タグ別アーカイブ: 駒井選手

4月20日 「『ポジティブすぎる』っつって」&「ミシャがそういう風に言ってくれるのは嬉しいこと」

どうもです

きのうほどでないにせよ、日なたにいれば、軽く汗ばむ陽気の大原

選手の半袖率も高まっています

札幌戦2日前のきょう、練習は午前10時頃に始まりました

ウォームアップ後の午前10時45分頃からは、ゲーム形式へ20170420_110308-1ペナからペナ、約4分の3コートがプレーエリアでした

人数はキーパーを含めて13対13

シャッフルに近いメンバー編成で、キーパーも3人がローテション

そして監督は普段ですとビブス組の守るゴール裏からゲームの光景を確認しているのですが、きょうはハーフラインからでした

チーム全体の競争意識を駆り立てる意図もあったのかもしれません

ひとり1人エネルギッシュに、積極的な声も伴う動きを見せます午前11時5分頃、給水の際に監督は選手達を集めることに20170420_110608-1「前への意識」

「人に厳しく」

「お互いの関係性を意識」

それらを、「繰り返し繰り返しやっていく」

約5分後、ゲーム再開前には「パススピード上げて!」

これまで何度も伝えられてきたことの再徹底を促しているようでした

ゲーム中は、ボランチ付近の選手に課せられたバックパス禁止ルールに則して、「逆サイドを見て!」、「広げろ!」

20170420_111232-1それらの指導を受ける選手達は、意欲的

サイド、中央、ゴール前・・・

どの局面でも本番さながらの様相でゲームは進みます

程良い緊張感も併せ持ったトレーニングは、午前11時27分頃に終了20170420_113801-1結びに監督は練習中と同様に約5分間、「動き出し」などについて熱弁を振るっていました

もう5シーズン前のことですが、2012年、埼スタでの札幌戦で味わった悔しさ、そのシーズンに及ぼした影響は忘れられません20170420_113853-1◇◆◇駒井選手◇◆◇

――1週間ぶりの完全合流、いかがでしたか?

「まあ、ちょっとキックはまだ怖いですけど、それ以外のところでは身体が動けていたし、やっぱりサッカーができるという楽しさというか、楽しさをしっかり噛みしめられたので良かったです」

――右足のねんざは、内側?外側?

「内側も外側も足首もです」

――駒井選手は右のくるぶしより少しつま先側に当てるキックがうまいので、振動が・・・

「いや全然、キックはうまくないすけど(苦笑)ふとした時に内そくというか、ひざのところはもっていかれるので、そこは少し怖かったんですけど、キックのところは馴染んでいったので、本当にポジティブだなと思うし、札幌戦もいけるなと思いました」

――きょうは中央でのプレーでした

「凄くやりがいは感じているので、本当に真ん中ができたら、色んなポジションをもっともっとできるようになるなと思うので、そこは自分の可能性を広げるためにもしっかり取り組みたいと思います」

――頭の中で、すべきことが整理されるでしょうから

「そうですね、本当に前を見ておかないとダメなポジションなので真ん中は、特に。そういうところで周りを見るというか、凄く練習になるので、それが自分に足りない物だと思うので」

――給水のタイミングで監督が選手を集めたときに、はっきりとではありませんが、「駒井」と言っているのも聞こえてきました

「例え話なんですけども、制限はつけられていたので、僕とか陽介君、俊君は絶対に後ろに下げてはいけないルールだったので、そういうところで俺が運ぶのか、パスを狙っていくのかという例え話で言われました。前への意識で、常に前を向くことと、フリックなりドリブルでターンしていくとか、まあそういうところの話がありました」

――その辺の関係性で、お互いの気持ちを駒井選手は良くわかると思うので

「そうすね、まあ、ある程度は理解していますけど、だからこそしっかりまわりがやりやすいようにプレーすることが真ん中の選手にとって大事だと思うので、そういうのを心がけていきたいと思います」

――きょうは、全員がピッチに立ったこともあり、その割り振りも関係したでしょうが、3月のFCソウル戦後に「ボランチの適正を見抜いていた」というミハイロ ペトロビッチ監督が「4億円で獲得した」と嬉しそうに冗談で話していたことを思い出しました

「いやまあ(笑)ミシャがそういう風に言ってくれるのは嬉しいことですし、自分もボランチで出るというところはね、選手としてひとつの可能性も広がるし、4億円で僕を獲ってくれたのであれば、それをしっかり還せるように頑張らないといけないです(ニコリ)」

――札幌戦。駒井選手はJ2での対戦など、イメージが浮かびやすいと思いますが

「でも(2年前から)監督が変わって、フォーメーションも変わった札幌とは対戦していないので、何とも言えないですけど、やっぱ昨シーズンの一年間でしっかりと四方田監督が外国人選手も獲ってきて、しっかりと完成させたチームなので、全く違うイメージだと思うので」

――そういう時こそ、駒井選手のドリブルで2、3人を引きつけて、切り裂く、あるいは空いたところにパスを出すプレーが相手にとって嫌かと

「まあやっぱりそういうところが自分の良さだと思うので、ドンドン出していきたいと思いますし、キャンプで僕が別メニューの時に他の選手は練習試合を札幌としていますので、みんなの方がイメージは持っているかと思います。その時はね、点もけっこう入って勝てましたけど、そういう気持ちで入らないように、それはキャンプの序盤で相手もカラダ作りの途中でしたし、気の緩みなく臨みたいと思います」

――背番号18、小野選手も着けていた

「小野さんはやっぱ18番を着けていたし、以前の18番といったらやっぱり小野さんなので、そういうレジェンドの人がつけている番号を今、僕が着けているので、やっぱり、自分も少しは近づけるように頑張りたいと思います」

――そういった存在の前で、次はぜひ、リーグ初ゴールを

「そうですね!もちろん、いつでも狙っているので、早いうちに取りたいですね、リーグでも(ニコリ)」20170420_120310-1◇◆◇那須選手◇◆◇

――この天気。さきほどグラウンド上で、「気持ちいいー!」と言っているのが聞こえてきました

「そうですね、はい(ニコリ)」

――本当に今、良い状態のように見えます

「そうですね、コンディション的には凄く良いですし、本当にいつ出番が来ても、途中からだとしても、先発でも準備はしているので、あとはその時のためにね、常に向上しないといけないと思っているので、そのためには練習からだと思っているので」

――練習後に取り組んでいるメニューのひとつ、両サイドへのフィードも、タイミングも良いし、きれいな回転がかかっているように見えます

「そうですね、うん。だいぶキックのフィーリングも上がっていますし、本当に練習の良い感触がゲームにそのまま出ていると思いますので、はい(ニコリ)」

――先日の練習試合でも、きょうのゲーム形式でもそうでしたが、若手にポジティブな声を発信していて、それがチーム全体の良い雰囲気にもつながっている印象です

「そうっすね、試合の時とか練習の時でも、チームでやらないといけないので、やっぱそのチームのね・・・やっぱミスとかは誰でも起こると思うので、その本人が気にしてしまうのが一番ネガティブな要素だと思うので、そこはね、良い声は掛けながら『ミスは関係なく気にするな!』ぐらいの勢いでやるのが一番良いと思うので、特にそこは試合になればなるほど。そういう時は良い声を掛けてあげられればなと思っています」

――そういった前向きな姿勢がこれまでの那須選手を支えてきた原動力

「はい!そうっすね(しみじみ)・・・『ポジティブすぎる』っつって、ハハハ・・・『考えろ』とも言われますけど、ハッハッハ!まあ、プライベートの話ですけどね(笑)ハッハッハ」

――そんな那須選手を日々、大原で見ているからこそ、スタジアムで活躍した時が快感なのです

「そうなんすね(照笑)チームがね、優勝するためにそうやって、昨年もそうでしたけど、やっぱチーム力というのが絶対に・・良い時はすんなり行くと思いますけど、苦境に立たさせれた時とかね、チーム力が問われるので、僕も含めてですけど、出た選手が結果を残すというのが、僕自身のことにもつながって、その結果、チームにつながると思うので、うん!とは思っています」

――札幌とはキャンプで

「そうっすね、でもキャンプはあまり参考にならないかと思っていますし、うん。もちろんチームの状況もありますし、コンディションの差もありますし、モチベーション、気持ちの入り方もありますので、まあその特徴をつかむという部分では良いかと思いますけど、チーム力としては参考にならないかと思います」

――各選手の特徴、イメージはつかめたと

「はい、それは」

――その中で、河合選手

「あーはい!まあ、レジェンドになりつつある選手ですけど、もう凄いっすよね!本当に(しみじみ)Fマリノスで一緒にプレーしてますけど」

――完全優勝を成し遂げたときは、お二人が大車輪のごとく・・・

「そうっすねー、そうっすねー(しみじみ)竜二君は本当にお世話になった先輩ですし、それでもまだバリバリの第一線でやってきていますし、やっぱそこは凄いなと思います」

――どんなところが特に凄いというか・・

「やっぱ、ストップですね。ボールを、というか、相手を止める、純粋なそこに関しては凄く確実に引っかかる。足に引っかかりますし、止める力というのは昔からありますし、足もとの技術もしっかりしていますし、あとは気持ちが強いです」

――気持ちじゃ負けられない!

「そうっすね!!ハハッはい(笑)」

――小野選手とはアテネ五輪で

「そうっすね!初めて、《天才ってこういうことなんだ》って思いましたけどね(笑)」

――その中で、あさって一番輝くのは、ギラギラした那須選手であることを楽しみにしています

「はい!ありがとうございます」

駒井選手と那須選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉でもお聴きいただけます

では

RED A LIVE 2017.3.10 VS VENTFORET KOFU

☆浦和レッズ戦を実況生中継!

埼玉スタジアム2○○2で行われる、明治安田生命J1リーグ第3節「浦和レッズ 対 ヴァンフォーレ甲府」の模様を実況生中継します。

RED A Live 2017
「 浦和レッズ 対 ヴァンフォーレ甲府  」
…3月10日(金)19:00~21:45(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ

ポラス_暮らしのクオリティとロゴ20170303_145703-2

◇◆◇李選手◇◆◇
「調子は良いですよ。使う、使わないは監督の起用方法なので。選手はしっかりその来た準備に最高のパフォーマンスを出すことなので、準備は出来ていますね。昨年は甲府相手に点も決めたし、アシストもしているのかな?すごく守ってきますがね、バイタルエリアというところで自分がゴールに近いところでボールを持てば必ず得点機会作れると思うので、そこをしっかり決めるか決めないかなので、来たチャンスをしっかり決めることが出来ればうまく試合は運ぶと思います。甲斐ナチオ!?そうですね。まぁ、前線の選手、本当にクオリティが高い選手がたくさんいるので、今年は崩せると思いますよ、昨年同様。浦和レッズ プレミアムフライデー?うまく乗っかりましたね。プレミアムフライデーになるように、浦和レッズサポーターにとって、選手は頑張りたいと思いますので、忙しいと思いますが、ぜひスタジアムに足を運んで応援に来てください」
20170309_150546-2
◇◆◇駒井選手◇◆◇
「セレッソ戦の欠場については、しっかり監督には気を遣ってもらったところもあるので、ここまでしっかり調整してきたつもりですし、本当に良くはきているのではないかと思います。ソウル戦で点も決めて、いい流れで来ていたし、本当にセレッソ戦も出たかったですが、そういう気持ちを次の甲府戦にぶつければ良いかなと思います。この前はまだ1試合なので何とも言えませんが、ああいうプレーを何回もやっぱり続けていければ良いなという風に思っていますし、しっかり次、出たポジションでしっかりとした自分のプレーを出してチームに貢献できたら良いなと思います。
甲府はずっと昔から堅さというのが凄くあったチームだし、本当にみんなが全員でハードワークをして…というチームだと思うので、そういうしっかりと組織で守ってくる相手に対して、やっぱり僕たちがバラバラで攻めてしまうとダメだと思うので、いかにチームとして戦うのかが大事かなと思います。ミーティングなどでは、『もう1回良い流れで5試合、最後の方はしり上がりに調子がどんどん上がっていって、連勝続けられましたし、そういう中で1回連戦がちょっと間隔が空いたので、もう1回締め直す、もう1回前から規律をもってプレッシャーにいこう』という話をしました。
自分の特徴はやっぱりどのポジションでも出さないといけないと思いますし、ボランチで他の人と何が違うかというと、やっぱり運べるというか、ドリブルっていうところがあると思うので、それをしなければ他のボランチの選手を出した方が良いと思いますし、そういうところはしっかりと機を見て、良いタイミングで出せればなと思っています。練習で良いシュートを続けてる?まあ本当に、中央なのかもっと右からなのか全然わかりませんが、多分1試合にワンチャンスは自分で作り出すことが出来ると思うので、そこでしっかり仕留めていければ、結果はドンドンドンドン出せると思うので、しっかり、この前、点入ってちょっと楽になった部分がありますし、自信を持って臨めればなと思います。スタジアムを沸かすのは得意ですが、最後のゴール、喜びの瞬間を届けるところまではなかなかいけていないので(苦笑)しっかり沸かせて、最後に良い結末を迎えられるように、しっかりやりたいと思います。
本当に平日にもかかわらず仕事終わりとか学校終わりのところ、凄く大変というか、時間がない中でも、本当にレッズのことを応援してきてくれる皆さんのためにも、あしたしっかりホームで勝利を届けられるように僕達も全力で戦うので、後押しをよろしくお願いします!と、言いたいと思います。自分にとっても良い1日にできるように、しっかりあしたのために、今から良いコンディションを作っていければいいなと思います」20170309_160154-2
◇◆◇遠藤選手◇◆◇
「開幕してから、失点もしてしまっているのでそんなに凄く良いとは言えないですが、しっかり切り替えの部分だったり、後ろのオーガナイズは徐々に良くなってはいると思うので、自分達が毎試合毎試合重ねていく上で、話し合って次に向かってやっていくところがドンドン試合に出ているので、だんだん失点も少なくなってくるかなと思っていますが。チームとしてしっかり点は獲れているので、ゼロで抑えるというのは凄く大事なことだと思いますし、1試合あるというのは、そこはもちろん自信になりますが。逆に他でも失点しているので、そこは課題として受け止めたいです。
(8日の練習で監督から直に言われたこととしては)攻撃でもうちょっと運ぶ、後ろから運べと。あとは常に前にボールをつけていくというか、チャンスがあれば前つけてしっかりチャンスをつけていくというところだと思います。
ブロックを敷いた相手に対して、セレッソの時もそうでしたが、後ろからのビルドアップが凄く大事だと思うので、自分がどういうボールを出せるのかというところは攻撃は意識していますし、守備では失った後の切り替えとかそこは全員でしっかりやっていきたいし、セットプレーで失点してしまっているので、僕はゼロで抑えながら、流れの中でもやられないようにしたいなと思います。
次はゼロで抑えます。難しい試合になると思いますが、しっかり自分達の良さを出して勝ち点3を獲れるように頑張るので、応援よろしくお願いします」
20170309_152217-1Come On! REDS…18:00~18:55
REDS After The Match…23:00~23:55・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!201603051909000・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。

15:00~15:55 アフタヌーン・パラダイス(短縮)

16:00~16:55 You’re The REDS  Friday(時間変更)

17:00~17:55 ウィークエンド・パス(短縮)

18:00~18:55 Come On! REDS

19:00~21:45 RED A Live 2017 (延長の場合あり)

22:00~22:55 大宮アイドールのなんてったってアイドール!(1時間繰り下げ)

23:00~23:55  REDS After The Match

・以下の番組は休止します。

20世紀ポップスアワー

%e5%ae%9f%e6%b3%81m

11月23日 「氷下魚!?」

どうもです

トータル180分間に及ぶトレーニングマッチから一夜、めっきり冷え込んだ大原

午前10時から始まった練習は、約30分間のリカバリー系メニューで終了しました

きょうは祝日、学校が休み

いつもより多く来た子ども達の声援も、一週間後への大きな力となることでしょう

寄贈:ラジオネーム たーちゃん

◇◆◇駒井選手◇◆◇

――チャンピオンシップに向けて2試合のトレーニングマッチを行いました。まず直近で、きのうの試合振り返って、いかがですか?

「まぁ、ちょっと体力的にもきつかった(苦笑)日程が、試合がちょっと間隔が空いたので、90分やるというのは結構タフでしたが、あんなものかなと思うので、練習試合というのは。練習試合で完璧でもアレですが、良かったのではないかと思います」

――きのうについては、得点の起点になるパスも出せていましたが…

「そうですね。まぁ、良い形でパスのところ、自分がもっと伸ばしていかないといけないところというのを、点の絡み方だったので、良かったのではないかと思いますが」

――1点目は中に入っていくプレー…というところから、うまくシャドウとワントップと連動して、裏とってというのが出来たと思いますが…

「チームで取り組んでいることがあの瞬間出来て、タイミング良く中に入って、フリーで、間で受けられたというのは凄く良かったと思うし、ああいうプレーはもっと頭を使ってどんどん増やしていければなと思います」

――あのように、シャドウが降りたりして空いたところに中へ入っていくような…という、マークを攪乱させる動きはかなりチャンピオンシップに向けてカギになる一つのアクセントというか…

「まぁ、そこでの起点の作り方というのはやっぱり大事だと思うし、本当にワイドは張ったり走ったり、そういうのを要求されると思いますが、更にああやって中へ動き出して味方をいかに楽にするとか、自分が楽になるとか、そういうプレーをもっと頭を使ってやっていければ、凄くそれがポイントになるのではないかと思うので、残りの練習でもしっかり取り組んでみたいなと思います」

――考えれば、シーズン序盤は練習でもボランチなどでプレーしていて、練習でもサイドになったのは夏とかそのあたりで、本当にそういった様々な動きの吸収が凄く早い気がします

「一番は試合とかで多く出て、みんなと良い関係を、練習だけでは築けない関係があるので、それを築けたというのは凄く自分の中で大きかったし、まぁ、ああやって中に入っていく動きというのはやったこともあるというか、色々なポジションもやってきていますし、比較的すんなりとはいけたのではないかと思いますが」

――2点目アシスト、矢のようなフィード。サンフレッチェ戦でボランチで出た時に素晴らしい縦パスを前に出した、あの駒井選手を思い出させるような魅力的なキックまた久々に発揮してくれたような、そんなプレーだったと

「それ、覚えてくれてましたか!?(ニヤリ)俺、結構あのパスお気に入りで、スパーンって間にああやって、あれはゴロでしたが、通したのは凄く自分の中では結構ベストなプレーの一つだと思うので。結構真ん中も好きだし、ボランチやるのも好きだし、ああやって今、奪ったボールをこの前のフォワードへ早くつけるというか、そういうプレーはミシャにも要求されていて、自分も取り組んでいるプレーがああやって出れたのは凄く良かったのではないかと思いますね(ニコリ)」

――キックの弾道と共に「オオーッ」とサンフレッチェ戦の時も声があがるくらいだったので

「そうですね。あれはちょっと、スパッと良いところで、良い質で蹴れたし、あれをたまたまにしないように、もっと必然的に起こせるように取り組んでいきたいなと思います」

――そのキックのようなイメージで先週金曜日、ゴール左隅へ蹴りこんだと…

「そうですね(笑)あれはリラックスしてしっかりインパクトあるボールを蹴れましたし、やっぱり、普通にこうシュートをやったら、どうしても力が入って、振り切ってしまって外れるというのがありますが、しっかりと落ち着いてインパクトさえあってしっかり振れば、良い弾道でいくというのがこの前のシュートでまたわかったので、本番でもリラックスしてしっかりインパクトを意識して、打ちたいと思います」

――柏木選手が「ホンマに入ったん?」って、言うくらいに、ようやくというか…

「練習試合で何回か決めましたが、ああやってミドルはなかなか決めていなかったので、気持ちよかったですね」

――これをチャンピオンシップでもというのは、力強い言葉で良いイメージで、そういう意味でも臨めそうかなと

「イメージは常に持っていますし、きょう、対戦相手が決まりますし、更にまた実感が沸いてくるので、でも、タカ、ウガ君、まぁ僕、ヒラさん、槙野君が戻ってきたら、またウガ君が前に戻ってくるだろうし、そんな中でのポジション争いもあるので、しっかり残りの練習でしっかりアピールして、しっかり先発に出れるように頑張りたいなと思います」20161123_110353-1――ちょっとアレな話ですが、先週、ゴールを決める数日前に・・・「コマイ」って魚わかります?

「聞いたことあるような気がするけど」

――「氷」に「下」に「魚」って書いて「氷下魚(コマイ)」って読む…

「氷下魚!?」へー」

――先週、駒井選手が初ゴールを決めるようにと食べていたサポーターが…

「マジですか? そうやって、何か申し訳ないですね。そうやってくれて、ありがたい話ですが。もう、本当にしっかりその期待に応えられるように僕がしっかりゴールを目指すだけだなと思います」

――これでまた多分食べると思いますが、次に向けて

「そうですね。次こそはしっかり、そのパワーを出せたらなと思います」

――居酒屋とかでちょっと“渋い”感じのチョイス…

「良いじゃないですか(ニコリ)渋さがあって。魅力的だと思います」

――京都も…

「そうですね」

――お互い良い刺激を受け合いつつで、ここから…

「僕がいた時のプレーオフは2年連続で負けてしまったので、今年は何とかして勝って欲しいなと思いますし、3日に僕らがチャンピオンシップ勝って、京都も決勝に残ってくれたら、観に行きたいと思っていますし。会場、どこでしたっけ? まだわからないですよね。見に行きたいと思うし、本当に頑張って欲しいと思います」

――また、良い1週間をこれから過ごせるように

「そうですね、はい、しっかり準備します」

――ちょっとあした寒そうなので、お互い風邪引かないように

「はい、頑張ります(ニコリ)」

駒井選手のインタビューはこのあと19時からの「You’re The REDS」でお届けします

では

 

11月15日 「このままでは終わりたくない」

どうもです

3連休明けのきょう、冷たい北風が吹き付ける大原

少し長めのミーティングを終えた選手達は午前10時40分頃、ピッチに姿を現します

一番乗りで人工芝ピッチを踏みしめた平川選手は、1人黙々とボールを蹴っての壁打ち

そこへ自然と歩み寄る二番乗りの柏木選手は、特別な会話をすることなく、そばにあった半円形フィットネスボールで、一足先に腹筋トレーニングがてら準備体操を始めます

つづく興梠選手も吸い寄せられるように近づき、一言二言交わすと、トライアングルは笑顔でつながることに

背番号14の醸し出す存在感、頼れる兄貴分としてのチームメイトに与える安心感を垣間見た瞬間でした20161116_104454-1その後始まった全体練習は、恒例のフィジカル系メニューを中心に進行し、お昼の12時頃に終了20161116_110519-1 20161116_115712-1jpg 20161116_115715-1明るいムードに変わりはありませんが、ふとした時に締まった表情を浮かべるなど、選手達はクライマックスへの決意とも受け取れる一面をのぞかせます

例えば、ジョギングの際いつもは後方にいながら全体の様子を見守ることの多いキャプテンの阿部選手が、後続を10メートル近く離して先頭を走っていたように20161116_111738-1◇◆◇駒井選手◇◆◇

――120分、走って走って…。で、その後の3連休でしたが、どのように過ごしましたか?

「いやぁ、凄く、自分的には家族サービスしましたが、やっぱり少しモヤッとするような3連休やったなとは思いましたね(苦笑)」

――本当に、「それはそうですよね」としか言い様がないというか…

「まぁ、そうですね、本当に。あれだけ勝つチャンスがありながらもう追い付かれたし、個人としてもパッとするような出来でもなかった中での負けだったので、凄く悔しかったですね、やっぱり」

――延長の時、足がつっていたように見えましたが、あの時というのはどんな状態でしたか?

「いや、まぁ、もう立つだけでつるような。動くとかだけでなく、立っているだけでつるような形でしたが、今までつっていなかったので、コンディションが良くなってからは。また1回つってしまったのは、どこかで自分の調整のミスがあったというか、いつも通り過ごしていたつもりですが、過ごし方が良くなかったのかなという風になるので、次やる時は完璧なコンディションでもう1回保てるようにしたいなと思います」

――何か、身に覚えはありますか?

「まぁ、ちょっと、いつもより身体がけだるいなっていうのは、週の練習の時からありましたが…でも、まぁ普通に、ケアしながらいつものようにやっていました。そればかりは身体なので、変わるのが身体なので、アレですが、やっぱりもっと、それやったらもっとトレーナーにしっかり診てもらったりとかした方が良かったかなって思います」

――知らず知らずのうちに、そのように足にきてたりというのも、11月ですから

「そうですね。やっぱり気温も、ちょっと、久々のナイターだったというのも、もしかしたらあったかもしれなかったですし、それでちょっと筋肉がいつもより冷えてというか、そういうのがあったのかもしれませんが、自分がそれに対応できなかったのが甘かったのかなと思うので、次はしっかりと動けるように、しっかり身体を作って自分のパフォーマンスを出したいなという風に思います。本当にやるしかなかったし、本当に僕も何とか勝って、決勝、元日に試合をやりたいというのがあったので。まぁ、あとはもう気合でしたが。まぁ、チームは負けてしまったので凄く残念です」

――今仰る通り、まだ挽回するチャンスがあるというのは凄くポジティブなのかなと思いますから、チームとしても

「本当に僕がまたフロンターレに負けてしまったので、絶対次はフロンターレにやり返したいと思っていますし、チーム的にも久々に重かった内容だったので、何とか良い内容で結果もしっかりついてこれるようにチャンピオンシップではやりたいと思っているし、本当にこのままでは終わりたくないので、出来ればフロンターレと当たればいいなと思っています」20161116_112106-1――きょう、ミーティングが長い様子でしたが、どんなお話がありましたか?

「ミシャはやっぱり、試合のことをやっぱり不満に思っていたし、それを僕達に“もう1回喝を入れる”というか、気を引き締めなおすという意味でのミーティングだったので、本当にあれだけ情熱をもって仕事をしてくれている監督なので、僕達もしっかりとそれに応えられるような働きをして、ミシャはなんとか優勝監督に、チャンピオンの監督にさせてあげたいなって思いました」

――改めて…

「そうですね、改めて思いました」

――そのような監督との出会いって、本当に今の駒井選手にとって大きなものがもたらされて…

「そうですね(ニコリ)本当にミシャがずっと見てくれて、こちらに呼んでくれたし、ミシャの下で凄く成長できるという実感もあるので、何とか、本当に年間というか、勝ち点1位は獲りましたが、今年のルールではそれは真のチャンピオンではないみたいなので、真のチャンピオンになって胴上げしたいなと思います」

――また、このチームの凄いところは、また宇賀神選手が戻ってきて、代表組が戻ってきたら、挽回しようにもピッチに立たないと…というところでまた…

「そうですね、ハハハッ本当に(笑)そこは熾烈な争いがあると思いますが、でも、本当に自分が出て活躍するのがベストですが、やっぱりサッカーはチームスポーツだし、誰が出ても、僕が出なくても、僕はしっかり準備するだけだし、本当にチームが何とか1位を獲ってくれれば良いなという風に、僕が出ていなくても思えるチームなので、本当にみんなで一致団結して臨めればなと思います」

――少しでもそこに貢献したいという思いが強まるのがこのファミリーの良さというのか…

「そうですね、本当に試合に出ていなかったら、気分的にも落ち込んだりというか、上がらない時はもちろんあるかも知れませんが、でも、やっぱり、みんなリスペクトできる選手達なので、だから自分が出ていなくても本当にその人が活躍すれば嬉しいし、逆にこちらがその活躍を見て自分もまた刺激を受けてまた上手くなろうと思える、そいういう良い関係なので、でも、負けないようにしたいなと思います(ニコリ)」

――きのう、代表戦は観ましたか?

「見ましたよ」

――久保選手、右で…

「そうですね。まぁ、本職ではないし、ちょっと難しそうだったというか、僕はセンターで使ってあげた方が裕也の良さというのがより生きると思っていたので、でもあの舞台でこう、あいつもスイスイ行って活躍して代表に呼ばれてという、本当に刺激をもらえる後輩だなと思っています(ニコリ)」

――ご自身も視ながら、もし自分が右に入ったら…こちらはそんな思いを馳せながら、きのう駒井選手があそこに入ったら、どういう仕掛けを見せてくれるかなと考えていましたが…

「まぁ、漠然と“いちファン”ではないですが、サッカー選手としての目線と、普通にぼんやりとした視点で見ていましたが、まだまだ自分はあのピッチには早いなと思いますけどね。やっぱりもっと判断の部分とかも、色々なプレー精度とか、あげればこうチャンスがあるかもしれませんが、今のままではドリブルは多少通用しても、そのほかの部分でもっとやらないとと思ったので、まだまだ甘いのではないかと思います」

――それが成長の糧になるだろうと期待しているので

「はい、ちょっと頑張りますね!(笑)」

――ありがとうございます

「ありがとうございます(ニコリ)」

駒井選手のインタビュー全容は、今夜7時(再放送は23時)からの「You’re The REDS」でお聴きいただけます

では

10月20日 「そういうのを求めてレッズに来たし、来て正解だった。間違いじゃなかった」

どうもです

新潟戦2日前のきょうは、恒例の室内ミーティングを経て午前11時過ぎから練習が始まりました

ウォームアップ後は11対11でのハーフコートゲームへ

「テンポね、テンポ!テンポ早くして!」(監督)

その言葉通り、選手達はキビキビとした動きを見せ、雲ひとつない秋晴れの空の下、爽やかな汗をかいていました20161020_120506-1

ラストゴールは午前11時20分頃に決まります

相手のビルドアップへ素早く反応した高木選手がインターセプトに成功

するとそのままゴール前へ持ち込み、左よりの位置から右足を素早く振り抜きます

豪快なスライダーキャノンは西川選手の左手をかすめ、ゴール右隅のネットに突き刺さりました(※突き破ってはいません)

そんな高木選手とライン際での激しい攻防を繰り広げていたのは駒井選手

フィフティーボールをめぐる、スーパーカー対ハイスペックカーの対決は速さ、迫力ともに、満点でした

◇◆◇駒井選手◇◆◇

――ルヴァンカップ優勝

「間違いなく自分のサッカー人生の中でも思い出深い出来事。これからまた優勝していきたいですけど、最初のタイトルなので、それをこんなに早くレッズで達成できるなんて思ってなかったので、凄く嬉しいです」

――思わぬ形での投入

「そうですね、スタートかベンチかはロッカールームに行ってわかったので、《あーきょうはサブなんや》って思ったけど、出たときにはしっかり自分のプレーをしようとは思っていたし、全然気持ちも準備できていて、しっかり試合に入れたので良かったと思います」

――難しい状況の中、バランスを崩さずに良い試合への入りをして、リズムを作った印象

「いやでもそんなことはないと思いますけど(苦笑)見てくれている人がそういってくれるのは嬉しいことなので(ニコリ)」

――全力を振り絞った達成感

「チームとしてもタイトルを獲りたいという思いが試合に出たと思うし、ひとつひとつの球際でみんなが戦っていたし、僕自身も何としてでも少しでもチームに貢献できればと思っていたので、実際にそのみんなの頑張りが結果に結びついたのが良かったです」

――次も誰が出るかわからない。その分ゲームの雰囲気も引き締まっている

「本当にみんな、集中してできていますし、みんなが本当に良い状態なので、僕もやっぱりしっかりプレーしないといけない。やっぱりみんなスタメンでプレーしたいと思うし、少しでも気を抜いたら出られなくなるので、緊張感を持ちながら練習に臨めているので、それは凄くレベルアップにつながる良いことだと思うし、これをもっともっと続けて行ければ良いと思います」20161020_121410-1――きょうは、同サイドでの高木選手とのスピード対決が印象的

「(ニコリ)やっぱねえ、《勝てるかな》と思って余裕を持っていたんですけど、速かったですね!フハッハ(笑)僕もちょっとギリギリの所で力を少し抜いたし、あそこでバンッと思いっ切り当たろうかと思ったんすけど、ケガがあっても良くないので何となくやめました(苦笑)余裕で勝てたら良かったんすけど、俊君も速かったからこのまま行ったらバッチンと当たるからパッと引きました。まあでも…次は行きます!やっぱり(笑)」

――そういった日頃からの練習環境も求め、レッズに

「間違いなくそうですし、別に僕は京都でも特別上手かったわけでもないすけど、やっぱりさらに上のレベルに身を置くことによって、見えてくること、自分に足りないことがいっぱい見つかります。そういう中に身を置いたらやっぱり、自然と自分のレベルが努力と共に上がると思っていますし、そういうのを求めてレッズに来たし、来て正解だった。間違いじゃなかったですね」

――きょうの高木選手へもそうでしたが、最近は奪われてからの守備の寄せ方がうまくなった

「まあそうすね、間合いを詰めていたので、やっぱり抜かれないようにしました。1対1の守備のところにこだわっているので、そういったところで負けたくないし、前に入られた分、そこで取ろうと思っていました」

――新潟戦も1対1が鍵に。相手も警戒してくる

「やっぱりドリブルだけにこだわらへんことが一番ドリブルを活かすすべだなという風に思ったので、この前も相手が2人で止めに来たらモリ君が空いて、モリ君が決定的なシュートを打ったりだとか、陰ながらそういうところでも少しでも貢献できると思うし、逆に研究されたからこそ、レベルアップする良いチャンスだと捉えてしっかりと取り組みたいと思います」

――本当に、ドリブル以外の選択肢が増えて、判断の質も良くなった印象

「いやまだまだっ(苦笑)逆にパスを選択して取られたシーンもありますし、そういうメリハリというか…それやったら自分で行かないとあかんし、パスを出すんやったらしっかりと通さなといけないし、そういうところをしっかり突き詰めていかないといけない。まあ本当に自分的に、殻を破れていないと思うので、もっとしっかりレベルアップできるように、メリハリを持っていきたいです」

――後悔のないプレー

「そうっすね本当に、後悔のないプレーをしたいっすねやっぱり…うん。やっぱりシュートで終わったら後悔ないけど、その前に変なパスミスをしてはね、後悔するし、凄くこの前も後悔したプレーもあるし…そういう自分らしいプレーをして、《ミスしたらまた考えれば良い》という思いで、そういうプレーをもっとできたらと思います」20161020_160003-1――プレッシャーを掛けるわけではありませんが、毎度毎度…

「点ね!点ね!そうなんすよね、取りたいんすけどね(苦笑)いやぁやっぱチャンスもあるし、この前も左からのクロスに体をもっと前にねじ込んで上を叩けば下に行っていたし、決めるチャンスは絶対にあるので…。残り3試合のリーグ戦、絶対に逃さずにとりあえず一点は決めたいと思います(キリッ)」

――そこの殻を破ったときの駒井選手を早く見てみたい

「そうっすね、まず一点取ったら自分でも変われる気がするので、まず一点取りたいと思います(キリッ)」

――ほんっとうに楽しみにしています

「ありがとうございます(ニコリ)」

ひとつ目をきっかけに、そこからドンドンドンドンと

それはゴールのみならず、タイトルも同様です

なお、駒井選手のインタビューは、このあと23時からの「You’re The REDS」再放送でもお聴きいただけます

そして・・・・
20161016_164801-1

◇◆◇内舘秀樹さん◇◆◇
「マンU戦ミドルの再現?そういうポジションでボールがもらえませんでした、残念ながら(苦笑)きのうの決勝はスタジアムに観に行きました。けど、13年前に自分がカップを掲げた時の映像は見逃しちゃって(苦笑)あの時はカップを早く上げ過ぎちゃってみんなに突っ込まれたんすけど、今はみんな慣れてるから大丈夫じゃないですかね(笑)」
◇◆◇阿部敏之さん◇◆◇
「相変わらずの格好良さ?いやいやいやっ!今は田舎に住んでるので、見栄えだけでもちゃんとしとかないと、ハハハハッ(甘スマイル)いずれレッズの指導者?それはないかな(甘苦笑)今のところ、Jでの指導に興味はないから。自分の人生を楽しみたいので、その中でもちろんサッカーは切り離せないけど。結婚?まだ独身だよ(甘スマイル)世の中の女性が放っておかない?そんなことないよ、見放してるよ(甘苦笑)花嫁の募集かけといて(甘スマイル)」
◇◆◇斉藤豪人さん◇◆◇
「佐藤太一さんとのそっくり2トップ?あれで西野さんが入ってくれば良かったけど!ハハハッ(笑)太一の方がちょっと老けてるよね!同期のヤマがOBらしくなってきたね(ニコリ)越谷のフットコムサッカースクールhttp://www.futcom.netよろしくお願いします」
◇◆◇池田学さん◇◆◇
「もうすぐ第2子となる男の子が生まれるので、パパ頑張らないと!きょうは楽しかったです!けど、カップラーメンがなくて残念でした(※以前、REDS WAVEの昼生ワイドで池田さんがカップラーメンを食べてコメントするコーナーがありました)」
◇◆◇山田暢久さん◇◆◇
「いやっもうきょうは適当にやってました(ニヤリ)あのねーやっぱ、プレーするのって楽しいっすよねー。久しぶりにやっぱOBの人達とサッカーできて、凄く良い時間が過ごせました。ブログのネタ?そうっすね、あのーまあ大したあれじゃないんすけど、また載せたいと思います。手応え?どうなんすかね!?みんな見てくれてんのかよくわからないんすけど、沢山の方に見ていただけたら僕も嬉しいです!Q&A?もしかしたら…もうちょっと待ってください(苦笑)めんどくさい!?めんどくさくないっすよ!!機会があったらやりますよ!!(汗)」

【浦和駒場サッカーフェスティバル2016】の様子、上記レッズOBの方々のインタビューもこのあとの再放送をぜひ!

では

RED A LIVE 2016.10.1 VS G大阪

☆浦和レッズ戦を実況生中継

埼玉スタジアム2○○2で行われる、「2016Jリーグ2ndステージ第14節・浦和レッズ対ガンバ大阪」の模様を実況生中継します。20160930_145422-1◇◆◇駒井選手◇◆◇

「本当に、しっかりホームで良いプレーをして、相手も本当に順位が近い、セカンドの順位が近い相手ですし、年間順位のことを考えても、セカンドステージの優勝のことを考えても、絶対に落とせない一戦なので、すごくモチベーションもありますし、絶対勝ちたい相手です。やっぱり、仕掛けの部分だったりとか、そういうところは自分のウリとしているところなので、そういうところでしっかりアシストに繋げられたりとか、そういうプレーでチームに貢献できたらいいなと思います。この前はファーストタッチがすごく悪くて、それは自分が一番わかっていることなので。そういう部分でしっかりパッと蹴れば、対面の相手には自信を持って仕掛けるところがあるので、そういう最初のところを明日はまた、意識しながらやっていきたいなと思います。藤春選手は凄くスピードがあるので、抜いたとしても追い付かれるスピードを持っていますし、攻撃面でもやっぱり長い距離をあのスピードで加速されて走られたら、本当に出し手がフリーだと裏に通されたらほとんど通ってしまうので、そういうところは本当にある程度の距離感を意識しながら攻撃も守備もやりたいと思います。ロドさんにゴムチューブを使ったトレーニングを手伝ってもらっていますが、やっぱりあれは足に力が入りますし、あれをやることによって筋肉が動きますし、前日にスプリントするのとしないのとでは試合の時に全然馬力というか、力の入り方が違うので、あれはすごく助かっているところなので、明日の試合もしっかり走れたらいいなと思います。自分たちのサッカーはカウンターサッカーではないと思っているし、どちらかというとしっかり繋いで凄く良い崩しで崩していくというチームなので、明日も自分たちのサッカーを貫いて、でも相手にはカウンターさせないでしていきたいなと思います。初ゴールについては、本当に待たせているのは分かっているので、早く獲りたいですし、そういうチャンスが来たらモノにしたいというか、絶対に決めてやるという気持ちでシュートを打ちたいなと思います。初ゴールだったらホームで決めたいですし、この時に決められたらチームにも貢献できると思うので、頑張ります」

20160930_150548-1

RED A Live 2016
「浦和レッズ対ガンバ大阪」
…10月1日(土)13:30~16:15(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ

201603051909000

Come On! REDS…12:00~12:55
REDS After The Match…17:00~18:55

・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!

20160428_181912

・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。

12:00~12:55 Come On! REDS
13:30~16:15 RED A Live 2016(延長の場合あり)
17:00~18:55 REDS After The Match

・以下の番組は休止します。

12:00~12:55 REDS  Supporter’s Eye
13:00~14:55 AKANEのCatch The Music!

実況M

8月3日 「きょうはほんまに疲れました」

どうもです

立っているだけで、じわじわと汗

黒いものを身に付けているだけで、そこは途轍もない熱を帯びる

大原はまさに、炎天下

湘南戦3日前の練習は、午前9時から始まりました20160803_100449-1メインのメニューとして行われたのは、4分の3コート”ペナペナ”での11対11

監督からは主に、お互いの関係性を意識させる指導が入ります

「次の選手がダイレでさばける持ち出し、パスを!」

「あらゆる状況で選択肢を持つように!」

夏場の厳しい暑さの中での闘い

組織として連動しなければ、スタミナは消費するばかりで、効果的な攻撃は生まれません

それを具現化すべく、ビブスの色分けは前線3人のみならず、両サイドも別色を着用することで、中と外の使い分けが意識付けされていました

味方を思いやったパス、走り、声、そしてチャレンジでコンビネーションを高める選手達20160803_103757-1給水タイムもまめに入りました

4本目の開始前、監督は改めて声を張り上げます

「出来なかったら自分に問いかけろ!《何でイメージしてなかったのか!?》と。練習だから厳しいシチュエーションに取り組んでいる」

再開早々、ビブス組は柏木選手を起点にスイスイとボールをつなぎ、武藤選手がワンタッチゴール

”次の展開”を共有した見事な流れでした

その後、ピンチを迎えるも、那須選手が魂のゴールライン際クリア

酷暑であれども、集中を切らさず20160803_102602-1午前10時38分、ユース所属の渡辺陽選手が右足での爽快なミドルシュートを西川選手の守るゴールマウスに突き刺し、ラストゴール

各選手が精力的に動き回り、暑さ、熱さ、抜け目なさの感じられる見応え有りなトレーニングでした20160803_102402-1◇◆◇駒井選手◇◆◇

――時間が変わっても暑い感じですけれど、今、早くなってどうですか? 生活のリズムとか…

「いや、まぁそんなに変わらないと思いますけど、はい(汗)」

――京都の時、真夏はどんな時間に練習していましたか?

「9時です。9時半とか、9時か、一緒くらいでしたけどね、多分…元々京都は多分、9時半やったんで、そんなにずらしたとうアレはないと思いますけど、何時やったか忘れましたね!(笑)多分9時…半、9時…どちらかです」

――さらに気温が上がってきた今の時間、まだゲームをしていたらと思うとゾッとするくらいかとも

「いや~やっぱり、なかなかね、去年みたいに公式戦ずっと出ているわけではないですし、体の筋力というか…ちょっと、まだまだ自分的にはこういう粘りというか、そういうのをちょっと維持しないとなという風に思いましたけど」

――それはもう、しばらく味わっていないというか、体作りというところで…

「そうですね。やっぱり、出ていないってなかなか結構難しいですし、やっぱり試合の中で筋力がこう維持できるというか、試合の中でアップできるというか、練習ではなかなか…うん、やっぱり練習より試合の方が筋力というのはつくと思いますし、それがね、維持できないとパフォーマンスは出せないと思うので、しっかり練習前とか練習後に走ったりしたいなという風にきょう、思いました」

――練習も全力ではあるでしょうけど、試合が100だとしたら練習がどうしても80くらいになってしまいますかね、体の消費量というのは?

「でも、今は暑さもあるし、結構100に近いですけどね(苦笑)しかも、コートが大きくない分切り替えも早いですし、攻守の切り替えも早いので、広い方が距離は長いけれど、うまくコントロールしながら出来たりするので、きょうはほんまに疲れました(汗)」

――ボール回ってくる回数もフルコートなら少なくなるでしょうし…

「それはもちろん、そうです」

――怪我から復帰して最初の2試合に出て、その後出られていない今…という中で考えたこととか、意識している部分とかはいかがですか?

「やっぱり、もっともっと精度を上げないといけないですし、まあきょうみたいにサイドに入った時にもっと質とか、2本くらい絶対にクロスを成功させないといけない場面があったので、そこを成功できなかったし、そういうところはやっぱり、成功させてアピールしていかないと難しいなと思うので、明日も集中して臨みたいなと思います」

――受け方が良すぎた分、ニアをかなりえぐって、その後ちょっと余裕ができてしまった感じで…

「なんかやっぱり力んでしまいますよね。その力みが、力まなくてもしっかり、フォームさえ崩さへんかったら、強くて速いボールがいくので、それがグッと力入ってしまったら、やっぱりあっちゃこっちゃボールが行ってしまうので、そういうところしっかりもう1回、自分の中で整理してやっていきたいなと思いますけど」

――この間、甲府戦で宇賀神選手が左サイドから非常に良い攻撃の起点となって…、そういうのも見て自分も刺激を受けたり、《こういう感じもいいイメージだな》と思えたのでは?

「本当にすごく、きょうもタカ(関根選手)と1対1の場面もありましたし、その中で良い質のボールを上げたりとか、ドリブルのタイミングとか、キレとかスピードとか、そういうのは近くで見られるというか体感できるので、ライバルですけどそういうお手本も近くにいるので、そういうのを切磋琢磨しながらやっぱりチームの底上げをしていかないといけないと思うし、僕がしっかりもっとレベルを上げないとダメだと思うので、負けないようにしたいなと思います」

――きつい時って、駒井選手のようなドリブラーがボールを預けた時に1人でも2人でもかわしてくれると、士気も上がるし助かるし、楽になるという役割を果たせる選手ではないかと思いますけど

「そう言ってくれたら嬉しいですけど、僕も疲れていますもん!ハハハッ(笑)そうやって1人、2人剥がせられるのが僕の特徴だし、そういうのはやっぱりチームの助けになれるようにしていきたいなと思います」

――髪のメッシュも一旦、黒に戻して…

「そうですね。1回直して、また明るくしてプレーに勢いつけようかなと…ハハハッ」

――では、点を獲ったらその辺は…

「そうですね。考えます」

――期待しています。ありがとうございます。

「ありがとうございます!」

駒井選手のインタビュー詳細は、今夜7時(再放送は23時)からの「You’re The REDS」でお届けします

では

7月20日 「本当に責任をしっかり果たせるようなプレーを見せて行きたい」

どうもです

夏の天王山を3日後に控えたきょう、いつもよりは少し暑さ控え目の大原で、練習は午前10時から始まりました

ウォームアップ後は11対11でのゲーム形式を実施

エリアは”ペナペナ”でしたが、無数のマーカーが置かれ、アタックゾーンとディフェンスゾーンに選手がそれぞれ5対5で入ります

20160720_110317-1

最初はミドルゾーンへの侵入ありなし、その後はペナアーク、ペナ角の延長線上、タッチライン際でのタッチ数が異なるなど、様々な制限が設けられました

「必ず顔を上げて、縦へ入れるタイミングを見て!」(監督)

局面局面でルールが異なることで、選手達はより一層頭を使い、連携を高めます

動き出しのタイミング、奪われた後の切り替え

改めて”規律”の徹底が促されていました

20160720_111947-1

午前11時27分、この日最も声を出していたうちの一人である、槙野選手が効果的な攻撃参加から右足でのシュートをゴール左隅へ蹴りこみ、ラストゴール

蝉の鳴き声も聞こえてくる中、選手達の覇気もハッキリと感じ取れました

20160720_114131-1ビブス組の右ウイングバックでプレーしたのは駒井選手

練習後、様々なフェイントを駆使し、右サイドからのドリブル突破を反復していました

きのう行われた東京国際大学との試合形式の練習では、左サイドから石原選手のヘディングシュートをアシストする正確な右足クロスを上げるなど、尻上がりに調子を上げています

20160719_115645-1

――しばらく離れていて先週からまた復帰していますけど、コンディション、感触はいかがですか?

「凄く、足の痛みは日に日に良くなっていますし、コンディションも、やっぱり下がっていた部分が、身体の部分とか、キレとかの部分とか、下がっていた部分もあるんですけど、今、やっぱ取り戻しつつあるので、そこは凄く良かったかなと思っています」

――どこをどう痛めましたか?

「足首をスライディングで挟まれて、神戸戦で。そこから結構色々な箇所を複雑的な捻挫をしていて、結構ややこしい感じになっていたのですけど(苦笑)それも今は良くなってきたので、まあ良かったかなと」

――こうなってしまった以上…というか、その間に色々見つめ直したりとか、コンディション向上に努められたりとかいう時間にも費やせたと思うのですけど…

「まぁ、でも、僕的には全然休みたくなかったというか、結構良い感じで、コンディション的にも良い感じに上向きにきたところでの1回の負傷で離脱して、で、また、仙台と大宮と全然自分のパフォーマンスは出せなくて、すごく歯がゆい思いをしているので、ここからもう1回上がって、コンディションを整えてしっかり上げていけたらなと思うので、それに向けて、今週しっかり調整したいなという風に思います」

――練習後、ドリブルを確認してましたけど、やっぱり、足首って、ちょっとした変化でも大事でしょうから

「いやぁ、もう本当に結構、僕が繊細なタイプなので、そういう痛みとかあったら結構気にするタイプなので、そういう痛みで最後の踏ん張りが、最後の無理の利く、利かないが変わってくるので、本当に重要なところで、今やっと本当に気にならないくらいまで踏めてきたので、そこは本当に凄くストレスなくできているのかなと思っています」

――大原の芝生もそういう意味では、選手に優しいというか…

「そうですね(ニコリ)本当にいつも綺麗に整えてくれていますし、凄くやりやすい芝生だなという風には感じますけど」

――で、復帰してすぐ使われたというところ、監督の信頼の表れだと思いますし、だからこそという思いは…

「そうですね。本当に自分が、やっぱり、監督がこう使ってくれて、出ていない人達の分まで責任もってやらないといけないというのは思っているので、それが、その責任をうまく果たせたのかと言われたら、この復帰した2試合は全然そうじゃなかったと思いますし、そこはすごくストレスを抱えていますし、凄くモヤモヤするような自分のプレーだったので、監督にも申し訳ないですし、チームメイトにも申し訳ない気持ちで一杯なので、次は試合に出たら、本当に責任をしっかり果たせるようなプレーを見せていきたいなという風に思います」

――その責任を果たすという意味で、暑さの中、ご自身ができる役割・プレーというと、どんな風に思い描いていますか?

「やっぱり、ウィングバックで出たら、走って攻守ともにしっかり相手を1対1で負けないというところが大事だと思っているので、ウチのサッカーはサイドが凄く大事なので、そういうところでの1対1の負けない、守備も攻撃も、そういうところが求められているというか、大事なところかなと思っていますけど」

――今、ある程度、駒井選手のプレースタイルも認識されて、会場も沸くようになって、もうワンランクというところも一つ、必要になってくるかと思いますけど、そのあたりで考えることなど、いかがですか?

「やっぱり、得点につながるプレーがないとダメだと思いますし、起点となる一人をはがしてからのパスでその人がフリーになってうまく次にスルーパスを通すとか、そういう起点になるような、数的優位を作れるようなプレーが自分の持ち味だと思いますし。まぁ、得点・アシスト、そういうプレーを含めて、それがワンランク上につながるという風に思っていますけど」

――あと、きょうの練習でも、いかに良い形でボールをもらえるかというところで、動き出しに関して…

「本当に、やっぱり、動き出し一つで状況がガラリと変わるので、そういうところを僕たちが相手の視界から消えているところからのスタートなので、そういうところでは、やっぱり、積極的に狙っていきたいなと思います」

――ダービーも熱くなりましたけど、カシマスタジアムでの鹿島戦というのは、まだ体感したことないでしょうが、凄いものになります。チームメイトからも聞いているかもしれないですけど…

「本当に大事な試合だというのはわかっていますし、川崎と鹿島がこの前引き分けた中で僕たちも引き分けてしまったので、ここで一つ直接で勝つことによって鹿島を逆転することが出来ると思うので、本当に良い気持ち的な部分もしっかり準備して臨みたいなと思います」

――暑いですけど、体調管理とか大丈夫ですか? 京都の夏も暑いと思いますが…

「全然大丈夫ですね。あとは本当に身体の部分とメンタルな部分だけしっかり調整できれば、自分の良いパフォーマンスが出せると信じているので、努力していくだけですね、頑張ります」

駒井選手のインタビュー詳細は、今夜7時(再放送は23時)からの「You’re The REDS」でお届けします

では

 

6月7日 「歳とか関係なくガツガツと向上心を持って進んでいきたい」

どうもです

まとわりつくような小雨の降りしきる大原で、練習は午前10時頃から始まりました20160607_120226

気温こそ高くないものの、若干の蒸し暑さが感じられたのは梅雨ならではでしょう

オフ明け恒例、人工芝ピッチでの体幹トレーニング、天然芝ピッチへの移動後はGKとFPが分かれ、GKは専用メニュー

FPはステップワークや坂道ダッシュ、パス&コントロールで”体起こし”に励みます

締めに行われたのは、ドリブルでのワンOnワン&ダッシュ(きょうは約70メートルの直線)の反復でした

20160607_110933

20160607_110939平川選手VS永田選手→真剣だけど、にやけっ放し。平川選手のスピーディーな動作、永田選手の意外性ある判断が垣間見え、互いに苦戦する分、自然と笑顔に

青木選手VS駒井選手→青木選手の自然体ドリブルはタッチが非常に細かく、それに合わせたステップをすることで、「守備しんどい!」(駒井選手)

橋本選手VS天野コーチ→橋本選手は右足のボール運びもスムーズ。天野コーチも意地のプレーで譲らずゴールを奪い合う展開

阿部選手VS伊藤選手→必ずといって良いほど組まれるこのマッチアップ。伊藤選手の工夫を凝らしたプレーもまだまだ鉄人に及ばず。ただ、以前よりも守備時のボディコンタクトが強くなった印象

ズラタン選手VS武藤選手→ダンディなズラタン選手が見せる、楽しいけど辛そうなリアクションが何だかチャーミング20160607_111444練習は午前11時20分頃に終了しています

監督が最後に選手を集め、解ける際に拍手が起きた理由のひとつは、きのう24歳の誕生日を迎えた駒井選手へ向けたもの

――お誕生日おめでとうございます

「ありがとうございます」

――24歳、父親にもなり、いい大人に

「そうですね、はい…誕生日が嬉しくないすね、そろそろ(苦笑)」

――“もう”ですか?

「もう嬉しくないっす。ずっと若いままでいたいので、はい(笑)もう24は若くないので、なんかちょっと嫌っすね、ハハハッ(笑)」

――人それぞれかと思いますが…ここまでのプロ選手としてのステップをどう捉えていますか?

「別に僕は今のこの歩んできた道としては間違っていないと思うし、まあ本当に、ここに来て幸せになるにはタイトルを獲ったり、スタメンを取ったりとかすることで…自分次第だと思うので、そういうところは。24歳をいい年にするのも自分次第かと思っているので、まあどうなんすかね!?理想的かどうかはわからないすけど、これから次第なのかなと思う」

――挑戦の心を抱き続けることがカギになっているように、駒井選手を見ていると思えます

「本当に一番大事なのは、“努力すること”と“向上心を持つこと”だと思うので、この二つは僕がプロに入って常に掲げてきた大事なことなので、それをやっぱり、何歳になっても変わらず続けていければと思う」

20160607_11102620160607_111028

――誕生日の2日前の練習試合では125分間出場しました。今までそのような経験は?

「さすがになかったすけど、まあでも僕もプレーがそんなに良くなかったので…まあ本当にあそこは“罰”だと思っている(苦笑)ハハッ!」

20160604_124835-2――中央の壁を細かいタッチのドリブルで抜けていくというプレーは、良いアクセントになると感じました

「まあ、そうですね、自分の得意な形というか、自分の間合いに入っていければ、ああいう風に真ん中からでもスルスルと行けるという自信というか、そういうのを常には持っているので、それを活かすためにもっとパスの部分とか判断の部分とか、ドリブルだけじゃなくて、パスだけじゃなくて、という風に持って行ければより効果が生まれると思う。ボランチに入ったら一番大事なのはミスなくスムーズにプレーすることかと思うので、それを意識してプレーしたい」

――翌日には南三陸地方へ足を運ばれたそうですが?今まで被災地へ足を運んだ機会はありましたか?

「京都に所属していたときに1回。山形と試合をした時に仙台に足を運んで、そこで復興支援を。僕がプロ一年目だったと思う。4年前(※2012年9月)だったので、久々に訪れた。本当にまだまだ復興の…少しは進んでいるけど、まだまだやっぱり完璧には…砂利が多かったり、家が建っていなかったりとかそういった現状をやっぱ4年経っても復興の力、みんなの力が必要だと感じた」

――出来ることとして思ったことは?今はお子さんもいることで感じることもあるかと思いますが?

「そうですね。4年前に僕がサッカーで交流したのが小学校一年生から六年生だったけど、彼らは当時小さかったけど、今回の子達が今、元気にサッカーをしたことが未来につながると思うので、子供たちに少しでも希望とか楽しみをもっともっと持ってもらえればと思う。僕たちはサッカー選手だし、サッカーでそういった喜びとか希望を与えられるように、やっていかなければと改めて思った」

――ドリブルは観ていても楽しいですから

「まあ一番ね、1対1の勝ち負けがハッキリするから(笑)負けたら負けたで注目されるけど、勝ったら勝ったでやっぱり楽しんでもらえると思うので、その楽しんでもらえる回数を増やせるように、日々努力をしていきたい」

――子供たちと掛け合った声、約束したことはありますか?

「『また来年も来るからね』と言ったし、来年のスケジュールがどうなるかわからないけど、行けたら絶対に行きたいと思う」

――その頃、25歳になって再会した時に向けて…まずはファーストステージの優勝、そしてこの連戦ではさらに実力のあるJ1チームと対戦する機会でもあるかと

「本当にこの大事な5連戦に上位のチームと当たるという、面白いカードが沢山あるし、みんな疲労や累積も出てくるかもしれないので、そのためにも一丸となって高いモチベーションで臨んで行ければ良いと思うし、個人的にも凄く楽しみにしているチームとの対戦が控えているので、本当に試合に出たら何か違いを生み出せたらと思う」

――ゴールへの期待もあります。アスパラベーコンをもたらすのですか!?

「フッ、いやもぉどうなんすかね、そこはまだハッキリしてないすけど(苦笑)まあとりあえずそうなったらアスパラベーコンを食べてもらえたら良いかなあと思うし、得点もそうだしアシスト、やっぱりアシストとかの起点になるプレーもどんどん出していきたいと思うので、頑張っていきたい」

――23歳は移籍という大きな決断、ACL敗退という大きな悔しい経験も味わいました。改めて24歳の誓いを

「とりあえず、このチームでやっぱファーストステージを獲りたいという思いが凄くあるので、24歳だけど歳とか関係なくガツガツと向上心を持って進んでいきたい」

――改めまして、おめでとうございます。そして、いつもありがとうございます

「いえいえ、とんでもないです(ニコリ)」

栄養満点!スパイスの効いたプレーでこれからはより一層、私たちを魅了してくれることでしょう

駒井選手のインタビュー詳細は、今夜7時(再放送は23時)からの「You’re The REDS」でぜひ

さらには、レッズレディース・吉田監督&後藤選手のインタビューもお届けします

では

5月21日 「そこがまだ自分に足りないところ」

どうもです

5月特有、”過ごしやすい暑さ”の中、オフ明けの練習は午前10時頃から始まり、恒例のフィジカル系メニューでの調整が約1時間15分ほど行われました

おとといの練習試合後は一人黙々と30分近く走り込んでいた平川選手

きょうについては元気いっぱいなお子さんとサッカーを楽しんでいました

引き上げてきた際の汗の量は、きょうの方が多かったかも?

それと、2人に交じって一緒に遊んでいた柏木選手の何とも優しい表情が印象的です

20160521_111254-1

練習後は、駒井選手にお話を聞いています

――試合のない土曜日ですが、非常に心地よく過ごせているチームの雰囲気を感じましたが?

「まあ凄く・・・この前の試合も白熱した中で勝つこともできたし、やっぱ勝ったあとの週末というのは、凄く気持ちの良いもんだなあと思う」

――ソウル戦、見せ場を作ってました

「そうっすね本当に、何回か…チャンスのところまで行っているので、あとは決めるところだとか、そういうところだと思う。明確に見えてきた」

――左から持ち上がってシュートまで行ったシーンは何度も思い返したのでは?

「そうっすね、映像でも見たし、《もう一個運べたかな》とか、そういうのを色々と自分の中で整理しながら見ていた」

――決めていればベストでしたが、それ以前に“らしさ”を発揮する機会が増えているのはポジティブかと

「そうっすね本当に、J1の舞台というか、そういう選手とも…もちろんJ1の舞台でプレーしたことのない中で、自分がどこまで活きるかとか、そういうのをうまく図れてるじゃないすけど、そういうのは多少あるので。でもそろそろ、もっと活躍しなければと思っているので、次出たら頑張って自分らしいプレーをしながら、勝利のためにやっていきたい。今は途中からが多いので、しっかりとコンディションを作って、どの試合でも100%出せるような気持ちの整理と、体の整理をしていきたい」

――サポーターも駒井選手の特徴を理解できていて、ボールを持ったときの期待感がスタジアムを包んでいる印象です。それを受けながらのプレーというのは?

「本当に、大きな声援が聞こえてくるし、そういうところで期待感を抱いてもらっていれば嬉しいし、僕もやっぱりドリブルとかで突破したときに、みんなを少しでも楽しませられればと思っている。そこは本当にこれからも期待してもらえたら良いところかと思う」

――まだ“本当の駒井選手”に比べたら40%ぐらいでは?

「ハハッ(笑)いやーでもね、J2で出来てたプレーがJ1で全部出来るかといえば、それはまた話は別になるけど、J1でも出来るように、ね?3人ぐらいぶち抜いて、っていうプレーを本当に近いうちに魅せられたら良いと思う(ニコリ)クスッ・・・はい」

――仮に40%だとしても、それでも使われているというところに、監督の期待の高さを感じます

「まあ最近本当に、良い声も掛けてくれるし、凄く監督も期待してくれているので、それに応えるためにもなんとか勝利に結びつくプレーをしないと、本当に期待を裏切ることになるので、早く結果を出したいと思う」

――良い声というのは?

「プレーの面でも凄く声を掛けてくれるし、自分がまだ足りないところとかも伝えてくれたりとか、そういったコミュニケーションを凄く図ってくれるので、そこは凄くありがたく思っている」

――練習で色々なポジションで使われるのも、他の選手との住み分け事情だけでなく、あらゆる面を吸収して欲しい、足りない部分を補って欲しい、といった意図も含まれているかと

「そうっすねやっぱり僕もそういうのを意識しながらプレーしているし、ボランチに入ったら見えるところをもっと広くしていかないといけないし、そこがまだ自分に足りないところだと思っている。そういうメッセージを感じながらこれからもやっていけたらと思う」

20160521_111319-1

――移籍してしばらくが経ちましたが、オフの過ごし方など、さいたまでの生活というのは?

「そんなめちゃめちゃ何処かに行ってるわけではないすけど、でもまあ、さいたまは凄く住みやすいし、そういう中で子どもも小っさいので、子どもの成長をしっかり見ながらというか、そういうのがあるので(笑)もうちょっと大きくなったら色々と行きたいかと思う。本当に凄く良い街だと思うし、どこへ行ってもレッズの旗が立っていたりだとか、本当に地域がレッズに根付いてくれているというのを凄く感じるし、栄えているところとそうでないところのメリハリもあって凄く住みやすい。公園もいっぱいあるし」

――京都に比べればお寺とかが少ないけどそこは?

「いやいや(笑)京都にいるからお寺・・ハハッ(笑)毎日行くわけではじゃないんすけど、京都は京都で良いところを沢山知っているので、もっとさいたまの良いところも知って行けたらと思う」

――次は韓国での試合、多くのサポーターが足を運ぶことはもちろん、浦和からも気持ちは送られます。きょう掲げられていた【WE ARE THE REDS】というメッセージにも通ずるかと

「本当に、アジアの広州恒大とかFCソウルとか、ナンバーワン候補のチームと今対戦できていることは凄く幸せなことだし、それをやっぱり噛みしめながらプレーしたいというのがひとつあるし、そういう相手とやりながらでも負けたくないという気持ちをみんな持っているので、その思いをサポーターの気持ちに乗せて闘いたい」

――次の試合での希望ですが、守備陣が粘り、スコアレスの状態が続いて相手が焦り始めたとき、駒井選手が投入されてカウンターからのドリブルシュートでソウルの息の根を止める

「そうっすね本当に、もしかしたらゼロ対ゼロのまま行ったら相手が焦る展開になると思うので、そん時に出られたら凄いチャンスだと思う。それはいつも狙っているし、その望み通りになるように(笑)頑張りたいと思う(ニコリ)」

駒井選手のインタビュー詳細は、来週の「You’re  The REDS」でお届けします

では