タグ別アーカイブ: 荻原選手

6月6日 「どんどん暑くなってくる中で」

どうもです

梅雨入りを間近に控えた大原は、炎天下スレスレ

20190606_093646-3連休明けのきょう、2部練習午前の部はミーティングを経て9:30過ぎに始まりました

早めにピッチに姿を現し、ランニングでは先頭を走っていた興梠選手が凛々しかったです

ストレッチを行うなどして、その後は約15メートルの正方形の四つ角に立てられたカラーコーンを敵に見立てての、パスアンドコントロールを実施

ミーティングでも伝えられたという「クイックハンドル」(上野ヘッドコーチ)を意識したメリハリのあるボールの呼び込みと、素早い身のこなしを伴わせたトラップでの視野確保がプレーに組み込まれます20190606_094752-「ニュートラルなヘソの出し方、”つながり”をもちたい。ボールを転がせないで、滑らせよう!まず丁寧さ。フィーリングが良くなったらパススピード」(大槻監督)

なぜなら、

「次の人が楽になるから、当然!」

リズムとテンポの良いパス回しの音に加えて、新指揮官のハッキリとした声がよく聞こえてきました

「良いボールを届けろ!」

「練習だから右足も左足も使え!要求のタイミング!」

「相手が詰めてきたら間に入るイメージで、相手の前に入る!」

数年前、レッズランドでほぼ毎月(今月はあさって土曜日!)開催されている[大人のためのサッカークリニック]で大槻監督がヘッドコーチを担当した際に、例えとして「お寿司屋さんが毎日包丁を研ぐような作業」と話していたのを思い出させてくれます20190606_095851-

9:55頃、基本技術と動作に磨きをかけると次に行われたのは、1対1でのスプリント&キープ

5~10メートルほど手前に投げ込まれたルーズボールに対し、細かいステップorビーチフラッグのように伏せた状態から用意ドンッ!

マイボールにした選手はしばし、相手を背にしたキープでボディーバランスも養われました20190606_100718-10:00からは、パスゲームへと移ります

パッと見では、4対2の鳥かごのようなもの

「オフザボールの要求!連続」(大槻監督)

ポジションは固定せず、パスアンドゴーですぐにもう一度もらえる位置を取り、他の選手も常に”つながる”ために動き出します

「連続してやる!」

そして、

「ボールを止めるな!!」(大槻監督)

1グリッドには3色ビブスの計3組が入り、そのうち1組が守備(鬼)に周り、奪ったらすぐにそれが入れ替わる、息つく間のない展開

「ボールを横に動かせば、ギャップができる!」、「ミスした時に上を向いても何も起こらないだろ!?」(大槻監督)

インターバルを挟んで再開する際、鬼がどの組で再開するかは、各色の代表者と大槻監督のタイマン勝負次第です

「ジャンケンポイ!」

威勢良く腕を突き伸ばすも、大槻監督の勝敗はというと・・・

「どんだけ弱いんだー(笑)」(興梠選手)

20190606_102103-

10:00からは10対10でのゲーム形式へ

縦はフルコート、横は3~5メートルほど狭められていました

「中でどんどん要求し合う!」(大槻監督)

3-3-3でスリーラインを形成してのミラーゲーム

「相手のチャンネルに入らない!大外のムービングで中が空く!」(大槻監督)

オフ明けながら、選手達も懸命に走り、考え、ゴールを目指します

ゲーム中も大槻監督は、

「パススピード上げろ!バタバタ動くな!」

「直線的でなく、弧を描くような、ヘルプのランニング!」

「遠くのディフェンスがスタビリ取れてません!」

集中を切らすことなく、選手達とコーチ陣が互いにピッチ上で全力を尽くしていました

2度の給水があり、3本目に入る際は、

「ゴールが見たい!悪くないで終わるな!もっと良くしよう」(大槻監督)

エネルギッシュかつ繊細、密度の濃い午前練習でした

10:55頃、終了の際に選手達は集められ、

「良い休息を取って、午後もしっかりやろう!」(大槻監督)

20190606_103925-

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――体起こしから始まるかと思いましたが・・・練習が再開していかがでしょうか?

「まぁ大槻さんなので、大体予測できていたので、普通にやるだろうなって。しっかりオフでも今回はあんまり体を動かしていないんですけど、今朝からしっかり準備して、《来るだろうな~》と想定していて楽だったら良いじゃないですか?《え!?キツイの?》みたいに思ったら体もあれなんで、準備は出来てました(笑)」

――考え得る様々なことを想定して、受け入れられるように

「そうですね、大槻さんはいつも『全てを想定内にしろ』と言うので。想定内にできてました」

――3連休はどのように過ごしていましたか?

「まぁ基本、実家で過ごして、オフ2日目は友達と軽井沢行って、サイクリングしたり、ショッピングしたり、すんごい充実した1日を過ごせました」

――みんな学生?

「そうですね、みんな授業がなかったみたいで」

――集られなかったですか?

「けっこう昔からの友達なので、全然関係はできていますので(苦笑)」

――ではそんなに出費もせず

「そうすね」

――気も使わずで

「そうですね、楽です」

――きょうは練習前にミーティングがあったようで

「前節の振り返りですね。戦術の話であったりとか、全体で共有できたかなと」

――ご自身が活かせそうなこととしては

「個人的な映像も出てきたので、客観的に見ても変えなくちゃいけない部分っていうか、凄い、映像を見たら伸びしろしかなかったので、川崎戦はあんまり手応えがなくて、あんまり映像とかを見たくなかったぐらいけっこう悪かったなと思っていたので、でもしっかりとちゃんと見て、ちゃんと悪いところと向き合うことができて良かったです」

――どの辺りが

「なんか、動きだけ見たらあれなんですけど、チームとしての戦術があって、それに対して自分のタスクがあったので、自分へのタスクが表現できなかったという部分があって、凄い・・改善できると思える部分があります」

――求められていたことは

「マルちゃんと同じでスピードとパワーを活かしたプレーっていうのをタスクとして言われていて、でもちょっとなんか、やろうやろうという気持ちが多分、焦りにつながって、凄い無駄な動きをしてしまったりとかが凄かったので、自分の行きたいところに行っちゃったりとかっていう部分で」

――左から右へと斜めに走る動きなど、意志は伝わってきていて

「まぁタイミングが合えば多分良いと思いますけど、それよりやっぱ縦に走った方がスペースもいっぱいありますし、でもちょっと右で受けたいっていう自分の考えっていうか意志が多分、凄い出ちゃったので」20190606_110252-

――きょうの練習の中で印象に残っていることはいかがですか

「まあ、立ち位置の部分で、間があって、立ち位置ひとつで相手の動きを止めたりずらしたり出来るっていうところで、そこは大槻さんらしいというか、ひとつひとつ動きだとかを細かく言ってくれるので、凄い理解しやすいですよね」

――間隔が空きますが、自分が引っ張っていくぐらいの気持ちで

「一番若いし、どんどん暑くなってくる中で、やっぱ自分のコンディションやキレ、スピードっていうのはやっぱ、より一層武器になると思うので、そこで自分の力を最大限チームに還元できるように、毎日良い準備をして、自分の武器を意識したプレーをどんどん出していきたいと思います」

――U-20日本代表も頑張っていたので

「そうですね、見ましたけど、惜しいというか、ギリギリの戦いでしたね」

――荻原選手は来年

「レッズで出ていたらどういう可能性があっても全然不思議でないので、試合に出たらまた違う景色が見えると思うので、今はまだ絡めていないですけど全然、まずはそこに絡んで自分の良いプレーっていうのをどんどん出して行きたいと思います」

――カミソリパス、シュート、タックル、よろしくお願いします

「ありがとうございます!」

荻原選手のインタビューは、このあと19時(再放送は23時)からの〈You’re The REDS〉でお届けします

では

 

5月9日 「凄いサッカー純粋に楽しめた」&「荻原拓也っていう存在価値を」

どうもです

昼はやや暑くて、夜は肌寒くて

となると、この時期はきょうの練習開始時間ぐらいが一番過ごしやすく感じられます 20190509_153905-20190509_153909-ブリーラム戦2日後、名古屋戦3日前の練習は、午後3時頃に始まりました

ブリーラム戦スタメン組はリカバリーで調整

それ以外のメンバーは8対8のゲーム形式を中心としたメニューで実戦感覚を養います

ファブリシオ選手は右足での鋭いシュートをネットに突き刺すゴラッソ!

全体練習は、夕方5時頃に終了しました

20190509_155929-

◇◆◇岩波選手◇◆◇

――タイの遠征はいかがでしたか?

「そうですね、勝ち点3を持って帰ってこられたので凄いポジティブには捉えています」

――あの暑さはどうでしたか?

「久しぶりにああいう暑さでプレーしましたけど、きつかったなという印象があります。けどACLで戦えているっていうか、ACL独特の舞台というかでやれているのは凄い良いことだと思うし、何とか苦しい試合になりましたけどまあ勝ち点3取れたのは良かったし、良い状況をホームに作れたのは良かったとのかなと思います」

――早めに点を奪えた部分だとか、今後へポジティブに持ち込めそうな部分っていかがですか?

「相手の守備のやり方が、まあひとつの理由ですけど良いボール回しが前半からできて、久しぶりにこう良い感覚というかボールつないでいく感覚はチームとしてできたので、点が入ったこともそうですけど、凄いサッカー純粋に楽しめたというのがあります。けれども失点の部分はね、少しミスからやられましたけど、なんとかできたなっていうのも個人的にもあるし、そこは切り替えてやっていくだけかなと思います」

――ペドロ ジュニーオール選手の実力は知ってはいたでしょうけど、あの隙間を決められるのはACLらしさなのかなというか

「そうですね、決めるとしたらペドロかなというふうには思っていたので、そこにやられたのは少し残念というか僕も一緒のチームで戦ってきた仲間だったペドロにやられたのは少し悔しいですけど、あのあとすぐに点を取れたっていうのもまた良かったと思うし、なかなか点がなかった武藤くんとか得点ができたっていうのは武藤くん自身も凄い乗ってくると思うし良かったのかなと思います」

――前半のうちにユニフォームを替えるのは予定通りだったのですか?

「いや、まあ後半試合終わってからっていう話はしていたのですけど、前半が終わってペドロが近くにいたので、そのタイミングの方が良いかなと思って多分ペドロもペドロから言ってきたのでタイミングは僕自身凄く嬉しいし、ペドロとは神戸でも凄く仲良かったので、ああいう舞台で戦えるのは凄いなにかこう感じるものがあったかなと思います」20190509_151718-

――先ほどからチームのこととかよくわかりやすく語ってくださって、改めて岩波選手は良い人だと思います。メンバー表を見たときに岩波選手の名前が目にとまって「頑張れ!」っていう思いで勝ちに結びつけられて良かったです。ご自身はどのような思い出ピッチへ?

「今は凄いもどかしいというか、悔しい気持ちはありますけど自分自身なんとかメンタル的にも耐えている部分もあるし、自分がこう悪いプレーが続いている中で出られていない状況ではないので、そういう意味では少しポジティブに捉えつつ、チャンスを伺っている状況ですけど、出た試合は必ず勝ちにつなげないといけないし、そうやってやり続けることが、またポジションが自分に戻ってくるチャンスなのかなとは思っていますし、それでも自分の中でまだまだ色んなことを考える部分もあるし、それは選手としてはつきものなので、とにかく結果を出せるように準備するだけですし、自分もひとつ歳を重ねてふたつ歳を重ねて、こういう状況が理解できる状況になってきたし、そういう意味では次のチャンスをまた待ちたいなと思います」

――次、名古屋も強力なフォワードがいますけど、負けじと

「そうですね、名古屋は今年凄い良いチームですし、間違いなく優勝争いをするチームだと思いますし、今までは良い選手がいるものの守備でやられたりとかもありましたけど、今は本当に守備も良い選手が入って、ボランチも今年から入ったふたりですけど、凄い良い選手たちですし、強力な外国人がいるのでまあそこは難しい試合になることは間違いないと思いますし名古屋は得点力があるチームなのでどれだけウチの守備陣が耐えられるかが勝負のカギかなと思います」

――勇気をもらえましたけどまだまだできると思っているのでこれからもっと楽しみにしています

「そうですね、まだまだやらないといけないと思います。ありがとうございます」20190509_151722-

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――よろしくお願いします

「よろしくお願いします」

――シャープな感じの髪型からも決意が

「いやーちょっとやり過ぎたっていうのがあるんですけど、まあ自分の中でタイミング今だなと思って験担ぎとしてやりました」

――そのタイミングとか験担ぎ、どんな背景が?

「まずはU-20ワールドカップのメンバーに入れなかったっていうその部分と、やっぱ今チームで久しぶりに試合に出られたり少しづつ積み上げられている中で、流れに乗りたいっていう気持ち込めて形に見えることをしました」

――シャキットしてて

「今後もっと色は変わっていますけど」

――多彩さがキックにも。七色の左足というか

「んー、この前の試合はファーストタッチでしたけど、あれを決められたらまあ持ってるなじゃないけどいやー決めたかったです」20190509_165646--

――ただあのようにして出た試合でインパクトは残したと思いますけど

「久しぶりに試合に出られた中でどうしても爪痕を残したかったですし、荻原拓也っていう存在価値をあのプレーで少しは見せられたかなと思います」

――そこで気合い入りすぎると空回りしてしまうところを、上手くその辺りバランス良くというかできたのではないですか?

「そうですね、1点差で残り僅かで決めにもう1点取るというより、守りきるっていう方がタスクとしてあったと思うので、あそこで変に前に出てボランチのスペースを相手に渡してしまうっていうのは凄いリスクがあるプレーなので、あんまりそういうふうに出て行かず、気持ちを抑えて勝利を持ってこられたかなと思います」

――ずっとなかなかベンチにも入れずっていう中で、いろんな思いを抱えながら努力は重ねていたかと

「そうですね、ベンチに入れなかったりケガしたり今シーズン思うように試合に絡めない部分はあったのですけど、その中で練習でやれることもありますし、練習から常にアピールした結果が、おとといみたいに出たのではないか思うので、これを続けてもっともっと試合に絡めるように頑張りたいなって思います」

――その辺りで自分だかからこそ出せるところってどうですか?

「自分しかできないプレーっていうのは絶対あるのでドリブルで1枚2枚を剥がしてシュートを打ったりゴールに直結するようなプレーだったりができたら一番嬉しいですけど、チームに貢献できるプレーをしたいなと思います」

――そういう意味で名古屋とのアウェイっていうと、スタジアムが違えども思い出深いゲームかなと思って期待も込めて今マイクを向けていて

「凄い懐かしいですけど、まあ名古屋アウェイであのときみたいに躍動できたら、別に点決める点決めない関係なくまずピッチに立ってチームのために走りたいなと思います」

――では改めて今後への抱負をお願いします

「まずはしっかり試合に出てゴールに直結するようなプレーっていうのをどんどん出していけるように頑張りたいと思います」

――ちなみに何色ってオーダーしたのですか?

「シルバーアッシュっていうちょっとシルバーがかった色頼んだのですけど、まあパープルをちょっと入れた方が良いってなってて、ちょっとチームメイトからは・・・って言われていますけど、どんどん色抜けて良い感じにはなると思います」

――髪洗ってたくさん拭いたりすると変わっていくので、だんだん金ぽくなっていくかな

「そうですね、1回ブリーチして髪の色バッて抜いたのですぐ、金髪になると思いますけど、それはそれでイキらせてもらいます」

――輝き続けてもらえれば

「はい、ありがとうございます!」

20190509_165652-

岩波選手と荻原選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

RED A LIVE 2018.12.1 VS F.C.TOKYO

☆浦和レッズ戦を実況生中継!

埼玉スタジアム2○○2で行われる、明治安田生命J1リーグ 第34節「 浦和レッズ 対 FC東京 」の模様を実況生中継します。

RED A Live 2018・・・12月1日(土) 13:30~16:45

20181130_113207-

◇◆◇李選手◇◆◇
――リーグ最終節が迫りましたば、心境としては
「いやー、今年のJリーグが終わるんでね、ひとつでも上の順位に行ければなと思いますけど」
――早かったですか?ここまで
「そうですね、監督2回も変わるんでね、はい大変でしたけど」
――ただひとつ、チームとしての形もできてきて、手応えもあるのでは
「まあね、今年は怪我無く過ごせたことは良かったと思うし、チャンスは少なかったですけどね、出た試合出た試合結果出せたんで、まあ最後もね出たら結果出したいです」
――そのためというか、先ほどはピッチ上でダイナミックなダッシュを反復していて、状態も良いのでは
「いやあ全然、普通に走っているだけですけど、まあ誕生日も近いんで12月に点を取りたいですね」
――FC東京
「いやぁもう、古巣だし凄くお世話になったところなのでサポーターのみんなもね僕のことを知っている人も多いので、まだ応援してもくれているし凄くゆかりのあるチームなのでとても楽しみにしていますけれど」
――そういう中、あすはいくつかの部分でメンバーが入れ替わる可能性もあるかと思いますが、大事にしたいことは
「出たらね、チャンス貰った選手は結果出してアピールするしかないんで、やはりね、チャンス欲しくても貰えなかった選手もたくさん出ると思うんで出たらね、その気持ちを晴らす舞台になると思うんで、結果で示さなきゃなと思いますけど」
――チームとして大切にする部分は?
「もう楽しむことじゃないですか。今年の埼スタJリーグラストだしサポーターの人達もしばらくは埼スタでのレッズのJリーグ戦は見られないんで、凄く楽しみにしていると思うんで、埼スタの中でサッカーができる、サポーターの人達もみんなと一緒に喜びを共有できるっていうのが、埼スタでしか日本はないと思うんで、あそこまで多くの人達と楽しんで勝てれば最高ですね」
――平川選手とありがとうを伝え合う場でも
「『胴上げ何回?』って聞いたら、『300何試合出たから300何回やって』と言われて、『サポーターも一緒に手伝ってもらわないとダメですね』と言って、彼ずっと飛べるのかなとそっちが心配になりました」
――この間の練習試合では平川選手から良いクロスが飛んできて、李選手が頭で合わせて決めたので、イメージはバッチリじゃないですか?
「ヒラさんも出ると思うと思っていますし僕は、そのとき僕が出ていればアシストから最後のゴールを決める人でありたいですね」
――改めて平川選手のプレーを見るとき、どんなところを良いところとして楽しみにすればいいですか?
「もうクロスのセンスっていうところ。サイドのスペシャリストっていうのは今はこういう用語使わないんですけどやはり『クロッサー』っていうのは彼のセンスを見られると思うし、やはりいぶし銀のディフェンスの距離感であったり、バランスっていうところは凄く頭使ってやっているなといつも思うんで、ボールが無いところでもそのプレー見ていれば、この人こんなことを考えながらやっているんだろうなというのを見られるんで楽しいと思いますけど」
――李選手のゴール、楽しみにしています。
「はい。頑張ります!」20181130_114720-◇◆◇荻原選手◇◆◇
――暖かい中での練習となりましたが体を動かしていかがですか?
「まあ、軽いッスね。いつもより。凄い良い天気で良い気分でできています」
――ルーキーとして1年やって来ましたけれども、あすがリーグ最終節
「まあもっともっと試合に出たかったのが正直な気持ちなんですけど、それでも最後チャンスが来て、チャンスが来たら結果残して最後勝利で終えて、ヒラさんの引退を良い形でできれば良いかなって思います」
――メンバーの入れ替えもあるかと思いますが、昨日のミーティングでは
「まあ具体的なまあそうですね、分析はあったんですけど、自分が出るとしたら相手は室屋選手あたりがマッチアップになると思うんでそこで勝てれば自分にとっても大きな自信にもなるしチームとしても大きな収穫になると思うんで絶対に負けたくないと思います」
――FC東京と言うと昨年のクラ選決勝で悔しい思いをした相手ですし、相手に荻原選手の同級生も沢山いますから負けたくないという思いは人一倍強いんじゃないですか?
「そうですね、懐かしいですね!・・・負けたくないです」
――平川選手とのリーグ戦というのも最後ですけれども、どうですか思い出とか、こんなことを言われて印象に残っていることはありますか?
「1年間しかできなかったですけど、直接言われるっていうかヒラさんの背中というか、サッカー選手としての鑑っていうのを見せられたと思います」
――若い頃からストイックにやって来て、17年ですよ、どうですか荻原選手も
「凄いですね。自分もやってみたいです。もっともっと17年、20年くらいやりたいですね」
――サポーターに向けてメッセージをお願いします。
「何としてもまず次のJリーグのFC東京戦で絶対勝てるように自分自身もそうですけどチームとして絶対負けないとか戦う姿勢を表現できれば良いかなと思います」
――2009年から昨年まで最終節2勝1分け6敗なんで、サポーターも笑って帰れていないんで笑って帰られるように
「そうですね、絶対に勝ちたいです」20181130_113535-

Come On!REDS・・・12:00~12:55
REDS After The Match・・・18:00~19:55

20181019_202801-協力

【 社会福祉法人まあれ愛恵会 大成たいよう保育園 】

 ユナイテッド・インシュアランス 】

【 ケンタッキーフライドチキン 】
120205_150003_Mこれに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
休止:ミューアのMUSIC LUNCH/AKANE の Catch The Music!

11月21日 「こういう状況だからこそ」

どうもです

湘南戦3日前のきょう午前、チームはゲーム形式を行うなどして準備を進めました20181121_113317-

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――きのうもお疲れ様でした。また自分を見つめ直す良い機会になったんじゃないですか。

「そうですね、あの初めてだったんで小学校訪問するの。今までは逆にそういった人達が来て自分が受ける立場だったから、自分がこうやって小学生に伝える側になったんだっていうの改めて実感しました

――夢を伝える立場でありながら、荻原選手もまだこのあと沢山叶えられそうな夢が待ってて羨ましい

「そうですね、あのどっちかっていったら一緒に夢に向かって頑張ろうっていう風に言えた立場だったんで、これからも自分もっと頑張んないとなと思いました」

――生きてるうちに自国開催のオリンピックが何回もあるわけではないでしょうし、その中で出場が狙えるタイミングに

「そうですね、あのまぁ簡単なことではないんで今からもっとレベルアップしていかないと叶えられる目標ではないんで。今から2年後逆算して毎日毎日しっかりトレーニング出来たらと思います」

――逆算の意味で、まずはきょうのトレーニング、いかがでしたか

「まぁ、練習終わった後もあぁやってエクストラのトレーニングを設けてもらって少しずつですけどまぁ成長していってる実感はあります。まぁ逆に無かったら、《え、無いの!?》くらいなんで。まぁ、あると思って常に。まぁ、準備はしてます」

――量より質でもあり、質より量でって前に分かりやすく表現してくれましたけど、なんかって時に凄いパワーが出てとか、ふとした時に気付くんですよね、きっと、その成果は

「そうですね。ま、すぐには出る成果じゃないんで。まぁ、これが数ヶ月後、1年後って大きな単位で変わっていければ良いのかなって思います」

――きょう言われてたことは何ですか?

「まぁ、最後のシュート練習なんかはとにかくボールのインパクトを、しっかり足にボール当てるとか。あとボールの置き位置とかそういうことは言われてま」

――荻原選手って、ゴール前でも回り見えてるじゃないですか。ファブリシオ選手にアシストしてたシーンがそうであるように。あとは自分でシュート打ったときの質が高まればもう2、3点いけそうな

「そうですね、結構少ない時間ですけど意外とチャンスあったりしてそん時に決められたらもっと出場機会を増やせることは出来るだろうし、まぁ数字に出る結果を僕は求めていきたいなって思います」20181121_113258-

――次、出られない選手もいるっていう中で、また一丸となって戦うところで意識としていかがですか

「まぁ、僕自身ずっとサブで準備してきてこういう状況だからこそやっぱチャンスっていうのは可能性高いですし、いつでも出られる準備をしていきたいなと思います」

――湘南の印象っていかがですか

「まぁ、とにかくハードワークっていう。後全体的に年齢層も若いですし、すごいフレッシュさあるチームだなって思います」

―意識する選手とかいますか?

「まぁ結構年代別で一緒にやってる選手とかもいるんで。ま、ボランチの齊藤未月選手とかまぁ意識はしますね。ウメさん、僕は一緒にやってないですけど、ずっとユースの時から見てた選手なので。凄いドリブルのキレで、あと点にも絡めるし、凄いですね」

――梅﨑選手は、両足そん色なく蹴られてっていうのが

「そうですね。両足シュート上手いですからね。クロスも上げられるし。そういった意味では見習うところは沢山あるなと思います」

――きょうは居残りで右のボレーも

「全然当たんないっす・・右・・」

――これからですよ

「はい(苦笑)」

――少し早いですけど誕生日おめでとうございます

「あっ!ありがとうございます」

――良いタイミングで試合が来たのでそこでもかなりモチベ上がって

「そうですね。出たいですね。自分でバースデーゴール決めたいですね。試合出たらとにかくあの勝利に貢献出来るように自分は、まぁ、数字に見える結果もそうですけどやっぱ見えない結果もあると思うんで、まぁ両方取っていきたいなと思います」

――では10代最後の一年、良いスタートを期待しています

「ありがとうございます!」

荻原選手のインタビューは、このあと19時からの〈You’re The REDS〉でもお聴きいただけます

では

 

11月6日 「大原がめちゃめちゃ落ち着きます」

どうもです

オフ明けのきょう、練習は午前10時に始まりました

室内トレーニングを終えた選手たちは、午前10時30分頃、ピッチに姿を現します

その後は主にサイドでのトライアングルでの連携を経た、センタリングシュートを反復 20181106_112000- いつもと少し違うのは、ペナルティエリア内にディフェンダーが2人いたこと

そこに対し、3人の選手が飛び込み、フィニッシュへ至ります

その後はサイドに1人、ペナ内にもう1人守備役が加わることに

「しっかり強度を上げよう!」(オリヴェイラ監督)

槙野選手の気持ちのこもった守備、岩舘選手の良いポジショニングと的確な反応でのセーブなどが、雰囲気を盛り立てました

午前11時45分頃からは、オフェンス組とディフェンス組が分かれ、追加で専用メニューを実施20181106_113236-雨足が強まったお昼の12時を過ぎても、集中した様子でのトレーニングは続きます

締めには”バー当て”も行われ、練習はお昼の12時25分頃に終了しました

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――おかえりなさい

「ただいまっす!」

――こっち帰ってきて早速、フルスロットルで

「いやぁ、まぁ久しぶりに埼玉帰ってきて凄いやっぱ落ち着きますね。はい、大原がめちゃめちゃ落ち着きます」

――何がそんなに

「やっぱ周りのスタッフや先輩がいて、優しいし、グラウンドの雰囲気が好きなんで。なんか、やっぱ落ち着きますね、最高です!」

――サイドで3対1の局面になったときも、すごい頑張っていて、それもこの雰囲気だからこそ

「そうですね。なんかキツイですけど、練習楽しいですね。こっちの練習は」20181106_113446-

――で、あちらでも色々な経験してきたと思いますけど振り返っていかがですか

「まぁ、思ったより試合に出ることは出来なかったですけど、でもその中でもそれが大事な経験になるようにこれからもっと頑張りたいなと思って。試合出られないとやっぱ出たいって気持ちがあってイライラしたりとかすると思うんですけどそうじゃなくて、チームの為に出たときに活躍出来るように良い準備をしてやるってことを意識してやってます」

――その気持ちのコントロールってどのように

「まぁまずはそういったなんか、悔しいとか試合に出たいとかそういう気持ちは持って当然だと思うんで。まぁ持って当然って思いながら、でも長いスパンで自分が上に行くために考えたときにそういう今伏せってる場合じゃないなみたいな、思ってやってます」

――そういう気持ちを味わうことでねまた良い方向に、糧として

「そうですね。まぁ、今までそうだったんで。今までとなんら変わらないかなって思います」

――実際ピッチに立ったときに得られた手応え、ここをもっとって感じられたこと

「まぁやっぱり、僕の特徴である攻撃って部分で初めて試合に出たときはそれはアシスト出来たんで。それは良かったと思うんですけど。まぁ、守備の面でポジショニングだったりとか、前とのコミュニケーション取るとかそういった課題が多く出たので、守備の所を早く改善したいですね」

――にしても、最低限のノルマではないですけど世界への切符は勝つことで手にしました。それは大きい

「そうですね。それが第一の目標だったんで、優勝は出来なかったですけど次につなげることは出来たんで良かったかなと思います」

――世界大会ってところでどんな楽しみがありますか?

「ん~・・世界に自分を知ってもらえるっていう。そういったチャンスだと思ってるんで。世界大会は初めてなんで。どんぐらい自分が通用するかっていうか、通用するか試すんじゃなくて通用した自分を見据えて今から頑張りたいなと思ってます」

――その世代でナンバーワンのレフティーであるように

「そうですね。ま、左利きのキックは自信あるんで。さらに磨きかけていきたいなって思います」

――レッズではオリヴェイラ監督も「荻原選手いれば」って先日もコメントしていました。終盤戦が待っていますけれども、抱負をお願いします

「ま、リーグあと少ないですけどまず自分は自分が試合出たときにチームにプラスになるような立ち振る舞いとプレーをしていきたいなって思います」

――いいですね、その“立ち振る舞い”っていうのが新人ながらそういうことまで意識出来てる

「はい、そうっすね(ニヤリ)頑張ります」

――おめでとうございます

「ありがとうございます」20181106_122607-

荻原選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

9月19日 「あの勝ち点3を取ったっていうことは素晴らしかった」&「野心しかないっすよ俺は」&「決してそういう選手に負けるつもりは無いです」

どうもです

爽やかな晴天の大原

オフ明けのきょう、神戸戦を4日後に控えた練習は、サマータイムから切り替わり、午前10時頃に始まりました

室内調整を終えた選手たちは、午前10時40分過ぎ、ピッチに姿を現します

ステップワークやボールを使っての基礎練習を経て、午前11時15分頃からは攻撃の連携確認へ

「ゆっくり進めよう」とオリヴェイラ監督

ハーフラインでのパスで始まり、サイドでのトライアングルの関係性からクロスを送り、フィニッシュまでの流れを反復します

相手役はゴールキーパーのみでした

初めは指定されたパターンでのパス交換でしたが、途中からは「色んな動き、コンビネーションを入れてみよう」と監督が指示を出した通り、途中からは選手間でのアイデア送出も求められます

長短のパスと強弱のリズムを織り交ぜ、力強く、鮮やかに、時に閃きのプレーで意思の疎通を図る選手達

集中した様子での練習は、お昼の12時頃に終了しました20180919_111155-  ◇◆◇柴戸選手◇◆◇

――F・マリノス戦、ベンチ入りしてあぁいう雰囲気で勝利を掴む中で、ベンチに入って感じられたことが多かったかと

「そうですね、まぁなかなか難しいゲーム展開でしたけど、あぁいうところで勝ち切る力っていうのが、中断期間通してオリヴェイラ監督がやってきたことっていうのが段々出来るようになってきた部分だと思うんで、そういうゲームで勝ち点3取れるっていうのはすごい大きいですし、今後の戦い方にも影響してくると思います。まぁ、あの勝ち点3を取ったっていうことは素晴らしかったかなと思います」

――F・マリノス戦に至るまでの練習が、凄く良い雰囲気だったじゃないですか、一丸となっていて。そこまできっちり突き詰めれば勝てるんだっていう成功体験みたいなものもチームとして得られたのかと

「そうですね、あの、練習からの雰囲気も良かったですし。試合前だったり、試合中の雰囲気っていうのもハーフタイム含めてチームとして動くか、一体感を感じたので。そういう雰囲気っていうのを逆に作り出せるようになれれば、勝ちだったり負けっていうのを無くして、勝ち引き分けっていう勝ち点を取れるようになってくるのかなっていうふうに思います」

――そういうの絶対、柴戸選手にも良い形につながるだろうから、良かった

「そうですね(ニコリ)」

――翌日の練習試合は、大学生が相手というところで

「まぁ、自分もアピールしてJリーグだったり公式戦出て行かなければならない立場なので。そういう練習試合っていうのは、まぁ強くアピール出来る場面ですし、相手関係なく自分がどこまで出来るかっていうのを出していかなければならないなというふうに思った中で出せた部分と出せなかった部分とあるので。そういう部分を踏まえながら、今週また1週間練習してメンバーに入る、入らない関わらず常に成長していけるようにしていきたいなと思います」

――その上で、今度はイニエスタ選手と同じリーグでの敵として対峙出来るっていう楽しみ

「世界トップレベルの選手が、こういうふうにJリーグに来て実際対戦できるということ、本当にこういう機会っていうのもなかなか無いですし、世界がどこまで自分と離れているかっていうのを自分の中でしっかり見ていきたいなと思います」

――柴戸選手は体が強いので、1回でもボール奪うぐらいの、チャレンジ出来る機会があれば

「そうですね、もし出る機会があれば失う物は全然ないので、どんどんチャレンジしていきたいです」20180919_113213-◇◆◇荻原選手◇◆◇

――きのうのオフまでは、けっこう疲れも溜まっていたかと

「まぁ、オフ無しで2ヶ月くらいずーっとやってて代表も間に入ってたりとかして試合もずっと絡んでた中で疲れは溜まりますしそういった中で、昨日は、まず一昨日に実家に泊まって、実家帰って、で、ずーっと午前中寝て。で、午後はちょっと買い物したり、あと体のケアしたりと時間を過ごしました」

――やっぱりお家のご飯は落ち着きますか?

「落ち着きますね、もう、美味しいです」

――何が出たんですか?ちなみに

「いつも、オムライスです。オムライス作ってもらって、アサリの味噌汁に…俺、サラダはいつもコールスローって決まってるんですよ!コールスロー食ってって感じっすね」

――家族の人が作ってくれたっていうのも、また原動力になる

「そうですね(ニコリ)」

――F・マリノス戦も、比較的アウェイに近い状況でありながら向かっていく姿勢っていうのは観ていて凄く“気持ち”を感じました

「そうですね。あの試合は勝てたのはデカイですし、自分の中でも半分試合に出られて。まぁ、ミスもありましたけれどチャレンジする姿勢というのを見せられたのはかなり大きかったなぁと思います」

――チャレンジしないと成長出来ない

「そうですね、やっぱチャレンジしないで終わるっていうか、ミスが続いたときにそのミスを恐れて止めたら、そのミスって形だけで終わっちゃう。すごい、絶対成功させないと、と自分の中で思うんで。2回取られて、その後長いドリブル仕掛けてシュートまで持って行けたんで。良かったかなと言うふうに思います」

――遠征で、同世代で触発された部分とかありましたか、メキシコ

「あの遠征は、自分の中でちょっともどかしい気持ちで終わった部分があって。すごい、コンディションも上手く調整出来ずに、自分の良いプレーっていうか得意なプレーを出せないで終わったっていうのがあってこっち戻ってきたんで。すごい、F・マリノス戦に対して自分の中での意気込みっていうのはいつも以上に強くて」

――それがあったから、より後悔のないように

「そうですね。もちろん、コンディションはね完璧とは言えなかったですけど、帰ってきてすぐだったんで。それなりに、自分の中でやらなくちゃいけないことっていうのを整理して。自分が出来ることっていうのを整理して、やってったんで」

――なるほど、そういったストーリーが

「はい」

――次、注目を集めている神戸で、かつ5万人を超えるACLの雰囲気とかも覚えてると思いますが、サポーターも良い空間を作ってくれると思います。意気込みをお願いします

「初めてのそういう埼スタの雰囲気だと思いますし、そういった中で自分が活躍したら更に自分の株、期待も高まりますし。そういうチャンスなんでね。そこ掴めるかどうかっていうのはかなり大きいと思うんで。狙っていきたいですよね、ゴール」

――野心を大事に

「野心しかないっすよ俺は!」20180919_113215-◇◆◇橋岡選手◇◆◇

――オフも明けて、きょうは非常に心地よい天気の中でのトレーニングでしたけどいかがでしたか?

「勝った後の練習ですし、本当に次への良い準備っていうのを今やっている段階なんじゃないかなと思います」

――かなり反復しましたけど、攻撃の形を

「まぁ、色んな形を練習することで、試合に活かせればいいかなと思ってます」

――その前ですけれども、中断期間はかなり忙しく橋岡選手個人は過ごしたと思いますが、F・マリノス戦を振り返って

「いや、もう忙しいことは本当に嬉しいことですし、幸せなことですし。ま、そこでまた一段階成長出来るということは自分自身プラスなことですし。まぁ、F・マリノス戦で試合に出れたことも良かったですし。でも途中交代っていうのも、足がつっちゃったんでしょうがないっちゃしょうがない。それも含めてあぁいう準備出来たら、まぁもっと出来たと思いますし、90分出れたと思いますし。自分自身もそんなにコンディション的にはプレイ的には良かったと思いますし。ま、その中でやっぱ足をつっちゃったっていうのは、まだまだ若いし、プロとしてはダメなのかなとは思ってます」

――その前のメキシコで学んだこと

「そうですね、センターバックやって、自分たちの世代の中で自分たちが引っ張らないといけないっていう中で、そういうところでポジションは違えどもともとやってたポジションですし。でもまぁ、そこでまた新たに視野の、自分が見ないといけないところだったりっていうのは広がってきたんじゃないかなと思ってます」

――次は神戸戦で、チームとの対戦ではありますが、あそこまでのビッグネームと対戦出来る楽しみもあるかと

「まぁ、イニエスタ選手だったりポドルスキ選手だったりっていうのは本当に世界的に有名ですけど。そういう選手がいることは本当に光栄ですけど、決してそういう選手に負けるつもりは無いですし、本当にビッグネームであろうが関係ないですし、自分はいつも通り目の前の相手と勝負して、チームが本当に勝てれば僕自身はそれでいいですし、自分のプレーも含めて良いプレーもしたいです。チームに貢献できるようなプレーが第一だというふうに考えているので、チームに貢献できるようなプレーを、コンディションを作ってやりたいなと思っています」

――5万人を超える埼スタでプレー出来る、ついにというか、そういう感覚っていうのがこっちも楽しみですし、ご自身お気持ちいかがですか

20180919_122510-
「もうちょい待ってください」(森脇選手)

「本当にサポーターの皆さんに支えられているところもありますし。その満員の中で絶対に勝ち点3というのをプレゼントしたいと思ってます。そうやってイニエスタ選手だったり、ポドルスキ選手が来るっていうのもあるかもしれないですけど、毎回そのように5万人入るようなクラブになれば、本当にみんながもっと力を発揮出来ると思うし僕自身はもっと、やっぱサポーターの後押しも含めて自分自身のプレーも発揮出来ると思います。なので、こうやって5万人の中でやれることは本当に幸せなことだと思っています」

柴戸選手、荻原選手、橋岡選手のインタビューは、23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

 

8月28日 「凄いっすね、改めて思うと」

どうもです

オフ明けのきょう、練習は午後4時に始まりました

名古屋戦スタメン組は室内調整

それ以外のメンバーは、室内トレーニング→ピッチに出てのステップワーク→パス&コントロール→4対4のゲーム→シュート練習といったメニューを実施

全体練習は、夕方5時50分頃に終わっています

リハビリ中のナバウト選手は、軽くボールを蹴っていました!

20180828_170744-

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――最年少が一番重い荷物を持つ

「これでも手伝ってくれる(柴戸選手と茂木選手)のがありがたいです。全然、持ちます」

――きょうもかなり追い込んでいるようでしたが、トレーニングを振り返って

「ですね、約1週間空くときは、ジムトレーニングがあるので、そこでしっかり体を鍛えて、それでグラウンドではボールを使ったフィジカルじゃないですけど、けっこう体に来るようなメニューが組まれた中で、日々成長を感じますね。自分は攻撃の選手と思っているので、高い位置で良い守備ができれば、良い攻撃にもつながるし、きょうはゴールとゴールの距離が短かったので、直接ゴールに入るシーンとかもあったりして、手応えというか、ありますね」

――名古屋戦でも惜しいシーンが

「いや~本当に決めたかったっていう限りで、まあ、けっこう思ったのが、積み重ねなので、ああいうシーンも、実際にサッカー人生で、公式戦で初めてじゃないかっていうシーンが毎回プロに入ってから生まれているので、ユース時代も守備をずっとやっていたので、あんなペナ内に入るシーンとかもそんなになかったので、そういった中で“次は”とポジティブに捉えているというか、次は絶対に決めるって思って、あのミスは捉えています」

――走ったところにぴたっとゴールが来るプロならではの感覚などは気持ち良いのでは?

「そうですね、凄い気持ちいぐらいにピンポイントでボールが入ってきたりとか、凄い良い状態で入ってくるっていうのが当たり前のように起こるので、凄いやりやすさというか、いらないところに気は取られないですね」

――ご自身もそういったパスを出すセンスがある

「普段、良いボールをもらっているので、サイドでクロスとかもピンポイントで入れられる自信はあるので、試合中で出せれば良いかなと思います」

――誰へのアシストとかは特にないでしょうが、李選手のゴールを演出したい気持ちが強いのでは?

「そうですね、チュン君ってけっこう、パッと中を見たときに一番目立つんですよ。わかんないすけど、そういうのが凄いあって、ルヴァンとかで一緒にスタメンで出たときも《あそこピンポイントで出せれば》ってシーンが何回もあったんですよ。そこを追及していけば良いと思いますし、チュン君からも直接、『あのシーン、あそこ俺にピンポイントだったら結果出せるから、俺の価値も上がるしお前の価値も上がるし』みたいな話もあったので、凄いアシストしたいですね」

――理由として、いつも練習で励ましの声をもらっているのが聞こえてくるので。きょうも「オギ頑張れ!」と

「自分は若いんで声を出して、恥ずかしさとかないんでね、チームに溶け込めているし、凄いおっきい声を出して…『お前いるのか!?』(李選手)『いまーす!』(荻原選手)みたいな感じなんで(笑)楽しく、厳しい練習を凄いメンタル的にポジティブにやっているので、それは良いことだと思います」

――U-19に選出されました

「まあ、うん。次の最終予選が控えているので、その中でも今回呼ばれて、凄い嬉しい気持ちが強いですね。リーグが中断している中で、自分が行くわけなので、差をつけられるじゃないですけど、凄い日程は正直ハードですけど、成長という意味では最高ですね。フルで試合をすることがあまりないので、そういう意味ではサッカー勘を取り戻すじゃないですけど、90分の体力をつける目的も持って行きたいですね」

――同じ世代では、レディースの選手が世界一に

「そうですね、けっこうレッズレディースから行っている選手もいて、けっこう知り合いで、同級生とかもいるし、一個上も知っている人がいて、凄い嬉しいし、頑張ろうってこっちも思います」

――同い年の高橋はな選手が一番コミュニケーション取る機会の多い存在?

「あーー!小学校から知り合いっていうか、トレセンとかでなぜか女子と男子が一緒にやってたんすよね、一回。なんかそれで一緒でそこからジュニアユース、ユース、レッズと一緒だったので、話したりとか、会ったら普通に話す感じですね。凄いっすね、改めて思うと」

――どんな声をかけたいですか?

「いやもう、普通に『おめでとう』って言いたいすね(ニコリ)」

――次はセレッソ戦

「次、途中から出て、自分の力で結果を持ってこられるように、常に良い準備をして試合に向かいたいと思います」

荻原選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

 

8月7日 「とにかく回数ですね」

どうもです

オフ明けのきょうは、午前中にトレーニングを実施

ポジションや出場時間によって各選手が用意されたメニューに取り組み、コンディション調整を行いました20180807_105017-

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――昨日のオフはどうのようにして過ごしましたか?

「昨日は、撮影をして、ご飯を食べに行って1日が終わりました」

――髪もそれに合わせてすっきりした感じですか?

「切ってないですけどね。横だけ、自分で刈ってるんで」

――何㎜ですか?

「6ミリです」

――ちょっと消極的

「いつも、やってもらうときは3㎜なんですけど。まぁ、いっかなぁっていう位、、痛い!(榎本選手の襲撃を受ける)哲さん、痛いっす!」

――きょうは涼しかった

「そうですね、今日は涼しくて。台風近づいてるみたいなんで」

――そういう日の方が、やっぱ体としては

「楽ですね。かなり。練習の負荷も」

――で、きょうは練習後に呼ばれたんですか?

「そうですね。いつも大槻さんとは右足の練習を毎日やろうねっていう話をしている中で、ルイスさんが組んでくれて右足の練習出来たんで良かったです」

――そこで伝えられたことってありますか?コツだとか

「まぁ、『パワーあるからあとはテクニックの要素で、しっかりボールにミートすることを意識してやれ』っていう指導を受けながらやってました」

――右足のその精度で意識していることってどうですか?

「いや、僕はもうボールコンタクトですね。もう、コンタクトの瞬間しっかり集中してどれだけボールに当てられるかなんで。まぁ、右足を“置きに行く”ではないですけど、なんっていうんですか、しっかりとボールに当てることをまず意識して」

――あと、立ち足。開いちゃうと体が。

「どれだけ右足と左足のフォームでどれだけ右足で蹴れるか、フォームですね。フォームだ、フォーム」

――鏡で見れば逆になるからそれをイメージして。

「そうですね、腕とか。上半身使い勝手が、右になるとこんなん(ぎこちない動きに)なる人もいるし」

――確かに堅くなっちう。よくあの少年の指導とかでは逆足で蹴るとき、腕を回しながらだとタイミングが取れていいとか言いますけど

「そうっすね、腕使えない人が多いんで、逆足になると一気に」

――改めてそういう、ルイス式じゃないですけど、指導受けられてどうですか?

「まぁ、なんか日本は“量より質”みたいな、そういう風習というかそういうのがあるんですけど。ルイスさんは“質より量”みたいな、とにかく量、回数重ねてやるみたいなそういうイメージありますよね」

――反復に反復を重ねて、とにかく染みこませる

「そうですね、そういうイメージありますね。本当に、確かに練習の時間も長いですし回数も多いし、そういう感じです」

――例えばこないだの長崎戦もそうですし、次の鳥栖戦もそうかもしれないですけど横からのクロスの質が大事になると思って、こないだも練習で何度もクロス上げる形を反復してたじゃないですか。あの精度が求められる局面も増えてくるかと

「そうですね、まぁ、サイドで打開してクロス上げるシーンとかってあんま無いんですよ。試合中。だから自分が試合出たらとにかく近くて良いボールを配球する、それによって得点が生まれたら完璧だと思うし、とにかく回数ですね。回数をどれだけ増やせるかだと思うんで、まず試合出れるように頑張ります」

――3パターン。ニアかファーか、とみせかけてシュートか。

「そうですね。やっぱそれをやるためにボールを置く位置が一番大事なんで。どこにも蹴れる位置に置くことによって、キーパーも難しいシチュエーションになりますし。自分も幅が広がるんで、本当にニアしか蹴れないだろうみたいな置き位置とかもあったりして、とにかくボールの置き位置、大事なのは」

――なるべく左足でトラップした方が良い。そうなると

「そうですね、出来るだけ左足でトラップしたいですけど、局面によっては右で運ぶシーンもあると思うんで。そういう意味でも両方使えた方が良いですよね。それは今取り組んでいるところです」

――なるべく遠い方の足でトラップした方が、アングルが

「そうですね、相手に対しての。そうっすね」

――リーグ初ゴール、右足から生まれるかもしれない

「まぁ、あるんじゃないですかね。ほんとに」

「あとこの間、オリベイラ監督から『勢いで上げるのでなく、蹴る前にもう一回相手見てから上げよう』って言われてました

「言ってましたね。僕はいつも見てるんですけどね」

――それでも、プロはスピード感とかでコンマ何秒でポジション変わってたりっていうところも、また感覚も大事になってきて

「そうですね。こっちから見てみて上げるっていうよりかは、本当にここに来いっていう意図を込めた質の高いキックをするタイプなんで。中見てみて、見て、っていうよりも自分の形を持っていってクロス上げてそれに対して中が合ってたら一番理想だと思います」

――よく、クロスの質とか言われますけど、中の選手がどういう合わせ方を出来るか含めてのサイド攻撃

「そうなんですよね」

――次への抱負を一言お願いします

「まずは、試合出られるようにまず練習から全力でやっていきたいと思います」

荻原選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉でもお聴きいただけます

では

7月25日 「そろそろ起こしたい」

どうもです

きのうまでの2日間に比べれば、暑さは弱まったように感じられますが、それでも真夏の熱気を帯びる大原20180725_102234-広島戦3日前の練習は午前9時ごろに始まりました

主に、お馴染みとなりつつある、正規ゴールを3つ用いたゲーム形式を実施

その後は、中盤より前の選手たちがサイドからフィニッシュへ至る連携確認、守備陣はクリアすべき局面に即した”跳ね返し”を反復し、練習は午前10時40分頃に終了しました20180725_102210-

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――ここ2日に比べれば、暑さも多少、ましに・・・

「あんま変わんないす・・暑いし湿気が高いから変わんないっすねぇやってる時はきついっす」

――トレーニングの中身としては

「う~ん・・・まあ、こういうきつい環境の中でもやっぱ変わらずきついトレーニングが組まれているので、まあ、自分の中で妥協なく100%やって毎日成長できているなっていう実感はあります」

――特に実感できている部分

「やっぱ、途中から出たときに体が楽というか、頑張れる。きつい中でそういうのはあると思います」

――相手が当たってきたのを体で受けるのもそうですし、自分から当たりに行った時の強さも・・・ファイトの姿勢が感じられます

「全然、別に相手の体が大っきかろうが、ぜんぜんやれるんで、体は。あとは気持ちで絶対に負けないので、そういう迫力みたいなものはあると思います」

――そこがまさしく荻原選手の良いところ

「それなかったら戦えないっすよ、本当に(ニヤリ)」

――リーグ再開後、最初の交代カードとして起用されていますが、そこから感じることは?

「う~ん、まあ、期待されているなっていうか、ちょっと扱いが良くなっているというか、こっからスタメン出場っていう目標に向かってあとは途中から出たときに結果を残すだけだと思います」

――あとはフィニッシュワークの精度

「そうですね、最後のところで足を振り切れてないんで、最近。そこをやっぱ足を振って、やっぱ自分の良さとか左足のキックっていうのが生み出されると思うので、そういうところ、最後のところ!最後のところを突き詰めていきたいなと思います」

――考えに柔軟さがある分、プレーしながら選択肢を色々と考えてしまって

「あーそうですね。選択肢が多くなってくる分やっぱ、最後の余計なワンタッチをしてしまったりとか、前は迷いはなかったんですけど、ちょっとなんかまた余裕が生まれることによって・・・何ていうか、結果を持ってこられないシーンが多々あるんで・・・」

――欲?

「欲が出ちゃうんすね!やっぱ、もーっと良い状態で打ちたいなとか、以前のような思いっきりの良さみたいなのが足りないっていうかが大事かなって思います」

――そこにこだわらないと、もう一個上のランクに行けないでしょうから。今はちょうどその最中なのでしょう

「そうですね(しみじみ)」

――セレッソ戦では遠藤選手の良いフィードをちょっと・・

「そうですね、コースにいる選手とかぶって、ボール見えなくて、急にスポン!みたいに来て、難しかったっすけど、ああいうのをやっぱ、試合にしっかりと入りたいですね、一発目から」

――流れがあるので途中からの出場は難しい面も多々

「難しいですよ。正直スタメンで出ているときは楽じゃないですけど、ある意味長い時間出ていても、楽なんですよ」

――時間が短い分、そこで何か残そうと気持ちが入りすぎると

「そうなんすよ短い中で結果を残さなければいけなかったりとか、やっぱその分、体の負荷っていうかすぐに出力を高めなきゃいけないので」

――遠藤選手とプレーできたことで

「航君は、普段から優しくしてもらってるので、何て言うんすかね、やりやすいというか、頼りになる存在だなっていうふうに感じます」

――プレーはもちろん、美味しいものを食べる経験もさせてもらえてのでは?

「そうっすね、良かったっすね(ニコリ)まあでも常になんすけど、いつもげーむをやってて、一緒にゲームをいっつもやって、ロシアでもやってたし、共同プレーで(笑)」

――代表で再会できるように

「そうっすね、頑張ります(ニコリ)」

――Jリーグを盛り上げるためにも、次、広島の勢いを止めてこちらが上にいかないと

「そうですね。だいぶ、うん、広島に絶対勝ちたい、アウェイですけど、勝ち点3を持って帰れたら本当にデカいと思います」

――そろそろでしょうか、何かが起きるのは

「そろそろっすね!そろそろ起こしたいっすねやっぱ!結果残したいっす、数字に残る(しみじみ)」

荻原選手のインタビューは、このあと19時からの〈You’re The REDS〉でお聴きいただけます

では

 

7月9日 「自分の良さを出して、観客を魅了できたら」

どうもです

天皇杯4回戦2日前のきょうは、午前11時頃に練習が始まりました

11対11での戦術確認に加えて、締めにはPK合戦を実施

かなり実戦に近いメニューが約1時間20分に渡って行われました

20180709_120106-

◇◆◇荻原選手◇◆◇

――充実してますか?

「充実してます(ニヤリ)」

――より吹っ切れたようで。ファーストタッチがピタリといけばそこから良い流れでプレーできているように

「なんか、またちょっとシーズンの始めと同じポジションというか、前目の位置で今できてて、けっこう攻撃に絡めるシーンが多いので、自分の良さが今出ていると思います」

――シャドーも面白いですか?

「そうですね、直接ゴールに絡めるという意味では本当に面白い…です!」

――大槻ヘッドコーチもよく練習の中で伝えていますが、ボールを受ける前にどれだけ周囲の状況を把握しておくかが大事

「常に周りの状況が変わるので、状況に応じた自分の立ち位置みたいなそういうのを取ることはユースから大槻さんに教わっていたので、いつも通りやればできると思います」

――PKは得意ですか?

「PKはまぁ・・・あんま、公式戦で蹴ったことがあんまないので、別に苦手意識はないです」

――きょうは右上のバーに当たる力強いシュートを決めました。凄い度胸を感じました

「あれはもう最初っから海君に『右上に蹴る』って言ってて」

――キーパーじゃなくて柴戸選手に?

「そうです(ニヤリ)」

――バーに当てたのも狙い通り?

「いや、バーは狙ってないです。本当に『右上に蹴る』って言って蹴ったので(ニヤリ)」20180709_122047-

――この中断期間というのを振り返っていかがですか?

「えーと、まぁ自分はまずロシアの方に代表で遠征で行ってて、まあ、なんか凄い高い意識の中で今回戻ってきて、けっこう思い通りというか、プレーの調子というか、調子じゃないけど、プレーの質が上がってきているのかと思っていて、良い手ごたえで今やれています」

――モチベーションが上がりまくった、と

「多分そうですね!モチベーションマックスで帰ってきたので、あまりあっちではサッカーをプレイできていなかったので、そういった意味ではサッカーに飢えてて、なおかつ代表戦を観て凄い《4年後に立ちたい》という思いで帰ってきたので、凄いモチベーションで帰ってきました」

――あの雰囲気を味わい感じたこと

「なんか改めてワールドカップの凄さっていうか、独特の雰囲気というのを味わえたので、新鮮というか、プロになる前を含めて、あんま観客席で座って観る経験がなかったので、良かったと思います。凄い日本は世界でも通用するということを今回のワールドカップで示してくれたので、生で観ていて感じたのですが、スタジアムが日本の雰囲気になることもあるんですよ、スタジアムの空気感が。コロンビア戦で逆転した時とか。凄いなと思いました。コロンビアのサポーターもすっごい多くて、サッカーの熱というか、そういうのがあるんですよね、そういった意味でもコロンビアサポーターがいっぱいいて、最初は自分の席には日本の応援歌が聞こえてこなかったんですよ、見渡しても一部分に集まってるなぁぐらいの感じで、それが途中でコロンビアに勝ち越した時に、日本の応援歌が初めて聞こえた感じで、なんか面白かったです!」

――誇らしい

「そうですね!」

――お手本になったプレー

「最後のところで体を張るみたいな、そういう日本ならではの闘争心というか、一体感みたいなものが他のチームよりも勝っているのかと思いました」

――ご自身はどうあるべきと思いましたか?

「日本の良さである、一体感とか規律が守れる部分といったものを持ちつつも、自分の“個”で打開できる選手にはなりたいと思いました」

――原口選手がまさしく

「そうですね、なかなか初戦では攻撃で目立つシーンはなかったと思いますけど、そういう意味ではベルギー戦で活躍できているのとかが凄いうというか、お手本になります。元気君は自分とはこれまで全然絡みがなかったんですけど、知っててくれたみたいで、なんか絡まれて、『ウォーイ!』みたいな感じで(苦笑)優しかったです(ニヤリ)」

――あさって、再開

「自分が途中から出たらチームの勝利に貢献できるように、自分の良さを出して、観客を魅了できたらと思います(キリッ)」

荻原選手のインタビューは、あすの<You’re The REDS>でお届けします

では