タグ別アーカイブ: エヴェルトン選手

11月18日 「4人分になります」

どうもです

雨上がり、澄んだ空気の大原

清々しい晴天でした

AFCチャンピオンズリーグ2019 ノックアウトステージ 決勝 第2戦 vs アルヒラル6日前のきょう、練習は午前10時頃に始まりました20191118_104003-

20191118_110247-フィールドプレーヤーはサッカーバレーなど軽めに、キーパーは専用メニューでそれぞれ調整して練習は午前11時頃に終了しています

20191118_105020-

◇◆◇エヴェルトン選手◇◆◇

――サッカー日和

「気分は良いですよ。サウジアラビアの時差ボケも解消しましたし、気持ち良くできています」

――意識していること

「今、考えていることは、ただひとつ。意識していることは、ただひとつ、決勝のことです。そこで勝つことだけを考えて練習に励んでいます」

――勝つために第1戦を通じて感じたこと

「1戦目とは違った戦い方をしないといけないと思います。向こうではゲームを支配ができませんでした。ボールを持つことができなかったので、次の2戦目ではしっかりできればと思います」

――ゲームをコントロールするために必要なこと

「まずはプレスをしっかりとかけて、ボールを奪いたいと思います。サウジアラビアでプレーしたときもボールを奪うことはできていたのですけど、そのあとキープすることはできませんでした。前に蹴っても枚数が足りなかったこともあったので、全体でもっと動きを増やして、運動量を増やしてオプションを作っていかなければいけないと思います」

――対戦相手の気になった選手

「相手には良い選手が揃っていて、非常に良いチームだと思いますけど、あまり個別に選手を見るのではなく、チーム全体として自分達も良いチームであるということを意識して、相手のプレーの良いところが出ないように抑えていかないといけないと思います」

――カリージョ選手に苦戦

「カリージョ選手はポルトガルでも対戦したことがあってよく知っている選手ですけども、もちろん気をつけないといけない選手だと思います。スペースを与えれば素晴らしいプレーのできる選手なので」

――青木選手とコンビネーション

「彼とは良い関係を築くことができていると思います。一緒にプレーしやすいですね。もちろん言語の壁というのはありますけれど、それでもよく理解し合ってコミュニケーションを取りながらやることができていますので、さらにより良いコンビネーションを見せることができれば思います」

――青木選手はエヴェルトン選手の対人能力の高さを評価していました

「アハハッ(笑)もちろん、自分は常にベストを尽くしてチームのために戦いますので、そういった意味では頼ってもらっても信頼してもらっても良いと思います。逆に僕の方も周りの選手を信頼して戦いたいと思います」

――2ボランチが3になるような、とも

「アハハハハッ(笑)それぞれが2人分走れば、4人分になります(大笑)でもそのような戦い方をこの2戦目ではしないといけないと思います。相手は強くてスピードがありますから、自分達のハードワークが非常に必要になってくると思います」

――色々なアジアの様々なチームと対戦して感じたこと

「アジアは全体的にスピードがあって質が高いと思います。そして、違った特徴を持っている様々なチームと対戦することによってそれぞれの試合で学ぶことができますので、嬉しいです」

――サポーターへ

「決勝戦でスタジアムが沸騰するかのような雰囲気を作ってくれると思います。そしていつも通りの応援をしていただければ、チームの中に12人目の選手が降り立つかのような力を僕たちに与えてくれますので、それを後押しとしてタイトルに向かっていきたいと思います」

エヴェルトン選手のインタビュー全容は、あすの〈You’re The REDS〉でお届けします

では

10月10日 「彼らのおかげで熱い気持ちになることができます」

どうもです

きょうは代表戦のあと、遠藤選手にインタビューをさせてもらいましたが、チームの勝利と自身のAマッチ初ゴールも相まって、非常に良い表情を見せてくれました

こちらは、あすの〈You’re The REDS Friday〉でお届けします

20191010_163826-

さて、16時スタートの午後練習は、パス&コントロールや8対8でのゲーム形式を中心としたメニューを約75分間に渡って実施20191010_164640-バチンと当たる守備、ボールを安定して動かしつつ背後を取るプレー、素早い守備へ切り替えてのダイレクトプレスなどの意識付けがなされていました

練習終了時、大槻監督は「OK!あしたまた良いトレーニングしよう!お疲れ様でした」と声を弾ませていたとおり、選手達もハツラツとした動きを見せていた印象を受けます

20191010_170832-

◇◆◇エヴェルトン選手◇◆◇

――オフ明けの2部練習を振り返って

「2連休の後の、強度の高いトレーニングでした。まず筋トレからスタートして、午前も午後も強度の高いトレーニングを行いました」

――お昼は何を食べましたか

「ご飯と鶏肉、サラダ、あとフルーツとかあまりにも疲れている状態で食べたのであまり覚えていないです(苦笑)」

――お箸はうまく使えますか

「もう箸は使えますね。うまいですよ(笑)」

――でもまだ梅干しはトライしていない

「食べた記憶はないです。食べていないと思います(笑)」

――それまでハードな日程が続きましたけど、つかの間のオフはどのように過ごしましたか?

「うまくしっかり体を休めて最終日には妻と出かけました」

――どこに

「大阪の方に行きました。ユニバーサルスタジオジャパンです。初のUSJです」

――お気に入りのアトラクションは

「ジェットコースターとかハリーポッターのところとか、ダイナショーの恐竜の絶叫、ジュラシックパークのところですね、あれは凄く良かったですね」

――奥さんは恐がらなかったですか

「恐がりながらも乗りました」

――エヴェルトン選手は大丈夫でしたか

「ああいうアドレナリンも、たまには良いと思います(笑)恐い、恐くないことはないと思います」20191010_171643-

――サッカーの方に話を戻すと、試合を追うごとにエヴェルトン選手を経由した良い攻撃っていう機会が増えていると印象を受けますがご自身どう感じていますか?

「初日から心掛けてきたことは、しっかりチームプレーに参加して守備でも攻撃でも貢献しようというところでした」

――周りもエヴェルトン選手から良いボール来るタイミングっていうをわかったてより走り方とかにも良いものが出てきてという流れを感じます

「時間と共にお互いのことをよりよく知ることになるので、良い方向に向かっていっていると思います」

――チームとして今なかなか勝てず、この間勝つことができて良い方向に向かうきっかけはあると思いますが経験上、どうしていくことが大事かと

「一体感が大事だと思います。勝っても負けてもメンタリティを変えずその一体となって努力を続けていくことが必要だと思います」

――また試合まで感覚が開きますけど、どういったことを大事に次へ

「日々のトレーニングの中でも大分の特徴など伝えどういったところを突けばよいのかというのを大槻監督もお話をしていますので、そういったところの準備ができればと思います」

――これから日本美味しいものが増えてきますので、実りの季節を是非楽しんで

「寒いのはあまり好きではないですけどね(笑)日本の寒さはかなり厳しいと思います。ポルトガルも寒いときは寒かったんですけど日本の方が寒いと思います(苦笑)」

――暖かいハートをサポーターが

「そうですね。彼らのおかげで熱い気持ちになることができます!」

――終盤戦一緒に戦っていきましょう。よろしくお願いします。

「そうですね。共に戦ってしっかり自分たちの目標を達成して最後に幸せな気持ちになれるようにしたいと思います」

エヴェルトン選手のインタビューは、あす19時(再放送は23時)からの〈You’re The REDS Friday〉でもお聴きいただけます

では

8月7日 「もちろん負けることは嫌いですし、複数失点をすることはさらに嫌いです」

どうもです

暦の上ではあすから秋

20190807_095913-

札幌戦3日前のきょう、練習は午前9時頃に始まりました

ミニゴールを設置してのポゼッションゲームや10対10でのゲーム形式が行われ、午前10時頃には名古屋戦スタメン組の多くが別メニューに切り替わります

残ったメンバーは、「走りながら正確にボールをつなぎたい」(大槻監督)20190807_100409-

ワンプレーで5対2→2対3→3対2と推移するカウンター合戦を経て午前10時15分、仕上げの8対8を実施

「1ゴールが決まったら終わり。決められたチームはきょう一日負けを背負う!」(大槻監督)

開始から約90秒後、マルティノス選手の豪快な左足ミドルがゴールネットに突きささり、練習は終了しています20190807_101549-

◇◆◇エヴェルトン選手◇◆◇

――暑い中お疲れ様です

「日本がここまで暑いというのは想像していなかったです(汗)きょうが日本に来て一番暑い日かどうかは分からないですけど、練習の強度も高かったのでかなりきつかったです。ブラジルも街によっては日本より暑いところもありますけど風もあります。日本のほうが呼吸しにくい暑さですね(笑)」

――そういう中、体調管理で心掛けていることは

「しっかり食事を取ることと、あとはクラブのドクターからも推奨されている水分補給ですね。この暑い中で脱水しないようにしっかり水分を取るようにしています。あとはアイスバスに毎日入っています」

――大丈夫ですか?長く入れますか?

「他のクラブでもアイスバスはやっていましたので、慣れています」

――体調管理の面で、梅干しとか納豆とか体に良い物もありますけど、何かチャレンジしました?

「納豆はまだ食べていないですけど、梅干しは食べたことがあります。梅干しは特に問題はなかったです。ただ、納豆のほうはかなり・・・というのはマウリシオ、ファブリシオに聞いていてちょっと手が出せていない状態です。かなりにおいが強いというのは聞いていますので、まだ試していないです」

――サッカーの面ですと、さきほど練習が終わるときに大槻監督とお話をされていて

「簡単な会話でした。しっかり休んで回復してトレーニングで頑張り続けようという話です」

――今、大槻監督のもと、サッカーの部分でどういったところが大切だと心掛けていますか

「大槻監督は相手をしっかり分析して、どういったところを突けば勝てるのかというところを僕たちに情報を与えてくれる、非常に良いやり方をする、賢い監督だと思います」

――いつもトレーニングでパスアンドコントロールを毎回していて、その中での素早いハンドリング。あれはやっぱりエヴェルトン選手の真骨頂かと

「パストラップ、そういうところは自分の特徴であって強みかもしれません。それをさらに向上させるため毎日頑張っています」

――そういった中、次は札幌

「もちろん負けることは嫌いですし、複数失点をすることはさらに嫌いです。ただ、前半戦で勝ったか負けたかにかかわらず、しっかり次の試合、どの試合も勝ちにいきたいと思っています」

――期待しています、ありがとうございます!

「ありがとうございます」

――発音が上手

「ハハハッ!(笑)」

エヴェルトン選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では

 

4月30日 「試合の中で親父の言葉が今でもあって」&「僕の信じるもの」

どうもです

平成最後の仕事が、この日記の更新です

平成最初になりますが、「平成における浦和レッズ」のビッグトピックスをこちらの主観で挙げてみます

切りがないものの、あえて3つに絞るのであれば、時系列順に、

・”野人”岡野が日本代表をW杯初出場へ導くVゴール
→日本サッカー界の歴史を変える値千金の得点を浦和レッズ所属の選手が決める

・埼玉スタジアム2○○2の誕生
→6万人越え収容のアジア最大規模スタジアムがチームのサポートはもちろん、クラブの財政面でも大きな後押しに

・”ミスター レッズ”福田正博の引退
→Jリーグが開幕(元年)した当初、福田選手のいない浦和レッズなんて想像できませんでした

番外でもうひとつ、REDS WAVEの存在がこれからもより多くの方の助けとなれば、何よりです20190430_105209-磐田戦3日前のきょう、練習は午前10時過ぎに始まりました

清水戦にスタメン出場したフィールドプレーヤーはリカバリー調整

先に姿を現したキーパー陣はシュートストップなどで汗を流し、それ以外のメンバーは午前10時50分頃からピッチ上での練習をスタートします20190430_110452-

正規ゴール2つを用いた4対4対4+キーパーの変則的ゲーム形式を中心としたメニューに励みました

「ピッ・ピッ・ピッ・・ピーーーー」

いつもよりひとつ多いオリヴェイラ監督の笛と共に、全体練習は午前11時55分頃に終了しています20190430_115524-

◇◆◇エヴェルトン選手◇◆◇

――勝利して、きのうオフを迎えましたが、リラックスできましたか?

「もちろん最高のオフを過ごすことができました。全然違いますよね、勝つと負けるとでは全然違う状況の中で、まあゆっくり何も重みを背負っていない状況でリラックスできるし、本当に楽しいオフを過ごすことができました」

――どんなことをしていましたか?

「嫁と一緒にレイクタウンの方へ遊びに行きました」

――人が多くてビックリしませんでした?

「もの凄く多かったです。ゴールデンウィークだっていうことを忘れちゃって(笑)」

――清水戦で得られたものってどんなことがありますか?

「完全にゲームのコントロールをすることができたのではないかなと思います。基本的に自分たちがやろうとしていたことをすべてできたと思うし、リードもすることができて、そのチャンスをしっかりと活かすこともできたと思うし、本当に自分たちが狙っていたペース通りのゲームにすることができたと思います」

――最近、練習で監督が「サイドチェンジ活かすように」とよく言っていて、エヴェルトン選手のパスの種類にも長いボールが増えたように感じますが、意識はいかがですか?

「監督の求めるものっていうのは、ひとつのゲームに対するレシピだと思いますし、重要な要因がたくさんあると思いますけれども、最近彼からよく要求されるものの中でお互いの距離感をしっかり保つことプラス、サイドチェンジを上手くこなすことによって我々のやろうとしているコンビネーションが生まれるということに関して、やっぱり上手い形で清水戦はできたと思いますし、ひとつひとつゲームが変わることによってレシピが変わることもありますけど、自分たちが狙っていた今回の試合ではそれを上手く見せることができてとても良かったです」

――あとは試合終盤に得点につながる素晴らしい粘りのカウンターを見せてくれて、ああいうプレーがもっと多く出ればより勝利も増えると思います

「自分の中で小さいときから親父から言われていたことがあって、『どんな状況であっても自分のベストを常に尽くす』っていうことです。試合の中で親父の言葉が今でもあって、どんなプレーの中でもどんな悪いシチュエーションの中でも自分のベストを尽くすことが、そういったひとつひとつのプレーの違いが生まれると思うし、どんなに苦しい状況の中でも90分間戦うっていうことは、それを意味するものだと思いますし、チームのために最後まで自分の汗を振り絞るっていうことが、きっと何らかの形でチームのためにとって良いプレーにつながると思うし、このシャツユニフォームを着ている以上、自分のすべて、自分のベストを出すことが自分の義務だと思います」

――次、短い間隔の中、ホームで磐田と対戦しますが意気込みをお願いします

「もちろんこの連戦を上手く乗り越えるためにもJリーグでまた勝利を挙げるためにも、チームとして一丸となって戦うのはもちろんですし、ポジティブに、できたことはそのまましっかりと続けながら、そしてできなかったことを修正しながら、ジュビロ戦でも必ずチームとして勝利挙げるような試合を見せていきたいと思います」

――エヴェルトン選手のプレー好きです。ありがとうございます。

「オブリガード、ありがとうございます」20190430_120926-

◇◆◇宇賀神選手◇◆◇

――平成最後のサッカーに励みました

「きついっす。平成であっても令和になっても多分きついっす」

――ただ変わらずできていることを実感するというか?

「そうですね、やっぱりもう怪我しないでこうやってプレーできているのが一番だと思います」

――きょうも変わりやすい天気で、先週も暑かったり寒かったりできついとは思いますが、そういった中、人一倍気を吐いてプレーしているのが宇賀神選手かと

「出ているときも出ていないときも同じプレーをすることが大切だと思いますし、特に苦しい状況のときこそ本当の人間性が出ると僕は思っているので、今が一番チームを盛り上げるためにやらなきゃいけないと思いますし、出ていない選手がしっかりとプレーして出ている選手にプレッシャーをかけられるチームが一番強いチームだと思うので、こういう練習が非常に重要だなと思います」

――平川コーチも現役時代にそういうふうにしてっていうのが受け継がれているというか

「ヒラさんは声を出したりとかというタイプじゃなくて、背中で引っ張るタイプでしたけど、僕は僕で場を盛り上げながらまた自分が声を出すことによって自分を追い込むことになると思うので、しっかりとやっていきたいなと思っています」

――にしても、練習のゲーム中も全体の空気とか読めてと状況も良く見えていて

「まあそういう年齢ですし、そういう経験も自分はいろんな経験をしてきたので、こういうときこそ、こういう長くてきつい練習のときこそ、どういう練習態度が取れるかっていうところが凄く重要かと思うので、そこは人一倍気を遣ってはいるつもりではあるし、自分はそういうところが見られる人間だと思うので」

――それが支えになってきて

「まあそれがチームの結果に反映すれば良いと思いますし、また自分が試合に出てチャンスが来たときに結果を残すためにも、そういうところが必要なのかなと思います」

――その今のチームの状況とかベンチから見て感じることとかどうですか?

「・・・・すべてOKではないと思いますし、結果が出ているからといってすべてOKではないというのが率直な意見として、ただその内容を求めていかなきゃいけないっていう部分は選手としてもっともっと・・・なんだろうな・・試合を支配してっていうような勝ち方がベストだといますが、ただこういう勝ち方をしていけるのも監督のサッカーなのかなっていうところもあって、やっている方もこうもどかしさだったり、見ている方ももどかしさもありつつ、ただこの結果を残しているという部分でシーズン終盤に向けて徐々に上がっていくのではないかなと今は思っています」

――それは日々の負荷をかけているものもつながるでしょうし

「そうですね、やはり信じるものが無ければこれだけの練習をやってもつらいだけなので、僕はこういう解釈をしながらやっています」

――信じるものってどういうものですか?

「優勝するために最後は内容も結果も伴ってくるサッカーをするっていう形ができることが、僕の信じるものだと思いますし、実際に昨シーズンそういう形で天皇杯で優勝していますし、今年はリーグ優勝とACL獲りにいくっていう部分で最終的に優勝っていう部分に向けて、内容が伴った試合ができるようになるっていうことを信じています」

――そこで頼られる存在として自分がいる

「そうですね、もちろん試合に出ない時間が長いとやはりその試合に対しての意欲っていうのはどんどん強くなってきますし、結果が出た中でもね、ピッチに立てていないとその喜びも半分か半分以下だと思うので、今は1試合でも多く勝利に貢献したいと思うし、優勝したときに自分がピッチに立って充実した優勝をしたいなと思っています」

――そのためにも、令和ファーストゲームはもうチケットも5万枚以上売れているそうです

「やっぱゴールデンウィークそうですね子供の企画もあるっていうのも見ましたし、そういう子供たちのね、夢を与える立場の人間として“埼玉スタジアムで勝つっていうのはこんなに素晴らしいっていうことなんだぞ”っていうのをしっかりと見せないといけないと思いますし、今シーズンホームでの結果っていうのもあまり良くないのでこの間の勝利をきっかけにしっかりと次の試合も勝って勢いに乗っていけるように、またそしてACLブリーラム戦もあるので、そこはもう絶対負けられない、負けてしまったら終わりの試合なので、そこに向けてもチームとして良い方向に持っていけるようにしたいと思います」

――その一歩一歩で、令和でぜひ今のスクールの生徒たちと同じピッチに立つことを信じているので

「そうですね、頑張ります(ニコリ)」

宇賀神選手とエヴェルトン選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では、良い令和を

 

4月2日 「良いプレーがどんどん生まれていく素晴らしいリーグだと思います」

どうもです

「(日本語で)さくら、かわいいね!」(アレックスコンディショニングコーディネーター)

チャーミングな表現ですね!20190402_104604--20190402_104533-横浜F・マリノス戦3日前のきょう、選手たちは午前10時40分頃にピッチへと姿を現します

アップ中、パス&コントロールでは、

「間からくさびを入れるイメージで」

と石栗フィジカルコーチ

先日の試合で露呈した課題とも受け取れます

「パコンッと入れて、テンポ良く!ダラダラやらない!」

20190402_105250-
きのうの練習試合に長時間出場した選手の多くは軽めの調整で、岩波選手についてはフルメニューをこなし、ファブリシオ選手はアップのみ部分合流

その後は座りながら、ステップしながら、ジャンプしながら、様々な動きを交えてのヘディングを反復20190402_110332-「腕の力を使ってボールに力を加える!常に体のバネを使おう!」(石栗フィジカルコーチ)

「しっかり頭で叩く!橋岡ナイス!」(オリヴェイラ監督)20190402_110930午前11時10分からはハーフコートでの変則的8対8、ゲーム形式へ

マイボールでの攻撃でスタートするチームは正規ゴールに攻め、守備チームは奪った後に両脇のミニゴールを目指しました

「攻撃チームはサイドでトライアングルを作ろう。奪われたらすぐ切り替えるように!」(オリヴェイラ監督)

そして全体に向けて、

「アグレッシブ!アクションを起こそう!」

20190402_111433--選手それぞれ活発な動きを見せます

それに加えて槙野選手は、的確なコーチングを連発

「いーーー声だマキッ!」(池田コーチ)20190402_113940-結びにはサイドでのトライアングルパス交換を経たセンタリングシュートでアタッキングサードでの連携に磨きをかけ、練習はお昼の12時前に終了しています20190402_120345-

◇◆◇エヴェルトン選手◇◆◇

――この桜の風景はいかがですか?

「本当に美しいですね。日本のこういった光景は非常に素晴らしいものだと思いますし、今、魅力ありすぎていろんなところにいって写真を撮っています。奥さんと一緒に」

――奥さんも喜んでいますか?

「喜んでいます。日本がもっと好きになっちゃいます!」

――桜は初めてですか?

「そうです。そうだと思います。初めてだと思います」

――お出かけなどで良い出会いはありましたか?

「そこまで長く居るわけではないのでそんなに多く出かけられていないんですけど、休みがあると渋谷に行ったり、都内に出てちょっといろんな所を回ったり、この前奥さんと一緒にディズニーに行きました。そういった出会いがありましたかね」

――この間の試合ではテーピングが痛々しかったですが、大丈夫ですか?

「ちょっと痛いけど日に日に良くなっています。耳は」20190402_104510--

――サッカーの方では既に公式戦を数試合戦っていますが、手応えはいかがですか?

「自分的にもチーム的にもコンディションというのは、非常に日に日に良くなっていると思います。そして特にこういったシステムが変わった後、自分たちのやりたいことがもっと前に出てきていると思いますし、上手くはまっているし連携が取れているということがピッチの中で見せられているのではないかなと思います」

――あのトラップのうまさは・・・どうしてあんなにうまくできるんですか?

「あの瞬間、ボールが自分の所に来ると想像もできないので、咄嗟の判断で咄嗟のトラップですけど、いかに早く考えて行動にできるかっていう、咄嗟のことなんですけど上手くできて良かったです」

――Jリーグの特徴をどう感じていますか?

「Jリーグの特徴は非常に好きです、個人的に。ものすごくテンポも速くてレフェリーもそこまで止めないし、プレーをひとつひとつそのように流してくれることによって、良いプレーがどんどん生まれていく素晴らしいリーグだと思います。僕個人的には非常に素晴らしいリーグだと思います」

――埼玉スタジアムの雰囲気はいかがですか?

「本当に素晴らしいスタジアムですね。満員に近い状態であのスタジアムでプレーできることは、サッカー選手としての本当に自分のキャリアのひとつの素晴らしいステージを今自分が生きているという実感が湧いてきますし、彼らのためにプレーする、そして自分がその中にいる人生の素晴らしいフェーズを生きているということを毎回実感させてもらっています。本当に幸せです」

――これからもっともっと素晴らしいエヴェルトン選手みんな楽しみにしていると思います。抱負をお願いします

「本当に高いモチベーションで毎日練習からゲームを出させてもらったりさせてもらっていますので、本当に向上心を高めながらしっかりと自分の目標である“チームに自分の名前を残す”っていうことができるために、みんなで全員で一丸となってこれからももっともっと良い試合を見せられたらと思っています」

――期待しています。ありがとうございます。

「(日本語で)ありがとうございます」

エヴェルトン選手のインタビューは、このあと23時からの<You’re The REDS>再放送でもお聴きいただけます

では