タグ別アーカイブ: 荻原選手

9月19日 「あの勝ち点3を取ったっていうことは素晴らしかった」&「野心しかないっすよ俺は」&「決してそういう選手に負けるつもりは無いです」

どうもです

爽やかな晴天の大原

オフ明けのきょう、神戸戦を4日後に控えた練習は、サマータイムから切り替わり、午前10時頃に始まりました

室内調整を終えた選手たちは、午前10時40分過ぎ、ピッチに姿を現します

ステップワークやボールを使っての基礎練習を経て、午前11時15分頃からは攻撃の連携確認へ

「ゆっくり進めよう」とオリヴェイラ監督

ハーフラインでのパスで始まり、サイドでのトライアングルの関係性からクロスを送り、フィニッシュまでの流れを反復します

相手役はゴールキーパーのみでした

初めは指定されたパターンでのパス交換でしたが、途中からは「色んな動き、コンビネーションを入れてみよう」と監督が指示を出した通り、途中からは選手間でのアイデア送出も求められます

長短のパスと強弱のリズムを織り交ぜ、力強く、鮮やかに、時に閃きのプレーで意思の疎通を図る選手達

集中した様子での練習は、お昼の12時頃に終了しました20180919_111155-  ◇◆◇柴戸選手◇◆◇

――F・マリノス戦、ベンチ入りしてあぁいう雰囲気で勝利を掴む中で、ベンチに入って感じられたことが多かったかと

「そうですね、まぁなかなか難しいゲーム展開でしたけど、あぁいうところで勝ち切る力っていうのが、中断期間通してオリヴェイラ監督がやってきたことっていうのが段々出来るようになってきた部分だと思うんで、そういうゲームで勝ち点3取れるっていうのはすごい大きいですし、今後の戦い方にも影響してくると思います。まぁ、あの勝ち点3を取ったっていうことは素晴らしかったかなと思います」

――F・マリノス戦に至るまでの練習が、凄く良い雰囲気だったじゃないですか、一丸となっていて。そこまできっちり突き詰めれば勝てるんだっていう成功体験みたいなものもチームとして得られたのかと

「そうですね、あの、練習からの雰囲気も良かったですし。試合前だったり、試合中の雰囲気っていうのもハーフタイム含めてチームとして動くか、一体感を感じたので。そういう雰囲気っていうのを逆に作り出せるようになれれば、勝ちだったり負けっていうのを無くして、勝ち引き分けっていう勝ち点を取れるようになってくるのかなっていうふうに思います」

――そういうの絶対、柴戸選手にも良い形につながるだろうから、良かった

「そうですね(ニコリ)」

――翌日の練習試合は、大学生が相手というところで

「まぁ、自分もアピールしてJリーグだったり公式戦出て行かなければならない立場なので。そういう練習試合っていうのは、まぁ強くアピール出来る場面ですし、相手関係なく自分がどこまで出来るかっていうのを出していかなければならないなというふうに思った中で出せた部分と出せなかった部分とあるので。そういう部分を踏まえながら、今週また1週間練習してメンバーに入る、入らない関わらず常に成長していけるようにしていきたいなと思います」

――その上で、今度はイニエスタ選手と同じリーグでの敵として対峙出来るっていう楽しみ

「世界トップレベルの選手が、こういうふうにJリーグに来て実際対戦できるということ、本当にこういう機会っていうのもなかなか無いですし、世界がどこまで自分と離れているかっていうのを自分の中でしっかり見ていきたいなと思います」

――柴戸選手は体が強いので、1回でもボール奪うぐらいの、チャレンジ出来る機会があれば

「そうですね、もし出る機会があれば失う物は全然ないので、どんどんチャレンジしていきたいです」20180919_113213-◇◆◇荻原選手◇◆◇

――きのうのオフまでは、けっこう疲れも溜まっていたかと

「まぁ、オフ無しで2ヶ月くらいずーっとやってて代表も間に入ってたりとかして試合もずっと絡んでた中で疲れは溜まりますしそういった中で、昨日は、まず一昨日に実家に泊まって、実家帰って、で、ずーっと午前中寝て。で、午後はちょっと買い物したり、あと体のケアしたりと時間を過ごしました」

――やっぱりお家のご飯は落ち着きますか?

「落ち着きますね、もう、美味しいです」

――何が出たんですか?ちなみに

「いつも、オムライスです。オムライス作ってもらって、アサリの味噌汁に…俺、サラダはいつもコールスローって決まってるんですよ!コールスロー食ってって感じっすね」

――家族の人が作ってくれたっていうのも、また原動力になる

「そうですね(ニコリ)」

――F・マリノス戦も、比較的アウェイに近い状況でありながら向かっていく姿勢っていうのは観ていて凄く“気持ち”を感じました

「そうですね。あの試合は勝てたのはデカイですし、自分の中でも半分試合に出られて。まぁ、ミスもありましたけれどチャレンジする姿勢というのを見せられたのはかなり大きかったなぁと思います」

――チャレンジしないと成長出来ない

「そうですね、やっぱチャレンジしないで終わるっていうか、ミスが続いたときにそのミスを恐れて止めたら、そのミスって形だけで終わっちゃう。すごい、絶対成功させないと、と自分の中で思うんで。2回取られて、その後長いドリブル仕掛けてシュートまで持って行けたんで。良かったかなと言うふうに思います」

――遠征で、同世代で触発された部分とかありましたか、メキシコ

「あの遠征は、自分の中でちょっともどかしい気持ちで終わった部分があって。すごい、コンディションも上手く調整出来ずに、自分の良いプレーっていうか得意なプレーを出せないで終わったっていうのがあってこっち戻ってきたんで。すごい、F・マリノス戦に対して自分の中での意気込みっていうのはいつも以上に強くて」

――それがあったから、より後悔のないように

「そうですね。もちろん、コンディションはね完璧とは言えなかったですけど、帰ってきてすぐだったんで。それなりに、自分の中でやらなくちゃいけないことっていうのを整理して。自分が出来ることっていうのを整理して、やってったんで」

――なるほど、そういったストーリーが

「はい」

――次、注目を集めている神戸で、かつ5万人を超えるACLの雰囲気とかも覚えてると思いますが、サポーターも良い空間を作ってくれると思います。意気込みをお願いします

「初めてのそういう埼スタの雰囲気だと思いますし、そういった中で自分が活躍したら更に自分の株、期待も高まりますし。そういうチャンスなんでね。そこ掴めるかどうかっていうのはかなり大きいと思うんで。狙っていきたいですよね、ゴール」

――野心を大事に

「野心しかないっすよ俺は!」20180919_113215-◇◆◇橋岡選手◇◆◇

――オフも明けて、きょうは非常に心地よい天気の中でのトレーニングでしたけどいかがでしたか?

「勝った後の練習ですし、本当に次への良い準備っていうのを今やっている段階なんじゃないかなと思います」

――かなり反復しましたけど、攻撃の形を

「まぁ、色んな形を練習することで、試合に活かせればいいかなと思ってます」

――その前ですけれども、中断期間はかなり忙しく橋岡選手個人は過ごしたと思いますが、F・マリノス戦を振り返って

「いや、もう忙しいことは本当に嬉しいことですし、幸せなことですし。ま、そこでまた一段階成長出来るということは自分自身プラスなことですし。まぁ、F・マリノス戦で試合に出れたことも良かったですし。でも途中交代っていうのも、足がつっちゃったんでしょうがないっちゃしょうがない。それも含めてあぁいう準備出来たら、まぁもっと出来たと思いますし、90分出れたと思いますし。自分自身もそんなにコンディション的にはプレイ的には良かったと思いますし。ま、その中でやっぱ足をつっちゃったっていうのは、まだまだ若いし、プロとしてはダメなのかなとは思ってます」

――その前のメキシコで学んだこと

「そうですね、センターバックやって、自分たちの世代の中で自分たちが引っ張らないといけないっていう中で、そういうところでポジションは違えどもともとやってたポジションですし。でもまぁ、そこでまた新たに視野の、自分が見ないといけないところだったりっていうのは広がってきたんじゃないかなと思ってます」

――次は神戸戦で、チームとの対戦ではありますが、あそこまでのビッグネームと対戦出来る楽しみもあるかと

「まぁ、イニエスタ選手だったりポドルスキ選手だったりっていうのは本当に世界的に有名ですけど。そういう選手がいることは本当に光栄ですけど、決してそういう選手に負けるつもりは無いですし、本当にビッグネームであろうが関係ないですし、自分はいつも通り目の前の相手と勝負して、チームが本当に勝てれば僕自身はそれでいいですし、自分のプレーも含めて良いプレーもしたいです。チームに貢献できるようなプレーが第一だというふうに考えているので、チームに貢献できるようなプレーを、コンディションを作ってやりたいなと思っています」

――5万人を超える埼スタでプレー出来る、ついにというか、そういう感覚っていうのがこっちも楽しみですし、ご自身お気持ちいかがですか

20180919_122510-
「もうちょい待ってください」(森脇選手)

「本当にサポーターの皆さんに支えられているところもありますし。その満員の中で絶対に勝ち点3というのをプレゼントしたいと思ってます。そうやってイニエスタ選手だったり、ポドルスキ選手が来るっていうのもあるかもしれないですけど、毎回そのように5万人入るようなクラブになれば、本当にみんながもっと力を発揮出来ると思うし僕自身はもっと、やっぱサポーターの後押しも含めて自分自身のプレーも発揮出来ると思います。なので、こうやって5万人の中でやれることは本当に幸せなことだと思っています」

柴戸選手、荻原選手、橋岡選手のインタビューは、23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

 

8月28日 「凄いっすね、改めて思うと」

どうもです

オフ明けのきょう、練習は午後4時に始まりました

名古屋戦スタメン組は室内調整

それ以外のメンバーは、室内トレーニング→ピッチに出てのステップワーク→パス&コントロール→4対4のゲーム→シュート練習といったメニューを実施

全体練習は、夕方5時50分頃に終わっています

リハビリ中のナバウト選手は、軽くボールを蹴っていました!

20180828_170744-

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――最年少が一番重い荷物を持つ

「これでも手伝ってくれる(柴戸選手と茂木選手)のがありがたいです。全然、持ちます」

――きょうもかなり追い込んでいるようでしたが、トレーニングを振り返って

「ですね、約1週間空くときは、ジムトレーニングがあるので、そこでしっかり体を鍛えて、それでグラウンドではボールを使ったフィジカルじゃないですけど、けっこう体に来るようなメニューが組まれた中で、日々成長を感じますね。自分は攻撃の選手と思っているので、高い位置で良い守備ができれば、良い攻撃にもつながるし、きょうはゴールとゴールの距離が短かったので、直接ゴールに入るシーンとかもあったりして、手応えというか、ありますね」

――名古屋戦でも惜しいシーンが

「いや~本当に決めたかったっていう限りで、まあ、けっこう思ったのが、積み重ねなので、ああいうシーンも、実際にサッカー人生で、公式戦で初めてじゃないかっていうシーンが毎回プロに入ってから生まれているので、ユース時代も守備をずっとやっていたので、あんなペナ内に入るシーンとかもそんなになかったので、そういった中で“次は”とポジティブに捉えているというか、次は絶対に決めるって思って、あのミスは捉えています」

――走ったところにぴたっとゴールが来るプロならではの感覚などは気持ち良いのでは?

「そうですね、凄い気持ちいぐらいにピンポイントでボールが入ってきたりとか、凄い良い状態で入ってくるっていうのが当たり前のように起こるので、凄いやりやすさというか、いらないところに気は取られないですね」

――ご自身もそういったパスを出すセンスがある

「普段、良いボールをもらっているので、サイドでクロスとかもピンポイントで入れられる自信はあるので、試合中で出せれば良いかなと思います」

――誰へのアシストとかは特にないでしょうが、李選手のゴールを演出したい気持ちが強いのでは?

「そうですね、チュン君ってけっこう、パッと中を見たときに一番目立つんですよ。わかんないすけど、そういうのが凄いあって、ルヴァンとかで一緒にスタメンで出たときも《あそこピンポイントで出せれば》ってシーンが何回もあったんですよ。そこを追及していけば良いと思いますし、チュン君からも直接、『あのシーン、あそこ俺にピンポイントだったら結果出せるから、俺の価値も上がるしお前の価値も上がるし』みたいな話もあったので、凄いアシストしたいですね」

――理由として、いつも練習で励ましの声をもらっているのが聞こえてくるので。きょうも「オギ頑張れ!」と

「自分は若いんで声を出して、恥ずかしさとかないんでね、チームに溶け込めているし、凄いおっきい声を出して…『お前いるのか!?』(李選手)『いまーす!』(荻原選手)みたいな感じなんで(笑)楽しく、厳しい練習を凄いメンタル的にポジティブにやっているので、それは良いことだと思います」

――U-19に選出されました

「まあ、うん。次の最終予選が控えているので、その中でも今回呼ばれて、凄い嬉しい気持ちが強いですね。リーグが中断している中で、自分が行くわけなので、差をつけられるじゃないですけど、凄い日程は正直ハードですけど、成長という意味では最高ですね。フルで試合をすることがあまりないので、そういう意味ではサッカー勘を取り戻すじゃないですけど、90分の体力をつける目的も持って行きたいですね」

――同じ世代では、レディースの選手が世界一に

「そうですね、けっこうレッズレディースから行っている選手もいて、けっこう知り合いで、同級生とかもいるし、一個上も知っている人がいて、凄い嬉しいし、頑張ろうってこっちも思います」

――同い年の高橋はな選手が一番コミュニケーション取る機会の多い存在?

「あーー!小学校から知り合いっていうか、トレセンとかでなぜか女子と男子が一緒にやってたんすよね、一回。なんかそれで一緒でそこからジュニアユース、ユース、レッズと一緒だったので、話したりとか、会ったら普通に話す感じですね。凄いっすね、改めて思うと」

――どんな声をかけたいですか?

「いやもう、普通に『おめでとう』って言いたいすね(ニコリ)」

――次はセレッソ戦

「次、途中から出て、自分の力で結果を持ってこられるように、常に良い準備をして試合に向かいたいと思います」

荻原選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

 

8月7日 「とにかく回数ですね」

どうもです

オフ明けのきょうは、午前中にトレーニングを実施

ポジションや出場時間によって各選手が用意されたメニューに取り組み、コンディション調整を行いました20180807_105017-

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――昨日のオフはどうのようにして過ごしましたか?

「昨日は、撮影をして、ご飯を食べに行って1日が終わりました」

――髪もそれに合わせてすっきりした感じですか?

「切ってないですけどね。横だけ、自分で刈ってるんで」

――何㎜ですか?

「6ミリです」

――ちょっと消極的

「いつも、やってもらうときは3㎜なんですけど。まぁ、いっかなぁっていう位、、痛い!(榎本選手の襲撃を受ける)哲さん、痛いっす!」

――きょうは涼しかった

「そうですね、今日は涼しくて。台風近づいてるみたいなんで」

――そういう日の方が、やっぱ体としては

「楽ですね。かなり。練習の負荷も」

――で、きょうは練習後に呼ばれたんですか?

「そうですね。いつも大槻さんとは右足の練習を毎日やろうねっていう話をしている中で、ルイスさんが組んでくれて右足の練習出来たんで良かったです」

――そこで伝えられたことってありますか?コツだとか

「まぁ、『パワーあるからあとはテクニックの要素で、しっかりボールにミートすることを意識してやれ』っていう指導を受けながらやってました」

――右足のその精度で意識していることってどうですか?

「いや、僕はもうボールコンタクトですね。もう、コンタクトの瞬間しっかり集中してどれだけボールに当てられるかなんで。まぁ、右足を“置きに行く”ではないですけど、なんっていうんですか、しっかりとボールに当てることをまず意識して」

――あと、立ち足。開いちゃうと体が。

「どれだけ右足と左足のフォームでどれだけ右足で蹴れるか、フォームですね。フォームだ、フォーム」

――鏡で見れば逆になるからそれをイメージして。

「そうですね、腕とか。上半身使い勝手が、右になるとこんなん(ぎこちない動きに)なる人もいるし」

――確かに堅くなっちう。よくあの少年の指導とかでは逆足で蹴るとき、腕を回しながらだとタイミングが取れていいとか言いますけど

「そうっすね、腕使えない人が多いんで、逆足になると一気に」

――改めてそういう、ルイス式じゃないですけど、指導受けられてどうですか?

「まぁ、なんか日本は“量より質”みたいな、そういう風習というかそういうのがあるんですけど。ルイスさんは“質より量”みたいな、とにかく量、回数重ねてやるみたいなそういうイメージありますよね」

――反復に反復を重ねて、とにかく染みこませる

「そうですね、そういうイメージありますね。本当に、確かに練習の時間も長いですし回数も多いし、そういう感じです」

――例えばこないだの長崎戦もそうですし、次の鳥栖戦もそうかもしれないですけど横からのクロスの質が大事になると思って、こないだも練習で何度もクロス上げる形を反復してたじゃないですか。あの精度が求められる局面も増えてくるかと

「そうですね、まぁ、サイドで打開してクロス上げるシーンとかってあんま無いんですよ。試合中。だから自分が試合出たらとにかく近くて良いボールを配球する、それによって得点が生まれたら完璧だと思うし、とにかく回数ですね。回数をどれだけ増やせるかだと思うんで、まず試合出れるように頑張ります」

――3パターン。ニアかファーか、とみせかけてシュートか。

「そうですね。やっぱそれをやるためにボールを置く位置が一番大事なんで。どこにも蹴れる位置に置くことによって、キーパーも難しいシチュエーションになりますし。自分も幅が広がるんで、本当にニアしか蹴れないだろうみたいな置き位置とかもあったりして、とにかくボールの置き位置、大事なのは」

――なるべく左足でトラップした方が良い。そうなると

「そうですね、出来るだけ左足でトラップしたいですけど、局面によっては右で運ぶシーンもあると思うんで。そういう意味でも両方使えた方が良いですよね。それは今取り組んでいるところです」

――なるべく遠い方の足でトラップした方が、アングルが

「そうですね、相手に対しての。そうっすね」

――リーグ初ゴール、右足から生まれるかもしれない

「まぁ、あるんじゃないですかね。ほんとに」

「あとこの間、オリベイラ監督から『勢いで上げるのでなく、蹴る前にもう一回相手見てから上げよう』って言われてました

「言ってましたね。僕はいつも見てるんですけどね」

――それでも、プロはスピード感とかでコンマ何秒でポジション変わってたりっていうところも、また感覚も大事になってきて

「そうですね。こっちから見てみて上げるっていうよりかは、本当にここに来いっていう意図を込めた質の高いキックをするタイプなんで。中見てみて、見て、っていうよりも自分の形を持っていってクロス上げてそれに対して中が合ってたら一番理想だと思います」

――よく、クロスの質とか言われますけど、中の選手がどういう合わせ方を出来るか含めてのサイド攻撃

「そうなんですよね」

――次への抱負を一言お願いします

「まずは、試合出られるようにまず練習から全力でやっていきたいと思います」

荻原選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉でもお聴きいただけます

では

7月25日 「そろそろ起こしたい」

どうもです

きのうまでの2日間に比べれば、暑さは弱まったように感じられますが、それでも真夏の熱気を帯びる大原20180725_102234-広島戦3日前の練習は午前9時ごろに始まりました

主に、お馴染みとなりつつある、正規ゴールを3つ用いたゲーム形式を実施

その後は、中盤より前の選手たちがサイドからフィニッシュへ至る連携確認、守備陣はクリアすべき局面に即した”跳ね返し”を反復し、練習は午前10時40分頃に終了しました20180725_102210-

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――ここ2日に比べれば、暑さも多少、ましに・・・

「あんま変わんないす・・暑いし湿気が高いから変わんないっすねぇやってる時はきついっす」

――トレーニングの中身としては

「う~ん・・・まあ、こういうきつい環境の中でもやっぱ変わらずきついトレーニングが組まれているので、まあ、自分の中で妥協なく100%やって毎日成長できているなっていう実感はあります」

――特に実感できている部分

「やっぱ、途中から出たときに体が楽というか、頑張れる。きつい中でそういうのはあると思います」

――相手が当たってきたのを体で受けるのもそうですし、自分から当たりに行った時の強さも・・・ファイトの姿勢が感じられます

「全然、別に相手の体が大っきかろうが、ぜんぜんやれるんで、体は。あとは気持ちで絶対に負けないので、そういう迫力みたいなものはあると思います」

――そこがまさしく荻原選手の良いところ

「それなかったら戦えないっすよ、本当に(ニヤリ)」

――リーグ再開後、最初の交代カードとして起用されていますが、そこから感じることは?

「う~ん、まあ、期待されているなっていうか、ちょっと扱いが良くなっているというか、こっからスタメン出場っていう目標に向かってあとは途中から出たときに結果を残すだけだと思います」

――あとはフィニッシュワークの精度

「そうですね、最後のところで足を振り切れてないんで、最近。そこをやっぱ足を振って、やっぱ自分の良さとか左足のキックっていうのが生み出されると思うので、そういうところ、最後のところ!最後のところを突き詰めていきたいなと思います」

――考えに柔軟さがある分、プレーしながら選択肢を色々と考えてしまって

「あーそうですね。選択肢が多くなってくる分やっぱ、最後の余計なワンタッチをしてしまったりとか、前は迷いはなかったんですけど、ちょっとなんかまた余裕が生まれることによって・・・何ていうか、結果を持ってこられないシーンが多々あるんで・・・」

――欲?

「欲が出ちゃうんすね!やっぱ、もーっと良い状態で打ちたいなとか、以前のような思いっきりの良さみたいなのが足りないっていうかが大事かなって思います」

――そこにこだわらないと、もう一個上のランクに行けないでしょうから。今はちょうどその最中なのでしょう

「そうですね(しみじみ)」

――セレッソ戦では遠藤選手の良いフィードをちょっと・・

「そうですね、コースにいる選手とかぶって、ボール見えなくて、急にスポン!みたいに来て、難しかったっすけど、ああいうのをやっぱ、試合にしっかりと入りたいですね、一発目から」

――流れがあるので途中からの出場は難しい面も多々

「難しいですよ。正直スタメンで出ているときは楽じゃないですけど、ある意味長い時間出ていても、楽なんですよ」

――時間が短い分、そこで何か残そうと気持ちが入りすぎると

「そうなんすよ短い中で結果を残さなければいけなかったりとか、やっぱその分、体の負荷っていうかすぐに出力を高めなきゃいけないので」

――遠藤選手とプレーできたことで

「航君は、普段から優しくしてもらってるので、何て言うんすかね、やりやすいというか、頼りになる存在だなっていうふうに感じます」

――プレーはもちろん、美味しいものを食べる経験もさせてもらえてのでは?

「そうっすね、良かったっすね(ニコリ)まあでも常になんすけど、いつもげーむをやってて、一緒にゲームをいっつもやって、ロシアでもやってたし、共同プレーで(笑)」

――代表で再会できるように

「そうっすね、頑張ります(ニコリ)」

――Jリーグを盛り上げるためにも、次、広島の勢いを止めてこちらが上にいかないと

「そうですね。だいぶ、うん、広島に絶対勝ちたい、アウェイですけど、勝ち点3を持って帰れたら本当にデカいと思います」

――そろそろでしょうか、何かが起きるのは

「そろそろっすね!そろそろ起こしたいっすねやっぱ!結果残したいっす、数字に残る(しみじみ)」

荻原選手のインタビューは、このあと19時からの〈You’re The REDS〉でお聴きいただけます

では

 

7月9日 「自分の良さを出して、観客を魅了できたら」

どうもです

天皇杯4回戦2日前のきょうは、午前11時頃に練習が始まりました

11対11での戦術確認に加えて、締めにはPK合戦を実施

かなり実戦に近いメニューが約1時間20分に渡って行われました

20180709_120106-

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――充実してますか?

「充実してます(ニヤリ)」

――より吹っ切れたようで。ファーストタッチがピタリといけばそこから良い流れでプレーできているように

「なんか、またちょっとシーズンの始めと同じポジションというか、前目の位置で今できてて、けっこう攻撃に絡めるシーンが多いので、自分の良さが今出ていると思います」

――シャドーも面白いですか?

「そうですね、直接ゴールに絡めるという意味では本当に面白い…です!」

――大槻ヘッドコーチもよく練習の中で伝えていますが、ボールを受ける前にどれだけ周囲の状況を把握しておくかが大事

「常に周りの状況が変わるので、状況に応じた自分の立ち位置みたいなそういうのを取ることはユースから大槻さんに教わっていたので、いつも通りやればできると思います」

――PKは得意ですか?

「PKはまぁ・・・あんま、公式戦で蹴ったことがあんまないので、別に苦手意識はないです」

――きょうは右上のバーに当たる力強いシュートを決めました。凄い度胸を感じました

「あれはもう最初っから海君に『右上に蹴る』って言ってて」

――キーパーじゃなくて柴戸選手に?

「そうです(ニヤリ)」

――バーに当てたのも狙い通り?

「いや、バーは狙ってないです。本当に『右上に蹴る』って言って蹴ったので(ニヤリ)」20180709_122047-

――この中断期間というのを振り返っていかがですか?

「えーと、まぁ自分はまずロシアの方に代表で遠征で行ってて、まあ、なんか凄い高い意識の中で今回戻ってきて、けっこう思い通りというか、プレーの調子というか、調子じゃないけど、プレーの質が上がってきているのかと思っていて、良い手ごたえで今やれています」

――モチベーションが上がりまくった、と

「多分そうですね!モチベーションマックスで帰ってきたので、あまりあっちではサッカーをプレイできていなかったので、そういった意味ではサッカーに飢えてて、なおかつ代表戦を観て凄い《4年後に立ちたい》という思いで帰ってきたので、凄いモチベーションで帰ってきました」

――あの雰囲気を味わい感じたこと

「なんか改めてワールドカップの凄さっていうか、独特の雰囲気というのを味わえたので、新鮮というか、プロになる前を含めて、あんま観客席で座って観る経験がなかったので、良かったと思います。凄い日本は世界でも通用するということを今回のワールドカップで示してくれたので、生で観ていて感じたのですが、スタジアムが日本の雰囲気になることもあるんですよ、スタジアムの空気感が。コロンビア戦で逆転した時とか。凄いなと思いました。コロンビアのサポーターもすっごい多くて、サッカーの熱というか、そういうのがあるんですよね、そういった意味でもコロンビアサポーターがいっぱいいて、最初は自分の席には日本の応援歌が聞こえてこなかったんですよ、見渡しても一部分に集まってるなぁぐらいの感じで、それが途中でコロンビアに勝ち越した時に、日本の応援歌が初めて聞こえた感じで、なんか面白かったです!」

――誇らしい

「そうですね!」

――お手本になったプレー

「最後のところで体を張るみたいな、そういう日本ならではの闘争心というか、一体感みたいなものが他のチームよりも勝っているのかと思いました」

――ご自身はどうあるべきと思いましたか?

「日本の良さである、一体感とか規律が守れる部分といったものを持ちつつも、自分の“個”で打開できる選手にはなりたいと思いました」

――原口選手がまさしく

「そうですね、なかなか初戦では攻撃で目立つシーンはなかったと思いますけど、そういう意味ではベルギー戦で活躍できているのとかが凄いうというか、お手本になります。元気君は自分とはこれまで全然絡みがなかったんですけど、知っててくれたみたいで、なんか絡まれて、『ウォーイ!』みたいな感じで(苦笑)優しかったです(ニヤリ)」

――あさって、再開

「自分が途中から出たらチームの勝利に貢献できるように、自分の良さを出して、観客を魅了できたらと思います(キリッ)」

荻原選手のインタビューは、あすの<You’re The REDS>でお届けします

では

5月24日 午後練 「またお腹空いちゃって」

どうもです

眩しいけれど、風もある分いくらか過ごしやすくなった大原

オフ明けの練習、【午後の部】は16時頃に始まりました20180524_161342-1ウォームアップでは15対3での壮大な鳥かごが行われ、その後はパスゲームへ

7対7+フリーマンでプレーエリアは縦が約30メートル、横が約20メートルでした20180524_162218-1狭い方の両エンドライン(約20メートル)にはサーブ&レシーバーとしてキーパー1人が待ち構え、方向付けがなされます

「運動量を増やして!それとサッカーの要素、テクニックも」(大槻ヘッドコーチ)

一方のキーパーが足で出したボールでゲームはスタート

フィールドプレーヤーがパスを受け、ボールを奪われないよう、逆側のラインを目指し、待ち構えるもう一人のキーパーにつなぎ、さらにリターンを受けたら1点という流れでした

「取り返せ!」(李選手)

「良い声!」(大槻ヘッドコーチ)

連休明けなだけに、チームを盛り立てるスパイスも大切です20180524_164207-1午後4時40分からはパス&コントロールへと移りました

「受ける前の動作!当てるパスにこだわって!練習だからバシッといこうよ」

大槻ヘッドコーチの表現力豊かで伝わりやすい指導が、ピッチに響きます

「足の長いところのパスをシュートみたく!」20180524_165632-1午後4時50分過ぎ、グループは二手に分かれることに

メンバー編成は、ローテーションでした

一方が、ルイスヘッドコーチ主導の「バナーナ!キーパーをよけていくような!」シュート練習20180524_165924-もう一方は、オリヴェイラ監督のもと、「パスが出るタイミングでGO!」が合言葉のディフェンス練習に取り組みました

スペースを空けずに均等な距離感を保つ4バックが、対峙する3トップにボールが送り出された瞬間、激しく寄せる→奪えずにバックパスを出されたら、すかさずラインアップ

この繰り返しは、かなりの負荷がかかること、間違いなし

それは選手のみならず・・・

中盤からの配給役を務めたオリヴェイラ監督は、両足から長短のパスを連発

「ナイスボール!」(山田直輝選手)

一丸となってのハードワークを続けます20180524_171512-時には宇賀神選手がインターセプトに成功し、汗しぶきを飛ばしながらのヘディングクリアを見せるも、

「行くの早い!もっとしぼってからだよ!」(興梠選手)

冗談も行き交う明るいムードでした

午後5時30分、練習はまだ終わらず、次のメニューへ

長座、腕を平泳ぎの動き、しゃがむ、直立、ジャンプ、ヨーヨー・・・さまざまな形でのヘディングをひたすら反復します

午後の西日を浴びながら、直向きに、意欲的に励む選手たち

さすがにお疲れの様子でしたが、その表情には、サッカーへの純粋な楽しさも滲み出ているように見受けられました20180524_172837-ルイスヘッドコーチ側はこの間、ペナルティエリアでの3対2なども実施

午後5時50分ごろ、再びグループがひとつとなり、オリヴェイラ監督とフィールドプレーヤーがPKを蹴ります

失敗者ゼロ、全員がネットを揺らした夕方6時頃、「ピッピッピー――――」

オリヴェイラ監督の笛と共に、約2時間の濃密な午後練は終了

・・・といった感じに起きていたことを羅列しましたが、ポジティブな意味での”はじまりの予感”が充満した、オフ明け初日の大原でした20180524_174716-◇◆◇荻原選手◇◆◇

――まるで合宿初日のようなトレーニングでしたが、終わってみていかがですか?

「楽しかったです。というのは、フィジカル的にも追い込んで2部練することによってやっぱ負荷を分散できるんで、その間の休養とか食事、水分摂る、寝るっていうピッチ外のところも何かしっかり出来たんで、充実した一日だったなって思います」

――合間はどのように?

「僕はしっかり食事摂って、寝て起きて…みたいな」

――単純とはいえ普通に…お昼は何を食べましたか?

「普通にそこはクラブハウスで作ってもらったのがあったんで、サラダ、魚、納豆、ご飯、うどん諸々」

――パスタじゃないんですか?

「パスタじゃないですね」

――おかわりしたんですか?ごはんは

「おかわり…いや、おかわりしてないです」

――明日以降どうしますか?

「明日はもうちょい、もっと食べます(笑)」

――きょうのトレーニングをしたら、覚悟しなきゃなっていう感じで

「練習前にまたお腹空いちゃって、ゼリー飲んで練習にのぞみました」

――今宵は美味しい夜ご飯が食べられる

「そうですね、すごいお腹空いてるんで…もう食べて良い時間ですよね(笑)」

――そして早めに寝て…きょう監督からは何回名前呼ばました?

「リアル20回!」

――「アグィー、アグィー」ってそれ以上に何度も呼ばれてました

「本当ですか?!聞こえてなかった…」

――ズルをして先に寄せるわけにはいかないから、ちゃんとそのタイミングで行くっていう…あれはキツイ

「正直、監督も『出した瞬間に行け!』みたいなことを言ってて、もう俺こんなすごい準備して…でもやっぱり難しいのは、あれは足下だったじゃないですか。実際の試合は裏のスペースがあるからあんなに食いついたら裏やられちゃうんですよ、それがまた難しくて…まぁでもしっかり寄せるっていう練習だったんで…」

――パスコースは無限にあるわけですから、本番の場合は…としても、そこで何度も反復して奪えることもあってっていう達成感というか

「そうですね、達成感というかまぁやっぱりインターセプトとか出来ればやっぱり良い攻撃につなげられるし、自分の好きな攻撃も出来るので、そういった意味では守備は大事かなと思います」

――それで4バックっていうところも何かイメージしやすくなってきたっというか、これでいくぞって感じの…

「4バック、もう4バックに切り替えてやるぞっていうか、きょうの練習の感じからも伝わってきたんで、自分はどこで出るかわかんないですけど与えられたポジションで100%でやるだけなんで…今のところ左サイドバックかなと思いますけど、しっかりやれればいいかなと思います」

――オリヴェイラ監督のキック精度は見習うものが

「凄いですよね、僕は青木君と喋ってたんですけど、よくあの年齢で蹴れるなって、蹴れないですよ、凄いですね」

――監督も相当負荷かかってたでしょうから

「そうですね、何か切り替えて大槻さんと交代しながらやってて」

――ご自身のヘディングはどうですか?

「ヘディング下手です。ヘディングは下手です」

――あそこ、宇賀神選手に励まされながら、あれはより良くなっていく一つの…

「そうですね、ヘディングを今までやってきてなかったんで、そういった意味ではやっぱ伸びしろだと思うんで、ヘディングは出来たに越したことはないんで…大事な要素なんで、出来たらいいなと…」

――またどんどん良くなっていくところを楽しみに毎日見ていければなと思ってます、今日はお疲れ様でした

「ありがとうございます!」

荻原選手のインタビューは、このあと23時からの<You’re The REDS>再放送でもお聴きいただけます

では

5月15日 前日

どうもです

埼スタでの大事な広島戦を翌日に控えたきょう、練習は非公開で行われました20180515_115752-

◇◆◇李選手◇◆◇

――あすは大事な一戦

「引き分け以上で突破なんで、引き分けでいくんじゃなくて勝ってルヴァンカップのプレイオフに進出したいですね」

――前節は、ケガもありましたが最後までピッチに。チームのためもあったと思いますが、痛そうだったので

「めっちゃ痛かったです。痛かったですけどね、次の試合できるような怪我だったんでよかったです」

――日頃の行いとかも良いからかもしれないです

「いやいや、ありがとうございます」

――広島との対戦でイメージってどうですか?

「今、首位のチームだし、チーム的に乗ってるんでやはり、Jリーグ出てるスタメンの選手だけじゃなくてサブの選手もそのチームの勢いっていうのも持ってると思うので、常勝のメンタリティっていうかその波に乗ってるチームにどう勝つかっていうのはすごく難しいと思いますけど、僕たちも自分たちでやるんだっていう強い気持ちを持ってる選手が、ルヴァンカップには出るんでそういったところでとても良い試合が出来るんじゃないかなと思います」

――先週月曜の練習で、ペナ内で相手がブロックした際の攻め方について確認していましたが、この間名古屋戦の先制のシーンでは李選手はそういう意識のもと、一番確率の高い方へのおぜん立てを…

「チームの勝利が一番なので、その中で僕個人のゴールだったり活躍がプラスになれれば良いなと思いますし、とにかく予選は予選なので6試合でプレイオフ進出が決まるっていう最後の試合なので、上手く試合をマネージメントしながら引き分けなのか勝ちなのかっていうところをあした見せられればなと思います。良い試合をして」

――やっぱ自分に返ってくるんだなって、そのあと点取ったのが李選手だったので…

「ハハハ(笑)良いプレイしてれば自分にボールが転がってくるので、やはり常に練習中からもそうだしポジティブに良い流れを作って試合に入って結果が出ると思います」

――次は代表発表前、最後のゲームなので…

「そうですね、色んな選手がアピールしたいと思うので、僕も頑張ります」20180515_115908-

◇◆◇武富選手◇◆◇

――次でグループリーグ最終戦

「自分たちとしては、一応、順位的はいいですけど最後どうなるか分かんないんで、とにかく気を抜かずにしっかり勝ちを目指してやっていきたいなと思います」

――状況とか意識しないことが大事だと

「そうですね、もう本当に最後の15分だったり10分ぐらいまでだったらとにかく勝つことを意識してプレーする必要があると思いますし、そんなに他の結果がどうっていうよりは勝っていくっていう事が大事だと思います」

――今も良い汗を浮かべていますけど、暑くなってきて練習も良い感じに、充実してますか?

「そうですね、順的にも問題ないと思いますし本当にオリヴェイラさんになってから厳しいトレーニングは積んできてるんでそういう意味の自信もありますし、戦える選手が揃ってると思うんでしっかりハードに戦っていきたいなと思います。攻撃パターンは時と場合にも寄りますし、入る時と入らない時があると思うんですけどリーグ戦も入らない状況が続いてるんでそういう意味では、でもチャンスだったりっていうのは作れてると思うんでそんなに考えすぎず自分たちとしてはチャンスを作り続けてしっかり決めきることを意識したいなと思います」

――山田直輝選手との連携ってどうですか?

「直輝もクレバーな選手だと思いますし、気の利くことだったりとかプラスハードワークも出来る選手なのでそこがやっぱチームとして全体でハードワークしてやっていくことがルヴァンカップで勝ったりとか良い結果が出せてる要因だと思うんで、そこは引き続きチーム全体で盛り上げるためにも相場上げのためにも頑張っていきたいと思います」

――盛り上げるという意味で、2人が良いコンビネーションを見せてくれると非常に夢があるっていうか、見ているとワクワクするはずです

「まぁ2人だけじゃなくてチームとしてっていうのはもちろんですけど、とにかく直輝もそうですけどハードワークしてやっていくことが大事かなと思います」

――相手の広島は3度目の対戦で、ある程度イメージもできてると…

「そうですね、何か難しいことをしてくるわけではないですけど、非常に堅くて勝負所も強くて良いチームだと思うので、自分たちとしてもやっぱりハードに入って堅くするところは堅くして、パワー出して攻める時は点取って勝ちたいなと思います」

――一緒にステージ次へと進むための一言、サポーターにお願いします。

「自分たちとしては本当に試合の進め方っていうのは日に日に良くなってると思うので、そういう意味では自信もついてきてますしここでもまた一つ勝ってしっかり中断明け最後のホームですしみんなで勝って次のリーグ戦に繋げたいなと思います」20180515_120730-

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――あしたはグループリーグ最終戦

「どういう形でも試合に絡めるんであれば全力でいきたいなって思うし、色々そういうメンタル部分でもちょっと難しいですけど、自分のやる事とかそういう、今やんなくちゃいけないこととか、そういうのを明確にしてチャンスを作るのであれば全力でやります」

――あんまり設定を高くし過ぎちゃうと反動っていうのがあるから

「そうですね、でも自分はもういつも出来る人に期待しちゃうんで、そういう自分への期待みたいなのを忘れちゃいけないんで、そこだけは持っておきながらも全てを想定内にして、悪いプレーが出てしまってもそれは想定内でメンタルコントロールしないといけないと思っています」

――原口選手がそういう気持ちの持ち方したら変わった話を思い出しました…

「意外ですね」

――良くなかった時も想定した上でっていう…

「それは大事ですよね、全てを想定内にすることは大事なんで…」

――ただこのグループリーグ、ある意味では背負ってきてというか、このチャンス与えられてっていう試合が続いたところで、まだ続けたいっていう思いも強いと思いますが…

「そうですね、チャンスが来ればですけど、頑張るっていうか、ルヴァンカップっていうのは特別な思いみたいなのがありますし、何か自分の大会にしたいなって思います。頑張ります」

――ホームで今度は広島とのゲームというところでどういったところ大事にしてますか?

「ホームだし、絶対勝たなきゃいけないっていうのもあるんですけどまずはグループステージ突破っていうのは引き分け以上が求められるわけで、他の結果にもよるんですけど、絶対勝たなくちゃいけないなって…」

――そういう状況の中での戦いをするとかっていうのは、プロならではっていうか、そういう意味では楽しむことも…

「それはなんか…どの試合も大事だし、やっぱ勝ってるんですけどこういう形はあんまり無いんで楽しみにしながらチャンスが来れば戦いたいなと思います」

李選手、武富選手、荻原選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

5月8日 前日

どうもです

埼スタでの名古屋戦を控えたきょう、練習は非公開で行われました

20180508_123006- ◇◆◇荻原選手◇◆◇※きのうの練習後

――攻撃のシャドートレーニングを反復して、凄い中身の濃い内容で、色々勉強になった部分も…

「細かい確認を今日できたんで、やっぱ監督変わってやり方も変わった中でコンビネーションっていうのが大事なんで、そこでコンビネーションを合わせるためのトレーニングっていうのは時間かけながらもしっかりできたので、今日は本当に良いトレーニングが出来ました。多少の入れ違いみたいなのもあったりとかしてそれを繰り返し繰り返しやることによって、それでその食い違いっていうのはどんどん無くなってきて試合に活かせればいいなって思います」

――どういうタイミングで前線に顔出すかっていうところに、ガムシャラだけじゃないぞっていうか…

「タイミングですね。タイミングが大事なんで、そこを練習でしっかりやっていきたいなと思います」

――ルイスヘッドコーチから「バナナクロス」と要求されていましたけど?

「バナナすね…そういった曲がって曲げるクロス、それすれば中の選手当てるだけなんでそういうボール蹴れたらなって、自分の武器なんでそれは出していければなって思います」

――それで、次の対戦相手は名古屋ですけど、前回はゴールを

「そんな、まずは邪念とか取っ払って一回またリセットっていうか、相手も変わってるし自分たちも変わってるし別に過去は関係ないんで。またポジションも違いますし、色んな事が違うんでまた新たに結果っていうか自分の中で今まで溜まってきた野心みたいなのを前面に出してまずはしっかり戦うってところ、そこを表現してできたらと思います」

――その野心とかっていうところでやっぱ橋岡選手…

「そうですね、活躍して今レギュラーって中でやっぱ自分もそこに食い込みたいし一緒にプレーしたいからやっぱそこでそういった内に込めてる野心を出してやっていきたいなと思います」

――良い感じに燃えてますね。頭は冷静だし

「そうですね、そこはもう本当に今までやってきたっていうかそういうものを出すだけなんでそこだけです」

――埼スタ湧かせようっていう思いがそこにも…

「これは一発で湧かしてやろうって思います」

――良い言葉聞けたので、期待してます。

「ありがとうございます」

――あと、ゴール決めたらポゥを(笑)

「やりますよ、多分忘れてると思うんですけど。覚えてたらやります」20180508_124216-

◇◆◇山田直輝選手◇◆◇

――あす、ホームでの名古屋戦ですけれども、お気持ちいかがでしょうか?

「そうですね、大きなタイトルの一つなのでそのタイトルを獲るためにも1試合っていうか優勝するために必要な勝ち点3が必要な試合だと思うのでしっかり勝てるように準備していきたいと思います」

――アウェーで良い勝ち点の取り方しているっていう中で今大会は良いリズムで戦えてる

「そうですね、アウェーが今ままで多かった中で勝ち点7は、ベストではないですけど悪くはないと思うのでホームでしっかり試合連勝してグループリーグの突破をしたいなと思います」

――きのう、シャドートレーニングみたいなのをしていてあそこでいっぱい顔出して、パスであったり飛び込むかとかしてすごい色んな動きをしてたと思いますけど、どんなこと感じてました?

「攻撃のタスクくれてるのは自分にとってありがたいことなので攻撃でも守備でもしっかり試合に入っていけるようにしたいと思います」

――監督が練習中に何度もヤマダ、ヤマダって…ヤマダって苗字で呼ぶところもまた…

「そうですね、名前を呼んでもらえるってことは期待がかかってるって事なので、でも気負わず自分のプレーをしたいなと思います」

――色々と山田直輝選手は発想的な部分とかも良い意味でできそうな

「そうですね、自分の良さとチームのために戦うところ、しっかり出さないといけないと思ってます。頑張ります」

――浦和版N-BOX的な(笑)

「まぁ…(笑)ピッチで埼スタで表現できるように、それが全てだと思うので…自分らしくどんな表現されようが自分らしく出来ればいいなと思います」

――結構名古屋もマイボール大切にしててっていう中での、中盤での攻防とかも出てくると思いますが、どんなイメージですか?

「球際の戦いとかは絶対に僕は負けたくないと思ってるのでそこで勝てればまた試合の流れも持ってけると思うので、まずはそういう戦術とかそういうことより先に戦うとかそういうところで僕は回っていきたいなと思います」

――明日は今までで一番、オリヴェイラ色が出るゲームだと思っているので、山田直輝選手の躍動…それこそ心臓部を担っているので期待してます

「ありがとうございます(ニコリ)」20180508_123321-

◇◆◇福島選手◇◆◇

――仕上がりというか手応え、今いかがですか?

「まぁ、普通です。いつも通り準備してます」

――そのあたりこれまでの一戦重ねてきて手応えある中で迎えられるっていう自信もありますか?

「そういった一面ありますね。埼スタのピッチで初めて立つので、高ぶるものはあるのでそこは抑えつつやれたらなとは思ってます」

――その埼スタってやっぱ憧れの場所というか思い入れの強さというのは当然…

「そうですね、3年かかったんで…出るのに3年かかってるんで、明日は最高のプレーをしたいなと思います」

――どんなところ見せたいですか?

「どんなところ…無失点で勝つことっていうのが一番みんなが望んでることだと思うんでそこを目指してやりたいなと思います」

――それも続いてることですけれども、無失点というのは。守った試合では…

「そうですね、試合無失点で続けられるだけ続けたい気持ちはあるので記録がどうとかそういうことは気にせずその一戦一戦を無失点で終えることが僕の目標なんでそこはしっかりやっていきたいと思います」

――どういったところが上手くいくと、無失点につなががってる感触ありますか?

「守備の部分で、コミュニケーションだったりそういう部分がしっかりできれば失点するようなことはないと思うのでそういうところは徹底していきたいなと思います。キーパーの役割としてやっぱりゼロで抑えて勝つっていうのは一番誰しも求められることだと思いますし、そこをこだわってやっていきたい部分ではあるのでそこはしっかりしたいですね」

――相手名古屋っていうところでの印象どうでしょうか?

「実家が愛知なので最初に見に行った練習とか試合が名古屋グランパスなんでそのチームと埼スタで試合できるっていうのがすごい嬉しいことだと思うので、でもそこは気にせず意識せずやっていきたいところなんですけど…意識しちゃってるんですけどね(笑)」

――すごい運命的な(笑)

「そうですね、公式戦今年ベンチ入り初めてっていうのが名古屋だったからそこから成長した自分の姿を見せられればなと思います」

――どこが成長したと思いますか?

「試合に出れる環境にいるっていうのは成長した部分なのかなとは思うので…」

――では楽しみにしてる方々へ、応援している方々へメッセージお願いします。

「温かい目で見守ってくれればいいなと思います」

――期待してます

「ありがとうございます」

このあと23時からの<You’re The REDS>再放送では、きのうの練習後に行った菊池選手&岩波選手&荻原選手、きょうの練習後に行った山田直輝選手&福島選手のインタビューをお聴きいただけます

では

5月2日 前日

どうもです

川崎戦前日の練習は、非公開で行われました20180501_122147-

◇◆◇アンドリュー ナバウト選手

――前回の試合では、勝てはしませんでしたけども、チームメイトとの連携が非常に良くなっている印象を受けましたが手応えいかがでしたか?

「周ごとにコンビネーションも良くなってきてますし、質の高い選手を揃えているので、本当に明日も凄いより連携を続けていって、明日もゴールして勝てれば良いなと思っています」

――ゴール前で敵もたくさんいる局面であっても、非常に落ち着いて周りを使うようなプレーが印象に残っていますが、そこは自信を持っている面ですか?

「今ゴールを決めることは出来ていませんけども自信もありますし、オーストラリアでも7,8試合ぐらいゴール決められなかったんですけど、そのあと1試合で点数を決めてからずっとゴール決められるようになったので、1点入ればどんどん入るようになると思ってるます」

――オリヴェイラ監督の印象いかがですか?

「凄い良い監督だと思います。日本での経験はもちろん、色んなチームの経験もありますし。彼が何をしたいのかも選手に物凄い伝わりやすいですし、彼自身も自分が今何をやってるのかどういうプロセスで物事を進めてるかっていうのもすごい明確なので、それだけでなく全選手と話して色々コミュニケーション取ってるのでポジティブな雰囲気で全選手でやれてると思ってるので、本当彼の哲学、彼の戦略のもとどんどん良い雰囲気でやっていければなと思います」

――求められていること、個人的に言われた事とかってありますか?

「負けたときにあーだこーだ聞くのはちょっと難しいので、あんまりそういった面については話せてないんですけど、ただ本当試合に勝つだけだと思ってるので次の試合にいくだけだと思います」

――川崎は昨年リーグで優勝しているチームですが、映像など見て感じたこといかがですか?

「オーストラリアのチームとACLで戦っているのも見ましたし、ビデオでも見た通り凄いパスが多いチームで凄い質の高い選手を揃えてると思うんですけれども、ただその相手を打ち勝つためには明日我々は自分たちの中の最大のパワーを出してベストゲームをすれば結果も伴ってくると思います」

――まずはチームの勝利だとは思いますけれども、ご自身代表入りに向けた思いも強いのでは?

「本当代表チームでプレーするためには練習しなきゃ駄目ですし、もちろん途中からだけではなく90分間通してプレーすることが大事だと思っています。毎週プレーしてそれが監督へのアピールになると思ってるので本当にワールドカップに行ければなと思ってるのでそれに向けて頑張るだけです。練習でも良い形を作れてるのでそれを練習だけでなく試合でもはっきり表現できるようになれればなと思います」

20180429_112243-
※4/29のトレーニングより

◇◆◇荻原選手◇◆◇(4/29のトレーニング後)

――渾身のあれは…マイケル・ジャクソンポーズですか?

「そうです!なんか…負けたら、最後の一人に残ったら明日のミーティングでマイケル・ジャクソンをするみたいな…俺は別に勝ったんですけど、何か気分良くてマイケルやっちゃいました」

――カズダンスの最後のあれかと思いましたが…(笑)

「ちゃんと声出して、『ポゥッ』て(笑)」

――時にメニューが部活的っていうか、なんか懐かしく感じますが、アカデミー出身の選手っていかがなんですか?※“バックピンチ”的シチュエーションを反復し、ディフェンスの対応力を養うとともに、体への負荷をかける

「いや…やんないです」

――どうですか?そういう面で今

「なんか結構…フィジカルトレーニングみたいな、体にくるんで、プラスに捉えて…」

――なんか短い時間でかなり負荷かかるっていうのが凄く効率的だと思います

「そうですよね!」

――お話しとかいかがですか?

「監督の話・・・ミーティングはきちっと長いというか、『しっかり今後、自分の形を少しずつ取り入れていくからって』ことは言ってて、『すぐには変えないから』みたいなことを話しています」

――求められてることは何となく?

「そうですね。初の外国人監督なんで自分の中で伝わり方っていうか、少しずつ慣れていって、意図を捉えようかなって意識はあります」

――鹿島時代の印象とかどうですか?

「強いっていうイメージしかないですけど…小学校だったんですけど多分、やっぱ3連覇するだけの監督のオーラとかそういうのは今でも感じますし、良い意味で凄いオーラがあるなと思います」

――楽しみじゃないですか、そう考えると

「そうですね!自分はどう転ぶか分かんないですけど、監督に習ってとりあえず早くコンディション整えて試合に絡めるように頑張っていきたいなと思います」

――大槻さんが残っているのはどうですか?

「心強いですね、大槻さんが残ってくれてるのは。ユースに申し訳ない気持ちはあるんですけど…(苦笑)」

――次は川崎戦、やっぱそれこそ戦ってみたい相手でしょう、ああいうサッカーって

「キャンプの時一回やったんですけど、その時俺、新人研修でいなくて、体で体験してないんで…そういう強いチームとやってみたいっていうのはあります」

――まだ勝利ないので、オリヴェイラさんになってから。一気にそこで貢献したら位置付けも上がるだろうから…

「そうですね!チャンスだなってそこは思います」

――若さでどんどんかき回して・・・期待してます

「ありがとうございます!」

ナバウト選手と荻原選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

4月17日 「言い訳にするような要素もないぐらい良い準備が出来ています」

どうもです

ガンバ戦前日練習は、非公開で行われました20180417_114526- ◇◆◇荻原選手◇◆◇

――調子はどうですか?

「調子っていうか体のコンディションはもうバッチリで、なんか、良い悪いとかあると思うんですけど、その時に言い訳にするような要素もないぐらい良い準備が出来ています」

――力みが抜けて、集中できているような表情です

「そうすね、もうとにかく結果を出したいという強い気持ちはありつつも、それで空回りだけしてはダメだと思うので、そういうバランス。気持ちと体の面でのバランスというのは調子を合わせていきたいなと思います」

――先ほどまで宇賀神選手と居残りでのセンタリング練習をしていました。宇賀神選手は利き足でない左足で上げています

「やっぱ、いつも思うんですけどやっぱ、利き足でないのにあのクオリティーというのは凄いなって。両利きっていうか、凄いなって思います。自分も左足が武器ではありますけど、右足ももっと磨けるな、っていうか伸びしろだなっていうふうに思います」

――相手がタテを切ってきたときに、中に切れ込んで右足でボールへのインスイングクロスを送るなど、選択肢を

「そうですね、それによってまたタテが活きるでしょうし、そういう、単調な部分は今まであったので、そこの部分でレパートリーというか、増やして自分の形をどんどん増やしていったら良いなって」

――清水戦での橋岡選手の頑張り。あれは先に荻原選手が活躍したことで刺激を受け合っての相乗効果の表れかと

「そうですね。まぁ大樹だから直接何でも言えるし、もう、オレが活躍したときは『素直に悔しい。けど、嬉しいし』みたいな。オレも、全然何か・・・悔しいっていうか、一緒にプレーしたいっていう気持ちが強かったので、切磋琢磨っていうか、アイツがいなかったらっていう部分は沢山あるので、これからも一緒に成長したいなって思っています」

――ウイングバックで、埼スタでのリーグ戦でアシストは驚き

「見たことないし(苦笑)ビックリでしかないし、だからなおさら、《オレもやらないと》って思いました」

――清水戦は、左のウイングバックに荻原選手が出場する可能性もあるかと思っていました

「なんか色々、そうやって言われてたっていうか、何かあったんすけど、うーまぁ、見ての通りベンチにも入れなかったし、そういう、自分の立ち位置を受け止めるっていうか、それが一番大事で、何か過去のことに浸っていたりとか、今の立ち位置が見えていなかったりとかすると成長っていうのは絶対にないので。そういう意味では自分の立ち位置とか今の置かれている状況というのを理解して、また1から頑張ろう・・・1からっていうか積み上げていこうって」

――そういう思考回路というのはかなり大槻監督の影響が大きいのでは?

「いや、いや、実際そうです(ニコリ)いや~もう凄い、何か、擦り込まれています」20180417_114528-

――ガンバとは既にホームで対戦。次に活かしたい教訓

「ガンバに大敗した試合は、今でも鮮明に覚えていますし、でもあの時は自分の中ではプレーの面で手応えがあったので…サイド攻撃でやらせなければ、とは思います。けっこうクロスからの失点が多かったので、前回は。そこの部分を改善できれば、自分が出るとすればサイドだと思うので、そこの部分をしっかり潰して、自分の左サイドでは完封したいなと思います」

――目一杯に走って成長を重ねて、足攣ったときの対処方法も

「コンディションは整えて、不完全燃焼にならないように、しっかりと出し切って。90分戦って、勝って終われればと思います」

――あしたはどのようなものをサポーターに見せたいですか?

「“突破”!(キッパリ)。今までのポジション(ウイング)であれば、もっとシュートの部分で絡めたと思うのですが、サイドであれば、クロスとかタテへの突破っていうのをサポーターに見せたいなと思います」

荻原選手のインタビューは、このあと19時(再放送は23時)からの<You’re The REDS>でもお聴きいただけます

では