タグ別アーカイブ: 李選手

6月23日 「ひとり1人が自覚や責任を持って」

どうもです

鳥栖戦2日前のきょう、練習は午前11時頃にはじまりました

盛岡戦に長時間出場した選手は軽めの調整

リーグ戦にレギュラー出場している選手達は10対10でのゲーム形式を中心としたメニューで汗を流しました20170623_121025-1「失点が多いので、失点なくせば必ずゼロで抑えられれば、僕達が点獲れると思うので、失点を抑えることが一番重要かなという話も選手間ではしました」

そう明かすのは李選手

前線でプレーするとはいえ、

「もうチーム全体でひとり1人の切り替えの早さだったり、守備の意識だったりというのを持たないといけないと思うので、守備の選手だけでないと思いますね」

ストライカーだからこその役割も

「それが自分の良さでもあるし、そこで自分の力がチームの勝利に貢献できるようにプレーをしなければいけないと思います。シュートだったり、コンビネーションだったり、何が何でもやっぱり点を獲って勝たないといけないので、連敗止めて、連勝街道を進みたいです」

ギラリと鋭い眼差しで、このように言い切りました

「鳥栖のアウェイはちょっと相性が悪いので、悪いからこそひとり1人が自覚や責任を持って走って戦うというところをすれば必ず勝てると思います」

李選手のインタビュー全容は、このあと23時からの〈You’re The REDS Friday〉でもお聴きいただけます

では

 

5月29日 「誰も諦めていない」&「サポーターの皆さんも一緒になって闘ってもらって、この危機を乗り越えたいです」

どうもです

済州戦2日前のきょう、夏のような強い日射しの大原で、練習は午前10時頃スタート

選手達はいつものように?いつも以上に!?11対11でのハーフコートゲームを中心としたメニューで約80分間、精力的に汗を流しました

アジアの頂点に登り詰めるべく、その戦いの結末を迎えるの2日後では早すぎます

Keep On Rising20170529_111553-1◇◆◇李選手◇◆◇

「いやー熱いっすね~!」

――KLM揃ってのゲーム形式でしたが、手応えは?

「まあ、週明けの練習みたいな感じだったんでね、前の3人のコンビネーションというところを意識してプレーしていました」

――まさしく、そこが次の試合では特に求められる

「まぁ、以前からずっとプレーしているメンバーなんでね、わかり合ってるしね、出たら、揃った試合ではけっこう点を獲っているのでね、2点、3点、4点獲ってね、勝ちたいですね」

――前回の対戦を踏まえて、大切にしたいところというのは?

「いやぁもう相手のカウンターは鋭いですけどね、そのカウンターを気にせず、自分達が丁寧にね、最後のスルーパスであったりシュートであったりというのをね、落ち着いてやっていければ結果は絶対に出ると思うのでね、そこを焦って、少しクオリティーが落ちると、入る点も入らなくなってしまうので、3点4点獲らなければいけないんですけど、一つずつ丁寧に仕事をしていけば、必ず点は獲れると思います」

――ファーストディフェンスの意識

「本当、理想はハーフコートゲームなのでね」

――相手の守備の印象

「そんなに・・・高さはあるけど、速さはそんなになかったので、崩せない相手じゃないと思います。1点入れば、慎三も武藤も点を獲れると思うので、僕が1点目を獲りに行きます」

――以前、ポラスさんのトークショーで、「ウガはいつ代表に入っても不思議でない」と話していたと思いますが、良い刺激になったのでは?

「(ニコリ)刺激っていうかね、彼は本当に努力家なのでね、人間性も凄く良いし、日本代表に相応しいサッカー選手であり、人間だと思うのでね、ああいう選手が日本代表に入ることが、子供たちにも夢を与えると思うので、良くハリルホジッチ監督も選んでくれたと思います」

――埼スタでの試合へ、仲間達へ一言

「誰も諦めていないと思いますし、逆にこの舞台を楽しんで、自分達でいずれ、『2017年は済州との奇跡的な逆転の試合があったね』と笑って振り返られるような試合にしたいです」

――まだベスト16。道は長いですから

「そうですね!まだまだあります(ギラリ)」20170529_120909.-1jpg

◇◆◇高木選手◇◆◇

――子どもが多いのは、運動会の代休も関係しているかと思います

「運動会明けなのにこんだけ元気というのは・・・そんな元気が欲しいなって気持ちになりますけど(ニコリ)」

――ご自身は、子どもの頃にもらったサインなどで思い出に残っていることは?

「まあ、そうっすね、サインは僕ももらいに行ったりしたことはありましたけど、でもなんか、そんなに僕はわーわー自分から行くというよりもどさくさに紛れてもらおうかなみたいな、控え目なタイプでしたね。中3ぐらいの時に、NIKECUPという世界大会でマンチェスターに行ったときに、マンチェスターの誰だったかな!?誰かがたまたま駐車場にいて、みんなで走って、それはさすがに『もらおう!』ってなって・・・誰だったかなぁ忘れちゃいました(苦笑)」

――家では毎日スター選手に会えて

「そういうのもあったからなのか、あんまり自分からサインというのは…逆に慣れてて欲しくならなかったのかな。オヤジがけっこう、その辺のお店とか出先で『サイン良いですか?』とかのやり取りを見ていたので、あんまり有名な人にあっても、ワーッ!っていう感じにはなりませんでした」

――そのような子ども時代もあり、25日に26歳になりました。おめでとうございます!

「なんかもう、このくらいの歳になると、歳を重ねるのが嬉しいわけではないし、あとはもうなんか、歳を取っていっって、衰えていくだけな気がするので、ハハハッ!(笑)26で、4年もしたら30歳になるのかっていう・・・逆にそっちが恐い感じがします」

――3兄弟の長男

「一番下とは4つ離れてて、そんなに離れている感じはしなかったけど、今考えてみると、まだまだ4つ若いって良いな!って感じはしますけどね(ニヤリ)」

――もう少しすると、もっと感じますよ、きっと

「そうですよね!もっと、《ああしとけばな~》みたいなことが多くなると思います」

――周りの同級生に比べたら、色々なことを早めに経験している面も

「割と僕はチームで同期が2人(菊池選手と長澤選手)いて、2人はまだ独身ですけど、僕だけが結婚していて、その2人とはだいぶ生活スタイルが違うなっていうか、やっぱり落ち着いているのかなっていう風には思いますけどね」

――次、26歳になって最初のゲーム

「チームの力が試されるような試合になるし、これをひっくり返すような力がこのチームにはあると思うので、それをしっかりチーム一つになって、もちろんサポーターの皆さんも一緒になって闘ってもらって、この危機を乗り越えたいです。自分が結果を出して、チームを勝たすことが出来れば、大きな進歩になると思うし、こういう苦しい場面でそういう仕事が出来れば大きな自信につながればと思っているので、何かやりたい気持ちは強いです」

李選手と高木選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

RED A LIVE 2017.5.20 VS SHIMIZU S-PULSE

☆浦和レッズ戦を実況生中継!ポラス_朝霞カーサブランカ埼玉スタジアム2○○2で行われる、2017明治安田生命J1リーグ第12節「浦和レッズ 対 清水エスパルス」の模様を実況生中継します。20170303_145703-2RED A Live 2017
「 浦和レッズ 対 清水エスパルス  」
…5月20日(土)13:30~16:15(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ20170519_155401-1

☆ラジオドラマ【ポラスストーリー】は[ナナスクエア大宮・七里]を舞台に5/20放送分は”女性目線”で、5/4放送分と同じ物件についてお送りします(5/4は”男性目線”でお送りしましたので、ぜひ聴き比べてみてください)。20170519_162318-1

◇◆◇李選手◇◆◇
「レッズはクオリティが高い選手がたくさんいるので、出た選手がしっかり結果出してスタメンの座を勝ち取るというところでみんなアピールする場だと思います。
久々のスタメンになると思うので、Jリーグ関して言えば。やっぱりそこでしっかり結果を出すために日々練習してきたので、その努力が出せる舞台なので、しっかり努力が報われるようにアピールしていきたいですね。僕自身もちろん、大宮戦だったり柏戦だったりというところで0点、0点というのが続いてしまったので、ああいったところは悔しい思いもしたし、悔しい思いが良い起爆剤にはなると思うので。
やはり1点先制点を獲ったらウチのペースになると思うので、1点前半獲れなくても焦れずにしっかり自分達を信じてやっていくことかなと思います。清水は得意と言えば得意ですね。点も獲れているし。チームの先制点を自分が獲れるようにあしたイメージして試合に臨みたいと思います。左利きで勢い良く前に推進力があるというのが自分のアピールポイントなので、そこをしっかり出せれば点に繋がると思います。
暑さ?全くまだ大丈夫ですけどね!(ギラリ)」

201603051909000

Come On! REDS…12:00~12:55
REDS After The Match…17:00~18:55
・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!
・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
%e5%ae%9f%e6%b3%81m12:00~12:55 Come On! REDS
13:30~16:15 RED A Live 2017 (延長の場合あり)
17:00~18:55  REDS After The Match
19:00~20:55 RED A Live 2017 Replay  (※サイマル放送では休止)
・以下の番組は休止します。
REDS Supporter’s Eye
AKANE の Catch The Music!

RED A LIVE 2017.5.4 VS KASHIMA ANTLERS

☆浦和レッズ戦を実況生中継

埼玉スタジアム2○○2で行われる、明治安田生命J1リーグ第10節「浦和レッズ 対 鹿島アントラーズ」の模様を実況生中継します。

RED A Live 2017
「 浦和レッズ 対 鹿島アントラーズ  」
…5月4日(木・祝)13:30~16:15(延長の場合あり)
提供/ポラスグループポラス_朝霞カーサブランカ

 ※ラジオドラマ【ポラスストーリー】は[ナナスクエア大宮・七里]を舞台に、5/4分は”男性目線”、5/20分は”女性目線”で同じ物件についてお送りします。ぜひ、聴き比べてみてください。

20170303_145703-2 ◇◆◇李選手◇◆◇
「素晴らしい相手なので、昨年のチャンピオンシップでもやったし、たくさんの人がスタジアムに来るし、注目する試合なので楽しみです。まぁ、悔しい思いをしているので、選手だけでなくてサポーターのみんなもね、ホームで負けられないですよね。
鹿島とは自分、相性が良いので、点に絡めればなと思います。クラブワールドカップに行って、賞金もいっぱい入ったので使わなければいけないと思うし、素晴らしい補強をしたのではないですかね。僕達も良い補強をしたので負けていないと思いますよ。僕達がレアルと戦ってもおかしくなかったので、そういった悔しさもあるので、やはり昨年の年間最多勝ち点は僕達だし、チャンピオンは僕達なので、良い試合が出来ればなと思います。
この3日間で意識したこと?うーん、1ミリも大宮戦のことを考えないことです。
サッカーが盛り上がるためには浦和と鹿島が良いサッカーをして、《サッカーって面白いな》って思えるような試合をして、そして浦和が勝つのが最高の結果だと思うので、あした初めてサッカーを見に来るという人もたくさんいるので、また浦和のサッカーを観たいというようなサッカーの内容良いサッカーをしたいですね。残り時間少なくなってきて、拮抗したゲームで《李が出たら怖いな》というのを初めてサッカー見る人に印象として、植えつけたいと思います」20170503_144956-1 ◇◆◇森脇選手◇◆◇
「もう、鹿島という条件もそうだし、ダービーに負けた後というのもそうですし、たくさんのお客さんが入る中でのゲームなので、そういった意味で色々な要素が加わって、いつも以上に燃えるゲームかなという風には思っています。この3日間はイメージの共有に時間を割いた?間違いないですね。もう、本当にその確認の意味で話をしていますし、この間の大宮戦、良くなかったところとかそういう部分でみんなに話を出している部分もあるので、それが次の鹿島戦うまくいく可能性もあるし、もう1回うまくいかない時間が来るかもしれないですが、その中でも要は、しっかり我慢ができる戦い方をしたいなというのが、一番ではないかという風には思っています。主に話したのは守備のところですね。攻撃は今まで培ってきた色々な経験できた部分があるので、自然と共通理解をもって出来る部分もありますが、ディフェンスの部分でうまくいかない部分、そういうところもしっかり話し合っていくしかないなと、小さいところもこだわっていくしかないなという風には思っているので、いつも話しているようなことを再確認させるために話をしました。20170503_152805-1駒井選手がトップ下?まぁ、どうですかね!?浮いている状況が作れればパスは出しやすいなという風には思っていますし、駒井は好きに動いてくれる中でスペースを見つけてそこを突いてくれれば、出す側としても出しやすいなという部分がありますが、いつもだったら1トップ2シャドウで2枚が浮いている状態ですが、今回はきょうの練習で試したのは2トップで、トップ下というのかな? 言葉が難しいですが、トップ下みたいな感じなので、2枚から1枚になる、そこでの摺り合わせというのが必要かなという風には思っています。
昨年のチャンピオンシップ・・・いやぁ、悔しいというか、情けないというか、サポーターはいつも僕らに良い雰囲気を作ってくれて、常に僕達は勝たせてくれるようなそういう雰囲気を作ってくれているようなサポーターなので、やっぱりそういうサポーターに結果でしっかり示したいなという思いがあって、僕ら選手は毎年毎年やっぱり優勝しなければいけないといって、そういう気持ちを裏切り続けているという毎年でもあるので、そういう悔しさをやっぱりこの試合にぶつけてみたいなと。昨年の悔しさは誰ひとり忘れていないなという風には思っているので、しっかり勝って、そういう傷を少しでもこう、癒せるように頑張っていきたいなとは思っています。昨年、新潟でレオ シルバ選手に苦戦?ありましたね!まぁ、常にどんな時であっても冷静に戦いたいなと、ただ、闘争心をむき出しにしていくのが自分自身のスタイルでもあるという風におもっているので、そういう部分の両方、良いところをしっかり出せるようにやりたいなと。鹿島にはレオシルバ選手だけでなくて、良い選手がいますが、そういう選手を、言葉は悪いですが、最後まで何もやらせない、ぶっ潰すといいう強い気持ちでやっぱり戦わなくてはいけないなという風におもっているので、フェアーでありながら、アグレッシブな激しいプレーをどんどん出していきたいなという風に思います。
新しい髪型だけでなくて華麗なプレーも披露できるように、しっかり頑張っていきたいなと。勝って歌っている時をテレビカメラに抜いてもらって、皆さんに美しい顔を見せられるようにしっかり戦っていきたいなと思います。頑張ります!!!」20170503_150205-1 ◇◆◇槙野選手◇◆◇
「前売りのチケットもそうですし、ホームで試合をできるという意味でも、みんなが試合を終えたあとに笑顔になれるように、みんながスタジアムを後にできるように、そういう日になればと思います。
勝ちから学ぶこともありますが、負けた時こそもっともっと学べる、チームが前進する良いチャンスだと思うので、こういう状況こそ、いかに楽しめるかがあしたのゲームのポイントだと思いますので、チャンピオンシップもそうですし、たくさんの方が注目する中でしっかりと結果を残せるように、あしたは“今年の浦和は違うぞ”ってところを魅せられればと思います。
選手間では守備について話し合いました。相手も非常に質の高いチームなので、まずはしっかりとした守備ってところが大事になってくると思うので、前線、後ろの選手の意見交換をして、意志の疎通を図るために、きょうの練習後に話し合いました。
やっぱり注目されればされるほど、自分達の気負うものというのもありますし、チームの勝利が最優先ですけども、1人でも多くのかたに観に来てもらう良いきっかけになるように、今年はゴール数も勝利数も多いので、注目された中で良いゲームができれば、もっとたくさんの方に注目されるし、スタジアムにも来てもらえるし、相手が鹿島だから満員になるのでなく、どんな相手でも、そしてどんなスタジアムでも満員できるだけのサッカーを展開していけるように、あしたは良いきっかけになればと思います」20170503_160936-1 ◇◆◇武藤選手◇◆◇
「鹿島を相手に昨年は悔しい思いをしましたし、今の順位も勝ち点1差で、次の試合の結果次第で順位も変わってくるので、本当にホームで負けられない試合なので、凄く厳しいゲームになると思いますけど、勝ち点3を獲れるように頑張りたいと思います。
僕自身、ゴールを求められていると思いますし、昨年の悔しさも晴らせるようにゴールを決められればと思いますけど、昨年の悔しさは、リーグ優勝をしないと晴らせないと思うので、ただ、あしたの試合もしっかり勝って、昨年の悔しさを晴らせればと思います。
自分が点を決めた試合で勝ち続けられているということは良いことだと思いますし、チームとしても点を決めれば勝つ確立は高まると思うので、9番を背負ってからもその責任を感じています。
みなさんの期待も感じているので、結果で答えられるように、あしたは自分のプレーというのを出せればと思います」20170503_145959-1 ◇◆◇ラファエル シルバ選手◇◆◇
「レオとは非常に仲良くさせてもらっています。多くのことを彼から学んできましたし、お世話になっています。もちろん、対戦する時には本当に友情とか一切なく、関係なくなると思いますので、自分達の力でしっかりと彼らのチームを倒すために何が必要になってくるかというのがキーとなると思いますが、もう本当に彼らを倒すことしか考えていません」20170503_153236-1 ◇◆◇駒井選手◇◆◇
「本当に勝ち点3を獲りに行く。たくさんのファン・サポーターの皆さんが応援に来てくれるので、しっかりその期待に応えられるように頑張りたいです。みんなが、一人ではどうにもできないので、全員がこの前の大宮みたいなことにならないように、大宮も気持ちが入っていましたし、頑張っていましたが、結果があと1歩、シュートがゴールにつながることができなかったので、鹿島ではそれをしっかりつなげられるようにやっていければ良いではないかと思います。
あしたはどこで出るかわかりませんが、やるポジション、やるポジションでしっかりと全力尽くすだけなので、本当にピッチに立てば自分の力を思う存分に出すだけかなと思います。別に普段と全然変わりませんが、僕の特徴をしっかり出していければ良いのではないかというところです。もちろん、監督に信頼されるというのはうれしいことですが、まだまだもっともっと信頼してもらえるようになりたいです、本当に。でも、あしたも別に監督にアピールというよりも、チームが勝てるように全力を尽くすだけなので、それはやっぱり貪欲に勝ち点3を泥臭く狙っていければ良いと思います。サイドで出てもやっぱりローテーションで中に入ったりとかして、その中の動きの役割というのはやっぱり大事なところもあるので、そういうところはやっぱり自分の良いところでもあるので、それはやっぱり間あいだでドンドンドンドン受けたり、サイドで受けたりとかしながらリズムを作っていきたいなと思います。
もちろん、Jリーグ王者になりたいので、それはやっぱり獲るためには避けては通れないライバルチームというか、勝ち点で争っていますし、避けては通れない相手なので、絶対にここでしっかりホームなので、鹿島に勝って、優勝に向かって進んでいきたいなと思います。やっぱり連敗は避けないと絶対にいけないので、相手に勝ち点3を与えることは絶対なしなので、そういうところはみんなも絶対わかっているので、そうしっかり相手に負けることはないように、絶対勝ち点3を獲りに行きたいなと思います。
もちろんどんな相手でも得点を狙っていますし、この前の大宮で決められなかったので、あしたの鹿島戦、出れたら決めたいなと思います」

201603051909000

Come On! REDS…11:00~11:55
REDS After The Match…17:00~18:55
・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!%e5%ae%9f%e6%b3%81m ・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
11:00~11:55 Come On! REDS
12:00~12:55 つながるさいたま(短縮)
13:30~16:15 RED A Live 2017 (延長の場合あり)
17:00~18:55  REDS After The Match
19:00~19:55 You’re The REDS
・以下の番組は休止します。
リメンバーミュージック
アフタヌーンパラダイス
イブニングパス

4月14日 「成長した自分を確認できます」

どうもです

FC東京戦2日前のきょう、まるで初夏のような陽気の大原で、練習は午前10時にスタート

アップ後は11対11でのハーフコートゲームへ

「後ろから前へ、サポートサポート!」

と監督20170414_111035-1

この日、ビブス組の右サイドに入った菊池選手へは、

「動き出してみて、動き出してみて!」

その後、菊池選手はすぐさまダイアゴナルにゴールへ走り込み、ペナルティエリア手前で青木選手のフィードをピタリ

「ブラーーヴォ!」(監督)

さらには武藤選手にタイミングの良いパスを送り出してのアシストなど、ミハイロスタイルへの上々のフィット感を示していました

20170414_111248-1練習は、午前11時35分頃に終了しています 20170414_113144-1「森脇君、リフティングゲームしよう!」(槙野選手)

「いーいーいーいーー!俺がどうせ負けるから!」(森脇選手)

20170414_113713-1

春爛漫、心地よい天気も手伝ってか、練習後はピッチに残り、シュート練習やランニングなど、それぞれがそれぞれのメニューでもう一汗

その中で李選手は約20分間、ピッチに寝そべり、桜吹雪に身を委ねていました20170414_114911-1◇◆◇李選手◇◆◇

――今、ずっと春を満喫していたような…

「満喫していました!」

――なんか、絵になります

「いやいやいや…(ニコリ)」

――花びらがどんどん落ちてきて…

「きれいですね!」

――自然から力をもらうというわけではないですが

「もらいました!たくさん」

――どんなことを考えていましたか?

「どんなことを考えていた? いやぁきれいだなって。きれいだなって思っていましたよ!」

――春は好きな季節ですか?

「好きですよ。暑くないので、寒くもないし」

――李選手は相当熱いですよ

「何言っているんですか!?」

――ずっと見ている姿が印象的だったので…

「いやぁ、良いですよね(ニコリ)桜は毎年見る景色が違うので、成長した自分を確認できますから」 20170414_120712-1――あさってはまた楽しみなFC東京戦ですが

「まぁ、高校から、ユースの時からずっとお世話になっているところなので、中3からですからね。知っている選手もたくさんいるし、関係者の方が選手よりも知っている人が多いかなと思うくらいなので、自分にゆかりあるところなので、サポーターの前で、李忠成をまた見せたいですね」

――FC東京も何人か新しい選手入っている中で、また変わっているところが…

「すごいですよね、前の選手。もう、タレントで言ったらレッズくらいあるタレント力だと思いますが、本当に素晴らしいチームだと思うので、しっかり自分たちのサッカーをしないと食われてしまいますね」

――自分たちのサッカーというところを、より自信持ってできている?

「得点も獲れているので。1点だけでなくて2点、3点、4点、5点、6点…って、獲れるチームだと思うので、本当にバイエルンとかバルサとか、ああいった見ていて面白いサッカーをこれからもっと見せることによってサッカーの人気が出ると思うので、レッズがけん引できればなと思いますよ」

――この間、1対1になった時に李選手はループシュートが得意だから浮かすかなと思ったら、股を通しました。今度からキーパーはどっちを守れば良いか、よりわからなくなってしまったかと

「えぇ、もう…、まぁ…。何でも打てるので!(ギラリ)」

――李選手、昨年熊本にも足を運ばれましたが、1年経ちました

「そうですね。1年経ちますね。今でも巻誠一郎さんとか、色々な活動をされていますし、本当に今でも困っている方がいると思うので、自分も福島もそうだし、熊本もそうだし、今回、NPO法人【SPOON FOUNDATION】っていうのを立ち上げたので、そういったところでも、国内でも行けたらなと思いますが」

――被災地の方へのエール

「まぁ、やはりサッカーというのは、スポーツというのは、本当に感動を与えると思うので、勝っても負けても、勝つ喜びを負けるくやしさというのは、スポーツの素晴らしさだと思うので、是非、浦和レッズを応援して、共に戦って勝利の喜びを共有できたらなと思います」

――ご自身も一つ目標を設定して、寄付ということを先日発表されましたが、そういうところでもまた…

「まぁ、あれは本当に形になるというところで、寄付という形で、形にしたかったスポーツの力というのを、形にしたかったので、ああいう形にしましたが」

――では、味スタでは20万円分くらい…

「4点ですか? わかりました。頑張ります!(ギラリ)」

李選手のインタビューは、このあと19時(再放送は23時)からの〈You’re The REDS〉でお届けします

では

 

 

RED A LIVE 2017.3.10 VS VENTFORET KOFU

☆浦和レッズ戦を実況生中継!

埼玉スタジアム2○○2で行われる、明治安田生命J1リーグ第3節「浦和レッズ 対 ヴァンフォーレ甲府」の模様を実況生中継します。

RED A Live 2017
「 浦和レッズ 対 ヴァンフォーレ甲府  」
…3月10日(金)19:00~21:45(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ

ポラス_暮らしのクオリティとロゴ20170303_145703-2

◇◆◇李選手◇◆◇
「調子は良いですよ。使う、使わないは監督の起用方法なので。選手はしっかりその来た準備に最高のパフォーマンスを出すことなので、準備は出来ていますね。昨年は甲府相手に点も決めたし、アシストもしているのかな?すごく守ってきますがね、バイタルエリアというところで自分がゴールに近いところでボールを持てば必ず得点機会作れると思うので、そこをしっかり決めるか決めないかなので、来たチャンスをしっかり決めることが出来ればうまく試合は運ぶと思います。甲斐ナチオ!?そうですね。まぁ、前線の選手、本当にクオリティが高い選手がたくさんいるので、今年は崩せると思いますよ、昨年同様。浦和レッズ プレミアムフライデー?うまく乗っかりましたね。プレミアムフライデーになるように、浦和レッズサポーターにとって、選手は頑張りたいと思いますので、忙しいと思いますが、ぜひスタジアムに足を運んで応援に来てください」
20170309_150546-2
◇◆◇駒井選手◇◆◇
「セレッソ戦の欠場については、しっかり監督には気を遣ってもらったところもあるので、ここまでしっかり調整してきたつもりですし、本当に良くはきているのではないかと思います。ソウル戦で点も決めて、いい流れで来ていたし、本当にセレッソ戦も出たかったですが、そういう気持ちを次の甲府戦にぶつければ良いかなと思います。この前はまだ1試合なので何とも言えませんが、ああいうプレーを何回もやっぱり続けていければ良いなという風に思っていますし、しっかり次、出たポジションでしっかりとした自分のプレーを出してチームに貢献できたら良いなと思います。
甲府はずっと昔から堅さというのが凄くあったチームだし、本当にみんなが全員でハードワークをして…というチームだと思うので、そういうしっかりと組織で守ってくる相手に対して、やっぱり僕たちがバラバラで攻めてしまうとダメだと思うので、いかにチームとして戦うのかが大事かなと思います。ミーティングなどでは、『もう1回良い流れで5試合、最後の方はしり上がりに調子がどんどん上がっていって、連勝続けられましたし、そういう中で1回連戦がちょっと間隔が空いたので、もう1回締め直す、もう1回前から規律をもってプレッシャーにいこう』という話をしました。
自分の特徴はやっぱりどのポジションでも出さないといけないと思いますし、ボランチで他の人と何が違うかというと、やっぱり運べるというか、ドリブルっていうところがあると思うので、それをしなければ他のボランチの選手を出した方が良いと思いますし、そういうところはしっかりと機を見て、良いタイミングで出せればなと思っています。練習で良いシュートを続けてる?まあ本当に、中央なのかもっと右からなのか全然わかりませんが、多分1試合にワンチャンスは自分で作り出すことが出来ると思うので、そこでしっかり仕留めていければ、結果はドンドンドンドン出せると思うので、しっかり、この前、点入ってちょっと楽になった部分がありますし、自信を持って臨めればなと思います。スタジアムを沸かすのは得意ですが、最後のゴール、喜びの瞬間を届けるところまではなかなかいけていないので(苦笑)しっかり沸かせて、最後に良い結末を迎えられるように、しっかりやりたいと思います。
本当に平日にもかかわらず仕事終わりとか学校終わりのところ、凄く大変というか、時間がない中でも、本当にレッズのことを応援してきてくれる皆さんのためにも、あしたしっかりホームで勝利を届けられるように僕達も全力で戦うので、後押しをよろしくお願いします!と、言いたいと思います。自分にとっても良い1日にできるように、しっかりあしたのために、今から良いコンディションを作っていければいいなと思います」20170309_160154-2
◇◆◇遠藤選手◇◆◇
「開幕してから、失点もしてしまっているのでそんなに凄く良いとは言えないですが、しっかり切り替えの部分だったり、後ろのオーガナイズは徐々に良くなってはいると思うので、自分達が毎試合毎試合重ねていく上で、話し合って次に向かってやっていくところがドンドン試合に出ているので、だんだん失点も少なくなってくるかなと思っていますが。チームとしてしっかり点は獲れているので、ゼロで抑えるというのは凄く大事なことだと思いますし、1試合あるというのは、そこはもちろん自信になりますが。逆に他でも失点しているので、そこは課題として受け止めたいです。
(8日の練習で監督から直に言われたこととしては)攻撃でもうちょっと運ぶ、後ろから運べと。あとは常に前にボールをつけていくというか、チャンスがあれば前つけてしっかりチャンスをつけていくというところだと思います。
ブロックを敷いた相手に対して、セレッソの時もそうでしたが、後ろからのビルドアップが凄く大事だと思うので、自分がどういうボールを出せるのかというところは攻撃は意識していますし、守備では失った後の切り替えとかそこは全員でしっかりやっていきたいし、セットプレーで失点してしまっているので、僕はゼロで抑えながら、流れの中でもやられないようにしたいなと思います。
次はゼロで抑えます。難しい試合になると思いますが、しっかり自分達の良さを出して勝ち点3を獲れるように頑張るので、応援よろしくお願いします」
20170309_152217-1Come On! REDS…18:00~18:55
REDS After The Match…23:00~23:55・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!201603051909000・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。

15:00~15:55 アフタヌーン・パラダイス(短縮)

16:00~16:55 You’re The REDS  Friday(時間変更)

17:00~17:55 ウィークエンド・パス(短縮)

18:00~18:55 Come On! REDS

19:00~21:45 RED A Live 2017 (延長の場合あり)

22:00~22:55 大宮アイドールのなんてったってアイドール!(1時間繰り下げ)

23:00~23:55  REDS After The Match

・以下の番組は休止します。

20世紀ポップスアワー

%e5%ae%9f%e6%b3%81m

11月17日 「監督もそこに危機感を抱いている」&「ピリッとしなければいけない」

どうもです

練習再開2日目のきょう、大原はきのうと打って変ってのポカポカ陽気でした

練習は午前10時に始まり、ウォームアップ後は11対11でのゲーム形式(4分の3コート)を行い、午前11時35分頃に終了しています20161117_112757-1「行こう行こう行こう!」(監督)

「下げるな下げるな下げるな!」(平川選手)

「前に前に前に!前向きサポート!」(監督)

「もっとさあ・・・」(柏木選手)

ゲーム中は、ポジティブなものというより、改善点を指摘する意味合いの声が多く聞こえてきました

ラストゴールとなった森脇選手のロングシュートは鮮やかそのものでしたが、それと天気とは裏腹に、ムードはスッキリでない様子

ゲームが終わると監督は付け加えるように、

「動きを止めては、走るのを忘れてはダメだよ!」

練習後は約10分間の秋空ミーティングが行われました

その後柏木選手は一目散に坂道ダッシュを実施

みんな、わかっているのでしょう

これまで痛いほど味わってきた、クライマックスでの経験を活かす時です20161117_114144-1

◇◆◇平川選手◇◆◇

――あすは練習試合

「久々のゲームというのは大切にしたいし、集中して怪我しないようにプレーしたいのと、あとは“チームとしてやる”ということを改めて実戦で確認できればと思います」

――きょうのゲームではいつも以上に平川選手の声が聞こえてきた印象です

「まあ、徐々にスイッチというかそういった部分を入れていかなければいけない中で、まずひとつ目としてあした、試合の中でね、どれぐらいチームとしてやるべきことが確認できるかが重要だと思うし、川崎との負けた試合があるので、そこの反省点だったり…まあ、リードしても失点してしまうという部分でね、ディフェンスの面も含めて、あすのような試合を大事にしなければいけないと思います」

――監督がゲームの途中、時間をかけて全体に指導を入れていましたが?

「いつも通りですよね。ひとつ奥を見て、奥に当てて動く。パスを出したら止まってないで、動く。次に3人目、4人目、5人目という形で…改めてですけどね、いつも通りのことですけど、ここに来てね、やっぱり動きが少なかったりした部分の指摘もあったし、常に全員が攻撃参加して、相手が掴みづらいような形を作り出さないとね…川崎戦の前半でもなかなか、やっぱ良い形で奪っても動き出しが少なかったり、後ろから上がってくるというのが少し足りなかったのかなとも思うので、そういった部分をきっちり修正していきたいと思います」

――ここ最近、平川選手の3人目の動きが、より得点を意識した、ゴールに近い位置での“相手にとっての危険な走り”を出来ているように見えます

「得点もそうですけど、やっぱりワイドとしてね、前の3人にボールが入った後、ボランチだったりシャドーに落とされた次に、3人目として裏に抜けてサイドに飛び出していくというのは、常にやらないといけないので。そこへボールが来るか来ないかはパサー次第ですけど、選択肢を作っておくというのはサイドの役目ですし、そこで動きがあることによって、中も空くし…誰か1人でもそれをやめてしまえば、やっぱりパスコースが一気に減ってしまうので、パサーに選択肢を増やす意味でも、きっちりワイドとしてはね、準備して裏に抜けていくという動きをね、狙っていきたいと思います」

――自然とできるように

「そうですね、動きながら、常に動きながら、考えながら、次どこに動いて、誰が触って、3人目は誰がどこに動いて、空いたスペースを4人目が狙ってというのを、ずーっと考えながらやらないといけないので、本当に、観ているだけで難しいと思いますけど、やっている方はもっと難しいですね(苦笑)」

――きょうの練習後、監督からはどのようなお話が?

「まあ、この少し空く期間をダラダラ過ごしてはいけないというのはね、自分達もわかっているし、監督もそこに危機感を抱いていると思いますけど、本当に一回一回の練習を集中して、チャンピオンシップに向けて良い形で入っていけるかというのはね、普段の練習次第だと思うので、一個一個を大事にしていきたいと思います」

――あしたは右サイドか、左サイドか・・・

「どっちでも準備はしておきたいです(苦笑)」

――プレーに関するお話がとてもわかりやすかったので、その辺りも頭に入れつつ、あしたのゲームを観たいと思います

「はい!観てもらうと、面白いと思います(ニコリ)」20161117_113351-1

◇◆◇李選手◇◆◇

――天皇杯は結果こそ残念でしたが、ご自身のプレーとしては手応えがあったのでは?

「まあ、2得点に絡めているし、延長にね、青木にも良いアシスト出来たので、自分が出てからね、3点入っているし、やっぱ毎試合ね、得点に絡めているので、CSに向けて…という感じですね」

――青木選手へのアシストですが、カウンターの際、途中でスピードを緩め、そこからまた一気にスプリントした動きが秀逸でした

「はい・・・ありがとうございます(ニコリ)俺も青木も途中から入った選手がね、得点を生み出せたというのは期待に応えられたんじゃないかと思います。凄くポジティブに捉えています!」

――そういった存在が活性化させていくことも、CSに向けては

「いやもうチーム一丸となってね、闘って勝つことだけなんでね、誰が出ようとほぼ変わんないし、誰が途中から出ても結果を出せると思っているので。途中から出るからには得点に絡みたいし、先発で出るからには前半で試合を決めたいし、まあ選手は準備するだけなので、あとはミシャが決めること。最終的な目標は勝つことなので!」

――監督がきょう伝えてきたことは?

「まあ・・・ダラけても・・2週間空いちゃうんで、ちょっと3連休をあって弛んじゃうところもあったので…引き締めたかったんじゃないですかね、ミシャは」

――きのうもそういったお話が練習前に

「そうですね」

――監督の熱くなる性格も、李選手は充分にこれまでの経験から理解している

「もちろんもちろんもちろん!(ギラッ)わかっているし、チームもね、ピリッとしなければいけないので、ここからしっかり選手各々が意識しながらCSに向かわなければいけないと思います」

――あすの練習試合で李選手が4点ぐらい獲ると、ムードが良くなるかと

「点、点は関係ないすねあんましね!(笑)練習試合だし、CSのための練習試合をしたいです!練習試合のための練習試合じゃなくて」

――ただ、後ろから前につないで、きちっと李選手がネットを揺らしてくれれば、守ってからパスまでに関わった選手の後味も良いでしょうから

「フッフフー(笑)まあ、まあそうだと思いますね、あしたはあしたで頑張ります(ギラリ)」

平川選手と李選手のインタビューは、このあと23時からの「You’re The REDS」再放送でもお聴きいただけます

では

RED A LIVE 2016.11.3 VS 横浜Fマリノス

☆浦和レッズ戦を実況生中継

埼玉スタジアム2○○2で行われる、「明治安田生命J1リーグセカンドステージ第17節・浦和レッズ対横浜F・マリノス」の模様を実況生中継します。

RED A Live 2016
「 浦和レッズ 対横浜F・マリノス」
…11月3日(祝・木)13:00~15:45(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ(http://www.polus.co.jp/20161102_142341◇◆◇平川選手◇◆◇
「練習後の監督の話?いや、もう、いつもと変わらないです。もう、同じことをやるだけだし、まぁ、明日が最後だからって特別なことではなくて、いつも通り、今まで通りのことを明日もやらなければいけないということですね。大事な試合になりますが、今までも全て大事だったし、そして今までやってきたことを明日も出す。相手どうこうでなくて自分達がやってきたことを続けていく。かなりハードワークしなければならないし、まず、そこで自分達に妥協なく、今まで続けたことをやることが出来れば必ずチャンスはあると思うし、勝利できると思うので、まずは自分達の積み上げてきたものをきっちり出せるようにしたいです。
まぁ、2006年の勝ち点を上回りましたが、そこと比べる必要はないと思います。年々、ミシャのサッカーの中で足りなかった分もう1歩先に行くために今年、本当に最初から細かい部分、色々と積み重ねてきましたが、特にそのハードワークして、球際、攻守の切り替えだったり、攻撃陣のディフェンス、切り替えという部分で、非常に良い形でここまでこれているので、本当にそこを最後までどれだけやれるかというのを楽しみにしたいと思います。明日、自分達がどれくらい出来るかだと思います。
考えて、楽しみながら、そして、敵もそうですが、見ているサポーター、観客も含めて、驚かせるような攻撃を見せながら、ただ、ハードワークもして、きっちり、そういった両面を見せられるように出来れば良いと思います。スピードの部分もようやく戻ってきたし、こういった感覚の中できっちり準備をして、チームの勝利に貢献できるようにしていきたいと思います。
Fマリノスとの最終戦は嫌な思い出ばかり!?もう、全然忘れていましたね。その頃のことは忘れていましたし、今、また新しい目標に向かってやっている中で非常に良いチームだと思うし、上手く若返りを図りながら攻撃的に非常に能力の高い、怖い選手が揃っている非常に良いチームだと思うので、それに負けないように、相手の良いところを出させないで自分達の良いところを出すという部分で、きっちり、そういったマリノスというチームに勝利出来るようにしていきたいと思います。あぁ、あれか…、ん? ドゥトラ選手に削られたやつか、駒場で…。それは覚えていますね。ケガ、あれ、痛かったなぁ。あれ、次の年も1年間引きずったから、あのケガで。左サイドやっているのにね。右足で上げていたけど…。まぁ、でも、そういった思いも全て乗せて、明日の試合、勝利できるように、良い準備をしたいと思います。もうだいぶ前ですが。内容よりケガしたシーンとかはよく憶えていますね。
あすは良いサッカーをして、勝利して、みんなで、今年は違うという部分しっかり見せて、最後にチャンピオンシップに向けて良い試合できるように頑張りたいと思います」20161102_144859-1◇◆◇李選手◇◆◇
「埼スタのチケット完売は、選手冥利に尽きるし、凄く大舞台なので楽しみですけど、やっぱりこういう試合に勝って、浦和レッズの歴史に1ページ新しいストーリーが築ければなって思いますね。その一員であることの幸せを噛みしめながらやりたいですね。前も言いましたが、ルヴァンカップでタイトル一つ獲って1歩目やっと踏み出したので、長い間レッズは獲れなかったですが、2歩目踏み出すことによって、3歩、4歩、5歩というのが加速すると思うので、やはり1歩目踏み出した大きな力を2歩目でステップアップしてから、本当に素晴らしい浦和レッズの歴史を作りたいですね。そうでありたいし、それしか見ていないし、自分達にはチャンピオンシップと今年、クラブワールドカップとあるので、そこでレッズがどこまで出来るのかというのが凄く楽しみだと思うので、見ている人達は、僕達も楽しみなんでね。
まぁ、途中から出る…、まぁ、スタメンで出たいですが、今は途中から出ることの方がチームにとって効果的なので、自分が途中から出ることが。なので、やはり出た時にコンディションをそこに持っていけるかとか、ゴールにほとんど絡めているので、なので、やはり自分が出た時に0―0とか1―0とかで負けている時に出て同点なり逆転なりするというのが今の自分の仕事だと思うので、チームの勝利のために戦っているので、良い感じではきているとは思っていますよ、チーム全体としては。
負けている状況であれば、出場時間は伸びると思いますよ、必ず。前半で最近は試合が決まっていないので、前半で試合が決まるように、まずはチームの勝利第一なので、この悔しい思いを途中から出た時にパフォーマンスを発揮するというのがやはりプロとしての自分の役割だと思うので。前半戦は、それこそトシとか自分達、僕が出て悔しい思いをした分、今も頑張って走っていると思うし、武藤もそうだし慎三もそうだし、誰1人として絶対に出られるという保証のないチームなので、日本一になると思いますよ。
スタメンじゃないからといって僕が不機嫌な態度を取ってしまってはね、チームはガタッときてしまうと思いますね。本当、自分で言うのもナンですが、一番自分がピースとしては大きいかなと思います。
自分達のサッカーができれば勝てるのではないですか。勝つことで自力で優勝もできるし、チャンピオンシップも優位に進められるのでね、ホームだししっかり勝って次につなげたいと思います。(ルヴァン決勝の前日もマイクを向けさせてもらい、ヒーローに)ありがたいですね。良い流れは良い流れのままいって欲しいし、僕も強い気持ちがあるので、自分を信じているし、浦和レッズが勝つことを信じているので、必ず良い方向にはいくと思います」
Come On! REDS…11:00~11:55
REDS After The Match…17:00~18:55201603051909000・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!

20160428_181912
・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
11:00~11:55 Come On! REDS
12:00~12:55 つながるさいたま(短縮)
13:00~15:45 RED A Live 2016(延長の場合あり)
17:00~18:55 REDS After The Match
19:00~19:55 You’re The REDS(通常通り)%e5%ae%9f%e6%b3%81m・以下の番組は休止します。
11:00~11:55 リメンバーミュージック
14:00~14:55 リメンバーミュージック
15:00~16:55 アフタヌーンパラダイス
17:00~18:55 イブニングパス

9月27日 「同じプロサッカー選手なのでね、やっぱ、辛いときの気持ちも凄くわかる」&「ようやく退院できたので嬉しいです」

どうもです

大原は久々に、本当に久々に、ハッキリとした晴れ模様でした

オフ明けの練習は午前10時過ぎから始まり、恒例のフィジカル系メニューを実施20160927_110816-1

きょうは練習後にファンサービスが行われたこともあり、仲間達との交流を終えた選手達の表情は天気と同様、実に爽やかなものでした

練習終了からしばらく経った頃には・・・
20160927_111340-1

◇◆◇李選手◇◆◇

――広島戦、ベンチから戦況を見守っていましたが、どのような感想ですか?

「うん、前半ね、うまく攻めていなかったので、まあ早いうちからね、自分にチャンスが回ってくるかなと思ったけど、良い感じで後半は点が入ったので…出番はなかったけど、まずはチームの勝利がね、第一なので、非常に大きな勝ち点3だと思います」

――お互いチャンスが多かったので、李選手が入ったらどんな風にゴールに突っ込んでいくのかとか考えてもいたのですが

「ね!まあそのイメージをずっとしていたので、ゼロゼロとかゼロイチで負けているシーンで自分が入って何が出来るかというところだけ考えていたので、結果的に勝てて良かったと思います」

――WE ARE DIAMONDSを歌っている時、テレビ画面に李選手がアップになりまして、その表情が何とも言えないものでした

「あっそうなの!?(ニコリ)ハハッまあね、僕が出るってことはゼロゼロかゼロイチの場面なので。途中から前線の選手が投入されるというのはね。まあ、結果的に出なくて良かったんじゃないですか(苦笑)」

――公式戦で言えば、5月の浦項戦以来の出場機会なし

「ま~Jリーグで言えばジュビロ以来(3月のホーム開幕戦)ですからね!試合に出られなかったのは。チームが勝つために準備しているんでね、出たときに活躍するイメージしかないすけど」

――その分、次のナショナルダービーで

「そうなんすか!?」

――とも評される一戦で出たときの李選手がどう爆発するか

「ハハッもう点に絡まないといけないんでね、自分の場合はね。勝ち点3を呼び込むような活躍をしたいです」

――梅崎選手のお見舞いに行ったそうですが、様子はいかがでしたか?

「もう凄く元気でしたよ!」

――どんな会話を?

「『頑張ってくれ』って『自分の思いも組んで頑張ってくれ』って言われました」

――そこでパワーをもらえて

「もちろんもちろん!自分も一緒に闘っているメンバーなので残念ですけど、その分も勝たなければいけないですね(キリッ)」

――新潟の早川選手へもエールを送っていましたが?

「そうですね、同じプロサッカー選手なのでね、やっぱ、辛いときの気持ちも凄くわかるし、やはりね、復帰というのを誰もが願っているので、ウメもそうだし、早川さんもそうだし、願っています!」

――今、李選手が思いっ切り走ることが出来ているのは幸せなこと

「もちろん幸せですよ(ニコリ)ケガなく出来るということは、僕も長いことケガをしていたのでね、辛さもわかりますので」

――その分の思いも次の埼スタでぶつけてもらえれば

「次勝てればね、グッと近づいてくるので・・・はい、頑張ります(ギラリ)」

20160927_110819-1

左膝前十字靭帯を手術した梅崎選手がきのう退院し、きょうのお昼前、大原に帰ってきました

◇◆◇梅崎選手◇◆◇

「ようやく退院できたので嬉しいです(ニコリ)とりあえず・・ハイ青木~!(ニコリ)良いスタッフに恵まれているのですぐに手術できましたし、次へのスタートが切れたので良かったです」

(頬周りがシャープに)

「まあそうですね、食べないようにしていたので(笑)太りたくないので(笑)」

(多くの方がお見舞いに)

「そうですね、沢山の方が病室まで駆けつけてくれましたし、本当に多くのメッセージなりをいただいて、何か…一番気づけたのはやっぱり本当に素晴らしい仲間がこんなにいるのだと、自分以上に心配してくれる人がこんなに沢山いるんだっていうのを改めて教えてくれたので、本当にそれは感謝ですし、純粋に凄く嬉しかったです」

(試合ではチームメイトが梅崎選手のユニホームを)

「純粋に嬉しかったですし、ネガティブな感情はゼロなわけではないですけど、一緒に闘っているなという気持ちになりましたし、本気で今このチームに優勝して欲しいなと…その力にプレーではできないけど、何かしらの力になって一緒に闘っていきたい・・・」

「えーーー!?ウォイウォーイ!!梅崎さーん!!!(ビッグスマイル)」(西川選手)

「ナイスセーブー!」(梅崎選手)

(よりチームがひとつにまとまっている。”梅崎選手のために”という思いを共有していることで)

「観ていて凄く今、良いものを感じますし、観ていて本当に楽しいですし、終盤に入ってきて、例年と違うなと。凄く余裕を感じますし、団結力というか一体感を感じるので、行けるなっていう感触は凄く感じるので、僕も一緒に応援して闘っていきたいです」

(埼スタには「梅待ってるぜ」の横断幕が)

「何年前かわからないですけど、同じ横断幕を掲げてくれていたので、またこのように改めて掲げてくれて、沢山の人がユニホームを掲げてくれたのも見ましたし、本当にこれだけ多くの方々が待ってくれているのは、純粋に嬉しいですし、凄く勇気をもらえるし、自分の・・・」

「ガラガラガラガラガラガラ!(うがい)」(西川選手)

「ケガの意味を凄く感じさせられるし…うるせえよ!(笑)ウォイッ」(梅崎選手)

「ゴメンネー、ちゃんとケアしとかないと!ガラガラガラガラガラガラ!(うがい)」(西川選手)

「体大きいからね!ちゃんとケアして!」(梅崎選手)

「○○(モゴモゴモゴモゴ)」(西川選手)

「“○○”言うな!ここ(九州出身同士)しかわからないから!」(梅崎選手)

(復帰の目途)

「長くかかるケガなので、ゆっくりやっていこうかなと。まあ来年の頭に合流して…すぐどうこうは考えていないので、感覚を戻しながら、焦らずやっていきたいと思っています」

(この時期だからこそ出来ること)

「もう一度、色んな部分、フィジカルもそうですし、コンディショニングもそうですし、体の使い方、ケア、技術的な部分はあとから時間が経たないと出来ないですけど、そういう部分をまたイチから見直して、しっかり作り直していきたいなと。こういう機会なので(ニコリ)」

(以前に逆脚で同じケガを経験している)

「その経験は大きいですし、だから何も膝に関して不安はないというのが本当のところです」

取材対応を終え、再びクラブハウスへ引き上げる際、サポーターから「退院おめでとう」と声をかけられると、

「ただいま!」

優しさにあふれる、満面の笑みでした

李選手、梅崎選手のコメントは、今夜7時(再放送は23時)からの「You’re The REDS」でお届けします

では

9月7日 「何もしていなくてはレギュラーというのは確約されない」

どうもです

鳥栖戦3日前のきょう、日本代表3選手が不在の中、練習は午前10時から始まりました

メインメニューとして行われたのは、10対10でのゲーム形式

20160907_105953-1

ゲームの中盤以降は、監督が頻繁にプレイを止め、指導を加えます

主に聞こえてきたのは、マークを外す動き方

中に絞り、そこから一気にカットアウトし、コーナーフラッグ付近でスルーパスを受ける

ダイアゴナルに走ると見せかけ、大きな円を描くように外周りし、相手の視界から消える”ウェーブ”、などなど

さらには、「遅攻と速攻のメリハリをつけてね!」とも

午前11時17分、きょうから完全合流を果たしたケガ明けの槙野選手が左足での鮮やかなミドルシュートを蹴りこみ、ラストゴールが決まりました20160907_111736-1練習後、スタンドにいたサポーターの多くは、クラブハウスに視線を奪われます

なんとそこには、山田暢久さん!だけでなく、野人こと岡野雅行さんの姿も!

ガイナーレ鳥取が天皇杯でこちらに遠征に来ているため、レッズOBの吉野智行さんらを従えての来訪でした

「きのうの夜はリキ(酒蔵”力”)に行ったよー!」(岡野さん)

ホッペを真っ赤に!?にやけっぱなしの山田さん

ピッチに目を移せば、約50メートル先からこちらに歩いてくる精神的支柱の表情も同様であることが、ハッキリと見て取れました

「おいヒラ!バー当てやるぞ!」(岡野さん)

「NO」とは言えず、笑うしかない平川選手

久々に”舎弟”の一面をのぞかせます

その横で、ちょこっとかまって欲しげな?永田選手も「フフフッ」

なんともほほ笑ましいひとときでした

「ねーっ!ねーっ!・・・ブログはあしたね、あしたの14時だから、よろしく!」(山田暢久さん)20160907_112658-1

◇◆◇李選手◇◆◇

――神戸との3連戦、2勝1敗で終えて…というところで、つかめたものなどいかがですか?

「Jリーグで負けてしまったので残念でしたが、ルヴァンカップで上に上がれて良かったというのと、トシにしてもいつもいつも試合に出ても結果が出なかった選手が“のれた”大会になったのではないかなと思うので、それはチームとして凄く収穫になるかなと思います」

――本当に「全員で戦う」とその前に仰った通りになったので、高木選手がゴールを獲る度に李さんのそういうコメントを思い出しました

「そうやってカップ戦とかで調子を上げてからリーグに繋げるというのが、試合にあまり絡めない選手の調子の上げ方であって、自分もそうだったし、そういう選手が出て来なければJリーグ優勝というのも遠いと思うし、良い試合だったと思います(ニコリ)」

――「今、李さん、ベンチでどういう心境だろう」と思いながら、そうしたら出てきてちゃんとゴールを決めて…

「やっぱり、出たからには点を獲ってアピールしなければいけないし、何もしていなくてはレギュラーというのは確約されないので、やはりアピールというところもしっかりしながら、しっかり自分のパフォーマンスを発揮できる準備を日々積み重ねていくところが選手のつとめなので、そこだけを意識してやっていきたいと思います」

――リーグで連敗中というところも仰る通りであって、次、鳥栖戦ですが、この間は崩しきれず…という面もありましたが、次に向けてはその鳥栖に対しては?

「守備が非常に堅いですが、やはり勝ち点3を獲らなければ上位とは縮まらないので、ホームだし、必ず勝ち点3を獲らなければならない試合だと思います」

――今日も色々な動き、監督からの指示が出て、李さんもいつも通りというか、更にというか、色々な引き出し方をしていたと思いますが

「練習なので、いつも引き出さない位置で引き出してみたりとか、サッカー楽しんでいます(ニコリ)」

――2ケタゴールです、そろそろ…

「そうですね。次の試合でいきたいですね。頑張ります(ニコリ)」

――期待しています

「ありがとうございます(キリッ)」

李選手のインタビューは、このあと23時からの「You’re The REDS」再放送でもお聴きいただけます

では