タグ別アーカイブ: 李選手

RED A LIVE 2017.3.10 VS VENTFORET KOFU

☆浦和レッズ戦を実況生中継!

埼玉スタジアム2○○2で行われる、明治安田生命J1リーグ第3節「浦和レッズ 対 ヴァンフォーレ甲府」の模様を実況生中継します。

RED A Live 2017
「 浦和レッズ 対 ヴァンフォーレ甲府  」
…3月10日(金)19:00~21:45(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ

ポラス_暮らしのクオリティとロゴ20170303_145703-2

◇◆◇李選手◇◆◇
「調子は良いですよ。使う、使わないは監督の起用方法なので。選手はしっかりその来た準備に最高のパフォーマンスを出すことなので、準備は出来ていますね。昨年は甲府相手に点も決めたし、アシストもしているのかな?すごく守ってきますがね、バイタルエリアというところで自分がゴールに近いところでボールを持てば必ず得点機会作れると思うので、そこをしっかり決めるか決めないかなので、来たチャンスをしっかり決めることが出来ればうまく試合は運ぶと思います。甲斐ナチオ!?そうですね。まぁ、前線の選手、本当にクオリティが高い選手がたくさんいるので、今年は崩せると思いますよ、昨年同様。浦和レッズ プレミアムフライデー?うまく乗っかりましたね。プレミアムフライデーになるように、浦和レッズサポーターにとって、選手は頑張りたいと思いますので、忙しいと思いますが、ぜひスタジアムに足を運んで応援に来てください」
20170309_150546-2
◇◆◇駒井選手◇◆◇
「セレッソ戦の欠場については、しっかり監督には気を遣ってもらったところもあるので、ここまでしっかり調整してきたつもりですし、本当に良くはきているのではないかと思います。ソウル戦で点も決めて、いい流れで来ていたし、本当にセレッソ戦も出たかったですが、そういう気持ちを次の甲府戦にぶつければ良いかなと思います。この前はまだ1試合なので何とも言えませんが、ああいうプレーを何回もやっぱり続けていければ良いなという風に思っていますし、しっかり次、出たポジションでしっかりとした自分のプレーを出してチームに貢献できたら良いなと思います。
甲府はずっと昔から堅さというのが凄くあったチームだし、本当にみんなが全員でハードワークをして…というチームだと思うので、そういうしっかりと組織で守ってくる相手に対して、やっぱり僕たちがバラバラで攻めてしまうとダメだと思うので、いかにチームとして戦うのかが大事かなと思います。ミーティングなどでは、『もう1回良い流れで5試合、最後の方はしり上がりに調子がどんどん上がっていって、連勝続けられましたし、そういう中で1回連戦がちょっと間隔が空いたので、もう1回締め直す、もう1回前から規律をもってプレッシャーにいこう』という話をしました。
自分の特徴はやっぱりどのポジションでも出さないといけないと思いますし、ボランチで他の人と何が違うかというと、やっぱり運べるというか、ドリブルっていうところがあると思うので、それをしなければ他のボランチの選手を出した方が良いと思いますし、そういうところはしっかりと機を見て、良いタイミングで出せればなと思っています。練習で良いシュートを続けてる?まあ本当に、中央なのかもっと右からなのか全然わかりませんが、多分1試合にワンチャンスは自分で作り出すことが出来ると思うので、そこでしっかり仕留めていければ、結果はドンドンドンドン出せると思うので、しっかり、この前、点入ってちょっと楽になった部分がありますし、自信を持って臨めればなと思います。スタジアムを沸かすのは得意ですが、最後のゴール、喜びの瞬間を届けるところまではなかなかいけていないので(苦笑)しっかり沸かせて、最後に良い結末を迎えられるように、しっかりやりたいと思います。
本当に平日にもかかわらず仕事終わりとか学校終わりのところ、凄く大変というか、時間がない中でも、本当にレッズのことを応援してきてくれる皆さんのためにも、あしたしっかりホームで勝利を届けられるように僕達も全力で戦うので、後押しをよろしくお願いします!と、言いたいと思います。自分にとっても良い1日にできるように、しっかりあしたのために、今から良いコンディションを作っていければいいなと思います」20170309_160154-2
◇◆◇遠藤選手◇◆◇
「開幕してから、失点もしてしまっているのでそんなに凄く良いとは言えないですが、しっかり切り替えの部分だったり、後ろのオーガナイズは徐々に良くなってはいると思うので、自分達が毎試合毎試合重ねていく上で、話し合って次に向かってやっていくところがドンドン試合に出ているので、だんだん失点も少なくなってくるかなと思っていますが。チームとしてしっかり点は獲れているので、ゼロで抑えるというのは凄く大事なことだと思いますし、1試合あるというのは、そこはもちろん自信になりますが。逆に他でも失点しているので、そこは課題として受け止めたいです。
(8日の練習で監督から直に言われたこととしては)攻撃でもうちょっと運ぶ、後ろから運べと。あとは常に前にボールをつけていくというか、チャンスがあれば前つけてしっかりチャンスをつけていくというところだと思います。
ブロックを敷いた相手に対して、セレッソの時もそうでしたが、後ろからのビルドアップが凄く大事だと思うので、自分がどういうボールを出せるのかというところは攻撃は意識していますし、守備では失った後の切り替えとかそこは全員でしっかりやっていきたいし、セットプレーで失点してしまっているので、僕はゼロで抑えながら、流れの中でもやられないようにしたいなと思います。
次はゼロで抑えます。難しい試合になると思いますが、しっかり自分達の良さを出して勝ち点3を獲れるように頑張るので、応援よろしくお願いします」
20170309_152217-1Come On! REDS…18:00~18:55
REDS After The Match…23:00~23:55・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!201603051909000・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。

15:00~15:55 アフタヌーン・パラダイス(短縮)

16:00~16:55 You’re The REDS  Friday(時間変更)

17:00~17:55 ウィークエンド・パス(短縮)

18:00~18:55 Come On! REDS

19:00~21:45 RED A Live 2017 (延長の場合あり)

22:00~22:55 大宮アイドールのなんてったってアイドール!(1時間繰り下げ)

23:00~23:55  REDS After The Match

・以下の番組は休止します。

20世紀ポップスアワー

%e5%ae%9f%e6%b3%81m

11月17日 「監督もそこに危機感を抱いている」&「ピリッとしなければいけない」

どうもです

練習再開2日目のきょう、大原はきのうと打って変ってのポカポカ陽気でした

練習は午前10時に始まり、ウォームアップ後は11対11でのゲーム形式(4分の3コート)を行い、午前11時35分頃に終了しています20161117_112757-1「行こう行こう行こう!」(監督)

「下げるな下げるな下げるな!」(平川選手)

「前に前に前に!前向きサポート!」(監督)

「もっとさあ・・・」(柏木選手)

ゲーム中は、ポジティブなものというより、改善点を指摘する意味合いの声が多く聞こえてきました

ラストゴールとなった森脇選手のロングシュートは鮮やかそのものでしたが、それと天気とは裏腹に、ムードはスッキリでない様子

ゲームが終わると監督は付け加えるように、

「動きを止めては、走るのを忘れてはダメだよ!」

練習後は約10分間の秋空ミーティングが行われました

その後柏木選手は一目散に坂道ダッシュを実施

みんな、わかっているのでしょう

これまで痛いほど味わってきた、クライマックスでの経験を活かす時です20161117_114144-1

◇◆◇平川選手◇◆◇

――あすは練習試合

「久々のゲームというのは大切にしたいし、集中して怪我しないようにプレーしたいのと、あとは“チームとしてやる”ということを改めて実戦で確認できればと思います」

――きょうのゲームではいつも以上に平川選手の声が聞こえてきた印象です

「まあ、徐々にスイッチというかそういった部分を入れていかなければいけない中で、まずひとつ目としてあした、試合の中でね、どれぐらいチームとしてやるべきことが確認できるかが重要だと思うし、川崎との負けた試合があるので、そこの反省点だったり…まあ、リードしても失点してしまうという部分でね、ディフェンスの面も含めて、あすのような試合を大事にしなければいけないと思います」

――監督がゲームの途中、時間をかけて全体に指導を入れていましたが?

「いつも通りですよね。ひとつ奥を見て、奥に当てて動く。パスを出したら止まってないで、動く。次に3人目、4人目、5人目という形で…改めてですけどね、いつも通りのことですけど、ここに来てね、やっぱり動きが少なかったりした部分の指摘もあったし、常に全員が攻撃参加して、相手が掴みづらいような形を作り出さないとね…川崎戦の前半でもなかなか、やっぱ良い形で奪っても動き出しが少なかったり、後ろから上がってくるというのが少し足りなかったのかなとも思うので、そういった部分をきっちり修正していきたいと思います」

――ここ最近、平川選手の3人目の動きが、より得点を意識した、ゴールに近い位置での“相手にとっての危険な走り”を出来ているように見えます

「得点もそうですけど、やっぱりワイドとしてね、前の3人にボールが入った後、ボランチだったりシャドーに落とされた次に、3人目として裏に抜けてサイドに飛び出していくというのは、常にやらないといけないので。そこへボールが来るか来ないかはパサー次第ですけど、選択肢を作っておくというのはサイドの役目ですし、そこで動きがあることによって、中も空くし…誰か1人でもそれをやめてしまえば、やっぱりパスコースが一気に減ってしまうので、パサーに選択肢を増やす意味でも、きっちりワイドとしてはね、準備して裏に抜けていくという動きをね、狙っていきたいと思います」

――自然とできるように

「そうですね、動きながら、常に動きながら、考えながら、次どこに動いて、誰が触って、3人目は誰がどこに動いて、空いたスペースを4人目が狙ってというのを、ずーっと考えながらやらないといけないので、本当に、観ているだけで難しいと思いますけど、やっている方はもっと難しいですね(苦笑)」

――きょうの練習後、監督からはどのようなお話が?

「まあ、この少し空く期間をダラダラ過ごしてはいけないというのはね、自分達もわかっているし、監督もそこに危機感を抱いていると思いますけど、本当に一回一回の練習を集中して、チャンピオンシップに向けて良い形で入っていけるかというのはね、普段の練習次第だと思うので、一個一個を大事にしていきたいと思います」

――あしたは右サイドか、左サイドか・・・

「どっちでも準備はしておきたいです(苦笑)」

――プレーに関するお話がとてもわかりやすかったので、その辺りも頭に入れつつ、あしたのゲームを観たいと思います

「はい!観てもらうと、面白いと思います(ニコリ)」20161117_113351-1

◇◆◇李選手◇◆◇

――天皇杯は結果こそ残念でしたが、ご自身のプレーとしては手応えがあったのでは?

「まあ、2得点に絡めているし、延長にね、青木にも良いアシスト出来たので、自分が出てからね、3点入っているし、やっぱ毎試合ね、得点に絡めているので、CSに向けて…という感じですね」

――青木選手へのアシストですが、カウンターの際、途中でスピードを緩め、そこからまた一気にスプリントした動きが秀逸でした

「はい・・・ありがとうございます(ニコリ)俺も青木も途中から入った選手がね、得点を生み出せたというのは期待に応えられたんじゃないかと思います。凄くポジティブに捉えています!」

――そういった存在が活性化させていくことも、CSに向けては

「いやもうチーム一丸となってね、闘って勝つことだけなんでね、誰が出ようとほぼ変わんないし、誰が途中から出ても結果を出せると思っているので。途中から出るからには得点に絡みたいし、先発で出るからには前半で試合を決めたいし、まあ選手は準備するだけなので、あとはミシャが決めること。最終的な目標は勝つことなので!」

――監督がきょう伝えてきたことは?

「まあ・・・ダラけても・・2週間空いちゃうんで、ちょっと3連休をあって弛んじゃうところもあったので…引き締めたかったんじゃないですかね、ミシャは」

――きのうもそういったお話が練習前に

「そうですね」

――監督の熱くなる性格も、李選手は充分にこれまでの経験から理解している

「もちろんもちろんもちろん!(ギラッ)わかっているし、チームもね、ピリッとしなければいけないので、ここからしっかり選手各々が意識しながらCSに向かわなければいけないと思います」

――あすの練習試合で李選手が4点ぐらい獲ると、ムードが良くなるかと

「点、点は関係ないすねあんましね!(笑)練習試合だし、CSのための練習試合をしたいです!練習試合のための練習試合じゃなくて」

――ただ、後ろから前につないで、きちっと李選手がネットを揺らしてくれれば、守ってからパスまでに関わった選手の後味も良いでしょうから

「フッフフー(笑)まあ、まあそうだと思いますね、あしたはあしたで頑張ります(ギラリ)」

平川選手と李選手のインタビューは、このあと23時からの「You’re The REDS」再放送でもお聴きいただけます

では

RED A LIVE 2016.11.3 VS 横浜Fマリノス

☆浦和レッズ戦を実況生中継

埼玉スタジアム2○○2で行われる、「明治安田生命J1リーグセカンドステージ第17節・浦和レッズ対横浜F・マリノス」の模様を実況生中継します。

RED A Live 2016
「 浦和レッズ 対横浜F・マリノス」
…11月3日(祝・木)13:00~15:45(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ(http://www.polus.co.jp/20161102_142341◇◆◇平川選手◇◆◇
「練習後の監督の話?いや、もう、いつもと変わらないです。もう、同じことをやるだけだし、まぁ、明日が最後だからって特別なことではなくて、いつも通り、今まで通りのことを明日もやらなければいけないということですね。大事な試合になりますが、今までも全て大事だったし、そして今までやってきたことを明日も出す。相手どうこうでなくて自分達がやってきたことを続けていく。かなりハードワークしなければならないし、まず、そこで自分達に妥協なく、今まで続けたことをやることが出来れば必ずチャンスはあると思うし、勝利できると思うので、まずは自分達の積み上げてきたものをきっちり出せるようにしたいです。
まぁ、2006年の勝ち点を上回りましたが、そこと比べる必要はないと思います。年々、ミシャのサッカーの中で足りなかった分もう1歩先に行くために今年、本当に最初から細かい部分、色々と積み重ねてきましたが、特にそのハードワークして、球際、攻守の切り替えだったり、攻撃陣のディフェンス、切り替えという部分で、非常に良い形でここまでこれているので、本当にそこを最後までどれだけやれるかというのを楽しみにしたいと思います。明日、自分達がどれくらい出来るかだと思います。
考えて、楽しみながら、そして、敵もそうですが、見ているサポーター、観客も含めて、驚かせるような攻撃を見せながら、ただ、ハードワークもして、きっちり、そういった両面を見せられるように出来れば良いと思います。スピードの部分もようやく戻ってきたし、こういった感覚の中できっちり準備をして、チームの勝利に貢献できるようにしていきたいと思います。
Fマリノスとの最終戦は嫌な思い出ばかり!?もう、全然忘れていましたね。その頃のことは忘れていましたし、今、また新しい目標に向かってやっている中で非常に良いチームだと思うし、上手く若返りを図りながら攻撃的に非常に能力の高い、怖い選手が揃っている非常に良いチームだと思うので、それに負けないように、相手の良いところを出させないで自分達の良いところを出すという部分で、きっちり、そういったマリノスというチームに勝利出来るようにしていきたいと思います。あぁ、あれか…、ん? ドゥトラ選手に削られたやつか、駒場で…。それは覚えていますね。ケガ、あれ、痛かったなぁ。あれ、次の年も1年間引きずったから、あのケガで。左サイドやっているのにね。右足で上げていたけど…。まぁ、でも、そういった思いも全て乗せて、明日の試合、勝利できるように、良い準備をしたいと思います。もうだいぶ前ですが。内容よりケガしたシーンとかはよく憶えていますね。
あすは良いサッカーをして、勝利して、みんなで、今年は違うという部分しっかり見せて、最後にチャンピオンシップに向けて良い試合できるように頑張りたいと思います」20161102_144859-1◇◆◇李選手◇◆◇
「埼スタのチケット完売は、選手冥利に尽きるし、凄く大舞台なので楽しみですけど、やっぱりこういう試合に勝って、浦和レッズの歴史に1ページ新しいストーリーが築ければなって思いますね。その一員であることの幸せを噛みしめながらやりたいですね。前も言いましたが、ルヴァンカップでタイトル一つ獲って1歩目やっと踏み出したので、長い間レッズは獲れなかったですが、2歩目踏み出すことによって、3歩、4歩、5歩というのが加速すると思うので、やはり1歩目踏み出した大きな力を2歩目でステップアップしてから、本当に素晴らしい浦和レッズの歴史を作りたいですね。そうでありたいし、それしか見ていないし、自分達にはチャンピオンシップと今年、クラブワールドカップとあるので、そこでレッズがどこまで出来るのかというのが凄く楽しみだと思うので、見ている人達は、僕達も楽しみなんでね。
まぁ、途中から出る…、まぁ、スタメンで出たいですが、今は途中から出ることの方がチームにとって効果的なので、自分が途中から出ることが。なので、やはり出た時にコンディションをそこに持っていけるかとか、ゴールにほとんど絡めているので、なので、やはり自分が出た時に0―0とか1―0とかで負けている時に出て同点なり逆転なりするというのが今の自分の仕事だと思うので、チームの勝利のために戦っているので、良い感じではきているとは思っていますよ、チーム全体としては。
負けている状況であれば、出場時間は伸びると思いますよ、必ず。前半で最近は試合が決まっていないので、前半で試合が決まるように、まずはチームの勝利第一なので、この悔しい思いを途中から出た時にパフォーマンスを発揮するというのがやはりプロとしての自分の役割だと思うので。前半戦は、それこそトシとか自分達、僕が出て悔しい思いをした分、今も頑張って走っていると思うし、武藤もそうだし慎三もそうだし、誰1人として絶対に出られるという保証のないチームなので、日本一になると思いますよ。
スタメンじゃないからといって僕が不機嫌な態度を取ってしまってはね、チームはガタッときてしまうと思いますね。本当、自分で言うのもナンですが、一番自分がピースとしては大きいかなと思います。
自分達のサッカーができれば勝てるのではないですか。勝つことで自力で優勝もできるし、チャンピオンシップも優位に進められるのでね、ホームだししっかり勝って次につなげたいと思います。(ルヴァン決勝の前日もマイクを向けさせてもらい、ヒーローに)ありがたいですね。良い流れは良い流れのままいって欲しいし、僕も強い気持ちがあるので、自分を信じているし、浦和レッズが勝つことを信じているので、必ず良い方向にはいくと思います」
Come On! REDS…11:00~11:55
REDS After The Match…17:00~18:55201603051909000・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!

20160428_181912
・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
11:00~11:55 Come On! REDS
12:00~12:55 つながるさいたま(短縮)
13:00~15:45 RED A Live 2016(延長の場合あり)
17:00~18:55 REDS After The Match
19:00~19:55 You’re The REDS(通常通り)%e5%ae%9f%e6%b3%81m・以下の番組は休止します。
11:00~11:55 リメンバーミュージック
14:00~14:55 リメンバーミュージック
15:00~16:55 アフタヌーンパラダイス
17:00~18:55 イブニングパス

9月27日 「同じプロサッカー選手なのでね、やっぱ、辛いときの気持ちも凄くわかる」&「ようやく退院できたので嬉しいです」

どうもです

大原は久々に、本当に久々に、ハッキリとした晴れ模様でした

オフ明けの練習は午前10時過ぎから始まり、恒例のフィジカル系メニューを実施20160927_110816-1

きょうは練習後にファンサービスが行われたこともあり、仲間達との交流を終えた選手達の表情は天気と同様、実に爽やかなものでした

練習終了からしばらく経った頃には・・・
20160927_111340-1

◇◆◇李選手◇◆◇

――広島戦、ベンチから戦況を見守っていましたが、どのような感想ですか?

「うん、前半ね、うまく攻めていなかったので、まあ早いうちからね、自分にチャンスが回ってくるかなと思ったけど、良い感じで後半は点が入ったので…出番はなかったけど、まずはチームの勝利がね、第一なので、非常に大きな勝ち点3だと思います」

――お互いチャンスが多かったので、李選手が入ったらどんな風にゴールに突っ込んでいくのかとか考えてもいたのですが

「ね!まあそのイメージをずっとしていたので、ゼロゼロとかゼロイチで負けているシーンで自分が入って何が出来るかというところだけ考えていたので、結果的に勝てて良かったと思います」

――WE ARE DIAMONDSを歌っている時、テレビ画面に李選手がアップになりまして、その表情が何とも言えないものでした

「あっそうなの!?(ニコリ)ハハッまあね、僕が出るってことはゼロゼロかゼロイチの場面なので。途中から前線の選手が投入されるというのはね。まあ、結果的に出なくて良かったんじゃないですか(苦笑)」

――公式戦で言えば、5月の浦項戦以来の出場機会なし

「ま~Jリーグで言えばジュビロ以来(3月のホーム開幕戦)ですからね!試合に出られなかったのは。チームが勝つために準備しているんでね、出たときに活躍するイメージしかないすけど」

――その分、次のナショナルダービーで

「そうなんすか!?」

――とも評される一戦で出たときの李選手がどう爆発するか

「ハハッもう点に絡まないといけないんでね、自分の場合はね。勝ち点3を呼び込むような活躍をしたいです」

――梅崎選手のお見舞いに行ったそうですが、様子はいかがでしたか?

「もう凄く元気でしたよ!」

――どんな会話を?

「『頑張ってくれ』って『自分の思いも組んで頑張ってくれ』って言われました」

――そこでパワーをもらえて

「もちろんもちろん!自分も一緒に闘っているメンバーなので残念ですけど、その分も勝たなければいけないですね(キリッ)」

――新潟の早川選手へもエールを送っていましたが?

「そうですね、同じプロサッカー選手なのでね、やっぱ、辛いときの気持ちも凄くわかるし、やはりね、復帰というのを誰もが願っているので、ウメもそうだし、早川さんもそうだし、願っています!」

――今、李選手が思いっ切り走ることが出来ているのは幸せなこと

「もちろん幸せですよ(ニコリ)ケガなく出来るということは、僕も長いことケガをしていたのでね、辛さもわかりますので」

――その分の思いも次の埼スタでぶつけてもらえれば

「次勝てればね、グッと近づいてくるので・・・はい、頑張ります(ギラリ)」

20160927_110819-1

左膝前十字靭帯を手術した梅崎選手がきのう退院し、きょうのお昼前、大原に帰ってきました

◇◆◇梅崎選手◇◆◇

「ようやく退院できたので嬉しいです(ニコリ)とりあえず・・ハイ青木~!(ニコリ)良いスタッフに恵まれているのですぐに手術できましたし、次へのスタートが切れたので良かったです」

(頬周りがシャープに)

「まあそうですね、食べないようにしていたので(笑)太りたくないので(笑)」

(多くの方がお見舞いに)

「そうですね、沢山の方が病室まで駆けつけてくれましたし、本当に多くのメッセージなりをいただいて、何か…一番気づけたのはやっぱり本当に素晴らしい仲間がこんなにいるのだと、自分以上に心配してくれる人がこんなに沢山いるんだっていうのを改めて教えてくれたので、本当にそれは感謝ですし、純粋に凄く嬉しかったです」

(試合ではチームメイトが梅崎選手のユニホームを)

「純粋に嬉しかったですし、ネガティブな感情はゼロなわけではないですけど、一緒に闘っているなという気持ちになりましたし、本気で今このチームに優勝して欲しいなと…その力にプレーではできないけど、何かしらの力になって一緒に闘っていきたい・・・」

「えーーー!?ウォイウォーイ!!梅崎さーん!!!(ビッグスマイル)」(西川選手)

「ナイスセーブー!」(梅崎選手)

(よりチームがひとつにまとまっている。”梅崎選手のために”という思いを共有していることで)

「観ていて凄く今、良いものを感じますし、観ていて本当に楽しいですし、終盤に入ってきて、例年と違うなと。凄く余裕を感じますし、団結力というか一体感を感じるので、行けるなっていう感触は凄く感じるので、僕も一緒に応援して闘っていきたいです」

(埼スタには「梅待ってるぜ」の横断幕が)

「何年前かわからないですけど、同じ横断幕を掲げてくれていたので、またこのように改めて掲げてくれて、沢山の人がユニホームを掲げてくれたのも見ましたし、本当にこれだけ多くの方々が待ってくれているのは、純粋に嬉しいですし、凄く勇気をもらえるし、自分の・・・」

「ガラガラガラガラガラガラ!(うがい)」(西川選手)

「ケガの意味を凄く感じさせられるし…うるせえよ!(笑)ウォイッ」(梅崎選手)

「ゴメンネー、ちゃんとケアしとかないと!ガラガラガラガラガラガラ!(うがい)」(西川選手)

「体大きいからね!ちゃんとケアして!」(梅崎選手)

「○○(モゴモゴモゴモゴ)」(西川選手)

「“○○”言うな!ここ(九州出身同士)しかわからないから!」(梅崎選手)

(復帰の目途)

「長くかかるケガなので、ゆっくりやっていこうかなと。まあ来年の頭に合流して…すぐどうこうは考えていないので、感覚を戻しながら、焦らずやっていきたいと思っています」

(この時期だからこそ出来ること)

「もう一度、色んな部分、フィジカルもそうですし、コンディショニングもそうですし、体の使い方、ケア、技術的な部分はあとから時間が経たないと出来ないですけど、そういう部分をまたイチから見直して、しっかり作り直していきたいなと。こういう機会なので(ニコリ)」

(以前に逆脚で同じケガを経験している)

「その経験は大きいですし、だから何も膝に関して不安はないというのが本当のところです」

取材対応を終え、再びクラブハウスへ引き上げる際、サポーターから「退院おめでとう」と声をかけられると、

「ただいま!」

優しさにあふれる、満面の笑みでした

李選手、梅崎選手のコメントは、今夜7時(再放送は23時)からの「You’re The REDS」でお届けします

では

9月7日 「何もしていなくてはレギュラーというのは確約されない」

どうもです

鳥栖戦3日前のきょう、日本代表3選手が不在の中、練習は午前10時から始まりました

メインメニューとして行われたのは、10対10でのゲーム形式

20160907_105953-1

ゲームの中盤以降は、監督が頻繁にプレイを止め、指導を加えます

主に聞こえてきたのは、マークを外す動き方

中に絞り、そこから一気にカットアウトし、コーナーフラッグ付近でスルーパスを受ける

ダイアゴナルに走ると見せかけ、大きな円を描くように外周りし、相手の視界から消える”ウェーブ”、などなど

さらには、「遅攻と速攻のメリハリをつけてね!」とも

午前11時17分、きょうから完全合流を果たしたケガ明けの槙野選手が左足での鮮やかなミドルシュートを蹴りこみ、ラストゴールが決まりました20160907_111736-1練習後、スタンドにいたサポーターの多くは、クラブハウスに視線を奪われます

なんとそこには、山田暢久さん!だけでなく、野人こと岡野雅行さんの姿も!

ガイナーレ鳥取が天皇杯でこちらに遠征に来ているため、レッズOBの吉野智行さんらを従えての来訪でした

「きのうの夜はリキ(酒蔵”力”)に行ったよー!」(岡野さん)

ホッペを真っ赤に!?にやけっぱなしの山田さん

ピッチに目を移せば、約50メートル先からこちらに歩いてくる精神的支柱の表情も同様であることが、ハッキリと見て取れました

「おいヒラ!バー当てやるぞ!」(岡野さん)

「NO」とは言えず、笑うしかない平川選手

久々に”舎弟”の一面をのぞかせます

その横で、ちょこっとかまって欲しげな?永田選手も「フフフッ」

なんともほほ笑ましいひとときでした

「ねーっ!ねーっ!・・・ブログはあしたね、あしたの14時だから、よろしく!」(山田暢久さん)20160907_112658-1

◇◆◇李選手◇◆◇

――神戸との3連戦、2勝1敗で終えて…というところで、つかめたものなどいかがですか?

「Jリーグで負けてしまったので残念でしたが、ルヴァンカップで上に上がれて良かったというのと、トシにしてもいつもいつも試合に出ても結果が出なかった選手が“のれた”大会になったのではないかなと思うので、それはチームとして凄く収穫になるかなと思います」

――本当に「全員で戦う」とその前に仰った通りになったので、高木選手がゴールを獲る度に李さんのそういうコメントを思い出しました

「そうやってカップ戦とかで調子を上げてからリーグに繋げるというのが、試合にあまり絡めない選手の調子の上げ方であって、自分もそうだったし、そういう選手が出て来なければJリーグ優勝というのも遠いと思うし、良い試合だったと思います(ニコリ)」

――「今、李さん、ベンチでどういう心境だろう」と思いながら、そうしたら出てきてちゃんとゴールを決めて…

「やっぱり、出たからには点を獲ってアピールしなければいけないし、何もしていなくてはレギュラーというのは確約されないので、やはりアピールというところもしっかりしながら、しっかり自分のパフォーマンスを発揮できる準備を日々積み重ねていくところが選手のつとめなので、そこだけを意識してやっていきたいと思います」

――リーグで連敗中というところも仰る通りであって、次、鳥栖戦ですが、この間は崩しきれず…という面もありましたが、次に向けてはその鳥栖に対しては?

「守備が非常に堅いですが、やはり勝ち点3を獲らなければ上位とは縮まらないので、ホームだし、必ず勝ち点3を獲らなければならない試合だと思います」

――今日も色々な動き、監督からの指示が出て、李さんもいつも通りというか、更にというか、色々な引き出し方をしていたと思いますが

「練習なので、いつも引き出さない位置で引き出してみたりとか、サッカー楽しんでいます(ニコリ)」

――2ケタゴールです、そろそろ…

「そうですね。次の試合でいきたいですね。頑張ります(ニコリ)」

――期待しています

「ありがとうございます(キリッ)」

李選手のインタビューは、このあと23時からの「You’re The REDS」再放送でもお聴きいただけます

では

 

8月25日 「過去は過去で変えられないし、未来を変えられるようにしていくために」&「僕自身もチャンスを潰してしまったので、そういう部分で挽回できれば」

どうもです

8月最後の木曜日

神戸戦2日前の練習は、午前10時頃から約一時間、11対11でのハーフコートゲームを中心に行われました

量より質

選手達のキビキビとした動き、一個一個のプレーをきちっと見た上で声をかける監督が印象的です20160825_105820

◇◆◇李選手◇◆◇

――呼び掛けに李選手が応えた瞬間、子どもの表情が一気に明るくなりました

「嬉しいっすね、はい(ニコリ)」

――ご自身は夏休みの終わり頃、どんな心境でしたか?

「サッカーばかりやっていたのでね、いつも、毎日サッカーを出来る喜びを噛みしめながらやってました。勉強しないで(汗)」

――宿題は?

「もちろんやってましたよ!もちろん、やるべきことは。堅実に、やるべきことはやってました」

――今も日々の準備が同じように計画的に

「そうですね!」

――そういった中、今の状態はどうですか?

「良いですね。暑さにも慣れたし、体は動くし、まぁあとはね、結果だけなのでねあと8試合で何点取れるかというところが、ラストスパートをかけたいですね」

――川崎戦は悔しい結果でしたが、切り替えて集中したムードでトレーニングに打ち込めているように見えますが?

「まあ1回負けたぐらいで下を向かないでね、やっぱ連敗してはいけないので。過去は過去で変えられないし、未来を変えられるようにしていくために前を向いています」

――チーム全体として意識していることは?

「いつも通りやることじゃないですか?いつも通りできないことが一番の課題だと思うので」

――その“いつも通り”があるのがこのチームの強み

「そうですね。またそれを見失ってはまたドツボに嵌ってしまうので、はい」

――3連敗の経験が活きている

「そうですね、活かさないといけないっすね、ここで!はい」

――KLMのフィーリングはどうでしょうか?

「いやぁもう楽しいですよ!はい。まあちっと爆発したいですね!せっかくスタートから出る機会に恵まれそうなので(ニコリ)」

――シャドーに入ることでの違いはどんなあたりが?

「前向きでボールを持てるので、やっぱ前向きでボールを持った時の選択肢と判断スピードというのが課題だと思うのでね、ドリブルなのかシュートなのかパスなのか、そこをしっかり整理してやれば、チャンスは自ずと増えてくるんじゃないかと思います」

――以前、ドリブルからのシュートにこだわっていた時期がありましたが、まさしく?

「もちろんもちろん!こだわってますよ、まあ引き出しが多い方が良いので」

――神戸に対しては得意な印象があるのですが、どうでしょうか?

「得意な印象がありますね、確かに。まあ攻撃が強力ですけど、早い段階で点を取れるイメージがあるので、取れてるから良い試合内容と結果になっていると思うので、そこが全てかと思います」

――1週間で同じ相手と3連戦

「くどいっすね、正直(苦笑)けどね、こんな経験ないんでね、楽しみたいですね。チーム総力戦になるので、11人だけでなく、20人ぐらいの選手が3連戦で絡むと思うので、自分も他の選手に負けないように点を獲ってチームの勝利に貢献したいです(ギラリ)」

――20人。きのうは那須選手がゴールを量産するなど、本当にチーム全体としてみんなが

「そうですね、まあ那須さんが点を獲ったのはね、晴れる日もあれば嵐の日もあるのでね、まあ自然のことだと思います(ニコリ)」

20160825_114322-1

◇◆◇武藤選手◇◆◇

――先週、敗れてしまった分もという強い思いが練習でのプレーからも感じられますが?

「まあ連敗は絶対に避けなければいけないですし、まあ大事な試合で負けてしまいましたけど、シーズンが終わったわけではないので、そういう部分を見せるためにも、次の試合はアウェイですけど、勝ち点3は必ず必要かと思っています」

――連敗しないために大事なことは?

「いやっまあやることは変わらないですし、川崎戦もそこまで悪い試合をしたとは思っていないので、前線の選手がチャンスを決めなければいけないと思いますし、僕自身もチャンスを潰してしまったので、そういう部分で挽回できればと思います」

――ミーティングではどのような確認が?

「次の試合にしっかりと入ることだけを考えているので、きょうの練習もみんな集中したトレーニングをしていたと思いますし、試合でそういう部分を出せればと思います」

――出ていない選手も含め、みんなが100%を出し切っていて

「チーム全員が高い意識を持っていると思いますし、ルヴァンカップに関しては代表選手がいなくなるのもあるので、その辺でチームの総合力というのが問われるのかと思います」

――神戸と3連戦

「かなり難しくなるとは思いますけど、リーグ戦も勝たなければいけないですし、ルヴァンカップもしっかり勝ち進まなければいけないと思うので、しっかりまずはアウェイの2戦でアドヴァンテージを獲るためにしっかりと良い試合をしたいと思います」

――クジを引いたのもあるので

「そうっすね(笑)自分で引いてきちゃったので、しっかり結果を出せればと思います。常に全試合でゴールを狙っているので、点を獲って勝利に貢献したいと思います」20160825_114900-1

李選手&武藤選手のインタビューはこのあと23時からの「You’re The REDS」再放送でお聴きいただけます

では

8月11日 「本当に僕も幸せだったし、リオに出た選手も幸せなのではないかと思います」

どうもです

名古屋戦2日前のきょうは、午前10時15分過ぎからトレーニングが始まりました

練習前に行われたミーティングでは、「攻撃時のバランスが大事」といった話もあったようで、その辺りを頭に入れつつ、選手達は11対11でのゲーム形式へ

「周りを見てないと判断が難しくなるよ!」(監督)

常にアンテナを張り巡らせ、次のプレーをイメージしておく

さらには、相手の守備陣形に応じて、裏を取るのか、サイドを突くのか、遠目から撃つのか

バリエーション豊富な攻撃が数多く観られました

中でも、名古屋はここ数年、「バイタルエリアが空きやすい」(原口選手)という特徴があるので、ミドルシュートは有効打になるでしょう

午前11時20分、ラストゴール宣告から間もないタイミングで柏木選手がディフェンスライン手前の位置から左足でのコントロールシュートをゴール左へ蹴りこみ、練習は終了しています

ゲームの後半から別メニュー調整に切り替えたのは、那須選手

「休ませてくれた(ニコリ)」

練習後の自主トレなどを観ていても、熱すぎでは?と心配になることもありますが、自身のコンディションを見極めて”ほどほどに”する冷静さを持ち合わせているところ、さすがはベテランです

まだまだ「成長期」(本人談)ではありますが20160811_111419-1

きょうはトレーニング時間が約1時間と短めであったこと(もちろん暑さに配慮したでしょう)も関係してか、李選手は凄まじいスプリントを繰り返すのでした・・・槙野選手や那須選手がよく使うゴムチューブも駆使しつつ

◇◆◇李選手◇◆◇

――言わずもがな、この暑さですけれども、そういった中、最前線でチームを前からドンドン走らせているというか、スイッチ入れてくれていると思いますが、いかがですか?

「あーまあ、前の選手から守備が始まるので、自分がそういうスイッチをいつも入れるようにしたいし、走れる時まで走りたいので、夏場なのでチームは総力戦なので、出し切ってから、毎試合出し切りたいですね」

――足を止めず常にスペースを見つけて…というので、「ああ、僕がサッカーやっていたら李選手みたいな人にパス出せたら楽だな」と思いながら見ていましたけど…

「ハハハ(笑)確かにね(ニコリ)こう、パスを出す選手がいて生きるので、僕は。一人じゃサッカーできないので、クロスを上げる人がいてゴール獲れるしね。なので、まあ、いつも動いて可能性が広がれば広がるほどねチャンスが多くなるし、ゴール獲るチャンスもゴール数も多くなるのでね、そのチャンスを広げるのが僕の仕事なので、僕の良さでもあるし、試合中もっともっとしたいと思いますけど」

――今、チームの良さの原動力というか、ご自身はどうお考えになっていますか?

「ちょっと運動量が落ちている感じがあるので、名古屋戦しっかり自分のフルの力を出してチームの勝利に貢献して。やっぱり、今年は結果にこだわる年って位置付けているので、自分の得点でチームを助けるようにしたいです」

――今日練習後、ゴムチューブ使って…で、あまり見たことなかったですけど…

「まあ、練習量が少ないので、やっぱり暑いし動けないから、ちょっと強度な負荷をかけましたけど」

――その前もちょっと腿を高めに上げたりとか、フォームを確かめているようでしたが実際、効果というのはなかなかそのあたりは説明は…

「まぁ、走り方が変わる感じがあるし、スプリントしても疲れなくなるので、効果はあると思いますよ」

――どうせ走るなら効果的な走りが…

「そうですね」

――あと、那須さんが一番汗かいていてっていうので、李選手も30歳を越えましたけど

「まぁ、基本ね、年とってもスタンスは変わらないのでね、今までの経験でこういった時にはこういうスプリント入れた方が良いとか、体が重い時はどうしたら良いとか、そういうのは僕も那須さんもわかっているので、そうやって汗かいていますけど(ニコリ)」

――オリンピック見ましたか?

「見ました」

――どうですか、感想としては

「1分け1敗でナイジェリアが強かったし、上がれなかったのはアンラッキーかなと思いますしね。凄い良いサッカーをしていたので、日本の良さというのを見せられたのではないですかね」

――その日本の良さだったり、李選手もそういったオリンピックを経験をして悔しさというのを味わっていますけど、彼らへの気持ちというか、どうですか?経験上というか…

「まぁ、僕たちはヘタに勝たなかったので…(苦笑)」

――ヘタに勝たなかった?

「全部ボロ負けだったので(苦笑)壁というものを感じたし、世界って凄い面白いところだなって、みんな世界にあれから移籍しましたけど、やっぱり若いうちからああいう世界大会を経験できて、本当に僕も幸せだったし、リオに出た選手も幸せなのではないかと思いますけど。今後に生きる経験ではないかなと思います」

――良い意味で自分のダメさに気付く契機になるというか…

「ダメじゃないですけど、世界との物差しが出来るというか、一つのものなので、オーバーエイジにチェルシーのナイジェリア代表のやつとかキャプテンとかいたし、あれでチェルシーの選手ってどんなプレーをするだろうとか、僕たちの場合はアグエロとかね、デ・マリアとか日本に来て練習試合をやったりとか、オリンピック前に。あとナイジェリアとかも良い選手たくさんいたし、僕たちがやっていたときは。なので、あそこで物差しができたのではないですか」

――そこでその物差しをグッと縮めようと思った部分は?

「それを基準にJリーグでプレーしていたから、やっぱりうまくなっていったし、それがなければ何が何だかわからず高みを目指していたので、そういった意味では高みを目指す標高の差がわかったという大会だったので、みんなそうだと思いますよ」

――どこが伸びました?そこから

「意識の違いもありますし、プレーの判断のスピードとか自分が足りないところをどう補って長所を伸ばすかというところを明確になったところがあるので。まぁ、真司にしても、圭祐にしても、佑都にしてもみんなね、みんなそうだったと思いますけど、多くの選手は」

――過ごし方とか意識とか…

「そうだしね、全てが…と、思います」

――興梠選手が次まで。これまで高木選手とも今、良いコンビネーションできていますし。名古屋戦、本当にフォワードが仕事すれば勝てるゲームだと思いますけど

「そうですね。やっぱりチームの最初の得点を自分が獲って、チームを波に乗せるようにしたいです(ギラリ)」

李選手のインタビュー詳細は、今夜7時(再放送は23時)からの「You’re The REDS」でお届けします

では

7月15日 「仲間でありライバルでもあるので、KLMでそろい踏みで点を取りたいですね」

どうもです

さいたまダービー2日前のきょう、弱い雨がふったりやんだりの大原で、練習は午前10時から始まりました

仙台戦に長時間出場した選手はリカバリー系メニューで体力回復に努め、それ以外のメンバーはシュート練習を中心に調整

練習の終わり際、監督は主に仙台戦スタメン組と約20分間、ピッチ上でミーティングをしていました

そこについては、続きを

20160715_105237-1

◇◆◇李選手◇◆◇

――タフな日程。5連勝で手応えも感じつつだと思いますが、いかがですか?

「うー…まあ、5連勝は良いことだと思いますけど、内容を見たらそんなにね、圧勝しているというゲームはないので、もっともっと内容を改善しないといけないなと思います」

――勝ち点1で終わりそうなところをプラス2にして3で終えられて…というのは成長の証だと思いますが

「うーん…。成長というよりか、うまく勝っていると思いますね。自分達に運があると思うし」

――そこで満足せずに、また内容を求めることが本当の意味での成長というか…

「アハハッ(ニコリ)まぁそうだと思うし、実際見ても、そんなに圧倒している試合ではないのでね、やっぱ、ちょっとずつちょっとずつ守りに入っているというか、攻める姿勢でなくなってきているので、やっぱし、攻めて攻めて相手を圧倒して勝てる試合に、今度のダービーはしたいですね」

――そういう意味で最前線からスイッチをどんどん入れて行くと

「うん、前からもそうだし、後ろからのビルドアップの質というのも上げていけば、やっているサッカーは間違っていないと思うので、自分達を信じて、自分達のサッカーを貫いていけば、結果もついてくると思います。もっと、アグレッシブに攻めていいですよね。まあ何だろう、受けて立つと言うよりも、チャレンジャーの気持ちで、チャレンジチャレンジの精神でいくことがこのチームの成長であると思うし、これからの連勝を伸ばせる要素だと思います」

――妥協せず

「はい」

――監督の話は聞こえませんでしたけど、そんな感じのお話というか…

「まぁそうですね、そんな感じでしたね。監督も気付いていたし、それをさっき、みんなを集めてハッパをかけていました」

――きょうは本当にコンディション調整もそうですし、心の面でも…雨ではありましたけど

「うん、まぁ雨だろうが関係ありませんけど(苦笑)ダービーなのでね、5万人の人達が来るという予想、チケットが売れているというので、やっぱりそういう大舞台でできるというのは、サッカー選手として本当に嬉しいことなので、その幸せを噛みしめながら、また、しっかり勝って、良いサッカーを見せて『また埼スタに来たいな』と子供たちとサポーターが増えるようなサッカーをしていきたいですね」

――プレミアリーグも知る李選手にとって、やっぱり大きなサッカー専用スタジアムでという気持ちは強い

「そうですね、いやもう、5万人というのはね、世界見てもそんなに多くないので。ヨーロッパだとちらほらありますけど、アジアで5万人入るって言うのはね、本当に片手で数えられるくらいじゃないですか。そのうちの1つが浦和レッズなので、本当に凄いクラブだと思いますよ」

――ヨーロッパはサッカー文化が根付いていますけど、アジアではやはりURAWA

「5万人集めるって凄いですよね!『来て』と言っても簡単には来てくれないし…はい(ニコリ)」

――今回で、KLMがしばらく…というところで

「そうですね。LとKは頑張っていますけどね(笑)M君がね、ちょっとね…ハハハッ(笑)はい。すっごい奮起していますけど、結果は来ていないので、必ず来ると思うしね、彼も。まぁ自分もやっぱしKにもMにも負けたくないし、ゴール数も。なので、やっぱり慎三よりも点を獲りたいし、武藤よりも点を獲りたいので、そこは仲間でありライバルでもあるので、KLMでそろい踏みで点を取りたいですね」

――”大宮のK”、加藤選手から点を獲りたいというのは?

「フッフッフ…そうっすね(苦笑)あまり話を広げられないですけど…(笑)ダービーなのでね!点獲りたいですね」

――今回は、お子さん達が多く来場することが見込まれます。李選手はよく、「夢を与える」と放しますが、そのあたりの意気込みとしては…

「自分も駒場スタジアムで小学校の時に観たことあったので、なので、あれだけですけど、レッズの試合を1回見たのは。小学校3年生くらいかな?電車に乗って、バスに乗って…。1回だけでも凄く印象に残っているので、今でも。なので、やはり記憶に残る試合であったり、記憶に残るスタジアムの雰囲気だったりというのを作っていければいいなと思うし。人生の中の一つの良い思い出にね、なるような経験になれば本当に僕も嬉しいし、自分のサッカーをやっているという、サッカー選手冥利に尽きると思うので。楽しみですね」

――そのレッズの試合って、どんなものでしたか?小3というと…

「覚えていないんですよね。ただ、あそこまで大変な思いをして行って、ゴール裏で、何か分からないけど試合を観てから帰ってきたという、それだけでもね、凄く大変だったという、サッカーを観たという思い出があるので、そんなものだと思いますよ。小さい頃は」

――20年前…、岡野さんとかがめちゃくちゃ走っていたとか…

「誰がとかは、全然覚えてないですけど」

――ではあるものの、それが今の原動力というか…

「そうですね、子どもにとってやっぱりそういうのが1個あるとないとでは全然違うし、それでサッカーを今後観るとか、『スポーツ選手って凄いな』と思うし」

――記憶に残るような活躍を期待しているので、

「記憶にも記録にも残るようなゴールを決めます!(ギラリ)」

夢を運ぶストライカー!燃えよドラゴン!!RED LEE!!!

李選手のインタビューは、今夜7時(再放送は23時)からの「You’re The REDS Friday」でお届けします

では

7月7日 「みんなが主役、僕はそう思っています」&「《これから何かやってやろう》というような気持ちの表れかな」

どうもです

気温上昇、炎天下の大原で柏戦2日前の練習は午前11時15分頃スタート20160707_115542-1

ウォームアップ後は11対11でのハーフコートゲームへ

監督からは主に、「逆サイドの意識」や「アイデアは良くても、読まれていたら動き直す」といった声がかかっていました

過酷な暑さもなんのその

選手達は声を絶やさずキビキビとした動きを見せ、集中を切らしません

20160707_115811-1

1人ひとりがきちっと与えられた役割をこなし、中でも李選手はアクロバティックな美しいボレーシュートをたたき込むなど、好調な様子

槙野選手が見せるボールへの執念も全体のムードを引き締めていました

練習はお昼の12時15分頃、梅崎選手の気持ちのこもったダイビングヘッドが決まり、終了しています

20160707_115854-1

◇◆◇李選手◇◆◇

――リーグ後半の初戦を勝利できて、良いムードが広がっているように感じますが?

「連勝してるんでね、途切れさせたくないし、(セカンドステージの)ホーム1発目なので、しっかり勝って連勝街道を走りたいと思います」

――3連勝できている要因はどう感じますか?

「自分達を信じて、守備の部分でね、バランスを保ちながらというのを意識しているから、そんなに崩れないで攻撃に良い形でつながっていると思いますね、はい」

――暑さを気にして、時間によっては運動量を抑えることも頭をよぎるでしょうが、李選手のプレーを見ていると、《そんなこと考えずに迷わず行く!》という意志が感じ取れます

「まあね(ニコリ)前の人が出し切ってから、途中交代でもね、良い選手が沢山いるのでね、あとを考えずにやりたいといつも思っています」

――11人だけで闘うわけではない

「11人じゃないっすね!夏場は特に、はい」

――サポーターの存在も

「いやぁ大きいでしょう(しみじみ)本当、ホームで途切れない声援を受けると残っていたパワーを振り絞れる、勇気が出るので。本当に大きな力になります」

――FC東京戦後、サポーターへ向かって、「諦めた人いますか!?」との問いかけには色々と考えさせれらた方も多いと思います

「(ニコリ)まあ、誰1人ね、諦めちゃいけないし、やっぱし諦めなかったことがあの結果につながったと思うので、自分達の自信にもなったし、これからもっともっとこういう試合がね…あんな劣勢の試合はさすがにしんどいので嫌ですけど(苦笑)ああいった逆境でもはね除けるぐらいの強いチームになりたいと思います」

――いつも李選手からは人生の教訓にもなるようなお話を聞かせてもらっていますが

「フハハッ(笑)」

――何かあったときに、あの試合で李選手が体現したことを思い出せば、辛いことでも乗り越えられるのかなと

「そうっすね!ハハッまあ辛いときほど自分がヒーローだと思えばね。誰かがやってくれるじゃなくてね。まあそうすると、何故かはわからないけど自分の方に集まってくるので。みんなが主役、僕はそう思っています」

――柏戦ですが、開幕戦は病み上がりの状態で出場し、勝利に貢献しました

「うん、点にも絡めたし、あの試合勝てたのは凄く大きかったですね。始まりだったしね。今回も始まり(2ndホーム開幕)なのでね、しっかり勝たせていただきたいなと思いますね、古巣ですけど」

――監督が代わったことで印象はどうですか?

「若手を凄く起用しているのでね、ディフェンスラインが若いので、やはり突破しなければいけないですね、僕たちがね」

――福岡戦ではセットプレーでも点を取れて、那須さんがいることで

「ね!?迫力ありますよね!セットプレーで点を取ると凄く楽なんでね、ゲーム運びが。その1点を那須さんじゃなく自分が取れるようにね、はい、入りたいと思います」

――きょうも芸術的なジャンプボレーを決めていましたが、李選手の浮き球をダイレクトでゴールにたたき込む技術はJの中でも屈指の美しさを誇ると思うので、期待しています

「はい(ニコリ)まあ観てる人が楽しめるようにね、感動を与えられるようにね、サッカーをしたいと思うので、頑張ります(ニコリ)」

20160707_124119-1

◇◆◇高木選手◇◆◇

――暑い中でのトレーニングでしたが、意識したことなどは?

「自分達の組は、レッズのフォーメーションではなかったすけど、左のサイドは得意とするポジションだと思うので、縦の関係が槙野君とで、自分が中に入ってスペースを空けたりだとか、外にいてコンビネーションをしたりだとか、意識してやったというか、あとは一発で裏を狙って、というようなシーンを作ろうかなとか、動きに連動性をもたせるようには意識して常に動き直しを出来るようにはしていました」

――動きもスムーズで軽やかで、怪我の功名ではありませんが、凄く良くなったように思えます

「まあ(ニコリ)まずはやっぱり、動けるというのはそれだけ意欲的になれているのかなと思うし、そういう風に怪我でサッカーが出来なかったからこそやはり、プレーしたいという気持ちも強くなっていますし、《気持ちが凄くポジティブなのかな》と凄く感じるし、やっぱまだまだ、《これから何かやってやろう》というような気持ちの表れかなという風に思います」

――福岡戦でベンチ入りして、よりその思いは強まったのでは?

「そうですね、出場することは出来なかったですけど、やっぱりあれだけ不利な状況で厳しい状況でチーム全員が闘ってつかんだ勝利なので、そういうのを見ていると刺激になるし、そこでやっぱり自分が選んでもらえるような、もっとアピールが必要。もっと自分がハードワークできるような選手になれれば、ああいう場面でも使ってもらえるのかな、という風には思います」

――次の柏は開幕戦の時から監督が代わっていますが、どのような印象ですか?

「柏は本来、ポゼッションをするチームだと思うので、そこはあまり変わっていないかと思いますけど、クリスティアーノ選手が戻ってきた部分で、少し怖さはあるかと思います」

――やはり柏戦で埼スタと言いますと、昨年のあのゴール。次も再現することできっかけにしてもらえればと

「そうですね、柏相手だったので、次はホームで柏を迎えるわけですけど、やっぱり少なくとも良いイメージは持っているので、自分の中でも。そういう得点をした相手に対しては良いイメージがわきますし、逆に相手はあれだけ劇的なゴールを決められたから、自分には何か…少なからず苦手意識は持っているかなと思うので、その辺をうまく活かせればと思います」

――先ほど、「監督に選んでもらえる選手に」と話しましたが、夏場の暑い中、スーパーカーが引っかき回せば相手の疲れはドッと増すでしょうから

「そうですね。そういう自分の攻撃面の良さとハードワーク、守備の部分での貢献度を上げていければ、点差が拮抗した試合でも追加点を狙うのに…攻撃だけではダメだと思うので、守備の部分が出来れば使ってもらえる選手になるかと思うので…普段の練習から“守備も出来るぞ”というようなところを(ニコリ)もうちょっと見せていかないといけないと思います」

――ラジオ中継前には、2人が共通して好きな“例のお弁当”を食べてゴールを願っています

「よろしくお願いします(ニコリ)ありがとうございます」

李選手と高木選手のインタビュー詳細は、今夜7時(再放送は23時から)の「You’re The REDS」でお届けします

では

RED A LIVE 2016.5.14 VS 新潟

☆浦和レッズ戦を実況生中継!

埼玉スタジアム2○○2で行われる、「2016明治安田生命Jリーグ
ファーストステージ第12節・浦和レッズ対アルビレックス新潟」の模様を実況生中継します。

20160513_141454

◇◆◇李選手◇◆◇

「(4月の明治安田生命Jリーグ 月間MVPを受賞)いやぁ、本当ありがたいですよ、選んでくれることは。チームも調子良いからね、前の3人の誰かが選ばれるのではないかなって思っていましたけど。自分が選ばれてやっぱり嬉しいですけど。何でも一番で嬉しいですよね、何千人いる中での“一”ですから。月間なんでね。やっぱり年間獲りたいですね。けれど、結果的には先月2ゴールしか獲っていないから、なのでやっぱり結果というところが、自分の中では今年は結果にこだわる年という風に位置付けているので、目に見える結果を、あすの試合も獲りにいきたいと思います。それが評価にもなっているし、ゴールの起点にもなっているし、アシスト以上のところにも顔を出しているというところが、ゴールに自分が意識向いているところと、コンディションが良いというところがすべてだと思います。5月はやっぱり点獲りたいですね、得点を。残りJリーグ7試合かな…。7試合で、前半戦だけで10点は絶対にいきたいなって思っているので、そのためにもあしたの試合ね、あと数えるだけしかないのでJリーグは。24試合か、もうそんなに多くないから、1試合1試合大切にしたいです。(ホームでKLMそろい踏みが2試合連続で、次の…)すごいですね。野球でいうアベック以上にすごいですからね。3人だからね。それぐらい攻撃力があるし、クオリティある選手がいるので、結果が出ている証拠だと思いますけどね。まぁ、やっぱり立ち止まるのではなくてね、月間MVPもそうだし、目指しているところがタイトルなのでね、川崎に勝ったからとか、広州に勝ったから、それでうれしいはうれしいけど、最終的な目標はACLアジアチャンピオンとJリーグチャンピオンというところなので、そこしか向いていないですよね。だから、うれしいけれど過去の話なので、あすの試合から自分のできる限りのパフォーマンス出していきたいですね。コンディションが良いし、コンビネーションも良いし、前の、必ず点獲れると思いますし、守備も守ってくれると思うので、勝てると思いますね」

20160513_142353

RED A Live 2016
「浦和レッズ対アルビレックス新潟」
…5月14日(土)13:30~16:15(延長の場合あり)
提供/ポラスグループ

Come On! REDS…12:00~12:55
REDS After The Match…17:00~18:55

・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!

201603051909000

・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。

20160428_181853

20160428_181912

12:00~12:55 Come On! REDS
13:30~16:15 RED A Live 2016(延長の場合あり)
17:00~18:55 REDS After The Match
19:00~20:55 RED A Live 2016(再放送)

実況M

・以下の番組は休止します。
12:00~12:55 REDS Supporter’s Eye
13:00~14:55 AKANEのCatch The Music