タグ別アーカイブ: 長澤選手

RED A LIVE 2017.10.14 VS VISSEL KOBE

☆浦和レッズ戦を実況生中継!写真マチエフォーレ上尾1

埼玉スタジアム2○○2で行われる、明治安田生命J1リーグ第29節「浦和レッズ 対 ヴィッセル神戸」の模様を実況生中継します。20170303_145703-2
RED A Live 2017…10月14日(土)18:30~21:30(延長の場合あり)

 提供/ポラスグループ

 18:30~ラジオドラマ・ポラスストーリーでは[マチエ・フォーレ 上尾]をご紹介!

201603051909000

◇◆◇長澤選手◇◆◇
「ここまで連戦だったので、良い休憩にもなりましたし、ここから連戦が控えているので、各自が良い準備を出来ていると思います。この期間のモチベーションの保ち方としては、試合が楽しみなので、別に気が抜けたりとかは特にないです。
ゲーム中心の練習が続きましたが、チームメイトとのコミュニケーションであったり、自分としては終わった後にシュート練習をしたり、ゴールに直結するプレーが出せればと思っていますし、常に全力でプレーできるように頑張りたいです。フォーメーションが今の形になって、少しずつやって来た中で、また紅白戦でも詰めていって、ポジショニングがみんなわかってきた感じがします。ゲームではビブスなし組が点を取る機会が多くもあり、相手に点を取られたこともあったので、良さを出せるようにみんなできていると思います。凄くやりやすくプレーさせてもらっているので、前の選手と違ってこちらはパスを出す選手なので、自分が主導権を持って、前に飛び出すことも選択をできる立場なので、最善の判断ができればと思います。連携の中で、後ろで待った方が良いときもあるし、もう一度受ける動きを出した方が良いときもあると思うので、そこの判断をしっかりしたいです。
神戸は前に能力のある選手がいるので、そこをしっかり抑えられるように全員で固めていかなければと思います。ポドルスキー選手は、僕がケルンにいるときから知っていて、ケルンのスーパースターですし、もちろん、能力があるのも知っているので、ドイツの中でメチャクチャ有名な選手なので、そこはリスペクトしていますし、楽しみにしています。アーセナルに所属していたときもスタジアムに観に来てくれたりしましたし、ケルンのスタジアムでボックス席も所有していたので、何度か挨拶をしたことはあります。そんなにお話はしていないです。オーラですか?私服だったので・・・。
まずは自分達の勝利が最優先なので、そこに向けてやれることを準備して、試合で出せるように良い状態にしたいです。ここからラストに向けて、凄く大切な段階に入ってきていて、ACLもありますし、神戸戦は勝利が絶対に必要なので、ホームですし、サポーターの力を借りて、勝ちを目指してやっていきたいです」%e5%ae%9f%e6%b3%81m
Come On! REDS…17:00~17:55
REDS After The Match…23:00~23:55
・放送エリア以外でもサイマルラジオ(PC・スマートフォンなど)でお楽しみいただけます!!
・これに伴い、当日は番組編成を以下のように変更します。
17:00~17:55 Come On! REDS
18:30~21:30 RED A Live 2017 (延長の場合あり)
23:00~23:55 REDS After The Match

8月25日 「多くのところから『期待している』という声をいただいている」

どうもです

清水戦2日前のきょう、練習は午前9時に始まり、ACL川崎戦に長時間出場した選手はコンディション調整、それ以外のメンバーはゲーム形式を行うなどして試合勘を養いました

20170825_104820-1

◇◆◇長澤選手◇◆◇

――きょうは後悔になり、大原には多くの方が、子どもも多く観に来ていますが、ご自身はその頃の思い出など、見て思い出すことはありますか?

「小学校の頃からサッカーをやっていましたけど、こうやって近くにサッカーを見に行くこともなかったので、きょうは遠かったですけど、近くで見れるときにプロの選手の良いところを盗んでやって欲しいなと思います」

――特に子どものうちに、こういうところを見ておくと良い、という点などはありますか?

「気持ちの部分もそうですけど、パスとか技術の部分をみて、あぁすごいんだと思ってくれたら嬉しいです」

――サインをもらった思い出は?

「小さいときに、中村俊輔さんのサインを父がもらってくれたのを覚えています」

――その時の感動は

「すごく嬉しかったです。今もそうですけどめちゃめちゃ活躍して、一番全盛期の時だったので、嬉しかったですね」

――今は実際に自分がサインをあげたりして、子どもの喜ぶ姿を見るときにどう感じますか?

「こうやって夢を持ってくれているのを嬉しく感じますし、そういう仕事が出来るのは幸せなので、小学生やちびっ子の夢になれるような選手になれればいいなと思います。選手として、見てもらえるのはモチベーションになるので、嬉しく思います」

――コンディションはいかがですか?

「コンディションはもう、大丈夫です!良い準備をして、出たときに活躍できるようにやっていければと思います」

――練習を見ていると、すぐに使われるくらいに思っていたので・・

「多くのところから『期待している』という声をいただいているので、期待に添えるように頑張りたいです」

――堀さんになってから意識していることなどは

「堀さんが目指している部分はミシャを引き継いでいる部分があるので、僕自身としてはそこまで変わらずに、いつも通り良い準備をして自分が出せることをやればいいかなと。守備の部分で改善が入っているんですが、そこは理解してやればいいかなと思います。」

――いま見ていると、チームとして一個一個の確実性を大事にして、そういう点をきちっと出来るのが長澤選手だと思うんですが

「そこが自分のストロングポイントだと思うので、しっかりと集中して気持ちを切らさずにやれればいいかなと思います」

――連戦が続く中で迎える清水戦については

「チャンスをもらえたら、良い準備をして、自分の良さと、チームの勝利に貢献できるようにやりたいです。練習に参加したこともありますし、知っている選手も多くいますし、中盤、前線、まぁ後ろもそうですけど良い選手が揃っているので、前節で言えばカウンターでやられるシーンもあったので、守備のところを引き締めてやれれば良いんじゃないかと思います」

――暑い暑いと言っている中で、長澤選手の優雅なプレーを見ていると涼しく感じます

「走ってますけど、めっちゃキツイですよ(笑) 顔に出てないだけで(涼笑)」

――それが落ち着きをもたらしているのです

「ありがとうございます。クールにやりたいです(輝笑)」

長澤選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS Friday〉再放送でもお聴きいただけます

では

6月11日 vs筑波大学蹴球部

どうもです

ワールドカップ最終予選に伴うリーグ中断期間

磐田戦を一週間後に控えたきょうは、筑波大学蹴球部との練習試合が行われました

45分×3本で、トータル2対2のドロー

試合勘を鈍らせないという意味では悪くないものの、1本目にあっさりと2失点を喫するなど、内容的には決して満足いかないものでした

筑波大学にはジュニアユース出身の戸嶋選手と知久選手、ユース出身の大川選手と渡邊選手など、レッズにゆかりある選手も在籍しています

「(トップに所属する選手としての)存在価値は見せられなかったかなって思います」(関根選手)

きょうも教訓に、この先へ

なお、試合後には戸嶋選手(市立浦和高校で背番号10を背負い、冬の選手権に出場)、大川選手(ユース昇格前、レッズランドでほぼ毎月開催されている【大人のためのサッカークリニック】に新井瑞希選手と共にサポート役として参加経験有り)、渡邊選手(昨年の夏休み期間中、トップの練習に参加)にマイクを向けさせていただきました

みなさん揃って第一声が「お久しぶりです」

こちらを覚えていてくださったのは、嬉しい限り

それぞれが志しの高い、清々しいコメントをしました

インタビューはあさって火曜日の〈You’re The REDS〉でお届けする予定です20170611_111920-1

◇◆◇長澤選手◇◆◇

――1番長い時間…

「はい」

――こういうことも試合の中でもあるかと思いますが、不測の事態というか、予定はしていなかったですか?

「そうですね。まぁ、青木選手がちょっと痛めたので、急遽という感じです」

――色々な選手と一緒にプレーする良い機会になったと思いますが、その長時間を振り返っていかがですか?

「まぁ、それぞれの、また一緒に出ている選手と特徴が違ったりするので、そこをうまいこと生かしてもっとやれれば良かったかなと思います」

――その生かすというところで、見えたところ、手応えというか、収穫と課題ですね、いかがですか?

「そうですね。展開できた部分とちょっと引っかかったり、もうちょっと視野を広くもっていればもうちょっと良い選択ができたというのが、一つ一つあったので、そこは一プレー、一プレー毎に、『こっちの方が良かったな』『ここは成功したな』みたいなものは経験として積み重ねていけたので、それは良かったかなと思います」

――練習ですと、テンポの部分など、きのうとかも確認あったと思いますが、その辺りのリズムもたらす部分ではいかがでしたか?

「そうですね。出来るだけ判断を入った時にはもう出来るような状態で、持ってから考えるようなことがないように、それを全員ができることでテンポが上がっていくと思うので、そこはもっともっと意識してやれば良いかなと思います」

――きょう、柏木選手と少し感じ合えた部分、どうですか?

「まぁ、凄くうまい選手なので、誰とやっても彼が合わせてくれる部分もあるので僕はやりやすくやらせてもらえました」

――ご自身も大学経由でというか、プロ相手の野心ではないですが、当たっていかがですか?

「そうですね。大学生にとっては、僕も大学生だった時にJリーグのチームとよくやったりしましたが、一つ上のレベルの選手達とやる良い機会なので、そこで僕達自身はしっかりと大学生とまた違った部分が出せれば良いと思いますし、彼らにとっても良い経験になるのではないかと思います」

――自分もその頃のことを思い出して、また刺激ではないですが…

「そうですね。立場はまた変わりましたが、良い選手も多くいるので、負けないようにやっていければ良いかなと思います」

――正直、オフ明けとかでコンディション難しい部分ありましたか、きょうは?

「どうなんですかね。全体的に1本目なんかはコンディション的に、試合に出ているメンバーが多いので、そこら辺は3日オフだったし難しい部分があったかなと思います」

――そういった中で一番きつい時間に…というか、見事なゴールでした

「まぁ、こぼれ球を阿道がうまいこと落としてくれたので、振り抜くだけでした」

――本当、ダイレクトのミートが得意

「そうですね。まぁ、そんなに難しいボールではなかったので、ゴールも近かったし、速いボールを蹴れればキーパーの反応より先にゴールに入るかなと。そこをちょっと速く振り抜こうとは意識してやりました」

――抑えも効いていて気持ち良かったです。あの突き刺さる感覚というか

「はい、良かったです、良かったです」

――やっぱり、ああやって3列目から上がっていくと、信じて上がっていくと何か起きる…ではありませんが、というところで

「そうですね。攻撃、ああやって、前の選手多くいるので、こぼれることも多いと思うので、そこはボランチのポジションから狙っていければ良いかなと思います」

――またここから、磐田戦、天皇杯とまた試合が続いていきますが…

「準備してチャンスもらえたら、結果出せるようにやっていくしかないなと思います」

――また、駒場ら辺でも、あのシティカップの再現とか、色々楽しみにしていますので

「はい、ありがとうございます(輝笑)」

インタビュー全容は、あすの〈You’re The REDS 〉でお届けします

では

 

 

5月18日 「そこをしっかり証明したい」&「そこを目指していかなければいけない」

どうもです

清水戦2日前のきょう、練習は午前10時頃に始まりました

ウォームアップ後は、ハーフコートより少し広めのエリアを用いた12対12でのゲーム形式へ20170518_110915-1途中、監督は約5分間の指導を加えます

「味方に対して、サポートのタイミングを意識してあげよう」

「運ぶ意識、ボールの置きどころ」

「横にドリブルしても良くなることはそうない、タイミングを見て前に運ぼう!横、横にならないように」

ノンイングリッシュウィークは約一ヶ月ぶりということもあり、じっくり丁寧に、これまで確認してきた約束事の再徹底、ブラッシュアップが施されていました 20170518_111834-1

20170518_111836-1午前11時25分頃、ラストゴールを決めたのは阿部選手

3列目から縦パスを送り出し、シャドー、ワントップを経由したトライアングルの関係性から再びボールを受け、中央からゴール左隅へ右足インサイドでのシュートを蹴りこみました

柏木選手、青木選手もそうですが、レギュラークラスのボランチは、このようなパスアンドゴーや最前線へ顔を出す意識とタイミングの取り方がうまく出来ているように見受けられます 20170518_120748-1◇◆◇宇賀神選手◇◆◇

――きょうの練習で意識したこと、チームの雰囲気などどう感じますか?

「ミシャがやろうとしてることは変わりないと思いますし、いつも通り、このようにいつも通りだと思いますけど、約1週間空いて練習を出来るのは久しぶりなので、しっかりコンビネーションの部分を意識するのと、縦パスを入れる意識とタイミングというのを考えながらプレーしていました」

――その“いつも通り”を右のセンターバックでも違和感なく出来ているのが頼もしいです

「まあ、後ろも右もやったことはあるので、そこまで難しくないかなとは思いますけど、また探り探りやっている感じです(苦笑)」

――そう言えるところもまた頼もしい

「まあでも、監督の話を毎回そうですけど、しっかり聞いて何を求められているか考えながらプレーできれば、出来るかと思いますし、そこが自分の良さでもあると思うので」

――監督から一度言われたことを自分の頭の中で整理して、きちんと解釈する作業も大切だと

「ですし、常に練習の中で練習を止めて指示するときがありますけど、自分のポジションじゃなければ関係ねえや、じゃなくて、自分がそのポジションに入ることはないであろうなと思いながらも、例えばワントップの選手に指導をしていても、自分がワントップだったらああいう動きをしなければいけないんだなと考えながら聞いていますけど・・・ないですけどねっ!でもやっぱ、受け手だけじゃなく出し手もそういうことを頭に入れておければ、フォワードを活かすパスも出せると思うので、どのポジションでも自分のことのように聞いているのが、活きているかと思います」

――山田暢久さんではありませんが、いずれ全てのポジションを経験しても不思議でない

「まあでも真ん中のポジションではやっていないので(※以前のシーズン前キャンプではシャドーに入ったこと有り)まあ、ずーっと小さい頃からワイドのポジションにいるので、難しいとは思いますけど、でもまあ機会があればボランチとかもやってみたいとは思いますけど」

――そこは華があると

「もうね、四方八方からプレッシャーが来るし、常にゲームを作るのはそのポジションだと思うので、なかなか難しいと思いますけど(苦笑)」

――いつもですと、右の最終ラインからのダイアゴナルフィードに反応する立場ですが、今は出す側として関根選手との関係性で意識していることは?

「まー森脇君みたくそこまで遠くまで見る余裕は今はないので(苦笑)まああんまり、そういうボールは出せないのかなとは思いますけど、まあでも、狙いつつ、かつ自分が右CBのポジションに入って森脇君の代わりをやろうではなくて、自分の色を出せればと思っています」

――色として、どんな部分を出したいですか?

「やっぱ右CBは攻撃の起点にもなるし、守備の起点にもなると思うので、《非常に重要なポジションだな》と肝に銘じながらプレーするということと、やっぱり後ろのポジションなので無失点で終えたいと思います」

――宇賀神選手はスプリントのフォームが綺麗で、なおかつスピードもあるので、ディフェンスラインの裏にボールが流れたときにそのストロングポイントが発揮されて、相手のカウンターを防げるのかと

「それもやっぱ、せっかく使える機会だと思うので(ニコリ)試合中にそういうところも楽しめたらと思っています」

――最近の清水に対してはどのような印象ですか?

「うー・・・正直なところ、J2から上がってきてもう少し苦戦するかとも思っていましたけど、序盤からしっかりと結果も残してきていますし、本当にチームとして戦えているというのが凄く見て取れますし、テセさんがいて、その他にも若い選手が多く出ているので、勢いプラス、一撃で仕留める選手がいるイメージです。最終的にゴールを決めるのはテセさんだと思いますし、そこまでの課程でシャットアウトできれば、テセさんも僕とかマキとか仲の良い選手がいる中で、《やってやろう!》という気持ちはあると思うので、そこにボールが入らなければ、イライラすると思うし・・・っていうことを考えています(ニヤリ)」

――次はホーム

「そうですね、前回鹿島とホームで負けていますし、なかなか最近ホームでは勝てていないので、しっかり勝って、ACLにつなげたいです。(王国対決としても)埼玉、浦和レッズとしてもそこをしっかり証明したいと思います」20170518_120032-1

◇◆◇長澤選手◇◆◇

――練習後、同じ世代の選手達と、もう一汗かいたり、お話をしたりしている光景が印象的です

「はいはいはい!そうですね、同世代なので、そういう選手達が試合に出ると刺激にもなるし、良いライバル関係を築ければと思っています。サッカーの話をしますし、他には私生活で家庭を持っている選手もいるので・・・そんな感じっすかね(輝笑)同世代だと年齢も近いし話も合うので、そういう部分ではありがたいと思います」

――レッズの一員になってからは、練習や試合で色んなポジションでのプレー機会がありますが、どんなことを感じながら日々を過ごしていますか?

「そうですね、まあ自分自身、凄く勉強になる部分もあるので、後ろのポジション(右CB)なんていうのは今まで経験したことがありませんし、そういう意味では勉強にはなるんですけども、与えられたポジションでアピールできるように、色んなところでやっていますけど(苦笑)良いものを出していきたいなと思います」

――「勉強」とお話の通り、色々なことを吸収しているかと思いますが、あまり戸惑っているようには見受けられません。クールというかポーカーフェイスというか、見た目が格好いいからなのか・・・

「いやいやそんな(輝笑)こないだの練習試合で言えば森脇選手、年下の選手もそうですけど、周りの選手が色々と声を掛けてくれたり、サポートをしてくれたりするので、そういう意味では、周りに助けられながらできている感じがあります。例えば、最終ラインで味方に寄りすぎたりしたら田村やキーパーが声を掛けてくれたり、あとは『こういうプレーをした方が良いよ』と森脇選手が言ってくれたり、助かっています」

――今、プレーなどで一番身についていると思うこと、成長を実感していることはありますか?

「ビルドアップですかね、ハハハ(輝笑)」

――今までですと、もうひとつ前のポジションで仕事をするイメージでした

「そうですね、まあ、きょうの練習ではボランチでしたけど、もう一つ前でボールを受けて、後ろからのプレッシャーを受けながら、前の選手に良いボールを配球していくということを意識したいです。きょうの練習でしたら、ピッチがフルコートよりも狭いので、ゴールを獲りに行くという部分も含めて、そういうところで貢献できればと思います」

――ビルドアップという部分では、近場から最前線、両サイドとあらゆるコースを視野に入れる必要があるかと思いますが?

「そうですね、練習ではタッチ数制限があると、どうしても体の向きが重要になるので、あとは見ること。そこは常に監督が、練習の合間などにもコーチングしている部分でもあるので、そのあたりを意識すると、より条件付きの意図にあった練習ができるし、自分のスキルも向上できるかと思います」

――楽しめてますか?

「そうですね(輝笑)メンバーも凄く人間として素晴らしい選手が集まっているので、同世代もいますし、楽しくさせてもらっていますけど、個人としては試合に出ることがサッカー選手として重要なので、そこを目指していかなければいけないと思って準備しています」

――センターバックに入った時の空中戦の強さなどがとても好印象です。落ちる場所をうまく予測して、タイミングの取り方なども抜群で、跳ね返すセンスも素晴らしくて

「そうですね、どうだろう?まあ予測しようと思ってプレーしてはいますが、それが当たるときと当たらないときとがあって、まあより後ろにポジションに入るに連れて、失点に直結する局面も増えるますので、そこの判断を間違えないようにできればと思っています」

――エレガントなプレーヤーだと思っていましたが、プラスアルファでセンターバックの時は、まるでカンナバーロ選手のようにも

「(ニコリ)バチバチね、楽しくやらせてもらっています。ハハハハッ(輝笑)」

――清水とは昨年、J2で対戦していますが、どのような印象でしょうか?

「そうですね、まあ白崎選手であったり・・僕、清水の練習に参加したときに、所属選手と仲良くさせてもらって、一緒にサッカーを何度もしていたので、知っている選手も多いですし、白崎選手のように若くて良い選手、金子選手もいますし、鄭 大世選手が中心となって攻撃を牽引してくると思うので、僕がジェフでプレーして対戦したときは最後、鄭 大世選手に決められて負けてますし、最後まで気持ちを切らさず団結してくる良いチームだと思っているので、そこに対して自分達は、順位は上ですけど、しっかりと叩けるようにできればと思います」

――つぎ、出るのであれば途中出場の可能性もありますが、そういった終盤にしっかりと集中したプレーで自身の存在を示し・・・

「そうっすね、とりあえず、最近は出場機会が与えられていないので、練習からアピールして、監督から呼ばれたときには良いコンディションで、良い準備をして、試合で自分のプレーができるように頑張りたいです。使われる位置によってではありますけど、中央であれば動きすぎるよりも、ポジションニングを意識しながらですね(輝笑)」

宇賀神選手、長澤選手のインタビューは、このあと23時からの〈You’re The REDS〉再放送でもお聴きいただけます

では