タグ別アーカイブ: 宇賀神選手

11月8日 「レアルを見据えて」

どうもです

川崎フロンターレとの天皇杯初戦を4日後に控えたきょう、練習は午前10時に始まりました

きのうから使われている天皇杯公式球でのウォームアップ後、午前10時55分からは、11対11でのゲーム形式へと移ります20161108_105637-1プレーエリアは、フルコートよりやや狭めで4分の3ほど

ペナルティエリアからペナルティエリアまでの通称“ペナペナ”です

メンバー編成はここ最近定期的に行われている、選手によるドラフト指名制度で今回は、ズラタン選手と、李選手が順にチームメイトを選んでいきました

白ビブスのズラタン組

→岩舘選手、加賀選手、イリッチ選手、森脇選手、関根選手、なぜか最初はボランチでその後シャドーへ移った興梠選手、阿部選手、宇賀神選手、伊藤選手、武藤選手、ズラタン選手

黄色ビブスの李組

→大谷選手、永田選手、那須選手、遠藤選手、駒井選手、柏木選手、青木選手、平川選手、石原選手、高木選手、李選手

開始早々、ズラタン選手がペナルティエリア内左よりの位置から左足でのシュートを決め、ズラタン組が先制します

負けじと「り ただなり組」は、平川選手が左のスペースへ飛び出し、岩舘選手の股間を抜く華麗な右足シュート

その後は右から石原選手が折り返したボールをファーサイド、高木選手が左足で押し込めば、再び石原選手が右からふわりと上げたセンタリングを、李選手がヘディングで追加点

さらには中盤から柏木選手が自ら持ち上がり、左足でネットを揺らし、李組がリードを広げることに

このままでは終われないズラタン組は左から武藤選手がまたいでまたいで、またいでまたいでのシュート性クロスを中央でズラタン選手が右足でつめて、追い上げにかかります

ゲームの終盤、監督は点が決まればそこでゲーム終了を意味する、「ラストゴール」を伝達

互いにチャンスこそ量産するものの、ギリギリのところで守備陣が踏ん張り、なかなか得点は決まりません20161108_113426-1宣告から約20分後、李組の遠藤選手が放ったループシュートがゴールバーを叩き、こぼれた球を石原選手が右足でズドン!

5対2で李組が勝利

長丁場のトレーニングは午前11時55分頃に終了しました

充実した表情を浮かべる選手達

中でも、きょうから全体練習に合流したケガ明けの宇賀神選手は、清々しい様子でした

◇◆◇宇賀神選手◇◆◇

――久々に目一杯ピッチを走ったと思いますが、感触などいかがでしたか?

「しんどいです、やっぱり(苦笑)3週間も離れてしまうとやっぱり体力的にちょっと落ちたなというのを感じますが(ニコリ)」

――あれだけ長いと、途中から別メニューというのもあるかなと思っていましたが、その辺、どんなことを考えていましたか?

「いやぁ、でも、良いトレーニングしたなと(笑)フィジカル的にも、ここでああやって長い距離を走ることで、リハビリの一環ではありませんが、最後の仕上げとして凄く良い練習だったと思いますし、善成がマッチアップしてお互いに走り合ったので、お互いに良いフィジカルが出来たかなと思います」

――結構、対面した駒井選手の左足のシュート精度に救われる場面もありましたが…

「まぁ、作戦通りです、打たせるのは。『打てっ』ってわざとスペースを空けて打たせました(笑)」

――やっぱり、今日はサッカーの楽しさというか、ずっと走ったりとか…というのが続いたので…

「まぁ、そうですね。本当にリハビリで少し離れると、自分が仲間はずれにされているような感覚になるので、こうやってみんなと一緒に出来るだけでも凄く嬉しかったですし、ボールを蹴らないでずっと我慢してやっていた分、ボールを蹴るのは楽しいし、ああやって終わってリフティングするのも楽しいです(ニコリ)」

――その混じった雰囲気というか、チームは今良い状態ですが、改めて、一緒にやって感じることなどいかがですか?

「やっぱり、リーグ戦で年間1位を獲るということを目標にやってきた中でリーグが終わって、次は天皇杯という違う大会なので、少し連休もありましたし、みんな若干スイッチ1回切ったなというような感じは一緒にプレーしてあったので、またここから自分も含めて本当に獲れるタイトルを全て獲りにいくという気持ちを練習の中から見せていかないといけないかなというのを、練習をして感じました」

――チームですが、宇賀神選手がケガをしてしまい…という後で、その宇賀神選手の分もチームは負けずに突き進んでくれていたというのを、見ていてどう感じましたか?

「僕の中ではルヴァンカップ決勝で優勝した後のリーグ残り3試合というのは、やっぱり選手として一番成長できる場だなと思っていた中で自分がケガをしてしまって、そこで試合をしている人達より成長できる機会を失ってしまったなって思いますし、その中でしっかりと結果を出し続けた選手達との成長度合いというのは、大分自分は遅れをとってしまったなという風に凄く感じていて、どうしてもあそこの、優勝した後の試合に出たかったなというのが一番の思いというか、成長して強さというのを見せた3試合だったと思うし、そこに自分が立てない悔しさというのは凄く感じました」

――ただ、その間も野崎さんのもとで色々見つめ直して鍛えられた部分とかあると思いますが…

「そうですね。外から見てそうだし、野崎さんと話をしながらリハビリしている中で、自分が自分のことを言うこととか分析することとかがないタイプですが、今の浦和に自分が必要だなと改めて確認できたというか、ちゃんと自分も力になれるなというのを外から観ても改めて感じたので、そういう意味でもケガをしてしまったというネガティブな部分ではなくて、きっとそういうのを気付かせて、もう一度成長するためのケガだったと思ってポジティブなリハビリが出来たと思います」

――1個、細かいところですが、宇賀神選手がいなくて思うのが、この間、関根選手と話をしたのですが…関根選手は左サイドのライン際で受けるとき、ボールに近い右足でトラップすることが多くて、本人曰く「左足でミスして、そのままボールがラインを割ると気まずいから、会場のため息が嫌だから(ニヤリ)」加えて、「宇賀神さんのその辺の技術が凄く高い」と言っていました

「あまり意識したことはありませんが(笑)ワイドというのはラインを背負っているので、その分気が楽というか、ボランチよりかは気が楽かと思うので、そういうところは無意識にできているかなと思います」

――その他、槙野選手の攻撃参加のタイミングとか、色々なところで何か、「やっぱり宇賀神ここにあり」というところを魅せたいと思うのですが

「そういうのも上から見ていて感じましたし、関根が出たり駒井が出たりして、もちろんあいつらの良さもあるし、自分の良さもあると思うので、お互いがそのいいとこ取り出来るような戦いをしていきたいですし、していかないとまた残りのCSを獲るのを難しいと思うので、本来、切磋琢磨し合ってというのが一番かなと思います」

――本当に凄いチーム

「まぁ、今は非常に強いチーム状況、良いと思いますが、また次の天皇杯で…というところが自分達の進化が問われる試合だと思っているので、ここでしっかりとしたサッカーをして、CSに繋げなければいけないなと思います」20161108_105644-11 ――週末の天皇杯には“川崎男”がやっぱり必要だと思いますが、次は視野に…どうですか?

「もう…、もうそろそろ(その呼び方)辞めて欲しいですね(苦笑)全然獲れていないので。でも、どちらかというと高木が“カップ男”というか、カップ戦男と。リーグ戦ダメなので…」

――次、どうですか?今週はまだですか?

「いやぁ、もう、全然。やるからには監督に選んでいただけるように準備しますし、自分も出るつもりで調整しています」

――まだ1ヶ月以上、クラブワールドカップもありますし、天皇杯も、楽しみが尽きない

「色々な人と話をすると『強いチームは大変だね』という風に言われますが(ニコリ)強いチームだからこそ、こうやって最後まで試合できるという有り難みを感じながら、有り難み、楽しみを感じながらプレーしたいなと思いますし、やっぱりこの今のチームではクラブワールドカップに出て世界と戦いたいという思いは、凄く、自分達にもあるしサポーターの人達にもそうだし、監督にももちろんそうだと思いますし、もう、レアルを見据えてサッカー、練習、普段やっていると、自分達もそれくらいの気持ちでやりたいなと思います」

――幸せ。本当にレアルを見据えられるのは

「そうですね(ニコリ)『何言っているんだ!』って思う人もいるかもしれませんが、本当にそれくらい自分達は強いと思うし、次の試合とCSでそれをしっかりと証明して、次の舞台にまたいきたいなと思います」

――ひとまず、復帰おめでとうございます。

「ありがとうございます!」

宇賀神選手のインタビュー全容は、このあと23時からの「You’re The REDS」再放送でもお聴きいただけます

では

RED A LIVE 2016.10.9 VS FC東京

☆浦和レッズ戦を実況生中継

埼玉スタジアム2○○2で行われる、「2016JリーグYBCルヴァンカップ準決勝第2戦・浦和レッズ対FC東京」の模様を実況生中継します。20161008_151814-1

RED A Live 2016
「 浦和レッズ 対FC東京 」
…10月9日(日)13:30~16:15(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ

20161008_180826-1

◇◆◇宇賀神選手◇◆◇

「ルヴァンカップ準決勝第一戦を欠場し、連戦を避けることが出来たので、コンディションは100%でないとダメかなと思います。自分自身、ゴールシーンだけでなく、試合を通して監督がやりたいサッカーは出来ているとは思いますが、やっぱりこの内容でサッカーできている中でもっともっと相手との力の差を見せつけないといけないかなという風には、特にこの前、上から見ていて感じました。もちろん、成長した部分は凄く大きくあると思いますが、なぜか元々そんなに守備が苦手だったわけではないのに、『守備が下手くそだ』と言われたので、僕はそこはもう《何でだろう》と思っていました。元々そんなに苦手意識もないですし、サポーターからも『守備が悪い』と言われますが、別にそんなことないかなと思っていました。もちろん、成長したという部分は沢山あると思いますが、元からそこまで守備に対する苦手意識は僕にはありません」20161008_152258-1「ガンバ戦の後半、相手に強くものを言う機会がありましたが、僕は元々そんなに喧嘩っ早い方でもないですし、ただ、やっぱりああいう風に仲間が傷付けられたりだとか、阿部さんの遠藤選手のシーンもそうですが、ルールがある中で相手をケガさせるプレーというのは許されるものではないと思うし、そういうのを見て見ぬふりを出来る人間ではないので、僕は、そういう意味であのシーンは行ってしまったというか、もちろん自分にとってマイナスの部分もあそこでカードが出て退場してしまえば、チームにもマイナスになる部分があると思いますが、ただああいう行為は僕の中では許されないと思うし、自分は仲間がやられて黙っていられる人間ではないなというところが出てしまったかなとは思いますが、そこも良い所であり悪い所でもあると思うので。残り試合も少ないですし、次も退場してしまえば勝っても決勝に出られないわけで、残り試合が少なくなってくればくるほど1試合の重みが大きくなってくると思うので、冷静な部分ももう少し出さなければいけないなとは自分でも思います」20161008_152702-1「第一戦は僕自身、メンバーに入りませんでしたが、どうしても現地で見たい気持ちもあって、上から全体を見てみたいなというのもありましたし、その中でヒラさんが出てきて、そのヒラさんの活躍するプレーを生で見られたのは自分の中で凄く刺激になりましたし、自分は入団してからヒラさんの背中を見て育ってきたし、成長してきたと思っているので、本当にさすがだなと言う部分と、今は自分の方が多く試合に出ていますが、この間自分が出ていない中でああいうプレーをされて《まだまだ負けないぞ》という気持ちも自分は出てきました」20161008_152907-1「今シーズン、FC東京とは今まで3試合やってみて、全て凄く難しい試合だったと思うし、全部先制されているので、特に明日の先制点というのは、両チームにとって非常に大きなものになると思うので、そこをまず一つのポイントにして置いてやりたいなという風に思いますし、特に東京戦は前半が少し重いなという感じの中のプレーなので、チームとして、そこをピリッとさせることが重要かなと。自分が上で見ててもそうだし、この間ピッチレベルで感じてもそうだと思うので、そこをどういう風に戦っていくのがポイントかなと思っています」

201603051909000

Come On! REDS…12:00~12:55
REDS After The Match…17:00~18:55

・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!

20160428_181912

・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。

12:00~12:55 Come On! REDS
13:30~16:15 RED A Live 2016(延長の場合あり)
17:00~18:55 REDS After The Match

・以下の番組は放送時間が変更となります。

10:00~10:55 シック、すっく、シュクル

・以下の番組は休止します。
13:00~14:55 村田綾のKeep Smile

15:00~15:55 ドラミューアゲイン

16:00~18:00 フォーク・スクランブル

18:00~18:55 埼スポウィークリー

実況M

8月16日 「オリンピック組がいない間にチーム力がグッと上がったと思う」

どうもです

オフ明けのきょう、選手達は午前9時20分頃ピッチに姿を現し、そこからは約1時間のトレーニングを実施

週末の大事な、楽しみな、心弾む大一番を前に、恒例のフィジカル系メニューできっちりと”体起こし”を行いました20160816_100851-1

◇◆◇宇賀神選手◇◆◇

――今、連勝が続いていて、非常に良い流れで来ているように感じますけど手応えいかがですか?

「まぁ個人としてもコンディション上がってきましたし、チームとしてもこの夏の闘い方というのは今のところ出来ているのかなと思いますし、90分間通して、特にこの3試合というのは、試合巧者の戦いが出来ているのかなと。もちろん相手の順位が低いということもあると思いますけど、自分達が優位に試合を進められているのかなと思います」

――それはもう、経験上で「気の緩みが一番の敵だ」ということを何度も味わっているからこそ、このあたりできちっとやるべきことを出来ている面も強いと思いますけど・・・

「まぁ毎回、別に下位のチームとやる時に気を抜いているわけではないと思いますけど、ただそういう試合というのは上位のチームとやるより難しいというか、相手は負けて当たり前くらいの気持ちでウチと戦ってくると思うので、そういう相手とやるというのはなかなか難しいかなと。監督も言っていましたけど、日本のリーグは最も実力差がないリーグだと思いますし、それは天皇杯でもよくジャイアントキリングが起こるように(苦笑)そういう下のチームとやるというのは難しいことがある中で自分達がこの3戦というのを、選手達も何度も言っていましたけど『最低でも勝ち点9』ということを全員で掲げた中で、今までの下位相手に取りこぼすという経験を踏まえてのゲーム運びが出来たのかなと思いますけど」

――効果的な走りというところで、昨年のFC東京戦の味スタが良い例ですけど、最近も槙野選手がバンと前に蹴り出して、中に蹴ったかと思いきや鋭くカーブがかかって実は左サイドに渡るみたいなパスがあります。あの呼吸というのは、長年の積み重ねもそうですが、やっぱり事前に感じるものですか?

「まぁそうですね。だいぶ相手に研究されつつあると思いますけど(苦笑)それでも成功しているのは槙野の質もあると思いますけど、なかなかそこから得点につながっていないというのがあるので、この間の試合でも、やっぱりあれは1点ものだったと思うし、そういうところを自分が最後、サイドのところ精度を上げていければもっと脅威になるのかなと思いますけど。またそこで相手が裏を警戒することで自分の足もとが活きてきたりとか駆け引きの幅が広がったりすると思うので、研究されても《かかってこい!》という感じですね、僕からしたら(ニコリ)」

――相手の方が最初近い位置にいても宇賀神選手が《絶対追いつくんだ》という凄まじい気迫で走るので、次第にディフェンスも焦って、それでつながっているという場面が多いかと、やっぱり気持ちって大事かなと思いましたが?

「まぁこの間の名古屋戦も、槙野が良いところに落としてくれたというところがありますけど、自分がそこを諦めずに全力で追うことで何か起きると思うし、そこから自分が諦めるのではなくて、相手ボールに渡ったとしても自分がプレースにいくことで次にボールを獲れたらということもあるので、最後まで寄せ切るだとか、そういう最後の部分というのはこの暑い中で最も重要なことなのかなと思っていますけど」20160816_103528-1――名古屋戦の終盤、さすがに疲れている様子でしたけれど、そこまで逆に走れているというのがもの凄いものを感じたのですが…

「自分達は今、追いかける立場なので、どんな…1分、1秒無駄に出来ない状況ですし、今までの経験も踏まえて、自分達は、今は結果が出ていますけど、最終的にずっとトップに立てていないので、そういうことも踏まえて、こういう時期でもやりきらなければいけないなということを意識してやっています」

――その背景には、出られず悔しい思いをしている選手の分もという思いも強いと…

「そうですね!そうですし、そういう選手達に対して自分が高い質のプレーをすればその人達もまだまだ負けていられないなと思うと思いますし、そういうところの相乗効果の意味も含めて、自分が、ピッチに立っている選手が結果を出し続けることは重要かなと。練習試合も多く組まれていますし、そこで自分も《強いチームに割って入るぞ》という気持ちを持ってくれると思うので、そこは自分達、出ている選手の責任としてもっともっと質の高いものを見せていかないといけないかなと思います」

――高木選手が実際ここ数試合出て、宇賀神選手が凄いその辺を感じさせたと思うので…

「僕がやっぱり、近いポジションでやっている選手に対して、その選手の特徴をどれだけ引き出してあげるかということが自分の仕事だと思っているので、そういうことはこの3試合でトシも何か感じてくれたかなとは思いますけど(ニコリ)はい」

――本当にもう、まだ火曜日ですけど、こんな楽しみな週末はないかなというくらいの…

「そうですね」

――Jリーグ全体としても…

「はい!僕はビビりなので、恐いですけど(苦笑)でもまたね、沢山の人が集まってくれると思いますし、今年に関して言えば、5万人越えの試合はなかなか結果を出せていないですし、前回僕は鹿島戦で沢山集まってくれた試合で、自分がその試合を台無しにしてしまっているので、次こそ、観に来てくれる人に勝利を届けたいなと思いますし、やっぱり何かを感じて帰ってもらいたいので、自分のプレーに《宇賀神、熱いな》とか、気持ちの部分でも良いから感じてもらえればいいかなと思います」20160816_103530-1 ――どこが勝つためのポイントに?本当に拮抗した戦いになると思いますけど…

「単純に目の前の相手に1人ひとり勝てば、勝つということが一番重要かなと。目の前の相手に対して《絶対勝つんだぞ》という気持ちがあれば、自分達の、浦和レッズのクオリティだったら必ず上回れると思いますし。まぁオリンピック組も戻ってきてくれますし、チームとしてオリンピック組がいない間にチーム力がグッと上がったと思うので、そこでまた合流してまた1つ、チームとして強い浦和レッズを魅せられると思うので、まずは自分達のサッカーを信じて目の前の相手に勝つということが勝利に一番近づくかなとは思いますけど」

――ここ数試合の宇賀神選手を観ていれば、正しく説得力があるというか、そう感じがしますけど

「まぁ自称“夏男(なつお)”なので(ニコリ)そこからまだまだ暑い日々続きますし、まぁ次こそは結果でそこを証明したいなと思いますけど」

――フロンターレ男でもありますし…

「はい。と言われて、なかなか獲っていないですけど…(苦笑)まぁ、でも、夏、8月になってコンディションが上がってきていますし、自分の中でも走れているという手応えもあるので、きつい時にチームを引っ張れるくらい走りたいなと思いますけど。まだ、火曜日なので、ゆっくり土曜日に向けて調整したいなと思います(ニコリ)」

――試合前、槙野選手、武藤選手の左サイド組でいつもおまじないをしていて、この間、高木選手が左のシャドーに入った時にやり方わからないようでしたが、あれはどんな意味というのが…

「はい(笑)ただただいつも左で、俺とマキと武藤でずっと同じ3人でやっていたので、『何か格好良いことやれたら良いね』と槙野が言い出して、やりました(汗)格好良いかどうかわかりませんけど、やっています(苦笑)」

――気に入っていますか?

「まぁ、改良の余地はあるでしょうね(ニコリ)」

宇賀神選手のインタビュー詳細は、今夜7時(再放送は23時)からの「You’re The REDS」でお届けします

では

 

8月2日 「本当に練習は嘘をつかない」

どうもです

「間違えて遅刻しそうになった」

そんな冗談がチラホラと聞こえてきた大原

サマータイム導入とも言えましょうか、今週から通常の練習開始時間が1時間早まりました

20160802_095736-1

メニューとしては、オフ明け恒例のフィジカル系メニューが中心

20160802_101332-120160802_101334-120160802_101335-1

練習が終わり、一通り取材もした頃に晴れ間が差し込んできたのは、偶然でしょうか

早まることも、悪くないです

20160802_101418-1

◇◆◇宇賀神選手◇◆◇

――きょうから練習が午前9時スタートになりましたが、リズム的なものなど、いかがですか?

「いやぁ、朝、苦手なので早いです(笑)でも終わるのも早いですし、終わった後は気持ち良いです。頑張っています」

――今朝は起きるのも…

「辛かったです(苦笑)でも、夏場のコンディションという意味でも、早く寝られる、早く起きなければいけないので早く寝られるという意味でも、この夏はコンディションが一番大切だと思うので、そういうところをチームもそういうところを考えての練習時間だと思うので、自分もこの夏しっかり、乗り切るだけではなくて、しっかり結果を残しながら乗り切りたいと思うので、しっかり準備したいなと思います」

――やっぱり、毎年、サマータイムで効果というか、違いますか?1時間早いと

「どうなんですかね?でも、10時から練習で11時、12時とどんどん暑くなっていくので、実際体感的にはそんなに変わらないですけど、天気良い時には、ただ、そういうサッカー以外の時間も意識する良いきっかけになるというか、こんな時間が早くなるというのは、そういう意味でも良いのかなと思います」

――さきほど話した“結果”というところで、甲府戦ではイメージ通りのプレーが得点につながったと思いますけど、いかがでしょうか?

「甲府戦の週が始まってから、ずっと甲府戦というのはいつも以上にワイドな選手がキーポイントになるということを練習だったり、ミーティングを珍しく週に2回やって、その中でワイドが勝負を分ける、勝敗を分けると監督からずっと言われていたので、そこの部分は自分個人も強く意識していましたし、累積で出られなかった鹿島戦をテレビで観ていて、鹿島相手にあの勝ち方をして、自分のポジションで出た選手もしっかりとアピールしていたというところを考えて、自分ももう一度やらなければいけないなという気持ちの中、ああいう形で得点に絡むことができて非常に良かったなと思いますし、チームとしても2得点ともサイドから崩しでゴールが生まれたというのは非常に良いことだなと。次の対戦相手はそこを、ゴールの部分を見て研究すると思うので、そうすることによって、より中が空いて来ると思うので、そういう意味でも非常に良いきっかけになる、チームとしても個人としても良いきっかけになるゴールだったかなと思います」

――今、研究と言いましたけど、先週の練習を見ても、ダイレクトで強めに蹴ってみたり、本当に色々なパターンを試していたと思うので、まだまだ引き出しはあるのではないかと…

「そうですね!甲府の監督は試合前に『浦和の攻撃はパターン化されていて、それがわかっていれば守れる』みたいなことを言っていたそうですが、結果的にそういうのではない形でゴールも生まれましたし、自分達はまだまだ未知数な部分がたくさんあるかなと思います」

――あと、そういう意味で、武藤選手をアシストできたというのも…

「そこもまだ未知数だと思いますけど、なかなか…。同じサイドでやるので、僕のクロスを武藤が入れるっていうのはなかなかない形だとは思いますけど、単純にあの週は、シュート練習をしている中で武藤が中に入ってくれて『こんな形はないけどやっておこう』っていうのが、うまく…。自分達も当日、僕もロッカールームで、武藤が右でと知ったので、たまたまですけど、そういうのが、たまたまうまくいったとか…。ただ、そういう練習をしなければ、そういう形も生まれなかったかと思いますし、本当に練習は嘘をつかないなというようなゴールだったと思います」

――そういう意味でも、次が楽しみですけど、対戦相手という意味でも宇賀神選手とつながりのある選手が多いですから

「そうですね。次の湘南というのは浦和でやっていた選手が多くいるチームですし、サッカーという部分でも相手もやっぱり守備的にではなく、攻撃的にというチーム同士が当たる試合だと思うので、すごくやりがいのある相手かなと。相手もなかなか結果が出ていないですけど、それでも自分達のサッカーを貫くのが試合の中でも見えますし、それを自分達がしっかりとホームで、自分達の力でねじ伏せたいなと思います」

――坪井選手、山田直輝選手、岡本選手、などなど…特に意識している中で楽しみな部分というか…

「まぁ、みんな楽しみですけど、個人的にはツボさんとやるのが凄く楽しみかなと。ツボさんが浦和にいる時も練習の中からお互いに駆け引きしながら練習するのが凄く楽しかったですし、練習終わった後に『今日は俺が凄かった』とか、お互いに『あの駆け引きは俺が勝った』とか、そういうのを楽しみながらやっていたので、それをまたああいう舞台でできれば一番楽しいなと思いますし、そこの駆け引きの部分はツボさんの方が百戦錬磨で、一歩も二歩も上を行くと思いますけど、そこで上回ったりとかすることによって、自分の成長も確認できると思いますし、チームの勝利にもそこがキーポイントになると思うので、ツボさんとの対戦は非常に楽しみにしています」

――駆け引きというところで、練習でも色々と周り活かしたプレーが見えます。この間の甲府戦の2点目の高木選手もそうですけど、あともう一つ、カットイン、ウガゾーンも久々に炸裂するかなと…

「そうですね。周りを使う余裕プラス自分の個の部分出していかないといけないと思うので、そういう、周りを使うことプラスシュートを打ったりとか、ゴールに絡むプレーをより意識していかなければいけないと思いますし、自分個人としてリーグ戦初アシストなので、ここまでなかったというのは情けないことですし、ゴールもまだ1つしかないので、もっともっと後半戦、グッとギアを上げていけるようにしたいなと思います」

――次、ホームで多くの方の前でプレーするのもそうですが、日々の練習で練習生が参加していて、彼らにとって最も身近なお手本が宇賀神さんになってくると思います

「ユースの選手は今回2人来て、少し長い時間練習参加するということなので、そういう練習の中からプロの厳しさだったりとか、もちろん言葉で伝えてあげるのも大事だと思いますけど、肌で感じ取ってくれるということが一番重要だと思うので、3年生は一人ですけど、プロ行くにしても行かないにしても、確実にこの1ヶ月というのは財産になると思うので、そこを何か感じ取ってもらえるようなプレーというのを意識したいなと思います」

――次も期待しています。

「頑張ります!」

きょうは生放中の更新とさせていただきましたが、宇賀神選手のインタビューは、このあと23時からの「You’re The REDS」再放送でお聴きいただくことが出来ます

では

6月8日 「この練習が出来るようになればゲームでも高いクオリティで出来るんじゃないかな」

どうもです

昼下がりの蒸し暑い大原で、練習は午後1時から始まりました

20160608_133430

リーグ再開まであと3日、代表組も帰還

ボール回しまでは全体練習に参加し、その後は軽めのジョギングで切り上げています
20160608_133722-1jpg20160608_133752-1

午後1時45分からは、4分の3コート”ペナペナ”での11対11ゲーム形式へ

「相手が嵌めてくるのであれば・・・」

と監督

約8分間と少し長めの説明を経て、ゲームはスタートします

ディフェンスゾーン、ミドルゾーン、アタックゾーン

無数のマーカーによりプレーエリアは3分割されました

ディフェンスゾーンに5人、アタックゾーンに5人、すなわちミドルゾーンは空洞になります

そこへ、「パッと寄せて外す!」前線の選手が縦パスを受ける際、1人は中盤へ降りて可のルール

出し手と受け手の呼吸が合わなければ、くさびのボールはつながりません

そして、前線にボールが渡ったら後の5枚は瞬時にミドルゾーンまで押し上げることが義務づけられました

20160608_134844

「相手を食いつかせて裏を狙う!コンビネーションしつつ、周りもしっかり見よう!」(監督)

ポゼッションをしながら相手を食いつかせ、一気に急所を突く

奪われたらコンパクトな陣形で即座に奪い返す

そういった流れを自然と体へ染みこませる意識付けでしょう

ファーストプレーで自ら持ち上がり、いとも簡単にミドルシュートを蹴りこんだ阿部キャプテン、さすがです

20160608_135407

午後2時10分、スタート時は全フィールドプレーヤーがミドルゾーンに入ります

6回以上ボールをつないでからアタックゾーンへ侵入して良し、という流れ

熱血指導を続ける監督は、回数をカウントしていた杉浦コーチの声が小さいと顔を真っ赤にして指摘

選手からは「聞こえている」と声が上がっていましたが、周囲へも”気合い”を求めた一幕とも取れます

「動き出してボールが来なかったら、ポジションを取り直そう!」(監督)

超密集地帯の中、素早い判断とプレーに磨きをかけ、たとえ呼吸が合わずとも、様々なアプローチでゴールを目指す選手達

20160608_140402「必ず動かしながら狙う!」(監督)

パス交換”ありき”にならぬよう、促しつつ

「次のボールを予測した動きを!」(監督)

日頃のアップで行っている”鳥かご”もこのような瞬時の判断が求められる際に活きるのでしょう

午後2時25分、給水の際には「間延びしないように押し上げて」(監督)

規律遵守を徹底させます

さらには、「バタバタしないように!」とも

スムーズなボール回しで相手のチェイスをいなせば、同時に相手のスタミナ減にもつながるということ

そして、生まれたスペースを突く

梅崎選手が颯爽と右サイドを駆け上がり、中央へ折り返すも、一歩合わず

それでも、守備でゴール前に戻っていた平川選手は、「ボールの質が良すぎて、触ったらオウンゴールになっていた」と振り返った、好クロスでした

ゲーム開始から約50分が経過、練習は長丁場に

「大丈夫!トレーニングだから!アイデアを持ってプレーしよう!」

と監督はポジティブな声掛け

フリック、3人目の動き、大胆なフィード・・・

暑さに負けず、選手達は前向きなトライを繰り返しました

練習は午後2時50分頃に終了しています

20160608_145230

◇◆◇宇賀神選手◇◆◇

――この中断期間、どのような意識のもと過ごしていましたか?

「直近のリーグ戦2試合とソウル戦を含め、4試合あったけど、そこでやっぱり、なかなかゴールが取れていないので、自分達は非常に良いゲームをしながらも、得点が奪えていないので、そういうところでコンビネーションの部分から最後の詰めの部分という意識しながら練習しているし、あとはこれから厳しい連戦が待っているので、気持ちと体、心を休めながら徐々に試合に向かって行ければという感じでいる」

――きょうも監督の情熱がヒシヒシと伝わってきました

「はい、そうですね。連戦があってコンビネーションとかの細かい部分での練習が出来ていなかったので、選手も頭の中では監督のやりたいサッカーが整理されているとは思うけど、やっぱり久々に戦術的な練習をすると、なかなかうまくいかない時間帯だったりが多くて、監督も少しうまくいかない中で、ピリピリしたのかと思う(苦笑)」

――きょうの変則的ゲームではどのようなことを意識して取り組んでいましたか?

「やっぱり狭い中だと、なかなか考える時間が少ないので、その中で選択肢をひとつにするのではなく、いつも通りに二つめ三つめということを考えながらプレーしないと、うまくコンビネーション出来ないので、そういうところは普段より頭の回転を速くしながらプレーしていた」

――最後、監督が選手を集めたときはどんなお話が?

「レベルが上がってくると、プレースピードだったりプレー判断というのの精度がより求められてくるので、こういった狭いエリアの中でいかに良いプレーが出来るかということを意識するようにと。『自分達はJリーグのレベルだけでなく常に上を目指しているので、そういうところを意識してやろう』という話だった」

――プレー制限のない本番でどれだけのことが出来るか、楽しみなのでは?

「そうですね、本当に(ニコリ)試合より練習の方が全然難しいので(苦笑)この練習が出来るようになればゲームでも高いクオリティで出来るんじゃないかなという風には思う」

――これから怒濤の5連戦。最初が非常に大事になると思いますが、鹿島というと昨年10月に対戦したあと、「いやぁ鹿島、強い」としみじみと語っていた宇賀神選手が印象的です

「そうですね、去年闘った中で一番強かったなと思う相手なので、その監督が引き続き指揮を取っているので、よりコンビネーションであったり完成度は高くなっていると思うし、今シーズンも上位にいるということは、それだけの強さを示しているということなので、自分達のホームスタジアムで出来ることで、5連戦の1発目で鹿島を優勝争いから引きずり降ろして、自分達が勢いに乗れれば良いかと思うけど…まあ、“連戦”と言えど、“目の前の試合”で全力を出して、先を考えないでプレーしたい」

――応援する方の中には、先日南三陸地方で交流した方々も

「『沢山、浦和レッズを応援してね』と仙台だけれども、『ベガルタ仙台もあるけど浦和レッズを応援してね、宇賀神友弥を応援してね!』と言ってきたので(笑)沢山観てくれると思うので、直接触れ合った選手が試合に出て活躍すれば、それは嬉しいと思うので、それが自分ができる復興の手助けだと思うので、そのためにもしっかりと勝って、良い知らせが届けばと思う。自分達は、プレーで、結果で勇気を与えられると思うので、そのためには結果を出さないとメディアにも取り上げてもらえないと思うし、まずはチームの勝利を届けたい」

――5連戦もハードですが、もっと大変な思いをしている方々がいると

「そうですね、間違いないです。昨年も行って、今年も行って1年が経ったけど、やっぱ南三陸という街はなかなか復興と言えるような状況でなかったので、自分達が元気にこの環境でサッカーを出来ているかというのがいかに幸せかということがわかったので、そういう思いも感じながらプレーしたい」

副キャプテン・宇賀神選手のインタビュー詳細は、今夜7時(再放送は23時)からの「You’re The REDS」でお届けします

では

5月22日 「”闘うんだぞ”というところを見せなきゃいけないし、見せられるという状況が楽しみだし、好き」&「自分は若い方なので、しっかりやっている姿を見せればチームの士気も上がる」&「次は総力戦だと思う」&「僕らがプレーで恩返ししてね、一緒にね、熱く喜べるように、興奮できるように、感動できるように」

どうもです

ジリジリと強い西日が照りつける大原

FCソウルとのセカンドレグに臨むべく、韓国への移動を翌日に控えた練習は、午後2時頃から始まりました

ウォームアップ後は、「奪われたあと、失ったあとの切り替えね!」(監督)

11対11でのハーフコートゲームへと移ります

「GO!GO!強く!!」

そう声を張り上げた阿部キャプテンは言葉のみならず、プレーでもチームを牽引

中盤で危険な箇所の芽を摘み、すぐさま二次攻撃へとつなげます

「スーパーーアベ!」(森脇選手)

引き締まったムードで試合形式の練習は進行

「サポートサポート!永田サポート!!」(監督)

岩舘選手が柏木選手によるDFライン裏へのノールックパスを完全に読み、抜群の飛び出しで火消しに成功すれば、

「ナイス!!」(土田GKコーチ)

「その前にも一度同じパスがあったので、2度目は予測できていた(爽笑)」(岩舘選手)

20160522_144324-1

午後3時、給水タイムへ

監督は、

「うまく3人目を活かすように!奪ったら黄色か青(両チームの前3人)に必ず出すように。あるいはスペース。奪ったら縦への意識を持とう」

そして、

「パススピード!シュートみたいに強いボールを!」

しかし、ビブス組の連携がどうもしっくりきません

午後3時7分、フリーズがかけられます

ゆっくりとピッチ中央へと歩み寄る指揮官

身振り手振りステッキ振りでボール供給や動き出しのタイミング、3人目を絡めた連動について指導を加えました

「動き出しを早くしよう。瞬間的に相手より早く動くことで置き去りに出来る。次の展開を予測しよう!」

今まで何度となく言われてきた約束事が改めて監督の口から発せられたことも相まって、選手達はコンビネーションの必要性をより意識したプレーを披露します

ビブス組が右サイド攻撃を繰り出すと、関根選手の折り返しにニアで武藤選手がつぶれ、ファーで待ちかまえた宇賀神選手が右足でフィニッシュ(2014年のホーム川崎戦のゴールにそっくり)

「ブラーヴォ」(監督)の声も徐々に増え始めます

ただし、やはり暑さは難敵

時間の経過と共に運動量は低下していくことに

すると、それに連れて遠藤選手の活動量が高まり、インターセプトからの持ち上がりによる積極的な攻撃参加でアクセントになるなど、最終ラインからチームをプッシュアップします

20160522_144716-1

ラストゴール宣告後も互いに譲らず

長丁場の様相となると、「跳ね返すメンタルだっ!頑張れっ!」(槙野選手)

快足スプリントで右サイドを何度もアップダウンする平川選手を軸に、ビブなし組は決定的チャンスを迎えます

しかし、ボールは二度もゴールバーを叩き、西川選手がキャッチするとビブス組はすぐさま”素早い切り替え”からカウンターアタックを敢行

右サイドの関根選手が上げたライナー性アーリークロスをファーサイド、宇賀神選手がジャンプヘッド

ボールは確実にゴール右隅へ吸い込まれました(昨シーズンのアウェイ柏戦で武藤選手が挙げた同点ゴールにそっくり)

「ウガ、クロスでしょ!?」(監督)

「ガンバ戦みたい!(ビッグスマイル)」(西川選手)

そう、チャンピオンシップではチャンスからのピンチで決勝点を許しましたが、この日は”跳ね返すメンタル”で逆パターンを体現しました

ビブなし組の奮闘も目立ったので、次のスタメン、読みづらいです

心・技・体を駆使した充実のトレーニングは午後3時30分頃に終了しています

「使っちゃったかもしれない(苦笑)」

とラストゴールを振り返るのは宇賀神選手

「決めてくれるでしょ!決めてくれるでしょまた!」(武藤選手)

後輩の声に肯きつつ、

「もう、ストライカーのゴールだった、あれは(ニヤリ)まあでも、僕は今までだとああいうゴールが練習であると《うわぁ使っちゃったな》と思うタイプだけど、さっき忠君と話してて『違えぞ!乗ってきてるんだぞ!』と言われたので、そっちの考えでいきたい(笑)忠君のメンタルも借りたいと思う」

次は、アウェイの雰囲気の中で闘える楽しみもあるはず

「そうっすね、相手は選手サポーター共に絶対に勝つしかない状況だし、やっぱ自分のホーム、自分の国で負けるわけにはいかないっていう気持ちで強く持つと思う。それに対して、それ以上の気持ちを持って”闘うんだぞ”というところを見せなきゃいけないし、見せられるという状況が楽しみだし、好き。そういうのが」

と日焼けした頬を緩めたものの、

「日本のチームは韓国でなかなか勝てていないし、今年は広島も大差で負けているので、本当に日本のプライドを持って気持ちで闘いたい」

そのようにグッと表情を引き締めました

20160522_152111-1

上記の通り、遠藤選手はきょうもまた、クレバーなプレーで存在感を示しました

――浦和ならではの暑さを体感したかと思いますが、良いトレーニングが出来たのでは?

「そうっすね(ニコリ)これからは暑くなってくるのは仕方がないし、これを言い訳には出来ないので、しっかり、うぉっ!(※後から柏木選手に突っつかれる)暑い中でもやることはやらないといけない」

――みんなが疲れてきた頃、遠藤選手がさらに運動量を上げて活性化させていたように見えました

「まあこういう時にやっぱ、自分は若い方なので、しっかりやっている姿を見せればチームの士気も上がると思うし、俺とか関根とか若い選手が何人かいるのでそういう選手がこういう時に“雰囲気を良くする”じゃないすけど、運動量を多くしていければ良いかと思う」

――本当に頼もしかったです

「ハハハッ(笑)こういうきつい時にどうするかが凄い難しい。メンタル的にはもちろん難しいけど、もうひと頑張りするのは意識していきたい」

――きょうはマークしていたズラタン選手にほとんど仕事をさせていませんでしたが、次へ向けても良いシミュレーションになったのでは?

「まあいつもズラタン選手とはやっていて、フィジカルも強いし、凄く良い相手と対戦させてもらっているなと普段の練習から感じている。ズラタン選手も良いプレーヤーなので、その辺は良いイメージで臨めると思う」

――前回の対戦で感じたこと、次に活かしたいこととしては?

「前半みたいな戦い方をしっかりと出来れば良いと思うし、あんまイチゼロのリードは考えずにしっかり次も勝つことだけを考えてやっていけばいいと思う。ただ一点取られたとしても、焦らず自分達のリズムでやれるという落ち着きも必要になるのかと思うし、あとはリスクマネージメントのところで、何回か裏を取られてキーパーとの1対1になりそうなシーンとかシュートを打たれたシーンとかがこの前の試合でもあったので、それは無くさないといけない。もちろん、頭の片隅にはリードしていることを置いておいても良いと思うけど、変に《1点ある》と考えない方が良いかと思う」

――きのうのオリンピック代表の試合は観ましたか?

「はいまあ一応観ました。内容的には凄く悪くなかったとは思うし、ボールを動かす位置をもう少し全体的に高くできれば良いのかなとは感じた部分があったし、悪い流れの時に失点してしまったりとか、2点目を取りに行けそうな時、逆にフリーキックから失点したりとか、やっぱりそういう際のところでやられちゃうと、ああいう風に負けてしまうというのはみんな肌で感じたと思うし、観ててもわかった。次はやっぱそういうところで失点しないとか、逆に自分達の良いリズムの時にしっかり点を取り切っちゃうとか、そういう勝負どころをしっかり見極めてやっていければ良いかと思う」

――彼らも短いスパンでドンドンゲームをする分、遠藤選手も韓国で刺激的な良い経験を、良い結果と共に得てもらえればと

「はい(ニコリ)チームは別でやっているけど、各々しっかりとみんなが良い経験をしてリオに臨めるようにやっていければ良いと思う」

――番組へも遠藤選手を称賛するメッセージが沢山寄せられています

「ハハハッほんとっすか!?(ニッコリ)まあでもこういう自分の良さをこれからもしっかりと、安定感を出してやって行けるようにしたいです。ありがとうございます」

20160522_144754-1

押し込まれる時間も想定すれば、那須選手の出場停止明けポジティブな要素

練習後はダッシュを反復するなど、滝のような汗を流していました

「良いトレーニングができた、はぁっはあ・・・次は総力戦だと思うので、残りの90分間をね、みんなで一丸となって闘うしかないと思うので、自分もどのタイミングで出るとしても、いろんな想定をしながら準備していきたい。色んな状況が考えられるので、色んな準備をしないといけない。頭からでも行けるようにしたい。もう上がって良いすかっ!?(汗だく)」

セットプレーからのゴールにも期待です

20160522_155232-1

結びは、赤き求道者・梅崎選手

――きょうは今年一番の暑さだったように感じますが、練習後も走り込んでいた姿に頭の下がる思いです

「いやいやっ(苦笑)コンディショニングのひとつをやっているだけなので…はい」

――お顔がかなりシャープになったように見えますが?

「どうなんすかね!?きのうも言われたので、自分ではわからないすけど、あんまり体重とかは変わっていないので」

――逆に懸垂マシーンの効果なのか、肩周りが凄くガッチリしたようにも

「あーあるのかもしれないすね(ニコリ)野崎さんも言ってたので」

――よりバランスの良い上半身になったのでしょう

「あーホントすか!?(ニコリ)」

――きょうのトレーニングでは動き出しの部分などの確認が行われていて、梅崎選手の良い反応が見て取れましたが、フィーリングはどうでしたか?

「フィーリングは悪くないすね、はい。動き出しのタイミングだとかポジショニングの取り方も悪くなかったと思う」

――最初は左サイドで、そのあとはシャドーへ。それぞれの頭の切り替えなどはどう意識していますか?

「まあシャドーの方がよりアンテナを立てて、もっと周りを把握しながら敏感には捉えていこうとイメージしている」

――シャドーの際、監督が「もう少し絞るように」と言ったニュアンスのアドバイスを送っていたようですが?

「はい」

――その辺をすぐに実戦できていたところに梅崎選手らしさを感じました

「はい、言われて意識はした(ニコリ)」

――ファーストレグの対戦を踏まえ、次の試合に活かしたいことは?

「1戦目のリードは有利に使っていきたいけど、1戦目と全く違うチームだと思うし、相手はホームというアドバンテージを活かしてよりアグレッシブに、より激しく闘ってくると思うし、本当に1戦目の印象で闘うというよりは、“新しいソウル”という気持ちで闘うことが大事」

――同じ韓国勢でいえば、2013年の全北アウェイ戦では立ち上がりに2点を奪いその後追いつかれたことがありました。そういった経験も活かせれば

「そうですね、先制点を取られないことが重要だと思うし、うまくバランスを見ながら…けどやっぱり守りに入るのではなくて、しっかり自分らの戦いをしながら、バランスを取りながら先制点を狙いたい」

――色々な状況が想定されますが、シャドー、両サイド、どんな流れでもあらゆるポジションで対応している梅崎選手はとても大きな役割を果たせているはずです

「まあね、今の立場はベンチスタートが多いけど、どこでどのポジション、どのタイミングで出てもね、必ずチームのために貢献することは常に意識している。だからといってそれに満足しているわけではないし、もっともっと自分自身を魅せる自信もあるし、その準備も両方していきたい。最低限というか、最高の準備をしていくことが未来につながっていくと思うし、そこをイメージして準備していくだけ」

――前線の選手達のプレーを見ていると、次は梅崎選手がスタメンの可能性もあるかと踏んでいます

「まあ、ハハッなんともわかんないすけど僕も(苦笑)まあでも常にその準備はしているし、どのポジションであろうとチームのために闘い、自分自身を表現して、さらに自分の価値を高めていきたい」

――グループリーグが免除された2008年に準決勝までを経験していますがそれはそれとして、もっともっと上のところでの闘いを味わいたい思いが強いのでは?

「そうですね!間違いなく大きな経験として1試合1試合が自分の中に刻まれてきているし、それをリーグ戦でも行かせていると思う。さらに高いステージに行けばレベルアップ出来ると思うので、そのイメージを持って行きたいと思う」

――サポーターもまだまだ先を信じて、貯金や節約をしているでしょうから

「はい!(ニコリ)まあ、ね?出費は大変かと思うけど、その分僕らがプレーで恩返ししてね、一緒にね、熱く喜べるように、興奮できるように、感動できるように、そういうシーンを沢山創っていきたい」

――どんな展開になるかはわからないので、本当に頼りにしています

「はい!頑張ります!ありがとうございます(ニコリ)」

一歩一歩着実に、さらなる高みへ

最高の歓喜を味わうのは、まだ先

だからこそ今、立ち止まってはいられません

各選手の声は、あすとあさっての「You’re The REDS」で紹介します

では

4月22日 「この川崎を止めるのは自分達しかいない」

どうもです20160422_122857

20160422_113041

日向にいれば、汗ばむ陽気

シドニー戦2日後であり川崎戦2日前のきょう、桜から新緑へと様変わりしようとする大原で、練習は午前10時から始まりました

シドニー戦長時間出場組はリカバリー系メニューで軽めの調整20160422_105823

それ以外のメンバーはインターバル走を中心としたメニューで精力的に汗を流しました
20160422_110005 20160422_110007 20160422_110008
練習後、宇賀神選手は約15分間、天野コーチとロングパス交換を行い、入念にボールの感触を確かめていました

シドニー戦には帯同しなかったこともあり、表情から察するに、疲れが抜けてスッキリした印象を受けます

20160422_111244

――チームはACL決勝トーナメント進出を決めましたが、試合を観ての感想はいかがですか?

「テレビ観てて、非常にピッチも悪いですし暑そうで非常に大変な試合だったなと思いますけど、やっぱり全員が今までやって来たサッカーを意識しながらやってたっていうのがすごくテレビでも見て取れましたし、一人ひとりがああいうデカイ相手にファイトした結果がアウェイで勝ち点1を獲ってきたという結果につながったと思いますし、自分が普段出ているポジションに出ていた梅ちゃんだったりのプレーを見ても、凄く刺激を受けて、《自分ももっともっとやらなきゃいけない、負けていられないな》って気持ちにはなりました」

――競争心と一体感、そのあたりが両立できているからこそ今このチームは強いと。監督も引き上げる時間の違った両グループ共に集めてお話をしていました。そのあたり、気遣いも出来ているし、良い方向に行くんじゃないかと

「そうですね、『普段こっちで出ている選手より、こうなかなか試合に絡めない選手の方に感謝している』っていうふうに今も言っていましたし、そういうところに目を配ってくれるっていうのはありがたいと思いますし、まぁ、自分もこう、ミシャになってから出ていない時期もありましたし、練習の中から見てくれているっていうのが助かると思うし、そういう…やっぱ出ていない人は頑張ることによって、出てない選手、若い選手が頑張ることによってチームの総合力があがると思うので、まぁ、今は非常にチームとして良い方向に進んでいると思いますし、良い状態になっているのかなって思います」

――良い状態ってところで、疲れもたまっていたという意味でも、この調整の期間振り返って、いかがですか?有意義な時間になったと…

「そうですね(ニコリ)あっちに行くときも、天候の関係でなかなか飛行機が飛ばなかっただったりとか、そういうことを聞いたりとか、試合で関根があんなに疲れているのもなかなか見られないと思うし、そういうのを考えると、言い方アレですけど、行かないで良かったかなと…(苦笑)」

――先ほど、出てない時期とおっしゃいましたけど、川崎戦は2013年に出場機会をつかむきっかけになったり、自信をつける契機になったり、いつも宇賀神選手にとって大切なターニングポイントになっていますが、次はどんな位置付けで…

「決して川崎キラーではないと思いますけど、自分のゴール数から考えたら、川崎からナビスコとリーグであわせて3点取っているっていうのは、自分の中では何かポイントになるチームになるのかなとは思いますけど(笑)やっぱり、今、川崎は首位で負けなしっていうところで、昨年自分達がファーストステージ負けなしで優勝することできましたけど、川崎がまだ負けていないっていうのは自分たちとしては悔しいし、納得していない部分もあるので…。ただ、今の川崎の戦い方や結果を見ていると、ロスタイムで引き分けたりっていうのが、勝ち越したりって言うのが多いので、この川崎を止めるのは自分達しかいないかなっていうふうに思っています」

――最近、守ってくる相手が多い中、久々に、監督の言葉を借りれば、“サッカーが出来る”という言い方を言ってしまうと他チームに失礼になるかもしれませんけど、Jリーグの面白さを示す機会だったり、本当に大切なそういった意味でも、楽しみなところもあると思いますが…

「そうですね。今シーズン、Jリーグでは初めてと言っていいくらいガチンコの試合になると思いますし、川崎も今年、攻守の切り替えという部分も非常に意識してやっているっていうのが見て取れますし、代表監督も『日本で前からプレスにいっているのは湘南と川崎だけだ』って言っていたので、それには納得いってないし(苦笑)自分達が一番だと思っているので、それをしっかりとやって、ピッチで証明しなきゃいけないなとは思いますけど、全員ACLのアウェイって居るところで疲れていると思うので、自分がそういうところ、スイッチになれれば良いかなって思います」

宇賀神選手のインタビュー詳細は、このあと19時からの「You’re The REDS Friday」でお届けします

では

3月23日 「浦和の新たな黄金時代を創るために」

どうもです

曇り空ながら、大原を囲む桜の木々が幾分かつぼみを膨らませ始めているのを見ると、春の訪れを感じます201603231227000

2連休明けのきょう、練習は午前10時過ぎにスタート

恒例の”体起こし”に念頭が置かれたメニューを中心に進行します201603231049000

代表組6名(A&U-23&U-19)が不在ではありましたが、ムードに陰りは感じられず

パス&コントロールの際には、

「善成、愛情がある!いいねっ!」

と森脇選手も率先してモリ立てます

最後に行われた1対1ドリブル&スプリントは、

「2日オフ明けで・・これは・・ハア・ハァ・・・」(那須選手)

「喋れてないよ!(ニコリ)」(堀コーチ)

というハードさでした

201603231111000

永田選手は平川選手とマッチアップ

普段の試合では見せないシザーズなどの足技を繰り出し、そこから股抜きでのゴールを狙うも、通りません

「絶対やると思った!」(平川選手)

「フフッ」(永田選手)

スプリントの距離はL字に約140メートルでした

「駒井にターボが付いとる!」(橋本選手)

そのスピードと持久力に躍進の予感

練習は午前11時30分頃に終了しました

かなり険しい表情を浮かべていた那須選手は練習後、ボールコントロールやジョギングでさらに追い込む徹底ぶり

どこまでストイックなのか

加賀選手と橋本選手は2人で約40分間の走り込み

他の選手も多数がなかなかクラブハウスへ引き上げず

ゲーム形式への参加が見込まれる天野コーチも調整のピッチが上がっていました

言うまでもなく、この中断期間はレギュラーでない選手にとって、大事なアピールの機会になりそうです

IMG_20160323_144949-2宇賀神選手はきょう、28歳の誕生日を迎えました

おめでとうございます!

「早いですね、本当に(しみじみ)もう、あっという間に20代後半に来て、ただただ早いなっていう感想です」

――きょう、宇賀神選手のプレーを観ながら、《あぁ、2009年に強化指定で入ってきて…》とか思いつつ、早いようで本当に色々あったなと・・・

「どうすかね(苦笑)やっている本人としては本当に短かったなと。色んなことがありましたけど、本当に短かったなっていうのはありますし、今まで思い返してみても、浦和レッズに来て色々な経験が出来たし、色々な素晴らしい選手とプレー出来ていることにすごい感謝しないといけないと思いますし、《幸せだな》って改めて思いました」

――最近の振る舞いとかを観ていると、その一つ一つ全てに“チームが良い方向につながるために”という思いが伝わってきます

「そうですね、最初はやっぱり入ってきた時はもう自分で精一杯でしたけど、徐々に試合に出られるようになって、こう、自分の立場だったりとかを考えて、今はやっぱりいかにチームが勝てるか、あとはやっぱり浦和レッズ全体もそうですし、浦和レッズを応援してくれる、支えてくれる人達と一緒に行動したら、みんなが幸せになれるか、と考えながらやっていますけど(目を細める)」

――それだけ今、このペトロビッチ監督中心に、良いチームで、本当にタイトルが欲しいってう思いが強くなっているような…

「そうですね、やっぱり自分だったりとか、1個上の森脇君とか慎三君だったりの年代がやっぱ、多く試合に出るようになって、まぁ、今、また浦和の新たな黄金時代を創るためにはここで一つタイトルを獲って、自分達が中心になってやっていかなきゃいけないと思うので、今年こそ、まずは、もちろん全部タイトルを目指して頑張りますけど、まずは一つタイトルを、ということをより強く意識してやりたいなと思います」

――試合での判断とか見ていますと、今まで身体に刷り込まれたこともそですし、監督が考えることもそうですが、こういうチャレンジをしても良いんじゃないかっていう、宇賀神選手の試みが感じられます

「4年目になって、監督のやりたいサッカーっていうのが全員に根付いて、そこから自分達のプラスアルファの部分になるので、そこの精度を高めて、より結果にこだわってやっていけるようにやらないといけないなとは思います」

――先ほど、「新たな黄金時代」とおっしゃっていましたけど、フットレリーフが伊勢丹の前に…

「まぁ、他のあそこに足形が残っている人達はやっぱり何かを成し遂げて、そこに足形が残っていると思いますし、自分はただ、150試合を出ただけに過ぎないと思うので、あそこにこう足形を残せる…残して、《やっぱりな!》って思ってもらえるような、今はまだ150試合出たっていうだけに過ぎないと思うので、しっかりとタイトルを残して、その名に恥じないような選手になりたいなって思います」

――改めて、28歳の1年に向けて・・・きのう代表の練習に行って、原口選手の大人びた雰囲気も見まして・・・

「ハハハッ(笑)」

――そういう中に宇賀神選手もぜひ、入ってほしいなっていう感情がありますので

「やっぱり選手をやっている限りは目指さないといけないと思いますし、浦和レッズは日本を引っ張るチームだと思うので、そこで出てる限りはそういうところにいかないといけないと思いますし、この間、スペイン代表の選手が35歳でもう1回代表という記事になっていましたので、年齢関係ないって思うので、目をつけてもらえるようなプレーをもっともっとしたいなと思います」

――生え抜きの夢というかですね、そういうところ、レッズユース出身の意地というところも、ぜひ、期待したいと思います

「はい、頑張りますっ!」

インタビュー詳細は、今夜7時から(再放送は23時)の「You’re The REDS」をぜひ!

さらには、日本代表の槙野選手と原口選手のコメントに加えて、プレナスなでしこリーグの開幕を前に、レッズレディースの後藤選手、ジェフ千葉レディースの櫻本選手、AC長野パルセイロレディースの坂本選手のインタビューをお届けします

では

3月18日 「勝利への道」&「そんなに意識しすぎてもしょうがない」

どうもです

強い風、優しい陽射しに、鼻弾む201603181309000

「花粉症・・・・っすね、今年から(苦笑)」(伊藤選手)

春の扉が開き始めた大原で、広州戦2日後であり湘南戦2日前の練習は午前11時から約1時間に渡って行われました

広州戦スタメン組はリカバリー系メニューで調整

それ以外のメンバーは7対7のハーフコートゲームで汗を流しました

201603181148000

◇◆◇宇賀神選手◇◆◇

――先日、貴重な勝ち点1を得て、帰ってきてすぐまた湘南との試合です。次に向けていかがですか?

「そうですね、広州戦は、非常に苦しい試合でしたけど、あのアウェイの中で勝ち点1を取れたというのはポジティブですし、あの中でやっぱり全員が闘えたというのは、自分達の自信になるもので、次の湘南戦まで時間がないですけど、その自信を持ってまた湘南と戦えればいいかなと思いますし、湘南はシーズンもそうでしたけど、今シーズンに入ってからより湘南のスタイルっていうのを確立していて、非常にハードワークしてきて厳しい相手になるかなと思います。けど、この過密日程の中、自分達がより多く走ることが勝利への道かなと思います」

――岡本選手とのマッチアップであったり、色々楽しみな面が…

「そうですね、ずっと長く一緒にやってきてる選手ですし、お互いに特徴をわかっているので、そういうところのつぶし合いを含めて非常に難しい試合になると思いますけど、やっぱりそういう選手と公式戦のピッチに立ってプレーするというのは非常に楽しみですし、直輝だったりツボさんも出てくれるとすごく楽しいかなって思います」

――平塚といいますと、久々のゴールも…

「そうですね、去年、あそこで点とって良いイメージなので、点取りたいなと思います(ニコリ)」

◇◆◇遠藤選手◇◆◇

――マイクを向けられる理由というか、何となく察しがついているかと思いますが、あさっては非常に楽しみなゲームなのでは?

「そうですね。まぁ、昨年までいたチームなので、僕自身すごく対戦が楽しみです。ただ、まずは自分がしっかり試合に出ることだけを考えて練習をしなきゃいけないと思いますし、チャンスをもらえればしっかりこのチームの勝利に貢献できるようにやっていきたいですね」

――今、過密日程の中で闘えている自分自身への手応えなどを感じている部分はありませんか?

「まぁ、こういう連戦はチーム、クラブとしてはなかなか経験できないことでしたけど、代表ではけっこう、中2日とかで連戦があったりとか、そういう試合経験がなかったわけではないので、いつも通りやれてますし、まぁ、遠征には帯同してたけどあまり試合にもそこまで出たわけではないので、体調は全然大丈夫です」

――昨年まで通っていたスタジアムでの赤いユニフォームってどんな心境なのでしょうか?古巣に行ってみないと…なところがあるでしょうけど…

「そうですね、まぁ、やっぱりホームで戦ってた場所がアウェイになるっていうのは、また少し違った雰囲気での試合になると思いますけど、そこまで意識せずに、このチームでベストを尽くすことが一番ですし、個人としても、まぁ、少しでも成長した姿を湘南サポーターの皆さんに見せられればいいですけど、そんなに意識しすぎてもしょうがないですし、普段通りでできればいいかなと思います」

――まだ早い感じですか?開幕して直ぐに迎えるっていう感じで

「確かにそうですね。でも、時期はいつでも変わらないかなとは思いますけど」

――湘南のあの走るスタイルを対戦相手としてどう打ち崩すかっていうイメージはありますか?

「アグレッシブに来ると思うので、それに負けないくらい自分達も積極性ってのは出さないといけないと思いますし、シンプルに…走力もそうだし、球際に闘うことだったり、攻守の切り替えというのが一番のゲームのポイントだと思うので、そこはどのチームとの対戦でもそうですけど、湘南との時にはより意識しなきゃいけないと思いますし、その中でもやっぱり自分たちのボールを動かす技術だったり、そういう精度というところを見せていければ良いと思いますけど」

――一昨年まで緒にプレーしていて、逆に敵になることが楽しみな存在っていますか?

「全員。一緒にやっていた選手とマッチアップするのは楽しみですし、昨年まででは絶対にマッチアップしない選手とマッチアップすることになると思うので、初めての対戦ですし、楽しみですね」

――湘南のサポーターがどういう迎え方するかはわからないですけど、レッズの赤いサポーターが味方となって、力一杯の声援を送ってくれると思います。そういった仲間へメッセージをお願いします

「本当に、ホームではもちろんですけど、アウェイでも沢山の方に来ていただいてすごく僕らの力になっているので、次もアウェイになりますけど、必ずチームの勝利に貢献できるように頑張るので、応援よろしくお願いします」

宇賀神選手と遠藤選手のインタビューは、今夜7時からの「You’re The REDS Friday」19時台の中でお届けします

では