最近の記事

スタッフ紹介

日に日にそれらしく…−[小島]

画像(180x60)・拡大画像(640x216)

ご機嫌いかがですか? 小島昭吾です。
日に日に梅雨らしくなっている実感がありますが、普段の梅雨時よりちょっと違うような…。ゲリラ豪雨のような爆発的な雨が毎日のように降っているわけではないですが、いつもより雨粒がしっかりしているような気がするんですよね。私の中では梅雨時の雨って、細かい粒の雨が大量に降っているように見えるイメージなんですが、何となく雨粒がしっかりしているんですよね。
そうこうしているうちに、来週からは7月。浦和駅周辺ではこのポスターがいたるところで見られるようになりました。浦和まつりです。このころにはかなり暑い夏になるのでしょうか?

さて、28日(日)、中央競馬の上半期グランプリ「第53回宝塚記念」が阪神競馬場(兵庫県)で行われます。浦和競馬場でも場外発売があります。スポーツ紙各紙では「あのこと」で興味は持ちきりなんですが…。
◎(15)ゴールドシップ
○(13)ラキシス
×(7)ワンアンドオンリー
▲(16)ラブリーデイ
「あのこと」とは、ゴールドシップが宝塚記念で中央競馬のG1で初となる同一レース3連覇を達成できるかということ。私は出来ると思いますよ。阪神競馬場は先月の天皇賞で優勝した京都よりも得意ですし、2200mならば力を出せるかなと。なので本命です。相手はラキシスです。今回と同じ阪神で、4月にあのキズナを倒してしまいましたからね。ポテンシャルはもの凄いモノでしょう。ただ、2000mだったら逆転を見込めるでしょうが、今回はそこまでには至らなそうな感じがします。他に狙う2頭は、いずれも一時期の不振から抜け出して何かしらやってくれそうな感じがします。
馬券は3連複1頭軸で軸は(15)、相手は(13)(7)(16)。300円×3点=900円です。帝王賞は馬券の選び方に失敗して予想が当たってもマイナスになってしまいました。上半期最後のG1は3連複で巻き返しますよ。

Jun.28.2015(Sun)

上半期No1の声が聞こえます−[小島]

小島昭吾です。
来週はもう7月、2015年も半分終わるんですよね。いつも以上にあっという間に感じている今日この頃、音楽や本の上半期総合ランキングがいろいろ発表される時期になりました。「やっぱりね」と言えるようなヒット作もあれば、「こんなの売れてたんだ」なんて改めて感心するものあったり…、もう半分が終わるなって実感します。

さて、競馬の業界も上半期No.1を色々なジャンルで決める時期になりました。その一つが、24日に大井競馬場で行われるダート版上半期グランプリ「帝王賞」です。
なんだかんだ言って、上半期グランプリらしい面白いレースが毎年のように見られているという印象がありますが、今年は…
◎(1)ホッコータルマエ
○(9)ハッピースプリント
×(6)ワンダーアキュート
▲(5)クリソライト
△(8)クリノスターオー
△(7)ユーロビート

ドバイワールドカップでは力を出し切れませんでしたが、国内ではまだまだ実力は1番と考えてホッコータルマエ本命です。相手の筆頭にしたのは昨年末の東京大賞典での激走をもう一度、と期待してハッピースプリントです。注目は(7)(8)の6枠2頭。勢いに乗っていますから、何かやってくれそうです。
馬券は枠連で1−7、1−5、1−6、5−7、6−7の5点。200円×5点=1000円です。
浦和競馬場でも場外発売があります。この日は、イベントもありますので、こちらでもお楽しみに。詳しくは、浦和競馬の公式ウェブサイトまたは南関競馬ドットコムまで。

Jun.24.2015(Wed)

梅雨入りしたんですよね−[小島]

お元気ですか? 小島昭吾です。

関東地方も梅雨入りですね。そんな時期でも南関競馬のクラシックは続きます。欧米ではぐずつき気味の時期にビッグタイトルを争うなんてことあるんでしょうか?

さて、10日(水)は川崎競馬場で「第51回関東オークス」が行われます。南関3歳牝馬4大タイトル3戦目であり、ダートの3歳牝馬日本一を決めるグランダムジャパン3歳シーズンの最終戦です。
◎(6)トーコーヴィーナス
○(12)ホワイトフーガ
×(8)ポムフィリア
▲(3)ジェットシティー
△(9)トーセンマリオン
まず、アルビアーノに人気が集まっているようですが、ダート経験がまるでない馬にはちょっと…と思ってしまうのであまり重視しませんでした。
で、本命はトーコーヴィーナス。3歳牝馬同士なら主導権を握れるはずです。グランダムジャパンシリーズで2勝2着1回はそのいい証拠です。相手の筆頭はホワイトフーガ。距離に不安がありますが、ダートでは力を出し切れている印象があります。兵庫チャンピオンシップでオス馬相手に3着のポムフィリアも気になります。
馬券は3連複1頭軸。(6)が軸で(12)(8)(3)(9)。100円×6点=600円です。

さて、折々の話を枕にこのブログで競馬の予想をあれこれしてきましたが、ここでひと息です。次回は再来週24日(水)に大井で行われる「帝王賞」の予想を予定しています。ちなみに、「帝王賞」当日には浦和競馬場で6月の1ヶ月間展開している「南関に行かナイト」キャンペーンのイベントもあるそうです。イベントを楽しみながら、ナイター競馬の雰囲気を味わいに来てくださいね。このキャンペーン関連イベントは15日(月)にもあります。これらのキャンペーンについて詳しくは、浦和競馬公式サイトまたは南関東4競馬場共通サイト「南関競馬ドットコム」でご確認下さい。

あっ、24日になる前にも競馬以外に気になることがあれば、このブログを更新しますのでチェックの程を。

Jun.10.2015(Wed)

6月の声が聞こえて…−[小島]

ご機嫌いかがですか? 小島です。
6月3日の「東京ダービー」、忘れられないレースになりそうです。ラッキープリンスがあそこまで強い競馬をしてくれるとは思ってもいませんでした。地方競馬全国協会のサイトのオンデマンドで見ましたが、充分興奮しました。

さて、7日日曜日は中央競馬6週連続のG1最終戦となる東京競馬場の「第65回安田記念」が浦和競馬場で場外発売されます。
◎(13)ヴァンセンヌ
○(6)モーリス
×(5)ミッキーアイル
▲(8)レッドアリオン
△(2)ダノンシャーク
本命はヴァンセンヌです。勢いある馬が中心になりそうな今回のレースですが、重賞で連続で2着以内、しかも東京の芝1600mで行われた重賞を制していることを考えると、人気を集めそうなモーリスよりも1枚上と考えました。モーリスはオープン(重賞に出られるクラス)に上がった最初の重賞を勝っていますが、東京コースの実績がいまいちな感じだし、そもそもオープンに定着しているとは言えないし…で、対抗です。他の相手は1600m前後の短距離に実績がある実力馬です。
馬券は3連複2頭軸。軸は(13)(6)で、相手は(5)(8)(2)の3点。300円×3点=900円です。

Jun.06.2015(Sat)

こっちの「浦和」も…−[小島]

画像(179x320)・拡大画像(359x640)

6月です。自転車安全利用に関する規制が改革され、よりいっそう安全の意識持たなければなんていう気持ちになっている方、多くなっているのではないでしょうか?
県庁通りにはこんな舗装がありました。こういうもの、多くなるでしょう。

さて、6月3日(水)は、大井競馬場で「第61回東京ダービー」が行われます。南関東のクラシック第2弾であり、10年目を迎えたダービーウィーク第4戦です。
◎(8)ストゥディウム
○(7)オウマタイム
×(13)ラッキープリンス
▲(4)ララベル
△(3)ティーズアライズ
△(16)パーティメーカー
△(6)ミッドストラーダ

本命はオウマタイム、浦和のラッキープリンスと迷いましたが、ストゥディウムにします。ただでさえ直線が長いTCK、しかも2000m外回りコースというならば、「羽田盃」以上に切れ味勝負になる可能性が高くなりそう。となると、一日の長があるかと。
相手はオウマタイムを筆頭にしました。爆発力ある逃げ足はなんだかんだで無視できません。ラッキープリンスは一応3番手。完成度から考えるとそうなってしまいますが、浦和勢25年ぶりの悲願達成の可能性はいつになく高まっていることは間違いないです。牝馬4大タイトルのうちの2つのタイトルホルダーも気になります。
馬券は枠連で4−4、4−7、2−4、4−8、3−4で、各200円×5点=1000円です。

Jun.03.2015(Wed)

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

カテゴリリスト

RSS1.0

staffonly


powered by a-blog