タグ別アーカイブ: 茂木選手

10月16日 「最も大事な試合になってくる」&「『お帰り』って言ってくれる人達が多かったので嬉しかった」

どうもです

オフ明けのきょう、練習は午前10時頃に始まり、室内調整後はゲーム形式での戦術確認を行うなどして、お昼の12時頃に終了しました20181016_120326-

◇◆◇平川選手◇◆◇

――オフ明けの今日、トレーニングはいかがでしたか?

「ま、いつも通りのね、オフ明け室内のトレーニングから外の練習入りましたけど練習試合もして少し疲れてる感はありますけど非常に良い練習出来たしサイドのコンビネーションからクロスっていう部分もね大事な部分だと思うんで非常に良いプレイ、良い練習が出来たと思います」

――ケガから帰ってきて、先日は練習試合で久々に左サイドの平川さんを見た感じもありますが、どうでしたか

「そうですね、楽しかったですね久々の左は・・何年ぶりだろうぐらいだけど。まぁ、でも楽しくできたし、あとね怪我無く65分・70分出来たんでねそれが収穫だったんだと思います」

――その後の反動とかってどうですか。

「まぁ、多少疲れはありますけどきっちりリカバー出来てるしまたねここから残りの試合ねまた絡めるように頑張っていきたいと思います」

――動きの質もそうですけど、出してる声で周りを動かすとところなど、凄い勉強になりました

「そうですね、まぁその局面局面でね、本当にベストな声なのかっていうのは思い返せば微妙なシーンもあるけど、ただね、意志を伝えてこういう風にやろう、こういう風にやって欲しいって伝えていくのはね大事だと思うしそういったコミュニケーションが自然と全員で取れるようにもっとなっていくと良いなと思います」

――その翌日には、駒場での触れ合いがありました

「そうですね、思ったより小学生達元気だったし、短い時間だったけど非常に汗もかいて良いリカバーになったし(笑)子供たちの笑顔だったり一緒にサッカー出来て楽しかったです」

――そういう中で、また気持ちも感じられてで残り5試合。まずは鹿島っていうところでのモチベーションいかがですか

「もう本当にね、最も大事な試合になってくるだろうなっていうことはわかってるし、全員ね、その鹿島の次の試合の重要なのってわかってると思うんで本当に今週、最善を尽くして、準備して、試合に臨みたいと思います」20181013_113004-

◇◆◇茂木選手◇◆◇

――今日のトレーニング、いかがでした?

「そうですね、まぁ先週は試合が無い週で今週からまた試合の準備の試合になったと思いますけどゲーム形式もやりながら最後クロスの対応とかもやりましたし、しっかりクロスの対応とか体張って守ること意識したり予測したりとか、上手く守れてたと思いますし3ゴールのゲームとかは攻撃の方が主体だったんで上手くテンポを上げながらパスをつなぐこととかを意識しながらプレーしてました」

――切り替えの時のスプリントの突進力とか、結構力強さを感じます

「そうですね、やっぱりそういう一瞬のスピードとかそういう所は本当に上がってきたかなっていうのは自分でも感じますし、みんなのスピードに付いていけるような感覚もあるのでどんどんコンディションも上がってきてると思いますし、そういうスピード感っていうのに慣れてきて自分のプレーっていうのもどんどん出して来てるのであとは最後の質とかそういう、質っていうのはまだまだ足りないのでみんなに追いついて追い越せるようにどんどん練習したいなと思います」

――こないだの練習試合では左のセンターバックでのプレーでしたけど、手応えどうですか?

「そうですね、まぁビルドアップでつなごうとしてミスとかもありましたけど前半とかはチャレンジしてミスとかだったんでその辺はミスはしましたけど次にそれが同じことがないようにっていう学習にもなりましたしどんどんチャレンジして前に行くスプリントとかそういう回数もちょっとずつ増えてきたと思いますし、あとは守備で球に出て取り切るとかそういう相手とガチャっとなったときに自分の所にボールが来るような守備とかそういう細かい、本当半歩一歩とかそういう感じだと思いますけど。その辺で相手に勝れればもっともっとボールを奪えるかなと思うんで」

――あと感じたのが、チームプレイという中で平川さんがすぐ側にいてすごい分かりやすく指示出してくれてっていう中で、上手くまわってたと思いますが、その声の大切さとか、平川さんの存在の大きさとかまた感じたのかと

「そうですね、やっぱ平さんポジションとかも細かく取ってくれますし、俺が絞っていいよとかそういう指示もどんどん出してくれましたしかなりやり易かったのもありますし、自分も平さんに上手く指示を出して平さんもやっぱりそういう指示を聞いてくれますしやり易かったです」20181013_112957-

――公式戦のない週末ならではというか、次の日は駒場にて・・・。なかなかサポーターと一緒にボールを蹴るっていうのは子供はあっても大人は珍しいかと

「結構、かなり新鮮な感じありましたしみんな応援してくれてるなっていうのは改めて感じましたし、『お帰り』って言ってくれる人達が多かったので嬉しかったですし、やっぱり『早くピッチに立って』っていう人も沢山いたのでその人達の為にも頑張りたいと思います」

――鹿島戦のピッチに立つっていうのは、アカデミーからっていう茂木選手からすると一つの大きなモチベーションなんじゃないですか

「そうですね、やっぱり鹿島で知ってる選手も沢山出てますし、やっぱり鹿島と浦和っていうのはそういう昔から大事な試合っていうのはあると思いますし、サポーターの数とかも増えると思いますし、選手もそうだと思いますけどサポーターの人達も気持ちの入った試合だと思いますしそういうところでピッチに立つ、まずはベンチに入るっていうところから自分を今週はアピールしてチャンスがあればっていう、どんどんチャレンジしていきたいと思います」

――その知ってる選手とかで良い刺激を茂木選手に与えてくれてる鹿島の選手って誰ですか

「まぁ、三竿は今、代表に行ってますけどずっと一緒にユース年代から代表でもやってましたし、あと鈴木選手とかも同い年なのでその同年代の選手が頑張ってるので」

――であれば、なおさら。地元が近所のレッズOB・齋藤豪人さんも期待しているはずです

「はい頑張ります(ニコリ)」

では

10月3日 「浦和でピッチに立つことだけを考えて」

どうもです

スッキリとした秋晴れの大原

オフ明けのきょう、仙台戦を4日後に控えた練習は、午前10時頃に始まりました

室内調整を終えた選手たちは、午前11時頃、ピッチに姿を現します

ウォームアップを経て、午前11時30分頃からは攻撃の連携確認を実施

「落ち着いて、精度、精度」(監督)

選手達は様々なアイデアを駆使しながら、攻撃のバリエーションを増やすべく、イメージ共有を図ります

スムーズな流れからゴールが頻発し、互いをたたえ合うムードはすこぶる明るかったです

全体練習は、お昼の12時20分頃に終了

監督に集合をかけられた選手たちは、ペナルティエリアの外からノーバウンドでのキックをゴールバーへ当てる、通称”バー当て”を行います

一発目で成功したのはベテランの阿部選手と榎本選手

徐々に決め上がりの選手は増えていき、最後に残ったのは槙野選手と茂木選手でしたが・・・・先に成功したのは、茂木選手でした20181003_112848-

◇◆◇茂木選手◇◆◇

――バー当てでは、メンタル的にもプレッシャーに強くなったんじゃないですか

「みんなにも『負けんなって』言われてたんで。良かったです(ニコリ)まぁ、普段だったら結構すぐ当たるんですけど今日は当たらなかったんで。ちょっと考えすぎてなかなか当たらなくなりました」

――あの時とかも含めて、今年一番良い雰囲気なんじゃないかなって。茂木選手は途中からですが、それでも感じてるのでは

「そうですね、やっぱみんなであぁいう雰囲気でやれて、やっぱ結果も今ついてきてますし、こういうのを続けて。まぁでも気が緩むことなくみんなでまとまっていければまた今自分もどんどん上がってますしまだここから上目指せると思うんで」

――ミーティングがあったと聞きましたけど、どんなが話ありましたか?

「ま、ミーティングもありましたけど中で筋トレとかそういう体作る部分もありましたし。ま、やっぱりその『良い時こそやっぱ悪い所を見過ごすんじゃなくて、失点したシーンとかも練習で先週やってましたしそういう所から練習してたところで失点するっていうはやっぱ良くない』っていうのをもう1回改めて話した中で、やっぱり練習したことをしっかり出しきれればやっぱり勝つチャンスっていうのは必ず増えると思いますし、そういう所をもう一回っていうのを話しました」

――ご自身も、そういうポジションで貢献すべき役割

「そうですね、やっぱり守備はゼロで抑えるとやっぱ負けることはないですし、そういう中で後ろでチームの支えになれるようなプレーが出来れば良いなと思います」

――約1週間遅れになりましたけれども、22歳誕生日おめでとうございます

「ありがとうございます」

――茂木選手だからこその経験をして、という歳の取り方してる

「そうですね、やっぱりJ2で最初に愛媛に行ってそこで出来た経験っていうのは自分の中で本当に良い経験だったなぁと思いますし、愛媛で使ってくれた木山さんもそうですし、愛媛の皆さん達本当に感謝の気持ちを表すにはやっぱピッチに立つことだと思いますし、その後も山形に行って山形でも色んな人に支えられながらここまで来れたと思いますし、皆さんの為に浦和でピッチに立つことだけを考えて今頑張りたいと思います」

―一歩手前の所で、5万5千のあのWe Are Diamondsだったり、先週も勝利してっていう中でレッズの雰囲気をまた改めて感じて

「ようやく帰ってきたっていうのを実感出来た試合でもありますし、本当にさらにピッチに立ちたいって気持ちを高くさせてもらった試合でもありました」20181003_123551-

――そのために、さっきのルイスヘッドコーチとのトレーニングだったり、色々なアプローチがあると

「そうですね、どんな練習もまず自分の為だと思ってやれば先に繋がると思いますし、ルイスさんもそういうこと言ってくれますし、そういうの一つ一つですけど積み上げながら頑張りたいと思います」

――見てて思うのが、あぁいうのでまたパワーとか付くとも思いますが、元々あぁいうパワーがないと出来ないトレーニングを出来てるのが凄いと

「そうですね、やっぱ気付いててもそういうトレーニングは結構試合をやりながらでもしてましたし、元々そういう所は自信あったのでそこをもっと磨きかけたいと思います」20181003_123619-

――22歳の抱負

「浦和でまだピッチに立ててないので、まずはピッチに立つということをまず第一に考えて頑張りたいと思います」

――斎藤翔太選手とは最近連絡とか取ってますか?

「誕生日の日に『おめでとう』っていう連絡はくれました。山形で1回、翔太は新潟だったんで会ったので元気にしてましたけど。『怪我をするな』っていうのは返信しておきました」

――これからもよろしくお願いします!

「ありがとうございます(ニコリ)」

茂木選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

 

7月19日 「翔太の分もしっかりやりたい」

どうもです

名古屋戦での勝利から一夜

大原での練習は午前10時頃に始まりました

きのうの試合にスタメン出場した選手たちはクールダウン

それ以外のメンバーは約70分間、6対6でのゲーム形式を中心としたメニューで精力的に汗を流しました20180719_104404-

登録完了間近のファブリシオ選手はこの日、強さあり、巧さありの多彩なシュートで、ゴールを量産

仕上がりは上々のようです20180719_104446-

◇◆◇茂木選手◇◆◇

――埼玉、暑い

「そうですね(汗)でも山形も昼間は暑かったですよ(ニコリ)」

――きょうからですか合流は?

「そうです、きょうからです」

――初日を終えて

「途中から別メニューになりましたけど、チームの雰囲気とかも混ざってみてまだちょっとしかいないですけど、ここからもっと早く馴染めるようにどんどんコミュニケーションを取っていきたいなと思います」

――オファーを受けたときはどのようなお気持ちでしたか?

「やっぱり1年目に悔しい思いをして、そこから戻るために毎日やってきたので、声をかけてもらったときは、素直に嬉しかったです」

――毎日は計2年半

「そうです、2年半」

――どのような日々を

「やっぱり愛媛から始まりましたけど、やっぱりJ2で経験積むことができましたし、ここ最近はなかなか試合に絡むことができなかったですけど、その2年半で積み重ねてきたことをどれだけ浦和で勝負できるかが今年のカギとなると思うので、どんどんアピールして試合に絡めるように頑張りたいと思います」

――どのようなことを積み重ねて

「やっぱり2年半、木山監督の下でやってきましたし、そこでやっぱり切り替えのスピードですとか、ハードワークすることは改めて重要であることを学びましたし、そういうところと、やっぱり後ろを任されることが多かったので、ゲームの中での対応とか落着きというのはけっこう出てきたと思うので、そういうところを出していければと思います」

――試合経験も

「そうですね、試合に出ることをまず考えてやってきましたし、2年半で試合にも使ってもらえたので、そこで今度こっちに戻ってきてどれだけ試合に絡めるかだと思うので、また試合に出ることをまず第一の目標としてやって行きたいと思います」

――この期間のレッズを外から見ていて感じたこと

「監督も代わりましたし、難しい状況もあったと思いますけど、天皇杯を含めて中断明けからしっかり勝ててますし、そういうところではやっぱり、チームとしてやっぱりセットプレーでもしっかり点が取れているので、そういうところというのは、チームの強みになると思いますし、どんどんそういう中に入ってい行けるように、試合を見ていたので、どういうサッカーかというのはイメージは出来てはいるので、自分のプレーをどんどん当てはめていきたいと思います」

――戦い方として、3バックも4バックも想定されますが、色々なポジションができるのは強み

「そうですね、まあ色んなポジションをできるのは強みですけど、それが器用貧乏みたいにならないよう自分はしたいので、どんどんどんどんアピールして、どこでも試合に出られるようにしたい気持ちなので、そこで勝負したい思います」

――チームを救うべく、ユース出身の選手としての誇りと言いましょうか、斉藤選手も他チームで頑張っていますが

「同期で、翔太は今も苦しいと思いますけど、頑張っていると思うので、一緒に上がった同期として、まず帰ってきたというところで翔太の分もしっかりやりたいというのがあります」

――サポーターへ決意の一言

「やっぱり、ユース出身として戻ってきたので、浦和のためにやるっていう気持ち、強い気持ちがあるので、チームのために走って戦いたいと思います」

――期待してます!

「ありがとうございます!(ニコリ)」

茂木選手のインタビューは今夜7時(再放送は23時)からの〈You’re The REDS〉でお届けします

では