無いの!?》くらいなんで。まぁ、あると思って常に。まぁ、準備はしてます」

――量より質でもあり、質より量でって前に分かりやすく表現してくれましたけど、なんかって時に凄いパワーが出てとか、ふとした時に気付くんですよね、きっと、その成果は

「そうですね。ま、すぐには出る成果じゃないんで。まぁ、これが数ヶ月後、1年後って大きな単位で変わっていければ良いのかなって思います」

――きょう言われてたことは何ですか?

「まぁ、最後のシュート練習なんかはとにかくボールのインパクトを、しっかり足にボール当てるとか。あとボールの置き位置とかそういうことは言われてま」

――荻原選手って、ゴール前でも回り見えてるじゃないですか。ファブリシオ選手にアシストしてたシーンがそうであるように。あとは自分でシュート打ったときの質が高まればもう2、3点いけそうな

「そうですね、結構少ない時間ですけど意外とチャンスあったりしてそん時に決められたらもっと出場機会を増やせることは出来るだろうし、まぁ数字に出る結果を僕は求めていきたいなって思います」20181121_113258-

――次、出られない選手もいるっていう中で、また一丸となって戦うところで意識としていかがですか

「まぁ、僕自身ずっとサブで準備してきてこういう状況だからこそやっぱチャンスっていうのは可能性高いですし、いつでも出られる準備をしていきたいなと思います」

――湘南の印象っていかがですか

「まぁ、とにかくハードワークっていう。後全体的に年齢層も若いですし、すごいフレッシュさあるチームだなって思います」

―意識する選手とかいますか?

「まぁ結構年代別で一緒にやってる選手とかもいるんで。ま、ボランチの齊藤未月選手とかまぁ意識はしますね。ウメさん、僕は一緒にやってないですけど、ずっとユースの時から見てた選手なので。凄いドリブルのキレで、あと点にも絡めるし、凄いですね」

――梅﨑選手は、両足そん色なく蹴られてっていうのが

「そうですね。両足シュート上手いですからね。クロスも上げられるし。そういった意味では見習うところは沢山あるなと思います」

――きょうは居残りで右のボレーも

「全然当たんないっす・・右・・」

――これからですよ

「はい(苦笑)」

――少し早いですけど誕生日おめでとうございます

「あっ!ありがとうございます」

――良いタイミングで試合が来たのでそこでもかなりモチベ上がって

「そうですね。出たいですね。自分でバースデーゴール決めたいですね。試合出たらとにかくあの勝利に貢献出来るように自分は、まぁ、数字に見える結果もそうですけどやっぱ見えない結果もあると思うんで、まぁ両方取っていきたいなと思います」

――では10代最後の一年、良いスタートを期待しています

「ありがとうございます!」

荻原選手のインタビューは、このあと19時からの〈You’re The REDS〉でもお聴きいただけます

では

 

11月6日 「大原がめちゃめちゃ落ち着きます」

どうもです

オフ明けのきょう、練習は午前10時に始まりました

室内トレーニングを終えた選手たちは、午前10時30分頃、ピッチに姿を現します

その後は主にサイドでのトライアングルでの連携を経た、センタリングシュートを反復 20181106_112000- いつもと少し違うのは、ペナルティエリア内にディフェンダーが2人いたこと

そこに対し、3人の選手が飛び込み、フィニッシュへ至ります

その後はサイドに1人、ペナ内にもう1人守備役が加わることに

「しっかり強度を上げよう!」(オリヴェイラ監督)

槙野選手の気持ちのこもった守備、岩舘選手の良いポジショニングと的確な反応でのセーブなどが、雰囲気を盛り立てました

午前11時45分頃からは、オフェンス組とディフェンス組が分かれ、追加で専用メニューを実施20181106_113236-雨足が強まったお昼の12時を過ぎても、集中した様子でのトレーニングは続きます

締めには”バー当て”も行われ、練習はお昼の12時25分頃に終了しました

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――おかえりなさい

「ただいまっす!」

――こっち帰ってきて早速、フルスロットルで

「いやぁ、まぁ久しぶりに埼玉帰ってきて凄いやっぱ落ち着きますね。はい、大原がめちゃめちゃ落ち着きます」

――何がそんなに

「やっぱ周りのスタッフや先輩がいて、優しいし、グラウンドの雰囲気が好きなんで。なんか、やっぱ落ち着きますね、最高です!」

――サイドで3対1の局面になったときも、すごい頑張っていて、それもこの雰囲気だからこそ

「そうですね。なんかキツイですけど、練習楽しいですね。こっちの練習は」20181106_113446-

――で、あちらでも色々な経験してきたと思いますけど振り返っていかがですか

「まぁ、思ったより試合に出ることは出来なかったですけど、でもその中でもそれが大事な経験になるようにこれからもっと頑張りたいなと思って。試合出られないとやっぱ出たいって気持ちがあってイライラしたりとかすると思うんですけどそうじゃなくて、チームの為に出たときに活躍出来るように良い準備をしてやるってことを意識してやってます」

――その気持ちのコントロールってどのように

「まぁまずはそういったなんか、悔しいとか試合に出たいとかそういう気持ちは持って当然だと思うんで。まぁ持って当然って思いながら、でも長いスパンで自分が上に行くために考えたときにそういう今伏せってる場合じゃないなみたいな、思ってやってます」

――そういう気持ちを味わうことでねまた良い方向に、糧として

「そうですね。まぁ、今までそうだったんで。今までとなんら変わらないかなって思います」

――実際ピッチに立ったときに得られた手応え、ここをもっとって感じられたこと

「まぁやっぱり、僕の特徴である攻撃って部分で初めて試合に出たときはそれはアシスト出来たんで。それは良かったと思うんですけど。まぁ、守備の面でポジショニングだったりとか、前とのコミュニケーション取るとかそういった課題が多く出たので、守備の所を早く改善したいですね」

――にしても、最低限のノルマではないですけど世界への切符は勝つことで手にしました。それは大きい

「そうですね。それが第一の目標だったんで、優勝は出来なかったですけど次につなげることは出来たんで良かったかなと思います」

――世界大会ってところでどんな楽しみがありますか?

「ん~・・世界に自分を知ってもらえるっていう。そういったチャンスだと思ってるんで。世界大会は初めてなんで。どんぐらい自分が通用するかっていうか、通用するか試すんじゃなくて通用した自分を見据えて今から頑張りたいなと思ってます」

――その世代でナンバーワンのレフティーであるように

「そうですね。ま、左利きのキックは自信あるんで。さらに磨きかけていきたいなって思います」

――レッズではオリヴェイラ監督も「荻原選手いれば」って先日もコメントしていました。終盤戦が待っていますけれども、抱負をお願いします

「ま、リーグあと少ないですけどまず自分は自分が試合出たときにチームにプラスになるような立ち振る舞いとプレーをしていきたいなって思います」

――いいですね、その“立ち振る舞い”っていうのが新人ながらそういうことまで意識出来てる

「はい、そうっすね(ニヤリ)頑張ります」

――おめでとうございます

「ありがとうございます」20181106_122607-

荻原選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では